7. 危機(経済・環境・国際)ロバート・マローン子どものワクチン気候変動・エネルギー

ニュース・ラウンドアップ | Robert Malone
メインストリームメディアは、これらの記事を見逃したようだ...なぜだろう?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/news-round-up

ロバート・W・マローン医学博士、MS

なぜ幼児用ワクチンのラッシュなのか?

コビッドは2020年、明らかに大人の健康上の緊急事態だった。それに対して、今の緊急性は政治的なものを感じる

WSJは、幼児のワクチンについての社説を掲載した。上のタイトルだが、WSJがどんな強い主張を打ち出してきたのか、あまり伝わってこない。これは重要なことだ。WSJを購読していない方は、記事の結論は以下の通りである(購読のみ)。著者はWSJの編集委員であることに注意してほしい。

さらに問題なのは、ファイザーの試験でワクチンを接種した幼児は、プラセボを投与された幼児よりもコビッドで重症化する可能性が高かったことだ。ファイザーは、ほとんどの重症例は「臨床的に重要」ではないと主張したが、それが何を意味するのかは別として、これはFDAがワクチンを認可する前に、より長いフォローアップを要求すべきだったことの、より多くの理由であった。

また、心配なこともある。試験中に複数の感染症を発症した子供のほとんどがワクチンを接種していたのである。他の病気に対する実験的なワクチンは、時に感染症に対する感受性を高めることがあるからだ。

また、3回ワクチンを接種した成人のうち、以前武漢原種に感染した人は、オミクロンに対する免疫反応が弱く、再感染しやすいことが分かってきた。この現象は「免疫学的刷り込み」と呼ばれ、ファイザー社の予防接種を3回受けた子供たちが再感染しやすい理由を説明することができる。

FDA は、もはや循環変種に対する乳児の接種がオミクロンとその分派に彼らの免疫応答を鈍らせる可能性があるリスクを脇にブラシする。ワクチンの臨床試験が通常10年かかるのには理由がある。いくつかのステップは早めることができるが、潜在的な副作用を見落とさないためには、しばしば長期間のフォローアップが必要だ。

FDAは、健康な人、特に子供に対するワクチンの承認基準を、病気の人を治療する薬よりも高くしているはずである。しかし、FDAは幼児用のコビッドワクチンを承認するために、その基準を著しく引き下げた。なぜか?おそらく、ホワイトハウスや不安な親たちからのプレッシャーを感じたのだろう。ホワイトハウスのCovid対応コーディネーターのAshish ジャーは、幼児用ワクチンは6月には承認され入手可能になると期待していると繰り返し親たちに話した。バイデン氏が、ドナルド・トランプ氏が2020年11月の選挙前に利用できるように示唆し、FDAに圧力をかけてCovidワクチンの承認を急がせたと非難したことを思い出してほしい。

バイデン氏の偽善には我慢がならない。FDAは、その功績により、Covid治療とワクチンが切実に必要とされているときに加速した。しかし、FDAがもっと時間をかけて、ワクチンが本当に安全で効果的であることを確認していれば、たとえアメリカが一番になれないとしても、子どもたちはもっと幸せになれたことだろう。

フィンリー氏は、Journalの編集委員である

www.wsj.com/articles/why-the-rush-for-toddler-vaccines-covid-pandemic-children-fda-pfizer-moderna-medicine-evidence-11656951993?mod=opinion_lead_pos5


バイデンと民主党が石油・ガスの生産を困難にした100の方法

American Energy Allianceは、国内石油生産を阻止するための政権の行動を追跡する歴史的な文書を発表した。

中でも重要なのは 2021年10月30日、The Department of Laborが、退職年金向けファンドを評価する際に、気候変動の経済効果やその他のいわゆる環境・社会・ガバナンス(ESG)要因を考慮するよう受託者に義務付けるESG規則の最終版を発表したことだ。このルールは、受託者が国内の石油や天然ガスなどのエネルギー開発から自然エネルギーに資本を引き抜くことを強く促すものである。

国内の石油産業(探鉱)には莫大な資本が必要である。ESGスコアが低いため、文字通り資本が枯渇している。先月、Sovereign Manのカンファレンスに参加した際、これに関する素晴らしい講演があった。国内の石油産業がバイデン政権によって壊滅的な打撃を受けたことは、衝撃的だった。グローバリストが特定の産業にESGスコアを付けることによって、衰退させた。これはアメリカにとって良いことではない。

ジョー・バイデン氏と民主党の指導部は、アメリカのエネルギーについて、生産を難しくし、購入価格を高くする、という計画を立てている。バイデン氏が大統領に就任して以来、彼の政権と議会民主党は、ここアメリカでエネルギーを生産することを難しくするために、意図的に100以上の行動をとってきた。

これらの反エネルギー宣言のうち32は、バイデンがガス価格上昇の口実として定期的に宣伝しているロシアのウクライナ侵攻の後に制定されたものである。

これはまさにグリーン・ニューディール政策のことで、国内の家庭が毎日必要とするエネルギー源を、高すぎて買えなくしているのだ。

ガソリン価格を下げるための民主党の計画は単純で、他の人のせいにし、電気自動車を買い、貧乏にならないようにすることだ。バイデン政権は、ポンプの価格を下げることよりも、急進的な環境ロビーの支持を重視していることを明らかにした。

以下は、昨年1月にバイデン氏が就任して以来、同政権がとった100の明白な反エネルギー行動のリストである。全リストのPDFは、こちらからダウンロードできる。

注:リストまたは記事全文にアクセスしてほしい。読んで泣こう。


「左翼と右翼の分断はもうたくさんだ。これからは人間対致命的なロボット企業国家だ」。

「フード・ノット・ボムズ」の創設者、キース・マクヘンリーが、このゼロサム記事でポール・クデネックにインタビューされている。このインタビューは、最後の3分の1まで時事問題には触れなかったが、その後、爆発的に盛り上がった。この記事は隠れた名文句が満載なので、ぜひ全文を読むことをお勧めする。もちろん、ここにも長年リベラル派であり続けた人がいて、彼が信じてきたことすべてに疑問を投げかけている。これは良いことで、現在進行中の政界再編を理解するために読む価値がある。

KM:私はこの狂気の時代に、アナーキストや左派の友人たちからよくTrumperや右翼と呼ばれてきた。今はもうそんなに大胆な人はいないが、最初の2年間は、私が反戦左翼として知られていたので、極右の共和党のトランプ信奉者になったことにショックを受けたと言われた。

国が家なき子に対してほとんど何の支援もしない中で、私が900日近くも路上に出て食料を分け合っていたことで、現地の人たちが私にこの意見を率直に言うことが難しくなったのだと思う。

また、ソーシャルメディア上でも、こうした直接的な攻撃を目にすることは少なくなった。反グローバリズムや平和運動の仲間たちが、イラク戦争前の大量破壊兵器の嘘、遺伝子組み換え作物、女性の中絶選択権、大手製薬会社に対する抗議行動との関連性を見出さないのに、今は強制接種、検閲、ウクライナでの戦争を支持すると公言しているのは興味深いことだ。

KM:40年にわたる国家や企業の情報機関の混乱から生き延びてきた経験から、私は経験則に基づいた推測をしていると思う。トランプや南部連合旗、AR-15を振り回す秘密裏にコントロールされた極右グループと、COVID政策への反対を結びつける効果的な戦略があったように見えた。

私は、最初の数カ月間、この政策を非難する他の左翼アナーキストを目撃しなかったので、私と同じような視点を持つ他の多くの人々と同様に、私は自分だけだと思っていた。ほとんどの企業メディアのヘッドラインは、「コロナウイルス、ミシガン州に武装した抗議する人々が侵入」というような記事を報じていた。

メディアは州庁舎の外で「我々を入れろ!」「我々を働かせろ!」「ここは人民の家だ、我々を締め出すことはできない」と唱える抗議に参加した人々の映像を流し、「武装した抗議する人々がミシガン州庁舎に侵入した」というような記事を掲載したのである。

COVID以前なら、非武装の左翼がこうしたスローガンを唱えていたはずだが、トランプ支持で銃を持った反ロックダウンの抗議する人々の映像が、シナリオを形成するのに役立ったのである。

危機の初期には、ロサンゼルス・タイムズが、鉤十字のタトゥーを入れたプラウドボーイ・ナチがロックダウン・デモの最中に歩行者を刺したという記事を掲載した。

* *

しかし、これは心理作戦が有効であった多くの側面のうちの一つに過ぎない。メディアを利用して、隔離、マスク着用、社会的距離の取り方、銃声はすべてコミュニティを守るためであり、すべての人のためであると繰り返し主張したことは、左翼の中核的信念のいくつかに食い込んだのである。自尊心のある左翼は、利己的であると非難されることを望んでいない。

* *

左翼はまた、反科学であることを望まず、代替案はすべて検閲されるか、ブリキ帽のカノン・トランパーに起因するため、無知なヒルビリーデポラブルを気取ったように嘲笑することが名誉の象徴となったのである。

* *

また、権力者たちは巧妙で、民主党がバイデンを政権のリーダーに選んだとき、彼らの財団は急いで忠実な反対派に資金を供給し始めたと思う。左派の人気番組「デモクラシー・ナウ!」の最初の報告の一つは、エコヘルス同盟のピーター・ダスザック氏が、武漢の湿地市場にいるコウモリのウイルスがパンデミックの原因である可能性が高いと主張するものであった。

私の友人で調査報道記者のサム・フセイニは 2020年4月に、アメリカ資金による生物兵器研究所での機能獲得型放出の歴史に関するいくつかの記事を発表していたにもかかわらず、ダスザックの主張に反論するよう求められることはなかった。この劇的なテーマは、危機が起こる前にエイミー・グッドマンが関心を持ったであろう。

司会のエイミー・グッドマンは、ニューヨークの病院の外に置かれた冷蔵庫のトラックについて息せき切って報告した。彼女はCOVIDの公式シナリオに全面的に参加し、それがアメリカの左派に大きな影響を与えた。

「非営利産業複合体への資金提供は、 米国における異論を統制する手段であることが多い」

財団はできるだけ多くの左翼団体を取り込む手助けをしてきた。同盟国のほとんどは彼らの支援を受け入れ、ゲイツやソロスなどの慈善家の曲に合わせて踊る地域団体で左派を囲い込んだ。

非営利産業複合体の資金は、しばしば米国で反対意見を統制する手段となっている。メッセージは統一された完全なものだった。威圧的だった。全体主義的なプログラムに従うようソーシャルメディアに要求されたことに対する皮肉で、「私はいつも秘密の軍事プログラムとビッグ・ファーマを支持している」という私の初期の投稿は、嘲笑されるか、混乱したコメントとなった。

世界経済フォーラムや世界貿易機関のようなグローバリスト協会のプログラムに対して、世界貿易機関やワクチンパスポートのデジタル奴隷の推進者と直結する私たちの闘いを活動家に思い出させることは、COVIDの恐怖と群衆に従わないことで馬鹿にされる可能性で蒸発したようだ。


私は8月にジョン・バーチ協会で基調講演をすることになっている(フロレンス、ケンタッキー州)。私はコビッド専制マシンを暴露し、それに抵抗して他の人々を目覚めさせる方法を共有するために話す予定だ。もし参加されるなら、自己紹介してほしい

 

タイトルとURLをコピーしました