COVID-19時代に意思決定プロセスを最適化する 情報処理の失敗に対抗するための再帰性(Reflexivity)の利用

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

政策・公衆衛生(感染症)研究方法・科学全般
Optimizing Decision-Making Processes in Times of COVID-19: Using Reflexivity to Counteract Information-Processing Failures

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2021.650525/full

Michaéla C. Schippers1* and Diana C. Rus2. Rus2

1エラスムス大学ロッテルダム経営大学院テクノロジー・オペレーションズマネジメント学科(オランダ、ロッテルダム

2フローニンゲン大学行動・社会科学部、組織心理学、フローニンゲン、オランダ

はじめに

危機的状況下での政策立案者の意思決定の有効性は、情報を統合して理解する能力に大きく依存する。COVID-19の危機は、政府に公衆の健康と安全のための意思決定という難しい課題を突きつけている。

基本的に、政策立案者はその程度が未知の脅威に対応しなければならず、膨大な不確実性の中で時間的制約の下で意思決定を行うことになる。賭け金は高く、問題は複雑で、(精神的)健康、経済、人権など、いくつかの利益のバランスを慎重に取る必要がある。

このような状況では、政策立案者の意思決定プロセスは、情報の処理におけるエラーやバイアスの影響を受けやすく、その結果、誤った意思決定プロセスで悪い結果を招く可能性が高まる。先行研究では、集団の意思決定プロセスを歪め、悪い結果をもたらす可能性のある、3つの主な情報処理の失敗が指摘されている。

  1. 情報を探して共有することの失敗
  2. 以前の情報と一致しない情報を詳しく分析することの失敗
  3. 新しい情報に照らし合わせて結論や方針を修正・更新することの失敗

このような情報処理の失敗の背景にあるエラーやバイアスが、危機に際しての意思決定プロセスにどのような影響を与えるのかについては、これまであまり検討されてこなかった。

本論考では、COVID-19の危機に対処するための意思決定プロセスにおいて、集団思考、ウイルス封じ込め問題への狭義の焦点、コミットメントのエスカレーションが現実的なリスクとなり、社会的な損害を広範囲に及ぼす可能性があることを概説する。そのため、政策立案者は、意思決定プロセスの質を最大限に高め、危機の進行に伴ってポジティブな結果が得られる可能性を高めるための対策を講じることが重要である。

そこで我々は、意思決定におけるバイアスやエラーを解消する方法として、チームの目標やプロセス、結果について話し合う意図的なプロセスである「group reflexivity」(集団での再帰性)を提案する。

具体的には、これらの情報処理エラーに対抗し、不確実な時代の意思決定プロセスを改善するために、簡単に導入できる、証拠に基づいたいくつかの再帰性ツールを提案する。

修正することに前向きになろう。現在の歴史上の瞬間に、頑固さを許すものは何もないのだから。

∼作者不明

はじめに

COVID-19の危機は、ほとんどの国に影響を与えずに済みた。世界各国の政府は、非常に不確実で時間的プレッシャーのある状況下で、公共の安全と健康のために意思決定を行うという難しい課題に直面している。常に変化する矛盾した情報、大きな賭け、時間的プレッシャー、複数の関心事や利益(身体的・精神的健康、経済、個人の権利など)のバランスを取る必要性に直面し、政府は複雑な問題について最適ではない条件で意思決定をしなければならないことに気付いたのである(Rastegary and Landy, 1993; Otte et al 2017, 2018; Schippers et al 2007, 2015, 2017, 2018参照)。先行研究によると、今回の危機のような非常に複雑で不確実な状況における意思決定の有効性は、情報をうまく獲得し、統合し、意味づけするグループの能力に大きく依存している(Hammond, 1996; Schippers et al 2014)。言い換えれば、ポジティブな結果の可能性を高める重要な前提条件である意思決定プロセスの質にかかっているのである(Nutt, 1999; Bloodgood, 2011; Wolak, 2013)。重要なことは、どのような意思決定が最善であるかを判断することはできないかもしれないが、その意思決定に至るプロセスを改善することは可能であり、その結果、ポジティブな結果が得られる可能性が高まるというこだ(Hart, 1991)。

先行研究でも、意思決定プロセスにおける歪みや失敗は、特に最適ではない条件で運営されている大規模な意思決定グループでは、極めて一般的であることが示唆されている(Schippers et al 2014)。実際、大企業を対象とした研究では、意思決定の50%近くが失敗しており、その理由の一つに意思決定プロセスの欠陥があることが分かっている(Nutt, 1999)。危機に際しての政府レベルの意思決定プロセスには、さまざまな異なる要因が影響を及ぼす可能性があるが(Beal, 2020; Mercer, 2020)これまでの研究では、情報処理の失敗につながる可能性のあるさまざまなバイアスやエラーが特定されている。情報処理の失敗とは、「情報のサンプリングにおける省略ミスや情報の偏った精緻化のいずれかが原因で、情報の交換、情報に関するコミュニケーション、精緻化に歪みが生じること」である(Schippers er al)。 例えば、ストレスの高い状況では、意思決定者は習慣に頼り、最も慣れ親しんだ意思決定戦略を使用することが分かっており(Soares et al 2012)、この問題は時間的プレッシャーが高いとさらに悪化する(Ordóñez and Benson, 1997)。さらに、フレーミング効果やコミットメントのエスカレーションによっても、情報が処理される方法に偏りが生じる可能性がある(参照:Schippers er al 2014)。これらのエラーは、個人レベルでは容易に発生するが、大規模な意思決定グループでは、チームレベルのバイアスやエラー(Hinsz er al)1997)が加わり、拡大することがよくある。例えば、グループシンク(偏った情報のサンプリングに基づいて意思決定が行われ、あらゆるコストをかけて合意することに重点が置かれる)などである(Janis and Mann, 1977; Janis, 1982)。重要なことは、このような情報処理の失敗は、意思決定プロセスの質に悪影響を及ぼすことが示されていることである(Hammond, 1996; Halpern et al 2020)。

COVID-19の危機が続いている間、政策立案者の決定の長期的な有効性を評価することは困難である。これは、現在、情報が不足しているだけでなく、政府は短期的および長期的な異なる関心事や利益をトレードオフしなければならないからである。しかし、明らかなのは、COVID-19危機を取り巻く状況は、大きな賭け、時間的プレッシャー、複雑さ、不確実性などの理由から、意思決定プロセスが情報処理不全に陥りやすく、それによって最適ではない結果が生じる可能性が高くなるということである(例えば、Joffe, 2021)。実際、この危機の中で、心身の健康、社会的結束、教育の成果、経済発展、人権などが悪影響を受けたことを示す新たな証拠が出ている(参照:Codagnone er al)。 したがって、情報処理の失敗につながる可能性のあるバイアスやエラーをよりよく理解し、それらを軽減する方法を特定することが不可欠である。そこで、我々の最初の目的は、グループの意思決定プロセスに関するこれまでの研究(Schippers et al 2014年を参照)を発展させ、現在のCOVID-19危機においてどのようなバイアスやエラーが情報処理の失敗につながる可能性が高いかを特定することである。本研究では、複雑な意思決定を行うグループに関する先行研究から得られた理論的枠組み(cf. Schippers er al)。 現在進行中の政府の意思決定プロセスに関する情報は容易に入手できないことから、我々の分析は、COVID-19危機を緩和するために政府が実施した政策とその効果に関する公表された証拠の一部に依拠する。なお、この分析では、すべてを網羅しているわけではないことに留意していただきたい。2つ目の目的は、チームの目標、プロセス、結果について話し合う意図的なプロセスであるチームの再帰性が、グループの意思決定におけるバイアスやエラーの解毒剤としてどのように機能するかを示すことである。先行研究から、情報処理の失敗は回避・克服できることがわかっており、そのための効果的な方法として、グループ内で再帰的な意思決定プロセスを育成することが提案されている(Schippers et al 2014)。具体的には、政策立案者などの意思決定グループが、情報処理エラーを打ち消し、危機が展開する中で効果的な意思決定を行う可能性を高めるために利用できるいくつかの簡単なツールを提案する。

このナラティブレビューの貢献度は、2つあると考えている。第一に、COVID-19危機への対応における情報処理の失敗により、意思決定の質と結果を阻害する可能性のあるバイアスとエラーについての理解を深めることができる。情報処理の失敗のすべてが重大な結果につながるわけではないが、今回の危機においては、これらの失敗は重大かつ致命的な落とし穴であることに変わりはない(Schippers, 2020)。第二に、優れた意思決定プロセスは、質の高い意思決定と意思決定結果の可能性を高めることから(Nutt, 1999; Bloodgood, 2011; Wolak, 2013)我々は、意思決定プロセスが再帰性によってどのように改善されるかを示す。再帰的な意思決定プロセスは、時間的制約の下で複雑なタスクに直面している人など、情報処理不全に陥りやすいグループの意思決定プロセスを最適化することが示されていることから、現在の危機において特に有益であると考えられる(Schippers et al 2014,2018参照)。明らかに、再帰的な意思決定プロセスは、ポジティブな結果を保証するものではないが、しかし、意思決定の質が向上する可能性を高める。

以下のセクションでは、まず、我々の理論的枠組みを簡単に紹介する。次に、COVID-19危機への政策立案者の対応において、特定の情報処理エラーにつながる可能性のあるバイアスを特定し、これらのバイアスを克服するために使用できる実用的な再帰性ツールを提示する。最後に、潜在的な政策への影響と、我々のアプローチの限界について述べ、今後の研究への提案を行う。

危機時の情報処理の失敗と、その対策としての反射率

意思決定の能力については個人差があるが(Bruine De Bruin et al 2007)、我々はグループレベルの意思決定プロセスに焦点を当てている。先行研究に沿って、我々はグループを情報処理システムとして概念化している。その有効性は、情報の共有、分析、保存、利用がうまくいくかどうかにかかっている(Hinsz er al)。1997; De Dreu er al 2008; Schippers er al 2014参照)。情報処理システムであるチームは、境界合理性(例えば、Kahneman, 2003)のような個人の認知的欠点と、誤解や情報の保留のような対人コミュニケーションの失敗の両方に起因する、情報処理の失敗に対して脆弱である(参照:Hinsz er al)。 特に、個人レベルの認知的欠点は、意思決定を行う大規模なグループでは、コミュニケーション不足による情報の歪みがさらに大きくなることが多い(Hinsz et al 1997)。この点について、先行研究では、複雑な意思決定を行うグループは、3つの具体的な情報処理の失敗に陥りやすいことが示唆されている。

1)関連する情報を探して共有することができない、

2)情報が共有されている場合、情報を詳しく分析することができない、

3)新しい情報に照らし合わせて結論を修正し、更新することができない、

である(参照:Schippers er al)。 重要なことは、これらの情報処理の失敗は、情報をうまく獲得、統合、意味づけするグループの能力を妨げ、欠陥のある意思決定プロセスの可能性を高める可能性があることが示されていることである(Hammond, 1996; Schippers er al)。

図1 情報処理の失敗と再帰性を育む救済策。Schippers et al 2014)より引用

 

先行研究では、情報処理の失敗は再帰性によって回避・克服できることも示唆されている(参照:Schippers er al)。 再帰性とは、最もよく定義されるものである。”グループのメンバーが、グループの目的、戦略(意思決定など)プロセス(コミュニケーションなど)について、あからさまに反省し、それを現在または予想される状況に適応させる程度」(West, 2000, p.296)と定義されることが多い。具体的には、チームの再帰性が以下のように提案されている。1)グループが関連性のある正しい情報を特定して使用する可能性を高めることで、情報を探して共有することの失敗を緩和することができる(Brodbeck et al 2007)。(3) チームの意思決定プロセスへの明示的な注意を促したり、促進したりすることで、結論を修正したり更新したりする失敗を軽減することができる(Schippers er al)。参照 2014)。重要なことに、再帰性はチームパフォーマンスの向上に役立つことが示されており(Schippers et al 2013;Gabelica et al 2014;Konradt et al 2016;Lyubovnikova et al 2017;Otte et al 2017;Yang et al 2020)いくつかのレビュー記事では、いつ、なぜ再帰性が有効なのかが検討されている(Widmer et al 2009;Schippers et al 2014,2018;Konradt et al 2016;Otte et al 2018など)。

以下のセクションでは、図1をフレームワークとして使用し、

(1)COVID-19危機への政策立案者の対応において、情報処理の失敗につながる可能性のあるさまざまなバイアスやエラーの例を説明し、

(2)意思決定プロセスを最適化し、情報処理エラーの発生を最小限に抑えるために使用できる、具体的な再帰的意思決定戦略を強調する。

情報の検索と共有の失敗と再帰性の助け

今回の危機において、意思決定に影響を及ぼす可能性のある第一の情報処理エラーは、すべての関連情報を探して共有することができなかったことである。すべての関連情報を検索して共有することは、COVID-19の危機への対応のように、複数の情報源からの情報に基づいて複雑な意思決定を行う必要がある状況では、特に重要だ(Schippers er al)。 実際、現状では、複数の情報源や分野(疫学、経済学、行動科学など)から情報を得て政策決定を行い、検討した情報を最大限に活用しようとしており(Holmes et al 2020,Romei et al 2020)その結果、最良の結論を得ることができる。情報の検索と共有の失敗は、共通知識効果、動機づけられた情報共有、グループシンクなど、さまざまな理由に起因する可能性がある(参照:Schippers er al 2014)。以下では、特にグループシンクに焦点を当てる。グループシンクは、キューバのピッグス湾侵攻事件(Janis and Mann, 1977; Janis, 1982)や、スペースシャトルのチャレンジャー事故(Esser and Lindoerfer, 1989)など、ストレス下でのグループの意思決定時に最も起こりやすいと指摘されている現象である(Sterman, 2006)。また、再帰的な意思決定プロセスが、グループシンクから生じる可能性のある情報処理の失敗を軽減するのに役立つかもしれない方法を提案する。

グループシンクとは、善意の人々が集まったグループが最適ではない意思決定を行ったときに起こる現象で、通常、適合したいという衝動や、反対意見はありえないという信念に駆り立てられる(Janis, 1982参照)。このような集団は、目の前の問題を過度に狭く捉えてしまい、可能な解決策を模索する際にトンネルビジョンに陥ってしまうことがよくある。さらに、多数派の意見に沿わない情報や矛盾する情報は無視されたり、抑圧されたりして、グループメンバーの間で合意に達するように強い圧力がかかる(Janis, 1991)。例えば、先行研究によると、意思決定チームは、共通の情報を議論することに主眼を置く一方で、独自の意見や情報の議論を最小限に抑える傾向があることがわかっている(Larson et al 1996)。さらに、グループメンバーは、意見の相違やグループ内の調和を乱す可能性のある情報を共有することを避けたり、躊躇したりすることが多い(Janis, 1991)。研究者によると、集団思考は、希望的観測と現実の否定が組織の高いレベルで始まり、それが浸透してすべてのレベルの意思決定プロセスの一部になると、しばしば発生する (Bénabou, 2013)。さらに、組織の構造的な欠陥や手続き上の欠陥も、グループシンクと定期的に関連している(Tetlock et al 1992)。

COVID-19 の危機が発生した当初、各国政府は迅速な対応を必要とする前例のない脅威に直面していた。初期の推定では、70億人の感染者と4,000万人の死亡者が出る可能性があるとされ(Joffe, 2021)症例死亡率の推定値は0.17%から 20%にまで達していた(後者はBaudらの論文(2020)で主張されている。さらに、初期のモデルでは、その広がりは指数関数的であると予測されていた(Banerjee er al 2021年、Ferguson er al 2020)。これらの初期の予測に基づき、多くの政府は断固とした行動をとることを決定し、ウイルスの拡散を遅らせ、危機管理能力の崩壊を防ぐことを目的として、厳しいロックダウン、夜間外出禁止令、「必要のない事業」の閉鎖などを組み合わせて実施した(Hsiang er al 2020; Choutagunta er al 2021参照)。中国、イタリア、フランス、アメリカなどの特定の国では、感染率を下げるために展開されたこれらの急進的な政策パッケージが、指数関数的な広がりを大幅に遅らせたことを示唆する証拠もあるようである(Hsiang er al 2020;Bjørnskov、2021も参照)。しかし、ウイルスの拡散を遅らせることだけに焦点を当てた対策は、現在および将来の経済的衰退(McKee and Stuckler, 2020など)や、一般住民や最前線の医療従事者、必要不可欠な労働者の精神的な幸福度の低下とも関連している(O’Connor et al 2020; Robinson and Daly, 2021; Buckner et al 2021; Toh et al 2021; Vanhaecht et al 2021など)。同時に、COVID-19危機は、医療行為の延期や中止など、コビット関連以外の公衆衛生にも悪影響を及ぼした(Heath, 2020; Schippers, 2020)。また、この政策は多くの国で既存の人権侵害を悪化させ、他の国ではそれを可能にした(Fisman et al 2020; Saunders, 2020)。このように、当初はウイルスの拡散を遅らせることに焦点を当てていたため、問題の枠組みが狭くなり、その結果、経済、福利厚生、コビット以外の公衆衛生、人権など、他の領域における負の影響の情報を割愛したり、その程度を最小限に抑えたりすることになったのではないかと考えられる。例えば、一部の研究者は、予防措置の潜在的な副作用にはほとんど注意が払われていないと指摘し、一部の国の政策が証拠に基づいて比例しているかどうかを疑問視している(Ioannidis, 2020; Ioannidis et al 2020; Schippers, 2020; Joffe, 2021)。Joffe(2021;p.1)のナラティブレビューでは、COVID-19対応の費用対効果分析は非常に否定的で、”ロックダウンはCOVID-19ができるよりもはるかに公衆衛生に有害である “と結論づけている。

関連して、政府の政策のほとんどが、死を避け、ウイルスの拡散を最小限に抑えるという予防原則(Sunstein, 2019)に基づいていることを考えると、これらの政策のコミュニケーションは、「一長一短」のアプローチを正当化するために、戦争のアナロジーや脅威の大きさに対する恐怖に基づく言及に頼る傾向があった(Caduff, 2020)。その過程で、西欧の自由民主主義国からより独裁的な国まで、さまざまな国で反対意見がかき消されてきたようだ(参照:Abazi, 2020; Niemiec, 2020; Sherman, 2020; Timotijevic, 2020)。例えば、ロックダウンがサプライチェーンを大きく混乱させ、大量の失業を招き、発展途上国の貧困を悪化させて1億人以上の食糧不安につながる可能性を指摘する初期の声は、主流の言論ではほとんど無視されてきた(Inman, 2020; Zetzsche and Consiglio, 2020)。また、いくつかの国では、この対策に疑問を持った人々が主流メディアで黙殺されたり、疎外されたり、裏切り者のレッテルを貼られたりした(Abazi, 2020; Joffe, 2021)。非常に憂慮すべきことではあるが、反対意見を封じ込めることは、歴史的に見てもパンデミック時の政府の対応として一般的であり、国民のナラティブを誘導し、政府の行動への支持を強化することを目的としていることを示唆する先行研究と一致している(Timotijevic, 2020)。さらに、フェイクニュースや誤報が蔓延していることから、多くのテクノロジープラットフォームは、潜在的に危険な偽情報を急いで削除する必要に迫られている(Abrusci et al 2020)。しかし、医学的な偽情報の拡散に対する救済策としてのソーシャルメディアの検閲には疑問が投げかけられており(cf. Niemiec, 2020)ソーシャルメディアの検閲を徹底しなくても、単純なナッジングによる介入も偽情報対策として有効であることを示唆する証拠もある(cf. Pennycook er al)。 パニックに陥る可能性がある中で、強力な団結力を示すことは重要だが、反対意見や相反する意見を持ち出すことを認めることも同様に重要だ。これは、今回の危機のように、潜在的に関連する情報が複数の分野にまたがっており、知識の状態が常に進化・変化している状況では、なおさら重要なことであるこの点については、政策立案者が使用するデータへのアクセスと透明性の欠如、データ入力の不備、データの不確実性を認めたがらないこと(Heneghan and Jefferson, 2020; Ioannidis et al 2020; Jefferson and Heneghan, 2020)予測の選択的な報告、公共政策に使用されるモデルと仮定の透明性の欠如(Ioannidis er al)。 これらはすべて、科学者や政策立案者のさまざまなグループの間で共有された事実と開かれた公論に基づいて、状況の正確な理解を構築することを妨げた可能性がある。

重要なのは、異論や対立する意見を無視したり黙殺したりすることは、集団思考を誘発し、危機に際しての意思決定プロセスの焦点を狭めることにつながる可能性が高いということである。その結果、不完全な情報や一方的な情報に基づいた意思決定が行われ、ポジティブな結果が得られる可能性に悪影響を及ぼすことがわかっている(Hart, 1991)。今回のケースでは、できるだけ多くの関連情報を検索して共有しなかったことに加えて、災害に対する準備を怠るという人間の一般的な傾向(Meyer and Kunreuther, 2017; Murata, 2017)や、COVID-19危機の前に、致命的なウイルス発生の可能性に備えて計画を立てるようにという科学界からの警告が何度も無視されたという事実(Horton, 2020)も影響していると考えられる。このように、明確な対応策がないまま危機が発生すると、多くの政府は入ってくる情報を迅速に理解し、迅速な判断を下し、断固とした行動を取らなければならないというプレッシャーにさらされた。このプレッシャーは、「何もしていない」と非難されるのではないかという不安(Bylund and Packard, 2021)や、この問題に対するメディアの注目度によって増幅されたのかもしれない。その結果、当初はパンデミックの予測、致死率、地域社会への広がりの予測が誇張されていたり、全体像を無視していくつかの側面や結果だけに焦点を当てていたりしたため(参照:Ioannidis, 2020; Ioannidis et al, 2020)初期のパンデミック対応政策の基礎となる仮定が間違っていた可能性がある。さらに、これらの仮定は、その後、新たに得られた情報に基づいて疑問視されたり、更新されたりしなかったかもしれない。

以上のように、COVID-19の状況がまだ続いている間は、個々の政府の意思決定プロセスにおいて集団思考が実際に特徴的であるかどうかを確認することは困難であるが、我々の分析によれば、少なくともいくつかの特徴が生じる可能性がある(集団思考の例については、Timotijevic, 2020; Joffe, 2021を参照)。明らかに、現時点では、病気そのものの進化も、危機の長期的な経済的、社会的、精神的、人権的な影響も知ることができない。イベントがどのように展開するかを予測しようとしている研究者もいるが(McKibbin and Fernando, 2020)長期的な影響がどうなるかを理解するにはまだ早すぎる。とはいえ、ウイルスの拡散を遅らせることだけに焦点を当てた長期的な公共政策は、社会全体にマイナスの副作用をもたらすことを示唆する証拠もあるようである。複数の情報源、視点、観点からの情報を統合するホリスティックなアプローチは、意思決定プロセスの質の向上を確保する上で重要であることが示されている(参照:Schippers er al)。

Reflexivity (social theory) - Wikipedia

この点において,我々は,不完全な情報への依存に対抗する方法として,再帰性を提案する。再帰性は,複数のグループメンバーに散在する情報をプールして検討することを明示的に促すものである(Schulz-Hardt er al)。 再帰性とは、グループ内での意思決定の調和ではなく、検討される意見の幅を広げることに焦点を当て、意思決定プロセスを擁護と探求の明確なバランスにすることである(再帰性を育むための実践的なヒントの概要については、図1を参照してほしい)。例えば、集団思考に対抗するための簡単な解決策として、簡単なチェックリストを使用するという実践的なツールがある(表1参照)。このチェックリストは、Janis (1991) のグループシンクに関する初期の研究を基にしたもので、グループシンクの症状を認識し、チェックし、回避するための簡単なスクリーニングとして有用な基盤となっている。さらに、これまでの研究では、ユニークな意見や反対意見を積極的に議論することも重要であることが示唆されている。それは、目前の問題をより広い枠組みで捉え、集団思考の落とし穴から守るためである(参照:Emmerling and Rooders, 2020)。オープンな情報共有を促進するためには、グループ内の心理的安全性を高めること(cf. Edmondson, 1999)と、戦略的な異論者を任命することが重要であることが先行研究で示唆されている(Emmerling and Rooders, 2020)。さらに、変革型リーダーシップ(Schippers et al 2008)や、専門家への過度の依存を避けること(Gino and Staats, 2015)も、より幅広い情報、関心、視点を取り入れる可能性のある再帰的な意思決定プロセスを促進することが示されている。

表1 集団思考を最小化するためのチェックリスト項目の概要

  • チームメンバーにグループの行動を批判的に評価する機会を与え、自分の判断に対する批判を促進する。
  • リーダーやマネージャーは公平で、特に議論の最初の段階では個人的な意見を言わない。
  • 複雑な問題がある場合は、複数のグループに分かれて議論し、その後、全体で議論する。
  • また、ある決定事項の実現性や有効性を評価する際には、2つ以上のサブグループに分かれて議論することもある。
  • 各メンバーは、定期的に社外の第三者とグループの方向性について議論し、グループのプロセスに対するフィードバックを求めます。
  • 外部の専門家にも議論に参加してもらう。
  • 議論の中で「悪魔の代弁者」と呼ばれるメンバーを配置し、議論された行動のデメリットを強調して、結果についての議論を促進する役割を担う。
  • セカンド・チャンス・アセスメントを実施し、コンセンサスを得た後も、グループメンバーにセカンド・オピニオンを検討する機会を与え、再考の機会を設ける。

情報の精緻化と分析の失敗と、再帰性がどのように役立つか

信頼できる質の高い情報が収集されたとしても、その情報を分析して詳しく説明する過程で情報処理の失敗が起こる可能性がある。先行研究によると、情報の精緻化は、現在のCOVID-19の危機のように、非常に混乱した時代(Resick er al 2014)やグループが複雑な課題に直面しているとき(Vashdi er al 2013; Schippers er al 2014参照)に特に重要であることが示唆されている。利用可能な情報の意味を詳しく説明したり分析したりすることができないのは、様々な理由に起因しているが、その中でも最も重要なのは、フレーミング効果(問題の提示方法によって異なる決定を行う傾向;Tversky and Kahneman, 1981)ヒューリスティックス(決定を導く単純な経験則;Kahneman, 2003)への依存、そして、例えばコントロールの幻想などのポジティブな幻想である(参照:Schippers er al)。 以下では、フレーミング効果が、COVID-19の危機への対応において、利用可能な情報の分析や精緻化にどのような誤りをもたらすかに特に焦点を当て、再帰的な意思決定プロセスがこれらの誤りを軽減するのに役立ついくつかの方法を提案する。

フレーミング効果とは,異なる方法で情報を提示することで,同等の選択問題について人々がどのように意思決定を行うかが変化したり,逆になったりすることをいいます(例えば,Kahneman, 2003)。先行研究では、フレーミングが問題の定義と因果分析の両方に影響を与えることが示唆されている(cf. Entman, 2007)。そのため、フレーミング効果は、人々がどのように意思決定を行うか、特にリスクを伴う意思決定を理解する上で重要であることが示されている(最近のメタアナリシスについては、Kühberger, 1998; Steiger and Kühberger, 2018を参照)。さらに、最近の研究では、特にグループでの意思決定の場では、グループの分極化(すなわち、グループは、個々のメンバーのいずれかが元々持っていたものよりも、より極端な立場にシフトする顕著な傾向を示す;Cheng and Chiou, 2008)により、時間的なプレッシャーがフレーミング効果を増幅することが示唆されている(Diederich er al)。 フレーミング効果を最初に示したのは、TverskyとKahneman(1981)の実験である。TverskyとKahnemanは、「アジア病問題」という実験パラダイムを用いて、潜在的な利益と損失の観点から問題をフレーミングすることが、可能な解決策に関する意思決定にどのような影響を与えるかを検証した。この実験では、参加者は、600人が死亡すると予想される危険な病気の発生を警告されるというシナリオを与えられる。この実験では、600人の死亡が予想される危険な病気の発生を警告された被験者に、2つの同等の解決策(一定の結果をもたらすものと、危険な結果をもたらすもの)のうち、利益(助かる命)と損失(失われる命)のいずれかを選択させた。利益(救える命の数)としての解決策を提示された場合、被験者は一定の結果をもたらす解決策を選択する傾向があった。一方、損失(失われた命の数)として提示された場合には、リスクのある結果となる解決策を選択する傾向が見られた。この研究は、COVID-19パンデミック(Hameleers, 2020)の際を含め、様々な状況で再現されており(最近のメタ分析については、Steiger and Kühberger, 2018を参照)失われた命の数(vs.救われた命の数)で意思決定をフレーミングすると、より高いリスクを伴う意思決定につながる傾向があることを示唆している。

このような知見は、COVID-19危機の際に大いに役立つかもしれない。COVID-19危機は、社会的にも一般的にもメディアで大々的に報道され、日々の感染率、病院の稼働率、ウイルス関連の死亡者数に圧倒的に焦点が当てられていた(参照:Ogbodo er al)。 このように、日々の感染率や失われた命を追跡することにメディアが絶え間なく焦点を当て、言説を公衆衛生と経済のどちらを選択するかという枠組みにしたことで(cf. Codagnone er al)。 さらには、さまざまな政策選択に影響を与えている可能性さえある。これは、健康上の緊急事態(伝染病やパンデミックなど)のメディア報道が、公共政策の議論や政策対応の枠組みに重要な役割を果たしてきたことを示す過去の研究と一致する(Karnes, 2008; Dry and Leach, 2010; Pieri, 2019)。したがって、新たな感染者や死亡者の日々の報告に圧倒的に世間が注目していたことを考えると、政策立案者はこのような急激な数字の変動に基づいて迅速な判断を下すことにプレッシャーを感じていたかもしれない。これに関連して、この問題は、新型コロナウイルスによる死亡を回避するという狭い枠組みで捉えられがちであり、公衆衛生や、さらに広くは、健全な経済、公衆の身体的・精神的健康、社会正義などを含む社会的福利の問題として捉えられることはなかった。このような狭い問題設定は、逆に、情報の精緻化や状況の分析に影響を与え、逆説的に、より広い問題設定よりもリスクの高い政策決定をもたらした可能性がある(Ioannidis, 2020参照)。

例えば、COVID-19関連の死亡を防ぐことに焦点を当てた結果、封じ込めを中心とした多くの政策が行われた。これらの政策には、国境を閉鎖したり、社会全体を数週間から数か月間閉鎖したりすることが含まれ、物議を醸した(このような決定の根拠に関する批判については、Ioannidis, 2020; Ioannidis er al)。 このような政策は、確かに個人の感染リスクを低下させたかもしれないが、一方で、生計手段の喪失(例:Codagnone et al 2020)うつ病、燃え尽き症候群、不安など、他のリスクにもさらされている(例:Amerio et al 2020,Fiorillo et al 2020,O’Connor et al 2020,Robinson and Daly、2021年、Buckner et al 2021)。また、すでにメンタルヘルスの問題や依存症に苦しんでいる人や、虐待を受けている家庭に住む女性や子どもなどの脆弱な集団が、特に悪影響を受けている可能性もあるようである(例えば、Serafini et al, 2016,Buttell and Ferreira, 2020,Clarke et al 2020,Graham-Harrison et al 2020,Pfefferbaum and North, 2020,Reger et al 2020,Schippers, 2020,Zetzsche and Consiglio, 2020,Asenowr and Coles, 2021年、Rumas et al 2021年、Sakamoto et al 2021)。) 政策立案者が、コロナウイルスによる死亡を防ぐことで公衆衛生を守ることに注力することが極めて重要であることは否定できない。しかし、公衆衛生は、精神的な幸福度の低下、定期的なケアの中止、食料不安などによっても脅かされる可能性がある。さらに、社会の幸福は、経済の機能、法の支配、社会的正義に依存している(cf. Drucker, 2003)。そのため、これまでの主な批判は、社会全体への影響を示す証拠を十分に考慮せずに介入策を用いることに集中してきた(Haushofer and Metcalf, 2020)。社会の幸福という観点からより広い問題設定を行えば、意思決定プロセスにおいてより多くの要因や利益を考慮し、バランスを取ることができるため、こうした悪影響の一部を回避できたかもしれない。例えば、公衆衛生、経済、精神衛生、社会的弱者への影響を同時に考慮することで、より多くの証拠に基づいた政策を実施し、これらの領域におけるリスクを最小限に抑えることができたはずである。

また、メディアでは、ウイルスの拡散の速さを日々の指数関数的な成長率で表現していたことも、世論や政策立案者の意思決定に影響を与えたと考えられる。例えば、フレーミング効果の影響を受けやすいバイアスには、指数関数的成長予測バイアスというものがある。COVID-19の場合、このバイアスは、現在の数に基づいて将来のCOVID-19症例数や致死率を過小評価する系統的な傾向につながることが示されている(Wagenaar and Sagaria, 1975; Banerjee er al)。 このようなバイアスは、(現在の感染率は低いが指数関数的に増加する可能性がある場合などに)不必要に緩い政策措置をとったり、(現在の感染率がすでに高すぎる場合などに)より厳しい政策措置を遅れて導入したりする可能性があり、よりリスクの高い意思決定の一因となっている可能性がある。この点については、指数関数を症例数の増加や日々の指数関数的成長率ではなく、倍加時間の観点から捉えて伝えることで、指数関数的成長予測のバイアスが減少する傾向にあり(Schonger and Sele, 2020参照)手元のデータをより正確に分析することで意思決定プロセスの質を向上させることができることが先行研究で示されている。

以上のことから、公論における様々なフレーミング効果が、政策立案者の情報の精緻化や政策の潜在的な意味合いの分析に悪影響を与えている可能性があると考えられる。情報の精緻化におけるその他の情報処理の失敗は、可用性バイアスや顕著性バイアスなど、他の様々な個人レベルの認知バイアスに起因することは明らかであり(Kahneman, 2003; COVID-19危機の処理において役割を果たした可能性のある他の特定の意思決定バイアスの議論については、Halpern er al 2020を参照)ここでは網羅的に説明することはできない。しかし、我々の分析によると、状況の複雑さと不確実性を考慮すると、データと、可能な限り事前の証拠に基づいた意思決定プロセスに焦点を当てる必要があることがわかる。もちろん、状況が変化し続ける中で、現時点での情報やデータは限られており、常に更新されている。しかし、解決すべき問題をより広くとらえ、社会のさまざまな利害関係者にとって起こりうる結果を明確に考慮し、重み付けする意思決定プロセスは、個人の健康、幸福、生活に対する不必要なリスクを回避する上で非常に重要だ。

この点で、再帰的な意思決定は、自分の意思決定の意味を詳しく説明したり分析したりすることの失敗を軽減するのに役立つかもしれない(参照:Schippers er al 2014)。再帰的な意思決定プロセスは、データ駆動型の意思決定を促進するという点で役立ち、また、不確認可能な発言(すなわち、反証可能なような言い回し)を作成する必要性を強調することができる。これにより、主張と探求のバランスが取れた議論、入手可能な情報の慎重な重み付け、異なるステークホルダーの視点の考慮など、熟考が促され、グループで現実的な状況を把握することができるようになる(図1参照)。例えば、データに基づいた熟議と意思決定プロセスを促進する方法の一つとして、フレーミング効果を最小限に抑えるための戦略を適用することが考えられる。政策立案者が簡単に適用できるエビデンスに基づく戦略としては、例えば、マルチトラックと呼ばれる複数のフレームを同時に検討する方法(例:人命救助と経済の両立、人命救助と経済の両立)や、フレームを広げる方法(例:人命救助と経済の両立ではなく、社会的な幸福に焦点を当てる)などがある。例えば、複数のフレームを同時に検討すること(例:命を救うことと経済を救うこと、命を救うことと経済を救うこと)フレームを広げること(例:COVID-19に関連する死亡を避けることだけではなく、社会の幸福に焦点を当てること)同時に検討するオプションやソリューションの数を増やすこと、参照点を変えること(例:負の結果を避けることを目的とした予防の焦点から、正の結果に近づけることを目的とした推進の焦点に変えること)特定の意思決定の機会費用を検討することなどが挙げられる(参照:Ariely, 2008; Heath and Heath, 2013)。意思決定プロセスにおいて、熟慮、情報共有、関連情報の重み付けを促進することが示されているもう1つの有用な手法として、ブレインライティングがある(例えば、Paulus and Yang, 2000; Heslin, 2009)。ブレインライティングとは、グループでのブレーンストーミング(意思決定グループでは一般的に行われ、質の低いアイデアにつながることが繰り返し示されている;参照:Paulus and Brown, 2007)とは対照的に、ブレーンライティングでは、グループでの議論を行う前に、グループの異なるメンバーがそれぞれメモを取り、お互いにアイデアを共有することを意味する。このプロセスは、交換されたアイデアに明確な注意を払うことができ、また、グループメンバーが交換されたアイデアを生成した後に振り返る機会を提供することができることから、より質の高いアイデアを生み出すという点で、従来のグループブレインストーミング手法よりも効果的であることが示されている(参照:Paulus and Yang, 2000)。

結論の修正と更新の失敗と、再帰性がどのように役立つか

意思決定グループが利用可能な情報の精緻化と分析に成功したとしても、結論の修正と更新に失敗することで、効果的な情報処理が損なわれる可能性がある。先行研究によると、この問題は、現在のCOVID-19危機のように、リスクが高く、継続的に進化する複雑な状況で意思決定を行うグループにとって、特別な課題であることが示唆されている(Schippers er al)。 結論の修正と更新の失敗は、社会的同調(すなわち、定着したパターンのために当然と思われている結論を更新しないこと;Schippers et al 2014年)コミットメントのエスカレーション(すなわち。新しい行動方針に変更した方が有利であるにもかかわらず、ある行動方針に固執すること; Sleesman et al 2018)確証バイアス(自分の信念や期待を裏付ける証拠を積極的に探し出す一方で、自分の信念を裏付ける可能性のある証拠を無視したり、探し出さなかったりすること; Nickerson, 1998)がある。以下では、COVID-19危機への対応において、コミットメントのエスカレーションと確証バイアスが、結論を修正・更新する際の情報処理の失敗につながる可能性について議論し、再帰性がこれらの失敗を軽減するのに役立つ方法をいくつか提案する。

COVID-19の危機は現在も進行中であるため、意思決定グループが柔軟性を保ち、必要と判断された場合には行動方針を評価・変更できることが重要である(Whitworth, 2020)。実際、先行研究では、効果的に機能するためには、意思決定グループが新しい情報や状況に適応できることが重要であることが示されている(LePine, 2005)。しかし、これは見かけ以上に問題であり、その理由の一つは、目標の難易度が、状況の変化にうまく適応できる可能性と反比例していることが多いからである(LePine, 2005)。柔軟性を阻害する一般的なバイアスは、コミットメントのエスカレーションであり、人々は、それがうまくいっていないことや、より良い選択肢があることを示す明確な証拠に直面しても、設定された行動方針により多くのリソースを投資し続ける(Arkes and Blumer, 1985; Dijkstra and Hong, 2019; レビューについてはSleesman et al 2018を参照)。最近のレビューによると、グループにおけるこの現象の説明は、事前の決定を公的に支持し、正当化する必要性にあり、この傾向は多様なグループで拡大することが指摘されている(Sleesman er al 2018)。例えば、COVID-19の文脈では、感染致死率に関する初期の予測(例えば、Ferguson et al 2020)は、現在でははるかに高すぎることがわかっているが、ほとんどの国では政策の更新にはほとんどつながっていないようだ(ただし、スウェーデンの政策立案者がどのように政策を修正・更新したかについては、Bylund and Packard、2021年を参照)。実際に推定された感染症死亡率は、ロックダウンが軽かったり、なかったりした国でも、初期の推定値よりはるかに低いようである(Ioannidis et al 2020,JeffersonとHeneghan 2020,BylundとPackard、2021)。例えば、カリフォルニア州の初期の予測では、18歳以上の少なくとも120万人が病院のベッドを必要とし、さらに5万床の病院のベッドが必要とされていたが、感染の最盛期には病院のベッドの5%弱がCOVID-19の患者で占められてた(Ioannidis et al 2020)。結局、病院が過剰になったのはごくわずかで、あったとしてもそれは短期間にすぎなかった。さらに、ウイルスの復活(第2波、第3波)についての初期のモデリングも不正確だったようで(Ioannidis et al 2020;ただし批判はAndrew 2020年を参照)繰り返されたロックダウンは遅すぎたり、緩すぎたりして効果を発揮できなかったという議論さえある(Chaudhry et al 2020)。最新の研究では、「入手可能な証拠から 2021年2月までに世界平均で約0.15%のIFRと約15億~20億の感染が示唆され、大陸、国、場所によってIFRと感染の広がりに大きな違いがある」と指摘している(Ioannidis, 2021, p.1, IFR = Infection Fatality Rate)。このように、早期の介入が重要であることなどが示唆されているにもかかわらず(Dergiades et al 2020,Chernozhukov et al 2021年)特定の政策の効果とタイミングを批判的に評価し、それに応じて行動方針を変更した国は少ないようである。

このようにコミットメントがエスカレートする可能性があるのは、危機が「ライブ」で展開され、国民やメディアの膨大なモニタリング下に置かれているからかもしれない。そのため、政策立案者は、危機を有能かつ断固とした態度で処理していると見られることにプレッシャーを感じ、以前の決定に固執して正当化するようになるかもしれない(cf. Sleesman er al)。 例えば、先行研究によると、危機的な状況では、フォロワーはリーダーが方向性を明確にし、物事を実現することを期待している(cf. Sutton, 2009; Boin et al 2013)。COVID-19の危機に関するメディアの報道では、感染率、病床稼働率、致死率の日々の変動に焦点が当てられており、一般市民の間で恐怖と不安が拡大しているため、政策立案者には選択した行動方針を堅持することで方向性を明確にするよう圧力がかかっている。さらに、状況を「目に見えない敵との戦い」とする世間のフレーミング(Wicke and Bolognesi, 2020)や、人々を「愛国者」と「非難すべき人」に分ける高度に道徳化された世間の言説(Caduff, 2020)も、「この敵を倒す」という行動志向や、状況をコントロールできる範囲の過大評価を助長する可能性がある。このように、世間の注目を浴びること、方向性を明確にする必要性を感じること、行動指向が重なると、結論を修正・更新したり、戦略を変更したりする余地がなくなってしまう。

関連して、確証バイアスもまた、COVID-19危機の際に、コミットメントをエスカレートさせたり、情報や結論を更新・修正しなかったりする一因となっている可能性がある。確証のない情報を犠牲にして、自分の最初の考えに沿った情報を重視する傾向は、証拠に基づかない介入に過度に依存したり(cf. Ioannidis, 2020)反対意見を抑圧したり(cf. Abazi, 2020)することにつながる可能性がある。その結果、新しい情報を得たり、結論を更新したりする機会が減ることになる。状況が不確実であることを考えると、ある時点で行われた決定が、状況が変化・進化し続けるにつれて、もはや最良の決定ではなくなることも予想される(Tolcott et al 1989)。例えば、最も一般的に実施されている政策措置は、ウイルスの主な感染経路が大きな飛沫を介しているという最初の仮定に基づいて、社会的距離を置くことを前提としている。しかし、最近では、空気感染(より小さな飛沫を介した感染)がウイルスの拡散に重要な役割を果たしていることが示唆されているようである(Buonanno et al 2020,Bazant and Bush、2021年参照)。これらの新たな知見により、主に社会的距離を置く手段に基づく政策は、ウイルスの拡散を抑制するには不十分であり、政策の見直しが必要になると考えられる。他の研究者は、一般市民によるマスクの使用について、身体的・心理的な副作用の可能性があることを考慮して、より微妙な提言を求めている(メタ分析についてはKisielinski er al)。 さらに別の研究者は、公衆衛生を単純な感染制御よりも広い範囲で概念化する代替アプローチを求めている(Lenzer, 2020)。例えば、ハーバード大学、オックスフォード大学、スタンフォード大学の3人の著名な疫学者と公衆衛生の専門家は、「グレート・バリントン宣言」を発表した。この宣言には、何十万人もの懸念する市民と、何万人もの医療従事者や科学者が署名しており、危機に対処するための重点的な保護アプローチを主張している。この宣言では、リスクの高い人々をCOVID-19から保護する必要性と、長期にわたる隔離によって生じる「付随的な害」や深刻な事態を軽減する必要性のバランスをとることを目指している(Lenzer, 2020)。

新しい証拠や洞察を政策立案者の意思決定プロセスに取り入れることができなければ、公衆衛生上の危機に効果的に対処するという点だけでなく、経済の弱体化、民主主義の低下、さらには武力行使の正当化といった長期的な副作用の可能性という点でも、有害な結果をもたらす可能性がある(Caduff, 2020; Schippers, 2020; Wicke and Bolognesi, 2020; Zetzsche and Consiglio, 2020)。我々は、意思決定プロセスに明確な注意を払うことで、再帰性は結論の修正や更新の失敗を軽減するのに役立つと提案する(図1参照)。また、ウイルスの蔓延、緩和策や治療法の可能性、現行の政策の効果などに関する新たな科学的知見を取り入れた、エビデンスに基づく解決策を推進するためにも重要であると考えている。このように、再帰的な意思決定は継続的なプロセスであり、グループは常に状況を再評価し、新たに発生した証拠を収集して評価し、自分たちが取った行動を振り返る意思と能力を持ち、必要に応じて現在の方向性を変更したり調整したりする準備ができている(Schippers et al 2014参照)。例えば、再帰性を促進し、コミットメントのエスカレーションを回避するのに役立つ効果的な介入として、「立ち止まって考えなさい」という簡単なリマインダーがある(cf. Okhuysen, 2001; Schippers er al)。 このシンプルな指示は、中断の役割を果たし、行動から必要な距離を与えてくれる。さらに、グループに意思決定の結果に対する責任を負わせるのではなく、意思決定のプロセス(すなわち、意思決定に至る方法を説明しなければならない)に対する責任を負わせることで、より慎重な情報処理が促進され(cf. Lerner and Tetlock, 1999)コミットメントがエスカレートする可能性が減り(Schippers et al, 2014)より複雑な意思決定戦略が誘発されることが示されている(Tetlock and Kim, 1987)。COVID-19の危機では、状況が非常に不確実であり、複数の視点から慎重に検討し、潜在的な行動経過を継続的に再評価する必要があることから、結果責任ではなく、プロセス責任に焦点を当てることが特に重要であると考えられる。最後に、確証バイアスの罠に陥らないようにするための効果的な戦略としては、幅広い情報源から情報を収集すること、積極的に不確かな情報を探し出すこと、複数の仮説を同時に立てて検証すること、建設的な意見の相違を引き起こすこと、チームメンバーの一人に悪魔の代弁者の役割を割り当てること、解決策を全面的に展開する前に小規模なパイロットで仮説を検証することなどが挙げられる(例:Ariely, 2008; Bazerman and Moore, 2008; Heath and Heath, 2013)。要するに、新しい情報が入手可能になり、危機の影響が広く知られるようになると、政策立案者は、状況を再評価し、新たに発生した証拠を取り入れ、証拠に基づいて行動方針を変更するという継続的なプロセスに従事することで、情報処理の失敗を回避しようとすることが極めて重要である。

考察

現在、世界を覆っているCOVID-19危機は、多くの予期せぬ困難や問題をもたらしている。政策立案者は、常に進化する不完全な情報に基づいて、時間的制約の中で、大きな不確実性と世論の圧力に直面しながら、どのように対応すべきかというハイステークな意思決定を行っている。このような最適とは言えない状況下では、意思決定プロセスは、情報の処理におけるエラーやバイアスの影響を受けやすくなり、結果的に誤った意思決定プロセスが発生する可能性が高まる。現在の状況では、意思決定におけるエラーやバイアスは、広く社会的な損害をもたらす可能性があり(Caduff, 2020; Schippers, 2020; Joffe, 2021)、政策立案者は、意思決定プロセスの質を最大限に高め(Halpern et al 2020)、危機が進行する中でポジティブな結果が得られる可能性を高めるための措置を講じることが不可欠である。

情報処理の失敗の影響に関する先行研究では,再帰性によってこれらが軽減されることが示唆されているが,再帰性が危機時の意思決定プロセスの最適化にどのように貢献するかについては,まだ検討されなかった。そこで本研究では,Schippers et al 2014)のグループにおける情報処理の失敗に関する理論的枠組みを適用・拡張し,(1)COVID-19危機への対処において意思決定の質を阻害する可能性のあるバイアスやエラーについての理解を深め,(2)再帰性がこれらの潜在的なエラーの緩和にどのように役立つかを概説した。本分析では、潜在的なエラーやバイアスを、3つの情報処理の失敗に分類した。1)関連する情報を探して共有することができない、(2)情報が共有されている場合、情報を詳しく分析することができない、(3)新しい情報に照らし合わせて結論を修正・更新することができない、という3つのカテゴリーの情報処理の失敗に分類した(参照:Schippers et al 2014,2018)。具体的には、COVID-19の危機を処理する際の意思決定プロセスに最大のリスクをもたらすものとして、集団思考、フレーミング効果、コミットメントのエスカレーションを挙げ、これらのバイアスを克服するために使用できる実用的な再帰性ツールを提供した。

政策立案への影響

集団思考、ウイルスを封じ込めるという問題への狭い焦点、コミットメントのエスカレーションは、COVID-19危機に対処するための意思決定プロセスに現実的なリスクをもたらし、今後何十年にもわたって生命と生活に壊滅的な結果をもたらす可能性がある(Caduff, 2020; Schippers, 2020; Joffe, 2021)。危機がすでに本格化している中で、情報処理の失敗がすでに意思決定に影響を与えている可能性がある(Halpern er al)。 したがって、今後の意思決定が健全な意思決定プロセスに基づいて行われることが重要である。この目的のために,我々は,政策立案グループが意思決定プロセスを改善するための鍵を,再帰性が提供するかもしれないことを提案した。再帰的な意思決定プロセスを導入することで、政策立案者は情報処理エラーの発生を最小限に抑え、将来的に良い結果を得る可能性を最大限に高めることができる。我々は、これらの具体的な情報処理エラーに対抗するために、エビデンスに基づいたいくつかの再帰性ツールを推奨した(図1参照)。例えば,グループシンクの症状を評価するためのチェックリストの使用,戦略的反対者の任命,発言するための心理的安全性の創出,専門家への過度の依存の回避(cf. Gino and Staats, 2015; Emmerling and Rooders, 2020)などは,すべてグループシンクの落とし穴を回避するのに役立つ。さらに、我々は、現在の問題をより広い枠組みで捉え、グループがデータに基づいた意思決定を行うのに役立つ再帰性ツールを提案していた。このツールは、情報を慎重に重み付けし、さまざまなステークホルダーのさまざまな領域における潜在的な影響を考慮することに基づいている。例えば、ブレインライティング、マルチトラック、複数のフレームを同時に検討すること、同時に検討するオプションやソリューションの数を増やすこと、特定の意思決定の機会費用を検討することなどは、フレーミング効果を最小化し(参照:Heath and Heath, 2013; Schippers et al, 2014)より包括的な政策アプローチにつながる可能性がある。最後に、我々が提示したシンプルで効果的な再帰性ツールは、「立ち止まって考える」という簡単な注意喚起(cf. Okhuysen, 2001)やプロセスの説明責任など、政策立案者の明確な注意を意思決定プロセスに集中させ、コミットメントのエスカレーションを回避するのに役立つかもしれない。

現在のパンデミックは、確かに前例がなく、あらゆる面で混乱をきたしている。しかし、未来にはさらに多くの予測不可能な、前例のない、非常に破壊的な世界的イベントが待ち受けている可能性があり、それらは健全な意思決定プロセスに基づいた迅速な行動を必要とする。このような将来の危機にうまく対処する可能性を高めるためには、政策立案グループが、将来の健全な意思決定プロセスの基礎を築くことが重要であり、そのためには、状況を感知し、形成し、起こった状況に柔軟に適応するための内部能力を構築することが必要である。言い換えれば、グループ全体の再帰性と再帰的な意思決定能力を構築することが重要である。先行研究では、チーム全体の再帰性を高めるためのツールや介入策がいくつか開発されており、この点でも関連性があるかもしれない(参照:Schippers et al 2007;Otte et al 2017)。例えば、自分や他のグループの失敗を分析する、指導された再帰性プロセス(すなわち、デブリーフィングや事後分析)を制度化することは、グループが意思決定プロセスや成果を改善するのに役立つことが示されている(参照:Ellis et al 2014; Schippers et al 2014)。したがって、政策立案者は、現在の危機に対処する際の自分や仲間の意思決定の結果を批判的に評価し、将来に向けた学習を引き出すことが不可欠である。明らかに、前例のない出来事の場合、過去の成功や失敗を振り返って分析することは不可能であるが、一見ありそうにない将来の出来事であっても、もっともらしいものに備えることは可能である。したがって、不確実性を管理する能力を身につけるためには、「プレモーテム」(将来の仮想的な失敗の原因を特定すること)コンティンジェンシー・プランニング(緊急時のためのプレイブックを作成すること)シナリオ・プランニング(可能な代替未来についてのストーリーを用いて、現在の仮定に挑戦し、再構築すること)などのツールを用いて、先見性を目的とした再帰的なグループプロセスを制度化することも重要である(cf. Scoblic, 2020)。このような備えは、ジョンズ・ホプキンス・センター・フォー・ヘルス・セキュリティが世界経済フォーラムとビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と共同で開催した演習「イベント201」という形で利用できたようであるが。これは、架空のパンデミック「コロナ」をモデルにしたハイレベルなパンデミック演習で、社会的・経済的な影響を最小限に抑えることを目的としていた1。危機が発生したとき、このイベントとその後の危機が不気味なほど似ていたにもかかわらず、これらの目的は達成されなかったようである。このような危機に対処するために科学的なアプローチを用いることで、将来の危機に対処する際の事前の準備が整い、継続的な再帰的意思決定プロセスが促進されることになる。

研究への示唆

今回の分析は、COVID-19の危機における意思決定プロセスを妨げる可能性のあるバイアスやエラーを特定するための重要な出発点となったが、同時に、さらなる調査を必要とするいくつかの重要な限界も抱えている。第一に、状況が現在進行中であることを考慮すると、政策立案者が実施した意思決定プロセスについては、そのプロセスが透明でないことが多いため、利用可能な証拠がほとんどない。そのため、我々は意思決定とその結果に関する限られた公表証拠に依拠した。しかし、その結果に基づいて、どのように意思決定が行われたかを推測することは非常に困難である。したがって、今後の研究では、より多くの情報が得られるようになった時点で、この危機の際にさまざまな政策立案グループがどのような意思決定プロセスを用いたのか、どのプロセスが最良の結果をもたらしたのか、そして、これらのプロセスを今後の危機の意思決定にどのように導入できるのかを検証することが有益であると考えられる。第二に、各国の政策立案者が意思決定プロセスに一般市民をどの程度関与させたかについては、現在のところ明確な理解は得られていない。現在入手可能なデータによると、多くの国では公開討論が敬遠されていたようであるが(参考:Abazi, 2020; Sherman, 2020; Timotijevic, 2020)他の国ではそうではなかった可能性もある。先行研究によると、複雑な政策決定の際には、人々は声を出すことに関心を持つ(つまり、意思決定プロセスに個人的に関与していなくても、意見を表明する機会を持つ)ことが示唆されている。重要なのは、声を出すことで、政府への信頼が高まり、政策が受け入れられることが示されていることである(Terwel er al)。 したがって、COVID1-19をめぐる意思決定プロセスで一般市民がどの程度声を上げたか、そしてそれが政策の受容と遵守にどのような影響を与えたかを調査することは、将来の危機への対処において市民の支持を得るための貴重な洞察を提供することになるであろう。

第三に、危機の影響に関する公表記録が限られていることから、特定の国の政策とその効果に関する情報が過剰に取り上げられ、他の国ではデータが少なすぎる可能性がある。しかし、各国では、実施された措置の種類や組み合わせ、そのタイミング、公的な遵守率などに違いがあった(Bylund and Packard, 2021 参照)。そのため、政策パッケージ内の特定の措置の組み合わせやそのタイミング、政府に対する信頼度の文化的な違いが、国民のコンプライアンスや政策の成果を予測する上で相互に影響し合う可能性がある。したがって、より多くの情報が得られるようになれば、今後の研究では、意思決定プロセスだけでなく、このような相互作用の可能性も考慮に入れた、より詳細な分析を行うことが有益となるであろう。これは、現在の危機から学びを得て、将来の危機に対処するための確かな根拠を提供するために重要だ。最後に、今回のレビューは、COVID-19危機をめぐる意思決定プロセスにおける潜在的なエラーやバイアスを特定するためのフレームワークを提供することを主な目的としているため、網羅的なものではない。より多くの証拠が得られるようになれば、今後の研究では、政策立案者の意思決定プロセスとその結果について体系的なレビューを行うことが有益となるだろう。

結論

今回の危機では、政策立案者の意思決定プロセスに偏りや誤りがあると、社会的な損害が広範囲に及ぶ可能性がある。今回のCOVID-19の危機に対処するための意思決定プロセスには、「集団思考」「ウイルス封じ込め問題への狭義の焦点」「コミットメントのエスカレーション」という現実的なリスクが存在することがわかった。そのため、政策立案者は意思決定プロセスの質を最大限に高め、危機を乗り越える際にポジティブな結果が得られる可能性を高めるための措置を講じることが重要である。再帰的な意思決定プロセスを導入することで、情報処理エラーの発生を最小限に抑え、国民の(精神的)健康、経済、人権など、さまざまな関心事のバランスをとる、より包括的なアプローチの出現を促進することで、今後の政策立案者に役立つと考えられる。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker