ピーター・マカロー博士 テキサス州上院のHHS委員会で証言

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

早期治療・在宅治療

Peter McCullough, MD testifies to Texas Senate HHS Committee

Peter McCullough, MD testifies to Texas Senate HHS Committee

こんにちは。私はピーター・マカロー博士と言います。内科医、循環器科医、テキサス医科大学医学部教授を務めています。ここで述べる意見は私個人のものであり、必ずしも所属機関のものではありません。

私の分野では、私はアカデミックドクターとして患者を診ていますが、研究にも非常に深く関わっており、2つの主要ジャーナルの編集者でもあります。私の分野では、心臓と腎臓を扱う分野で、歴史上最も多くの論文を発表しています。

COVID 19がヒットしたとき、私はこれを医療のスーパーボウルと思いました。ウルソ博士のような医師が、どこで働いていてもウイルスに立ち向かうために出てくるのです。また、病院でウイルスを受け入れなければならない医師もいましたし、傍観者になる人もいましたし、パンデミックに反対する人もいました。

私が文献を調査し始めたとき、緊急の治療を必要とする心臓病や肺病の患者がいました。私は、入院するほどの病気になる前に、自宅で2週間も続くような病気を放置することは拒否してきました。私は、患者が何の治療も受けずに家でじっとしていて、手遅れになってから入院するようなことはしたくありませんでした。それは4月の時点で明らかでした。

そこで私は、その時点で入手可能な最高のツールや薬を使用しました。それはら適切に処方されたオフラベル(適応外使用)です。ラベルとは広告用のラベルのことで、科学的な文書ではありませんが、病気を治療するために従来の医療で適切に処方されてきたオフラベル治療薬があることは確かです。

私は5月に医師のチームを結成しました。というのも、パンデミックに最も直面していたのはイタリアのミラノだったからです。彼らのほとんどはコラクル・イタリア研究ネットワークに所属していました。 私たちは利用可能な薬について知っていることをすべてまとめ、その結果を8月8日発行の「アメリカン・ジャーナル・メディシン」誌で発表しました。

その論文のタイトルは、「早期外来治療の病態生理的基盤と理論的根拠」でした。この論文には、COVID-19の入院と死亡という2つの悪い結果があるという前提がありました。

Pathophysiological Basis and Rationale for Early Outpatient Treatment of SARS-CoV-2 (COVID-19) Infection - PubMed
Approximately 9 months of the severe acute respiratory syndrome coronavius-2 (SARS-CoV-2 ) spreading across the globe has led to widespread COVID-19 acute hospi...
SARS-CoV-2(COVID-19)感染症の早期外来治療の病態生理的根拠と理由
Pathophysiological Basis and Rationale for Early Outpatient Treatment of SARS-CoV-2 (COVID-19) Infection オンラインでは2020年8月7日掲載 Peter A. マカロー, MD, MPH,a,b,c,⁎ Ronan J. ...

2つ目の前提は、入院前に何かをしなければ、入院を止めることはできないということです!止めることは無理なのです。

この論文の筆頭著者は私ですが、イタリア、インド、カリフォルニア、エモリーなど、米国の最高の研究機関から何十人もの著者が集まりました。

興味深いことに、COVIDに関する査読付き文献には5万の論文がありましたが、医師に治療法を伝えたものは一つもありませんでした。一つとしてです!

こんなことがあるのかと、私は本当に驚きました。そして、この論文がアメリカの医学雑誌に掲載されると、電光石火のごとく、当時の医学界で最も引用された論文となりました。世界が私のドアを叩き始めたのです。なんてこった、この分野が手つかずの状態だったなんて信じられない、と思いました。

私はそれまでソーシャルメディアを利用したことがありませんでしたが、ロースクールから帰ってきた娘にそのことを話したところ、彼女は「YouTubeのビデオを作ってみたら?」と言いました。そこで私は、論文から4枚のスライドを使ってyoutubeビデオを作成しました。それは、世界でも有数の医学雑誌に掲載された査読付きの論文です。4枚のスライドで、ネクタイを締めてスーツを着て、彼女がパワーポイントで録画する方法を教えてくれたので、youtubeに投稿しました。

一週間後にはyoutubeから「あなたはyoutubeコミュニティの規約に違反している」と言われました。

そこでジョンソン上院議員の事務所、ワシントンへ乗り込みました。「これは危機に瀕した患者を助けるための重要な科学的情報なのに、ソーシャルメディアは何かの権威に基づいてそれを弾圧している」

このように、様々なことが重なってきました。そして、私は2020年11月19日の米国上院証言の主席証人になりました上院証言が行われた理由は、患者への治療情報がほぼ全面的にブロックされていたからです!ほぼ完全な遮断です。一体何が起こったのか?

長い間、アメリカでは治療に関する情報がないというサイクルに陥っていたのです。

患者はウイルスは治療できないと思っています。そこで何が起こるか、患者は診断を受けに行きます。

私自身はコービッドのサバイバーであり、私の妻と娘もコービッドの生存者で、老人ホームにいる父親もCOVIDを生き残りました。

しかし、あなたは診断テストを手渡され、「あなたはコービット陽性です、家に帰ってください」と言われます。

何か治療はありますか? ありません

どこか連絡できるところはありますか? ありません

何か照会できるホットラインはありますか? ありません

研究のホットラインはありますか? ありません

米国ではこれが標準的な治療法なのです!

今日でも、テキサス州のテストセンターに行けば、これが標準的な治療法であることは間違いありません。間違いないです。

テキサス州で45,000人が死亡したのは当然です!テキサス州の一般の人々は治療法がないと考えています。EUAや抗体のことも知りません。90歳の紳士がすごい勢いで治療を受けたと聞きました。

ワクチンにばかりに焦点があたっていますが、病気の人たちへの焦点はどこにあるのでしょうか?この委員会は、すべてのモノクローナル抗体がどこにあるのかを知るべきであり、すべての治療プロトコルがどこにあるのかを知るべきです。テキサス州でCOVID-19の患者を実際に治療している治療センターのリストを持っているべきなのです。

そこで、私が主導し、2つ目の論文をReviews in Cardiovascular Medicine誌に掲載しました。ウルソ博士、エマニュエル博士、ヒューストン、サンアントニオの医師たちを含む57人の著者が参加しています。今では、世界的な論文となり統合されてアップデートされています。

そうです、私たちは生存する複製に影響を与えるために薬を使いました。抗体は素晴らしいものです。細胞内の抗感染症薬を使うこともできます。その箱の中で、私たちはコルチコステロイドと炎症薬を使います。最高の抗炎症薬はコルヒチンです 。おそらく聞いたことがないでしょうが、4,000人以上の患者を対象とした最大かつ最高品質の無作為化試験で、二重盲検無作為化プラセボ対照試験では、死亡率が50%減少しています!

しかし、話題にもなっていません。ゼロです。どこの文化的分野でも完全に遮断されている。

そんなことがあるのか?そんなことがありえるのか?

そして、ウイルス感染の最も致命的な部分は血栓症です。そのため、私はいつも、ウイルスに効くもの、炎症に効くもの、薬剤で効くもので患者を治療してきました。

ウルソ博士と同じように、私にも非常に重篤な患者がいて、2人を失いました。しかし、これまでに起こったことは想像を超えるものであり、私は伝えなければなりません。

この中で何人の方が、地元のニュースステーションや全国ネットのケーブルニュースステーションを見て、自宅での治療に関する最新情報を得たでしょうか?この中で何人の方が、COVID-19という診断を受けたときに何をすべきか、一言でも伝えてもらったことがあるでしょうか?

これでは、あらゆるレベルで完全に失敗するのは当たり前です。

ホワイトハウスを例にとると、なぜこのような入院を阻止するために全力を尽くす医師団を任命しなかったのでしょうか?実際に患者を治療した医師たちにグループになってもらい、毎週、最新情報を提供してもらうということをしなかったのでしょう?

なぜそれができなかったのか?なぜそれが州レベルでできなかったのか? ゼロです。入院を免れた患者の数についての報告書はないのか?私は今日6時間の証言を聞いたがゼロ 、ゼロです。私たちは治療に関して完全な空白地帯を持っています。これは空白現象です。

少なくともアメリカでは、ヒーローが現れました アメリカ内科外科学会がリードしてくれました 彼らはテキサス州で35の治療センターを特定しました。 彼らが誰だか知っています。彼らは緊急ホットラインを持っています。

彼らはホール博士がこの非常に簡単なパンフレットを作るのを手伝ってくれましたが、もっと充実したものがあり、それをみんなに配れば、少なくとも情報を知る機会が半分は得られるでしょう。

致命的な病気でありながら治療をしない、これは完全な茶番です。

現在、アメリカ国立衛生研究所とアメリカ感染症デザインは、COVID-19の治療に関するガイドラインを発表し始めました。そして今日まで、そのガイドラインはほとんど入院患者を対象としています。

私が筆頭著者として発表し、ウルソ博士の素晴らしいサポートを受けた2つの論文は、科学的な情報の裏付けに基づいています。外来患者としてCOVID-19を治療する方法を医師に伝えている、査読付きの文献の中では唯二の出版物です。たった2つです。

米国内科医外科学会による「自宅療養ガイド」は、患者が自宅でCOVID-19を治療する方法についての唯一の情報源です!唯一の情報源です。

自宅でできるCOVID治療の手引き あなたの命を救う、医師によるステップ・バイ・ステップ計画
A Guide to Home-Based COVID Treatment Step-By-Step Doctors’ Plan That Could Save Your Life 2021年2月1日更新 副編集長 Jane Orient 医学博士(内科医)、米国医師外科医協会専務理事、災害対策医師会会長 編集顧問 ...

今、ここで何ができるのか。テキサスではこれからも多くの人が亡くなり、それは絶対的な悲劇だと思います。

明日はどうなるのでしょうか。 治療の手引きや研究に参加するためのホットラインがなければ結果は一つも出ないという法律を作るべきです。

スタッフを配置し、テキサス州で利用可能なすべての研究を見つけ出し、致命的な診断結果を持って家に帰り、入院して死ぬまでの2週間、絶望的な生活を送る人を一人も出さないようにするべきです。

アメリカで、このような完全な盲点があることが想像できません。

対策を講じなかった医師たちに責任があります。

医学会はどのようにこの問題に取り組んでいたのでしょうか?

連邦政府や州政府の機関はどうだったのでしょうか?

ひとつとして、入院を止めようとするグループの協力的な努力はありませんでした。

誰もそんなことは考えもしなかった。

ボブ・ホールは4月か5月に私とHanaのテレビ会議を行いましたが、ちょっと待って、なぜ私がUnt Southwesternの卒業生なのかと思いました。

大学はどこにあるのか、他の大学はどこにあるのか、なぜ私たちはこれを止めないのか。
なぜ私たちはこれを止められないのか。しかし事態はより悪くなっています。私が2020年12月に発表した論文では、ブラジルの優秀な医師が関わっていましたが、そこで様々な国で何を行っているのかという質問をしました 。

しかし、みなさんが、ニュースを見て外の世界を知ることができたのはいつが最後でしょうか?ニュースを見て世界がどのようにコービッドを扱っているかを知ろうとしたのはいつが最後でしょうか?

このパンデミックで起こったこととは、テレビに顔を出している一人の医師の世界の中に閉じこもってしまったということです 。パネルドクターのことではありません。医者のグループは常に仕事をしています。医者は常に異なる意見を持っています。

実際にCOVID-19患者を診たことのあるメディアの医者は一人もいません!一人としてです。ホワイトハウスのタスクフォースでも、患者を実際に診たことのある人は一人もいません

COVID-19の外来患者を実際に診たことのある医師を集めて、会議を開き、意見を交換し、パンデミックを強力に終わらせるにはどうしたらいいかを話し合うということをしてみてはどうでしょうか?驚くべきことではありませんか?この完全な盲点について考えてみてください。

何が起こったのかをお話ししましょう。 5月頃、ウイルスがワクチンに適していることが知られるようになりました。そして、治療に関するすべての努力は中止されました。国立衛生研究所は実際に多剤投与プログラムを持っていましたが、20人の患者が出た後、患者が見つからないと言って中止しました。史上最も不誠実な発表です。

そして、ワクチン開発のためにワープスピードが全開になりました。

治療に関する情報はすべて封印されてしまいました。すべてです。ツイッターやユーチューブからも消され、論文さえも発表されません。この件に関しては、私たち自身の医学文献でさえ情報を得ることができません。完全に抹殺されてしまったのです。

このプログラムはウイルスの拡散を抑え、ワクチンを待つというものでしたが、ワクチンを接種した場合には、すべての努力がワクチン接種に向けられます。

考えてみて下さい。今日ではテキサスにおいてワクチンの効果がなくても80%の集団免疫があると計算されています。80%以上の人が今日COVIDを発症していると計算されています。コービッドの感染者がまた増えれば、彼らも免疫を獲得するでしょう。

コービッドを発症した人は、完全かつ持続的な免疫を持っていますが、これは非常に重要な原則です。完全で持続的です。自然免疫には勝てません。さらにその上にワクチンを打って良くすることもできません。

回復した患者にワクチンを接種する科学的、臨床的、安全性の根拠はありません。COVIDから回復した患者を検査する根拠はありません 。私と妻はCOVIDから回復しました。なぜ外に出て検査をするのでしょうか。根拠は全くありません。

私はこの委員会に実際に行われた研究を見てもらいたいのです。そして何か根拠があるのかと尋ねたい。何か根拠があるのでしょうか?

COVIDから回復した患者はたくさんいます。彼らにはワクチンを見送ってもらい、それを切望している人々に接種させましょう。

しかし、すでに80%の免疫があります、ワクチンの臨床試験ではプラセボのワクチンでは実際に切望とされるのは1%未満で、ワクチンが公衆衛生に与える影響は1%です。データによれば、私たちを救うことはできません。私たちはすでに80%の集団免疫にあります。

戦略的にターゲットを絞れば、ワクチンによってパンデミックをうまく切り抜けることができるかもしれません。しかし、戦略的にターゲットを絞る必要があります。根本的に健康上のリスクがない50歳以下の人々には、ワクチンを接種する科学的根拠はありません。科学的根拠がないのです。

今日、私が聞いたワクチン接種の根拠としての間違いの一つは、無症候性感染の拡大ですが、これについてははっきりさせておきたいと思います。私の考えですが、無症状の広がりはあったとしても程度が低いと思います。病人が病人にワクチンを投与した場合、中国人は英国の医学雑誌に研究結果を発表しました。

これは重要な誤報の一つです ホール議員が電話会議を開いた時に、議事堂が再開されたら何をすべきか?私は、ベイラー大学でやっていることを知っているだろうと言いました。私は、ベイラー大学では何をしているかというと、入学して体温を測り、体温チェックをして入学するのです。つまり、ベイラー病院に来た人全員を検査するのかをということは、ここにいる人たちよりもずっと病んでいますよ。

科学的根拠が全くないことを、なぜここ国会議事堂で、しかもこのような文脈で行うのでしょうか。

私が今日ここで述べたように、私の証言は、COVID-19は常に治療可能な病気です。

テキサス州マッキーニーやニューヨーク市で行われた大規模な研究によると、50歳以上の内科的問題を抱えた患者を医師が早期に治療した場合、利用可能な4~6種類の薬剤を用いて、複数の薬剤を連続して投与することができるという結果が出ています。今ではモノクローナル抗生物質の方が優れています。入院や死亡が85%減少しています。

85%、85%です。この85%という数字を覚えておいてほしいのですが、アメリカでは50万人以上の人が亡くなっています。予防可能な割合は85%にもなります。もし我々のパンデミック対応が目の前の病気の患者という問題に集中していたとしたら、私たちはここに集中し、あそこに集中し、マスクに集中したりします、しかし大事なことは病気の患者を治療することにレーザーのように集中することです。私たちは最も基本的なことに集中することを見失っていました。

以上が私の証言です。

 

質問

そうです。ありがとうございます。あなたがどれほど情熱を持っているかは伝わってきますが、確かにあなたは予防プロトコルや外来のステージについて語る上でリーダーでした。

COVID-19はこれからも続くわけですから、それが欠けているのは心配です。つまり、80%の集団免疫があることを期待しているのです。まだわかりません。あなたの論文を読んでみます。でも、それには感謝しています。メッセージは、世の中には効く薬があるということです。世の中には治療法があり、メッセージは、世の中には効く薬があるということですよね。

マカロー博士

効く治療法はあります。しかし、単独で効果のあるものはありません。そこで、200人の患者を対象に、イベルメクチン・ヒドロキシクロロキンを用いたごく小規模な研究を行ったのですが、効果はありませんでした。

これは、がんの場合に、ある薬を選んで、「がんの死亡率を下げない」と言っているようなものです。癌ではそんなことはしません。エイズでも同じことが起きています。

私たちが探すのは、有益なシグナルと許容できる安全性であり、それを組み合わせていくのです。それが私たちが行ってきたことのすべてです。

しかし、このような独立した宣言は、薬が効かないという薬ごとの宣言であり、それは私たちの責任でもあります。これは私たちのメディカルハウスの責任です。これは、私たち医療家が犯した大きな過ちです。

我々としては、単剤で死亡率が下がることを期待すべきではありませんでしたが、致命的なウイルス感染症に対しては複数の薬剤を併用する必要がありました。

質問

私たちは、このセッション全体で、教訓に耳を傾け、学ぶべきなのです。もう時間がありませんね。サラ・ホールさん、1つ質問がありますか?

早速ですが。ヘラー博士が来ていたときにアドが質問していたのですが、あなたが話したことと同じような考えで、誰かをテストするときに、ただ単に「ええ、あなたは陽性です」「あなたは陰性です」というように、少なくとも私たちが知っている情報を提供することで、そこにいる医師の役割を果たそうとするのではなく、使用することができるということです。ヘラー博士の統計的解釈に同意しますか?

それは、単に人々に情報を提供したり、市販薬を提供したりすることで、医師と患者の関係を構築することになるので、病院に現れるまで待つのではなく、これらの人々に早期治療を施すことができるかもしれないからです。

マカロー博士

APSガイドは、米国で50万件以上の症例に使用されています。 実際、早期治療のおかげで、今年の最後の四半期には病院が溢れかえらずに済んだのではないでしょうか。

私が証言したとき、私は「聞いてください、我々は軌道に乗っています」と言いました。私はこのことにとても重要視していました。私たちは、病院をオーバーフローさせる軌道にのっています。

ブレイクポイントは130,5000でした。アメリカの病院では128を達成しました。この曲線は、ワクチンよりもずっと前から下降し始めていました。ワクチンが登場するずっと前から、集団免疫で低下し始めていたことがわかります。

しかし、初期の治療ではイベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどのモノクローナル抗体の使用が急激に増加しましたが、これは私たちができる範囲でのことです。悲しいことに、モノクローナル抗体はまだ多くの場所で棚の上に置かれています。

しかし、このような委員会こどが、「モノクローナル抗体はどこにあるのか?」「老人ホームで使われているのか?」「老人ホームの大手チェーン店には?」「テキサス州の大手緊急ケアチェーンでは?」「彼らは何をしているのか?」「早期治療のプロトコルはどうなっているの?」と言うべきなのです。

これらは盲点です。誰もこのことについて考えたことがないでしょう。

これは、私たちが取り組むことができる、本当に低い高さにある果実です。要するに、多くの医師がチェックアウトし、患者が電話で問い合わせると、「私はCOVIDを扱っていない」と言われるのです。

その医師たちに聞いてみたところ、「なぜ患者が出て行ったのか覚えていない」と言われました。ええ、治療はしていません。

「でも、2日後には様子を見に電話するんでしょう?」

「しないが、だから何なんだ?」

これは「COVIDの治療をしない」ではなく、「COVIDはどうでもいい」ということです。これは、思いやりの喪失です。

今、私たちの国では、医療分野における思いやりの危機が訪れています。

しかし、患者に「COVIDの治療はしない」と言ったことのある医師は、すべて、そうであっても、2日後に電話して、酸素吸入を手伝ったり、様子を見たりしてください。もし答えがノーなら、それはヒポクラテスの誓いを破ったことになります。

それは私たちの責任です。私たちは、医療の現場で本当の意味での自己チェックをしなければならないのです。