PreCODE(プリコード)認知症予防検査 概要と検査項目

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

リコード法検査項目

PRECODE TEST PANEL INCLUDED AND OPTIONAL TESTS

https://www.apollohealthco.com/solution/precode/

予防と脳の最適化

PreCODEプログラムは、脳の健康を最適化し、認知機能の低下を予防したい方のためのプログラムである。

月額$39.95(検査費用は含まれていない)

PreCODEは、認知機能低下の予防と脳の健康最適化に関心のある人のためのオンラインコミュニティと情報サービスである。PreCODEは、無症状で認知機能低下の予防と脳の健康の最適化に関心のある人を対象としている。認知症の家族歴があり、糖尿病や炎症などの危険因子がある年齢の成人、45歳以上のすべての人を対象に設計されている。

PreCODEの背景にある科学

神経変性疾患のメカニズムの専門家として国際的に認められているデール・ブレデセン博士は、アルツハイマー病や認知機能低下の原因を30年以上にわたって研究してきた。ブレデセン博士の研究は、私たちの脳の健康を維持し、向上させることを妨げている現代社会の様々な「障害(insults)」と呼ばれる、直観的ではない障害物に光を当てていた。炎症、インスリン抵抗性、環境中の特定の病原体に対する抵抗性、その他複数の要因など、これらの障害は、認知機能の低下の一因となり、時間をかけて体内で発生し、多くの場合、症状が現れるまでに10年もかからず、脳の健康に悪影響を及す。

ブレデセン博士の研究と発見にヒントを得たPreCODEプロトコルは、これらの侮辱から身を守り、認知力を向上させるために最適化するために必要なツールを提供する。

PreCODEのプログラムの特徴

  • 実践者ロケーターツールで予防チームを作る
  • PreCODEレポート、検査(含まれておらず、米国居住者のみが利用可能)およびオンライン医療評価の完了後に作成される
  • カスタムキュレーションされたコンテンツと予防のためのステップバイステップの指導
  • 脳を刺激するトレーニングのためのBrainHQアカウントを無料で提供
  • サポートと教育のためのオンラインコミュニティフォーラム
  • 認知評価
  • オンラインサポートフォーラム
  • KetoFLEX 12/3ダイエットの栄養情報をレシピ付きで詳しく紹介
  • 進捗状況を把握できるiPhone対応アプリ
  • 毎月のタウンホール動画

PreCODEレポートを作成する場合、PreCODE認定プラクティショナーへの相談は任意

PreCODEの年会費プランには、毎月請求されるものと、割引料金で毎年請求されるものの2種類がある。

ラボは米国在住の方のみ利用可能。

アポロヘルスでは、血液パネル検査を完了するために、移動式フレボトミストがお客様のご自宅や勤務先に直接お伺いするよう手配する。このコンシェルジュ移動検査サービスは、規制上の制限により、以下の7つの州にお住まいの方を除くが、米国内のほとんどのPreCODE加入者が利用できる。ロードアイランド州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、カリフォルニア州、アラスカ州、ハワイ州、メリーランド州。

* これらの州(ロードアイランド州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、カリフォルニア州、アラスカ州、ハワイ州、メリーランド州)からの個人の方は、Quest Diagnosticsからのウォークイン採血を設定するには、カスタマーサービス(800)450-0805,月曜から金曜の9:00から17:00まで(PT. (ウォークインオプションは、他の州の方は利用できない。)

なぜPreCODEなのか?

  • PreCODEレポートでは、認知機能の低下を引き起こす特定の要因を特定するパーソナライズされた情報を提供する。
  • プラクティショナー検索ツールは、PreCODE購読者にブレデセン認定コーチ、医師、栄養士のネットワークへの完全なアクセスを提供し、脳の健康を最適化するためのガイダンスを提供する。
  • ReCODEモバイルアプリを利用すると、PreCODE加入者は、栄養ガイドやライフスタイルガイド、他のコミュニティメンバーからのメッセージを投稿したり読んだりできるフォーラム、自分のデータや進捗状況の確認、認知テストへのアクセスなど、プログラムで利用可能なすべてのリソースにアクセスすることができる。
  • BrainHQアカウントでは、脳を鍛えるエクササイズを無料で提供している。

アルツハイマー病

アルツハイマー病は現在、米国の死因の第6位にランクされている。初期のアルツハイマー病またはその前駆体である軽度認知障害(MCI)および主観的認知障害(SCI)を有する患者の認知機能の低下を逆転させた最初の記述が最近発表された。使用された治療アプローチは、単剤治療や不変型ではなく、プログラム化された個別化されたもので、「神経変性のための代謝促進(MEND)」と名付けられた。

このプログラムは、認知機能低下の予防と反転を目的としたPreCODE治療に対応し、サポートするように設計されている。治療は、認知機能低下の効果的な反転と継続的な改善を維持する必要がある。仕事を中断せざるを得なかった患者さんは仕事に復帰でき、仕事で苦労していた方は業績が向上した。

PreCODEテストパネルリスト

検査と評価

  • MoCAスコア
  • AQ-21アセスメント
  • 神経心理テスト(CVLT、Trails Bを含む)
    オンライン評価が望ましい場合は、付属のCNSバイタルサインを利用する(NeuroQ評価の一部)。
    記憶力、実行力の評価、機能、年齢の全体的なパーセンタイルが必要。

含まれる血液検査結果

  • ApoE4の状態;全エクソーム、エクソームチップ、またはゲノム
  • ホモシステイン
  • ヘモグロビンA1c、空腹時インスリン
  • 脂質パネル
    • 総コレステロール
    • HDL
      • LDL-コレステロール(計算値)
      • コレステロール/HDL比(計算)
      • non-HDLコレステロール(計算;総コレステロール-HDL)
    • トリグリセリド
  • 完全な代謝パネル
    • アルブミン A/G比
    • ALT、AST
    • BUN/クレアチニン比
    • カルシウム
    • クレアチニン
    • グロブリン
    • グルコース
    • カリウム
  • 完全な血球数 白血球と血小板
  • 高感度CRP (高感度C反応性蛋白質)
  • ホルモンの状態: TSH(甲状腺刺激ホルモン)
  • ビタミンD
  • フェリチン

オプションの検査と評価

  • 海馬体積と脳萎縮のMRI検査
    (Neuroreader または Neuroquantを使用)
  • PiBスキャン(または他のアミロイドイメージング、例えばAmyvidなど)
  • 睡眠時無呼吸症候群の除外
  • FDG PET
  • SPECTスキャン
  • コリン作動性機能の脳波(EEG)評価
  • Neurovision(プラークの網膜イメージング)
    またはNeuroTrack(眼球運動検査、インターネット経由、またはMTL変性を示す特殊な検査装置)
  • 神経エキソソーム(カテプシンD、Abeta42,p-tau181,IRS1-pY、IRS1-pS/T比)

血液検査結果 オプション

オプションの検査は、訓練を受けたReCODEプラクティショナーを通じてのみ利用できる。これらの検査は、医師に依頼することができる。

  • グルタチオン
  • 毒素感受性ハプロタイプを同定するためのHLA-DR/DQ (LabCorp Code 167120)
  • 重金属 カドミウム
  • VEGF、VIP、ADH
  • ホルモンの状態
    • エストラジオール
    • DHEA-S
    • 総テストステロン
    • フリーT3
    • リバースT3
    • フリーT4
    • プレグネノロン
    • フリーテストステロン
    • プロゲステロン
    • コルチゾール
  • ビタミンB6、ビタミンC
  • ビタミンB12、葉酸
  • ビタミンE(ビタミンA、ビタミンE、b-カロテノイドパネル)
  • 重金属パネル (水銀、鉛、ヒ素)
  • 総血清亜鉛と血清銅
  • 赤血球マグネシウム
  • MMP9
  • TNF-α、IL-6
  • C4a (Quest LabsまたはBioref-いずれもNational経由で行う。最も正確なのはColoにあるJewish病院));MSH
  • ライム病検査(ウエスタンブロットまたはそれに類するもの)
  • 血清ヨウ素
  • Cyrex Array 2(腸管の漏れを示す)
    Cyrex Array 3(グルテン感受性)
    Cyrex Array 20(血液脳関門)の検査
    GIリーク検査のためのLPS抗体検査
  • 標準尿検査
  • Cyrex Array 2に異常がある場合の食物過敏症検査
  • オメガ6:オメガ3の比率
  • HSV-1抗体
  • TGF-β1
  • セルロプラスミン
  • 鞭毛虫
  • グラブラムペニシリウム