コミュニティ

ハックするのも所有するのも私たちのもの プラットフォーム協同組合主義
Ours to Hack and to Own

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

目次

  • 第1部:Something to Say Yes To
    • 1.Trebor ScholzとNathan Schneider – What This Is and Isn’t About(これは何であり、何でないか?
    • 2.ネイサン・シュナイダー – 言葉の持つ意味
    • 3.トレバー・ショルツ-プラットフォーム共同組合主義がネットワークを解き放つ方法
    • 4.スージー・キャグル – 7つの協同組合原則
    • 5.ジェシカ・ゴードン・ネンブチャード – 協同組合の企業に関する8つの事実
  • 第2部:プラットフォーム資本主義
    • 6.ダグラス・ラシュコフ – ルネッサンス・ナウ
    • 7.ジュリエット・B・ショー – 創発的空間における旧排他性
    • 8.マッケンジー・ワーク – 資本主義より悪いもの
    • 9.スティーブン・ヒル – 共有されない経済が労働者をいかに脅かすか
    • 10.クリストフ・シュペール 「スポンジ・ボブ、なぜもっと働かないの?
    • 11.Kati Sipp – オンデマンド経済におけるポータブルレピュテーション
    • 12.Dmytri Kleiner – カウンターアンチディス・インターメディエーション
    • 13.David Bollier – オープンアクセスからデジタルコモンズへ
  • 第3部:私たち自身のインターネット
    • ショーケース1:プラットフォーム
      • ストックシー・ユナイテッド
      • Fairmondo(フェアモンド
      • Coopify
      • Gratipay
      • フェアコップ
      • 株式会社メンバーズメディア 協同組合
      • タイムズフリー
      • スノードリフト.co-pu
      • レゾネイト
      • ロコノミクス協同組合
      • NYC不動産投資事業協同組合
      • ロビン・フッド・コレクティブ
      • シード.コープ
    • 14.ヨカイ・ベンクラー 「協同組合の現実主義
    • 15.ジャネル・オルシ – プラットフォーム・コーポレーションのための3つの必須ビルディングブロック
    • 16.Caroline Woolard – So You Want to Start a Platform Cooperative … …
    • 17.Melissa Hoover – 私たちが “協同組合 」と言うときの意味するもの
    • 18.David Carroll – 異なる種類のスタートアップは可能である
    • 19.マリーナ・ゴービス – ポジティブなプラットフォームをデザインする
    • 20.Cameron Tonkinwise – 便利な連帯感。プラットフォーム協力のためのデザイン
    • 21.Seda Gürses – プライバシーのためのデザイン
    • 22.Danny Spitzberg – クラウドファンディングはいかにしてスチュワードシップになるのか?
    • 23.Arun Sundararajan – 分散型オーナーシップの経済的障壁とイネーブラー
    • 24.Ra Criscitiello – 組合にはプラットフォーム・パワーがある
    • 25.Saskia Sassen – 低賃金労働者とその近隣住民のためのアプリを作る
    • 26.Kristy Milland – クラウド(群衆)。自然に協力的になり、自然に沈黙する
    • 27.Tom Slee – プラットフォームと信頼。レピュテーション・システムを越えて
    • 28.Michel Bauwens and Vasilis Kostakis – なぜプラットフォーム・コーポレーションはオープン・コーポレーションでなければならないのか?
  • 第4部:可能性の条件
    • ショーケース2 – エコシステム
      • Loomio Cooperative Ltd.
      • フェアシェアーズ・モデル
      • スウォームアライアンス
      • マデリン・システム
      • パーパスファンド
      • rCredits
      • 外部収益サービス
      • データコモンズ協同組合
      • コリガ
      • CommunityOS: Callicoonプロジェクト
      • バックフィード
      • 私の利用規約
    • 29.John Duda – 贅沢な協同組合主義を越えて
    • 30.Brendan Martin – プラットフォームの根源はお金である
    • 31.Carmen Rojas – 人を中心としたアイデアから人を中心とした資本へ
    • 32.Karen Gregory – コードスクールは協同組合になれるか?
    • 33.Palak Shah – 良い仕事のためのコード
    • 34.Micky Metts – あなたの身近なテック協同組合を紹介する。
    • 35.マイケル・ペック – ユニオン・コープによる人民の所有経済の構築
    • 36.マイヨ・フスター・モレル -プラットフォーム協同組合の価値理論に向けて
    • 37.フランチェスカ・ブリア – デジタル・ソブリン(主権)のための公共政策
    • 38.Miriam A. Cherry – 共有するために構築された法的およびガバナンスの構造
    • 39.Rachel O’Dwyer – ブロックチェーンとその落とし穴
    • 40.アストラ・テイラー – 非共同組合主義
  • 寄稿者
  • 謝辞
  • その他の資料

第一部 Something to Say Yes To

1. これは何であり、何でないのか

トレバー・ショルツ、ネイサン・シュナイダー

これは、より公平なインターネットのためのガイドブックである。私たちはオンライン経済において新しいものを育成することを意図しているが、そのためには古くからあるもの、すなわち協同組合の伝統に目を向ける必要がある。また、「シェアリングエコノミー」によって生じた労働虐待やモニタリングの問題も、まったく新しいものではなく、19世紀の工場現場での闘争と多くの共通点をもっている。このような新しいプラットフォームを、よく知られた協同組合の原則と実践に照らして考えてみると、私たちは仕事と生活の未来について楽観的なビジョンを見出すことができる。

すでに、この戦略は浸透しつつある。世界中の労働者、組織者、開発者、そして社会起業家たちが、協同組合のプラットフォームを実験し、プラットフォーム協同主義についての会話を形成している。したがって、本書は作りつつあるムーブメントに貢献し、我々と寄稿者の仲間がすでに感じている勢いをさらに増すための努力なのである。

私たちはそれぞれ別々の道筋をたどってプラットフォーム協同体主義にたどり着いた。トレバーは2009年からニュースクールのデジタル・レイバー・カンファレンスを開催しており、そこから『The Internet as Playground and Factory』という本が生まれた。ネイサンは、『The Nation』や『Vice』といった出版物で 2011年の抗議運動と、抗議運動が収まった後にオンラインとオフラインで倫理的な生計を立てるための若者の努力について報道していた。私たちは2014年にパリで開催されたOuiShare Festで出会い、同年末にトレバーが開催した「Sweatshops, Picket Lines, and Barricades」カンファレンスで、シリコンバレー支配モデルに対する建設的なオルタナティブについて考える時期が来ているとお互いに感じていたのだ。

同年12月、Treborは「Platform Cooperativism vs. the Sharing Economy」を発表し、後にこの運動の呼称となるこのコンセプトの枠組みを作った。同じ月、ShareableはNathanの記事「Owning Is the New Sharing」を掲載し、すでに進行中の協力的なプラットフォームを構築するためのいくつかの取り組みを紹介した。私たちは共通の関心に気づき、このアイディアをプラットフォームで働く人々、労働運動の支持者、技術者、そしてラッダイトたちと議論し、彼らの多くがすでにさまざまな形でプラットフォームの協同組合主義に踏み出していることに気づいた。私たちは、彼らが互いに出会うべき時であることに同意した。

2015年11月、私たちは2日間にわたって「プラットフォーム協同主義」というイベントを開催した。The Internet, Ownership, Democracy」というイベントをThe New Schoolで開催した。ニューヨーク市議会議員、CEO、投資家、プラットフォームクリエイター、一流の学者など、1000人以上が集まった。ワシントンポスト紙は、このイベントを 「大成功 」と評した。その直後、Rosa Luxemburg FoundationはTreborのプラットフォーム共同組合主義に関する入門書を出版し、少なくとも7カ国語に翻訳された。その後、バルセロナ、ベルリン、ボローニャ、ボルダー、ロンドン、メルボルン、パリ、ローマ、ミラノ、バンクーバーなど、各地でイベントが開催されている。

つまり、インターネットの力の源泉であるプラットフォームとプロトコルの共有ガバナンスと共有オーナーシップだ。民主的所有権とガバナンスは、ここでも歴史的にも、協同組合主義が指すものの柱であり、これなくしては、この言葉は空虚に響く。

第二に、本書はプロセスを求めているのであって、技術的解決主義の別のトリックを要求しているのではない。プラットフォーム協同組合主義は、単にいくつかのキラーアプリによって実現するものではない。それは、民主的なオンライン企業の発展をサポートするために、金融、法律、政策、文化の適切な形式を持つ、異なる種類の生態系を必要とする。これは、協同組合運動がプラットフォーム経済の機会を満たすよう挑戦し、プラットフォーム経済が少数者のための短期的利益への強迫観念を克服するよう挑戦することを意味する。

プラットフォーム協同組合主義は確かに急進的な展望だが、それを絶対視してはいけない。そこに至るには、複数の、時には部分的な手段があるはずだ。所有権やガバナンスを共有する企業は、共有しない企業よりも優れており、私たちはそれを賞賛する。私たちは、さまざまな戦略や実験を奨励する。

本書の寄稿者は、その精神に則り、多様なアプローチと視点を代表している。2015年のプラットフォーム協同組合のイベントから学んだことをより広く共有し、私たちが直面する課題を克服する作業に、より多くの人々を引き込むための手段なのだ。私たちは、ニュース、リソース、アイデアについて継続的に議論する場であるplatformcoop.netで、会話を続けることができるのだ。

これらの序論の後、最初のエッセイ群は、既存のオンライン経済の機会と課題を考察し、より協力的なアプローチの必要性を示している。第2部では、オンライン・プラットフォームの協同設計と開発について、実際に存在するプラットフォームや開発中のプラットフォームの協同を「ショーケース」として取り上げている。第3章では、共有のオーナーシップとガバナンスをインターネットの新しい規範とするために、私たちが真剣に取り組むべき広範なエコシステムについて考察する。

このプロセスを通して、私たちは世界中の多くの人々が#platformcoopの会話に持ち込んだ熱意と経験、そしてそれを実現するための努力に驚かされた。この本が、すでに進行していることの力強さと、私たちがまだ共に直面しているハードルを正しく伝えてくれることを願っている。この本を、インターネットがつなぐ人々にふさわしいインターネットを創造する勇気と想像力を持った人々に捧げる。

2. 言葉の意味

ネイサン・シュナイダー

この10年間、私は記者として、神についての議論から街頭での抗議行動まで、テクノロジーがいかに人々の生活を変化させるかを取材してきた。その中で気づいたのは、インターネット文化では、民主主義という非常に重要な言葉を奇妙な形で使っているということだ。新しいアプリが何かを民主化すると言われるとき、それがロボット型のパーソナルアシスタントであれ、セピア調の自撮り写真であれ、より多くの人がその何かにアクセスできるようにすることを意味する。それは、より多くの人々がその何かにアクセスできるようにすることを意味する。ただ、アクセスすることと、大きな、太い利用規約が一緒になっている。タウンミーティングや投票所といった古い概念は消え去り、共同所有、共同統治、説明責任といったものもなくなってしまった。

言葉は作家としての私の商売道具だから、その意味を理解しておきたいものだ。私たちは言葉に多くを依存している。言葉は私たちを互いに結びつけ、私たちに何ができるかを気づかせてくれる。そして、インターネットが、民主主義を存在しないものとして再定義するのではなく、民主主義の定義をより野心的なものにする手助けになればと願っている。

このウェブサイトでは、ユーザーは、領収書の書き写し、広告のフィードバック、社会学的調査への参加など、数秒から数時間かかる仕事を、完全にオンラインで見つけることができる。私はニューヨークで開催されたTrebor ScholzのDigital Labor conferenceに行き、そこで実際にMechanical Turkersになった人たちを見た。例えば、ある人は夫が失業した妻で、別の人は元ケーブル技術者だった。彼らが、このプラットフォームで働くことがどのようなものかを説明しているのを聞いた。雇用主は彼らを審査することができるが、彼らは雇用主を審査することはできない。彼らの仕事は、報酬も救済措置もなく、拒否されることもある。最低賃金を下回らないようにするための制約もない。そのうちの1人がメディアで訴えたところ、彼女のアカウントが凍結された。

この数日間、Turkersの間では、ある種の疑問、思考実験が繰り返された。彼らは声に出して考えてみた。もし自分たちがプラットフォームを所有したらどうだろう?どうやってルールを決めるんだ?

どうすれば自分たちにとってよりよいプラットフォームになるのか、1,2分考えてはアイデアを出し合っていた。合理的なアイデア。賢いアイデア。しかし、そのアイディアもまた現実に引き戻され、苦情の話に戻ってしまう。

それ以来、辞書を変えるインターネットをめぐる苦悩は、ますます激しくなるばかりだ。サンフランシスコでは貧富の格差に抗議してGoogleバスを封鎖し、Uberのドライバーは世界中でストライキを起こした。このオンライン経済はますます経済となりつつあり、より多くの人々が仕事や人間関係、そして屋根を見つける手段となっている。インターネット企業は、自動車から冷蔵庫に至るまで、あらゆるものをネットワーク化し、収益化することを目指している。しかし、Turkersの質問は私に何度も戻ってきた。

彼らは何かを掴んでいるのだろうか?もし、プラットフォームやネットワークが本当にわれわれのものだとしたら?もし、所有のインターネットがあったらどうでしょう?

真の共有、真の民主主義

インターネットが獲得したもうひとつの言葉は「シェアリング」だ。かつて共有とは、知り合いや信頼できる人たちとするものという意味だった。いわゆるシェアリングエコノミーでは、どこか遠くのサーバーで行われる、より便利な取引を意味する。便利なのはいいことだが、本当のシェアリングエコノミーはずっと前から存在していた。

現代の協同組合運動は、1844年のイギリスのロッチデール原則まで遡ることができるが、古代の部族、修道院、ギルドなど、世界各地にその前身となるものがあった。このようなものの初歩は、企業に依存する人々の間で所有権と統治権を共有し、利益を共有し、競争ではなく企業間の調整を行うという、基本的な常識となり得るものである。

私たちは知らないかもしれないが、生協は私たちの身近なところにある。私が住むコロラド州では、州内の70%の地域が、1930年代以前に設立された協同組合電力会社から電力を得ており、その所有権と統治は、サービスを提供する人々によって行われている。私が加入している信用組合は、地域でも有数の住宅ローン業者だ。私の住む西側の山間部では、数年前に近所の人たちが自分たちでインターネット・サービス・プロバイダーの協同組合を立ち上げた。Land O’Lakes、Organic Valley、REIもある。

生協には、さまざまな形態や規模がある。生協は他の企業よりも失敗が少なく、賃金も(経営トップを除いて)良いことが多い。一攫千金を狙う人々には不利かもしれないが、民主主義は機能する。責任者であれば、詐欺にあうことはない。

私はかつてコーポラティブチャウスに住んだことがあるが、そこは汚く、有機的で、毎晩フォークミュージックが流れるという、ある種のステレオタイプに則っていた。しかし、私がケニアのビジネススクールで見た協同組合の経営者は、そうとは言えなかった。ただし、マーケティングやケーススタディに加えて、自分のために働く人々が上司となる会社の運営方法についても学んでった。バルセロナ周辺では、カタルーニャ・インテグラル協同組合の何千人もの組合員の中に、21世紀の協同組合のあり方を垣間見ることができた。独立した労働者たちは、旧来の仕事を確保するのではなく、互いに給料に頼らず、住居や食事、育児、コンピュータのコードなどを共有することで自立している。彼らは自分たちのデジタル通貨で取引をしている。このような場合、労働者、生産者、消費者、預金者の間の従来の線引きは難しくなるかもしれない。

協同組合の遺産の一部は、すでに技術文化の中で展開されている。インターネットは、ウィキペディアやリナックスなど、ピアツーピアの自治によって構築されたフリーでオープンソースのツールに依存している。スタートアップ企業のガレージからGoogleプレックスまで、多くのテック系オフィスを訪れると、そこには自己組織化したチームがボトムアップでプロジェクトを作り上げている。しかし、なぜかこの民主主義は役員室には浸透していないようだ。役員室では、たまたま多くの株を所有している人が命令を下すという、かなり20世紀的な企業体質が残っている。ファイアウォールがあるのだ。私たちはどこでも民主主義を実践できるようだが、本当に重要なところではそうではないようだ。

最近、私たちの前にはかなりSF的な問いがある。アプリやロボットがわれわれの仕事に取って代わるのだろうか。われわれのデジタル生活のいかなる側面もモニタリングの目から逃れられないのだろうか。労働搾取工場や血の通った鉱物のようなディストピアなしに、デジタルユートピアはあり得るのだろうか。いずれの場合も、協同組合の伝統が必要な問いを投げかけているのだが、変化の奔流の中で、我々はそれを問いかけることを怠っているかもしれない。

プラットフォーム・コモンズ

過去から現在に至るまで、協同組合企業は競争を前提とした経済や文化の中で足場を固めるために2種類の戦略に依存してきた。ひとつは、協力に見出される競争優位性で、たとえば従来の市場が失敗したときに成功する能力や、連帯に潜在する力である。もうひとつは、システムのルールがより協力的な実践をサポートするように変化したとき、特に政府が協力的な事業の価値を十分に理解し、それを奨励し、資金を提供することによってだ。プラットフォーム協同組合主義が発展するためには、この2つが必要だと思う。

まず、協力の競争上の優位性を確認することから始めることができる。例えば、協力的なやり方は、オンライン上のつながりが通常提供する、悪名高い緩い絆を太くする態勢を整えている。また、大手ハイテク企業は労働者やユーザーを人間として扱うことが難しいため、協同組合は労働者やユーザーが頼れる前向きで倫理的な代替手段を提供することができる。従来の企業の側面と協同組合の所有権やガバナンスの側面を組み合わせたハイブリッドモデルは、短期的には有望であると思われる。しかし、制度のルールは依然として協同組合主義に対して大きく傾いている。

これを変える必要がある。政府は、協同組合のプラットフォームが、より多くの富を地域社会にとどめ、その有権者に貢献することを意味することを認識すべきである。Uberのような企業に「ノー」と言おうとして(そして失敗して)いるのではなく、プラットフォーム協同組合は、公的機関が「イエス」と言えるものなのだ。協同組合の設立や資金調達を容易にする法律や、採掘業が常に受けている事業開発への公共投資が必要だ。

これはまた、既存の企業に対して異なる考え方をすることを意味する。フェイスブック、グーグル、ユーバーはもはや普通の企業ではない。彼らのビジネスモデルは、私たちの多くがいかに彼らに依存しているかということに基づいており、ユビキタス性が彼らを有用にしている。彼らは公共事業となりつつある。利用するかどうかの選択肢が少なくなればなるほど、民主主義の介入が必要になってくる。もし、新世代の独占禁止法が、新興のオンライン公益企業を解体する代わりに、より民主的な所有権への道を開くとしたらどうだろう。

マーク・ザッカーバーグはFacebookの株を自分のLLCに寄付するのではなく、Facebookのユーザー自身が所有し、管理する信託に預けることができるだろう。そうすれば、ユーザーもまた、彼らがこのプラットフォームに注ぎ込んだ貴重な個人データをどう扱うか決定する際に、役員室に席を設けることができ、プラットフォームの成功のために利害関係を持つことができるのだ。あなたならどう投票する?

これは、私たちがどのようなインターネットを望んでいるか、あるいはどのような世界を望んでいるかという問題だけではなく、私たち自身をどのように見ているかという問題でもある。私たちは、自分たちが依存している制度に民主主義を期待するほど、自分たちを信頼しているでしょうか。メカニカル・ターカーズのように、自分たちが主導権を握ったらインターネットはどうなるのか、大胆に想像することができるだろうか。

30年前、インターネットがまだ実験室での実験に過ぎなかった頃、社会評論家のセオドア・ロザックは、このようなことがたくさん起こることを予見していた。「情報化時代を民主的に最大限に活用することは、技術だけでなく、その技術の社会的組織化の問題である」と、彼は『情報のカルト』の中で書いている。

私たちはそのことを忘れている。新しいギズモが登場しては消え、言葉の意味が変わり、私たちが自分に期待することも一緒に変わってしまうことに、私たちはほとんど気づかない。普通の人々はすでに、ハッキング、ミーム、抗議、そして夢によってインターネットを自分たちのものにしてきた。これらのものに対するコントロールを失うことの代償はあまりにも高く、あまりにも不可解だ。私たちはより良いものを期待し、より多くを要求する必要がある。今こそ私たちは、すでに私たちのものであるものを所有し、統治する時なのだ。

3. プラットフォーム共同組合主義がネットワークを解き放つ方法

トレバー・ショルツ

1998年、私はサンフランシスコのミッション地区にある小さな仏教寺院に引っ越してきた。このコミューンの精神的同志たちは、コミュニティがすでにコンピュータを所有しているのに、なぜ私が貯めたお金をすべてIBMのラップトップに費やすのか理解できなかった。インターネットの社会的影響を研究している者として、私は1台のコンピュータを共同で使うという提案に驚いた。それまでの私にとって、インターネットについて考えることは、個人の利用について考えることであり、共同所有について考えることではなかった。このエピソードから、真の共有文化とは、他のものと同じように技術を共有することでもあるのだということがわかった。

過去5年間、「シェアリングエコノミー」の技術的な工夫は、時代の流れに深く共鳴していた。コミュニティ、未利用資源、オープンデータなどを重視する真のシェアリングエコノミーは、当初、企業権力への挑戦として登場した。私の仏教徒の友人と同じように、この経済の先駆者たちは、芝刈り機、ドリル、車の使用を分割することを提案した。しかし、やがて多くのプラットフォームの背景にある非商業的な価値が、シリコンバレーの役員室で書き換えられ、「シェアリングエコノミー」は誤った名称に変わってしまったのだ。シェアリングと仕事の未来に関するさまざまな予言に直面している今日、私たちは、社会のユーバー化につながる止められない進化はなく、よりポジティブな代替案が可能であることを思い出す必要がある。

経済学者のTyler Cowenは『Average Is Over』の中で、ごく一部の「超実力主義者」が数百万ドルを稼ぎ、残りの人々は年間5千ドルから1万ドルの間で必死に生きていく未来を予見している。メキシコではすでにそれがうまくいっている、とCowenは言う。カール・B・フレイとマイケル・A・オズボーンは、今後20年間で全雇用の47%が自動化される危険性があると予測している。UberのTravis Kalanick、AmazonのJeff Bezos、CrowdFlowerのLukas Biewaldのようなプラットフォームのオーナーは、政府の規制や労働者の抵抗がなければ、過小評価されている労働者から搾取するだけで、そのビジョンを疑うことはないだろう。ポール・メイソンやカティ・ウィークスが提唱するポスト資本主義、ポスト労働の未来では、ユニバーサル・ベーシックインカムが生活機会に関する考え方を支配する、というビジョンには大賛成である。しかし、アメリカでは、フィンランドと違って、このシナリオが2年以内に現実のものとなる可能性は高くはないだろう。そうなると問題は、伝統的なセーフティネットや週40時間労働、安定した給与の復活が期待できないアメリカの労働人口の3分の1のうち、最も不安定な人々に対して、今、何ができるのか、ということになる。

今日のインターネットは、ARPAが設計した非商業的、分散的、ポスト・スプートニクのネットワークとはほとんど似ていない。われわれの娯楽の源であり、毎日ログインして仕事をするプラットフォームであり、われわれを常にフィードバックループに引き込むアプリケーションは、すべて少数の懐の深い創業者と株主によって所有されていることが分かってきた。

これは受け入れがたいことだ。それは単純に受け入れがたいことであり、そのために私は2014年に「プラットフォーム協同組合主義」という理論を提唱した。オンデマンドエコノミーの労働者は「ライオンのように生きろ」と言われているが、柔軟性が少し増す分、リスクも厳しくなり、タスマターも厳しくなっている。オンデマンド経済の労働者の平均年収は、労働プラットフォームを通じて7,900ドルであり、彼らの多くがこのデジタル経済においてパートタイムでしか働いていないことが分かる。この議論でしばしば軽視されるのは、たとえばUberのドライバーのように、市場から押し出される人々である。彼らは40パーセントの大学教育を受け、レガシーのタクシードライバーよりも白人の割合が高く、職を失う可能性がある人々である。

「シェアリングエコノミー」のビジネスモデルの多くは、法律の戦略的無効化に基づいている。企業は故意に市の規制や労働法に違反する。これにより、彼らは競争を弱体化させ、その後、多くの顧客基盤を指して、自分たちの怪しげな手口に有利な法改正を要求することができる。企業はまた、アプリを利用する消費者を草の根の政治運動として活性化させ、企業の利益のためにロビー活動を行う手助けをしている。プライバシーは、労働者や顧客にとっても懸念すべきものだ。Uberは、通勤から一夜限りの恋まで、顧客の日常生活を分析し、顧客が最もサービスを利用する時にサージプライスを課している。法律上のグレーゾーンを行き来するこれらの規制緩和された商業拠点は、時に従業員を独立した契約者に誤分類する。彼らは従業員に「ターカー」「ドライバー・パートナー」「ラビット」といったレッテルを貼っているが、決して労働者ではない。インターネットという幕の後ろに隠れて、自分たちは労働者ではなく、技術者であると信じさせようとしている。

2000年から2010年の10年間で、米国の所得の中央値は、インフレ調整すると7%減少した。2014年にはアメリカ人の51%が年収3万ドル以下となり、その76%が貯蓄を全くしていない。1970年代以降、私たちは人々を直接雇用から引き離そうとする協調的な努力を目の当たりにし、その結果、独立した契約者やフリーランサーの数が着実に増加した。低賃金危機が生んだデジタル労働もその一環だ。

「シェアリングエコノミー」は本当に私たちに何をもたらしたのだろうか。消費者の利便性や少数者の短期的利益を生み出す効率性だけでなく、社会の幸福や環境の持続可能性の観点から、資本主義が人々を見守る上で驚くほど非効率的であることが明らかになった。1886年のヘイマーケット暴動や1911年のシャツウェスト工場火災後の抗議行動に遡る、100年以上にわたる労働争議の成果が、一見一夜にして失速してしまったのだ。また、1938年に制定された公正労働基準法も、従業員数が急速に減少しているため、急に通用しなくなった。

格差、賃金の低迷、権利の喪失など、21世紀の労働者に関わる諸問題の中で、最大の苦境は、現実的な代替案があまりに少ないように見えることだ。しかし、選択肢はある。ここでは、4つのアプローチを紹介する。

最初の2つのアプローチは、企業オーナーや政府との交渉の信念に基づいている。例えば、Domestic Workers Allianceは、政策立案者がガイドラインを支持し、プラットフォーム所有者がそれに従うことを期待して、Good Work Codeを策定した。シアトルはUberに課税し、ドライバーに組合結成の権利を与え、ニューヨークのビル・デ・ブラシオ市長はUberの車両数を抑制する試みを行い、サンフランシスコ市はAirbnbを規制しようとした。第三の道は、生産の場を完全に市場の外に移すことだ。Yochai Benklerはこれを「非市場的ピアプロダクション」と名付け、最も成功した例としてWikipediaを挙げている。そして最後に、有償労働市場に対する4つ目のアプローチとして、プラットフォーム協同主義がある。これは、自分が所有していないものを大幅に変えることは難しいという理解に基づいた社会組織のモデルだ。

プラットフォーム・コーポラティヴィズムについての私の考え方は、ニュースクールのデジタル・レイバー・カンファレンスに負うところが大きいだ。このイベントは2009年に始まり、最近のものでは2015年にPlatform Cooperativismが開催された。当初、これらのイベントでは、イタリアの労働者主義者、非物質的労働、そして “プレイボー “に議論が集中していた。Burak Arikan、Alex Rivera、Stephanie Rothenberg、Dmytri Kleinerなどのアーティストが、これらの問題に注意を喚起する先駆的な役割を果たした。その後、Amazon Mechanical Turkのようなクラウドソーシングシステムやフィリピンのコンテンツモデレーションファームにおける何千人もの見えない労働者の搾取である「クラウドフリキング」についての議論が活発化した。ここ数年、よりよい未来の仕事のための具体的な代替案の模索は、よりダイナミックになっている。

プラットフォーム・コーポラティヴィズムの理論は、共同所有民主的ガバナンスという2つの主要な信条を持つ。135年にわたる労働者の自己管理、およそ170年にわたる協同組合運動、そしてコモンズに基づくピアプロダクションを補償型デジタル経済と結びつけているのである。「プラットフォーム」とは、携帯電話やコンピュータの電源を入れた後、私たちがたむろし、仕事をし、いじり、価値を生み出す場所を指す。「協同組合主義」とは、労働・物流プラットフォームやオンラインマーケットプレイスの所有モデルに関するもので、Uberのようなものを協同組合、コミュニティ、都市、創意工夫を凝らした組合に置き換えたものだ。このような新しい構造は、テクノロジーを受け入れて創造的に形を変え、自分たちの価値を埋め込み、地域経済をサポートするために運営されるのだ。デンマークの村やテキサス州西部のマーファのような町が、自分たちだけのAirbnbをつくれるなら、なぜシリコンバレーの50人ほどの人々のために利益を生み出さなければならないのだろうか?次のシリコンバレーを目指し、少数の人に利益をもたらすのではなく、これらの都市は共同プラットフォームの利用を義務付けることで、コミュニティにとって利用価値を最大化することができる。

Fairmondoのような協同所有のオンライン労働仲介やマーケットプレイスから、映画製作者とそのファンが所有するビデオストリーミングサイトまで、プラットフォームの協同組合はすでに存在する。写真家がストックフォトの協同組合Stocksyを共同所有し、サンフランシスコのマッサージセラピストがフリーランサーが所有するオンライン労働市場Loconomicsを立ち上げた。コーネル大学の学生たちは、ブルックリンのサンセットパークにある低所得の移民の共同組合のために(そして彼らとともに)Coopifyを立ち上げた。在宅医療従事者や、低所得者、年金生活者など、臨時収入を得る必要のある人々にとって、プラットフォームの協同組合は魅力的な選択肢となり得る。米国では、毎年65万人の刑務所出所者が、尊厳ある仕事を求めている。また、難民にとっては、たとえスウェーデンであっても、移住してから仕事を見つけるまでに8年もかかることが多いのだから、プラットフォーム・コーポレーションは魅力的かもしれない。このモデルでは、労働者は集団の所有者になることができ、もはや従者として訓練された古いシステムの病理に従う必要はない。

抽象的な原則に基づくプラットフォーム型協同組合の構築に魅力を感じる人はほとんどいないだろう。しかし、既にコミットしている人々にとっては、共通の理念や価値観が重要なのだ。ロッチデール平等開拓者協会、アメリカ南部のアフリカ系アメリカ人の協同組合、スペインのモンドラゴン社に至るまで、あらゆる種類の協同組合の試みは、常に研究会から始まっている。政治学者のエリノア・オストロムは、厳密な研究なしにオルタナティブなものを作ろうとするのは夢物語であり、無駄な希望であることを私たちに教えてくれた。協同組合の文化は現実的であることが重要だ。アメリカの協同組合の歴史から、私たちは協同組合がより安定した収入と尊厳ある職場を提供することができることを学んだ。作り手の必要な熱意は、懐疑的な学者と必ずしも相容れないが、彼らの対話は重要である。例えば、ロッチデール原則をデジタル経済のために書き直すこともできるだろう。教育は、プラットフォーム協同組合の本質的な基礎である。

プラットフォーム協同組合は、次のような原則を考えるべきだろう。第一は、すでに説明したように、プラットフォームとプロトコルの共同所有である。2つ目は、プラットフォーム協同組合は、協同組合のために働くすべての人に、所得保障と良い給料を提供できなければならない。そして、生協がこれを提供できることは、歴史が証明している。イタリアのエミリア・ロマーニャ州は、従業員所有、消費者協同組合、農業協同組合を奨励した地域で、イタリアの他の地域よりも失業率が低くなっている。協同組合の代表格であるモンドラゴン社は、生協のネットワークで2013年には74,061人を雇用している。しかし、アメリカでは、オレンジジュース生産などの分野で優位に立っているものの、多国籍企業の巨大企業との競争、国民の意識、自己搾取、ネットワーク効果など、協同組合モデルには多くの課題がある。そのため、プラットフォーム生協は、サービスを提供したい地域社会を研究し、その価値提案を正しく理解することが必要不可欠だ。

スノーデン時代のインターネットのブラックボックス化したシステムに対抗して、これらのプラットフォームはデータの流れを透明化することで自らを際立たせる必要がある。顧客や労働者に関するデータがどこに保存され、誰に、どのような目的で販売されているのかを示す必要がある。プラットフォーム協同組合の仕事は共同決定される必要がある。最終的にプラットフォームに参加することになる人々は、最初からその設計に関与していなければならない。彼らは自分たちの労働環境を支配するパラメータとパターンを理解する必要がある。保護的な法的枠組みは、団結権や表現の自由を保証するために不可欠なだけでなく、プラットフォームに基づく児童労働、賃金窃盗、恣意的な行動、訴訟、そして評価が星4.5以下になるとドライバーを「無効化」するLyftやUberなどの企業の「評判システム」に沿った過剰な職場モニタリングから守るのに役立つことができる。クラウドワーカーは、匿名の委託者が投稿した謎めいたプロジェクトに貢献するのではなく、自分が何に取り組んでいるのかを知る権利を持つべきだろう。

プラットフォーム共同組合主義の本質は、特定のテクノロジーではなく、生きた協力行為の政治性にある。まもなく、私たちはもはやウェブサイトやアプリではなく、ますます5Gワイヤレスサービス(より多くのモバイルワーク)プロトコル、AIと争う必要が出てくるかもしれない。私たちは、明日の労働市場のためにデザインしなければならないのだ。厳密な民主的な議論が行われない中、オンライン労働の巨人たちは、私たちの目の前で仕事の未来バージョンを作り出している。私たちは迅速に行動しなければならない。ベルリン、バルセロナ、パリ、リオデジャネイロなど、すでにUberやAirbnbに反発している都市とともに、「スマートシティ」や機械所有にまつわる言説を洗練させる必要がある。私たちは、インキュベーター、小規模な実験、段階的なウォークスルー、ベストプラクティス、そしてオンライン生協が利用できる法的テンプレートを必要としている。開発者は、地域の開発者がカスタマイズできるフリーソフトウェアの労働プラットフォームであるプラットフォーム・コーポのためのWordPressを作成する。最終的に、プラットフォーム協同主義は、単に未来の破壊的なビジョンに対抗することではなく、テクノロジーと協同主義の結婚と、それが将来にわたって私たちの子供、私たちの子供の子供、そしてその子供のために何ができるかに関わるものだ。

5. 協同組合の企業に関する8つの事実

ジェシカ・ゴードン・ネンブチャード

  1. 協同組合企業は市場の失敗と必要性に対処する。協同組合は、人口の少ない地域で農村部の電気やその他の公益事業を提供し、特に食料不足の地域で手頃な価格の健康食品や有機食品を提供し、クレジットや銀行サービスを利用し、手頃な価格の住宅を利用し、質の高い手頃な価格の子供や高齢者のケアを利用し、文化的に繊細な商品や芸術の市場を利用することが可能だ。
  2. 協同組合は、人、資源、資本の集合体として、発展に対する歴史的な障壁を克服している。ある調査によると、162の非農業協同組合のうち、回答者の44%が、協同組合として組織されていなければ開業できなかったと答えている。
  3. 米国にある約3万社の協同組合の経済活動は、国の総所得に推定1540億ドル貢献している。生協は210万人以上の雇用を創出し、賃金や給与に与える影響は約750億ドルにのぼる。オークランドにあるハウスクリーニングの生協のオーナーになった後、労働者の所得の中央値が24,000ドルから40,000ドル以上に増加した。
  4. 協同組合のビジネスは、初年度以降(10%の失敗に対し60-80%)5年後(90%の継続に対し3-5%)とも、他のビジネスより失敗率が低い。また、協同組合は経済危機の影響にうまく対処し、危機をよりよく乗り切ることができることを示す証拠もある。
  5. 協同組合は、そのほとんどが地域住民によって所有され、管理されているため、投資家志向の企業よりも地域社会の成長を促進する可能性が高い。協同組合の事業目的はニーズ指向であるため、協同組合はその発祥の地である地域社会に留まる可能性が高い。食品協同組合で1,000ドル消費するごとに、1,606ドルが地域経済に還元され、売上高100万ドルごとに、9.3人の雇用が創出される。
  6. 協同組合は、地域の専門知識と資本を分配し、リサイクルし、増殖させるビジネスの中心的存在として、地域社会を安定させる。協同組合の経営者は、収入と雇用を生み出し、資産を蓄積し、手頃な価格で質の高い商品とサービスを提供し、人的・社会的資本を発展させることができる。
  7.  生協とその組合員は税金を納め、善良な市民である。地域社会に寄付をし、従業員に公正な報酬を払い、持続可能な事業慣行を用いる傾向がある。
  8.  協同組合の立ち上げコストは低く抑えることができる。組合員は時間と資本を提供することができ、他のビジネスでは外部からの融資を求める必要があるコストを相殺することができる。また、協同組合は、協同組合の発展を支援するために作られた多くの連邦政府や州政府機関から融資や補助金を申請することができ、協同組合銀行のような非政府系金融機関から比較的低コストの融資を受けることができる場合が多くなっている。

ハワード大学人種と富に関するセンターのワーキング・ホワイトペーパー「Benefits and Impacts of Cooperatives」(2014年2月)http://is.gd/ItoPHT から引用した。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました