BIRD/テス・ローリーワクチン

国会議員関係者の論文、今だ対応されていない
2020年に書かれたこの驚くべき文書は、ワクチン計画全体を崩壊させるはずだった。何が起こったのか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

drtesslawrie.substack.com/p/paper-for-a-parliamentary-peer-so

Paper for a Parliamentary Peer, so far unactioned

Tess Lawrie 博士(MBBCh, PhD)

火曜日の夜、アンドリュー・ブリッジン議員が下院に立ち、コビッドワクチンが安全でも効果的でもないことを示す確かな証拠を提示し、コビッド接種プログラムを中止するよう求めた。彼の訴えが聞き入れられることを願っている。

私たちの多くは、政策に影響を与える力を持つ人々に、このような証拠をきちんと提示してきた。最近、英国の貴族院議員の何人かの関係者に当たる人物から、手紙に基づくこの驚くべき論文を受け取った。その関係者は、なぜ自分が予防接種を受けないのかを、重要な点から順に説明している。

この方は詳しく調べていると言っても言い過ぎではない。どの点にも、丁寧な言及があり、どの点にもワクチン接種に反対する十分な理由がある。その厳密さは、多くの科学者や研究者が恥ずかしく思うほどだ。

著者に全文掲載の許可をお願いしたところ、匿名という無理のない条件付きで快諾をいただいた。長いので、もしあなたがメールでこれを受け取ったなら、短くカットされているかもしれないので、残りはウェブサイトで直接読んでほしい。このような作品は、すべての人に読まれるに値するものだからだ。

その膨大な証拠、優しくも冷酷な論理、非の打ちどころのない明快な文章を読むと、なぜこれまで実行に移されなかったのか、不思議に思えてくるかもしれない。彼女は、「国の重要な役割を担う人たちは、とてつもなく忙しく、自分の専門分野にしか時間を割けない」と説明する。確かにその通りなのだが、なんというもどかしさだろう。そして、政府の重大な限界を明確に示している。というのも、率直に言って、政府に判断を委ねると、病気や怪我をしたり、死んだりすることになりかねないからだ。

この手紙を読むと、2年前のものであるにもかかわらず、筆者が提起しているすべての点が依然として適切であるという事実に驚かされるかもしれない。本当に変わったのは、提起されたすべての懸念を裏付ける証拠が増えたということだけだ。もし、あなたの親戚や同僚、医師や近所の人が、コビッドワクチンに関するあなたの選択に疑問を投げかけ、「科学に従え」と言うのなら、この手紙を送ることを検討してみてほしい。科学雑誌で読むのと同じように、そして多くの場合、はるかに優れたものである。


コビッドワクチンをまだ希望しない理由の一部

免責事項:私はこのテーマについて広く読んだが、これは個人的な見解であり、科学的なものではない。科学界はこのテーマについて分裂しており、だからこそ私は、片方の主張を封殺するのではなく、もっと幅広い議論を望む。一部の世界的権威が沈黙しているという事実は、私にとってまさに警鐘となるものなのである。

1.

これらのワクチンについて、長期的な安全性の研究は行われていない。[1] 時間がかけられていない。これらはパニック対策として展開されているに過ぎない。私の父はよく、「疑わしきは罰せず」と言っていたものだ。

  • ワクチン推進派の医師でさえ、その安全性に重大な疑念を抱いている。例えば、2020年11月、ベイラー医科大学の小児科・分子ウイルス学・微生物学教授であり、テキサス小児疾患院ワクチン開発センター長でもあるDr.Peter Jay Hotez(ベイラー医科大学小児科・分子ウイルス学・微生物学教授、テキサス小児疾患院ワクチン開発センター長)は、新しいmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンについて、「私は、実用性を犠牲にしたイノベーションを懸念している。そうであるなら、なぜHotezがワクチンの大推薦者であるのか理解できない」[3]。
  • エルサレム・ヘブライ大学の生化学教授であるミハエル・リニアルは最近、「私はそれ(mRNA「ワクチン」)をすぐに摂取するつもりはない-おそらく少なくとも今後1年間は摂取しない。本当に効果があるのかどうか、様子を見なければならない。安全性プロファイルが得られるのはある月数だけで、2年後に長期的な効果があるかどうかはわからない」[4] (「長期的効果」を評価するのに2年で十分だろうか。2009年にグラクソ・スミスクライン社のSARS H1N1ワクチンPandemrixの副作用としてナルコレプシーが認められるまで4年かかり、その結果英国の納税者は6千万ポンドを補償しなければならなかったのだから…)。
  • 2009年に豚インフルエンザワクチンの接種が広く行われたスウェーデンでは、最後にスピード展開されたワクチンの深刻な副作用を知らされ、詳しいことがわかるまでコビッド19ワクチンの接種を拒否する人が大勢だろう。スウェーデンの国家疫学者のアンデルス・テグネルは『もちろん 副作用を知っていれば判断はまったく違っただろう。しかしまったく知られていなかったので、誰もが驚いた』と述べている。
  • ファイザー社のワクチンの安全性試験で、3カ月以上フォローアップされた被験者は2.1%未満であり[5]、長期的な影響を判断するには短すぎる。もしメーカーが6カ月後にプラセボ群の接種を許可すれば、初期の被験者の長いフォローアップが失われることになる。
  • 75歳以上の既往症のある患者を含む研究グループは、わずか2.1%と1.8%だった[6]。ファイザー社のワクチン研究において、75歳以上のBMEは41人にすぎなかった。これは、脆弱なグループに対する広範な推奨を基礎付けるには十分ではない。

2.

意味がわからない。

  • COVID-19の「感染致死率」(IFR )は69歳以下では1%以下であり、子供と青年のIFRは0.003%である。若者がCOVID-19で死亡するリスクは統計的に僅少であり、子供の場合はインフルエンザで死亡するリスクよりはるかに低い。私が知っている人でコビッドにかかった人はほとんど全員(80代の反対側の隣人、同じく80代の親友の叔母など)数週間で回復している。死亡したのは一人だけで、90代だった。彼はコビッドと診断されなければ、おそらくインフルエンザか肺炎でいずれは死亡しただろう。実験的ワクチンは非常に低いIFRより安全なはずがない。
  • ワクチンはコビッドを予防するものではない。2020年12月10日に発表されたファイザーのブリーフィングペーパーでは、ワクチン接種後7日以内にCOVID-19が疑われるケースがプラセボ群に比べ、接種群で43%多かった。最初はコビッドで死亡する確率を減らすと考えるが、その代償は何なのか?
  • 規制を終わらせることはできない。ファウチ博士は、ワクチンは症状を防ぐことはできても、ウイルスの拡散を阻止することはできないと認めている。だから、ワクチンを接種することが社会的責任だと言っている人々は『科学に従っていない』。ワクチンを接種した人でさえ、マスクを着用し、社会的距離を置き、人ごみを避けることが必要なことに変わりはないだろう。NIHのCOVID-19予防ネットワークでワクチン試験を監督しているコーリー 博士は『研究は感染を評価するようにはできていない。そのような質問はしないし、現時点では本当に情報がない』と言う。
  • ビタミンD3 800 mgと亜鉛25mgを1日に摂取する予防薬は、コビッドを防ぐのに非常に有効であるようだ。2020年9月末、マット・ハンコック保健大臣は下院で、ビタミンDに「影響がないようだ」という試験を指示したと述べた。これは真実ではなく、彼の関係者は、そのような試験が行われなかったことを確認した[7]。私は、ビル・ゲイツがこの試験への資金提供を拒否したと理解している。もしそうなら、その理由は何だろうか。証拠は圧倒的なようで、加齢によって人間の皮膚のビタミンD3生成能力が低下する。多くの研究が、ビタミンD3不足が肥満、呼吸器疾患による死亡率、そしてCOVID-19といかに関連しているかを示している[8]。
  • アフリカの賢い友人は、地元の病院で働いている。明らかに、民族的な理由ですでに弱い立場にある人にとっては、特に弱い場所である。彼女は、これらのビタミンとビタミンCだけでなく、マヌカハニーとリンゴ酢も飲んで、感染しないことを確信している。彼女は、詩篇91篇の約束を信じている。『あなたは私の避けどころである主を、最も高い方をあなたの住居としたので、あなたに災いはなく、どんな疫病もあなたの住居の近くには来ない』。

3.

従来のワクチンは、病気の原因となる病原体の弱体化または不活性化したものを用いて、それに対する防御免疫を誘導するものだった。それが全ウイルスワクチンである。アストラゼネカのCOVID-19ワクチンは、全ウイルスワクチンとは異なり、「…実際には抗原を含まず、むしろ体自身の細胞を用いて抗原を産生する」ウイルスベクターワクチンである。抗原の遺伝子コード(COVID-19の場合はウイルス表面にあるスパイク状のタンパク質)を、改変したウイルス(ベクター)を使って、ヒトの細胞に送り込む。細胞に感染し、抗原を大量に作るように指示し、それが免疫反応を引き起こすことで、このワクチンは特定の病原体(特にウイルス)の自然感染時に起こることを模倣しているのである。これには、T細胞による強力な細胞性免疫反応と、B細胞による抗体産生を誘発する利点がある」アストラゼネカのワクチンは・・・チンパンジーに感染症を引き起こす感冒ウイルス(アデノウイルス)の弱毒化したものをベースにした複製不全チンパンジーウイルスベクターを展開する。これにはスパイクプロテインの遺伝物質が含まれている。ワクチン接種後、細胞がスパイクプロテインを生成し、免疫系を刺激してコビッドウイルスを攻撃する」

  • 最近のほとんどすべての伝統的なワクチンは、胎児細胞株で培養されている。ほとんどは、1973年に合法的に流産したオランダの女性の胎児の不死化腎臓[9]からの細胞株HEK293である。1人の女性の胎児からの細胞株は、世界のほとんどの伝統的ワクチンに対して十分な培養物を生産している。[10] ジョンソン・アンド・ジョンソン(ヤンセン)とアルティミューンのコビッドワクチンは、1985年に中絶された18週齢のヒト胎児の眼球から採取されたヒト胎児細胞株PER.C6で製造されている。中絶という争点は置いておいて。
  • ワクチン自体は最終製品に胎児細胞を含まないが、「…最終製品は実際の胎児細胞を含まないが、その製造に使用された細胞株からのDNA汚染物を保持しているかもしれない」[11]とDr.Theresa Deisher[12]は、「ヒト胎児から作られたワクチンや化粧品を使うとき、私たちは細胞株を作るために使われたヒト胎児からDNAやウイルスを自分の体に注入したり移したりすることにもなる」[13]と警告している。このことは、これらの細胞株が不死化され、複製されているという事実から明らかであり、発がん性の可能性があることを示唆している。この考えは、人々が日常的にワクチンを接種する以前と比較して、現在世界にははるかに多くのがんが存在し、専門家によって確認されているという事実によって補強されるものである。
  • FDA生物製剤評価研究センター長のピーター・パトリアルカ博士によれば、連続細胞株は自己増殖能力があるため、ウイルスを増殖させるための理想的な基質として使用されるとのことである。私たちが最も懸念しているのは・・・悪性化だ。なぜなら、これらの連続細胞の一部は実験動物の中で腫瘍を成長させる可能性があるからだ』彼は、『これらのワクチンを作る技術は、実際に これらのワクチンの働きを理解し、それらがどのように働くかを予測する科学技術を超えている』とも言っている。

4.

第3のワクチンは核酸ワクチンで、病気の原因となるウイルスや細菌(病原体)の遺伝子を利用して、それに対する免疫反応を促すものである。今のところ、これらはヒトへの使用は承認されていない。ファイザー社とモデルナ社のワクチンは第4の種類で、タンパク質サブユニットワクチンという新世代のワクチンである。これらのmRNAワクチンは、コンピュータ上での遺伝子配列の解読を利用して開発されたものだ。免疫反応を引き起こすために病原体全体を注射するのではなく、サブユニットワクチンは、免疫細胞を刺激する能力のために特別に選択された病原体の精製された断片を含んでいる。[この実験技術では、実際のウイルスを使う代わりに、ウイルスの遺伝コードをウイルスのリボ核酸(RNA)に入れて運ぶ。これは、細胞がタンパク質を製造するために使う指示書である。このmRNA「ワクチン」は、ヒトの細胞に特定のコビッド様タンパク質を製造するよう指示し、ヒトの免疫系を刺激して、ウイルスと戦うための抗体を作らせ、本物のウイルスに遭遇したときに、それを攻撃する準備をさせる。ビル・ゲイツは、(私の知る限り)このプロジェクトの資金提供者ではあっても、科学者としてではなく、「これは私たちのDNAを永久に変えてしまい、私たちはそれが何を意味するかを知らない」と言っている。非科学者である私自身、すでに公開されている情報の中には、例えば、憂慮すべきものさえあると感じる。

  • 一度注射したら、体外に排出することも、有害と判断されたら中和することもできない
  • この新しいmRNAワクチンは、人間以外から合成された 遺伝物質を細胞に注入する。細胞に入った遺伝物質は、転移RNA(tRNA)と相互作用して、これまで知られていなかったタンパク質を作る。ワクチンは体内の酵素に、コード化されているウイルスを破壊するように教え、体内のタンパク質生成機構をハイジャックしているのである。新しく作られたタンパク質は、私たちの細胞にとって全く異質なものであるため、私たち自身のDNAによって制御されることはない。新しいタンパク質は合成であるため、私たちの体はいかなる副作用にも対処できるようにプログラムされていない。長期的に何が起こるか、まだ知るすべもない[16](ファイザーとモデルナのワクチンには、被験者の脳内で確認されたアジュバンド[17]も入っている)。
  • このため、RNAベースのワクチンは、炎症や自己免疫疾患を誘発する可能性があるということが深刻な懸念となっている。これらの疾患は、「体の免疫システムが誤って体内の健康な細胞を攻撃してしまう」ことを引き起こす。例えば、I型糖尿病、セリアック病、多発性硬化症(MS)、乾癬、関節リウマチなどである[19]。
  • どの試験でも、ワクチンを接種してCOVID-19を発症した人はほとんどいませんだった。このため、COVID-19への曝露がワクチン接種者にどのような影響を与えるかについては、ほとんど何もわからない。ファイザー社とモデルナ社の試験では、それぞれ8人と11人がCOVID-19を発症しただけだ。したがって、先行ワクチンでよく立証されている、抗体依存増強(ADE)につながる病原プライミングの可能性について何もわかっていない[20]。
  • 世界中の科学者と医師[21]は、SARSとMERSに関連するコロナウイルスに関連して、ヒト非ヒト霊長類、およびフェレットで記録された現象であるADEの可能性について深刻な懸念を表明している。ADEでは、ワクチンが、人の体内に存在する抗体を、野生ウイルスのトロイの木馬のように作用させることがある。
  • COVID-19ワクチンを接種した人の場合、ADEは長期的に疾患の重症度を高めるだけでなく、臓器障害につながる可能性もある。COVID-19ワクチンの臨床試験は、ADEを検出するように設計されていない。COVID-19ワクチンの接種後、人口の何割が 病原性プライミングやADEに苦しむかは分からないが、すでに自己免疫疾患を患っている人は特に影響を受けやすいかもしれない。
  • これは新しい技術であり、mRNAに基づくワクチンはこれまで承認されず、最終試験にも入っていないため、旧来の技術と比較したピアレビューされたヒトでの発表データはない。
  • 過去に動物実験前にワクチンをヒトに投与した場合、しばしば死亡例があり、政府がワクチンを撤回する原因となった。過去のコロナウイルスワクチンは動物実験され、免疫を獲得したが、次に同じコロナウイルスにさらされたとき、被害を防ぐのではなく、感染を増幅させる逆説的免疫反応のため、ほとんどの動物が死亡している。
  • ワクチンの治験では、人体に挿入する新しい遺伝物質が、体内の他の遺伝子配列と同じかどうかは除外されていない。もし、相同な配列があれば、身体は自分自身を攻撃するように教えられることになる。
  • コロナウイルスの存在を診断するためのRT/PCR検査に用いられている配列の一つ(Rd-Rp配列)について、ヒトと微生物のすべての配列をコンパイルした遺伝子データバンクの検索であるBLAST[22]を行ったところ、配列と100%一致するヒト遺伝子配列が99個存在することが判明した。また、PCR検査で使用している別の配列(ORF1ab配列)では、100%一致する配列が90件あることが確認されている。さらに、BLAST検索を行うと、Or1ab配列と同一の微生物が92件、Rd-Rp配列と同一の微生物が100件ヒットする[23]。これらの配列は、コロナウイルスの一部であることが確認され、PCR検査に利用されているのだ。したがって、これらの遺伝子配列や他の遺伝子配列がワクチンにも含まれている可能性があり、急性炎症反応(サイトカインストーム、これは致命的となりうる)または後年、自己免疫疾患の発症を引き起こす可能性がある。
  • リンパ球が細胞を攻撃して殺し、巨大な致命的な炎症を起こすとサイトカインストームが起こりうる。そして、老廃物を除去するM2マクロファージが、ワクチンによって刺激された非中和抗体によって攻撃される[24]。ファイザーのコビッドワクチンに関する正式な試験終了日は2023年1月、モデルナの試験終了日は12月なのでまだ実験中だ(アストラゼネカの試験は2023年2月に終了する予定だ)。
  • PCR検査[25]が人体に生来備わっている遺伝子配列を検索しているということは、SARS CoV2ウイルスのPCR検査は、特定のウイルスに固有の配列を検査しているわけではない(コビッド陽性者の多くがほとんど自覚症状を持たないのはそのためである)。したがって、科学的な妥当性はない、と言う医師もいる。
  • スパイクプロテインには、ヒトを含む哺乳類の胎盤形成に必須なシンシチンという蛋白が含まれており、SARS-CoV-2ワクチンを接種すると、シンシチン-1に対する免疫反応が引き起こされる可能性があるため、SARS-CoV-2のスパイクプロテインに対する抗体の産生が予想されている。このような免疫反応は、ワクチン接種を受けた女性に無期限の不妊症を引き起こす可能性があり、すでに多くの女性がワクチン接種の結果、赤ちゃんを失っている。今回の臨床試験は、この可能性を評価するにはまだ十分な期間がなく、またそのようなことを考慮して設計されてもいない。
    • ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンは、これまで承認されたワクチンに使用されたことのないポリエチレングリコール(PEG)を含み、PEG化脂質ナノ粒子でコーティングされており、通常体内に注入された異物を殺す免疫システムからmRNAを隠している。26] PEG化脂質ナノ粒子は長年いくつかの医薬品に使われていたが、免疫システムバランスへの影響からアレルギー、自己免疫疾患やアナフィラキシーを誘発する可能性がある。臨床試験では、多発性硬化症が有害事象として確認されており、脳や脊髄の炎症である筋痛性脳脊髄炎も確認されている。PEG化脂質ナノ粒子は、自身の免疫反応を誘発し、PEG-結合体の対向ブロックが原因と考えられる肝臓障害を引き起こすことも示されている[27]。[小動物実験の中には、ルシフェラーゼ遺伝子を用いてそれを追跡しているものもあり、それによって光らせることができる。脾臓に留まることが確認されており、脳にも見られる。
  • PEGはアレルゲンの可能性があるだけでなく、発がん性が疑われている。モデルナの2018年版会社案内には、「重大な有害事象につながる可能性がある」反応を含む「当グループのLNP(脂質ナノ粒子)が望ましくない影響を及ぼさないという保証はない」と認めている。モデルナがそう言うなら、ファイザーのワクチンにも適用される可能性が高いだろう。
  • ファイザー・バイオインテック社のCOVID-19 mRNAワクチンを接種した多くの人が、注射後に重篤なアナフィラキシー反応を 起こした。、ほぼ確実にPEGが原因である。(PEGは従来のタイプのCovidワクチンにはない)重度のアレルギー反応歴のある人々はmRNAワクチンの臨床試験から除外されていたので、この有害結果は臨床試験の安全性データには現れなかった。FDAはPEGを「生物学的に不活性/不活性」と表示したが、研究者は現在その生体適合性に疑問を呈し、PEG化粒子が腫瘍の成長を促進し、「おそらく十分に診断されていない」生命を脅かすアナフィラキシーを含む有害免疫反応について警告を発している。
  • 米国のVRBPAC[28]のコビッドワクチンに関する意見募集に対し、小児リウマチ専門医のJ・パトリック・ウィーラン博士は2020年12月、mRNAワクチンが安全性試験で評価されていない方法で脳、心臓、肝臓、腎臓に微細血管損傷を引き起こす恐れがあるとFDAに警告している。
  • モデルナの文書や出版物からは、同社がmRNA技術のPEGなどに関する安全性リスクを十分に認識していることがうかがえる。2018年末のモデルナの株式市場投入を支援する会社案内では、同社はその技術的アプローチのリスク性についてオープンにしていた。具体的には、他のLNPに対するこの種の副作用に関する科学文献の記録を踏まえ、同社独自の脂質ナノ粒子(LNP)とPEGが「全身性副作用」をもたらす可能性を強調した。モデルナは次のように述べている(P33):「当グループのLNPに望ましくない影響がないとは断言できない。当グループのLNPは、全体または部分的に、免疫反応、輸液反応、補体反応、オプソニン化反応[29]、…抗体反応、のうちの一つまたは複数に寄与し得る。.または、LNPに付随する一部の脂質またはPEGからのPEGに対する反応。当グループの治験薬のある側面は、mRNAまたは脂質のいずれかによる免疫反応、肝経路における有害反応、mRNAまたはLNPの分解を誘発する可能性があり、これらのいずれかが当グループの1つ以上の臨床試験において重大な有害事象につながる可能性がある」
  • 有効性の問題については、2019年半ばに発表された、モデルナの社員である、あるいは過去に社員であった著者たちによる研究で、抗PEG抗体は「PEG化治療薬の 臨床効果に大きな課題(30)をもたらし、(その)効果を克服する戦略を必要とするだろう」と述べており、そうであれば、同じ技術を使っているので、ファイザーワクチンにも当てはまるはずだ。
  • イスラエルからの恐ろしい統計によると、同時期にCOVID-19で死亡した人よりも、予防接種で死亡した人の方が多いということだ。毎週更新されるアメリカ政府のVAERS[31]サイトでは、現在、モデルナ社製注射の副反応としての死亡率は12.5%、ファイザー社製注射は8.6%[32]、一方、コビッド生存率は、70歳未満のほとんどの人で99%以上[33]と報告されている。アメリカではコビッドワクチン後の死亡者は、VAERSへの報告数のほぼ2倍と言われているのである。
  • これらの研究は、重症化、入院、死亡などの転帰の減少を検出するために設計されていない。重篤な症状を発症した方にとって、ワクチンは治療薬ではない。
  • すべてのCOVID-19ワクチンの試験参加者から、高熱、悪寒、筋肉痛、頭痛などの副反応が報告されている。中には、入院や侵襲的治療を必要と する重篤な反応さえも 報告されている。長期的な影響として、ギラン・バレー症候群、脳の腫脹、筋力低下と麻痺、痙攣と発作、脳卒中、ナルコレプシー、ショック、心臓発作、自己免疫疾患、関節炎と関節痛、小児の多系統炎症症候群、および死亡が考えられる。34]一部の英国の医療従事者は、承認済みのワクチンを一度接種した後にアナフィラキシーショックを経験したそうだ。
  • 上記の19項目のうち一つでもあれば、全住民にワクチンを接種することの有効性に重大な疑念を抱くべきだと私は考える。しかし、政府はこの点について少しも心配していないようだ。なぜだろうか? 私自身、11日間に3通もの招待状を受け取った。「専門家」(「一部の専門家」ではなく、もっと正直に言うと「専門家」)が、私の年齢層の人たちはいち早くワクチン接種を受けるべきだと推奨している、というものだった。年齢によってコビッドによる重篤な病気のリスクが高まることは書いてあったが、まだ実験段階にあるワクチンによって重篤な病気になるリスクについては何も書いていなかったし、そのワクチンは緊急用としてしか認可されていないので、アナフィラキシー歴のある人は受け入れるべきではないとさえ書いてあった。まるでいじめだ。どうしたんだろう?

5.

ある友人が、CDCのACIP[35] COVID-19 Vaccine Work Groupが2020年12月18日までに発表した数字から、mRNA Covid 注射の初回投与による副作用のリスクは、Covidで死亡するリスクの100倍の可能性があると計算したと教えてくれた[36]。CDCの報告書には、「V-Safe Active Surveillance for COVID-19 Vaccine」という表があり、この表には、2020年12月18日までに初回接種を記録した登録者数は112,807人、Health Impact Eventsの発生件数は3,150件、つまり2.79%と記載されている。「健康影響事象」とは、「通常の日常生活ができず、仕事ができず、医師や医療専門家のケアが必要な人」と彼らは定義している。仲間の友人は逆ポーランド計算機を使っていたが、これは初めて聞く言葉だった。

  • ファイザーの有効率は90%、95%と報告されている。この数字は、モデルナ社と同じ方法で算出されたものである。モデルナ社の試験には、合計3万人が参加しましたので、ワクチン群とプラセボ群の各セクションには、約1万5千人が参加したことになる。この試験の「ワクチン」群では、14日目に症状が出たのは5人(0.03%)だけだったそうだ。(プラセボ群では90人(0.6%)が14日目に症状を呈した。したがって、この注射薬による実際の症状軽減効果は0.57%(0.94.7%減という見出しは、90人(症状が出た90人のプラセボ群)に5人(症状が出た5人のワクチン群)を足して95人としたもので、95人の94.7%ですから「ワクチン」試験として成功したことになる。(薬の有効率は、絶対数ではなく、すべてこのように計算される)。
  • モデルナ試験の絶対数では、長期的な研究が行われていない実験的なワクチンは、14日目の病気の症状の軽減または予防において、プラセボに比べて0.57%しか効果がなかった。報告された症状がコビッドに関係するのか、ワクチンの副作用に関係するのかは明らかでない。
  • BBCの番組では、多くの参加者がワクチンで免疫がつくと思い込んでいるが、ファウチ博士もワクチンメーカーもそれを否定している。人々は、偽ってワクチンを受け入れているように私には思える。

6.

多くの臨床医や学者が、現段階でこの注射に対して強い警告を発しているにもかかわらず、 沈黙を守っている[37]。なぜかというと、私たちは、十分な情報を得た上で決断できるように、潜在的なマイナス面を知る必要があるからだ。特に新しい技術では、確かにオープンな議論が重要である。MRNAワクチンは全く新しいもので、これまでにヒトへの使用が許可されたmRNAワクチンはない。モデルナに関連することは、おそらくファイザーのワクチンにも当てはまるだろう。市場にある他の治療法や予防薬には、同じアプローチは使われていないのである。

7.

大手製薬会社は世界で最も腐敗した業界であるという主張を裏付ける強力な証拠がある。過去20年間で、製薬業界はさまざまな不正行為により、合計140億ドル以上の罰金を科されている[38]。[38] 2009年、ファイザーは、同社が鎮痛剤であるベクストラを含む4つの医薬品の使用を違法に促進したという刑事・民事申し立てを解決するために、史上最大の医療詐欺和解金である23億ドルを支払わなければならなかった。2005年4月、ファイザーは、稀で時に致命的な皮膚反応を含むそのリスクがその利益を上回ると認識したため、ベクストラを市場から撤去した[39]。アストラゼネカは、12件以上の「虚偽請求」に対して5億4300万ドルを組み入れた11億ドル以上の罰金を、5,500万ドルの「リベート」に対する罰金を科された。それにもかかわらず、ワクチン製造会社は、ワクチンから多額の利益を得ている一方で、多くの国で納税者の費用負担で、ワクチンによる傷害の 請求から免責されているのである。[40]。

8.

この原稿を書いた後、ラジオで、亡くなった人の弔辞を司会した人が、後にその人が性的虐待者であったことが判明したという謝罪の放送があった。その謝罪者は、自分が学んだ教訓として、きっともっと広く適用できるだろう、次のように言っていた。

  • 何が流行っていようと、何が快適であろうと、何が信じたいと思おうと、懐疑的に、批判的に心を使わなければならないのである。
  • 真実はいずれ明らかになる。真実を語ることは、特に内部告発者にとっては不快なことかもしれない。
  • 真実が明らかになった以上、私たちは自分たちの共犯関係を認識し、二度と同じことが起こらないようにする必要があるのである。
  • 私たちは教訓を学ばなければならない。

反ワクチン派として誹謗中傷されている人々(「陰謀論者」という言葉を作ったのはCIAだと聞いている)は、自分たちは反ワクチンではなく、実験的ワクチンや一般的な強制ワクチン政策に反対しているだけだとはっきり言っている。確かに、全員ではないにせよ、彼らのうちの何人かは、安全で説明責任を果たし、インフォームド・コンセントに基づく完全な任意接種を強く支持していると言う。仮に彼らの警告が正しいとしたら? 政府と主要メディアは顔を曇らせるだけでなく、その過程で多くの人々が、中には致命的[41]に害されることになっただろう。

結論

私はアナフィラキシーの既往症があり、自己免疫疾患に関する英国免疫学会の国会議員向け報告書[42]、ワクチンにおける胎児細胞株の使用に関するSPUCレポート[43]、その他多くの文書で危険として取り上げられている自己免疫疾患の一つでもある。したがって規制機関からの助言は、私にとってこの注射は重大な誤りである恐れがあるというものである。より一般的には、長期的な安全性研究の結果が出るまでは、私のような中年にとってさえ、COVID-19そのものは、これらの注射よりもかなり低いリスクであると思う。この新しい技術は、人間の自然な防御機構から隠されている合成異物を人体に注入するのだから、この段階で一律に展開するのは、非常に賢明でないことがわかると思う。したがって、短期的だけでなく長期的にも、誰にとっても極めて危険ではないことを示す証拠は、本当に強い必要があるが、そのような証拠はまだない。誰か私を納得させてくれないだろうか。


[1] According to the BBC Scotland website, 22nd January 2021, the UK has ordered 100 million doses of the Oxford-AstraZeneca vaccine, 100 million doses of the Valneva vaccine, 60 million doses of the GlaxoSmithKline vaccine (a joint project with Sanofi Pasteur), 60 million doses of the Novavax vaccine, 40 million doses of the Pfizer-BioNTech vaccine, 30 million does of the Janssen vaccine and 17 million doses of the Moderna vaccine.

[2] The mRNA vaccines are the Pfizer vaccine and the Moderna vaccine

[3] The story of mRNA:  How a once-dismissed idea became a leading technology in the covid vaccine race by Damian Garde from StatNews

[4] Jerusalem Post, 17th November 2020

[5] The FDA’s Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee Meeting, 10th December 2020.  The purpose of the meeting was to review the Pfizer vaccine.

[6] Ibid.

[7] Mark Howarth and Tom Whipple in The Times, Thursday 1st October 2020, 12.01 am

[8] www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, academic.oup.com/ajcn/article…, www.mdpi.com/2072-6643/12/8/2488, www.bmj.com/content/356/bmj.i…, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20219… , link.springer.com/article/10…. , www.nature.com/articles/s4158…, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32311… , www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, www.mdpi.com/2072-6643/12/5/1359, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32700… , www.medrxiv.org/content/10.11… , academic.oup.com/jcem/article…, jamanetwork.com/journals/jama…, journals.plos.org/plosone/art…, pmj.bmj.com/content/early/202…, www.mdpi.com/2072-6643/12/9/2757, www.medcram.com, www.medcram.com/pages/media-c…, www.medrxiv.org/content/10.11…, www.nature.com/articles/s4159…, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, link.springer.com/article/10.1007/s11845-020-02427-9?fbclid=IwAR0q3FJKLgCR_71SYIiB6PSpv-zOMI07SR5eJQsw21bIPEQSIHaDUhdl3co, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…, and others.

[9] HEK stands for Human Embryonic Kidney

[10] Although ten of the covid-19 vaccines in development are known to involve the use of foetal cells in their manufacture, 19 laboratories are working on a covid-19 vaccine which does not use foetal cell lines.  This shows that alternative methods of production are available if manufacturers choose to use them.  cogforlife.org/wp.content/uploads/CovidCompareMoralImmoral.pdf

[11] The Commercial Use of Aborted Children by Liam Gibson, SPUC Staff member.  The article explains that ‘Removing all foetal DNA would make the vaccines too expensive to be commercially viable.’

[12] She is the President of Sound Choice Pharmaceutical Institute.

[13] DNA Mutations; www.soundchoice.org/research/

[14] www.gavi.org/vaccineswork/what-are-protein-subunit-vaccines-and-how-could-they-be-used-against-covid-19

[15] www.phgfoundation.org/briefing/rna-vaccines

[16] Eugene Gu: ‘This is the hard-to-swallow truth about a future coronavirus vaccine (and yes, I’m a doctor) The one you’re all getting excited about carries some serious risks’ The Independent (London, 20 May 2020)

[17] Adjuvants are substances added to a vaccine to increase the body’s immune response to that vaccine, but they can cause more local reactions, such as redness, swelling and pain at the injection site, and more systemic reactions, such as fever, chills and body aches than vaccines without adjuvants:  www.cdc.gov/vaccinesafety/

[18] Pardi, N., Hogan, M., Porter, F. et al. ‘mRNA vaccines – a new era in vaccinology’. (2018) Nat Rev Drug Discov 17, 261—279. www.nature.com/articles/nrd.20l7.243#citeas

[19] ‘Report reveals the rising rates of autoimmune conditions’ – The British Society for Immunology’s Report for Parliamentarians into autoimmune conditions, published 26 November 2018 www.immunology.org/news/report-reveals-the-rising-rates-autoimmune-conditions

[20] For instance, in the Philippines, the former head of the Dengue department of the Research Institute for Tropical Medicine was indicted in 2019 for ‘reckless imprudence resulting in homicide,’ because they ‘facilitated, with undue haste,’ the approval and rollout of the vaccine against Dengue fever known as Dengvaxia. www.sciencemag.org/news/2019/04/dengue-vaccine-leads-criminal-charges-researcher-philippines

[21] including, inter alia, Dr. Michael Yeadon, the ex-Pfizer head of respiratory research, and the lung specialist and former head of the German public health department Dr. Wolfgang Wodarg

[22] Basic Local Alignment SearchTool

[23] drtomcowan.com/blogs/blog/covid-vaccines-are-medical-experiments-on-humanity?_pos=1&_sid=53c8466e3&_ss=r

[24] www.bitchute.com/video/thgHE7VUsDrn/

[25] Polymerase Chain Reaction tests, one of the two dominant tests used to determine covid-19;  the other is a serologic test. Neither is fool-proof. The PCR test is said to report false negatives up to 30% of the time.  www.medicaldevice-network.com/features/types-of-covid-19-test-antibody-pcr-antigen/

[26] Technically, therefore, they are not vaccines but gene therapy, which is normally monitored very carefully by regulators because there can be long-term, unexpected side effects.

[27] aacijournal.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13223-016-0172-7

[28] The Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee of the US Food and Drug Administration (FDA)

[29] www.sciencedirect.com/science/article/pii/B978044464081900005X

[30] www.immunohorizons.org/content/3/7/282

[31] Vaccine Adverse Event Reporting System

[32] wonder.cdc.gov/controller/datarequest/D8

[33] Between 14th December 2020 and 18th February 2021, 19,907 reports of adverse events were submitted to VAERS, including 1,095 deaths and 3,767 serious injuries. About a third of the deaths reported occurred within 48 hours of vaccination, and 48% of the people who died became ill within 48 hours of being vaccinated.  About 21% of the deaths were cardiac-related.  The report of an adverse event to VAERS does not necessarily indicate a causal relationship; further investigation is always required to establish the cause.

[34] www.greenmedinfo.com/blog/covid-19-vaccine-bombshell-fda-documents-reveal-death-21-serious-conditions-possi1

[35] Advisory Committee on Immunisation Practices in the USA

[36] ‘These are the percentages of adverse reactions giving an average of 2.3%., starting at 0.4%:

echo “3 k 3 679 / 100 * p 50 6090 / 100 * p 373 27823 / 100 * p 1476 67933 / 100 * p 3150 112807 / 100 * p 3 50 + 373 + 1476 + 3150 + 679 6090 + 27823 + 67963 + 112807 + / 100 * p” | dc

.400

.800

1.300

2.100

2.700

2.300

2-3% reaction rate is very poor for a virus that does not harm 99.98% of people without a vaccine. It’s about 100 times more harmful.’

[37] Although I have not visited all these websites myself, some of the doctors who I am told explain clearly why the covid vaccines are not yet safe or effective include Dr. Andrew Moulden – bit.ly/1fwzKJu;  Dr. Andrew Wakefield – bit.ly/1MuyNzo;  Dr. Boyd Haley PhD – bit.ly/1KsdVby;  Dr. Chris Shaw – bit.ly/1IlGiBp;  Dr. David Ayoub – bit.ly/1SIELve;  Dr. David Brownstein – bit.ly/1EaHl9A; Dr. David Davis – bit.ly/1gdgJwo;  Dr. Frank Engley, PhD – bit.ly/1OHbLDI;  Dr. Ghislaine Lanctot – bit.ly/1MrVeUL;  Dr. Harold E Buttram – bit.ly/1Kru6Df;  Dr. Jack Wolfson – bit.ly/1wtPHRA;  Dr. Jane Orient – bit.ly/1MXX7pb;  Dr. Jayne Donegan – bit.ly/1wOk4Zz;  Dr. Jeff Bradstreet – bit.ly/1MaX0cC;  Dr. Joseph Mercola – bit.ly/18dE38I;  Dr. Kelly Brogan – bit.ly/1D31pfQ;  Dr. Ken Stoller – bit.ly/1MPVqLI;  Dr. Larry Palevsky – bit.ly/1LLEjf6;  Dr. Lucija Tomljenovic – bit.ly/1eqiPr5;  Dr. Mary Ann Block – bit.ly/1OHcyUX;  Dr. Mayer Eisenstein – bit.ly/1LLEqHH;  Dr. Meryl Nass – bit.ly/1DGzJsc;  Dr. Michael Elice – bit.ly/1KsdpKA;  Dr. Nancy Banks – bit.ly/1Ip0aIm;  Dr. Paul Thomas – bit.ly/1DpeXPf;  Dr. Philip Incao – bit.ly/1ghE7sS;  Dr. Rashid Buttar – bit.ly/1gWOkL6;  Dr. Raymond Obomsawin – bit.ly/1G9ZXYl;  Dr. RC Tent – bit.ly/1MPVwmu;  Dr. Rebecca Carley – bit.ly/K49F4d;  Dr. Richard Deth – bit.ly/1GQDL10;  Dr. Robert Mendelson – bit.ly/1JpAEQr; Dr. Robert Rowen – bit.ly/1SIELeF;  Dr. Roby Mitchell – bit.ly/1gdgEZU;  Dr. Russell Blaylock – bit.ly/1BXxQZL;  Dr. Sam Eggertsen –

Dr. Sherri Tenpenny – bit.ly/1MPVbjx;  Dr. Shiv Chopra – bit.ly/1gdgh1s;  Dr. Stephanie Seneff – bit.ly/1OtWxAY;  Dr. Susan McCreadie – bit.ly/1CqqN83;  Dr. Suzanne Humphries – bit.ly/17sKDbf;  Dr. Terry Wahls – bit.ly/1gWOBhd;  Dr. Tetyana Obukhanych – bit.ly/16Z7k6J;  Dr. Theresa Deisher m.youtube.com/watch; Dr. Toni Bark – bit.ly/1CYM9RB;  many doctors talking at once – bit.ly/1MPVHOv.   I am told that many more doctors testify that these vaccines are not safe or effective in these documentaries, which I am not able to view with my limited internet access:  Autism – Made in the USA – bit.ly/1J8WQN5; Autism Yesterday – (2010) bit.ly/1URU2A7;  Beyond Treason – bit.ly/1B7kmvt;  Bought – bit.ly/1M7YSlr; Deadly Immunity – bit.ly/1KUg64Z;  Lethal Injection – bit.ly/1URN7BJ;  Shots In The Dark – bit.ly/1ObtC8h;  The Greater Good – bit.ly/1icxh8j;  Trace Amounts – bit.ly/1vAH3Hv;  Vaccination – The Silent Epidemic – bit.ly/1vvQJ2W;  Vaccination – The Truth About Vaccines – bit.ly/1vlpwvU;  Vaccination The Hidden Truth – bit.ly/KEYDUh;  Vaccine Nation – bit.ly/1iKNvpU;  Why We Don’t Vaccinate – bit.ly/1KbXhuf;  9 hour court case: m.youtube.com/watch?v=DFTsd042M3o. How reliable these are individually I don’t know, but the sheer volume of them demands that they should be paid attention, and I know that this is only a small number of the professionals who are deeply anxious about what is happening.  Academics, virologists and immunologists, east and west, throughout the world, have also issued warnings.

[38] …www.coronababble.com/post/vaccination-against-covid-19-need-to-know-information-to-ensure-informed-consent?fbclid=IwAR3FLVnlmp6LnHphZa4Af8a80AYdK2VixQr0wIzhTLpi

[39] www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2875889/?fbclid=lwAR0GcfYXlgllGPnbkR-1aQLt5GDxel7rVsqLRposKhgSOpQfZgaUKynrN9U

[40] E.g. the National Childhood Vaccine Injury Act (NCVIA) of 14th November 1986 in the USA

[41] It is too soon to establish definitively the cause of death of the many hundreds of people who have died following a covid jab, but the circumstantial evidence seems strong, e.g.:  …eraoflight.com/2021/02/14/cdc-witholding-information-1170-dead-following-covid-injections-almost-twice-as-many-deaths-as-found-in-vaers/?fbclid=lwAR200qoj9LnpSM …medicalkidnap.com/2021/02/26/28-year-old-PhD-physical-therapist-dead-2-days-after-being-injected-with-covid-experimental-mrna-vaccine/?fbclid=lwAR1T1zLs0t-Muclv)RqeJieS8taMhzTizED3CWRwz4U

[42] Op. cit.

[43] The Commercial Use of Aborted Children by Liam Gibson, SPUC Staff member.  Some of the references in that report are particularly instructive.

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました