医師団宣言 グローバル コービッド サミット – イタリア・ローマ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ロバート・マローン博士
PHYSICIANS DECLARATION GLOBAL COVID SUMMIT – ROME, ITALY

https://doctorsandscientistsdeclaration.org/

医師団宣言

グローバルCovidサミット – イタリア・ローマ

国際医師・医学科学者連合

2021年9月

[UPDATE: 9/23深夜(ET)時点で、2,700人以上の医師・科学者がローマ宣言に署名している。以下を読み、署名することで我々に参加してほしい。]

我々、世界の医師は、ヒポクラテスの誓いに忠実に団結し、我々が知っている医学という職業が岐路に立たされていることを認識し、以下のことを宣言せざるを得ない。

 

医学の尊厳、品位、芸術、科学を守り、回復することは、我々の最大の責任であり、義務である。

患者をケアする我々の能力に対して、前例のない攻撃が行われている。

公共政策立案者は、安全でより効果的であることが証明されている患者ケアの個別化されたアプローチという基本的な概念を支持するのではなく、「ワンサイズ・フィッツ・オール」(一つで全ての穴を塞ぐ)の治療戦略を強制することを選択し、結果として不必要な病気や死を招いている。

医師やその他の医療従事者は、疫学、病態生理学、薬理学の知識を生かし、最前線で働いており、命を救う可能性のある新しい治療法を最初に発見することが多い。

医師は、新しい病気や新興の病気について、専門家としてのオープンな議論や意見交換を行うことをますます躊躇するようになってきており、医療専門職の本質を危険にさらすだけでなく、より重要なことに、より悲劇的なことに、患者の命を危険にさらしている。

薬局、病院、公衆衛生機関が設置した障壁の結果、何千人もの医師が患者への治療を妨げられており、大多数の医療従事者は、病気に直面した患者を守ることができない。 現在、医師は患者に、単に家に帰って(ウイルスの複製を許して)病気が悪化したら戻ってくるように助言しており、その結果、治療を怠ったために、何十万人もの患者が不必要に死亡している。

これは医療ではない。これはケアではない。このような政策は、実際に人類に対する犯罪である可能性がある。

よって、以下の通り決議する。

決議、医師と患者の関係を回復すべきである。医療の中心はこの関係であり、それによって医師は患者とその病気を最もよく理解し、成功の可能性が最も高い治療法を策定することができ、また患者は治療に積極的に参加することができる。

決議:医療行為や医師と患者の関係への政治的な介入を終わらせるべきである。医師、そしてすべての医療提供者は、報復、検閲、誹謗中傷、懲戒処分を恐れずに自由に医学の芸術と科学を実践しなければならない。その中には、免許や病院の特権の喪失、保険契約の喪失、政府機関や組織からの干渉の可能性も含まれる。これまで以上に、病気についての理解を深めるために、客観的な科学的知見を交換する権利と能力が守られなければならない。

決議:医師は、”FIRST, DO NO HARM “の原則に則り、治療法を処方する権利を守らなければならない。医師は、安全で効果的な治療法を処方することを制限されてはならない。このような制限は、不必要な病気や死を引き起こし続けている。患者は、それぞれの治療法のリスクとメリットについて十分な説明を受けた後、それらの治療を受ける権利を回復しなければならない。

決議 我々は、世界中の医師とすべての医療提供者に、この崇高な目的に参加していただき、医療行為に信頼、誠実さ、プロフェッショナリズムを取り戻す努力をすることを決議する。

決議:生物医学研究に長け、最高の倫理的・道徳的基準を守る世界中の科学者に、キャリアや評判、生活への報復を恐れることなく、客観的で経験的な研究を行い、発表する能力を主張していただきたい。

決議:我々は、医師と患者の関係の重要性と、自分のケアに積極的に参加する能力を信じる患者に、科学的根拠に基づく医療へのアクセスを要求することを決議する。

その証として、以下の署名者は、最初に書かれた日付でこの宣言に署名した。

宣言文に署名する

*印は必須項目

  • プレフィックス*
  • 名*(ファーストネーム)*
  • 苗字*
  • 国*
  • ~として署名*
  • 組織または所属(自分自身でも可)*
  • 医師のプロフィールページまたはウェブサイト(ある場合)
  • 電子メール
  • 同意

個人情報保護方針に同意する。

署名する前に文面をお読みほしい。このフォームを送信することにより、送信された情報が保存され、ウェブサイト上に表示されることに同意する。公表される個人情報は、氏名、国名、組織・団体名(含まれている場合)のみとなる。その他の送信された個人情報はすべて保護され、転送されることはない。署名に使用した電子メールの削除依頼は、30日以内に完了する。

共同署名者 医師・医学者

  • アイラ・バーンスタイン博士、総合的なプライマリーケア医、カナダ、トロント
  • ポール・E・アレクサンダー博士、臨床疫学者、元WHO-PAHO、米国保健省コンサルタント、Covidパンデミック上級アドバイザー
  • ピエール・コーリー博士:重症患者および肺疾患の専門家、元ウィスコンシン大学重症患者治療部門長および外傷・生命維持センター医長
  • モビーン・サイード博士(医師、コンピュータ科学者、DrBeen Corp.CEO
  • アンドレア・G.ストラメッツィ(イタリア
  • Tess Lawrie 博士(The Evidence-Based Medicine Consultancy Ltd取締役、コクラン婦人科がんグループ研究コンサルタント、英国バース市
  • Héctor Carvallo博士(ブラジル、ブエノスアイレス大学、元内科学教授
  • ポール・E・マリク博士(イースタン・バージニア医科大学医学部教授、呼吸器・重症治療医学部長
  • Flavio Cadegiani博士(ブラジル、サンパウロ連邦大学、臨床内分泌学
  • Marc G. Wathelet博士、分子生物学者、コロナウイルス専門家、ベルギー
  • Eivind H. Vinjevoll博士、上級コンサルタント麻酔科医、ボルダ、ノルウェー
  • ヘザー・ゲスリング博士、ミズーリ州コロンビアの家庭医療専門医
  • マーク・マクドナルド博士、二重公認の児童・思春期精神科医、カリフォルニア州ロサンゼルス
  • オルフェミ・エマニュエル・ババロラ博士(ナイジェリア、ジョス/カル、ビンガム大学、IP HOD手術、眼科学の教授
  • リチャード・ウルソ博士、科学者、FDA承認の創傷治癒薬の唯一の発明者、MDアンダーソンがんセンターのオービタルオンコロジーの元チーフ
  • ジョン・リッテル博士:フロリダ州キシミーとオカラで診療を行う家庭医
  • ライアン・コール博士(米国病理学会認定病理医、Cole Diagnostics社(アイダホ州ボイシ)CEO
  • ブライアン・タイソン博士:家庭医、緊急医療コヴィッド・クリニック(カリフォルニア州インペリアル・バレー
  • ロバート・W・マローン博士:遺伝子治療、生体防御、ワクチン、免疫学、in-vitroおよびin-vivo RNAトランスフェクションの発見者、mRNAワクチンプラットフォームの設計者
  • ジャン-ジャック・ラジター博士(肺・睡眠コンサルタント
  • ウォン・アン・ペン博士(Malaysian Alliance for Effective Covid Control (MAECC)
  • ピーター・マカロー博士、臨床心臓病医、予防心臓病学、高度脂質学
  • ホセ・イグレシアス博士(ハッケンサック・メリディアン・スクール・オブ・メディスン・アット・セトン・ホール准教授
  • Geert Vanden Bossche博士:ウイルス学、ワクチン研究開発、元GAVI(Global Alliance for Vaccines & Immunization)シニアエボラプログラムマネージャー、元ドイツ感染症研究センターワクチン開発室室長

その他、世界中の何千人もの医師、医学者、研究者が参加している。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker