PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSパンデミック 総括

オープン・ソサエティ・セッション -ピアーズ・ロビンソン博士
Open Society Sessions: Dr Piers Robinson

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

PANDA

チャンネル登録者数 5070人

ヘマか陰謀か?COVID-19を「構造的深層事象」として理解する

「科学」をめぐる議論が高まるにつれ、人々は、特にグローバルレベルのアクターに関して、パンデミックの根底にある意図がもっとあったのではないか、と疑問を投げかけている。それは無能だったのか、それとも協調的だったのか?

ピアーズ・ロビンソン博士は、プロパガンダ研究機構の共同ディレクターであり 2016年から2019年までシェフィールド大学の政治・社会・政治ジャーナリズムの議長・教授を務めた。プロパガンダ、メディア、国際政治、紛争について研究・執筆している。Routledge Handbook of Media, Conflict and Security (2018)の共同編集者であり、Review of International Studies, Journal of Communication, Critical Sociology, Journal of Peace Research, European Journal of Communication, Political Science Quarterly, International Journal of Contemporary Iraqi Studies, Media, Culture and Society, Political Studies and Media, War and Conflictなどの雑誌で記事を発表している。

お役立ちリンク:https://www.pandata.org/cock-up-or-co…

パンデミックは、それが単なる公衆衛生以上のものであり、対応の政治的、経済的、社会的側面が、ウイルスそのものよりもはるかに大きな意味を持つことを明らかにした。民主主義と既存の生活様式を脅かすような形で、社会の変革に向けた継続的な推進力が残っている。オープン・ソサエティ・セッションは、最近の経験の政治的、社会的、経済的側面を検証し、将来の発展を分析することを目的としている。


Piers Robinson 0:01

これらのデル・スコットの構造的な深い出来事は、ある意味で、この種の操作やDeceptionについて語る立派な学術的方法であるクイズなのです。そして、陰謀論の戯画化から脱却し、小さなグループが大きな陰謀を審議・調整することを強調している点で、有用です。

そして、強大な力を持つ集団のネットワークの重要性を強調しています。プロパガンダや操作はメッセージやコミュニケーションだけでなく、時には扇動し、時には悪化させ、リアルワールドの出来事を利用し、アジェンダを前進させるために利用することの重要性を強調しています。

Domini 1:14

みなさんをPANDAに歓迎したいと思います。最初のオープンソサイエティーの会合です。これは、PANDAの中の新しいイニシアチブの一部です。科学や医学、COVID 19パンデミックに関連する医療問題について議論するオープンサイエンス・ミーティングとは異なり、今回は非科学的、非医学的な問題を取り上げます。

私たちの多くは、このCOVID 19のパンデミックは公衆衛生をはるかに超えるものであるという結論に達していると思います。ですから、政治的、社会的、哲学的、経済的、技術的といった他の側面を分析することが本当に重要なのです。今日はPiers Robinson博士にお話をしていただきます。

彼はこの新しいイニシアチブのリードコーディネーターの一人ですので、このイニシアチブの内容をより詳しく説明するのは彼にお任せすることにします。しかし、オープンサイエンス・ミーティングの最初のプレゼンターとして、彼を紹介したいと思います。

ピアーズ・ロビンソン博士は、政府の理学士号、国際関係の修士号、国際政治とコミュニケーションの博士号を持っています。プロパガンダ研究のための組織の共同ディレクターであり 2016年から2019年まで、シェフィールド大学の政治、社会、政治ジャーナリズムの議長兼教授を務めました。

プロパガンダ、メディア、国際政治、紛争について研究・執筆しています。Routledge Handbook of media conflict and securityのCOエディターであり、多くの雑誌に論文を発表しています。今日は、COVID-19を構造的な深い出来事として理解するために、ヘマか陰謀か、というテーマでお話をしていただきます。どうもありがとうございました。

Piers Robinson 2:51

さて、紹介をありがとうございました。ではSlideShareに切り替えてみます。これでうまくいくかどうか見てみましょう。そのはずです。右に移動します。みんな見えるかな?いいですか?はい、いいえ?よし、いいぞ さて、彼は私に、その背景を少し紹介するようにと言いました。

PANDAがやっている仕事の一部を社会科学の領域に移し、医学やハードサイエンスに関連して行われてきた仕事に、波及させようとしています。オープン・ソサエティの講演は、ネオコンの科学講演の鏡のようなものです。政治学者、社会学者、哲学者などを招き、COVID-19の非科学的側面について話してもらいます。

そして、この構想の一部は、PANDAの中でワーキンググループを立ち上げ、体系的かつ厳密な方法で調査を開始することを目的としています。COVID-19のさまざまな側面をすべて網羅するのです。政治、経済、社会、技術、法律、倫理、これらすべての分野です。

そして、COVID-19は健康問題以上のものであるという認識が、他のどのような人たち、私たちの多くにも広がっていることが、すべてに大きく反映されているのです。そして、COVID-19の根底で何が起こっているのかを理解するために、私たちは真相を突き止める必要があります。

また、今日お話しするように、COVID-19は様々な議題を推進するために宣伝され、利用されています。今日お話しするのは、COVID-19の厳密な科学的分析から脱却することがなぜ重要なのでしょうか、その核心的な理由を明らかにすることだと思います。

この話の最後には、ペストルの問題や、ワーキンググループの設立についても触れる予定です。しかし、今日の話、カカポの陰謀の理解COVID-19は構造的に深い強い出来事です。カカポの陰謀」という言葉は、イギリスのイラク侵攻に関する調査報告書を読んでいるときに、初めて目にした言葉です。

ある質問が誰かに投げかけられたのですが、それが誰だったかははっきり忘れてしまいましたが、それはミ6の誰かでした。そして、その質問は、「ヘマなのか、陰謀なのか」というものでした。

もちろん、この言葉が暗示しているのは、意図的なものであり、間違いではないということです。このようなフレーズ、ヘマ(cockup)という概念、このアイデアを捕らえた陰謀は、私たちの周りの世界を観察しているものなのです。

それは、賭け事や事故、エラーの結果なのでしょうか?それとも、私たちが見ているものの背後にある意図的なものなのでしょうか?コガワの陰謀、この構造的な深い出来事という概念については、プレゼンテーションに入るときに詳しくお話しします。

COVID-19は単に健康危機への対応というだけでなく、経済的、政治的、そして社会学的な側面から、今起こっていることの根底を探る議論を真剣に受け止める必要があるということを示したいと思います。

それを陰謀論的思考と呼ぶのは自由ですが、そのような中傷的な言葉で片付けるべきでないということを主張したいと思います。

Piers Robinson 6:55

最初に言うべきことは、COVID-19やその他の出来事や現象について話し始めると、「これには何か裏があるのではないか?Deceptionの可能性はないのか?Deceptionの可能性はないのか?、何が起きているかを利用する可能性はないのか?」。

そうやって、すぐに陰謀論者の汚名を着せられ、レッテルを貼られます。そして、私たちの愛すべきアレックス・ジョーンズは、名前を失ってしまいましたが、アルミフォイル帽子をかぶったインフォウォーズです。これは狂気か?クレイジー?

私たちはこれらのより深いレベルの質問をし始めても、それは起こるのか?バカげてる?クレイジーか?アルミフォイル帽子の陰謀論が進行しているのでしょうか?

まあ、最初に言っておくと、強力なアクターが戦略や計画を立てるというのは事実です。

そして、COVID-19のような出来事を見ると、起こっていることの政治的、経済的要素、潜在的な搾取、COVID-19のような要素を考えると、 強力なアクターは戦略を立て、計画を立てるものです。

組織的な利害関係者は、自分たちの利益について明確な感覚を持っていることが多く、かなり明確に定義されています。そして、彼らは資源や技術も持っています。

私はそこにプロパガンダと欺く意志を入れました。しかし、とにかく、ここで強調したいのは、この種の質問は、アルミフォイルハットの領域で汚されますが、これらのことはすべて事実であることを知っているので、質問としては完全に合理的であるということです。

なるほど。私はプロパガンダに関連する漠然とした話をするときはいつもこのスライドを貼っています。左上にいない最初の人物は エドワード・バーネイズです。広報の創始者であり 20世紀初頭のプロパガンダ理論家です。実はジークムント・フロイトの甥です。

彼は20世紀初頭の著作で 組織的な習慣や意見を意識的かつ知的に操作することの重要性について述べています。プロパガンダの重要性についてです。そしてこれは真実です。

20世紀の前半、民主主義国家の西洋では、プロパガンダは社会をコントロールするために必要なものだと広く理解されていました。民主主義国家であっても、人々をコントロールするために必要なものでした。人々は、羊飼いのように、群れをなして、製造されることに同意するためにそこにいたのです。そして、民主主義をただ野放しにすればいいという考えは、危険な道と見なされていたのです。ですから、このプロパガンダと、人々を操るためのプロパガンダの使用という考え方は、十分に確立されています。

問題は、「欧米や西欧の民主主義国家では、プロパガンダは民主主義とは関係なく、おそらく戦時中にしか発生しない、あるいは権威主義や全体主義の国家にしか適用できない、」という考え方に陥ってしまっていることです。

しかし、そうではありません。プロパガンダは西側民主主義国家で最も広範囲に展開され、資源が投入されています。私たちの意識から外れてしまった理由の一つは、エドワード・バーネイズの話に戻りますが、プロパガンダという言葉がいかに悪い名前になったか、第一次世界大戦でドイツ軍がいかに使ったかという有名な引用があります。

そして、私たちはパブリック・リレーションズという言葉を考え出し、パブリック・リレーションズ協議会を設立しました。そして、パブリック・リレーションズという概念が生まれました。つまり、PRと言われて思い浮かぶのは、実は効果的なブランド再構築、つまりプロパガンダなのです。

フィル・テイラー教授が説明した婉曲産業で、戦略的コミュニケーション、マーケティング、広告など、歴史的にプロパガンダとされてきた用語が使われており、ラベルを貼り替えて、実際よりも善良で操作性の低いものとして伝わっているのです。で

すから、プロパガンダは、利害関係や意図を持ったエリート集団が、人々を操ろうとするために自由に使える道具なのです。それは、権威主義的な全体主義国家においてと同様に、西洋民主主義国家においての事実でもあるのです。

Piers Robinson 11:56

私がよく指摘するもう一つの問題は、このDeception(欺瞞・策略・ごまかし)という概念です。エリートやエリート集団は喜んでDeceptionを用いるという考えです。これもまた、リベラルな学者や研究者がよく口にすることですが、この問題を脇に追いやるか、無視するのが一番です。

しかし、アーヴィング・クリストルや新保守主義者は、プラトンの高貴な嘘、神話を思い起こさせるような話をしていますね。しかし、子供のための真実、学生のための真実、そして教育を受けた大人のための真実、支配階級のための真実という考え方があり、本質的に、これらはすべて同じものではありません。

そして、クリスタルがここで示唆しているのは、秩序を維持するために社会で神話が作られることの重要性です。神話作りの多くは、人々を管理するために、世界のあり方、何が重要で何が重要でないかについて人々に物語を語り、効果的に欺くことを含んでいるのです。

これは一部のエリート集団の間では、社会、特に民主主義国家において、秩序を維持するため、自分たちの利益を守るために必要なことだと考えられています。つまり、西側民主主義国家にはプロパガンダがあり、Deceptionの必要性に対する信念やコミットメントがあるのです。国際政治や外交の世界ではよく見られることです。しかし、国の内部でも広く行われていることに、クリスタルは同意するのではないでしょうか。

さて、それでは、利害関係を持つ強力なグループや、議題を追求しようとした人々がいて、彼らが自由に使える宣伝ツールやプロパガンダを持っていて、それを達成するためにDeceptionを使うことを認めるとしましょう。

私たちは、それが事実であることを知っています。そして、このような例は、あらゆる問題に目を向けると、たくさんあることも知っています。私の研究は、歴史的に紛争、戦争、プロパガンダに焦点を当てることを意図しています。リベラルな学者の間ではそれほど広くはありませんが、歴史上の他の大きなDeceptionと比べれば、まだそれなりに確立されています。

それはもちろん 2003年のイラク侵攻と、イラクが大量破壊兵器の点で、現在の脅威として信頼できると見せかけるための情報操作のことです。多くのリークや調査、内部告発がありましたが、実際の情報にはまったくそのようなことは書かれていませんでした。

かなり長い期間にわたって情報が公開され、情報では基本的に、制裁が解除された後、何年も何年も大量破壊兵器を保有することはあり得ないとされていたことが確認されました。

しかし、アメリカのイギリスは、サダム・フセインを倒したイラク政府を転覆させたかったので、もちろんそれは誤魔化される必要がありました。イラクが大量破壊兵器の脅威ではないという知的な情報評価を、イギリス政府の悪名高い大量破壊兵器、ダーシャ、ミサイルの主張、命令から45分以内にミサイルを発射できるという暗示に変換したのです。

これは、Deceptionの例として十分に確立されたものです。詳しくは述べませんが、シリア戦争と化学兵器に関するシナリオでも同じことが起こっています。これは私が研究してきたことです。

Piers Robinson 16:14

化学兵器禁止組織と化学兵器攻撃疑惑、そしてデュマとの関連についてです。しかし、地政学的な目標を達成するために、操作とDeceptionが行われているという非常によく似たパターンを持っています。このように、最近の歴史では、Deceptionが行われた明確な事例があります。

もう一度、取り上げる価値があります。この点については、プレゼンテーションの後半で触れることにします。しかし、しばらくの間、イギリスとアメリカの政府はとんでもないミスを犯しました、間違った情報を与えられました、などという議論がなされました。

それは善意の政治家による本物の間違いだったのです。しかし、私たちは今、そうではないことを知っています。情報は戦争に行けと言っていたのではありません。情報機関は、欠陥のある操作された情報に基づいて、イラクを攻撃するように事実上意図され、指示されていたのです。

もっと大きなDeceptionがあります。イラクのDeceptionと、それを取り巻くプロパガンダは、侵略を開始するという決定に特有のものですが、最近の国際政治における操作とDeceptionの、より幅広い例であり、それは911対テロ戦争に関連しています。911に続いてアフガニスタンに侵攻し 2003年にイラクに侵攻したとき。

一般的な理解では、これらはどちらも関連した出来事ですが、いわば世界的なテロとの戦いから切り離されたものでした。アフガニスタンへの侵攻を開始したのは、私たちのような世界の伝説的人物がアフガニスタンにいたためです。

アメリカは、イラクが911に関与しているというDeceptionを作り上げ、国民にそれを宣伝し、戦争を推進しました。しかし、もっと広範囲の政権交代計画があり、それが何年も前から実行されていたことは、理解されていませんでした。その噂が聞こえてきたのは 2006年 2007年になってからです。

左上に写っているのは、元連合国最高司令官ウェスリーです。前連合国最高司令官ウェスリー・クラークが、政権交代戦争計画について暴露しました。911の直後に計画されていました、あるいは議論されていたと彼は言っています。他の政府高官も名乗り出て、911事件以前に計画があったことを明らかにしました。

その計画は、特定の期間にかなりの数の国々を破壊するものでした。ウェスリー・クラークが最初にそう言った時、私は学者の同僚にこの話をしましたが、「ウェスリーの言うことは陰謀論のように聞こえる」と言われ、長い間否定されました。しかし、驚いたことに、イギリスでチルコット調査が行われ、イラク侵攻とそれにおけるイギリスの役割に関する調査が行われました。

その結果、クラークが真実を語っていたことが明らかになり、文書も出てきました。真ん中にあるのは、トニー・ブレアからジョージ・ブッシュへの通信で、明らかにシリアとイランをいつ攻撃するかという文脈で議論されています。トニーは、もしシリアとイランを倒すことが第一の目的なら、3カ国を一度に攻撃するよりも、シリアとイランと~、あるいは黙認した方が簡単かもしれない、と言っています。かなり明確な確認ができました。これは「グローバル・ウォー・オン・テラー」の第1段階と第2段階と呼ばれる文書に書かれているものです。

Piers Robinson 20:10

つまり、これは彼らがやっていたことです。彼らは911直後から政権交代戦争を計画していたのです。他の人々は、911が政権交代戦争を扇動するために利用された出来事となる前に、それが起こっていたと主張したり、証拠を示したりしています。

もちろん、この出来事そのものは、今日、巨大な議論となるものです。しかし、911は、ピーター・デール・スコットの言うところの「構造的に深い出来事」として利用され、一連の大きな紛争の先駆けとなったことは確かです。下の方にあるのは、英国大使館の電報です。

これは、ワシントンの政権交代タカ派が、テロと戦うために結成された連合は、何が起こっているのかを公に示すものだと主張しています、事実上のDeceptionであるという点を強調するためのものです。 政権交代。テロと戦うために結成された連合は、実は国際システムの中で他のことをするために使うことができ、他の問題を片付け、私たちの問題を片付けることが、今日まで続いている政権交代戦争への指標となります、事実上国際システムなのです。

政治指導者の計画や意図に、人々は長い間気づかないままでした。人々が疑い始め、ウェスリー・クラークのように秘密を漏らし始めるまで。トニー・ブレアは、ジョージ・ブッシュと政権交代戦争について話し合っているときに、こんなことを言っていました。

彼はイギリスの国民に、アフガニスタンからルワンダまで、世界を治すと語っていたのです。地球温暖化、コンゴ、飢餓、貧困、無知、無法地帯に住む人々、すべてを解決することができます。トニー・ブレアは、国際システムにおいて一連の大きな戦争が進行しているという点で、舞台裏で実際に起こっていることとのミスマッチを感じさせてくれます。

国際的なシステムにおいて、一連の大規模な戦争が起こっています。そして、国民に対して、ああ、私たちはあなたをテロから守っています、あるいは、世界のあらゆる問題を解決するつもりだと言っていますが、そこにはかなり大きな、Deceptionと神話の構築が行われています。

ですから、「もっと何かあるのではないか」という疑問を持つのは当然です。なぜなら、私たちは、歴史的な例を見ると、全体像が語られていないことを知っているからです。イギリスやアメリカの政府の場合、政治的エリートが共謀していることが分かっています。

彼らは国民を欺き、自分たちのしていることの正当性を必ずしも国民に表明していないことをするために共謀するのです。ピーター・デール、スコット・アンド・コンスタンティン、ピーター・デールスコットの「構造的深層事象」は、ある意味で、この種の操作やDeceptionについて語る立派な学術的方法であるクイズのようなものです。

この本は、陰謀論の戯画化から脱却し、少数の人々が大規模な陰謀を審議・調整することを強調する点で有用です。そして、強大な力を持つ集団のネットワークの重要性を強調しています。

プロパガンダや操作は、メッセージやコミュニケーションだけでなく、時には扇動し、時には悪化させ、現実の出来事を利用し、それを利用して、計画を進めることの重要性を強調しています。トニー・ブレアとジョージ・ブッシュが国際システムの中で政権交代戦争を始めるために911の出来事を利用したのと同じように、合理的に明確に主張することができるのです。

Piers Robinson 24:19

構造的なディープ・ステート、デジタル・ディープ、つまり構造的なディープ・イベントの論文は、政府や組織の公的な要素間のこの種のインターフェイスを強調するものです。そして、その下にある、より秘密主義的なもの、犯罪ネットワークとのつながりです。

これは、ディープ・ステート(深層国家)という考え方をよく表しており、明らかに諜報機関も含まれています。彼の指摘は、多くの政治学者にとっての課題として、公式な公文書を見ることで政治プロセスを説明しようとするだけではダメで、舞台裏でもっと多くのことが起こっています、ということです。

ディープ・ステート(深層国家)、パーマネント・ステート(永続的な国家)などに関する大きな文献がありますね。しかし、何が起こっているのかを理解し、世界で起こっていることを理解するためには、政府が見た目以上に犯罪組織と関わっていることを認識する必要があります。

特に情報機関には、秘密主義的な側面があるのです。構造的という言葉を使ったのは、社会と政治に重大な変化をもたらすような、長期にわたって続くような計画を推進するためです。つまり、大きな出来事を利用して、本質的に大きな変革をもたらしたり、歴史の流れを効果的に決定するために、グループや団体のネットワークの連合体による大きな試みがあるのです。

彼は、JFK暗殺事件について、公式発表と現実の出来事がいかに食い違うかについて話しています。そして、西側諸国における冷戦を推進し、強化するためにJFK暗殺を利用した俳優陣が、911と対テロ世界戦争についても同じ議論を展開しています。

ですから、これらは合理的な問いかけです。そして、これは文献に基づき、立派な、あるいは少なくとも準尊敬すべき学術的分析に基づくものなのでしょうか?なぜCOVID-19について質問するのでしょうか?では、これから実行することの核心に触れましょう。

なぜ今、COVID-19について質問するのでしょうか?

もちろん、この質問を最初からしている人もいます。しかし、私は、なぜ今この質問をしなければならないのでしょうか、その理由を社内で整理してみようと思っています。一方では、この出来事が起こってから2年以上が経ちました。

今日ここにいらっしゃる多くの方はご存知だと思いますが、COVID-19に対する反応、つまりマスク、注射、ロックダウンが、科学的にあまり意味をなさないということが、ますます確認されてきています。

Piers Robinson 27:28

私は科学者ではありませんし、医学者でもありませんから、当然、飛び込んでいって、有効性は集団に比例しないなどと言うつもりはありません。しかし、私が言いたいのは、非常に多くの科学者が、何が起こっているのか、これらの政策を提唱した人々の主張の信憑性や説得力について疑問を呈していることは非常に明白だということです。

素人の私が見ても、冒頭で見たマスクのロックダウンの議論や、注射戦略の議論にはほとんど説得力がありません。ですから、科学的な証拠が増えるにつれて、説得力のない議論が増えているのが現状です。また、この2年間で組織的なプロパガンダが行われ、国民を欺き、強要し、操作しようとする試みがあったという証拠も豊富にあります。

行動科学者が利用され、これは多くの本で確認されていますし、実際に多くの人が、科学者に対する組織的な中傷、検閲、故意の検閲が行われているのを見てきました。COVID-19のような出来事が起きると、社会の中で信じられないような反応が起こり、人々をそれに従わせるために、膨大な量のプロパガンダを行わなければならなくなるのです。

その挙句に、多くの科学者が、注射は安全ではない、大量投与は効果がない、と主張するようになり、多くの問題が発生しました。そうなると「他に何かあるのでは?COVID-19との関連は?」その裏返しとして、もし今2年経っていて、すべてが解決し、元通りになっていたら、こんな質問をすることはないでしょう。

今、私たちが質問しているのは、これらのことが、私も含めて明らかになったからです。しかし、そこからどのような疑問が生まれるのでしょうか。

なぜなら、一方では、これはすべてちんぷんかんぷんで、科学、政策の科学的根拠は従業員であるべきだという立場を受け入れると、もう立ち行かなくなると言えるかもしれないからです。

政策立案者が不合理だったのかもしれません。イデオロギーに振り回されていたのかもしれません。このような問題にどのように対処すべきかについて特定の考えを持っていたにもかかわらず、本質的にそれを間違えてしまったというのは、善意の行動者が間違いを犯したというのが1つの可能性です。

第二の可能性は、私たちが行った行動、私たちが見た行動、これらの明らかな間違いは、実際には狭い範囲での既得権益と腐敗の結果であるということです。

第三の可能性は、有力者がCOVID-19を利用しようとしたということです。ブッシュとブレアが911に関連して行ったように、あるいは米国の一部の人々がジョンFケネディ暗殺に関連して行ったように、政治的、経済的課題を推進するために利用した可能性があります。

その一環として、COVID-19のシナリオを推進し、そのアジェンダを推進する手助けをするために、元々提示されていたように、他のことをしている国民の注意をそらすかもしれません。トニー・ブレアやジョージ・ブッシュが、テロとの戦いや人道的災害から世界を守るという考えで人々の気を引いたように、実際には国際システムで戦争を始めようと計画している一方で、。これが第三の可能性です。

その根拠は何でしょうか。指導者や科学者を「大変な間違いをした、謝罪します」というだけでは済まされない根拠があるのでしょうか?

次に進みましょう。説明の2つ目と3つ目を真剣に検討する強い根拠があります。

ヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、COVID-19に対するワクチンだけの解決策が、米国の有力者によって形成され、推進された方法、明らかに、ファウチとこの本の中で詳細に述べられているように、発生したと思われる規制の虜、それは米国内の疾病管理センターと国立衛生研究所に対する定期的な規制の虜なのです。

Piers Robinson 32:22

世界保健機関にも及んでいます。彼女は本の中で、ファウチの行動や関係者の行動から、規制の掌握はあるが、それは主に大手製薬会社の利益のために働いている、ワクチンだけの解決策への推進は明らかに大手製薬会社の利益であり、それを可能にする関係者の行動である、という考えを示しています。

もちろん、ケネディがファウチやヒルなどを非難しているのは、主に彼ら自身の腐敗や財務上の利益ですが、腐敗が進行しているだけなのでしょうか?

ケネディ夫妻だけが、そのような分析をしているわけではありません。しかし、この本から多くの証拠が出てきて、私たちが見たものは汚職であり、単なるミスでもなく、善意の行動者によるミスでもなく、実際の汚職、純粋で単純な規制による虜、とでも呼べるものが進行しているという仮説を検討する根拠があるのは確かです。

構造的な深層事象で、それを利用する行為者がいるという考え方はどうでしょうか。客観的に何が起こっているのかを考えるために、ある種のフレームに入れなければなりません、最初の大きな証拠となるものは、世界経済フォーラムとグレートリセットでしょうか。

ここでも、クラウス・シュワブ氏は、世界経済フォーラムのグローバルリーダー、ヤンググローバルリーダーズプログラムに参加した指導者の数を自慢しています。これは明らかにリーチがある組織です。

Piers Robinson 35:36

つまり、大きな政治的プロジェクトが進行しているからです。同時に、COVID-19を見るときに念頭に置く必要があるもう一つの重要な要素は、金融危機、中央銀行、中央銀行のデジタル通貨という問題です。2019年の秋、金融市場に危機が訪れ、その対応として、市場を支えるために巨額の資金が創出されたことはよく知られています。

そして、それはCOVID-19まで続きました。一部のアナリストによると、中央銀行、デジタル通貨への新たな推進力と手を取り合って、国際決済銀行のオーガスティン・カーステンス議長がその計画について話しています。繰り返しますが、これは秘密にされていたことではなく、隠されていたわけでもなく、公の場で話されていたことなのです。

しかし、皆さんの多くがご存知のように、これは事実上、通貨制度の重大な再編成を意味します。そして、民主主義への影響については、これから説明します。COVID-19と同時に、大きな力を持つ役者や中央銀行が中央銀行デジタル通貨を推進しているわけです。

「この2つの大きな要素、この2つの大きなプロセスは、これらのアジェンダを推進しようとする団体が、COVID-19を利用している可能性はないのか、」と考える人にとって、警鐘を鳴らすべきものなのです。自分たちのアジェンダを推進するために、COVID-19のプロモーションや代理業務に関与しているのでしょうか?

国際機関、非政府組織、財団、シンクタンク、国家など、非常に強力で、影響力があり、互いに話をし、ネットワークを作っている団体です。WEFの未来像が推進され、中央銀行の計画が推進される一方で、政治的な力が集中し、潜在的に大きな後ろ盾とネットワーク力を持っていることがわかり始めていますね。

この2つの実質的な政治経済現象は、どのように、どのような方法で行われるのでしょうか?COVID-19とどのようにリンクしているのでしょうか?それはどこにあるのでしょうか?民主主義に対する潜在的な脅威はどこにあるのでしょうか?中央銀行のデジタル通貨をめぐる議論と、世界経済フォーラムから発信される議論とは、確かに重なり合う部分があります。

これは、少なくとも現時点では、ある程度手を引いていたものです。しかし、このウイルスに対処する方法として、デジタルIDやワクチン接種の義務付けなどが推進されていたことは確かです。これは明らかに、中央銀行、デジタル通貨、デジタルIDにつながるものです。

そこで、ある方面から聞こえてくる懸念は、このような関係者や関係者が進めている特定の政策が、COVID-19にリンクして、COVID-19に対応する方法を取っているように見えるということです。そして、COVID-19が正当化することによって、これらの政策が押し通されるという、潜在的に彼らが利用している機会がこれなのです。

Piers Robinson 39:47

しかし同時に、社会とお金のデジタル化がもたらす最悪の恐怖は、国民がある意味でCOVID-19に気を取られている間に、中国のいくつかの地方で見られるような、社会的信用システムのようなものにまで発展してしまうことです。

これは具体的で目に見えるものですが、必ずしも明確に定義されているわけではありません。しかし、このプレゼンテーションの最後にあるように、私たちはこのような作業を行う必要があります。しかし、このように重なり合う部分があることは確かです。これが、COVID-19に警鐘を鳴らす理由の一つであることは間違いありません。

特に自由民主主義国家では、私たちの民主主義における市民の自由に対する脅威や挑戦が、人々に課された制限であれ、広範囲に見られる検閲であれ、カナダでトラック運転手が行ったような抗議活動の弾圧であれ、非常に明白です。このように、私たちには実際に具体的な事件に出会っています。

もし人々が、政治的、政治的、経済的に強力なアクターが、権力を一元化し、民主主義にダメージを与えるようなアジェンダを推進することを心配しているならば、それは根拠があります。しかし同時に、これらのことは実際に私たちの目の前で起こっていることであり、私たちがこうして話している間にも起こっています。

これらはすべて、ある種の根拠です。また、前のスライドにあったパワーネットワークが加わったことで、利害関係者やアジェンダ、影響力を持つ多くのアクターが存在することになり、合理的な疑問だけでなく、何が起こっているのかについて構造的に深い出来事や読みがあるかどうかという不必要な疑問も出てきます。

私たちがこれまで話してきた強力なアクターや、COVID-19の利用について、基本的にこれらの考えをまとめた、非常に優れた著作がいくつも出てきています。そして、これらのことが何を意味するのでしょうか、ここで起こっていることの全体像は何なのかを理解しようと努めています。

ヴァン・デル・パイル著『States of Emergency』では、西側、中央銀行、デジタル通貨、COVID-19について、主に階級ブロックの出現と表現していますが、彼はこれをインテリジェンス・メディア複合体と捉えていると思います。

その原動力は、国際システムにおけるその階級集団の人口と安全保障上の利益をコントロールすることです。COVID-19を、デイビスの疑似パンデミックの政治的目的を推進するために利用され、悪用され、さらには扇動された出来事として捉えています。

このグローバルなパブリック・プライベート・パートナーシップ、ステークホルダー資本主義という概念を捉えている点で、非常に優れています。それは事実上民主主義を回避し、民主主義を完全に弱体化させるものです。そして、グローバルなパブリック・プライベート・パートナーシップを構築し、社会の方向性を決定し、資源配分や経済をコントロールするのです。といった具合です。

ケネディの本は、実際のアンソニー・ファウチは、ケネディはこれに本当に説明に焦点を当てるが、それは汚職と汚職の文書でしょうか?

私は本の終わりまでに、それは非常に明確だと思います、ケネディはまた、COVID – 19は、はるかに深いレベルの政治的、経済的な意図のために使用されているイベントであると見ています。それは単なる汚職ではなく、私腹を肥やすためでもありません。

そして、彼の他の講演を聴いてみると アイゼンハワーの造語ですが、アメリカの軍産複合体の動きから、その複合体が新しい世界レベルの組織へと発展し、今ではビッグファーマやその他の企業も含まれるという軌道を、彼は見ているようです。彼はこれを主に全体主義という言葉で捉えています。これは民主主義を消し去り、民主主義を侵食し、事実上全体主義の時代に持っていこうとするものです。

Piers Robinson 44:25

このような大局的な分析が生まれつつあり、このような主張をする人は他にもたくさんいます。私たちの多くはこれらの議論に精通していますが、私たちの仲間以外の人たちは、汚職の分析を乗り越え、より深いレベルの分析を真剣に受け止めることに困難を感じています。

現在、多くの科学者がCOVIDのアジェンダに参加していますが、「COVIDはうまくいったかもしれない、ただ適切に実行しなかっただけだ」といって幕を下ろそうとしています。つまり、これはかなり狭い範囲の人たちだと思います。ある意味では、真剣にこの問題に取り組んでいるのですが。

しかし、それが3冊の大きな本です。それから、Cory Morningstar、Whitney Webb、James Corbett、Paul Schreiber、Patrick woodといった人たちを評価することは重要だと思います。

コーリー、ホイットニー、ジェームス、ポールの4人は、独立した研究者です。しかし、彼らは西洋について、中央銀行、デジタル通貨、テクノクラシーの台頭、そしてそれがもたらす脅威について語る上で、ずっと先を行ってきました。そして、そこを底辺に置いてきました。

もし私たちが何が起こっているかを理解しようとするならば、そして、COVID-19を利用してアジェンダを推進する強力なアクターというアイデアを探求し始めるならば、これは重要な課題なのです。私たちがここで実際に目にしているのは何なのでしょうか。

どのようなレッテルを貼ればいいのでしょうか、これには合意がありませんが、ご覧のように、このような用語が使われています。比較的穏やかなものもありますが、よく見ると、穏やかなものでさえ、恐らくひどく民主的とは思えません。しかし、グローバルな共産主義、ファシズム、全体主義など、さまざまな考え方があります。

私はこのどれにも固執していませんが、もし大きなプロセスが進行しているならば、その大きなプロセスを理解しようとする私たちにとって、何が起こっているのかを正確に把握しようとすることは合理的であるということを示すために、これらのラベルを入れたのだと思います。

これを一種の新興ファシズムと表現する根拠はわかりますし、テリアニズムと呼ぶ根拠もわかります。しかし、これは時間が経てば、何が起こっているのかを正確に表現する方法をより良く理解できるようになるものだと思います。結論として、つまり、私は間違っているのかもしれません。

この講演で述べたように、汚職や政治的経済的優位に基づく議論を真剣に受け止める十分な根拠があるという点では、この出来事を構造的に深い出来事と見なす合理的な根拠があると言えます。しかし、注意深く観察し始めると、すべてがでたらめで、陰謀だったということにならないとも限りません。

何もないんです。しかし、それがでたらめだということもあり得ます。しかし、明らかに、もっと多くのことが起こっていると真剣に受け止める根拠があります。私たちは研究者としてそれを行うべきです。そして、物事を前進させるために、ある意味、アニストンがペストルでやろうとしていることを期待したいと思います。

そして、オープン・ソサエティーとの協議は、パワー・ネットワークの体系的で厳密な分析を促進する手助けをしようとしています。中央銀行、デジタル通貨、デジタルIDなどについても、批判的な分析が必要で、これらが一体何を意図しているのでしょうか、理解しようとします。

民主主義を機能させるための正当な手段という点で、これらは必ずしも完全にカードやテーブルから外されたものなのでしょうか。それとも、民主主義の安全性を確保するために、それらを導入する方法があるのでしょうか?私は、この点については懐疑的です。しかし、これは探求されるべき問題です。そして、もしそうだとしたら、経済的・政治的アジェンダが押し進められるというこの考えもまた、強調する価値があると思います。

Piers Robinson 49:12

もしこのような意図が推し進められるのであれば、私たちは他の代替案についても考え始める必要があります。中央銀行のデジタル通貨に代わるものはあるのでしょうか?債務経済に代わるものはあるのでしょうか?現在ある政治システムに代わるものはあるのでしょうか。

それは、多くの人々を代表するわけでもなく、オープンな対話を通じて目標を実現しようともしません、ただ押し通そうとする特定のアクターたちによって、大きな議題が押し付けられているように見えるのですが、それに代わるものを実際に提供できる方法で理解し人々に提示できるのでしょうか。

このようなことをすべて行うためには、明らかに学際的なアプローチが必要なのです。私は経済学者ではなく、専門家でもないので、中央銀行のデジタル通貨など、意図的に漠然とした話をしましたが、COVID-19に関連して、ある種の広範な、ある種の大局的な問題について話すことは可能です。

また、プロパガンダの側面や、このイベント自体がどのようにプロパガンダされ、利用されてきたかを理解することができます。その点については、自分の知識を生かすことができます。

哲学者が理論家を連れてきて、デジタルIDのようなものが民主主義に及ぼす影響を考え、民主主義にとってどれだけ悪いことなのか?完全にテーブルから取り除くべきなのか?それとも民主主義や自治などを維持する方法でそれを実装する方法があるのか?などといったことです。

これは大規模なプロジェクトで、1つのパネルとして、私たちだけがこれを行うというわけではありません。しかし、現在COVID-19に反発しているすべての人々、すべての組織が、私たちが見ているものに反撃するためには、何が本当に起こっているのかを理解する必要があることは明らかです。

これに反論して、私たちは間違っていたのだと安堵のため息をつき、元の生活に戻るか、私たちが直面していることに挑戦するためのツールと知的基盤を持ち始め、いくつかの代替案を提供し始めるか、そのどちらかにするために、これらの分野を詳細に、具体化し始める必要があるのです。

PANDAのペストル・プロジェクトを通じて、このようなことが可能になればと思います。さて、ここで少し、時間をオーバーしてしまいましたが、この辺でやめときます。そして、スクリーンの共有を解除して、どんな議論でも希望があれば。

Domini

ありがとうございました。そして、もしあなたが画面の共有を解除して、どんな議論も進めましょう。

Piers Robinson 52:05

有益な議論のために後ろに曲げるということがあります。まあ、それはそうなんですが、最初のころはやっておいたほうがいいことです。リサーチクエスチョンを定義し始めたいのであれば、あらかじめ決められた結論にたどり着かないような方法で行いたいものです。つまり、可能性に対してオープンでありたいと思います。ですから、少し背伸びをするのが合理的だと思います。本能的にはその有益性が明確だと思うかもしれません。

Bruce Page 52:34

経験談とても、面白かったです。私もコスト面について少しコメントしますと 2020年に至るまでの社会の発展の仕方が意図しない結果として、悪党がパンデミックを利用しやすくなったことにどれだけの役割を果たしたのだろうかと思います。

この期間の特徴は、世界中の社会がどんどん規制され、多くの場合、クライアントと規制するルールの数のために、かろうじて機能することができる程度にまでなっていることです。COVIDについて当初から私を悩ませていたのは、ドナルド・トランプと、世界保健機関から資金援助を受けた彼の反応を思い出してみてください、そう、当初は、最初の赤旗が上がったと思います。

私にとっては、ドナルド・トランプを黙らせることの容易さ、中国が動き、米国が引き出した資金を単純に取り上げたことが印象的でした。そしてそれは数日のうちに起こり、ドナルド・トランプは多かれ少なかれ、すぐに傍観者となりました。しかし、社会全体としては、このような恐怖の状態に追い込まれる準備がかなり長い間できていたのです。

そして、いくつかの簡単な新しい法律で管理されるようになりました。私たちは、あまりにも多くの規則があり、それをうまく組み立てなかったことによる意図しない結果を検証していない状態に、自分たちを陥れてしまっているのです。そうですね。しかし、今のところ、それについてあなたの考えだけでいいかもしれませんね。

Piers Robinson 55:39

そうですね、意図しない結果という部分についてはよくわかりません。しかし、私はこの考え方は、構造が出現し、固まり、それが私たちが見るものを可能にしたと考えています。ポールは、パンデミックは主にDeceptionそのものであり、長い間、このような枠組みが設置され、パンデミックの物語が作られ、構造が設置されたと主張しています。

911の後、大胆なモニタリングが行われ、政府が継続され、社会の主要な構造が再編成されました。西側諸国が1950年代から現在に至るまで、政府の構造という点で、どのように変化してきたかについて、非常に長い歴史的視野で見ることが必要だと思います。

しかし、支配のメカニズムが強化されているように見えますが、私の読みでは、確かに時間の経過とともに制度が空洞化しているように見えます。これはある意味で、アイゼンハワーが大統領を退任する際に提起した軍産複合体への懸念と同じで、民主主義にとって危険なネットワークが存在し、それが強力でパワフルだということです。

この50年間を見ると、ある意味で、911を契機にその傾向が強まったと言えます。大量モニタリングなどでは、モニタリングされています、あるいはモニタリングされる可能性があると分かれば、ほぼ事実上、民主主義は終焉を迎えると言えるでしょう。

COVID-19の後、この傾向は明らかに強まりました。ケネディが指摘した民主主義の解体というのは、ここから来ているのでしょう。しかし、私は、COVID-19が起こった時点で、私たちが見てきたような反応を可能にするための土台がたくさん築かれ、また、おそらくその時点で、十分に柔順で恐ろしい人々が、それに従うために、つまり、ある種の反応が下されるはずだという考えを持っています。

ある学者と話したのですが、世界保健機関や大手製薬会社がアフリカや発展途上国でどのように活動しているかなど、歴史的に深く理解する必要があるそうです。これらはすべて、私たちが探求し始める必要のある分野です。

Nick Hudson 58:45

スタックのおかげで、あなたの話を聞くのが楽しくなりました。私が最初にあなたの考え方に触れたとき、私は文化的な漂流について考える立場だったと思います。ですから、私はこれらの課題を、すみません、画面を横にしているのですが、あなたの横にある顕在化の顕在化だと考えていました。

ポストモダニズム、安全文化、カンシル文化、これらはどこから来ているのでしょうか。それは、何十年も前からある、軟化と幼児化のようなものからきているのです。ある種の尊さが生まれ、それによって人生や社会に対する非常に浅薄な解釈が維持され、批判的思考が存在しなくなったのです。

私はこれらのことをすべて知っていましたし、そのことにとても敏感で、それについてよく話していました。しかし、あなたの視点は、もっとよく、潜在的にシャチが組織化され、操作されたものであることを示しているように思えました。

ブラック・ライブズ・マターや、完全にバナナのようなトランスジェンダー運動を見ていると、世界の大多数の人々にとっては、何のリアリティもないものです。私は、あなたの考え方に共感しました。

しかし、私がやりたいのは、あなたにちょっとした挑戦をすることです。1分、1分、2分で話しているうちに、あなたは人を盗むことができますか?これは実際には文化にもっと関係があり、世界を操る強力なエリートにはあまり関係がないという視点を?

Piers Robinson 1:01:14

文化的な発展や社会的な発展があり、それが条件や可能性を生み出しています。そして、そのすべてが真実である可能性があります。そして、エリート集団が現れ、そのような条件を利用し、操作するのです。ある意味、説明的な意味で、この2つはどちらも重要だと言えます。

今お話に出た文化的分析は、エリート集団がどのように行動できるかを理解するのに非常に適していると言えるでしょう。エリート集団は、特定のアジェンダを推進し、プロパガンダを駆使しています。ある意味、ケネディがファウチにやっていたようなものと同じです。ですから、これらのことを文化的な説明に還元するのは難しいのです。このようなことをやっているのを見ると、彼らがやっていることがよく分かります。

例えば、ファウチやヒル、グレートバリントン宣言の証拠がなかったら、それは全部、事実と違うということになりますよね。陰謀論でも何でもいいんです。しかし、文書が公開されて、私たちは自分たちの情報を使って、どれだけの偶然の一致があれば、「ここに何か他のことが起こっている」と言えるのか、などを考えることができます。つまり、エリートが意図的に行動しているという経験則があり、それが理にかなっていて、首尾一貫している、ということです。

デジタル通貨、デジタル化された社会、ワクチンの義務化、中央銀行デジタル通貨など、これらのアイデアは、文化から不注意に生まれたものではなく、特定の明確な計画やアイデアであり、密室でグループ間で話し合われ、調整されているのですが、私たちはそれが起こっていることを知っています。

しかし、そのようなことが起こっているのは事実です。というのも、このような文化的背景について話すことはできますが、同時に、エリート集団はこれと相互作用し、ブラックライブスマターであれ、あなたが話しているトランスヒューマニズムであれ、彼らのアジェンダを促進するための方法で利用する可能性があるのです。

Nick Hudson 1:04:23

15分前にこの部屋から出る予定でしたが、引き止めることができませんでした。失礼を承知で、2点目をこっそりとお伝えします。中央銀行のデジタル通貨。そのあたりで、ちょっとした陽動作戦が行われているのではないかと心配になってきました。

そう、デジタルIDとデジタル化全般の両方に、避けられないアリティーがあります。私の意見では、デジタル通貨が悪用されないようにするために必要な法的・憲法的な保護から目を逸らしているような気がします。もしそれが本当なら、この戦術は非常に効果的です。

なぜなら、中央集権的なデジタル通貨の悪用を防ぐために、どのような法律が必要なのでしょうか、誰も議論していないように見えるからです。私が懸念しているのは、このような厄介者を見て、「このようなことが起こらないようにしなければならない」と言うことです。これは罠です。

Piers Robinson 1:05:44

そうですね。今日、Mariamと議論しているようですね。つまり、これらのことを民主的にし、社会にとって良いものにする可能性のあるメカニズムを真剣に検討することが重要です。そしてそれは、私たちが真剣に取り組まなければならないものであるべきです。

私は、「罪をもたらす良い方法ではないのではないですか、民主主義にとってあまりにも危険なことなのではないか」という選択肢をオープンにしておくことが好きです。しかし、この技術が民主主義や自治と両立しうるかどうかを真剣に考えることから目をそらしてはいけません。

Nick Hudson 1:06:31

OK、ありがとうございました。

Leo Biddle 1:06:48

さて、私はただ3つの簡単な見解を持っていました。そして、時間の都合上、それらについての回答は必要ありません。しかし、あなたはヘマと陰謀の間の並置で始まり、私は偶然 対 陰謀の立場を主張するために、もう少し説得力があると感じています。

しかし、例えば高度なプロパガンダを意図的に騙そうとしたり、ヘマを隠蔽しようとした場合、それは直ちに陰謀となり、それが事前の陰謀であろうと、自分がやっていることを隠すための陰謀であろうと、私は陰謀に対して偶然を優先します。

第二に、ビナイ氏のことですが、多くの人が話していることですが、彼の直系の子孫の一人が、ネットフリックス・マーカーのCEOで創業者のベネット・ランドルフ(確か彼の名前)であるという事実は、どんな現実的な、本の信念を超えた偶然を引き延ばしていますね。

そしてもちろん、Netflixは世界的な、おそらく世界最大の文化的影響力を持っています。最後に、私が懸念しているのは、素晴らしいプレゼンテーションでしたが、当然ながら、時間の許す限り、もっともっと深く掘り下げることができると思います。

しかし、もし私たちがこのような質問をするようになるまでに2年かかったとしたら 2020年の初めや 2020年の半ばには、あなたが今言っているようなことを、多くの人が言っていたことをどう説明すればいいのでしょう。そして、講演をありがとうございました。

Piers Robinson 1:08:15

ええ、ですから私はあなたの最後のポイントに従ったのだと思います。

Leo Biddle 1:08:18

つまり、これらの問題は最初からあったということですか?まあ、少なくとも当初からということですが、4月と5月に私が話した人々の何人かは、この混乱を調査してから読んだ本や文献のいくつかを読んで、人々が何十年も前にこのことについて警告していたように見えると思います。

Piers Robinson 1:08:43

私は、3月20日の非常に早い時期に呼びかけた人の一人で、このことについて何か書いたと思います。私は、世の中にはたくさんの知識と理解があると思います。もちろん、このプレゼンテーションで何か新しいことを言おうとしているわけではなく、私たちがやろうとしているのは、「これは妥当な質問だ」と思ってもらい、まだ質問をしていない人たちに対して、それをパッケージングすることです。

しかし、私は、最初から正しい判断をしていた人たちが大勢いることを強く意識しています。しかし、それ以前に、このような事態が起こることを警告していた人たちもいたのです。

しかし、私たちがやりたいことは、そうした知識をすべて集約して正式なアカデミーにもっと真剣に見てもらうための方法として利用することです。そのことに反対しているわけではありません。このような考え方は、以前からありました。私は当初から心配していました。当初から連呼していた人もいました。しかし、1年経って、このままではいけないと思い、この質問をしました。そして今、私がより整理されてきた理由のひとつは、それを見ることに関連しています。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました