私たちの生得権「自由」
第五世代戦争がしばしば私たちに対して使われるもう一つの例

レジスタンス・抵抗運動ロバート・マローン全体主義・監視資本主義情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器操作された反対派、認知浸透、分断

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

rwmalonemd.substack.com/p/our-birthright-freedom

Our Birthright: Freedom
Another example of how Fifth Generation Warfare methods are often used against us

昨日、ジルと私、そしてKat Lindley博士とRyan Cole博士は、Nigel Farageを含む様々なGB Newsパーソナリティのインタビューのためにロンドンに行っていた!とても楽しかった。とても楽しく、プロフェッショナルなGBニュースの制作チームやスタッフと一緒に仕事をするのは、本当に楽しいことである。ナイジェル氏のプライムタイムのニュースと解説の番組は、制作・配信されるビデオクリップの視聴率も含め、BBCを圧倒するほどの視聴率を日常的に誇っている。

今日、私たち医療界の真実を伝える仲間は、数日間に渡って開催されるパンデミック(疫病)対策会議のためにストックホルムに移動した。スウェーデンでの冒険の様子は、また後日紹介する。

皆さんも存知のように、最近グローバリストは少し後退しているようだ。WEFのクライアントであるNew Zealandのリーダー、Arden女史が退任することになり、今年は「A-list」Overlordsの出席が少なくなったようだ。そのため、今回のWEF/DAVOSは、政府高官やマスコミのおべっか使いに囲まれた、いつものオーバーロードの祭典ではないようだ。「Daily Mail」によれば、ダボスでのビジネスは、輸入したセックスワーカーにとって非常に良いものだという。まあ、少なくとも、そこでは実際の報道が行われている。しかし、関係者が、人類、気候変動、トランスヒューマニズム、第四次産業革命、グレートリセットの全体的な利益を促進するために努力していることは、良いことである。私たちのために犠牲になってくれている彼らにどれだけ感謝しているか、私たち全員が同意できるのではないだろうか。

社会変革に焦点を当てた運動に何十年も携わってきた彼の知恵と洞察、特に、私たちが近づいていると思われる段階で社会運動に対して繰り返し展開される勢力と第五世代戦争戦略について、うまく編集されたランブル・ビデオの 要約である。残念ながら、Rumbleは欧州連合の一部の国ではブロックされている。このサブスタックが、青いカーテンと金の星の向こうに住む不幸な魂たちのために、そのファイアウォールを通過できることを願っている。

本日のサブスタック・ビデオ・エッセイ(本エッセイの冒頭に掲載)のゲスト執筆者/アーティストとして、Mikkiが快く参加してくれた。このビデオエッセイの冒頭に掲載されている、みっきーのビデオエッセイは、私自身と同じように、ミッキーの知恵や考え方に触れることができるはずだ。私は現代の菩薩には程遠く、自分の本能を超える努力はしばしば失敗するが、ミッキーの助けにより、私たち全員が個人と集団の潜在能力を発揮することに少しは近づくことができるかもしれない。

以下の略歴が、私の同僚であり大切な友人であるミッキー・ウィリスについて紹介する一助となれば幸いである。父親であり、夫であり、アーティストであり、真実の戦士であり、自由の闘士である、最高の人物である。ミッキーとエレベイトのチームが制作したビデオも見てほしい。


ベストセラー作家で調査映画作家のミッキー・ウィリスは、最高レベルの腐敗を暴くことで世界的に尊敬を集めている。彼の映画制作は、ビッグ・メディアの最も強力な勢力に対する大規模な訴訟の勝利に貢献したと評価されている。彼の最新作「プランデミック」は、史上最も多く見られ、検閲されたドキュメンタリー・シリーズである。最初の26分間のドキュメンタリー「プランデミック」は、全世界で10億人以上が視聴し、歴史的な記録を打ち立てた。「プランデミック2:インドクトネーション」のプレミアは、全世界のライブストリームに200万人の視聴者が集まり、ストリーミング記録を打ち立てた。このシリーズは、現在明るみに出ている人類に対する犯罪を世界に初めて警告したことで評価されている。

「Plandemic 3: The Great Awakening」は、2023年3月6日に全世界で公開される。

「彼らは私たちを埋めようとした。彼れは私たちが種(seeds)であることを知らなかったのだ」

– ディノス・クリスチャノプロス

ミッキー・ウィリス – 父親であり、映画監督。

プランデミック・シリーズ・ドットコム

私たちの生い立ち

私は20年近く人権活動家として活動していた。ドキュメンタリー映画作家として、私はわが国最大のスキャンダルや抗議活動の最前線に数多く立ち会ってきた。

そのような観点から、私は数多くの人民運動の盛衰を目撃していた。私が参加したほぼすべての組織的レジスタンス運動は、同じ重大な過ち、つまり内紛(infighting)のために勝利からわずか数インチで終わっている。同じグループのメンバーが互いに敵対することである。このような噂は、通常、「ジョンが反対派をコントロールしているらしい」とか、「ジェーンが危ないと言っている人がいる」というようなものだ。

潜入者や扇動者の利用は現実的なものだが、そのようなレッテルが正確に貼られたシナリオを私はまだ一度も経験していない。そして不審なことに、このレッテルは常に最も前進している人に貼られる。このようなレッテルを貼られた人たちは、その評判を落とすと同時に、あなたの人生への貢献も失われてしまうのである。

ソーシャルメディアが普及する以前は、人々は実際に座って意見の相違を解決していた。今日、私たちは確かな証拠や十分な調査もなく、直接キーボードに向かって疑念をぶつけている。噂が嘘であることが証明された後でも、あるいは単に噂が消えた後でも、疑念と分裂は常に残っている。これはすべて意図的なものだ。「多くの人々がアサンジから離れることを可能にしたのは、表面化したMeToo疑惑の一部であり、それは最終的には信用されなかったが、人々の心の中にこびりついていた」

プロパガンダの声はこのゲームに長けている。彼らは故意に嘘の記事を流し、それを撤回する。嘘は何百万人にも届くが、訂正を見る人はほとんどいないと知っているからだ。

「エイミー・コニー・バレットの信仰心がまた問われているわ。彼女はこのPeople of Praiseというグループに所属していて、Southern Poverty Law Centerが彼らをヘイトグループと認定しているのよ」

(翌日)

「People of Praise がヘイトグループだと言ったとき、私は彼らを別のグループと混同してしまっただけなの」

「ああ、そうか、そういうこともあるよね。簡単に起こるよね」

元CIA長官のウィリアム・ケーシーの言葉だ。「アメリカ国民が信じていることがすべて嘘になったとき、私たちの偽情報キャンペーンが完了したことがわかるだろう」

分裂を招くような噂を植え付けることは、心理戦で使われる最も一般的な戦術の一つである。嘘の花が咲くと、働きバチのように善意の市民が毒のある偽情報で大衆を受粉させる。噂話をするミツバチは、自分たち自身が操作された反対派の仕事をしていることに気づいていない。文字通り、知らず知らずのうちに、自分たちが抵抗していると信じている勢力のために働いているのだ。

繰り返すが、これはすべて意図的なものである。私たちは皆、最新のトレンドや悲劇に気を取られているが、私たちの行動に影響を与えるものはすべて、私たちの思考をコントロールしようとする意図によって浸透している。その目的が商品を買わせることであれ、政党に投票させることであれ、実験的な予防接種を受けさせることであれ、あなたの心の機能をあなたよりはるかによく理解している勢力が働いている。彼らの目標は、完全にコントロールすることである。しかし、彼らは少数であり、私たちは多数であるため、古くからの戦術である分割統治によってのみ、完全な支配を達成することができる。「やつらと一緒か、おれたちと一緒か」

私たちはかつて、これほどまでに分断されたことはなかった。政治、宗教、国家、人種、階級、性別、そして今やワクチンの有無によって分断されている。どうしてこうなったかを理解するために

孫子の兵法から、次の3つの言葉を考えてみよう

「至高の兵法は戦わずして敵を制すること」

「勝者はまず勝つ、そして戦いに挑む」

「その秘訣は、敵を混乱させ、私たちの真意を理解させないことにある」

孫子は2500年以上前に生きた人物だが、彼の著作は今日のCIAや中国共産党の戦略の核心に残っている。孫子と同じ時代に、

「United We Stand, Divided We Fall」(団結して立ち上がり、分裂して倒れる)

という言葉が初めて記録されたのは偶然ではないだろう。私たちのコミュニティを救うのは「団結」なのである。

聴衆の中には、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒、民主党員、共和党員、白人、黒人、その間にいるすべての人がいる。これは、あなたが人間の家族のすべてのメンバーを攻撃することを選択したときにあなたが得るものの例である」私たちの最大の力は数である。それゆえ、私たちを壊れた断片に打ち砕くための絶え間ない努力が必要なのだ。

彼らの意図が明らかになるにつれ、仕切り屋は人類に対する犯罪を隠すために手段を選ばなくなる。彼らには銀行家がある。私たちにあるのは、お互いとう人だけだ。良い知らせは、それが私たちに必要なすべてである。私たちは本質的に互いにつながっているにもかかわらず、私たちの心は互いの違いに執着するように仕向けられている。社会的な洗脳に反して、私たちは共に立ち上がるためにイデオロギー的に一致する必要はない。お互いを好きである必要さえない。

ただひとつ、私たちが同意しなければならないことがある。

その自由は、私たちが生まれながらにして持っている権利であるということだ。

今こそ、あなたが友人、家族、仲間から切り離されたままにしているものが何であれ、手放すべき時である。すべての小さなドラマや気晴らしの上に立ち、もっと大きな物語が展開されていることを確認しよう。あなたのプライドを飲み込む。自分を謙虚にする。それを手放す。私は、誰かが明らかに私たちの前進を妨げているときに、見て見ぬふりをしろと言っているのではない。特に、互いの信頼を損ねている人物は、名指しで非難されるに値する。しかし、その場合でも、私たちの言葉によって影響を受ける人の命があることを忘れてはいけない。私たちは、自分が無力であると思い込まされてきたために、自分の力を無頓着に使ってしまっている。

銃を持った幼児のようにね。何度自分の足を撃てば力は自分の手の中にあると理解できるのだろう?

この時点で私たちを止められるのは…私たちだけだ。

私たちは皆、嘘をつかれたり、詐欺にあったり、騙されたり、騙されたり、強要されたりしたことがある。しかし、私たちは、3年前よりも賢く、強くなっている。今こそ、私たちが本来持っている、異なる集団の間の互恵的な関係として定義される「共生」を意識することによってのみ起こりうる解決策を生み出す能力を活性化する時だ。

すべての生命は関係性によって成り立っている。星々、惑星、地球、植物、元素、昆虫、動物、人間、そして私たちの中の細胞まで、すべての生き物はコミュニケーションをとっている。真の変革は、真の内なる変革から始まる。

問題は、私たちが変わろうと思うまでに、どの程度悪化しなければならないのか、ということだ

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました