WW3・核戦争

プランA 米国-ロシア核戦争シミュレーション  プリンストン大学

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

plan A

sgs.princeton.edu/the-lab/plan-a

SGS(グローバル・サイエンス・アンド・セキュリティ・プログラム)は、現実的な核戦力の態勢、目標、死亡率の予測を用いて、米国とロシアの間のもっともらしいエスカレートする戦争について新しいシミュレーションを開発した。紛争発生から数時間以内に9000万人以上の死傷者が出ると推定される。

このプロジェクトの動機は、現在の米露の核戦争計画がもたらす破滅的な結果を強調する必要があるためである。米国とロシアが長年にわたる核軍備管理条約を破棄し、新しい種類の核兵器の開発を始め、核兵器を使用する状況を拡大したため、この2年間で核戦争のリスクは劇的に増加した。

この4分間の視聴覚作品は、米国とロシアの現在の軍事態勢、核戦争計画、核兵器の目標についての独自の評価に基づいている。現在配備されている核兵器、核兵器の収量、特定の核兵器の標的の可能性、さらに、戦争のどの局面でどの兵器がどの標的に向かうかを推定する戦闘順位の広範なデータセットを用いて、核紛争の展開が戦術、戦略、都市標的の局面に至るまで示される。

その結果、紛争の各局面で発生するであろう直接的な死傷者は、NUKEMAPのデータを用いて決定される。すべての死亡推定値は、核爆発による急性死亡に限定されており、核放射性降下物やその他の長期的影響による死亡によって大幅に増加することになる。このシミュレーションは、Alex Wellerstein、Tamara Patton、Moritz Kütt、Alex Glaserが開発し、Bruce Blair、Sharon Weiner、Zia Mianが協力した。サウンドはJeff Snyderが担当した。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました