書籍「Pandemic Blunder/パンデミックの失策」 ファウチと公衆衛生は早期在宅コロナウイルス治療を阻止した 第一部

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルス
Pandemic Blunder: Fauci and Public Health Blocked Early Home COVID Treatment

目次

序文
第1部 パンデミックの大失態を理解する

1.1 どのくらい大きな失敗なのか?
1.2 薬のメッセージの歴史
1.3 パンデミックマネジメントの4つの柱
1.4 第1の柱に対する第2,第3,第4の柱
1.5 データの武器化
1.6 左翼の問題
1.7 罪悪感があっても、間違った考えは覆らない

書籍「Pandemic Blunder/パンデミックの失策」 ファウチと公衆衛生は早期在宅コロナウイルス治療を阻止した 第一部
...
第2部 COVIDの早期家庭/外来治療の肯定的なケース

2.1 ヒドロキシクロロキンの有効性と安全性に対する攻撃
2.2 肯定的なプロトコルと研究
2.3 勇気あるアメリカ人医師の臨床経験
2.4 2つのクラスの国を対象としたユニークな検討結果
2.5 ジェネリック医薬品とサプリメントの予防的使用
2.6 新しいタイプのアメリカと外国のプロトコル
2.7 無作為化臨床試験の神話
2.8 連邦政府が定義したリアルワールドエビデンスにもっと注目を

書籍「Pandemic Blunder/パンデミックの失策」ファウチと公衆衛生は初期の家庭用COVID治療を阻止した 第二部
...
第3部:パンデミックの失態の原因と背景を理解する

3.1 強力な勢力がCOVIDの早期在宅・外来治療を阻む
3.2 連邦政府機関は医師を妨害し、治療を制限し、陰謀を助長している
3.3 ファウチは権力を持ち、主犯格である
3.4 ファウチの何が問題なのか?
3.5 金の亡者

書籍「Pandemic Blunder/パンデミックの失策」 ファウチと公衆衛生は初期の家庭用COVID治療を阻止した 第三部
...
第4部:健康を維持するための個人的な戦略を立てる

4.1 救える命についての専門家の見解
4.2 最良の情報を得て、悪い情報やプロパガンダを無視して割り切る方法
4.3 自宅や外来での治療に備えるには
4.4 新しい薬について
4.5 必要な薬を手に入れるための医師の探し方
4.6 入院が必要になったときに考えること
4.7 パンデミックの進展に対応するために

書籍「Pandemic Blunder/パンデミックの失策」 ファウチと公衆衛生は初期の家庭用COVID治療を阻止した 第四部
...

序文

本書は、不安やストレス、そしておそらくはCOVID-19の感染を和らげることができる情報を真剣に探している真実の探求者のためのものである。パンデミックの失敗とは何か、その原因は何か、それがあなたの生活にどのような影響を与えるのか、そして最も重要なことは、この危機的な環境の中で、あなたがパンデミックを生き延び、アメリカ人の生活に与える多くの悪影響から逃れるにはどうしたらよいのかを明らかにしている。

健康とヘルスケアに関するさまざまなタイプの情報を紹介している。特に、健康問題の診断や薬やサプリメントの使用に関しては、医師やその他の訓練を受けた医療専門家のアドバイスを補完するために使用されるべきであり、それに代わるものではない。本書の執筆・出版にあたり、掲載されている情報の正確さには万全を期しているが、取り上げられているトピックは、現在のパンデミックの中で非常に重要な意味を持っている。日々、医学雑誌や雑誌、新聞、多くのウェブサイトには非常に多くの新しい記事が掲載されている。この本では、数多くのトピックを網羅的に説明するのではなく、信頼性の高い例を提示することを主眼としている。出版社と著者は、本書で紹介されている情報を使用した結果、発生する可能性のある医学的な結果について、一切の責任を負いません。著者は、本書で取り上げられているいかなる医薬品やサプリメントにも経済的な利害関係はない。また、本書で紹介されている医薬品、治療薬、サプリメントの特定の企業や供給元、サプライヤーを支持するものでもない。

もう一つの重要な点は、COVID感染症の早期家庭・外来治療の様々な側面を批判する膨大な数の否定的な記事、研究、報告書、ニュース記事を詳細に取り上げようとはしていないことである。この本では、肯定的なケースと、政府機関や公衆衛生システムの失敗を紹介している。パンデミックに関する報道の90%以上は、肯定的な事例を無視しているか、批判していると言っても過言ではない。

さらに、パンデミックのあらゆる側面が急速に変化していることを考慮すると、本書の出版後しばらくは、かなりの新しい情報が出てくることは間違いないだろう。しかし、一つだけ変わらないものがある。それは、大規模で広範囲な痛み、苦しみ、そして死の原因となっている、パンデミックの大失態である。

ハーシュホーン博士は、米国医師・外科医協会とアメリカの最前線の医師のメンバーであり、どちらも早期の家庭でのコービッド治療の推進に非常に積極的である。

第1部 パンデミックの大失態を知る

1.1 どのくらい大きな過ちなのか?

本書の大前提は、政府があらゆるレベルでCOVID-19のパンデミックを管理してきた方法に、大きな間違いがあったということである。「巨大な」とか 「ミス」という言葉だけでは、すべてを語ることはできない。ミスとは、偶発的、意図的でない行動を意味する。もしかしたら修正可能なものかもしれない。医療や公衆衛生の世界では、「Huge (巨大な)」では不十分だ。

今回のパンデミックで起こったことを表現するには、「天文学的な大失態」という言葉の方が正しい。はっきり言って、本書が対象としているのは、大勢の人々に莫大な悪影響を与え、取り返しのつかない結果や健康への影響を与える意図的な行動である。生きるか死ぬかということになると、殺人の世界に入る。人の健康を直接損なう意図的な行為があり、極端に言えば、回避可能、予防可能な死を引き起こす。今回のパンデミックでは、無数の政府関係者の意図的な行動に起因する刑事上の過失による殺人というのが正しい概念だ。

この本で定義されているパンデミックの大失態は、効果のない無能な大規模公衆衛生システムに起因する。56の州および地域の公衆衛生機関と、約3,000の地方機関がある。これらの機関は、病気を予防するだけでなく、緊急事態や緊急の健康上の脅威に対処する責任を常に負っている。米国には約50万人の公衆衛生従事者がいる。米国には約32の公衆衛生学校があり、毎年約16,000人が卒業し、大学院では公衆衛生学修士、健康管理学修士、健康教育者の学位を持つ人が800人いる。州によっては、医師免許や、予防医学や公衆衛生の専門的なトレーニングなど、公衆衛生関係者に特定の資格を要求するところもある。公衆衛生システム全体でパンデミックの失態を形作ってきたのは、連邦政府機関、すなわち、国立衛生研究所、疾病対策センター、食品医薬品局である。

政府関係者は、主に左翼メディアの記者やコメンテーター、頭の悪い学者、医学会、医学雑誌、製薬会社、そして政界の多くの左翼など、多数の味方に支えられている。必然的に、意図的な行動や言動の原因を解決しなければならない。その後、明らかな腐敗と貪欲さの両方が探求され、必然的で論理的な質問に答えるのに役立つ。なぜ、このようなひどい失態が起こり、これほど長く続いたのか?これは単なる官僚のミスなのか、それとも悪意に近いものなのか?このパンデミックで苦しんだり亡くなったりした友人や親戚がいれば、この本を読み終える頃には、無能さや単なる欲よりも、悪という観点から考えるようになるだろう。

COVIDの感染者や死亡者の数が日に日に増加していることをマスコミが報じているのを見ても、悲惨な失態という概念を心に留めておくには、ある程度の訓練が必要である。その失策とは、COVIDによる入院や死亡の数が増え続けていることを説明するものである。世間からは見えないところでは、非常にポジティブな情報やデータがたくさんあり、COVIDの早期在宅/外来治療が本当にうまくいくことを楽観視することができる。これについては、後ほど詳しく説明する。しかし、入院中の患者に対する治療と、病院の緊急治療室に行く必要がないようにするための治療とを区別することは非常に重要であること注意してほしい。

このようなポジティブな「ニュース」が意図的に公開されないのは、深刻な基礎疾患を持ち、高齢の人にとって非常に重要な、自宅で安全にCOVID感染に対処できるものを非公開にしている政府関係者や機関を擁護するために、左派メディアが積極的に推し進めるネガティブなストーリーに合わないからだと理解してほしい。

ここで、本書の大失態のテーマと密接に結びついた重要な戦略、すなわち、人々の恐怖心を維持するということが出てく。恐怖心を持てば持つほど、本書で提示されている多くの真実を率直に吸い込み、自分を裏切った医療・公衆衛生システムに反旗を翻すことは難しくなる。パンデミックの恐怖は、人口集団をコントロールするために使われる武器である。

 

精神科医のマーク・マクドナルドは、パンデミックによって生み出される妄想性精神病を定義した。彼は、恐怖がコロナウイルスのパンデミックとそれにまつわるヒステリーの「原動力」であると指摘している。「恐怖は新たな美徳となった。この国の歴史の中で、恐怖は良いものだと人々に伝えたことは一度もなかった」、また、その恐怖に「落ち着き」、「人生を支配し、束縛する」ことを許しているのである。さらに、パンデミックの「ヒステリー」は、「恐怖を超えて、狂気そのものを超えて、集団統制と呼ぶべき段階にまで達している」という。多くのポジティブな情報を人々から隠しておくことで、権力者は意図的に恐怖のヒステリーや不安を煽っているのである。

この恐怖社会のもう一つの側面は、一般の人々が政府から、伝染病対策に従わない他人を「密告」することを求められるようになってきたことである。言い換えれば、アメリカは急速に自国民を事実上の警察として使っているのだ。これは、隣人が隣人に、家族が家族に情報を提供する社会を意図的に作った共産主義の中国に非常に似ている。これは、パンデミックの狂気である。

最後に、非常に重要なポイントを1つ。もし、本書の大失態やパンデミックの過失というテーゼが正しければ(本書を読み終える頃には、あなたも同意してくれるだろう)COVID感染症が真の危機をもたらしたという考え方は、医学的な現実というよりも、プロパガンダとして捉えるべきである。ウイルス性のパンデミックと同様に、偽情報性のパンデミックも存在するのである。この「偽」のパンデミックは、アメリカ経済を破滅させ、社会を不安定にしている。もし、この大失態が広く理解されれば、実績のある早期の自宅・外来での治療・治癒によって、COVIDパンデミックを終わらせることができる。これは「魔法の杖」だろうか?多くのデータがそうだと言っている。

例えば 2020年11月、アメリカのCOVIDによる死亡報告が28万人近くあったときに、在宅/外来治療法の開発と使用のパイオニアであるウラジミール・ゼレンコ博士が「20万人以上の命を救うことができた」と言ったのは正しかった。約70%の節約は、後で詳しく検討する外国の多くの国での結果と一致する。もし、この国に憲法で守られた自由で独立した報道機関があったならば、低コストで安全な家庭用COVID治療によって20万人以上のアメリカ人の命が救われたことを、悲鳴のような見出しで報じていただろう。しかし、腐敗した左翼報道機関によって、国民はそのような真実から遠ざけられている。

1.2 医学メッセージの歴史

医師でなくても、病気や疾患が発見されたり、直面したりしたときには、できるだけ早く健康への悪影響を和らげるための対策を講じることが賢明な方法であることは理解できるだろう。これは、患者が望み、期待することだ。これは、医師が道徳的、職業的に期待されていることである。医師に求められる「まず害を及ぼさないこと」という道徳的要請は、待つことではなく、患者に症状が出ている病気や疾患を十分に調べ、診断し、治療するために可能な限り早い行動をとることを明確に意味している。我々が医者に行くのは、早期に対処してもらうためである。自分の症状を無視した場合、その責任は自分が負うことになる。

しかし、我々には、医療、保健、公衆衛生のシステムが、我々の症状に迅速に対処するだけでなく、我々を苦しめるどんな病気や疾患も悪化させないように、可能な限りの早期対策を講じてくれると信じる権利がある。そうしなければ、それは不正行為である。我々は、医師が我々の不健康な状況に的確に対処するために、生活習慣や食生活を改善したり、市販の薬やサプリメントを服用したり、あるいは規制された薬を処方したりすることを期待している。

我々は、病院に行かなくて済むように、医療制度に期待している。病院の患者になることは、不愉快で、ストレスを感じ、痛みを伴い、安全ではなく、健康保険があっても非常に高価な最終手段であると考えられている。病院でCOVIDの感染を防げば、患者は愛する人や友人、親戚から孤立することになる。

COVIDの患者を治療しているJean-Jacques Rajter博士は、「他の病気に対する早期介入を見ても、介入が早ければ早いほど結果が良いことはよくわかっている」つまり、早期に患者に治療を施すことができれば、入院の可能性が減り、病院システムの負担が減ることがわかっている。「治療によって、人々は通常の生活に戻ることができるので、経済的な影響を減らすことができる。」

しかし、この本で紹介されている信じられないような、ほとんど信じられないような失態は、これらの伝統的な概念や責任に反するものである。だからこそ、この本で解き明かされていることを信じることに抵抗を感じる人も多いだろう。理性的な人はこう尋ねるだろう。

歴史的なパンデミックに直面し、致命的ともいえる事態に陥っているにもかかわらず、医療や公衆衛生のシステム全体が、このような深刻な形で我々を失望させたということを、どうして信じることができるだろうか。

政府は、パンデミックの壊滅的な影響に対処するために可能な限り早い段階で行動を起こすことを邪魔して、どうして我々の命を守らなかったのか?

しかし、それはまさに起こってしまったことであり、ここではそれを探っていくことにする。ここでは、2つの連邦政府機関が課している障害について、詳細に説明していく。

早期医療行為に関しては、早期にしか効果のない薬があることを認識することが重要だ。これにはさまざまな理由がある。大きな理由は、病気や疾患はさまざまな段階を経て進行することが多いからである。初期の段階では効果があっても、後の段階では効果がない場合がある。コロナウイルスの場合は、ウイルスの複製から華麗な肺炎、そして最後に多臓器不全へと進行していく。秘訣は、ウイルスの複製段階で完全に止めることであり、これが第一の柱となる。(次項参照)。

初期段階でしか効かない市販薬の例として、タミフルがある。タミフルは、症状が出てから2日以内のインフルエンザウイルスによるインフルエンザ症状の治療に使われる。もう一つの例は、死を避けるために早期治療が不可欠な、危険な敗血症の感染症である。敗血症は、極端な免疫系の反応により、全身に広範囲な炎症が発生した場合に起こる。これは、COVID感染症の後期段階にやや似ている。

後に詳述するが、COVIDに対する実証済みのプロトコルの多くは、感染開始から4~7日以内にしか有効ではない。

1.3 パンデミック対策の4つの柱

本書のテーマである「信じがたい失態」を直視することは、パンデミックに関連する多くの気晴らしがあるために困難である。陰謀のように聞こえるかもしれないが、実際には、権力と影響力を持つすべての団体が意図的に、多くのネガティブな、そして程度の差こそあれポジティブな気晴らしに人々の目を向けさせているのである。

これらのことを理解するためには、パンデミックマネジメントの4つの基本的な柱を理解することが不可欠である。このパラダイムの先駆者であるピーター・マカロー博士は、ベイラー大学医療センター内科副部長、テキサスA&M医科大学医学部教授を務めている(ただし、本書では第1の柱の重要性を強調するために、第1と第2の柱の順序を逆にしている)。

第一の柱は、時期的にも重要な意味でも、COVIDの明確な症状(政府機関や他の多くの団体がよく教えてくれる)が出たり、COVID検査を受けて陽性の結果が出たりした場合に、健康を維持して病院に行かないようにするための早期の家庭・外来治療である。

マカロー博士はこう言っている。

「私は、病院で治療を開始する前に2週間待つことが最善のアドバイスであるようなウイルス感染症は一つも思いつかない。これが現在のNIHの推奨事項である。アメリカ人はこのことに愕然としている。我々は、重篤なウイルス感染症に対しては、必ず前もって、早期に複数の薬剤で治療する。これは治療の原則である。」

この第1の柱について理解しておくべき最も重要なことは、連邦政府がこれを支持、支援、推進していないため、広く使われていないということである。それどころか、米国国立衛生研究所の公式ガイダンスでは、COVIDによる早期の在宅・外来治療を行わないことを定め、その使用を妨げている。

この第一の柱に注目し、有益なサポートを提供しているのが、優れたウェブサイトを持つ2つの医師団体である。

アメリカの第一線で活躍する医師たち

米国医師・外科医協会(American Association for Physicians and Surgeons)

医師は、早期の在宅・外来治療の利用を政府の措置によって妨げられ、患者にとって最善と思われることを行う伝統的な医療の自由が破壊されている。まさに今がその状態である。

第2の柱は、第1の柱と同様にタイムリーと思われるかもしれないが、伝染病や感染症対策である。これは、パンデミックの管理・対応システム全体に関わる問題である。公私ともに社会のあらゆる場所でコロナウイルスの蔓延を抑えるために、理論的に設計されたすべての行動がここにある。おそらく、パンデミックの最大の嘘は、伝染病対策は信頼できる優れた科学に基づいているということであろう。しかし、これは全くのナンセンスである。科学という言葉は、あらゆるレベルの政府による権威主義的な行動を正当化するために使われているに過ぎない。ピラーワン・オプションの使用は、まさに健全な科学に基づいている。

この伝染病対策の分野は、第一の柱となる選択肢について考えたり要求したりすることから、大きな妨げとなっている。

思考、感情、行動のすべてが、マスクの着用、社会的な距離を置くこと、手を洗うこと、握手をしないこと、手の消毒剤を使うこと、子供を学校に行かせないこと、屋外の人混みを避けること、そして最も問題なのは、店やレストラン、ジムに行くことができないロックダウンを我慢することであり、場合によっては仕事に行くこと、中小企業を経営すること、映画を見ること、あらゆる種類のスポーツイベントに行くこともできなくなる。

特にマスクの着用については、大きな議論を呼んでいる。科学的には、マスクは着用者や周囲の人にとって限られたメリットしかないと言われている。ここで皆さんに理解していただきたいことがある。普通の人がかぶるマスクには何の不思議もない。科学的には、マスクはある程度大きな粒子を吸い込んだり拡散したりするのを防ぐだけで、非常に小さなウイルス粒子を防ぐことはできないと言われている。さらに、あまりにも多くの人が、マスクや単純な布製のカバーを正しく着用していない、つまり、ぴったりとフィットしていないのである。つまり、マスクに付着したウイルスが鼻や口に入ってしまうということである。

大きな注目を集めた研究のひとつに 2020年の春から初夏にかけて行われた、約5,000人を対象としたデンマークのマスク研究がある。大きな発見は、マスクを着用したグループとそうでないグループの間で、感染率に統計的な差がほとんどなかったことである。合理的に考えれば、特定の状況、特に人が多く集まる場所の中や、人ごみの中の屋外ではマスクを着用するのがよいであろう。なお、この研究は、マスクを支持するバイアスがかかっていたため、なかなか発表されなかった。

このような伝染病対策は、感染の拡大を抑制するだけでなく、個人の自由や憲法で保護された自由を侵害することがほとんどである。我々の通常の社会的、経済的な生活を混乱させる。実際、これらの伝染病対策、特にロックダウンは、多くの健康への悪影響を引き起こしている。人々は、社会的な孤立やストレスのためにますます苦しんでいる。医者や病院に行くことを恐れて、パンデミック以外のあらゆる健康問題に対する通常の治療を受けなくなっている。ほとんどの研究では、ロックダウンの悪影響は、COVID自体の悪影響と同等かそれ以上であるとされている。ロックダウンによる伝染病対策のために、人々の生活が破壊され、失われている。健康面や経済面でのコストは、その利益を正当化するものではない。

2020年9月、ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されたドナルド・ラスキン氏は、このような結論に達した。「ロックダウンは、ウイルスのより大きな広がりと相関していた。ロックダウンの期間が長く、厳しい州では、COVIDの発生も大きかった。隔離期間が最も長かった5つの州(コロンビア特別区、ニューヨーク、ミシガン、ニュージャージー、マサチューセッツ)では、症例数が最も多かった。少なくとも、厳しい隔離は軽い隔離に比べて効果がなく、たくさん開放することは少し開放することに比べて有害ではないという証拠から逃れることはできない。では、多くの公衆衛生関係者が未だに要求している重いロックダウンを正当化する科学はどこにあるのであろうか?

ロックダウンに対する否定的な見方は、何百万人もの被害を受けたアメリカ人に限ったことではない。2020年11月のユニセフの報告書では、「女性と子どもに対する暴力が影の大パンデミックしており、これらの弱者に対する重要なサービスが最もよく破壊されている 」と語られている。また、世界保健機関は2020年10月、ロックダウンは「このウイルスを制御するための主要な手段」であってはならないとし、今年はロックダウンの結果があまりにも頻繁に見過ごされていることを指摘している。それは、「貧しい人々がより貧しくなる」ということである。

グレート・バリントン宣言は 2020年10月に2人の著名な医師と1人の上級疫学者によって作成され、現在、70万人をはるかに超える署名者がいる。この宣言では、伝染病対策、特にロックダウンについて強い立場をとっている。以下にその抜粋を紹介する。

「現在のロックダウン政策は、短期的にも長期的にも公衆衛生に壊滅的な影響を与えている。例えば、小児のワクチン接種率の低下、心血管疾患の悪化、がん検診の減少、メンタルヘルスの悪化などがあり、将来的に過剰死亡率が高まり、労働者階級や若い世代が最も重い負担を強いられることになる。生徒を不登校にすることは、重大な不正義である。ワクチンが完成するまで、このような措置を取り続けることは、取り返しのつかないダメージを与え、恵まれない人々が不相応な被害を受けることになる。…死のリスクが少ない人は、普通に生活して自然感染でウイルスへの免疫力を高めることができるが、リスクの高い人はよりよく保護することができる。これをFocused Protectionと呼んでいる。…脆弱性のない人は、直ちに通常の生活を再開させるべきである。」

2020年12月の上院証言で、COVIDの経験が豊富な著名なRamin Oskoui博士は、”ロックダウンは科学的にも経済的にも意味をなさないため、不適切である “と述べている。また、厳しい検疫やマスク、社会的な距離を置くことが効果的ではないというデータも引用している。
科学的根拠はどこにあるのか?これが、伝染病対策全般についてのポイントである。それは主に、専制的な支持者の妄想の中にある。

これらの伝染病対策に対処することは、優先すべきこと、すなわちCOVIDの効果的で早期の自宅/外来治療を受ける方法を発見することから日々気をそらすことになる。しかし、ここにさらに悪い事実がある。政府がこれほどまでに伝染病対策に力を入れているのに、それがあまり機能していないことは、この数ヶ月で明らかになったはずだ。もし、あなたが伝染病対策に関心を持ち続けるならば、あなたは組織的なプロパガンダと情報抑制の複雑な組み合わせの犠牲になったことになる。ウイルスの被害者にはならないかもしれないが、別の種類の被害者になってしまったのである。

政府の言うことに忠実に従うことにどれだけ努力しても、ウイルスに感染する危険性があるのだ。アメリカ人だけでなく、イタリアのように強力な伝染病対策が行われている国でも、入院患者数や死亡者数が増え続けているのは、このような醜い現実があるからである。伝染病対策に加えて気晴らしをしたからといって、ウイルスに感染しないという保証はない。しかし、全体的に見れば、第一の柱である「症状や陽性反応が出てから数日以内に早期の自宅・外来治療を行う」という選択肢があることに比べれば、これは非常に悪いことだ。

要約すると、国が伝染病対策に力を入れた結果、以下のような悪影響が出たことを理解してもらえると思う。

国の経済は破壊され、世界経済も破壊された。

何百万人ものアメリカ人の生活が破壊されたのである。パンデミック疲労は、あまりにも現実的な病状であり、多くの人が精神的な問題を抱えている。

特に、個人的な財産が最も少ない人たちが大きな被害を受けている。

数え切れないほどの中小企業が壊滅的な打撃を受け、その多くは二度と復活することはないであろう。これが高い失業率の原因となっている。

子供たちは、大規模な学校閉鎖や効果のない遠隔教育の利用により、良い教育を受けられなくなった。また、多くの人が様々な健康被害を受けている。閉鎖には合理的な科学的根拠がないにもかかわらず、このような状況が続いている。このことは 2020年4月の調査で初めて明らかになった。以前からあるデータでは、子どもがCOVIDの深刻な病気にかかることはなく、大人にも大きく感染することはなかった。

さらに追い打ちをかけるように、ニュースであまりにも頻繁に明らかにされてきたこと、つまり、市長や知事を中心に、政府の伝染病対策をあからさまに違反した公務員が多数存在していることである。

伝染病対策について最後にもう一つ重要なことは、悪いウイルスが都市や島国のような狭い地域に大きく限定されている場合には、伝染病対策は最も意味があるということである。しかし、ひとたび高い伝染力を持つウイルスが現実の世界で広範囲に渡って発生すると、伝染病対策は、それが引き起こす苦痛や混乱を正当化するほど効果的に機能しないと思われる。悲しいかな、権力に飢えたアメリカの政治家たちは、この教訓を学んでいないようだ。

伝染病対策がどこで機能するかという現実を示すために、これらの島国のCOVIDによる死亡率が極めて低いことを考えてみよう。ニュージーランド5人、オーストラリア35人、日本17人、キューバ12人で、アメリカの800人以上に比べて、キューバは自宅・外来治療を行っている。

国に入ってくる人々をコントロールすることは非常に重要だ。はっきり言って、トランプ大統領が中国やヨーロッパからの渡航をカットしたのは正しいことである。しかし、ウイルスはそれ以前の時代にすでに中国から世界の多くの地域に広がってた。調査の結果、例えば、米国では2019年12月中旬、イタリアでは2019年9月の時点でウイルスが侵入していたことが判明しており、これは、伝染病対策を精力的に行ったにもかかわらず、(米国よりもCOVIDの死亡率が高い)イタリアが壊滅的な被害を受けたことと一致する。

最後に、伝染病対策は、ヒドロキシクロロキン(HCQ)の使用を抑制するためにファウチがしばしば引用している、後述する厳密なランダム化比較試験に基づいていないことを強調しておかなければならない。

3つ目の柱は、病院での治療である。明らかに、COVID患者のために病院で治療を行っているすべての人々の信じられないほどの献身、犠牲、実績に大きな注目が集まっている。そして、COVID患者を治療するための病院の能力が実際に、あるいは潜在的に不足しているという情報が絶え間なく伝えられている。一般の人々は、万が一、ウイルスに感染した場合、病院での治療を受けることができないかもしれないと、ひどく怯えているはずである。ひとたび病院に入れば、その病院が最善の処置と薬を使ってくれることを期待しなければならない。実際、ここ数ヶ月でこれらは大きく変化し、改善された。しかし、COVIDによる死亡の約25%は病院で起きている。

第4の柱は、パンデミックを終わらせるための救済策として注目されているワクチンの使用である。これはやや幻想的であり、膨大なプロパガンダと抑制の機械の一部でもある。また、第1の柱へのアクセスを要求することから、さらに目をそらすことにもなる。実際、第1の柱は、第4の柱と直接競合するものであることは論理的に理解できる。効果的で、安全で、低コストの早期在宅・外来治療が一般の人々に知られ、簡単に利用できるようになれば、ワクチンを受けようとは思わなくなるのは当然のことである。特に今は、政府と大手製薬会社が臨床試験と規制当局の承認を急いでいるため、このような状況になっている。

2020年に行われたほとんどの調査では、アメリカ人の約50%が承認されたワクチンの1つを接種する気にならないと答えている。ワクチンを摂取することによる不快な副作用に注意が払われるようになると、これはさらに悪化する可能性がある。COVIDワクチンに対する国民の無関心の理由の一つは 2020年11月にファウチが言ったことだ。「明らかに、90%以上の効果があるワクチンであれば、もっと自信を持つことができるだろう。しかし、私は人々に、ワクチンを接種したからといって、すべての公衆衛生対策を放棄しないことを勧める。一般の人々にとっては、90~95パーセントの効果があるかもしれないが、あなたにとって、それがどれほど効果的であるかは必ずしもわからないから。」 言い換えれば、マスクの着用など、伝染病対策のために政府が指示することに従い続けるということだ。

公平な立場の医師やその他の人々は、この「ワープスピード作戦」のワクチンの安全性と有効性について深刻な懸念を示している。このように、COVIDワクチンは、第一の柱である在宅・外来治療に対する国民の関心と需要を大きく逸脱していると見るのが正しいであろう。もし、第一の柱となる治療に対する国民の需要が高まるならば、第四の柱となるワクチンに対する国民の関心は確実に低下するであろう。理由は簡単で、どちらもウイルスの治療法と見なすことができるからである。

どちらがより安全だと言えるであろうか?これは重要な質問だが、難しい質問である。なぜなら、コロナウイルスワクチンの安全性は、おそらく長い間、様々なグループの人々に対して完全には理解されないからである。この不確実性の主な理由は、すべてのワクチンについて、どのようなグループの人々を対象に試験が行われたのか、また、有効性と安全性が常に高かったのか、特に高齢者や子供が十分に試験に参加していたのかなど、詳細なデータがないことである。ファウチ氏は、子供がCOVIDに感染しても重症化しないことがかなりのデータで示されているにもかかわらず、子供がワクチンを摂取することを提唱している。また、ワクチンを接種することで、本当の意味での免疫が得られるのか、どのくらいの期間、免疫が得られるのかについても、多くの疑問がある。免疫は再感染しても重症化しないというもので、再感染しないというものではないというのが一つの賢い考え方である。

アメリカ人の合理的な考え方は、公衆衛生当局の言うことを鵜呑みにして自動的にワクチンを接種するのではなく、自宅や外来でCOVIDの早期治療を受ける方法を真剣に検討することが賢明な選択肢であるかどうかを個人的に判断することである。

1.4 第1の柱に対する第2の柱、第3の柱、第4の柱

これは偏った戦い。第1の柱に比べて劣っていると考えた方が良い3つの共通点を説明してみよう。単純に聞こえるかもしれないが、それは一人の人物に集約される。それは、アンソニー・ファウチ博士だ。

今のところ、重要なのは、ファウチが官僚主義の典型であるということだ。彼は1984年から国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の所長を務めている。州や地方自治体、連邦政府の役人で、40年近くもこのような高官職に就いている人は、おそらく他にはいないだろう。興味深いのは、ファウチは連邦政府で最も高給取りの職員であり、大統領よりも年収が高く、40万ドルをはるかに超えていることだ。

ファウチ氏は、パンデミックを利用して、ひどく政治的に偏った社会を助長し、科学と科学者に対する敬意を低下させた主犯格である。タッカー・カールソンが2020年11月に、ファウチが 「権力狂いの無能者」であることを明らかにしたと言ったのは、正しい。

エスタブリッシュメント団体は、自分たちの縄張りと自己利益を守り、このパンデミックでほとんどのアメリカ人の幸福と命を犠牲にしている。政府は国民の敵というだけではなく、他の多くの古い権威あるグループの敵でもあるのだ。その中でも最も重要なのは、主流メディアである。このメディアは、第1の柱となる選択肢に反対するプロパガンダを流し、それらの選択肢に賛成する多くの真実を抑えている。同時に、メディアは第2、第3、第4の柱を支持するプロパガンダを流し、伝染病対策やワクチンがパンデミックの「解決策」を提供すると人々に信じ込ませようとしている。しかし、ほとんどの人は伝染病対策に不満を持っており 2020年の調査では、約50%のアメリカ人が承認されたワクチンを接種する気がないことがわかった。

COVIDの早期在宅/外来治療を支援することを拒否するすべての主体の幅広い結託を説明するには、重要な政治的現実を見る必要がある。トランプ大統領は、医師からCOVIDの初期の在宅治療が成功したことを聞いて、ヒドロキシクロロキン(HCQ)の使用を支持することを公表したが、政治勢力はこれに対抗した。2020年5月中旬、彼は ヒドロキシクロロキンの服用を開始したことを発表したが、これは複数の医師が ヒドロキシクロロキンを使ってCOVID治療に成功したことを公表した約2カ月後のことだった。トランプは、COVIDになることを防ぐための予防薬として服用した。しかし、正しい医学的アプローチである週1回の服用をしなかったため、最終的にCOVIDに感染してしまったのである。

さらに、連邦政府で最も権力を持つアンソニー・ファウチ博士は、大手製薬会社と強いつながりを持つグローバリストの左翼である。他の誰よりも、彼は国立衛生研究所と食品医薬品局に、 ヒドロキシクロロキンの家庭での治療と使用に反対する正式な立場を取らせた。トランプに対して無限の戦争を繰り広げている左派の主流メディアを入れる。政府の立場を支持した主要な医学会を含む医療機関や公衆衛生機関も混ぜる。

ヒドロキシクロロキンに対するメディアの攻撃は、当初、最も権威のある2つの医学雑誌に掲載された2つの医学研究論文によって推進された。左派の主流メディアは、 ヒドロキシクロロキンに対する否定的な調査結果に飛びついた。歴史的な出来事として注目されたのは、両論文がせいぜいインチキであり、意図的に不正を行っている可能性があることを多くの人々が正しく説明した直後に、両論文が撤回されたことである。「The Lancet」と「The New England Journal of Medicine」の事態は、ジャーナルが採用している査読プロセスの失敗として広く認識されている。撤回された2つの論文は非常に早く受理されたが、 ヒドロキシクロロキンに関する肯定的な知見を持つ他の多くの論文は受理されなかった。

この2つの論文は、撤回される前に、 ヒドロキシクロロキンの使用に反対する世界的な嵐を巻き起こした。たとえば、『USAトゥデイ』紙は、「ヒドロキシクロロキンを服用したコロナウイルス患者は死亡のリスクが高い、との研究結果が出た 」と叫んだ。世界保健機関(WHO)は各国に ヒドロキシクロロキンの使用中止を命じ、世界の数百の病院で行われていた試験を中止した。そして、フランス、イタリア、ベルギーは、COVID-19の試験に ヒドロキシクロロキンを使用することを禁止した。このように、反ヒドロキシクロロキンのシナリオを助長するような否定的な発表された研究の力は大きいのである。これは、医学雑誌に掲載された新しい論文が ヒドロキシクロロキンに関する否定的な知見を示しているため、今でも続いているが、これはメリットがなく、初期の家庭や外来での使用には適用できない。

第一の柱に対する関心の低さを示す興味深い例として、成功した著者であるアレックス・ベレンソンがメディアに大きく取り上げられたことが挙げられる。彼は、伝染病対策の問題点を発見し、それを明確にすることに専念している。しかし、彼は、柱となる選択肢への不注意を無視しており、したがって、パンデミックの大きな過ちを認識していない。

1.5 データの武器化

我々は皆、日々パンデミックデータに溢れている。重要なのは、そのデータを信頼できるかどうか、また、政府当局やメディアがどのように解釈しているかということである。データを見れば、伝染病対策がどれだけ効果的か、あるいは効果的でないかがわかる。

まず、メディアが連日大々的に報じている感染者数を考えてみよう。様々な検査方法を信用するならば、これで何人の人がウイルスの陽性反応を示したかがわかる。陽性率とは、すべての検査のうち、陽性反応が出た人の割合のことである。この数字が低ければ低いほど、パンデミックの状況は改善される。多くの国やアメリカでは、その割合は10%以上にもなる。検査をすればするほど、より多くの症例が明らかになるのは明らかである。

多くの医療関係者やその他の専門家は、常に増加傾向にある症例数が、ウイルスの広がりや公衆に対する危険性を正確に評価しているかどうかについて懸念を示している。症例数の増加は、乱暴で押し付けがましい伝染病対策を続けるために利用される。しかし、検査の中には偽陽性を示すものもある。害や脅威を与えない極めて低いレベルのウイルスを測定するものもある。また、非常に多くの症例(約40%とも言われる)は、体内のウイルス量が少なすぎて、ウイルスの拡散を引き起こしたり、検査に現れたりしない無症状の状態である。

最も一般的なPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査では、検出可能な量のRNAを得るために何回の増幅サイクルを行うかというサイクルカウントが大きな問題となる。これは、その人がどれだけのウイルスを保有しているかを判断するためのものである。しかし、多くの検査機関では、40サイクルという高い数値を使用しており、コロナウイルスの断片を検出することはできても、その人が病気になったり、感染したりするには十分ではない。このため、多くのPCR検査で偽陽性の結果が出てしまう。ほとんどの専門家は、本物のCOVIDの病気を明らかにするには、約20サイクルが最適だと考えている。もし、感染者数を増やさなければならないという何らかのプレッシャーがあれば、検査機関はより多くの感染者数を得るために検査を行うかもしれない。なぜなら、多くの陽性反応があっても、実際には深刻なCOVID感染を示しているわけではなく、また、人が病気を広めることができるわけでもないからである。

検査データの偽陽性の問題は、医療や病院での治療を受ける個人にとってだけでなく、深刻な影響を及す。より大きなレベルでは、コロナウイルスの新しい波に対する政治やメディアの注目は、詐欺であるかもしれない。2020年12月のAmerican Thinker誌に掲載された記事では、ファイザー・グローバルR&Dの元チーフ・サイエンティフィック・オフィサー兼V.P.、アレルギー・呼吸器研究責任者であるマイク・イェードン博士が、本質的に信頼性の低いCOVIDテストの偽陽性結果が、「新たな症例」に基づく「第2の波」の製造に利用されていると主張している。彼は「COVID-19の検査の半分が偽陽性であれば、警告している。我々は、政府の政策、経済政策、市民的自由の政策を、このコロナウイルスに関する完全に誤ったデータに基づいて行っているのです」。

検査のもう一つの問題は、偽陰性になることである。つまり、あなたは感染症にかかっており、伝染する可能性がある。陰性であっても、検査後にウイルスに著しく感染した場合は、検査結果とは無関係になることがある。人はどうすればいいのであろうか?次から次へと検査を受けるのか?ワシントン・ポスト紙のメーガン・マクアードル氏は、検査について次のような名言を残している。「個人レベルでは、それはほとんど役に立たない。」 言い換えれば、テストはあまりにも簡単に、誤った安全感や安心感を生み出してしまう。

2020年11月には、イーロン・マスクがCOVIDの迅速な検査を受けた経験を公表し、話題になった。「何か極めてインチキなことが起こっている。2つのテストが陰性で、2つが陽性だった。同じ機械、同じテスト、同じ看護師だ」と語っている。

ほとんどの人は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を受ける。これらの検査は、偽陰性率が30%にも上ることが知られている。ムスクは、さらに精度の低い抗原検査を受けた。

PCR検査の偽陰性率は大きな問題である。例えば、「Annals of Internal Medicine」誌に掲載された研究によると、ウイルスに感染した当日は100%の確率で陰性となり、症状が出始める5日後には38%、3日後には20%の確率で陰性となるそうである。ローレン・クチルカ博士は、「本当に陰性かどうかを知るために、(検査を)100%当てにできる時期はない」と述べている。COVIDの被害者の多くが、感染が進んで重篤な症状になってから入院することになるのは、このためだと思われる。

一つのことは非常に正しい。多くの企業が検査薬を販売して大金を稼いでいる。そして、何百万人ものアメリカ人が検査を受けるために地獄を見ているのである。

症例数については、回復した患者と死亡した患者の数を含めるべきである。世界的に見て、終結した症例の約97%が回復・退院した患者であり、約3%が死亡した患者である。人口100万人あたりの死亡者数(症例数や死亡者数の合計ではない)は、特定の国や州、地域でコロナウイルスがどれほど致命的であるかを見る適切な方法である。米国に限らず、多くの国で死亡率は非常に高く、通常、人口100万人あたり700~800人を超える。州によっても大きく異なり、ニューヨーク、ニュージャージー、マサチューセッツでは1,500人を大きく超え、バージニア、ワシントン、オレゴン、ユタ、メイン、アラスカ、バーモントなど、100万人あたり500人以下の州も多数ある。

CDCによると、米国の人口の1%未満が全死亡者の90%以上を占めており、そのほとんどが70歳以上、ほとんどが80歳以上で、少なくとも2つ半から3つの合併症を持つ人に発生していることを覚えておくとよいであろう。死亡者の約40%は、介護施設や福祉施設で発生している。
「パンデミックの統計には、なぜこれほどまでにばらつきがあるのであろうか」と疑問に思われるかもしれない。その答えは3つある。伝染病対策の利用と効果、そして後述するが、ある国が第一の柱オプションを利用したかどうかである。抑制的な伝染病対策を行っている国も、抑制的な対策を行っている国と同様の成果を上げている。しかし、死亡率の違いで最も問題となるのは、多くの政府(国と外国の両方)が、コロナウイルスによる死亡と定義する根拠が極端に異なることである。コロナウイルスによる死亡と定義する根拠が非常に異なっていることが問題となっている。その理由の一つは、メディケアプログラムでは、COVID患者に対して病院に20%のボーナスが支給されるからである。

前立腺癌に関する医学的な知識として、ほとんどの男性は前立腺癌ではなく、前立腺癌で死亡すると言われている。COVIDの場合も同様である。COVIDの症状があったり、検査結果が陽性であったりする人は(死後であっても)自殺や事故死、あるいは確立された深刻な病状による死亡であっても、COVIDによる死亡と分類されることが多い。しかし、残念なことに、感染者数が多いということは、権威主義的な政府が強制的な伝染病対策を行う上で、素晴らしい効果を発揮するということである。

第二に、入院率の数値は非常に重要である。伝染病対策の失敗は入院数に反映されるが、入院数は患者の年齢に応じて大きく増加し、特に70歳以上、80歳以上の患者が多い。しかし、個々の病院が「COVID」の新患を受け入れられないほど過重な負担を強いられているかどうかは、全く別の問題である。左翼メディアは、病院の収容力不足について恐怖を煽ることが多い。

パンデミックのデータを得るために利用されている主要な2つのサイト(ジョンズ・ホプキンスのサイトとワールドメーターのサイト)では、入院率が示されていない。COVID追跡サイトでは、アメリカ国内のデータが掲載されている。最近の典型的な数字では、9万人以上のアメリカ人がCOVID感染で入院しており、ICU病棟に入院しているのは2万人弱となっている。Becker’s hospital review siteは、病院のCOVID患者に関する州のデータを提示しているが、これは大きく異なる。

2020年11月、CDCはこのような数字を発表した。2020年2月27日から9月30日までの間に、240万件の入院4480万件の症状のある病気、そして5290万件の総感染が米国の人口に発生した可能性がある。これらは、4.5%の入院が発生したことを示している。

注目すべきは、ジョンズ・ホプキンス大学の研究で、通常の死亡とCOVIDによる死亡を非常に詳細に調べている。この研究では、通常想定される死亡者数の減少が、正当なCOVID死亡者数によって相殺されるかどうかという問題が提起された。観察された結果は以下の通りである。

「COVID-19が米国の死亡者数に及ぼす影響は、他の原因による予想死亡者数に加えて、総死亡者数または真の死亡者数が大幅に増加した場合にのみ問題があると考えられる。COVID-19の前後で、全原因による総死亡の粗い数字は変わらないので、COVID-19による死亡が問題であるとは言い難い。目的は、COVID-19の効果を弱めることではなく、パンデミックによる死亡者数が誇張されている可能性を示唆することである」。

言い換えれば、この分析は、例えば心臓病、呼吸器系疾患、インフルエンザ、肺炎などによる死亡は、むしろCOVID-19によるものと再分類される可能性を強く示唆している。もう一つの可能性は、重篤な合併症を持つ人々において、COVID感染が通常の死因よりも早く発生していることだ。しかし、そのような死亡は必ずしもCOVIDの直接的な原因ではない。多くの医師は、COVIDによる公式の死亡者数は高すぎると考えており、政治勢力が国民をコントロールするために恐怖を煽る人々が利用していると考えている。

CDCは、COVIDによる死亡のうち、COVIDのみが原因のものは6%に過ぎず(併存疾患なし)残りはすべてCOVIDに関連している可能性があるとしている。しかし、これでは、COVIDによる死亡とすることを正当化するために、さまざまな根拠が用いられているのではないかという懸念が生じる。COVIDが実際に多くの死、特に高齢者の死に貢献していることを、一般の人々はどうやって知ることができるのであろうか?

アメリカでは、ドイツなどの第一世界の先進国に比べて、COVIDの患者数や死亡者数が非常に多いことが非難されることが多い。しかし、悲しいことに、アメリカ人は他の国の人々よりも不健康で、合併症が多いのである。さらに、我々の医療制度は、入院に対する金銭的なインセンティブによる逆効果が起こりやすい。他の国の死亡率は、米国の死亡率よりも信頼できるかもしれない。

ここで強調しておきたいのは、パンデミックのデータは、各国政府が第2,第3,第4の柱に基づく行動を追求するための投資や行動を正当化するために使われるが、戦略を再考して第1の柱の選択肢を追求するためには使われないということだ。また、この全体的な戦略は、直接的には医療システムに、間接的には高額な医薬品やワクチンを販売する製薬会社や検査機器を販売する企業に、経済的な利益をもたらしている。最後に、アメリカ人がパンデミックによって自分たちの生活が損なわれたことに腹を立てれば立てるほど、この理性的な怒りに対抗し、公衆衛生システム全体の大失態に対する国民の理解を抑えるために、データが利用される。

1.6 左翼の問題

この大失態には、明らかに左翼的な側面があることは議論の余地がない。パンデミックの失態を理解するためには、左翼を科学者ではなく、宗教的な狂信者やテロリストと見なすのが賢明である。彼らの武器は恐怖である。人々に十分な恐怖心を与えることで、パンデミック対策という名目で、権威主義的な政府が個人の自由を押しつぶすことができる。

左翼の攻撃は、トランプ大統領がパンデミックの初期に、低価格のジェネリック医薬品であるヒドロキシクロロキンをウイルス対策に使用するという非常に前向きな見解を発表したことから始まった。この薬は、何十年も前から多くの病気に使われており、世界中で何十億もの処方がなされている。左派メディアは、3月から多くの革新的な医師たち、特に前述のゼレンコ医師が、この薬を使ってCOVID患者の健康を維持し、病院に行かずに済むように成功していたにもかかわらず、これに飛びついたのである。

柱となる選択肢が成功したという確かなデータがどんどん出てきても、それは無視され、一方でCOVIDの症例や入院、死亡に関する多くのネガティブなデータが強調されていた。これらはすべて、トランプ氏と彼のパンデミックへの対応を無能だと思わせるための戦略だったようだ。

トランプ氏が2020年7月に学校の開校を主張したとき、左派の報道機関から強い批判を受けた。ヶ月後、彼の正しさが証明された。ファウチは、最終的には学校を再開すべきだが、11月までは無理だと渋々認めた。

この左派現象の興味深い例として 2020年11月に行われた米国上院の全委員会の公聴会で、「An Essential Part of a COVID-19 Solution」(COVID-19解決に欠かせないもの )というタイトルで行われた。ピーター・マカロー博士、ジョージ・ファリード博士(COVID患者の治療経験が豊富な第一線の臨床医)イェール大学の著名な疫学教授であるハーベイ・リッシュ博士など、柱となる1つの行動を提唱する3人の優れた証人が証言した。共和党のロン・ジョンソン議長(ウィスコンシン州)をはじめとする共和党議員数名は、これら3人の証人の発言を支持した。

「私は、政府がこの件に関連するすべての政府機関を組織して、医師たちの技術革新と、自宅でCOVID-19を使用している患者への人道的ケアを迅速に支援することを求めている。」とマカローは語った。

しかし、民主党の議員たちは、この公聴会のテーマである早期治療に関する質問や注意を完全に避け、伝染病対策とワクチンにすべての注意を払った。民主党のメンバーは、この公聴会に1人のアカデミックな医師を証人として立てたが、彼は早期治療の支持者ではなく、COVIDの患者を治療したことがないことを認めざるを得なかった。

ジョンソン氏は、この醜い現実を見事に言い表していた。彼は、効果的な在宅治療を促進するために何もしないのは「非良心的で非人道的」だと言った。そして、こうも言った。「我々は、CDCやNIH、FDAなどの官僚に邪魔されずに、これにアクセスする権利があるはずである。そして、それはまさに起こっていることなのである。私はそれを手に入れることができない。何百万人ものアメリカ人が、偽情報やデマ、官僚が作った処方箋の渋滞のせいでアクセスできないのだ。ワクチンを待つのではなく、今すぐ行動を起こさなければならない」。

ジョンソンはもう一つ重要なことを指摘した。彼は、医師や医療専門家が、入院中のCOVID患者のみに使用されるレムデシビルという別の薬を、ヒドロキシクロロキンよりも支持しているのは、レムデシビルの売上が製薬会社にとってより大きな利益をもたらすからではないかと声を大にして言った。

「私は、このカクテルが約20ドルで、レムデシビルが3,000ドルであるという事実に疑問を持っていますが、もしかしたら、少しの偏り、少しの対立、少しの意図があるのかもしれません。後日、レムデシビルの不名誉についてさらに報告されるでしょう。」

レムデシビルのような非常に高価な新薬に関して言えば、これらの薬やワクチンはNIHの資金で開発され、年間約1億ドルのロイヤリティーが発生していることに注目すべきである。つまり、NIHは親密な関係にある製薬会社から多額の資金を得ているのである。

公聴会の後、左派系の主流メディアは、早期の在宅・外来治療の成功には全く注意を払わず、パンデミックとトランプによる対応がいかに悪いかという点にのみ焦点を維持していた。ウォール・ストリート・ジャーナル紙のホルマン・ジェンキンス・ジュニアは、公聴会の後、報道機関は 「ヒドロキシクロロキンはトランプ氏が宣伝した役に立たない薬だというストーリーラインにほとんど戻ってしまった 」という賢明な見解を示した。

ジョンソン上院議員は12月に同じテーマで2回目の公聴会を開いた。ここでも民主党議員はボイコットした。民間企業の印象的な医師6人が証言した。ランド・ポール上院議員は、「ファウチ博士のような政府の医師に信頼を置きすぎている」という指摘をした。

左派メディアは、なぜトランプ政権が第一の柱の選択肢を追求しないことを非難しないのか、と疑問に思うかもしれない。最良の答えは、誰よりもファウチがピラーワン・オプションを無視するという大失態の原因であるため、ファウチを非常に困難な立場に追いやることになるからだ。疑いの余地はない。ファウチは左翼である。文字通り毎日の主流メディアの報道は、本当に驚くべきものである。彼は常に神からの贈り物であるかのように、最も輝かしい方法で言及されている。ファウチについては、この本の後半でもっと多くのことが紹介される。

1.7 罪悪感は間違った考えを覆すことはない

第1の柱よりも第2、第3、第4の柱を推し進めてきた非常に多くの人々や組織は、国民を裏切ったという罪悪感を持っているはずである。しかし、実際には、彼らは罪悪感を感じていないようである。パンデミックの罪人たちが、早期在宅・外来治療の安全性と有効性を示す膨大な量の確かな医学的データを尊重する気配はないのだ。彼らの頑固さは、文字通り数十万人のアメリカ人を殺した罪を負わせることになる。彼らは、自分たちが間違った手段を支持したことを認めようとせず、自分たちの立場に固執するだろう。そうしなければ、第2、第3、第4の柱を支持するすべての人々は、先に述べたゼレンコ博士の20万人という数字のように、数十万人に及ぶアメリカ人の死の責任を負うことになるからだ。彼らは、パンデミックという大失態に対する当然の罪悪感を受け入れないであろう。あまりにも多くの認知的不協和が問題となっている。

残念ながら、公務員は、早期の自宅・外来治療によってCOVIDから救えたはずの何千人ものアメリカ人を殺したとして、刑事上の過失による殺人罪で起訴されることはないだろう。そのような起訴に最も適したケースは、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事である。クオモ知事は 2020年3月に6,300人以上のCOVID患者を病院から準備の整っていない老人ホームに送り込み、多くの人が死亡したことを広く公表したにもかかわらず、公的に責任を認めていない。ニューヨークの老人ホームでは、その後もさらに多くの人が亡くなっている。

ホワイトハウスの関係者はこう語っている。彼の無謀な対応は、CMSとCDCのガイドラインに従わず、高齢者に壊滅的な打撃を与えた。「いくら歴史を修正しても、クオモ知事の著しく無能な決定を消し去ることはできない。」

2020年11月下旬の時点で、ニューヨーク州のCOVIDによる死亡率は人口100万人あたり1,800人近くに上り、全米の2倍以上、世界全体では9倍に達している。この率は、地球上のどの国よりも大きく、35,000人近くが死亡しており、あらゆる国と比較して非常に高い数値となっている。

このような悪いニュースがあるにもかかわらず、クオモ知事は公的に責任を認めたり、罪悪感を表明したりすることはなく、他の公務員がこのパンデミックで早期の在宅・外来治療を推進しなかった自分たちの過ちを告白する可能性は低いことを示している。どんなに確かなデータがあっても、抑圧された罪悪感を克服する力はないようだ。

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker