オミクロン: 津波の前の静けさ?

バンデン・ボッシュ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Omicron: The calm before the tsunami?

www.voiceforscienceandsolidarity.org/scientific-blog/omicron-the-calm-before-the-tsunami

Geert Vanden Bossche

英国保健安全局(旧イングランド公衆衛生サービス)が発表した罹患率は、生得的な抗体(抗体)が鍛えられれば鍛えられるほど、無症候性/軽度の感染(ワクチン未接種者)から生じる機能の劣る抗S(pike)抗体や、ワクチン接種者のワクチン由来の抗体との競争に対抗できることを強く示唆している。

このことは、免疫抑制的で機能的でない抗S抗体が、ワクチン未接種者の発病を促進する効果(すなわち、自然免疫を突破する効果)と、ワクチン接種者の発病を予防する機能的な抗S抗体の効果が、若年層、特に小児において最も顕著であることを説明している(下記添付のヒストグラム参照)。そのため、C-19ワクチンは小児に対して明確な効果を発揮すると考えられる。しかし、以下のような理由から、ワクチンの有効性(ワクチン効果)は大幅に過大評価されている。

  1. 感染力の高い変異株が大パンデミックした場合(大量にワクチンを接種した場合)人口の比較的大きな部分が、機能の低い抗S抗体による生得的な抗体抑制に苦しむことになる。
  2. 軽度または中等度の疾患から保護されている人は分析に含まれていない。
  3. SARS-CoV-2に対して低い親和性しか持たないナイーブな(抗原未経験の)抗体を持つ子供たち(1)。より具体的には、「見かけの」ワクチン効果(ワクチン効果)は、小児で最も高く、年齢とともに低下する。

ワクチンを受けていない人の発病を促進する機能の低い抗S抗体の効果(すなわち、関連する自然免疫系抗体を抑制することによる効果)が、ワクチンを受けた人の発病を予防する自然免疫系抗体の抵抗力(すなわち、ワクチンによって誘発された機能的な抗S抗体の中和能力に対抗することによる効果)を上回る限り、ワクチン効果はプラスのままである。しかし、下記の棒グラフから理解できるように、30-39歳以上のグループでは、ワクチン接種者の症例率のさらなる低下を伴うにもかかわらず、ワクチン効果は負になる(40-49歳のグループの場合)。

ワクチン接種者の年齢に関連した症例率のベル型分布は、高年齢層の「訓練された」自然免疫 抗体 の高い親和性によるものであることは疑いの余地がないが、高年齢層は通常、ナイーブな自然免疫 抗体 を訓練された自然免疫 抗体 にほぼ交換している。しかし、高齢者の訓練された自然免疫 抗体 の親和性が高いことが、ワクチンを接種していない人の軽度から中等度の疾患予防の発生率が高い理由であると考えられるが、ワクチン接種者が同じレベルの自然免疫の訓練を受けても、発症率を同様に低下させるには十分ではないようである(40-49歳以上のグループにおけるワクチン接種者と非接種者の発症率の比較を以下の図で見てほしい)。

より高い親和性を持つ生来の抗体の有益な効果は、これらの生来の抗体が(ワクチン抗体によって)ある程度抑制されるため、ワクチン接種を受けた集団の同程度の部分における軽度または中等度の疾患を予防するには十分ではないと考えるのが妥当である。さらに、中和する抗体から逃れる能力を持つ変異株が増加しているため、ワクチン効果はさらに低下する。

したがって、SARS-CoV-2がワクチンの中和抗体から逃れれば逃れるほど、また、国民の自然免疫トレーニングのレベルが高ければ高いほど(その中でも、高齢者層や大規模なワクチン接種プログラムをあまり受けていない人々の間では高いレベル)SARS-CoV-2ウイルスに結合する自然免疫の抗体がワクチンの抗体を凌駕する可能性が高くなる。

このことは、例えばオミクロンのようなワクチン抵抗性の変異株が、ワクチン接種前に自然免疫を鍛える機会が十分にあった被接種者では、病気の経過が穏やかになることを示唆している。しかし、パンデミックの初期に実施された積極的な集団予防接種キャンペーンに参加した人(例:イスラエル、英国、米国)や、より高い親和性を得るために生来の抗体をより訓練する必要がある年齢層(例:子供)では、オミクロンがより深刻な疾患を引き起こす可能性は否定できないであろう。

いずれにしても、ワクチン接種者は未接種者よりも影響を受けることになる。なぜなら、後者とは対照的に、感染力の高い変異株のパンデミックの中でワクチンを接種すると、ワクチン接種者は生来の免疫システムをさらに訓練することができなくなるからである(1)。これは、循環するウイルスによる自然なブースターが、ワクチン接種者の自然免疫系に対するS特異的抗体の免疫抑制効果を持続させるためである。

一方、ワクチン接種者に軽度の症状を伴う感染が増えると、最終的には感染後にオミクロンスパイクタンパク質に対する未熟な抗体の力価を持つワクチン接種者の比率が高くなる。そうなると、ワクチン接種を受けた人の中にも重症化する人が出てくる可能性があり、悲しいことに、オミクロンのSタンパク質の抗原構造に合わせた最新のワクチンを大量に接種することになるであろう。

私はすでに、このような不幸な決定が、主にワクチン接種を受けた子供たちや、生来のAb分泌B細胞が十分なCoV経験を得る前にワクチン接種を受けた人たちに、重篤な病気と死の津波を引き起こす危険性があると警告している(2)。

参考文献

  1. www.anhinternational.org/news/feature-the-scientific-case-for-an-immediate-halt-to- covid-vaccination-of-children/
  2. trialsitenews.com/continued-mass-vaccination-will-only-push-the-evolutionary-capacity- of-sars-cov-2-spike-protein-beyond-the-omicron-ワクチン効果rsion/

 

 

我々の活動を支援する

寄付をする

著者

Geert Vanden Bosscheは、ベルギーのゲント大学でDVMを、ドイツのホーエンハイム大学でウイルス学の博士号を取得した。

彼は、ベルギーとドイツの大学で非常勤講師を務めた。その後、いくつかのワクチン企業(GSK Biologicals社、Novartis Vaccines社、Solvay Biologicals社)に入社し、ワクチンの研究開発や後期のワクチン開発においてさまざまな役割を果たした。

その後、シアトル(米国)にあるビル&メリンダ・ゲイツ財団のグローバル・ヘルス・ディスカバリー・チームにシニア・プログラム・オフィサーとして参加し、ジュネーブにあるワクチンと予防接種のためのグローバル・アライアンス(GAVI)にシニア・エボラプログラム・マネージャーとして参加した。GAVIでは、エボラワクチンの開発に向けた取り組みを追跡した。また、GAVIを代表して、WHOを含む他のパートナーとのフォーラムに参加し、エボラ出血熱対策の進捗状況を確認するとともに、世界的なパンデミックへの備えの計画を策定した。

2015,ゲルトはWHOがギニアで実施した輪番制の予防接種試験で使用されたエボラワクチンの安全性を精査し、疑問を投げかけた。

2015年にWHOが『Lancet』誌に掲載したデータに対する彼の批判的な科学的分析と報告書は、エボラワクチン接種プログラムに関わるすべての国際保健機関と規制当局に送られた。GAVIに勤務した後、ゲルトはケルンのドイツ感染症研究センターにワクチン開発室の室長として入社した。

現在は、主にバイオテクノロジー/ワクチンのコンサルタントとして活躍する一方、ナチュラルキラー細胞ベースのワクチンに関する独自の研究も行っている。

電子メール: info@voiceforscienceandsolidarity.org

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました