抵抗戦略・抵抗運動遺伝子ワクチン反対運動

ジェム・ベンデル教授 | 社会変革の戦略家・教育者 社会の崩壊に対する「深い適応」に焦点を当てる
Professor Jem Bendell Strategist & educator on social change, focused on Deep Adaptation to societal breakdown

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

jembendell.com/2022/11/21/its-not-too-late-to-stop-being-a-tool-of-oppression/

ジェム・ベンデル教授

今からでも遅くはない、抑圧の道具になることをやめよう

投稿日:日  byJembendell

このエッセイのオーディオ版

世界の多くの国で、死亡率がまだ正常値を超えている。その理由は医学専門家にもわかっていない。過去のコビッド感染による長期的な合併症のせいかもしれないし、新しいワクチンの影響かもしれないし、閉鎖による治療の遅れのせいかもしれない。あるいは、これらの原因が混在しているのか、あるいは、まったく別の要因なのか。この2つの文章を書いているだけで、私は怖くなってきた。2020年以前には、公衆衛生の問題でこれほどまでに激しい振る舞いをする人はいなかったのであるから。私は、通常の科学的対話と政策精査の衰退は、ここ数年の重大な持続的損害であると思う。だからこそ、私はこのままではいけないと思っている。その代わり、なぜ人々がこれほどまでに情報弱者になり、自分とは異なる結論に達した他者に対して攻撃的になったのか、私たち全員がもっと学ぶことができればと思う。そうしてこそ、将来公衆衛生の危機が起こったときに、事態をさらに悪化させることを避けることができるかもしれない。そして、もし過剰死亡率が元に戻らないのであれば、私たちは今すでに進行中の健康危機の中にいるのだ。

このエッセイで、コビッドに関する医学的権威主義的正統派が科学的に間違っていたことを証明する科学的事実に立ち戻るのは、そのためである。後知恵で間違っているというだけでなく、以前の懸念事項を無視した専門家や科学者たちによって、間違っていると広く認識されるようになったのである。この最近の科学は、公衆衛生に関する科学にもはや関心がない人でない限り、無視することはできない。

まず認識すべきは、コビッド・ワクチンの接種が、感染の大幅な減少も、「集団免疫」の到達を早め、ひいてはこの病気の根絶を可能にする機会も提供しなかったということである。したがって、大量接種を実現するために人々を説得し、強制するさまざまな手段は、科学的な根拠がないものであった。それに関する科学的根拠は、今では反論の余地がないと思われる。感染に関しては、欧州議会で、ワクチン接種が感染率や伝播率に与える影響についてメーカーがテストしていないことが確認された。従って、感染や伝播の減少に関する公的な声明や政策は、科学的根拠に基づくものではなかった。「集団免疫」を獲得することで病気の撲滅に貢献するという集団予防接種の役割に関する公的声明も非科学的であった。世界有数の医学官僚であるアンソニー・ファウチ博士でさえ、Journal of Infectious Diseases誌の論文で、コビッドワクチン接種の目的は集団免疫ではない、と結論づけているのだ。COVID-19の原因ウイルスは、ポリオや麻疹とは非常に異なるため、古典的な集団免疫は容易に適用できない可能性がある」重要な違いとしては、SARS-CoV-2と比較して、ポリオや麻疹のウイルスは表現型が安定しており、長期間の防御免疫を引き起こす能力があることが挙げられる。これらの理由やその他の理由から、群衆免疫を高めることによってCOVID-19を制御することは、捉えどころのない目標かもしれない。” コロナウイルスの性質上、コビッドワクチン接種のこうした限界は2020年時点でも専門家によって広く予測されていたが、当時は無視されたり、悪者にされたりしていた。

次に理解すべき重要な科学的問題は、コビッドに対する集団予防接種によって、コビッドに対してより脆弱な人々が、以前に受けたコビッドの予防接種から守られなくなったという状況を引き起こした可能性があるということである。というのも、ワクチンや病気の中には、大量接種によってウイルスが進化し、既存のワクチンを回避してしまうものがあるからだ。科学文献では、このプロセスを「ワクチン誘発進化圧力」と呼び、「ワクチンエスケープ」と呼ばれる現象につながる。これが今、コビッドで起きていることが証明されたのである。以下は、ACS Infectious Diseases 誌に 掲載された論文の引用である。「一般的な変異株は、自然選択およびワクチン接種による進化的圧力により、スパイクプロテインRBD上の感染力強化変異およびワクチンエスケープ変異によって定量的に説明できる。感染力強化変異がウイルス進化の主要なメカニズムであること、一方、ワクチン逃避変異が高度にワクチン接種された集団において支配的なウイルス進化メカニズムになることを説明する」

The Journal of Physical Chemistry Letters 誌に 掲載された論文では、このプロセスがウイルス進化の主な原動力の1つであることが明らかにされているのが気になる。「ワクチン耐性変異は、ウイルス進化の新しいメカニズムである。220万以上のSARS-CoV-2ゲノムにおけるワクチン耐性変異の進化の軌跡を追跡することによって、ワクチン耐性変異の発生と頻度が、ヨーロッパとアメリカにおけるワクチン接種率と強く相関していることが明らかとなった。私たちは、補完的な感染経路として、オミクロンのようなワクチンブレイクスルー変異や抗体耐性変異が、世界の人口のほとんどがワクチン接種または感染したときに、SARS-CoV-2の進化の主要なメカニズムになると予想している」

このプロセスの不幸な影響は、ワクチンの有効性が失われ、そのためワクチンが提供していた保護の恩恵を受けることを選ぶかもしれない高齢者や弱者を保護することができないことである。2021年の間に各国で行われた公衆衛生メッセージとは異なり、この科学的知識は、子供にコビッドを接種させることは、おばあちゃんを弱くするのではなく、より弱くすることに役立つかもしれないことを意味している。ここで述べておきたいのは、ワクチン接種による「進化的圧力」によって生じた変異株は、単にワクチンを回避するのではなく、一般により毒性が強くなるだろうという議論である。人類が本当に悪い状況に陥る可能性があるということですから、その理論が現実にならないことを祈ります。また、上に引用した論文と異なる結論を出す研究論文もあるかもしれないことを記しておく。しかし、それらの論文の存在は、科学界で広く議論されている現象の最近の証拠であり、深刻な懸念材料である。

もし、この見解が後知恵によるものだとしたら、それは間違いだろう。コロナウイルスの性質上、この特殊なウイルスに対する集団予防接種の逆効果のリスクは、2020年の時点でも専門家によって議論されており、その後無視されたり悪者にされたりしていたのである。そこからの教訓は、またの機会に。

少なくとも、集団予防接種によって入院や死亡は減ったよね?はい、高齢者や弱者に対しては、接種後数カ月で死亡する可能性を約半分に減らす程度には効果があった。よかった。では、「製薬会社よくやった」ではないだろうか?残念ながら、そうでもない。オーストラリアの最新のデータでは、ワクチン接種が入院にも死亡にも影響を与えないか、あるいは、何ヶ月か経過すると、マイナスの影響を与える可能性があることが示唆されている。そのデータが長期にわたって続けば、ある種のコビッドワクチン接種が、人間の免疫システムに逆効果の影響を与えた可能性を示唆している。これは、専門家であるワクチン学者が知っていた潜在的な結果であるが、世界的に大規模なワクチン接種が行われた際に、当局、マスメディア、大手ハイテク企業によって抑圧されたものである。その証拠に、私はコビッドに関する最後のエッセイでそのことを要約している。

このような疑問のある効能は、医薬品の消費にこだわらなければ、他の方法で優先的に得られる可能性のある結果を考慮する前の話である。例えば、労働者に権限を与えることで、症状の兆候があれば、減給することなく自宅待機させることができる。あるいは、すべての職場で体温検査ができるようにする。安全な薬、漢方薬、栄養補助食品を再利用できるようにする(そしてテストする)。このような対応は、私や多くの社会から疎外された人々がここ数年来、推進してきたものである。

コビッドワクチンに関する正統派に従わない人々への虐待は、かなりのものだった。その中には、社会参加から締め出されたり、職を失ったり、エリートや彼らの思惑に隷属的に従う人々(たとえ進歩的であると主張しても)からナチスのレッテルを貼られたりする人々も含まれていた。誰かが病気になったり、治療を受けなかったりすることを、ワクチン未接種者のせいにするのをよく耳にした。それは、誤った情報に基づくヘイトスピーチだった。私が設立に携わったある組織では、そのような意見が公然と出されていたことに、私は心が痛んだ。

ワクチンを「ためらう」のは身勝手で危険だという主張のほとんどは、実は批判的に考えない人々の脳に植え付けられた企業営利目的のミームだったのである。その方法は、信頼できるメディアを通じて行われた。そして、一部の人々は、ソーシャルメディア上で友人、家族、同僚、隣人、あるいは仲間に向けられた道徳的軽蔑や怒りさえも加えて、それらのミームを繰り返したのである。それを目撃しながら何もしない人もいた。さらに他の人々は、ワクチン接種の躊躇に対して攻撃的な人々と議論するのではなく、批判的な意見を持つ人々に自分たちは間違っていると説得しようと、バックチャンネルを取った。彼らは科学的にも、政策的にも、そして他者に対する態度も間違っていたのである。

私はあなたが知っている人々を表現しているか?私はあなたを表現しているのだろうか?

もし後者なら、あなたは今、少し不快に感じていて、これ以上読まないでおこうと考えているかもしれないね。私のエッセイには、「だから言っただろう」以上の意味があることを、どうか知っておいてほしい。それについては、また後日。しかし、その前に、いくつかの厳しい真実を要約しておこう。なぜなら、もしあなたが正統派に従っていたなら、あなたはある意味、科学的に誤った情報を得ていたことになるからだ。

  • 利権まみれ
  • 特に、一般的に、健康上の成果を損ねたと思われる
  • あらゆる人間関係や他人の感情を害した。
  • 有意義な社会的・政治的変革のための同盟と協調を破壊した。
  • グローバルな権威主義の種をまいてしまった

私自身、2020年の終わり頃までは、コビッドに関する見解は科学的に間違っており、シナリオが変わり続け、科学的根拠が弱く聞こえることに気づき始めた。その頃から、一流の疫学者やワクチン学者が何を言っているのか調べ始めたのである。しかし、時間をかけて調べても、正統派が虚偽に基づいていることを確信するのは遅々として進まなかった。幸いなことに、マスメディアが「ワクチン接種をためらう人たち」に対する大衆の態度を操作しようとしたときには、私は十分な情報を得ていた。いずれにせよ、私たちは皆、どこから情報を得たのか、なぜそのような反応をしたのかを探ることができる。

  • 第一に、恐怖心が、批判的思考の欠如や適合性への欲求を操作するために、どのように利用されるかを認識しよう。
  • 第二に、マスメディアにおける道徳的な枠組みが、私たちを「カテゴリー」の人々を嫌いにさせたり、憎ませたりするために、どのように使われるかに気づこう。
  • 第三に、企業メディアと国営メディアは、ジャーナリストが意識しているかどうかにかかわらず、常に私たちの意識を形成しようとしていることに気づこう。
  • 第四に、賢く、正しく、倫理的でありたいという私たちの願いは、実はマスメディアや権力者に最も操られやすい方法であることに気づこう。

このことは、今日もなお、私たちが共に取り組むべき健康上の課題があることを意味している。また、権威主義者が企業と協力して、誤った医学的根拠に基づいて人類に制限を課していることも問題である(例として、G20サミットで発表されたコミュニケを見てほしい)。もしあなたが正統派に従ったのなら、あるいは何ら介入しようとしなかったのなら、多少の内省は、将来、他人にとって危険な存在になることを避けるのに役立つはずだ。権威主義は、友人や家族、隣人、同僚に誤った情報を与える道徳的な「警察」になることを怖れ、あるいはただ怖くて「傍観者」になることで、人々がその政策を支持することを求めるからだ。

この問題に対して何かを始める一つの方法は、意味のある謝罪を通じて、今後より良い関わり方をするための対話を開始することである。以下はその提案である。

  • もしあなたがコビッドについて誰かに攻撃的だったなら、攻撃的であると同時に科学的に間違っていたことを謝罪する機会がある。
  • 弱者でない人に接種を迫ったのであれば、科学的に間違っていたことを謝罪する機会がある。
  • もしあなたが科学の細かい点について誰かと議論したが、すでにあなたの見解に疑問を投げかけている科学に耳を貸さなかったとしたら、あなたは科学的に間違っていたことを謝罪する機会がある。
  • もしあなたが、自分の組織やネットワークでの会話に影響力を持ちながら、コビッドに対する意見に対して敵意を向けられたことに対して何もしなかったのなら、この例では、緊急時にゴミのようになったことを謝罪する機会がある。
  • もしあなたが、関連する科学や適切な政策について見方を変えたとしても、私のようにこのことに注意を喚起する人々に対して腹立たしく感じているなら、人類のために傷ついたエゴを越えて、実際に誰かに何かを謝罪する機会がある。

私自身は、科学的根拠に基づくコビッドへの見解から、雑誌やソーシャルメディア上で中傷されてきた。ソーシャルメディア上では、私のコビッドに対するスタンスを否定するようなコメントもあり、その内容は見てみないとわからない。私は、フィードバックを読まないことにしていることもあり、そのようなコメントを受け流してきた。しかし、雑誌が批評を掲載する場合、より高い水準を期待し、編集者にこの問題をよりよく扱うよう求めることができる。最近、オーストラリアのある雑誌は、環境問題についての私の仕事を真剣に考える必要はないと主張する根拠として、私が偏執的な反ワクチン派接種派であることを示唆した。私の苦情の手紙は、その雑誌の編集者が是正措置によって完全に対応したもので、その全文はここで読むことができる。編集者の回答は、人々が学び、変化する準備ができているならば、医療専制政治に突入することはないだろうという希望を私に与えてくれる。また、私は、社会がコビッドの将来の影響に対処するための批判的思考と対話を回復するかもしれないという希望を持っている。

もしあなたが、私たちの歴史の中でこの時期から何を学ぶことができるかに興味があるのなら、チャールズ・アイゼンシュタインによるコビッドをめぐる恩赦についてのエッセイをお勧めする。私と同じように、彼も正統派に対する正当な疑問から、ネット上や個人的に攻撃される経験をした。幸いなことに、既存の読者の多くは彼の意見に賛成してくれた。しかし、私の読者のほとんどは、私が正統派に疑問を呈することを嫌ったり、支持することを黙っていたりした。このことは、私が過去2年間聞いてきた、社会的崩壊に対するより親切で賢明な対応についてのレトリックの下にある実体についての私の思い込みを揺るがした。残念ながら、みんながお互いに「いい人」であることに焦点を当てるということは、私があまりにお粗末だと思う行動に直接的に立ち向かうことを、さらに嫌われることになるかもしれないということだ。

しかし、これにはもう一つの側面がある。今こそ、批判的思考と連帯の能力を保持した人々を祝福する時だ。彼らは、今後数ヶ月、数年の間に起こるであろう無数の混乱や崩壊の中で、重要な役割を果たすことになるだろう。私の母のように、医療の横暴に抵抗するあまり、店や社交界から排除された人々もその中に含まれている。70代の彼女は、何千人ものフォロワーを持つツイッターでも活発に活動していたが、コビッドに関する反対情報を共有したためにツイッターから追い出された。もし母が批判的に考え、自分が正しいと思うことのために立ち上がることができるのなら、他の多くの人々もそうすることができるはずだ。抑圧の道具になるのをやめるのに、遅すぎるということはない。

私が以前書いたコビッドに関する文章は、社会が時間とともに混乱し、エリートが事態を悪化させるのに人類がいかに付き合わないかという文脈で書かれている(タイトルはハイパーリンクされている)。

ここでは、コビッドワクチン接種のリスクは潜在的な利益をはるかに上回るという見解を裏付ける最近の研究結果を説明し、パンデミックの際に上級官僚が子どもの健康と福祉をどのように失敗させたかを詳しく説明する

私は、現在の正統派とは異なるアジェンダを追求し、市民と協力して、私たち全員が責任ある決定を下すための障壁を取り除く方法と、左派が低賃金労働者との密接な関係を失ったために、このアジェンダを明確にすることに失敗した方法を説明する

The Climate for Corona-our warming world is more vulnerable to pandemic-では、環境の悪化が人獣共通感染症の可能性を高めていることを論じている。

COVIDと気候変動-XRがWHOを訪問しなければならない理由-ここで私は、ウイルスが実験から生まれたとしても、そのような危険な実験に資金を提供する人々は、環境変化によるパンデミックの時代を予測し、自分たちを正当化しようとしている、と論じている。

ここでは、無症候性感染がこのパンデミックの鍵を握っているのか、もしそうでないとしたら、それは何なのか、という問いに対して、無症候性感染がパンデミックにとって重要でないという科学的根拠を要約し(WHOが当初発表したとおり)、したがって、正統派の政策課題の基礎に欠陥があることを指摘する。

私は、医療法人がパンデミックに対する私たちの理解を形成するためにあまりにも深く関与しており、ワクチンの有効性に関する誤解を招くような統計手法の開発さえも結論付けていることを説明した。

世界保健機関(WHO)を脱植民地化する-ここで私は、WHOが世界の貧しい人々や弱い人々への深刻な巻き添え被害と大流行に応答する方法の理解を支配する狭い医薬品の議題を有効にしたかを議論する。WHOは、欧米諸国特有の非医薬品サプリメントの効果を示す証拠を体系的に無視しているのである。

ガーナで開催された展示会で講演を行い、アフリカのコビッドの経験から学ぶべきなのに、欧米の有力機関が人種差別的な自己中心的思考をするために、人々が学ばないことについて説明したものである。

企業権力に対する愛と怒りで団結する-企業メディアは、企業権力の乱用との闘いにおけるさまざまなテーマでの連帯を制限するような方法で活動家を悪者にするので、他の種類の活動家についてのネガティブな話を受け入れるのではなく、団結する必要があると説明する。

医療攻撃-ここでは、Covidのポリシーに関する個人の見解や選択に基づいて、政府、メディア、個人から他者視や反感を受けることが増えていることを説明する。

もしこれがそうだとしたら?社会の崩壊に意識的に対応する-人権の喪失と権威主義の台頭は社会の崩壊の一形態であり、したがって社会の崩壊による被害を軽減しようとする私たちが抵抗すべきものであると説明する(別名「深層適応」)

熱病をきっかけに自分の声を見つける-私自身が熱病にかかったことで、仕事を中断し、優先順位を見直し、人生で初めて音楽の作曲、演奏、録音を始めたことを説明している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました