COVID 子供・新生児MATH+ & I-MASK/FLCCCイベルメクチンワクチン後遺症治療子どものワクチン

FLCCC | ワクチン接種後症候群、子どもの肝炎、Q&A – FLCCC Weekly Webinar (2022年5月11日) 
Post-vaccination syndrome, hepatitis in children, plus Q&A - FLCCC Weekly Webinar (May 11, 2022)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Pierre Kory博士 とPaul Marik博士、典型的な症状やLong-COVIDとの違いなど、ワクチン接種後の症候群について話しました。 彼らは、FLCCCの新しいワクチン接種後プロトコル(現在開発中)について話し合い、抗ウイルス薬としてのPaxlovidの有効性と幼児の肝炎の症例についても話しました。


Paul Marik 0:00

苦しんでいる人たちが何百万人もいます。彼らは無視されています。治療が受けられず、苦しんでいるのです。私たちは彼らの診断が何であるか、それが何であるか、それが何によって引き起こされるか、そしてそれをどのように治療するかについて、正確に知っています。

しかし、彼らは私たちにその人たちを治療させてくれません。NIHはこの人たちのことを知っていて、何が原因かも知っていて、この人たちを治療しようとはしないのです。この状況を変えなければなりません。医学には、治療できない病気はないのです。

手遅れになることはありません。ワクチンで傷ついた人たちが苦しんでいるのですから、彼らのために何かしなければなりません。彼らは苦しんでいます。ひどい病気です。医学界は目を覚ます必要があります。これは本当の病気です。私たちは変わる必要があります。そして、この国の議員たちは現実の人間になる必要があるのです。これは人道的な危機なのです。

参加者 0:57

皆さんにお聞きしたいのですが、他の医師が声を上げるには、あとどれくらい必要なのでしょうか?

Pierre Kory 1:05

今ポールが言ったように、ワクチン傷害の認識が必要なんだと思います。そして、それが一度でも常態化すると、徐々に人々に語られるようになり、それが大きな悲しみの1つです。COVIDクリニックのような長期の診療所や、学術的な医療センターがあります。

誹謗中傷はしたくないのですが、どうしようもないんです。つまり、まったくもって最悪、無価値なのです。つまり、検査と紹介とカウンセリングだけで、治療はしないのですが、ワクチン傷害クリニックはないのです。ワクチン傷害の流行があることは知っています。

つまり、これらは、人間が知る限り最も毒性のある医療介入であり、COVIDに入ることで、その危険性を知ることができます。私はワクチンがどれほど危険なものか知りませんでしたし、彼に注意を払ったこともありませんでした。しかし、今になって、データを批判的に検討し、使用されたこれらのワクチンが長い間危険であったことを理解しました。

どうすれば大丈夫なのでしょうか、医師がいつ声を上げるのでしょうか、私にはわかりません。しかし、この特別な介入、人道的な大惨事、信じられないほどの行き過ぎた行為、死と破壊の量、そしてそれが弱いということは分かっているので、これを中心に社会が変わっていくと思います。

つまり、私たちは永遠に無視することはできません。私が望むのは、私たちが話し続け、注意を払い続けることです。そして、ワクチンを打ち続ける限り、この事態は止まらないでしょうし、願わくば、この事態を正常化し、人々に本当に悪いことをするのを止められるような変化を見たいものです。

Paul Marik 2:36

220年3月、NIHはCOVID患者の治療法はないと言いました。ニューヨークでは、人工呼吸器をつけていると、80%の確率で死にます。NIH、CDC、誰が見ても、すみません、治療法はありませんと言いました。医者として何かしなければならないのに、どうしてそんなことができるのでしょう。そこで、私たちはLCCを立ち上げたのです。そして今、ワクチンによる負傷者を誰も治療しようとしないので、同じことをやっているのです。ですから、私たちは彼らを治療するのです。


Betsy Ashton 3:35

OK、もしあなたがまだそれを理解していないなら、私たちの博士ポール-マリクは、患者への思いやりで満たされています。槍の採石場、そして臨床医や看護師からなる他のチームの何人かは、何時間もの時間を寄付してくれました。彼らはすでに医師のオフィスや病院のICUでスーツを着て、患者の命を救うために、ごく初期から、パンデミックの最初から、この病気と、患者ごとに異なる反応をすることを理解しているのです。

そのため、すべての人に一律の治療法を行うわけではありません。患者一人ひとりに合わせてプロトコルを変える、これがグッド・ドクターと呼ばれるものです。そのグッド・ドクターたちが今夜ここに集まってくれたことを、私はとても嬉しく思っています。

彼らは先週オハイオにいましたが、コビッドワクチンの一部で起こっている深刻な有害事象を克服した患者を助けるための最新の仕事、Long Haul COVID症状の治療、そして、彼らが行うすべての良いことを話し合うためにここに来ています。

ようこそ。FLCCウィークリー・アップデートへようこそ。私はBetsy Ashtonで、アライアンスのクリエイティブ・ディレクターです。このグループは、命を救うために医師たちが行っています、あらゆる善行を広めようとしているのです。

そして、世界中の医師や看護師が利用できるような情報を発信していきたいと考えています。看護師といえば、3人のトップボランティアの看護師が、みなさんから寄せられた質問をテキストにして、すでに裏方として働いてくれています。

しかしポールとピエールは、有害事象に対する治療の現状と、長期的なプロトコルの更新についてアップデートした後、今夜も皆さんの質問にたくさん答えると約束してくれました。そして、パキシルCOVIDの最新情報。さらに、子供と肝炎についての質問まで、たくさんあります。ですから、学ぶべきことがたくさんあります。

ポール、準備はいいかい?

Paul Marik 6:01

私はここにいます。素晴らしい。彼がここにいるかどうかわからないけど。ハイ、ポール IPです。

一緒にいるのかいないのでしょうか?

Pierre Kory 6:09

会えてとても嬉しいですよ。ポール お久しぶりです。

Paul Marik 6:12

同じく、ヘアカットが好きです。

Pierre Kory 6:16

何のカット?

Paul Marik 6:17

髪を切ること。

Pierre Kory 6:18

ああ、散髪ですか。一週間前くらいかな?

Paul Marik 6:21

そうなんです。まあ、どうでもいいや。

Pierre Kory 6:23

あ、お褒めの言葉ありがとうございます。ちょっと顔が赤くなってきました。

Paul Marik 6:28

そうですね。

Pierre Kory 6:29

甘いんです。

Paul Marik 6:30

私たちは、そうあるべき

Pierre Kory 6:31

いいでしょう。そろそろ話しましょうかポール。

Paul Marik 6:34

ええ、あなたは。…..つまり、あなたはそれについて話すことができます。私たちが猛烈に取り組んできたのは、ワクチン負傷に対するアプローチまたはプロトコルであることを、そこにいる人たちに伝えるべきだと思います。他のプロトコルと同じように、私たちは国や世界の臨床医と協力し、彼らからアイデアを得ています。

というのも、基本的に、オハイオ州では、これらの人々は、医学界もワクチン会社も政府も認めていない病気を放棄し、苦しんでいるのです。肉体的、精神的、感情的、経済的に非常に苦しんでおり、彼らは見捨てられたのです。ですから、私たちはこの人たちを助けるためのプロトコルを作成するつもりです。

しかし、それ以上に、ワクチンは何十億ドルもの収益を生み出しました。少なくとも、その膨大な収益の何パーセントかは、ワクチンが引き起こした傷害を研究するために費やされていると想像できます。それはただ、正しいことなのです。ですから、医学界はそれを無視しているのです。私たちの政府、そして機関は、実際に、この病気を理解するために資源を費やす義務があると私は思います。ああ。

Pierre Kory 8:23

このビデオにあったスピーチの中で、あなたはそのことに触れていましたね。NIHはワクチンで怪我をしたことを知っていますし、いくつかの治療法も試しました。つまり、あなたはそれについて聞いていません。知っているはずです。つまり、彼らはそこにいるんです。彼らは患者を治療しようとしたのですから、何があるか知っているのです。そうでしょう?

Paul Marik 8:44

その通りです。私たちは、実際にNIHに行ったことのある人たちから、彼らが治療を受けていることを知っています。つまり、一時は治療していたのです。しかし、実際に問題があったことを認めたくないという理由で、私はハッシュハッシュドに会い、それを止めました。ですから、彼はそのことを知っていて、何が原因なのかもよく分かっているんです。しかし、人道上の重大な危機であることには関心がないようです。

Pierre Kory 9:12

このパンデミックの間ずっと話してきたことの1つは、私たちは総規制資本に対処しているということです。しかし、最近、州法が制定され、州には研究予算がないのかどうかわかりませんが、どこかの保健省の長官が研究、治療、試験、つまり慈善事業のためのプログラムを立ち上げてくれたら、素晴らしいことだと思います。ほら、これ。ここはフィランソロピーのための空間なんです。初期の治療試験で現れたんです。これは、機関がそれを行うことを要求するつもりはありません。しかし、フィランソロピーはどうでしょうか?

Paul Marik 9:57

ええ、そうです。しかし、国民のための政府は国民のためにここにいるべきなのです。ある会社がベビーカーを作っていて、そのベビーカーで子供が一人亡くなり、そのベビーカーも一人亡くなり、そのロッカーも市場から撤去され、一人亡くなりました。まさに、不謹慎としか言いようがありません。私たちは連邦政府に対して、この問題を研究するための資源を投入するよう要求すべきなのです。

Pierre Kory 10:54

ポール、つまり、私たちは完全に同意しているのです。あなたの言っていることはすべて前世紀的で悲しいことですが、私たちはこういうことをやってくれる良い政府を望んでいるのです。でも現実は、あなたが言ったように、私たちはこのプロトコルに取り組んでいるのです。

聞いている人のために説明すると、このプロトコルは根本的に違っていて、実際はもう少し微妙なんです。治療の種類を少し増やし、発症していることがわかっている局所的な合併症や病態に注目したものです。昔のリカバリープロトコルは一般的なアプローチだったのですが、今は患者さんごとに焦点を当てるべき特定の領域が決まっているので、患者さんを助け、治療しようとする医師にとって素晴らしいガイドになると思います。

しかし、もう一つの側面は、ポールがおっしゃるように、発表された治療試験のデータがなく、試験もなく、唯一の試験は長距離輸送に関するもので、症状群の記述に過ぎないという状況で、プロトコルを構築しなければならないことです。治療試験も長距離走行試験もまだ行われていませんし、今後行われるかもしれませんが、ワクチンによる負傷では確実に行われないでしょう。

このような患者を診ている臨床医と会議を開き、彼らは皆、同じような考えを持ち、オープンマインドで、患者の話をよく聞き、患者が負傷したことを知り、それがワクチンと一時的に関連していることを知り、非常に思慮深く、異なる病態に目を向けているのです。

消化器科医、神経科医、一般開業医、慢性疾患の医師と協力して、慢性疲労症候群や慢性ライム病など、様々な病態に対応しています。そのため、メカニズムに関する病態生理学の論文の上に、プロトコルを構築することになります。その中には仮説的なものもありますね。

剖検や病理学的なデータもあります。そして、その多くは、ガムシューという言葉が適切かどうかわかりませんが、治療しようとする臨床医が、有効なものとそうでないものを見つけ出して、自分たちが理にかなっていると思うことを行うだけなのです。そして、これは良いプロトコルになると思います。しかし、それは、私たちが伝統的に築いてきた、優れた臨床試験データに依存しなければならないようなものではないのです。

Paul Marik 13:14

そうですね、かつての医学に戻ると、医師はベッドサイドで診療を行い、臨床観察を行い、その臨床観察に基づいて患者を治療し、その情報を共有します、ということになりますね。象牙の塔のようなウォルマートは、明らかにRCTを要求してきますが、それは絶対にありえないので、完全に頭の中が真っ白になってしまいます。

しかし、私たちは医者、医者であること、医療提供者、医療提供者であることに戻るつもりです。私たちは、これらの人々に援助を提供するためにここにいます。その情報を同僚と共有することができますか?それが医学の基本です。幸いなことに、それが完全に曲解されてしまっています。

そこで私は、エビデンス・ベースト・メディスン(証拠に基づく医療)の本を書きました。恥ずかしながら、この本はいわゆるランダム化比較試験に基づいているんです。ランダム化比較試験には一定の位置づけがありますが、それは小さな位置づけです。それは、あなたが探さなければならない証拠の全体像ではありません。そして、すべての介入について無作為化対照試験を行うことは不可能です。

Pierre Kory 14:33

あなたが言ったことに飛びつきたいのは、そのことです。もう1つは、私が好きな批判は、信頼がないということです。私が耳にするもうひとつの批判は、私たちがこのような併用療法のプロトコルを使い、あたかも何も考えずにただやみくもに試して壁に投げつけているようだというものです。

ポスト・ワクチンには、少なくとも5つか6つの病態生理学的なメカニズムがあると思います。そのため、熟慮された併用療法が絶対に必要で、1つの薬ですべての人が治るということはありません。COVIDのような複合体では、そうでないふりをすることがあります。

1つの薬で治るかのように装うのです。私たちはイベルメクチンをプロトコルの中心に据えていることはよく知られていますが、決してそれだけではありません。私たちは常に他の薬剤を使用しています。ですから、ポール、あなたと私は、もう批判される筋合いはないと思います。私達はただ、自分達のやる事をやり続けるだけです。人々の役に立ちたいのです。彼らの助け無しに、出来る限りそうするつもりです。なぜなら、あなたが言った様に、彼らは助けてくれないからです。

そう、だから

Paul Marik 15:44

つまり、私たちはこの空白を埋めなければならないのです、他の誰もそうしないからです。なぜなら、私たちは同僚のフィードバックにとても敏感で、彼らの言うことに耳を傾けているからです。そして、魔法の弾丸はありません。残念ながら、世の中には魔法の弾丸を売りつけようとする人がいますが、そんなものは存在しないのです。

ある意味、がんの治療と同じで、さまざまながんに対応できる単一の薬はありません。ほとんどの場合、単一の薬ではなく、複数の薬を組み合わせて使用します。また、多くの場合、栄養補助食品を加えて効果を高めることができます。つまり、多方面からのアプローチなのです。そして、それは個別化されなければなりません。腫瘍の遺伝学や遺伝的欠陥に基づいて、特定の遺伝子をターゲットにすることができるからです。そうです、そうです。

Pierre Kory 16:46

ええ そうなんです。ポール、リカバープロトコルの改訂について話したけど 将来的には、Long-haulerのためのI RECOVER ワクチン障害のためのI RECOVER に分けるつもりです。重なる部分が多いので。

しかし、どちらか一方をより頻繁に見るということはあります。もう一つは、今夜は肝炎にかかっている子供たちがどうなっているかという話だと思うんですが、その前に、彼があなたに聞くから、それを受けてもらいます。しかし、最近のCDCの速報を見ると、先日読んだのですが、これまでに109人の患者が確認されていますね、小児科では、かなり若い人たちのようです。2歳から5歳まで、細かいデータは見ていないのですが、これが新しいCDCのデータです。しかし、109人のうち、5人の子供が死亡しています。そして14%が肝移植を受けました。

Paul Marik 17:50

そう、だから実は、何が起こっているのでしょうか、私たちは理解していると思うのです、彼らは何が起こっているのか私たちに教えたがりませんが。肝炎には2つのタイプがあります。一つは、主に成人に見られる、ワクチンに関連した自己免疫性肝炎で、肝細胞にスパイクが提示され、体が肝臓を攻撃するものです。

それが、この大人の自己免疫性肝炎です。最も厄介なのは、この肝炎は子供たちの場合、ウイルスが原因でないことです。つまり、J&Jやアストラゼネカが使用したアデノウイルスは、複製できない欠陥のあるものであったという考え方です。この欠陥のあるアデノ・ウイルスが、他のアデノウイルスと遺伝的に結合してしまったということなのでしょう。

つまり、遺伝子の組み合わせによって、複製をしないように設計されたこれらのアドナウイルスが、他のアデノウイルスの遺伝子を獲得し、複製をするようになったのです。つまり、私たちは本質的に怪物アデノウイルスを作ってしまったのです。

これは、人為的な大惨事によるものです。私たちは自然をいじくりまわして、この怪物アデノウイルスを作ってしまったのです。欠陥のあるベクターワクチンの複製者から得た組み換えアデノウイルスが、天然のアデノウイルスと一緒になって、この怪物を作ってしまったようです。そしてこれが、自然をいじめると起こることなのです。こうなるのです。

Pierre Kory 19:43

しかし、アデノウイルスベクターを使用した場合の理論的な結果については、以前から説明されていたことですが、これらのベクターを使用することによる合併症は常に知られていたことです。そして今、世界中で小さな子どもたちを目の当たりにしているわけですね。複数の国で発症しているかというと、20カ国で、300件くらいでしょうか。それは私たちが知っているものだけです。そして、それは今起こっていることです。ワクチンの世論調査とは関係ないのでは?つまり、ただのランダムな出来事なんですよね?

Paul Marik 20:28

ああ、確かに。そう書いてありますが、ええ、まったくその通りでしょう。つまり、これは完全な偶然で、何十年、何千年経っても起きたことがなかったのに、突然、アデノウイルスを注射して、突然、この新しいウイルスができたのは、おそらく偶然の一致で何の関係もないのでしょう。

CDCやFDAはワクチン接種とは無関係だと言うでしょう。ワクチンを接種した患者が突然麻痺するのと同じように、単なる偶然の産物なのです。ワクチンを接種した患者が突然麻痺するのと同じように。2週間後、それは単なる偶然の一致です。あるいは、ワクチンを接種した後に心筋炎や心臓突然死を起こす患者も、単なる偶然でしょう。

Pierre Kory 21:17

ポール、RNAウイルスを治療するものをご存知ですか?

Paul Marik 21:22

知っているかな?馬の駆虫薬ってのがあります。知ってる?

Pierre Kory 21:28

真面目な話、まあ、それは悲しいことですよね。というのも、イベルメクチンには、試験管内試験で、RNAウイルスやアデノウイルスなどの複製を阻止する効果があることが分かっているからです。ですから、このような子供たちが病気になったとき、良い抗ウイルス剤の役割はあるのだろうかと思うのです。

Paul Marik 21:50

そこで、私の友人があなたを訂正するために録音しました。アデノウイルスは高速で、DNAウイルスと言います。

Pierre Kory 21:58

ウイルスです。言うんだろうけど。ええ、でもね、私たちの意見が合わないのは、あなたがイベルメクチンはDNAウイルスには効かないと考えていることです。

Paul Marik 22:07

知りません。虫には効くんですよ、ご存知でしょう。ですから、世界中のすべての患者がそうなのです。これはただ、COVIDのせいではありません。突然、虫に感染してしまうのです。イベルメクチンが寄生虫を治療することで良くなるのです。

Pierre Kory 22:25

魔法のように良くなるんですね。ええ、ですから、それはまた

Betsy Ashton 22:30

肝炎の毛が落ちるのは、あなたの息子を持ち上げるつもりです。さようなら、みなさん。

Pierre Kory 22:34

さて、子供たちの場合、アデノウイルスはそのすべてに関与しているわけではなく、その一部はこのひどい細胞毒性自己免疫攻撃ではないでしょうか?

Paul Marik 22:49

私が理解する限り、肝炎に罹患している若い子供たちの80%は、血液から実際にアデノウイルスを分離しているようです。ですから、これは非常に強い関連性があるように思われます。そして、明らかに、彼らはその原因がどこから来ているのかを認めたくありません。

しかし、アデノウイルスは血液中に存在し、肝炎を引き起こしているのです。では、なぜ子供なのでしょうか?おそらくその理由は、多くの大人はアデノウイルスに対する免疫を持っていますが、子供は隔離され保護されているためです。他のすべてのウイルスにさらされることがないのです。

ですから、おそらく自然免疫はないのでしょう。自然免疫というのは、あるようでなかったのですが、テネシー州の議会がそれを認めているようです。ですから、あるのだと信じるしかないのです。

Pierre Kory 23:54

それが存在するようにする法律を通過させたので、物であることを信じなければなりません、

Paul Marik 23:59

彼らは以前はこれを作っていなかったのです。子供たちは、保護されているので、ネットを持っていないようですが、アデノウイルスに対する自然免疫力があまり高くないのかもしれません。では、なぜ彼らは感染しているのでしょうか?

つまり、エリザベス・マンパー、彼女は小児科医です。子供たちは土や物置など様々なものに触れる必要があることを彼女は知っています。そして、土の中で遊ばせることです。そうすることで、免疫力が高まるからです。子供を自然な感染症から守ることはできないのです。ですから、それが子供たちの間で起こっているようです。

Pierre Kory 24:37

若い子で起きているようです。これが問題なのです。2~5歳の子供に集中しているようです。そうですね。

Paul Marik 24:45

明らかに、これは進化している話題です。非常に心配なことです。しかし、これは最も妥当な説明のように思われます。そして、あなたがおっしゃるように、何人もの死者が出ていますが、それらは肝臓移植を受けた人たちです。これはおそらく氷山の一角で、過少報告によるものです。このウイルスが子供たちの間で広まる可能性があるのです。とても心配なことなのです。

Pierre Kory 25:28

今、心配でないことは何もない。

Paul Marik 25:32

ですから、もし私たちが子供たちを放っておいて、外で遊ばせたり、土で遊ばせたり、馬で遊ばせたりしていたら、その子供たちは本当に

Pierre Kory 25:42

他の子供たちと一緒にいるのが本当によかったんです。

Paul Marik 25:44

そうです、そうやって免疫力を高めるのです。私が覚えているのは、そうやって

Pierre Kory 25:52

鼻くそをこすりあわせていたのを覚えています。そうですね。しかし、そうだな。…..わかりましたよ。今夜は医学的なアドバイスが聞けるぞ ポール、これはいい。気に入った 私たちは、そのコミュニティを構築しています。

パック・スロバンの話をしないですか?少しね これはリバウンドのことです。つまり、私たちはそれを使用しません、私はしません、私は誰にもそれを処方することはありません。

Pierre Kory 26:17

驚いた、驚いた、試験で正しい。試験では、このリバウンド現象は介入群で2%、プラセボ群で1.5%発生したと報告されています。そのため、あまり有意ではないと考えられています。しかし、私が興味深いのは、彼らが新聞でこのことを話していることです。彼らは実際に、文字通りこの薬の有用性と有効性に疑問を呈しているのです。

Paul Marik 26:44

つまり、まず、発表されたデータは信用できるものですから、それを信じるしかありません。そして、この時点まで、データは非の打ちどころのないものであったことはご存知の通りです。製薬会社のデータは完全に正確でした。ですから、発表されたものはすべて信頼できるのです。

Pierre Kory 27:02

ポール、私はいつもそうしてきたし、そうしない理由はない。

Paul Marik 27:06

明らかに、それは完全な馬糞です。ですから、私たちが見ているのは現実です。この薬は、ホワイトハウスが、実際には、ホワイトハウスがファイザーの薬品代理店として行動していたものです。何百万回分もの量を買い占め、実際にこの薬の使用を宣伝していたのです。

彼らはユニオンアドレスで、製薬会社の代表として行動していたのです。興味深いのは、製薬会社の担当者は、倫理的な問題から、病院への立ち入りを拒否されてきました。しかし、ホワイトハウスを手に入れた今、彼らは新たな製薬会社の代表となり、この薬を推し進めているようです。なぜなら、試験管内のデータでは、イベルメクチンはプロテアーゼ阻害剤としてより強力であることが分かっているからです。胸筋も ローガンはこれらすべての非常に深刻なを持っています。

Pierre Kory 28:08

今、あなたがそう言ったと言いたいだけです。そして、試験管内試験のデータは、私たちが治療してきました、私はイベルメクチンで過去1516ヶ月にわたって何百人もの患者を治療してきました、私はリバウンドを持っていなかった再生されています。

また、私は必ずしも5日で止めるわけではありません。つまり、回復するまで治療するんです。5日、7日、あるいは回復するまで。ほとんどの人は、その期間内に回復します。しかし、5日間で回復したかと思えば、2~3日後に再び発熱したり、陰性だったのが陽性になったという報告もあり、弱くなっているのは確かです。というわけで、これはもう、何をやっているのかわからないというのが現状です。

Paul Marik 28:51

つまり、基本的に、ノババックスは失敗するのです。なぜなら、効果のない薬だからです。SARSに対するイベルメクチンよりもはるかに効果が低いのです。2,何が起こるかというと、ウイルスの複製を抑制しているように見えて、患者は良くなり、そして薬を止めるとリバウンドするのです。

実際にPCOを行ったり、抗原検査を行うと、母音の数が減っていくんですね。そして、9日目10日目と、薬を止めた後にわかりますうに、またリバウンドします。このウイルスを制御するのに有効でない薬だからです。つまり、私たちが知っていたことが証明されたのです。イベルメクチンや他の薬に比べ、COVIDの治療にははるかに劣る薬ですが、彼らはまだそれを推し進めようとしています。

Pierre Kory 29:43

あのですね、この前話してたんですが、私は不思議だったんです。私は科学から社会に戻りましたが、なぜマスメディアがこの薬の限界や問題点を公然と口にするのでしょうか、いささか困惑していました。なぜなら、私がこれまで見てきたものは、製薬会社の利益を守るための検閲とプロパガンダにほかならないからです。

私たちのチームで話をした人の一人が、「これは、一部の人がこのようなパックを持っていると考えているワクチンについて心配しているからではないですか」と提案しました。これはワクチンを守るためか何かです。なぜなら、何十億も儲かる新薬の限界について公然と話しているのは奇妙なことだからです。

Paul Marik 30:31

そうですね、本当に驚くべきことです。これまで多くの検閲や誤情報、嘘つきがいましたが、今回ばかりは彼らが真実を語っているように見えますね。そして、多分それはワクチンを守るための方法なのでしょう、彼らが言うのですから、多分これはうまくいっていないのでしょう。しかし、まだ予防接種を受ける必要があります。

Pierre Kory 30:50

つまり、2つの仮説があるわけですね。一度だけ、彼らに真実を伝えるとおっしゃったのは素晴らしいことです。私の仮説は、突然、倫理的な再生と道徳的な再生が起こり、彼らは真実を伝える人になろうと決めたということです。

Paul Marik 31:05

いや、それは違います、夢です。それは夢です。ですから、理由があるに違いない。それが大きな理由

Pierre Kory 31:13

とか、そういう理由があるはずです。というわけで、とにかく、質問をしたいですか、

Betsy Ashton 31:18

ポール?いいのがたくさんありますね。最初の質問ですが、Brian Emersonが知りたがっているのですが、ワクチン接種後の病気をリストアップしていただけますか?

Paul Marik 31:29

ええ、とてもいい質問ですね。私はワクチンで傷害を受けた患者さんに対してたくさん話をしてきましたので、その質問をお受けします。

Pierre Kory 31:37

私は誰も治療したことがありません。ですから、その質問を受けるべきだと思います。そうですね。

Paul Marik 31:41

彼は実際にはCOVIDの患者を治療したことがありません。ですから、COVIDとワクチン傷害の間には重複がありますが、両者を分ける非常に明確な症候があるのです。そして、ワクチンによる傷害が優勢であるように思われます。その多くは、重篤な神経学的損傷に苦しんでいます。

COVIDは時間が経つにつれてよくなる傾向がありますが、COVIDは安定した状態にあり、1年後、14ヵ月後に突然、急性再発を起こすことがあるのです。つまり、現在進行形なのです。つまり、どちらも重度の神経学的問題を抱えているのです。

そのひとつがこの症候群で、小神経障害と呼ばれるものです。この症候群は、小神経障害と呼ばれ、激しい痛み、注射のような痛み、足のしびれ、激しい痛みなどを伴います。これは特徴的な症状です。COVIDの後にも見られたのですが、ワクチンの後に特によく見られるようです。

さらに、自律神経障害もあり、これはこの末梢神経障害と一緒の場合もあるし、別の場合もあります。ポット(Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome)と呼ばれるものです。自律神経機能障害で、心臓がドキドキしたり、頭がボーっとしたりします。

これは心因性のものです。これはワクチン後遺症に特有な症状です。それから、COVIDの後遺症に共通するブレインフォグ、疲労、倦怠感、労作後疲労感もあります。もうひとつ興味深いのは、ワクチンによって重篤なアレルギー症状が引き起こされるということで、さらなる理解が必要です。

以前はアレルギーがなかった人が、突然、IGE値がそれほど高くなくなり、突然、食物やその他多くのものにアレルギーを起こすようになるのです。つまり、ワクチンは、T細胞をアレルゲン表現型に再プログラムし、IGEを生成しているのです。

COVIDとワクチンによる傷害を区別するのは、この重度の神経学的問題だと思います。もうひとつは、明らかに心筋炎です。心筋炎は深刻な問題で、実際には2つのタイプがあります。急性心筋炎は、ワクチン接種後24〜48時間で発症し、突然死を伴うものです。特にサッカー選手は、若い健康な人がフィールド上で心停止したり、死んだりすることが何百とあります。彼らはそれをワクチンと関連付けたがらないし、話もしたがらない。現在の説では、審判が笛を吹くので、審判の笛が激しくなり

Pierre Kory 35:07

ポール あれはどうやらなりすましらしいのですが、そのなりすましを楽しんでいます。しかし、あなたが言ったことは全くその通りで、ワクチン側でより多くの神経障害的なものを見てきました。

共通点は、これらの疲労や集中力低下、認知機能障害症候群の一種、特にその方法、つまり、労作後、倦怠感、これらはまさに多くの悲しみですよね、あなたはこれらの患者をすべて持っているので、彼らの多くは以前は健康でした、多くの患者が以前に健康で練習するかもしれないと同じように。

今は、牛乳を買いに行くことすらできません。そのような患者さんは、活動量に注意しなければならないので、その活動だけで後退してしまいます。しかし、心筋炎の世論調査と心停止についてですが、Flavioの研究を持ち出すのは良い機会だと思います。

この論文の要約を読んだだけでも、私はあなたに同意します。つまり、彼は本当にパズルのピースを並べ、証拠はすべてそこにあるのです。副腎からのカテコールアミンの検索をうまく結びつけています。そして今、ストレス性心筋症であることを示す剖検データがあります。

ところで、ポール、1ヶ月前の時点では、私は記録をとっていないのですが、有酸素運動をよくするアスリートたちのリストがあります。そのリストには、フィールドで倒れた900人のプロスポーツ選手が載っているのですが、その数は900人です。

Paul Marik 36:42

人々はそれを無視したり、偶然の一致だと言ったりします。どうしてそんなことがあり得るのでしょうか?つまり、予防接種を受けなければスポーツに参加させないという協会があることは明らかです。そして、ここにいるのは若くて健康な男性たちです。健康な若い男性がワクチン接種後に死亡しているのは知っています。そして、フラビオの論文は、実際に何が起こるかを説明する重要な論文であったと理解しています。

Pierre Kory 37:09

ところで、ポール、またしても死語を叩いているような気がするんですが、もううんざりなので、昨夜フラビオと話したんです。フラビオは今、いくつの雑誌から断られたと思います?彼は4つまでです。一流誌にすら行けてない 驚異的な論文なのに、ここで一位にもなれなかった。二流のジャーナルでさえ、彼らは快適ではないのです。この論文を採用しないのです。

Paul Marik 37:35

そうなんです。つまり、これは私たちが話していたことなのですが、医学界はワクチン傷害と呼ばれるものがあることを認めないのです。では、どうやって研究するのでしょうか?どうやって治療するのですか?もし医学界が明らかに存在する病気を受け入れないのなら、どうやってこの人たちを助けることができるのでしょうか?つまり、彼の論文は本当に驚異的な論文なのです。

科学的で、客観的で、とても良い論文です。この問題を認識しない限り、この問題を解決することは出来ません。つまり、問題を解決する前に、まず問題を認識しなければならないのです。もし、私たちがそれを認識せず、研究していないのであれば、私たちは大きな問題に直面することになります。大変なことになりますよ。

Pierre Kory 38:22

ここで、あまり話をそらしたくないのですが、これはTableauと似ていて、彼らが公開しない理由は、保護するため、またはワクチンをためらう気持ちに対抗するためです。私がこの件について考えたことの1つは、「いつになったら彼らは、ワクチンをためらうようなことはどこでも起こっているんです」とあきらめるのだろうということです。

今、人々は、1回目の接種に集まった人の数ではなく、2回目には減少し、3回目には大きく減少しています。彼らは、4回目、5回目のブースターを販売するつもりはない、というようにゲームが終わっていることを知る必要があります。努力はしてもいいんです。しかし、ある時点で、変異原性の高い風邪のウイルスに対して延々とワクチンを打ち続ける人はいないことをシステムが理解する必要があります。そして、また薬の話をしなければなりません。

Paul Marik 39:18

アメリカ人にペットの石を買わせることができれば、つまり、石を買わせることができれば、つまり、石を買わせることができれば、つまり、宣伝と関係があると思います。

Pierre Kory 39:29

私は12歳の時にペット用の石を買いました。

Paul Marik 39:31

あのですね、彼らを説得するのは無理なんです。つまり、どんだけバカなんです、この人たちは死んでいくんだぞ。苦しんでいるのに、まだペットの石を売り続けています。そんなの知るか。

Betsy Ashton 39:45

いい質問がたくさんありますね。もっと前に進みたいと思います。カレン・ハーシュが知りたいのは、患者のLong-COVIDを診断する基準は何なのでしょうか、ということです。

Pierre Kory 39:58

ええ、ですから私は簡潔かつ的を射た答えをするよう心がけています。長引くワクチン後症候群は、まさに複合的なものです。確かに、ワクチンによる傷害は、時には1つだけ悪いことがある場合もあります。しかし、私が診療で目にするのは、さまざまな症状が混在するものです。

ですから、最後の回答にもあるように、私が最もよく目にするのは、一般的に疲労です。疲労、労作後、倦怠感、認知障害、自律神経失調症など、誰も自律神経失調症の意味を知らないかもしれません。

神経系の一部で、自動的な機能を制御するものです。例えば、心拍数をコントロールしたり、心拍数や血圧を調節したりするわけです。ですから、心拍が乱れたり、運動よりはるかに高い心拍数の患者を見かけることがあります。

Paul Marik 40:47

PSOの楽しみを邪魔していいのでしょうか?基本的には、COVIDを発症した人は、2~3週間以内に症状が消失するものと定義されています。ポストCOVIDの定義は、COVIDに感染した後、4週間経過しても症状が続いている人です。まあ、そういうことです。

Pierre Kory 41:09

COVIDから回復するような非常に奇妙なことなのです。COVIDの急性症状(特に疲労)は、一般的に改善する傾向があります。しかし、Long-haulerたちは、「私はうまくいっていて、仕事に戻りました」と言います。しかし、何週間か経ってから、突然、症状が悪化してしまうのです。

ポールが、ワクチン後、post-COVIDと言ったのはもっともなことです。これは、一時的に関連するもので、通常、数週間後に、多くの場合、回復の時期があるのです。しかし、その後、さまざまな症状が現れます。主な症状は、疲労、労作後、倦怠感、自律神経障害、認知機能障害、冴えない感じ、集中力の欠如などです。

私が患者さんに感じているのは、ほとんどの患者さんが、障害者と言ってもいいくらい、機能的に大きな制限を受けていて、その多くがもう働けないということです。どんな労作や活動にも耐えられず、横になるしかないと感じ、疲れ果て、壁にぶつかると口にするのです。

そして、最悪なのは、やりすぎると、その日のうちに次の2日間はベッドで過ごすことになることです。これは、何年も前からよく言われていることです。ウイルス感染後の慢性疲労症候群は、実は新しい症候群ではなく、流行りの症候群なのです。

しかし、現在では、慢性疲労は非常に大きな問題となっており、完全に無視されているわけではありません。しかし、これは以前から発生していたことですが、COVIDとワクチンによって、非常に深刻なものとなり、その数は膨大なものとなっています。しかし、基本的には、COVIDやワクチンのどちらかの事象に一時的に関連し、その症状が現れるというのが、簡単な答えです。

Paul Marik 43:11

COVIDの患者について特に顕著なのは、労作後の疲労感で、これは非常に特異な症状です。ほとんどの医師は、「何か運動をしなさい」「段階的な運動をしなさい」と言うでしょう。しかし、このような人たちが運動をすると、運動後に深い疲労感と機能不全が生じるようです。これはミトコンドリアの機能障害で、エネルギーを作ることができないのです。また、心臓の異常にも関連していて、心拍出量、つまり心臓のポンプ機能を高めることができません。

Betsy Ashton 43:52

皆さんから、自分の経験や自分に起きていることについて多くの質問が寄せられ、あなたのアドバイスを求めています。では、そのうちのいくつかを紹介しましょう。エイミー・ジョーは、一言で言えば、知人の48歳の女性は 2021年4月に最初のモデルナショットを受けたと言います。

2021年5月にモデルナを2回目注射。その2週間後、彼女はめまいがして、緊急医療に行き、家に帰されました。再び緊急医療に行き、喘息の問題で病院へ送られました。その後 2021年11月。彼女はブースター注射を受けた。すると2~3週間後、彼女は目の周りに湿疹ができたかのように吹き出物が出始めたのです。

それから4ヶ月が経ちますが、まだ治っていません。まるでタヌキのような目をしています。かかりつけの医師も皮膚科の医師も、この状態を解決できないでいる。また、2ヶ月ほど前に帯状疱疹になりました。何かいい方法はないでしょうか?ワクチンによるものかもしれないと医師に調査してもらう方法はないでしょうか?そうですね。

Paul Marik 44:54

ワクチンによるものです。

Pierre Kory 44:55

ちょうどこの話をしたところです。

Paul Marik 44:57

ええ、もちろんです。問題は、医師が、ワクチンを打ったか、いつ打ったか、という質問をしたがらないことです。という質問をしたがらないのです。そうすると、認めたくないことを認めてしまうからです。ですから、基本的にどんな患者さんでも、最近は医者に行くときには、「いつワクチンを接種しましたか」と聞かなければなりません。

ワクチンとの関係で症状が始まったのはいつですか?残念ながら、この患者さんが言っていることは、ワクチン接種後症候群の典型的な例です。つまり、おそらく彼女はワクチンによって引き起こされた重度のアレルギー性疾患を持っていると思われます。

ワクチンは重度の免疫機能障害を引き起こします。そして、休眠中のウイルス、ヘルペス、CMV、EBV、マイコプラズマが再活性化するのです。これはすべてワクチン接種後症候群と同じです。私たちのプロトコルでは、このような症状にどのように対処するかについて取り上げる予定です。

Betsy Ashton 46:00

ということは、もしかしたら、Lee shankにはまだ早いかもしれませんが、ワクチン接種を受けた患者がIBS、過敏性腸症候群に似た症状を訴えた場合、その患者がどうすべきかをアドバイスしていただけますか?

Paul Marik 46:11

私たちは、慢性炎症、自己免疫疾患、ライム病の患者は、ワクチンによる有害事象を発症するリスクが非常に高いことを知っています。ですから、そのような人々はワクチンを避けるべきでしょう。もうひとつ、とても興味深いのは、もし家族の一人がワクチンの有害事象を起こした場合、他の家族もそうなる可能性が高いということです。このように、ワクチン接種の際の注意点については、誰が何を言おうと構わないと思います。

しかし、もしあなたが自己免疫疾患の基礎疾患を持っているなら、慢性炎症を持っているなら、家族の誰かが有害事象を起こしたなら、これらのワクチンを受けたいと思うでしょう?

Betsy Ashton 46:55

さて、Elizabeth boulderが、ワクチンを接種した母親が母乳を与えることで肝炎になる可能性について何か情報を持っていますか、と言っています。それは本当なのでしょうか?

Pierre Kory 47:07

まあ、そこはもっと知る必要がありますね。なぜこのような幼い子供たちが肝炎になるのでしょうか、その原因を探るには合理的な仮説だと思います。つまり、私たちはいくつかの理由を話しましたよね?新しいアデノウイルスは自然免疫力が低いのです。

しかし、ワクチンの役割や、ワクチン接種を受けた母親の母乳への曝露など、すべてが検討の対象になります。ただ、データがないのです。つまり、私たちが知っているのは、彼らが私たちに話していることだけなのです。そのパターンが何なのでしょうか、とても興味があります。

母乳で育てられている子どもは何人いるのでしょうか?母親が予防接種を受けた子どもは何人いるのでしょうか?このような疑問は、データを見れば簡単にわかることですが、誰もそのような詳細なデータを共有していません。

Betsy Ashton 47:58

さて、人々がそれを知ることは本当に問題です。ここにキャスリーン・ヨークからのもう一つの質問があります。私の義理の息子は、1年半前に大動脈基部に問題があり、おそらく先天性であると診断されました。エコー検査で駆出率が65〜70%であることがわかりました。

予防接種を受け、数週間後にCOVIDにかかりましたが、入院はしていません。彼は背が高く、細身で、一般的に健康な54歳です。最近またエコーを受けたところ、駆出率が40〜45%で、疲労感があるとのことでした。階段を駆け上がると、一瞬息切れがします。数週間後の再エコーでも駆出率は40〜45%と同じでした。これはCOVID.ワクチンによる心筋症なのでしょうか?両方ですか?

Paul Marik 48:51

わかりません。そうですね。そうそう。それで、問題は、post-COVIDの言葉を分離するのが難しい場合があることです。それで、おそらく彼はスパイクに関連した心臓の炎症を持っているように思われます、スパイクが自然に来たか、ワクチンを通してかは、知ることは困難です。しかし、時間的な関連から、彼は心筋の損傷に苦しんでいることが示唆されます。

Betsy Ashton 49:29

これは別のものです。こちらも似たようなケースです。キャサリン・メッツカーによると、私は3つの小さな急性脳卒中で病院から退院したところです。医師によると、私の脳には血栓があったそうです。私はひどい疲労感、急激な脱毛など、Long-COVIDを持っていました。ERの医師と病院の医師は、私の症状とLong-COVIDとの間に何の関連もありませんでした。 ここで、いくつかの指導をお願いします。ありがとうございました。

Paul Marik 50:00

ええ、それでこの凝血の問題は大きな問題です。このような大きな凝血が現れた場合、post-COVIDの凝血にどのように対処するのでしょうか、彼に相談させてください。つまり、問題なのです。ワクチンとCOVIDの両方が凝固カスケードを活性化し、大小さまざまな血栓ができることが分かっていますが、実際にどのように治療するかは、やや難しいところです。ここであなたの考えは何ですか?

Pierre Kory 50:27

ええ、つまり、最も簡単に答えられるのは、私たちがそう呼ぶように、大きな血栓やマクロ凝固、リチャード、一般的には深部静脈血栓症、つまり体の大きな静脈に見られるからです。深部静脈血栓症は、体の太い静脈に発生するものです。その治療法は、慢性的な抗凝固療法です。

しかし、現在、微小血栓と呼ばれるものが発見されている施設があります。このような患者の中には、血液凝固のマーカーであるDダイマーが上昇していない人もいます。しかし、私たちは、アミロイドやフィブリリンなどの血小板凝集塊を目の当たりにし、フィブリン塊を組織化しています。

微小血栓を持つ患者さんにおける凝固阻止の役割と、それを診断する最善の方法は、実際にそれを行っている施設では難しいのですが、彼らは暗視野顕微鏡と呼ばれるものを使っており、その方法を本当に知っている専門家はごくわずかです。そのため、管理するのは簡単な問題ではありません。

しかし、1ヶ月の抗凝固3剤併用療法で非常に良い結果が得られ、その後も順調に経過している施設もあるので、クローディンのこと、特にワクチンによる傷害のことを考えると、どうすれば良いのかもっと知りたいと思います。私は抗凝固療法を始めているのですが、今まであらゆる治療を受けてきたのに、唯一効果があったのは抗凝固剤だけだったという患者さんもいます。それでまた、何か知っていることがあれば教えてください。

Paul Marik 52:21

しかし、これは意外と本当で、炎症が関係していると思います。

Paul Marik 52:53

たぶん、それが彼の問題なのでしょう。血栓症は複雑です。炎症があり、それが凝固の引き金になり、内皮の損傷があり、それが凝固の引き金になり、スパイクタンパク質そのものが凝固の引き金になるのだと思います。

ですから、難しい問題なんです。そこで、アスピリン、プラビックス、ノエックという3種類の抗凝固療法を推奨している人がいます。南アフリカのあるグループは、この方法でかなり良い結果を出しているようです。ですから、少し慎重になる必要があります。

なぜなら、血液凝固を防ぐ薬を投与すると、出血する傾向があるからです。それが欠点です。ですから、私は三重の抗凝固療法の役割はあると思いますが、患者を慎重に選ぶ必要があると思います。どのように患者を選べばよいかはわかりません。

そして、患者さんを注意深く観察する必要があります。これは新しい分野だと思いますが、確かに、血液凝固の証拠がある場合は、少なくともアスピリン、おそらくエリキシスを使用する必要があります。そして、すでに血栓がコントロールされていない場合は、2種類目の抗血小板薬を服用する必要があります。あなたはPAに同意しますか?

Pierre Kory 54:18

ええ、そうです。つまり、私たちは、線溶系、ルンブロキナーゼ、納豆キナーゼのような血栓溶解剤も使っていますし、それらに反応する人々もいます。これらは一般的に安全で、忍容性も高いです。文献的には支持されています。ただ、誰にやるか、効く人もいれば効かない人もいる、というような中心的な問題に戻ってしまうんです。難しいからこそ、私たちのプロトコルは試行錯誤を繰り返しているんです。そして、進化していくのです。

Betsy Ashton 54:53

高血圧についての質問があります。それはもうお聞きになりましたか?というのも、Cheryl Aaronが、私の娘(3歳)がmRNAワクチンとブースターを1回接種しましたが、現在高血圧で、薬に反応しません。

Pierre Kory 55:10

そうですね、いくつかの薬は効果がありますが、おそらくもっと必要でしょうし、そのメカニズムからクロニジンの役割があると信じています。しかし、最近あるイベントで知ったのですが、その後、何人かの人と話していて、ある若い男性が、ロバート・モンが話しているように、ワクチンの後に血圧が急上昇したそうなのです。

彼は病院の緊急治療室にいました。ERの医師は、「ああ、あなた君高血圧なんですね」と言ったそうです。この人たちは皆、血圧の既往がない人たちで、今になって突然血圧が急上昇しているのです。そして、彼がそこにいたとき、医者が他の患者と話しているのを壁越しに聞いていたそうです。

どうやら、ERに来た患者さんはそれぞれ違う症状で、新たに発症した高血圧と診断されているようなのです。自律神経失調症か、フラビオの論文で話題になったカテコールアミンの急増のどちらかでしょう。エピネフリン、ノルエピネフリン、そういったものが血圧を上げるので、スパイクタンパク質の分布が副腎の機能を妨げていることから、副腎が介在している可能性があるのです。

Paul Marik 56:31

アンジオテンシンを分解するためにシチューが必要だという説明もあります。そして、これらの人々の多くは、Aceのレベルが低下しているか、それに対する抗体を持っているように思われます。ですから、逆説的に、ポストCOVIDがあります。そして、ワクチン後。患者は高血圧と低血圧の両方を発症する可能性があります。そして、それはスパイクに直接関係しているようです。

Pierre Kory 57:00

それは、この最後のケースに対する良い説明のように聞こえます。しかし、他の患者さんでは、血液が非常に変動しやすく、ある時突然急上昇するようなことがあるのです。ですから、よくわからないんです。

Betsy Ashton 57:11

イスラエルのShari a froggy博士とオーストラリアのメルボルンの匿名医師が行いました、ワクチン損傷に対する高圧酸素療法、低酸素性高毒性パラドックスについてお話しいただけますか?あなたはそのことをよくご存知ですか?

Paul Marik 57:40

ああ、まったくもって魅力的な話です。私は最初、これは完全にデタラメだと思いました。しかし、実際には、これを説明する非常に優れた科学的データがあるのです。高気圧酸素によって患者が劇的に好転したという個人的な逸話もあります。

実際、その作用は魅力的です。呼吸器科医として、ピエールや私自身は、高濃度の酸素と血液が組織への酸素供給を増加させるのだと考えていました。しかし、逆説的ですが、この仕組みは酸素とは関係がないのです。圧力と関係があるのです。この圧力が、深い抗炎症作用をもたらすのです。

つまり、炎症性メディエーターを減少させ、抗炎症性メディエーターを増加させ、幹細胞を増加させるのです。高気圧酸素は、一部の患者さんには非常に有効なようですので、実際に私たちのプロトコルに加える予定です。そう、これはひとつの選択肢なのです。

もちろん、資源は限られていますし、費用もかかります。しかし、なぜそれが有効であるかということについては、非常に優れた科学的根拠があります。そして、他の治療法では効果が不十分な患者さんには、本当に良い選択肢となります。

Betsy Ashton 59:09

イベルメクチンに戻る前にあった質問があります。JJは、私の医師がイベルメクチンを予防的に処方し、私は時々それを服用していると言っています。今まで聞いたことも読んだこともないことを友人が言っていました。確認できますか?

彼女は、私がイベルメクチンを服用している誰もが定期的に肝機能検査を取得する必要があり、ヒドロキシクロロキンを服用していた、と述べました。

Pierre Kory 59:36

まったくナンセンスです。ですから、それについて何がそんなに素晴らしいか知っていますか?1年前や数カ月前であれば、フラビオが行った研究「Energize study」を見ても、それを示すデータはなかったと思うんです。そして、イベルメクチンを服用した患者さんの検査結果を見ると、肝機能検査や腎機能が改善され、統計的に有意な改善が見られました。

長期間の使用、少なくとも6ヶ月間の使用が害になるというデータはありません。また、イベルメクチンと肝障害の関連性については、これまで裏付けがありませんでした。イベルメクチンの使用歴の中で、肝炎の症例は2〜3例です。ですから、私はこの心配に反対です。

Paul Marik 1:00:31

は肝臓について。それは空想の産物で、脂肪肝を治療するものです。ポール。ええ、FDAが捏造した幻想です。なぜなら、ピエールが言ったように、イベルメクチンは脂肪肝の治療に使われるからです。この際だから言っておくけど、実は今日、イベルメクチンの話でかなり重要な日だったんです、最初の市販薬の注文があったんです。イベルメクチンの最初の市販注文が今日、テネシー州ジョンソンシティで行われたのです。

Betsy Ashton 1:01:07

なるほど、素晴らしい。ところで、私たちはそれを見つけなければなりません。質問がたくさんあるんです。フロリダの人からの質問で、アドバイスが欲しいというのがあって、それを探しているところなんです。

フロリダでのイベルメクチンと ヒドロキシクロロキンの店頭販売について パット・メトカーフが法案を作成中だとさ イエーイ、あなたの医師がどのようにテネシーインとニューハンプシャーの成功した立法法案を助けるかについてのいくつかの情報です。

Paul Marik 1:02:01

チームワークでやったんです。現地には本当に賢い人たちがいて、彼らのロビー活動を手伝ってくれました。しかし、これはとても重要な問題なので、喜んで協力しますよ。なぜなら、流れを変えるには州議会を通すしかないからです。テネシー州やニューハンプシャー州で起きたことは、本当にブレイクスルーことです。そして、それはほとんどの州で起こる必要があり、私たちは喜んでそのお手伝いをします。

Betsy Ashton 1:02:31

わかりました。あと2,3回で時間切れです。どのくらい時間を割けますか?をしたいですか?

Paul Marik 1:02:41

うん。ピエールは馬の世話をしに行かなければならないが、もう少し時間があります。

Pierre Kory 1:02:46

私の馬のポールの写真を見たか?うん。

Paul Marik 1:02:49

ああ、どっちがハンサムかわかりませんでしたよ。馬の方だったのでしょうか。

Pierre Kory 1:02:53

とても可愛い馬でした。それは認めるよ。

Betsy Ashton 1:02:57

さて、ジョイス・ジョンソンの言葉 私の夫は、現在のCOVID感染でBPHが誇張されました。彼は今11日目ですが、まだ自宅検査で陽性が出ますが、だいぶ良くなったと感じています。BPHについて。彼はこれと診断されたことさえないが、それはCOVID感染症でひどくなっています。前立腺の炎症を止めるためにプレドニンを投与した方がいいのでしょうか?うわー。

Pierre Kory 1:03:24

ああ、それはちょっと。…..困りましたね。私にとってはニュースです。まず第一に、どうして前立腺肥大症だとわかるのでしょうか?診断されたことがないのなら、頻尿や尿の垂れ流しがあるのでしょう。BPHの治療法はステロイドではありません。つまり、通常は抗アンドロゲン剤か、尿道括約筋弛緩剤、つまり、デュタステリドやタムスロシンのような、慢性BPHに効く、尿を出せるようにするものです。

Paul Marik 1:04:01

恬撹することができます。このような場合は、かかりつけの医師か泌尿器科医に相談し、何が問題なのかを知る必要があります。また、排尿の症状があり、人工関節の肥大がある場合は、人工関節の癌に注意する必要がありますから、PSA検査が必要でしょう。

Pierre Kory 1:04:25

そして、急性BPHというものは存在しません。しかし、それはちょうど彼らが同時に起こるようなものかもしれませんが、ええ、私はBPHとCOVIDの間にかわいい関連を見ることはありません。

Betsy Ashton 1:04:39

さて、ここで質問です。夜明けからです。私の友人が2月にCOVIDを発症し、イベルメクチンを服用して克服しました。彼女は今、3週間前から副鼻腔に感染しており、検査を受けてCOVIDであると言われ、再びイベルメクチンを服用しています。今、3週間の抗生物質だけでは、全く助けにはなりませんが、イベルメクチンによって、彼女は良くなっています。これはB1またはB2からの新しいCOVID変種なのでしょうか?

Paul Marik 1:05:09

そうです。ですから、私たちは皆、見ています。そうです、患者はCOVIDを発症しているのです。そして驚くことに、数週間から1カ月、あるいは2カ月後にCOVIDを発症します。これもまた、異なる変異型である可能性が高いのです。そうです、私たちはこの現象を見ているのです。

Betsy Ashton 1:05:26

そうそう、Ted fo Takusの記事です。 最近の研究で、イベルメクチンがいくつかの癌の治療に有効であることが示されたそうです。ああ、そうなんです。医師はこれについて何か意見をお持ちですか?

Pierre Kory 1:05:41

ですから、深い知識を持った意見だとは言いません、だって実際に、だからこうなんです。私は自分のコンピュータに、大量の研究が入ったフォルダを持っています。腫瘍制御のための抗寄生虫薬の使用に関する実に素晴らしい総説があります。イベルメクチンだけでなく、フェンベンダゾールという別の抗寄生虫剤もあるようです。

参考記事
犬用の安価な薬で癌が治ったという男性エドモンド
Edmond man says cheap drug for dogs cured his cancer ニュースキャスター 0:00 犬用の薬でがんが治ったという話を誰かにするときは、懐疑的な人がいることを覚悟したほうがいいでしょ ...

これらは多くの統合的腫瘍学的手法や末期癌に使用されており、生存期間が非常に延長したというケースシリーズやレポートが多数あります。明らかに抗腫瘍活性があり、がん業界を脅かしました。しかし、実際、フェイスブックのグループなどでは、生存期間の延長に関するストーリーを共有しているグループがあります。

Facebookのグループを引き合いに出すのは気が引けますが、これらは患者が自分の病気に対する合理的な解決策を得るために行くところなのです。私の夢は、来年中に、癌における抗寄生虫薬の使用について論文を書くことです。そのために文献を調べたりしているのですが、なかなか時間がとれないのが心残りです。そう、だから一度に一つのパンデミックしかないと思うんです。

Paul Marik 1:06:59

ですから、私は、検討している人は、大学なしでそれを議論する必要があり、統合的な腫瘍学者を見つけるべきだと思います、あなたがやりたくないことは、治療としてメキシコのものを取り出すことではないと思うので、それは補助療法として使用されるべきです。と話す必要があるわけです。

Pierre Kory 1:07:16

というのは、本当に重要なことで、私が何を推進するか、しないですか、推進という言葉は使いたくないのですが。しかし、私が思うに、これは素晴らしい補助療法だと思います。つまり、標準的な、実績のある、引用符で囲まない、実績のある療法を受けるなと言っているのではありません。しかし、この2つを一緒にやればいいんです。

Betsy Ashton 1:07:36

とても興味深いです。さて、最後にメリッサ・マッコイに登場してもらいましょう。私は予防接種を受けていません。診断から9ヶ月が経ちました。コリー博士が言ったことはすべて真実です。私は働けません。肺に傷跡があり、体には発疹があり、頭がぼんやりし、疲労感があります。

説明もできないほどです。消化管は完全に変化してしまいました。そして、重度のアレルギーと喘息が発症しました。数え上げればきりがありません。私はまだこのすべてを経験しています。私は一生懸命に助けを求めています。しかし、私の周りの人は誰も理解してくれません。とてもとても孤独な場所なんです。まあ、言ったもん勝ちですね。

Pierre Kory 1:08:31

というか、なんというか治療する医者もいれば、治療しない医者もいる。私たちのプロトコルが、そのような医者たちの助けになることを期待しています。他になんと言えばいいのかわかりません。

Paul Marik 1:08:48

ええ、ですから、Long-コビッドワクチンによる傷害は、治療可能な病気だと思うのです。医療界は治療可能な病気であることを無視することはできませんし、治療する必要がありますが、治療は困難で、完璧ではないこともあります。しかし、患者さんは少しでも楽になることができますし、治療する必要があると思います。

そして、患者さんは自分を治療してくれる人を見つける必要があります。明らかに、私たちはアイリカバリープロトコルを用意しており、それは私たちのウェブサイトでLong-COVID専用に公開されています。そして、彼女は多くのアレルギー症状を抱えているようですが、これは非常に興味深いことです。そして、彼女は明らかに特定のマスト細胞安定剤を使用して、彼女のアレルギーに対処することができます。

Betsy Ashton 1:09:53

そのプロトコルは、あとどれくらいで完成するのでしょうか?

Paul Marik 1:09:58

さて、The Long COVIDはすでに利用可能です。Long-COVIDのIRAカバーがウェブ上にありますが、ポストバックの観点から新しいデータがいくつか出てきているので、更新する必要がありますね。これは重複していますが、2週間以内に、うまくいけば、何か利用できるようになると思います。

Betsy Ashton 1:10:23

素晴らしい。では、それを入手できるようにします。そして、医師がそのような患者を助けたいと思うように、それを提供するようにします。そして、治療してくれる医師がいるということですが、それは良いニュースです。

Paul Marik 1:10:37

マストセル安定化剤の話です。このように、医学と科学の驚くべきことは、実際に学ぶことを止めることができないのです。クルクミン、ターメリックというハーブには 実は強力なマスト細胞安定化作用があります。また、ヒスタミン受容体をブロックするh1およびACE2受容体も持っています。

ですから、アレルギーをお持ちの方は、非常に簡単なことですが、試してみて、効果があるかどうかを確認してみてください。それから、H1ブロッカー、H2ブロッカー、マスト細胞の安定化剤であるクロモリンもあります。ですから、人々が試すことができるものがあるのです。

Betsy Ashton 1:11:26

Cortinaさん、ありがとうございました。そして、本当にありがとうございました!ドンキーさん、あなたは素晴らしい方です。では、いくつかお知らせがあります。まず最初に、お医者さんに感謝するだけでなく、看護師さんにも感謝します。

舞台裏で支えてくれた看護師たちに感謝したい。スーパースターのクリスティーナ・クリスティーナ・モーリス(CRNA)メアリー・ベス・チャーノ(RN)そしてNPが後ろに控えてくれています。そしてスコット・ロジャーズ 新しい看護師が加わりました。

わかったわ まあ、どんな些細なことでも助かります。しかし、私たちはこのようなものに苦しんでいる人々から多くの質問を受けています。もっと裏話? のようなものが出てきた?うわーん。

Kristina Morros 1:12:47

さて、ピエール、私は私たちのインフォグラフィックを共有し、それが研究によって変異原性薬剤であったことを議論し、それは薬物相互作用の多くを持っていることであり、その

Pierre Kory 1:12:56

効かないんです。効かないし、実は修正補正があることも知っています。複数の国で行われた治験のうち、効果が認められたのは1カ国だけです。それはブラジルでした。ブラジルのCRO(製薬会社のために臨床試験を行う委託研究機関)は、悪名高く腐敗しているからです。ですから、どうにかして1つの国で効果が出るようにしたのです。他の国々が失敗したら、それは冗談のような薬です。

Kristina Morros 1:13:33

今、米国の患者に処方されています。

Betsy Ashton 1:13:45

さて、皆さん、医学を学ぶといえば、ビーン博士がいますね、家の皆さんに思い出してもらいましょう。ビーン博士のスライドをあそこに置いてもらってもいいですか?そう、ビング博士との長い物語です。これは絶対にチェックしたいですね。ビーン博士はLong-COVIDに関するあらゆる興味深いトピックを取り上げています。私たちは何を聞いているのでしょうか、

全然わからないんですが、とりあえず今週は、ビーン博士がワクチンに含まれるポリエチレングリコールについて、そしてそれがアレルギー反応を引き起こしているかもしれないことについて話してくれるわ。そのため、今お話した内容のフォローアップをしたい場合は、ビーン博士から詳細を得ることができます。

FLCC.net/forward/dr 今、そして来週です。皆さん、来週は私たちと一緒にいてくださいね。私たちは、北の隣人に目を向けています。私たちは、あなたがそこにいることを知っています。カナダ人はずっと私たちと一緒にいる あなたがそこに何が起こっているのか疑問に思っている場合、そのスライドは好きですか?さて、来週は、あなたの同胞に話を聞く予定です。

実は、母と娘から、早期治療の経験について、忘れられない感動的な話を聞くことができます。そして、母親の命を救った彼らの主治医や、カナダの他の医師に対する迫害についてもお話しします。そして最後に、早期治療を求めるカナダ人のために、どのようなリソースがあるのかを見ていきたいと思います。ですから、とても貴重な考察になると思いますし、カナダにいてもいなくても、多くのことを学ぶことができると思います。

Pierre Kory 1:15:43

このタイトルを考えた天才は誰なのか見てみましょう。このタイトルは私が考えたように見えますが、そうではありません。素晴らしいタイトルです。私はそれが大好きです。確かにそうですね。

Betsy Ashton 1:15:53

確かにそうですね。私たちは生意気なチームなんです、ご存知でしょう?とにかく。I-Mask+プロトコルを、慢性的な予防と曝露後の保護に重点を置いたI preventと、早期治療に重点を置いたI careに分割し、医学的な指示、パニックにならないようにすることを述べています。

薬を全部変えて捨ててしまうわけではありません。そうではありません。これは、ただ単純化し、誰にでもわかりやすくするためです。そして、まもなく新しいプロトコルを展開します。もちろん、ワクチン接種後症候群についても、先ほど医師が話していたのを聞いていただけると思います。

このように、舞台裏では多くの作業が行われています。ここで、私の最後のコメントになります。このスライドは床に落ちました。このスライドには、私たちが行っていることを行うには多くの時間と労力が必要です、と書かれています。そして、それについて疑問の余地はありません。

ワクチン接種後の症候群に焦点を当てることは、特に困難です。これをまとめて、人々が理解できるように簡略化し、メッセージを発信することは、皆さんの協力なしにはできません。この言葉を広め、命と苦しみを救おうとすることは非常に重要です。大小にかかわらず寄付をしてくださった方々に感謝します。また、私たちのストアにはとてもかわいいものがありますので、ぜひチェックしてみてください。

Betsy Ashton 1:17:54

まあ、とにかく、みなさん、クリスティーナは、店に入るこの良いもののすべてを把握する人ですから、本当にクールな場所クリスティーナはクールで、店はクールです。楽しいものが見つかりますよ。というわけで、とにかく買い物が終わるまで、今週もよろしくお願いします。来週もここでお会いしましょう。水曜日の夕方には、あなたがどこに住んでいても見逃せないカナダの話をお届けします。それでは、ありがとうございました。良い一週間をお過ごしください。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました