抵抗戦略

新リバタリアン宣言 サミュエル・エドワード・コンキン3世著
New Libertarian Manifesto by Samuel Edward Konkin III

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

web.archive.org/web/20170216095115/http://agorism.info/docs/NewLibertarianManifesto.pdf

新リバタリアン宣言サミュエル・エドワード・コンキン三世著

コーマン出版、1983年

クリス・R・テイムに捧ぐ。彼は私に、「Don’t get it right,get it written!」と言った。とりわけ、以下の方々に感謝する。

  • ルードウィッグ・フォン・ミーゼス
  • マーレイ・N・ロスバード
  • ロバート・ルフェーヴル
  • そしてその情報源に感謝する。

1.1980年10月、アナコサミスダット出版社より刊行。

2. nd印刷:光万出版株式会社-1983年2月印刷:モーニングライズ印刷株式会社

目次

序文
I. 国家主義 私たちの条件

リバタリアニズム対強制。国家の本質リバタリアニズムの構成要素と運動の多様性国家の逆襲:反原則。自由への道とそうでない道。裏切りと対応、すべてを超えた行動。

II. Agorism 私たちの目標

目的、手段、目的と手段の一貫性。アゴリスト社会の描写。復元論:復元、時間的損失、理解コスト、固有の利点。Agorismの定義。反対意見への反論。

III. カウンターエコノミクス 私たちの手段

ミクロの活動とマクロの結果アゴリスト:リバタリアン意識を持つカウンターエコノミスト。「エスタブリッシュメント」経済学の目的 アゴリスムから国家主義への一歩一歩の後退(理論的な目的のために)。ブラックマーケットとグレーマーケット:無意識のアゴラ。「第三」「第二」「第一」世界のカウンターエコノミクスの現状と最も重大な例。

北米でもあらゆる分野の商業でカウンターエコノミクスが行われており、一部は排他的にカウンターエコノミクスが行われている。カウンターエコノミクスの普遍性とその理由。カウンターエコノミクスの限界とその理由。インテリゲンチャとエスタブリッシュメント・メディアの役割反文化の失敗と成功への鍵。国家主義から農業主義への歩みと市場保護の危険性カウンターエコノミクスの基本原理アゴリストのカウンターエコノミー的な亜社会が必然的に成長する理由。

IV. 革命 私たちの戦略

自覚的なカウンターエコノミクスは十分だが、もっとやりたいことがある-戦うか、闘争を支援するか。戦略なくして戦闘性は不十分である。agoristの成長の段階は適切な戦略を決定する。常に適切である戦術自由を起業するための団体としての新しいリバタリアン同盟。リバタリアンの信条は、ニューリバタリアンの戦術の制約である。第0段階:ゼロ密度のアゴリスト社会。意識を高める。第1段階:低密度Agorist社会。

急進的なコーカスおよびリバタリアン左翼。反原理と闘う。国家主義の危機を予見する。第2段階:中密度・小縮小 Agorist Society。国家は反撃に出るが、アゴリストの汚染によって抑制される。その糧が届くとNLAが出現。革命的状況の加速。第3段階:高密度・大凝縮アゴリスト社会。

国家主義の恒常的な危機。能力の低下とともにカウンターエコノミー潰しの必要性が高まる。反原理が最大の脅威。国家の最終攻撃。革命。戦略には、遅延戦術と防諜が含まれる。暴力的な)革命の正しい定義。第4段階:国家主義的不純物を含んだアゴリスト社会。国家の崩壊とNLAの同時解散。ホーム!

V. 行動私たちの戦術

いくつかの戦術を列挙する。戦術は文脈の中で発見され、適用されなければならない。活動家=起業家。私たちがいない場所(当時)。国家主義的な左派の崩壊からの機会。早すぎる党の売り渡しからの機会。結論となる課題新しいリバタリアンの誓いと盛り上がる仕上げ。アゴラ、アナーキー、アクション!

『新リバタリアン宣言』への賛辞

コンキンの著作は歓迎されるべきものである。なぜなら、私たちは運動にもっと多くの多中心主義を必要としているからである。なぜなら彼は、無思慮な自己満足に陥りがちな党派の人々を揺り動かすからである。そして特に、彼は自由について深く考え、読み書きができるという、リバタリアン運動では廃れつつあるような資質を備えているからだ

マレー・N・ロスバード、Ph.D.

私はコンキン宣言を見たことを嬉しく思い、一貫性、客観性、方法を尊重するその姿勢に全般的に拍手を送りたい」私は、それが「古い」左派のメンバーに説得力のある影響を与えるであろうし、また与えるに値すると信じている。

ロバート・ルフェーヴル

初版への序文新リバタリアニズムの基本的な形態は、1973年のリバタリアン党結成時の私の闘争の中で生まれ、1974年2月にロサンゼルスのフリー・エンタープライズ・フォーラムで初めて一般向けに発表されたのが、このカウンターエコノミクスである。新リバタリアニズムは、それ以来、リバタリアン運動とその機関誌、とりわけ『新リバタリアン』誌の内外に伝播してきた。

より重要なのは、ここに規定された活動(特にカウンターエコノミクス)が、1975年以来、著者とその親しい仲間たちによって実践されてきたことである。ニューリバタリアンの「アナーコビレッジ」はいくつも形成され、改革されてきた。

一度でいいから、説かれる前に実践されたマニフェストを読んでみたくはないか?私はそうしたかった。

そして、実行した。

サミュエル・エドワード・コンキン三世 1980年10月

第2版への序文

アゴリストの出版物は、自由な市場で最も厳しく判断されるべきものである。案の定、『新リバタリアン宣言』の初版は完売し、そのイデオロギーで利益を得ようとする新鮮な企業家によって取り上げられた第二版が、読者であるあなたの手元にある。市場の判断は、嬉しいことに、NLMが私の数ある出版物の中で最も成功しているということだ。

思想の領域では、2年というのはかなり短い時間である。それにもかかわらず、左中間のリバタリアン系の出版物でNLMに対する攻撃が始まり、そのような学生ネットワークのニュースレターは、先月、「あの変人のコンキン」に忠誠を誓った誤った支部を非難した。カウンターエコノミクスとアゴリズムに関するエッセイや記事は、ますます多くの非左翼(あるいは非アゴリスト-まだ)リバタリアン出版物に掲載されるようになってきている。

本当に心強い兆候は、南カリフォルニア地域(そして北米やヨーロッパにもいくつか点在している)に、NLMを受け入れて配布している多くのカウンターエコノミクス起業家が出現していることだ。この2つの版の間のオレンジ郡には、アゴリストの「工業団地」が静かに凝縮している。

この継続的な喜びは、決して無為無策ではない。NLMに基づく理論誌を2号発行し、『カウンターエコノミクス』を執筆し(脚注3、第3章参照)、『共産党宣言』に対する『ダスキャピタル』のように、『アゴリズム』と題する理論大作を企画する気になった。

私が説いたことを実践し続け、その実践を拡大することについては、「はじめに」の末尾に付け加えるかもしれない。..。

そして、私はまだそれを続けている。

サミュエル・エドワード・コンキン三世1983年2月

国家主義

私たちの条件私たちは、仲間によって強制されている。彼らはそうしないことを選択する能力を持っているので、私たちの状態はこうである必要はない。強制は不道徳であり、非効率的であり、人間の生活と充足にとって不必要である。隣人が自分を食い物にするのを黙って見ていたい人はそうする自由があるが、このマニフェストはそうしないことを選んだ人のためのものである。

強制に対抗するためには、強制を理解しなければならない。さらに重要なことは、自分が何と戦っているのか、それと同じくらいに、自分が何のために戦っているのかを理解することである。盲目的な反応は、抑圧の源に否定的なあらゆる方向に向かい、機会を分散させる。共通の目標を追求することで、反対派に焦点を当て、首尾一貫した戦略と戦術を形成することが可能になる。

拡散的な強制は、局所的な即時的自衛によって最適に処理される。市場は保護と回復のためのより大規模なビジネスを開発するかもしれないが、暴力のランダムな脅威は、犠牲者の思考の奥深くに植え付けられた神秘主義と妄想の根でしか対処できず、大戦略と歴史的特異点の激変点が必要である。革命である。

このような強制、不道徳の一元化、窃盗と殺人の指示、ランダムな犯罪性では考えられない規模の抑圧を調整する制度が存在するのだ。それは、暴徒の中の暴徒、ギャングの中のギャング、陰謀の中の陰謀である。それは、最近の数年間で、それ以前の歴史上のすべての死者よりも多くの人々を殺害し、最近の数年間で、それ以前の歴史上のすべての生産物よりも多くの富を盗み、最近の数年間で、それ以前の歴史上のすべての不合理よりも多くの心を-その生存のために-欺いてきた。私たちの敵、国家。[2]

20世紀だけで、戦争はそれまでのすべての死者よりも多くの人を殺し、税金とインフレはそれまでのすべての富よりも多くのものを奪い、政治的な嘘、プロパガンダ、そして何よりも「教育」は、それまでのすべての迷信よりも多くの心をねじ曲げた。しかし、すべての故意の混乱と難解さの中で、理性の糸は、国家に対する死刑の縄に織り込むべき抵抗の糸を発達させてきた。リバタリアニズムである。

国家が分裂し、反対勢力を征服するとき、リバタリアニズムは団結し、解放する。国家が曇らせるところ、リバタリアニズムは明らかにし、国家が隠すところ、リバタリアニズムは暴き、国家が赦すところ、リバタリアニズムは告発する。

リバタリアニズムは、暴力やその脅威(強制)は間違っている(不道徳、悪、悪、最高に非現実的、など)、禁止されている、他のものはない、という一つの単純な前提から、全体の哲学を精緻化している。[3]

リバタリアニズムは、この時点で問題を発見し、国家対市場という解決策を定義した。市場とは、すべての自発的な人間の行動の総体である。[非強制的に行動する人は、市場の一部である。こうして、経済学はリバタリアニズムの一部となった。

リバタリアニズムは、非強制に由来する人間の権利を説明するために、人間の本質を調査した。その結果、人間(女性、子供、火星人など)には、この生命とその他の財産に対する絶対的な権利があり、それ以外の権利はないということがすぐにわかった。こうして、目的論はリバタリアニズムの一部となった。

リバタリアニズムは、社会がなぜ今リバタリアンでないのかを問い、国家、その支配階級、そのカモフラージュ、そして真実を明らかにしようと努力する英雄的な歴史家たちを見出した。こうして、歴史修正主義がリバタリアニズムの一部となった。

心理学、特にトーマス・サーズがカウンターサイコロジーとして発展させたものは、国家の拘束と自己監禁の両方から自らを解放しようとするリバタリアンに受け入れられた。

国家の恐ろしさを表現し、自由の多くの可能性を外挿するための芸術形式を求めたリバタリアニズムは、SFをすでにその分野に見出していた。

政治、経済、哲学、心理学、歴史、芸術の領域から、自由のパルチザンは全体を見渡し、自分たちの抵抗を他の場所と統合し、その意識が自覚されるにつれて一緒になっていった。こうして、リバタリアンは一つの運動となった。リバタリアン運動は、周囲を見渡し、「私たちの敵、国家」が、海の底から乾燥した前哨基地、月面まで、あらゆる土地、民族、部族、国家、そして個人の心の中に存在していることを確認した。ある者は、現在の国家の支配者を打倒するために、権力エリートに反対する他の者たちと直ちに同盟を結ぼうとした。[ある者は、国家の代理人と即座に対決しようとした。[6]ある者は、票のためにより少ない抑圧を提供する権力者たちとの協力を追求した。[そして、ある者は、運動を構築し、発展させるために、民衆の長期的な啓発のために身を投じた。[8]あらゆる場所で、活動家たちのリバタリアン同盟が生まれた。[9]

国家の高位サークルは、最初の反対の兆しで、彼らの略奪を譲り渡し、犠牲者に財産を回復することはなかった。最初の反撃は、腐敗した知識人カーストによってすでに植え付けられた反原理から来た。敗北主義、退却主義、小国主義、協調主義、漸進主義、単一中心主義、改革主義-国家主義を「改善」するために国家職を引き受けることも含む-だ!これらの反原則はすべて、腐敗した知識人カーストによってすでに植え付けられたものである。これらの反原則(逸脱、異端、自己破壊的な矛盾した教義など)はすべて、後で扱われる。最も悪いのは、党派性であり、国家主義の手段、特に政党を通じてリバタリアンの目的を追求するという反概念である。

「リバタリアン」党は、最初はおかしなオキシモロンとして、次に侵略軍として、駆け出しのリバタリアンに放たれた国家の第二の反撃であった[10]。[11]

第三の反撃は、アメリカで最も裕福な10人の資本家の一人が、党だけでなく主要なリバタリアンの組織を買収し、他の富裕層が資本主義国家の他のすべての政党を運営するようにこの運動を運営しようとしたことであった[12]。[12]

これらの国家主義者の反撃がリバタリアニズムを堕落させるのに成功した程度は、運動の「左派」の分裂と他の者の絶望的な麻痺につながった。「リバタリアニズム」に幻滅した人々は、「内なる国家」と「外なる国家」という新たな問題への解答を求めた。国家とそのパワーエリートに利用されないためにはどうすればいいのか。つまり、自由への道は一つではないとわかっているのにどうすれば自由への道からの逸脱を避けられるのか、と。市場には、製品の生産と消費に至る多くの経路があり、どれも完璧に予測できるものではない。だから、ここ(国家主義)からそこ(自由)へ行く方法を教えてくれるものがあったとしても、それが最善の方法だとどうやってわかるのだろうか?

すでに一部の人々は、別の目標を掲げてとっくに死んだ運動の古い戦略を掘り起こしている。国家に戻るという新しい道が確かに提示されているのだ。[13]

不注意であれ計画的であれ、裏切り行為は続いている。その必要はない。

自由意志を持つ個人のための自由な社会を確実に実現する一連のステップを予測することは誰にもできないのでが自由を前進させないものをすべて一刀両断に排除し、市場の原理を揺るぎなく適用すれば、進むべき地形を描き出すことはできる。確かに、自由への一本道、一本の直線のグラフは存在しない。しかし、自由主義者を自由な社会というゴールに導くグラフの系列、線で埋め尽くされた空間があり、その空間は記述することができる。

目標が定まり、道が見つかれば、あとはここからそこへ行くための個人の行動だけが残る。何よりも、このマニフェストはその「行動」を求めているのだ。[14]

アゴリズム 私たちの目標

リバタリアンを国家主義から自由な社会へと導く基本原則は、リバタリアニズムの創始者が理論そのものを発見するために用いたものと同じである。その原則とは、一貫性である。したがって、リバタリアニズムの理論を、個々のリバタリアンが取るあらゆる行動に一貫して適用することで、リバタリアン社会が生まれるのだ。

多くの思想家が手段と目的の間の一貫性の必要性を表明してきたが、そのすべてがリバタリアンだったわけではない。皮肉なことに、多くの国家主義者は、賞賛に値する目的と軽蔑に値する手段の間に矛盾があると主張してきた。しかし、より大きな権力と抑圧という彼らの真の目的が理解されると、彼らの手段は非常に一貫していることが分かる。目的と手段の一貫性の必要性を混同するのは、国家主義者の神秘性の一部である。したがって、矛盾を明らかにすることは、リバタリアンの理論家の最も重要な活動である。

多くの理論家がこのことを見事にやってのけた。しかし、私たちはリバタリアニズムの一貫した手段と目的の組み合わせを説明しようと試み、そのほとんどが失敗している。[1]

このマニフェスト自体が正しいかどうかは、同じ原理で判断することができる。もし一貫性が失われれば、その内なる全ては無意味であり、事実、その時、言語は失語であり、存在は詐欺となる。このことは、いくら強調してもし過ぎることはない。このページで矛盾が発見された場合、一貫した再定式化は新リバタリアニズムであり、間違いが発見されたものではない。新リバタリアニズム(アゴリズム)は、自由や現実(あるいはその両方)が否定されることなく、誤った定式化だけが否定されることはあり得ない。

まず、私たちの目標を見定めることから始めよう。自由な社会とはどのようなものなのか、少なくとも私たちの現在の理解で達成することを望むことができるのと同じくらい自由な社会とはどのようなものなのか。[2]

間違いなく、現在構想されている中で最も自由な社会は、ロベール・ルフェーヴルの社会である。人と人との関係はすべて自発的な交換であり、自由市場である。誰も他人を傷つけたり、不法侵入したりすることはない。

もちろん、彼の社会が存在するためには、個人の意識から国家主義よりも多くのものが排除されなければならないだろう。この完全に自由な社会にとって最も有害なのは、是正のメカニズムが欠如していることである。[一握りの強制の実践者が、不正に得た略奪を、それを維持するのに十分な仲間とともに楽しむだけで、自由は死んでしまうのだ。たとえすべての人が自由に生きていたとしても、一人の「リンゴをかじる人」、古い歴史を読んだり自分で悪を再発見したりする投げやりな人がいれば、完璧な社会は「自由を失う」のである。

自由な社会の次善の策として、リバタリアン社会がある。永遠の警戒は自由の代償である(トーマス・ジェファーソン)。散発的な侵略から身を守る準備ができている少数の個人を市場に置くことは可能かもしれない。あるいは、多数の人が基本的な自己防衛の知識と能力を十分に保持し、ランダムな攻撃(強要者は誰が防衛に精通しているか分からない)を抑止し、組織的な暴力の発動の収益性を排除することができるかもしれない。

それでも、この「自然防衛を伴うアナーキー」のシステムには、非常に難しい二つの問題が残っている。第一は、顕著に無防備な人々を防衛する問題である。これは高度な技術によって、四肢麻痺の白痴の人々(十分な技術によって解決されないと仮定して)や、とにかく常に注意を払う必要のある非常に幼い子どもたちにまで減らすことができる。それから、ほんの一時的に無防備になる人たちや、もっと弱い相手に対して自分の技量を試そうとする暴力の仕掛け人に圧倒される人たちは、さらにまれなケースである。(最後のケースは、リスクが高く、投資に対する見返りが少ないため、最も稀なケースである)。

守る必要のない人、守るべきでない人は、意識的に守らないことを選択した人、つまり平和主義者である。ルフェーヴルやその弟子たちは、リバタリアンが自分たちを守るために嫌悪感を抱くような方法を取ることを恐れる必要はない。(おそらく彼らは、すぐにわかるように「ハト」のボタンをつけることができるだろう)

それよりもはるかに重要なのは、防御の後に暴力の発端となった人物をどうするかということだ。自分の所有物が見事に侵害され、それを守るためにそこにいなかったというケースはすぐに思い浮かぶ。そして最後に、実は上記の特殊なケースなのだが、詐欺などの契約違反の可能性である。[4]

これらのケースは、原始的な「撃ち合い」によって、あるいは社会的に、つまり、紛争の両当事者のいずれとも利害関係のない第三者の介入によって解決されることがある。このケースは、社会の根本的な問題である。[5]

両当事者の意に反して解決を強行しようとする試みは、リバタリアンの原則に反するものである。だから、第三者へのリスクを伴わない「撃ち合い」は許容される。しかし、ほとんど利益にも効率にもならないし、少数のカルト信者にとっては文明的(美的に喜ばしい)でさえもないのだ。

そこで解決策としては、裁判官、「公正な証人」、あるいは仲裁人が必要となる。紛争の仲裁者あるいは侵略の審判者が判断を下し、その決定を伝えると、強制執行が必要となる場合がある。(ちなみに平和主義者は強制力のない仲裁を選ぶことができる)。

ロスバード、リンダ&モリス・タネヒルらによって、次のような市場システムが提案されている。これは決定的なものである必要はなく、理論や技術の進歩によって改良されるかもしれない(この著者はすでにそうしてきたのだが)。歴史の現段階では、これが最適であると思われるので、最初の作業モデルとしてここに提示する。

まず、参加しないことを選択した人たちを常に除外し、攻撃や窃盗から身を守る。殺人(あるいは不注意による過失致死)の場合、自分の命に価値を与えることもできる。それは、暴力の発端となった人の命を奪うことから、命を取り戻すために(技術的に)交換可能な臓器を取り上げること、自分のライフワークを続けるために財団に支払うことまで、さまざまな可能性がある。ここで重要なのは、被害者が災難に遭う前に、自分の生命、身体、財産に価値を与えていることだ。(交換可能な物品は、単に時価で交換してもよい。後述)

Aは財産の紛失を発見し、保険会社IAに報告する。IAは別部署、または別探偵社(D)を通じて調査する。IAは、財貨の使用損失を最小限にするため、速やかにAに対してその物を交換する。[6]さて、Dは、紛失物を発見できないことがある。その場合、IAの損失は支払った保険料で賄われる。保険料を低く抑え、競争力をつけるために、IAには盗難品や紛失品の回収を最大化する強いインセンティブがあることをよく覚えておいてほしい。(国家警察のような独占的な検知システムにはそのようなインセンティブがないこと、そしてその恐ろしい社会的コストについて、何度も雄弁に語ることができるだろう)。

Dが商品を発見し、例えばBが所持していた場合、Bがそれを自由に返却すれば(おそらく報酬によって誘導される)、その事件は解決となる。BがAにも所有権を主張している場合のみ、紛争が発生する。

Bには保険会社IBがあり、IBは独自に調査を行い、IAにDの誤りを納得させることができる。そうでない場合、IAとIBは対立することになる。この時点で、AとBの間の「戦争」が、大規模な保護部門や保護会社(PA、PB)との契約を持つ可能性のある大規模保険会社まで拡大された、という市場無秩序に対する標準的な反論が持ち上がった。しかし、IAとIBが暴力を行使し、競合他社の資産だけでなく、少なくとも自社の資産の一部を破壊するインセンティブがどこにあるのだろうか。市場社会が成立して久しい現在、そのインセンティブはさらに低くなっている。攻めることに特化した企業は、リバタリアン主体の社会では非常に疑わしくなり、顧客を失うことは間違いないだろう(これが今議論されていることだ)。

IAとIBは、それぞれの主張と証拠を提示し、紛争を解決するために仲裁会社にお金を払うだけで、非常に安価で利益を上げることができる。Bに正当な主張がある場合、IAは訴訟を取り下げ、(戦争に比べれば)わずかな損失で済み、調査を改善する優れた動機を得ることができる。Aに正当な主張があれば、今度はIBがその逆を行う。

この時点で初めて、この問題が十分に争われ、調査され、判断されたにもかかわらず、Bが盗品を手放そうとしない場合、暴力が発生することになる。(Bは、IBがBのために弁護したことを知らされた程度で、Bはそれを無視することを選んだかもしれない)しかし、PBとIBは身を引き、Bは有能で効率的な盗品回収の専門家集団と対峙しなければならなくなった。たとえBがこの時点で狂気に近い抵抗をしていたとしても、良いパブリックイメージとより多くの顧客-いつかB自身も含めて-を得ようとする市場代理店によって、おそらく最小限の騒ぎで無力化されるであろう。そして何より、PAは他人を巻き込んだり、他人の財産を傷つけたりしないように行動しなければならない。

BまたはIBは、現在、原状回復の責任を負っている。これは、返還、時間的優先、逮捕の3つに分けることができる。

返還とは、元の財またはその市場等価物を返還することである。これは、人体の一部や自分の生命に設定された価値にも適用できる。

時間選好は、時間的使用損失の返還であり、IAがAの財産を直ちに回復するために支払わなければならなかった市場金利によって容易に決定される。

逮捕は、調査、検出、仲裁、執行のコストの合計である。市場がいかにうまく機能しているか、Bに、逮捕のコストを最小にし(ほとんどの国家主義的システムとは正反対)、発生する利息を最小にするために、戦利品を迅速に復元する高いインセンティブを与えていることに注目してほしい。

最後に、最小限の騒ぎと暴力で迅速かつ効率的な正義と回復のためのすべての組み込みのインセンティブに注意してほしい。また、このシステムは部分的には歴史上成功裏に試されてきたものであることにも注意してほしい。

全体が新しく、リバタリアン理論だけのものである。

この修復のモデルは、たとえそれが改良され発展する可能性があるとしても、あらゆる暴力を伴う唯一の社会問題を解決するため、これほど具体的に綴られた。このリバタリアン社会の他の部分は、プラクセオロジー(ミーゼスの用語で、人間の行動、特に経済学の研究)をよく学んだ想像力豊かなSF作家によって、最もよく描かれるだろう。

この社会(理論的にはリバタリアン、実際には自由市場、ギリシャ語で「開かれた市場」を意味するアゴラからアゴリストと呼ばれる)の特徴は、科学、技術、通信、輸送、生産、流通における急速な技術革新にある。また、非物質的な進歩は、あらゆる形態の非暴力的な芸術表現における完全な自由と、それを喜んで受け取る人々へのこれまで以上に迅速で完全な伝達のために起こりうるものであろう。このような自由の利点を賞賛するリバタリアン文献は、すでに多くの文献があり、急速に増加している。

修復理論に対するいくつかの難解な反論を扱うことで、修復理論のこの説明を終えなければならない。これらのほとんどは、侵害された財や人に価値を与えることへの挑戦に帰結する。非人間的な市場と被害者に判断を委ねることが、被害者と加害者の双方にとって最も公平であるように思われる。

後者については、思想的な悪に対して罰が必要だと感じている人たちを不快にさせるものであり、行為の可逆性だけでは十分ではない。[7]

彼らの誰も罰の道徳的根拠を打ち出してはいないが、ロスバードとデイヴィッド・フリードマンは特に抑止の経済的必要性を主張している。彼らは、逮捕率が100%未満であれば、成功する確率が低く、それゆえ、「合理的な犯罪者」は自分の利益のためにリスクを取ることを選択することができると主張する。そのため、罰という形でさらに抑止力を加えなければならない。このことが、加害者が自首するインセンティブを低下させ、逮捕率をさらに低下させることは考慮されていないのか、あるいは、加速する逃亡率に負けないように、刑罰をどんどんエスカレートさせていくことになるのだろう。この文章が書かれているように、国家が定義した犯罪の逃亡率は最低でも80%であり、ほとんどの犯罪者は90%以上の確率で捕まることはない。これは、回復がなく(被害者は刑罰制度を支えるために税金でさらに略奪される)、市場が追放された刑罰とリハビリテーションのシステムの中での話である。非国家的な暴力の発端となる「赤い市場」が繁栄しているのは、不思議なことではない。

それでも、アゴリストの復権に対するこの批判は、「エントロピー」の要素があることに留意していない。潜在的な侵略者は、窃盗の対象から得られる利益を、対象の損失と利子と逮捕費用に照らし合わせなければならない。確かに、彼がすぐに自首すれば、後者の2つは最小になる。しかし、それは被害者と保険会社のコストも同じである。

アゴリストの復元は、コンプライアンスと相互関係にある幸福な抑止力であるだけでなく、逮捕要因の市場コストによって、社会における強制の社会的コストを正確に定量的に測定することができる。今回知られている他の提案されたシステムには、そのようなものはない。ほとんどのリバタリアンが言っているように、自由は機能する。

アゴリストの復権論には、どこにも侵略者の思考が入り込んでいない。侵略者は、人間の行為者であり、その行為に責任があるとしか想定されていない。さらに、誰が何を考えているかは、他の誰にも関係ないことだろう?重要なのは、加害者が何をしたかである。思考は行動ではない。少なくとも思考においては、無政府状態は絶対的なままである。[8]

もしあなたが、私があなたの家の窓ガラスを突き破ったことに衝撃を受けて起き上がり、そして皆が生き続けることを確認したとしたら、私が通りすがりにつまずいて落ちたのか、私が理不尽な怒りに駆られて飛び込んだのか、あるいは銀行強盗に気づかないように通りの向こうの警備員の気を引くための計画的な行為だったのか、特に気にしないだろう。あなたが望むのは、すぐに窓を取り戻すこと(そして混乱を解消すること)である。私がどう思うかは、あなたの修復には関係ない。実際、この問題にわずかなエネルギーを費やすことさえ、純粋に無駄であることが容易に証明される。動機、あるいは動機と疑われるもの、これが私たちが知ることのできるすべてである[8]。しかし正義にとって重要なのは-リバタリアンが考えるように-被害者が被害前とできるだけ同じ状態に回復されることなのである。有罪の考え」を罰するのは、神か良心に任せればよい。[9]

もう一つの反対意見は、(「社会」ではなく個人に対して)借りを返し、より大きな経験を積んで再び挑戦する「自由」を得た暴力開始者についてどうするのか、というものである。国家主義社会で蔓延している再犯はどうなるのだろうか。

もちろん、一度加害者としてマークされれば、同じような犯罪を犯したときに、より注意深く見守られ、真っ先に思い浮かべられるようになるだろう。そして、ごく一部の極端なケースではワークキャンプが返還のために使われるかもしれないが、ほとんどの加害者は保釈金で比較的自由に働くことが許されることになる。したがって、刑務所のような「犯罪高等教育機関」は存在せず、侵略を教育し奨励することになる。

非常に効率的で正確な判断と保護のシステムの特徴は、それが個人の時間、思考、金銭のごく一部を占めるに過ぎないということであろう。そうすると、99%のアゴリスト社会は全く描けていないとも言える。自己破壊の排除(リバタリアニズムでは扱わない)、宇宙探査と植民地化、延命、知能の向上、対人関係、美的変化についてはどうだろうか。本当に言えること、言うべきことは、現代人が時間とエネルギーの半分以上を国家への奉仕や抵抗に費やさなければならない場合、その時間エネルギー(物理学者による行動の定義)は、自己改善や自然の利用など他のあらゆる側面に使えるようになる、ということである。より豊かで幸福な社会以外を想像するのは、実に皮肉な人間観である。

これが私たちの目標のスケッチであり、正義と保護の側面に関する詳細な図や拡大した焦点である。私たちは「ここ」と「そこ」を手に入れた。さて、次はカウンターエコノミクスへの道である。

カウンターエコノミクス 私たちの手段

過去と国家主義の現在を詳述し、現在の理解と技術で達成可能なはるかに優れた社会についての信頼できる見解を垣間見たが、人間の本性に変化は必要ない。答えは自然に、いや、不自然に二つに分かれる。

国家がなければ、ミクロ(市場を含む環境における個人の操作)とマクロ(集団の操作)への分化は、せいぜいマーケティング会社について少し言及した興味深い統計的な演習にしかならないだろう。それでも、高度に洗練された良識を持つ人は、たとえそれが他人を傷つけるものでなくても、自分の行為の社会的影響を理解したいと思うかもしれない。

国家があらゆる行為を汚染し、私たちの心を不当な罪悪感で汚している今、自分の行為の社会的影響を理解することは非常に重要になる。例えば、私たちが税金を払わないで逃げ出したとしたら、誰が困るのだろう?私たち?国か?

国か?罪のない人たちか?リバタリアンの分析によれば、「利己的な脱税者」が被ったと主張する罪のない人々への損害はすべて国家に責任があり、国家が私たちに「提供」する「サービス」は幻想であることがわかる。しかし、そうであっても、巧妙に隠された孤独な抵抗や「脱落」以上のものがあるはずである?政党や革命軍がリバタリアンの目標に不適切で自滅的であるならば、どのような集団行動が有効なのだろうかその答えは、アゴリズムである。

人間の大集団を国家主義社会からアゴラに起業させることは可能であり、現実的であり、利益をもたらすことさえある。これは深い意味で真の革命活動であり、次章で取り上げることになる。しかし、このマクロな答えを理解するためには、まずミクロな答えを概説する必要がある。[1]

エスタブリッシュメント経済学という疑似科学の機能は、支配階級のために(帝国ローマの予言者のように)予言をする以上に、彼らの富がどこに行き、どのように取られるかについて、被支配階級を神秘化し混乱させることである。人々が富と財産を国家からどのように守るかを説明するのが、カウンター・エスタブリッシュメント・エコノミクス、略してカウンター・エコノミクス[2]である。国家から逃れ、回避し、反抗する人間の行動の実際の実践がカウンターエコノミクス活動であるが「エコノミクス」が科学とその研究対象の両方を指すのと同じぞんざいな言い方で、間違いなくカウンターエコノミクスが使われることになる。この文章はカウンター・エコノミー理論そのものなので、カウンター・エコノミクスと呼ばれるのはその実践のことである。

カウンターエコノミクスのすべて、あるいはかなり有用な部分をマッピングして説明するには、少なくとも一冊分の本が必要である。[3]ここでは、マニフェストの残りの部分を理解するのに十分なだけのスケッチがなされるだろう。

アゴリスト社会から国家主義社会への移行は、物理学における高負のエントロピーの経路に相当する、困難な作業となるはずだ。結局のところ、一度、よく運営された自由な社会に住み、それを理解した者が、なぜ、組織的な強制、略奪、不安に戻りたいのだろうか?知識があり合理的な人々の間に無知と不合理を広めることは難しいが、すでに明確に理解されているものを神秘化することはほぼ不可能である。アゴリストの社会は退廃に比べればかなり安定しているはずだが、改善の余地は大きい。

映画を逆回転させるように、アゴリスト社会から現在の国家主義社会まで、時間を逆走してみよう。何が見えるだろうか。

国家は地域的な独占を必要とするため、そのほとんどが連続した領土を持つ国家主義のポケットがまず出現するだろう。残された犠牲者たちは、周囲の素晴らしい自由な世界をますます意識するようになり、これらのポケットから「蒸発」していく。市場保護機関の大規模なシンジケートは、保護保険に加入している人々を守ることによって国家を封じ込めている。最も重要なことは、国家主義のポケットや部分社会の外にいる人々は、保険料が高くなることと、旅行する場所に多少気をつけることを除けば、アゴリスト社会を楽しんでいるということである。この時点で、アゴリストは国家主義者と共存することができる。国家主義者の下位社会への侵攻と解放のコストは、(国家が全面的な最後の侵略を開始しない限り)即時のリターンよりも高いので、孤立主義の「外交政策」を維持するが、リバタリアンという選択肢がこれほど目に見え、アクセスしやすくなった以上、残りの犠牲者が虐げられ続ける選択をすると想像する本当の理由はないだろう。国家の領域は、無政府状態を引き起こそうとする過飽和溶液のようなものだ。

もう一歩後退すると、状況が逆転していることに気づく。社会のより大きな部門が国家主義の下にあり、より小さな部門が可能な限り農耕的に生きていることがわかる。しかし、目に見える違いが一つある。アゴリストは、領土的に隣接している必要はない。彼らはどこにでも住むことができるが、社会的強化のためだけでなく、取引の容易さと収益性のために、仲間のアゴリストと付き合う傾向がある。より信頼できる顧客やサプライヤーと取引することは、常に安全で、より収益性が高い。傾向としては、よりアゴリスト的な個体の間でより大きな関連が生まれ、よりスタティスト的な要素とは解離することになる。(この傾向は理論的に強いだけでなく、今日すでに胎動している)。宇宙や海中の島々(あるいは海底)、大都市の「ゲットー」など、防衛が容易な領域は、国家が彼らを押しつぶすことができない、ほとんどアゴリストだけのものになるかもしれない。しかし、ほとんどのアゴリストは、国家が権利を主張する地域の中で生活することになる。

ほとんどの個人のアゴリズムの程度は、現在と同じように、国家から恩恵を受けている少数の者は高度に国家主義的であり、少数の者はアゴリストという選択肢を十分に意識して、思い切り自由に生きていると有能であり、残りの者は様々な程度の混乱を抱えながらその中間にいるというスペクトルが存在することになるであろう。

最後に、アゴリズムを理解しているのはほんの一握りで、大多数は国家の存在から幻の利益を知覚しているか、代替案を知覚することができず、国家主義者自身、つまり、国家が市場に介入することによって新たな利益を得ることによって定義された政府機関と階級であるところに踏みとどまるのだ。[4]

これは私たちの現在の社会についての記述である。私たちは「家」にいるのだ。

コースを反転し、国家主義からアゴリスムへの道筋を記述する前に、新たに獲得したアゴリスムの認識で私たちの現在の社会を見渡そう。旅人が故郷に帰って、異国の地や生活様式から学んだことから新しい光を当てて物事を見るように、私たちも現在の状況について新しい洞察を得ることができるかもしれない。

地球上のより自由な国家主義の地域で許容されている少数の覚醒したニュー・リバタリアンに加えて(「許容」は国家主義に対するリバタリアンの汚染の程度に存在する)、私たちは今、別のものを知覚している。それは、いかなる理論もほとんど理解せずにアゴリスト的に行動している人々だが、国家を回避、回避、あるいは反抗するように物質的利益に誘導されている多数の人々である。きっと彼らは希望に満ちた潜在的な存在なのだろうか。

弓状の国家主義の砦であり、ほぼ完全に崩壊した「公的」経済であるソ連では、巨大な闇市場がロシア人、アルメニア人、ウクライナ人などに、食料からテレビの修理、公的書類、支配階級からの便宜など、あらゆるものを供給している。Guardian Weeklyが報じているように、ビルマはほとんど完全な闇市場であり、政府は軍隊と警察、そして少数の闊達な政治家にまで縮小されている。程度の差こそあれ、これはほとんどすべての第二世界と第三世界に当てはまることである。

では、「第一」世界はどうだろうか。社会民主主義国では、合法的に認められた市場取引である「ホワイトマーケット」が大きいため、ブラックマーケットは小さくなっているが、それでも前者がかなり目立っている。例えば、イタリアでは、公務員の大部分が午前7時から午後2時まで公式に働き、残りの時間は非公式に様々な仕事をして「闇」金を得ているという「問題」がある。オランダでは、住宅産業に対する規制が厳しいため、大規模な闇市場が存在する。デンマークでは脱税運動が盛んで、その中から政治に誘惑された人たちが第二党を形成している。これらは、マスコミが取り上げることができた、あるいは取り上げようとした最も重大な例に過ぎない。例えば、フランスでは誰もが大量の金塊を隠し持っていると思われているし、スイスには観光やスキー以上の目的で旅行するのが普通である。

このようなカウンターエコノミクスの広がりを実感するためには、比較的自由な「資本主義」経済を見る必要がある。北米の闇市場や灰色市場[5]を見て、これが今日の世界で最も低い活動のケースであることを思い出してみよう。

アメリカの内国歳入庁によれば、少なくとも2千万人が、取引や物々交換の摘発を避けるために現金を使って脱税する「地下経済」に属している。何百万人もの人々が、インフレによる隠れた課税を避けるために、金や外国口座にお金を保管している。移民帰化局によると、何百万人もの「不法滞在者」が雇用されている。さらに何百万人もの人々が、マリファナやレトリルなどの禁止薬物や禁制の医療材料を取引したり消費したりしている。

そして、「被害者なき犯罪」の実践者たちがいる。薬物使用以外にも、売春、ポルノ、密造酒、偽の身分証明書、ギャンブル、同意のある成人同士の禁止された性行為などがある。これらの行為を政治的に受け入れようとする「改革運動」に関係なく、民衆は今行動することを選択し、そうすることでカウンターエコノミーを作り出しているのだ。

しかし、これだけでは終わらない。米国で時速55マイルが連邦政府によって制定されて以来、ほとんどのアメリカ人はカウンターエコノミーのドライバーになっている。トラック運送業界は、州による規制の執行を回避するためにCB通信を開発した。時速55マイルで3回走るより、時速75マイルで4回走る方がいいという独立系にとって、カウンターエコノミー運転は生き残りのための問題なのだ。

古くからの密輸の習慣は、今日、関税の高い大麻や外国の電化製品の船積み、後進国からトラックでやってくる人々から、荷物の中に少し余分に隠して税関に申告しない旅行者まで、盛んに行われている。

ほぼすべての人が、納税申告書に何らかの虚偽の記載や誤魔化しをし、サービスに対する簿外支払、親族との未報告の取引、仲間との違法な性的体位などを行っているのだ。

つまり、ある程度までは、誰もがカウンターエコノミー主義者なのだ。そして、これはリバタリアン理論から予測できることである。人間の行動のほぼすべての側面には、それを禁止、規制、管理する国家主義的な法律がある。これらの法律は非常に多く、新しい立法を一切阻止し、1会期に10本か20本の法律をさかんに廃止する「リバタリアン」党では、国家(メカニズム自体はおろか!)を大幅に廃止することは千年かかってもできなかっただろう[6]

明らかに、国家はその勅令の執行を得ることができない。それでも国家は続いている。そして、もし誰もが多少なりともカウンターエコノミーであるなら、なぜカウンターエコノミーは経済を圧倒しないのだろうか?

北米以外では、帝国主義の影響も加えることができる。ソ連は1930年代に先進国から支援を受け、第二次世界大戦中には大量の暴力的な道具を受け取っている。今日でも、返済不要の融資によって多額の補助を受けた「貿易」が、ソ連と中国の新体制を支えている。この資本(あるいは価値を破壊する反資本)の流れは、軍事援助とともに、両ブロックから世界の他の地域の政権を維持している。しかし、それでは北米のケースを説明できない。

地球上のどこにでも存在し、国家の存続を可能にしているものは、被害者の制裁である。[国家主義のすべての犠牲者は、ある程度まで国家を内面化している。所得税は「自発的な遵守」に依存しているという国税庁の毎年の宣言は、皮肉にも真実である。納税者が血の供給を完全に絶ったなら、吸血鬼国家はなすすべもなく滅び、その無給の警察と軍隊はほとんど即座に脱走し、モンスターの姿を消してしまうだろう。もし、すべての人が契約やその他の交換において、金や財貨のための「法定通貨」を放棄したら、課税さえも近代国家を維持できるかは疑わしい。[8]

ここで、国家が教育と情報メディアを、直接的に、あるいは支配階級の所有権を通じてコントロールすることが重要になる。その昔、確立された神職は、王と貴族を神聖化し、抑圧の関係を神秘化し、忌避者と抵抗者に罪悪感を誘発する機能を果たしていた。宗教の廃絶は、この重荷を新しい知識人階級(ロシアではインテリゲンチャと呼ばれる)に負わせることになった。一部の知識人は、真理を最高の価値とし(以前の反対派の神学者や聖職者がそうであったように)、神秘化ではなく、解明するために働いているが、彼らは解雇されたり、非難されたりして、国家や財団が管理する収入から遠ざけられている。こうして、反体制と修正主義という現象が生まれ、宮廷知識人の機能を疑ったり、不完全に理解したりする民衆の間に反知性主義という態度が生み出される。

無政府主義の知識人が、どのような国家のもとで攻撃され、弾圧されているかによく注意してほしい。また、現在の支配階級の打倒を主張する人々は、たとえそれが別のものに取って代わるだけであっても、弾圧されている。国家の一部の受益者を排除し、他の受益者を追加するような変更を提案する人々は、しばしば、高次サークルの受益者たちによって称賛され、潜在的な敗者たちによって攻撃される。

多くの闇商人に共通する特徴は、罪悪感を抱いていることだ。彼らは「束になって」「真っ当な社会」に戻りたいと願っている。酒密売人や娼婦は皆、いつか社会に再び受け入れられることを切望している。たとえ、追放された者たちが協力的な「亜社会」を形成していたとしても、である。1700年代の宗教的異端者社会、1800年代の政治的ユートピア社会、そして最近ではヒッピーや新左翼といったカウンターカルチャーがそうである。彼らが持っていたのは、自分たちのサブ社会が他の社会より優れているという確信であった。彼らが他の社会に生み出した自分たちに対する恐怖の反応は、自分たちが正しいという恐怖であった。

これらの自立した部分社会の例はすべて、一つの卓越した理由、すなわち経済学の無知によって失敗した。どんなに美しい社会的結合も、社会の基本的な接着剤である分業を克服することはできない。反市場的なコミューンは、唯一強制力のある法律である自然法則に逆らっている。社会の基本的な組織構造(家族の上)は、コミューン(あるいは部族、拡大部族、国家)ではなく、アゴラである。いくら共産主義がうまくいくことを願い、それに専念しても、それは失敗する。彼らは多大な努力によってアゴリズムを無限に抑えることができるが、手放すと「流れ」「見えざる手」「歴史の潮流」「利益インセンティブ」「自然なことをする」「自発性」が社会を純粋なアゴラへと否応なしに近づけていく。

なぜ、最終的な幸福に対する抵抗があるのだろうか。心理学者たちは、その萌芽的な科学を始めたときから、それに対処してきた。しかし、社会経済的な問題に関しては、少なくとも二つの大まかな答えを出すことができる。反原則(原理のように見えて、実は自然法則に反するもの)の内面化と既得権益の対立である。

これで、リバタリアン社会の実現に必要なものが明確になった。一方では、リバタリアン活動家の教育が必要であり、他方では、リバタリアンへの理解と相互扶助への意識改革が必要である。「私たちは正しく、より良く、道徳的で一貫した方法で生存しており、より良い社会を築いている。

自分自身がカウンターエコノミー主義を完全に実践していないリバタリアン活動家は、説得力を持ちにくいことに留意してほしい。「リバタリアン」の政治家候補は、彼らが言う(価値のある)ことすべてを、彼らがやっていることで台無しにしてしまう。

一方で、私たちは既得権益層から身を守るか、少なくとも彼らの抑圧を可能な限り下げなければならない。改革派の活動を逆効果として敬遠するならば、それをどのように実現するか。

一つは、より多くの人々をカウンターエコノミーに参加させ、国家が得られる略奪を低下させることである。しかし、回避だけでは十分ではない。どうやって自分たちを守り、反撃までするのか。

ゆっくりと、しかし着実に、より多くのカウンターエコノミストをリバタリアニズムに、より多くのリバタリアンをカウンターエコノミクスに、理論と実践を統合した自由な社会へ移行していく。カウンターエコノミーは成長し、私たちが逆行する旅で見た次のステップへと広がり、ますます大きなアゴリストの部分社会が国家主義社会に組み込まれることになるだろう。一部のアゴリストは、識別可能な地区やゲットーに凝縮され、島やスペース・コロニーで優勢になることさえある。このとき、保護と防衛の問題が重要になる。私たちのアゴリスト・モデル(第2章)を用いると、保護産業がどのように発展しなければならないかがわかる。まず、なぜ人々はプロテクションのないカウンターエコノミクスを行うのか。それは、リスクをとったときの見返りが、予想される損失よりも大きいからだ。この言葉は、もちろんすべての経済活動に当てはまるが、カウンターエコノミクスについては、特に強調する必要がある。

カウンターエコノミクスの基本原理は、リスクと利益を交換することである[9]。

期待される利益が高ければ高いほど、取られるリスクは大きくなる。もしリスクが低くなれば、より多くのことが試みられ、達成されることになる。これは、自由な社会が不自由な社会よりも豊かであることを示す指標に違いない。

リスクは、注意、警戒、セキュリティ(鍵や隠し場所)を増やすこと、そして、より信頼性の高い人物をより多く信用することで下げることができる。最後のものは、仲間のアゴリストと取引することへの高い選好と、アゴリストのサブ社会を束ねる強い経済的インセンティブと、勧誘や勧誘を支援するインセンティブを示す。

カウンターエコノミクス型企業家は、より優れたセキュリティ装置、隠れる場所、回避を助ける指示、他のカウンターエコノミクス型企業家の潜在顧客やサプライヤーを選別するインセンティブを持っている。こうして、カウンターエコノミー的保護産業が誕生する。

この産業が成長すると、「バースト」に対する保険に加入するようになり、カウンターエコノミーのリスクをさらに低下させ、カウンターエコノミーの成長を加速させるかもしれない。そして、アラームシステムや高度な技術を駆使した隠蔽工作によって、見張りや警備のついた安全な場所を提供することもできる。国家以外の)真の犯罪者に対する警備が提供されるかもしれない。すでに多くの住宅地、ビジネス街、さらには少数民族の地区では、国家が主張する財産保護に見切りをつけ、民間のパトロール隊が活動している。

その過程で、カウンターエコノミクスに関わる業者間の契約違反のリスクは、仲裁によって引き下げられるだろう。その後、保護機関はアゴリスト間の契約執行を行うようになるが、初期段階における最大の「執行者」は、それぞれが相手の錐を回すことのできる国家である。しかし、その行為はすぐにサブソサイエティから追放されることになるので、内部的な執行メカニズムが重視されるようになる。

最終段階では、国家主義者とのカウンターエコノミストの取引は、保護機関によって強制され、アゴリストは国家の犯罪性から保護されることになる。[10]

この時点で、私たちはリバタリアン社会の実現に至る前の最終段階に到達している。社会は、不可侵の大きなアゴリストの領域と国家主義の領域とに分かれている。そして、私たちは、革命の瀬戸際に立っている。

革命だ 私たちの戦略

私たちの状況は分析され、私たちの目標は認識され、メカニズムが綴られ、一連の経路がマッピングされてきた。私たち自身がカウンターエコノミクスに取り組み、リバタリアニズムを学び、言葉や行動で人々に伝えるだけで、私たちはリバタリアン社会に到達できるはずである。実際、ほとんどの人にとってこれで十分であり、十分期待できる。新自由主義者は、リバタリアンのカウンターエコノミー主義者がもっと頑張らないからといって、決して非難してはならない。彼らはアゴリストであり、自分たちの時間でそこに到達する。

しかし、こうした単純なアゴリストでも、国家主義からアゴリスト社会への動きを加速させることに特化した起業家に貢献したいと思うかもしれない。また、経済崩壊に向かうインフレの高まりや戦争の雲行きを察知して、何か手を打ちたいと思う人もいるだろう。最後に、アゴリスト亜社会を破壊し、自由主義者を誤った道に誘い込む国家の反撃に対抗しなければならない。これらの課題は、新リバタリアンの活動家のフィールドを定義するものである。[1]

繰り返しになるが、自分の人生をできるだけ自由に生き、志を同じくする人々と付き合いたいと願う人々にとっては、カウンターエコノミクス的なリバタリアニズムで十分である。それ以上は必要ない。

しかし、アゴラへの勧誘に特化し、国家が引き起こした大災害に対処し、内外の国家主義者と戦う英雄的な企業家たちをどんな形であれ支援したい人々にとっては、「価値あることをしている」人々を、空回りしている人々やより自由を達成するには実際に逆効果(すなわち反革命的)な人々の中から選ぶための指針が必要である。そして、この著者のように、自由を求めて燃え、そのライフワークに専念したいと願う人々には、戦略が不可欠である。そこで、以下は、「新リバタリアン戦略」である。[2]

新リバタリアンの活動家は、カウンターエコノミーが、国家の残骸から防衛するのに十分な規模の保護機関のシンジケートを生み出すまで、国家に対する実際の防衛は不可能であることを心に留めておかなければならない。これは、私たちの国家主義からアゴリズムに戻る第3ステップと第4ステップの間の「相転移」においてのみ発生する(第3章)。

国家主義から農業主義への各段階は、それぞれ異なる戦略を必要とし、各段階の中でも戦術は異なる。すべての段階で適用されるいくつかのルールがある。

どのような状況下でも、人は勧誘と教育を行う。カウンターエコノミクス的な行為を考えている、典型的な混乱した個人の知人がいたら、彼らにそれをするように勧める。もし、彼らが十分に知的で、あなたに敵対する可能性がないのであれば、関係するリスクと期待されるリターンを説明する。何よりも、あなたが彼らに知らせることができる範囲内で、あなたの模範によって彼らを教育してほしい。

あなたが知っている「図書館リバタリアン」、つまりリバタリアニズムの理論的な変種を公言しながら実践を避けている人たちは全員、彼らが説くことを実践するように励まされるべきである。彼らの無為無策を嘲り、カウンターエコノミクスへの最初の足踏みを褒め称えよう。彼らの能力と経験に対する信頼が高まるにつれて、彼らとの交流を深めてほしい。

あなたが出会った、すでにカウンターエコノミクスに取り組んでいる人たちには、あなたが抱いているリバタリアン哲学、つまり罪悪感から解放されてとても幸せでいられる不思議な信念を「打ち明ける」ことができる。相手が興味を示さないような素振りを見せたら、淡々とその言葉を投げかけ、相手が好奇心や学習意欲を高めてきたら、熱弁を振るうのである。

例と論証によって自己アゴリズムを行う。国家主義と逸脱主義には敵意を示し、アゴリストの行為と国家の挫折には熱意と喜びを示すように、あなたの感情的反応を制御しプログラムする。これらの戦術のほとんどは、日常的に身につくものであるが、いくつかの点を磨くために自分でチェックすることができる。

最後に、他のニューリバタリアン活動家と自分の活動を調整することだ。この時点で、私たちは集団戦術と組織の必要性にたどり着く。

多くの価値あるリバタリアンは、ビジネス、パートナーシップ、株式会社[3]などの市場構造が、個人的な交際や社交を除いて、必要な、あるいは望ましい組織のすべてを提供すると主張する。ある意味では、すべての構造は市場に適合していなければならず、そうでなければアゴリズムと矛盾するという点で、彼らは正しい。しかし、想像力の欠如と、実質よりも形式を重視する点で、彼らの罪は重い。

アゴリスト社会では、分業と労働者・資本家・起業家それぞれの自尊心によって、伝統的な企業組織、とりわけ、市場ではなく国家の模倣である企業階層は排除されるだろう。ほとんどの企業は、独立した請負業者、コンサルタント、その他の企業の連合体となるだろう。多くは、一人の起業家とそのサービス、コンピュータ、供給者、顧客だけとなるかもしれない。このような経営形態は、西欧経済の自由なセグメントにおいてすでに存在し、成長している。

したがって、リバタリアンの活動を専門化し、調整し、提供することを目的とした、自由の起業家たちの連合体は、市場に違反するものではなく、最適なものであるかもしれない。ある目的のために主権的な単位が一緒に行動し、その後解散することを伝統的に「同盟」と呼ぶ。したがって、ニューリバタリアンの活動家の基本的な組織は、ニューリバタリアン同盟である。[4]

NLA(あるいはNLA)の組織は単純であり、政治的な組織、あるいは権威主義的な組織になることは避けるべきである。役員よりもむしろ、必要なのは戦術家(戦術的計画の能力を持つローカル・コーディネーター)と戦略家(戦略的思考の能力を持つ地域コーディネーター)である。新自由主義者の味方は、戦術家や戦略家に従うのではなく、彼らの主張と専門性を「買う」のである。より良いプランを提供する者は、前のプランナーに取って代わることができる。戦術と戦略は、他の商品と同様に、一貫したアゴリストの手法で同盟国によって「売買」されるべきものである。

これらのラベルが戦史から借用されたものであり、戦闘の一形態に対応するものであるとしても、国家の執行者との実際の物理的な対決は、市場が十分な強度の保護機関シンジケートを生み出すのを待たねばならないことを決して忘れてはならない。[5]

NLAが最適に追求すべき世界戦略、大陸戦略、ローカル戦術とは何だろうか。ここでもまた、国家主義からアゴラへの4つのステップを見てみよう。最初の3つは、実はかなり人為的な区分であり、1番目から2番目、3番目と急激な変化は生じない。これから示すように、第三段階から第四段階への移行は、アゴラの性質が要求しているわけではないが、きわめて突然に起こる可能性が高い。むしろ、その動揺は国家の性質によって引き起こされるだろう。実際、すべての暴力、不安、不安定、混乱は、国家によって引き起こされるものであり、決してニューリバタリアンによって煽られるものではない。

リバティーの守護神となる者よ、よく聞け。いかに「リバタリアン」な結果に見えるとしても、決して暴力行為を起こしてはならない。そうすることは、自分自身を国家主義者に貶めてしまうことになるからである。このルールに例外はない。基本的に一貫しているか、そうでないかのどちらかである。ニューリバタリアンは基本的に一貫しており、基本的に一貫していない者はニューリバタリアンではない。[6]

しかしニューリバタリアンの分析を用いれば、国家主義の侵略が発生する可能性を予測し、それを阻止するために暴露したり、あるいは犠牲者を守ったり避難させたりすることができる。また、リバタリアン集団の逸脱がもたらすであろう結果を予測し、売国や災害を回避したり、潜在的な新兵から自分の先見性やニューリバタリアニズムに対する尊敬を勝ち得たりすることができる。国家を山火事に見立てて、NLAは、山火事がどのように燃え、どのように鎮火し、変化の風がどのように影響し、どこで火花が散るか、そして最後にどのように鎮火するかを知っている煙草屋である。

このことを念頭に置いて、アゴラへのステップを4つのフェーズに分類し、それぞれのフェーズに適した戦略の概要を説明しよう。

第0段階:ゼロ密度アゴラ社会

この段階では、人類の歴史の大半において、アゴリストは存在せず、リバタリアンやプロト・リバタリアンが散在し、カウンターエコノミー主義を考え実践しているだけである。誰かがこのマニフェストを読み、それを適用したいと思った瞬間、私たちは次のフェーズに移行している。第0段階でできることは、ゆっくりとした意識の進化と、ヒットアンドアウェイな展開、そして多くのフラストレーションのたまる二項対立だけだ。.

あなた-フェーズ0の状況における最初のアゴリスト-が自分の数を増やすまでは、あなたの戦略は、自分の数を増やすだけでなく、自分自身がカウンターエコノミクス的に生きることしかできない。最良の組織形態はリバタリアン同盟で、メンバーは政治活動(抑圧からの救済を求めて盲目的に行っている)から離れ、教育、広報、勧誘、そしておそらく反政治的キャンペーン(「誰にも投票しない」「該当者なし」「投票ボイコット」「投票するな、彼らを勇気づけるだけ!」など)に焦点を当て、リバタリアンに代わるものを広報していくことになる。LAは、合意された問題については立場を取ることができるが、全会一致を主張する。最も明確なリバタリアン的立場のみが取られ、逸脱した立場にはいつでも拒否権を発動できる。常に「ハードコア」(一貫性のある)立場を奨励し、「ソフトコア」(一貫性のない)立場を軽蔑する。

第1段階:低密度アゴリスト社会

この段階では、最初のカウンターエコノミクス的なリバタリアンが登場し、リバタリアン運動における最初の深刻な分裂が起こりる。まだ一貫性のあるリバタリアンは少ないので、逸脱主義が横行し、活動家が圧倒される傾向がある。アナルコジオニズム(自由の約束の地への逃走)から政治的日和見主義に至るまで、「すぐに自由を手に入れる」計画は、せっかちな人々をそそのかし、不完全な情報しか持たない人々を揺り動かしる。しかし、自由は個人個人で育つものであるため、すべてが失敗に終わるだろう。大衆の改宗は不可能である。集団に対する国家主義者の攻撃による急進化という例外がある。それでも、自由を求める企業家が、迫害された集団に十分な情報を与え、彼らがランダムに散らばったり、最悪の場合、権力のない国家主義に流れ込むのではなく、首尾一貫してリバタリアンであるよう導くことが必要である。こうした国家主義の危機は、自然発生的で予測可能なものであるが道徳的で一貫したリバタリアンによって引き起こされるものではない。

最初のニューリバタリアンの戦略は、国家を強化し、アナーキストのエネルギーを無駄に散逸させる反原則に対抗することだ。自由主義者をカウンターエコノミクスに取り込み、最も活動的なアゴリストをカウンターエコノミストに取り込んで、リバタリアニズムに取り込むという、先に概説した一般的な戦略が適用される。

新リバタリアンの原型は、既存のリバタリアンの組織やクラブの中で、「ラディカル・カウカス」、ジンジャー・グループ、あるいは一般に「リバタリアン左派」として活動することができる。NLAはまだ自立していないため、ここでは時期尚早である。

うまく構築できるのは、どのようなラベルであれ、勧誘に最も有利と思われる「リバタリアン左派の運動」である。このような運動は、それ自体、さまざまな「芯の強さ」を持った個人が混在しているが彼らはニューリバタリアニズムの理想に向かう傾向にある。MLLの中でも、構造は重視されるべきではない。つまり、アゴリズムの最高の理解と実践、そして行動への最大の熱意を持つ者が、自然にリソースを指示することになる。各MLLerは、各NL.盟友と同様に、自分でアウトソースを使い、戦術家や戦略家のアドバイスや計画を受け入れるかどうかを、どんな企業家もどんな情報通のコンサルタントに対しても行うように、決定するのだ。また、ほとんどの人は、あなたがそれを擬似政治用語で翻訳し、再び戻ってこない限り、あなたの市場組織を理解することはできないので。

この時点で、フェーズ1の後期で、MLLが十分に機能していれば、これらのハードコアで献身的な「幹部」は、半転換した準リベラタリアンの大きなグループを揺り動かすために、実際に国家による限界的な行動を阻止するために、レバレッジを適用することができる。これは高費用で「手っ取り早い」戦術であるが長期的な収穫は少なく、まれなことだ。(基本的には、戦争とリバタリアンの大量絶滅を食い止めることだ)

これらの活動を全て踏襲し、リバタリアンを過激化させ、NLAを進化させる。それが、人が成し遂げることのできるすべてである。

第2段階:中密度・小縮小アゴリスト社会

この時点で、国家主義者はアゴリズムに注目する。以前は、自由主義者はある支配者層によって操られ、別の支配者層に不利益をもたらすことができたが(技術革新や価格設定ではなく、投票や銃弾で行われる反市場的「競争」のようなもの)、彼らは脅威として認識され始めるだろう。ポグロム(大規模な逮捕)が起こるかもしれないが、それはありそうにない。ほとんどのアゴリストは社会の残りの部分に組み込まれており、彼らと付き合うのは部分的に改宗したリバタリアンやカウンターエコノミー主義者であることを忘れてはならない。この段階に到達するために、社会全体がある程度アゴリズムに汚染されているのだ。こうして、最初の「ゲットー」あるいはアゴリストの地区が出現し、社会の残りの部分の同情を当てにして、国家を集団攻撃から抑制することが可能になった[7]。

これらのコミュニティは、地上であれ地下であれ、新リバタリアン同盟を維持することができる。NLAは、国家主義社会とのアゴラの代弁者として、あらゆる機会を利用して、国家主義者の居住に対するアゴリストの生活の優位性を公表し、おそらくは「異なる方法」を持つ人々への寛容さを主張する。[8]

この局面では、アゴリスト社会は民衆の国家主義的な回帰に対して脆弱である。したがって、アゴリストは、目に見えるか見えないかにかかわらず、少なくとも残りの民衆の間で現在のレベルのリバタリアン意識を維持する高いインセンティブを有している。これは、NLA(この段階でNLAが誰であるかを定義する一つの方法)によって最も巧みに行われ、NLAはその維持と使命を担っている。しかし、アゴリスト亜社会を「守る」だけでなく、次の進化のステップを加速させるために働くことができる。

第3段階:高密度・大集積・アゴリスト社会

この段階では、国家は、よく知られたマルクス主義のシナリオにやや類似しているが、異なる原因(この場合は現実の原因)を持つ一連の末期的危機に移行する。

幸いなことに、カウンターエコノミーの成長によって国家の資源が消耗し、権威が腐食することによって、損害の可能性は劇的に減少している。

実際、経済の資源が国家とアゴラの間で対等になるにつれて、国家は危機に追い込まれる。国家がその権威を回復しようとするため、戦争やインフレ、恐慌や暴動が恒常化する。アゴラを演繹的な反原理で堕落させることによって、その衰退を逆転させることができるかもしれない。したがって、NLAの最初の任務は、警戒と思考の純度を維持することである。この段階では、NLAはもはやレッテルも旧来の形態もあまり保持しないかもしれない。最も意欲的なニュー・リバタリアンは、新進のアゴリスト保護・仲裁機関のための研究開発供給部門に移り、最終的には保護会社シンジケートのディレクターとなるだろう。

状況は今や革命に近づいているが、まだ逆転可能である。[9]ここでもニューリバタリアンは、ここまでの利益を維持し、守りながら、次の段階を見据える最前線に立っている。

NLA(現在は最も前向きな要素の総称に過ぎない)は、言行一致で自分たちの産業に最適な保護と防衛の方法を発見し開発し、その革新を起業することによって、このプロセスを加速させることができる。

3と4の間のこの段階の移行では、国家の支配層が、過去のすべての国家犯罪に対して正義を下そうとするそれらの要素を抑圧するために、最後の暴力を解き放つ。国家の知識人は、その権威が失墜し、すべてが失われると認識している。事態は今すぐ覆されなければならない。NLAは、この状態に対する早まった認識や、この認識に対する早まった行動を防がなければならない。これがNLAの最終戦略目標である。

国家が弾圧の最終波を放ち、それに抵抗することに成功したとき、それが革命の定義である。ひとたび、国家がもはやその寄生虫階級から略奪や支払いをすることができないと認識されれば、強制執行者たちは、彼らにより良い支払いをすることができる人々に寝返り、国家は急速に崩壊して、後進地域の一連の国家主義のポケットになるであろう-もしそうであれば-。[10]

第4段階:国家主義的な不純物を含むアゴリスト社会

国家の崩壊は、掃討作戦を残すのみとなる。保険会社や保護会社は、国家から守るべきものがないと考えるので、同盟的な保護者のシンジケートは競争に陥り、NLA-そのサポートがなくなった-は解散する。

逮捕された国家主義者たちは原状回復費を支払い、もし長生きして借金を返せば、生産的な企業家として再統合される(彼らの「訓練」は、借金を返済する過程で自動的に行われる)。

ただいま(第2章)!新リバタリアニズムは普通の生活の基礎として当然とされ、私たちは人類が直面している他の問題に取り組む。

 

行動せよ 私たちの戦術

前の章では、いくつかの戦術について簡単に説明した。急進的なリバタリアンとMLLにとって生産的であることがわかったいくつかの戦術は、より急進的でないグループに潜入し、代替案を提示することによって分裂を引き起こすこと、強制(または逸脱)に目に見える抗議と拒絶で立ち向かうこと、日常的に友人の間で個人のセールスマンシップ、情報、商品、支援を交換しプロト・アゴラとして機能するサパー・クラブなどのリバタリアン社会集団、そしてもちろん出版、スピーチ、アゴリスト・メッセージの小説執筆[1]、多くの形態の教育活動などである。教師、ビジネスコンサルタント、エンターテイナー、歴史修正主義者、アゴリスト経済学者、などなど。

成功する戦術は、発見され、利用され、継承されていくしかない。ある戦術が機能した別の場所と時間的・場所的に十分に類似した条件を感知した者は、その戦術を使うことができる。しかし、それはすべてリスクである。それこそがアクティビズムであり、市場を推測し、需要を供給する起業家精神の一種である。市場を推測し、需要を供給する。人は推測を的確に行うことができるようになり、それが成功する起業家の条件となる。それが成功する起業家なのである。これはミーゼスの『人間の行動』に書かれていることで、それを応用すればいい。

試してうまくいったこと、失敗したことを知るためには、コミュニケーションが必要である。もしあなたがこのページにたどり着き、同意し、抵抗を支持する願望があるか、強制に抵抗する熱い必要性があるなら、現在いるフェーズに応じて、MLLまたはNLAを存在させる準備ができている(第IV章)。自分を解放しよう。活動的になろう。

私たちはどのフェーズにいるのか?1980年10月(初版)、地球の大部分はフェーズ0にある。イギリス諸島、オーストラリア、カナダはフェーズ1に向かって大きく前進し、北アメリカはフェーズ1にある。今日、リバタリアンが最も集中している南カリフォルニアにだけ、フェーズ2の最初の兆候が見られる。状況が逆転していないと仮定すれば、実際のアゴリスト社会の最初の数滴-アナルコビレッジ-は、実行可能な部分社会を核にしている。

リバタリアン左派の運動は、アライアンスに核となるエージェントやセルが散在するカリフォルニアにのみ存在する。以前宣言された新リバタリアン同盟は時期尚早であることが判明し、NLAはそれを維持する客観的条件が到来するまで胚(または核)の中にとどまる。

MLLは、そのために仕事をしなければならない。外部的には、世界的な「左翼」の崩壊[2]が、抑制力を弱めている。

[2]は、戦争に向かって突進し、落ち着きのない犠牲者に愛国心を再認識させようとする国家の競争的な部門に対する抑制を弱めている。反帝国主義、反戦、反徴兵運動の放棄されたリーダーシップを、新鮮で、活性化された、イデオロギー的な裏付けをもってつかむことは、リバタリアンが左翼となる好機となった。MLLは、この優位性をめぐって、党派的・単細胞的な要素と競争しなければならない。[3]

アメリカのプルトクラシーは、暴走するインフレの瀬戸際から恐慌へと、そして再び、かつてないほど大きく揺れ動き、多くの自己満足的なビジネスマンをパニックに陥れ、彼らの意識を安定回復のための保守的な保証を超えて、ラディカルで革命的な代替案さえも検討させるようになった。リバタリアン左派だけが、こうした企業家たちを「イデオロギー的」かつ「非実利的」な立場へと導くことができる。そこに私たちのチャンスがある。

内部的には、「リバタリアン」党は、1980年のアメリカ大統領選挙で危機的状況に陥った。クラーク・クラークの露骨な日和見主義によって、政党主義に内在する国家主義が早々に暴かれ、左派だけでなく、右派や中派の反対も招いた。[主要な離反者は日々増えている。[5]

デンバー大会(1981年8月)までにコクトパス党員を追放する改革派が現れ、未分化の党員をなだめることができなければ、USPは劇的に後退し、MLLと反党的教育・カウンターエコノミー活動に幻滅する何千人もの新人が生まれるだろう。

このマニフェストをマニュアルとインスピレーションとして、新リバタリアンの戦略家と戦術家は、新リバタリアン戦略と、満たされた条件に適した戦術を研究し、開発し、修正し、実行することができる。多くの作業が必要であるがそのプロジェクトは、平凡な仕事では得られない結果をもたらす。政治、課税、徴兵、経済破滅、非自発的貧困、そして最終戦争における戦争の大量殺戮(私たちの敵である国家に対する社会)に終止符を打つことができるようになる。

カウンターエコノミクスは、国家主義的な抑制を放棄した人々に、すぐに満足を与えてくれる。リバタリアニズムは、それに従う実践者に、まだ考え出されていないどんな代替案よりも多くの自己解放と個人的な充足感を与えてくれる。しかし、新リバタリアニズムだけが、人間の本質を変えることなく、社会を道徳的で実用的な生活様式に改革することができる。ユートピアは捨ててもよい。ついに私たちは、人間が何らかの社会に合わせるのではなく、人間に合うように社会を作り変える方法を垣間見た。これほどやりがいのある挑戦はないだろう。

あなたが今、新リバタリアンの道を選んだのなら、私たちの「トリプルA」の誓いと戦いの言葉、あるいはそれに似たものに参加し、定期的に自分を更新したいと思うかもしれない。

「私たちは、自由の効力を目撃し、複雑な自発的交換の複雑な美しさを謳歌する。私たちは、すべてのエゴが、他のエゴの価値を制限することなく、その価値を最大化する権利を要求する。私たちは、市場が束縛されない時代、人類の自然で適切な条件、豊かな富、終わりや限界のない目標、そしてすべての人のための自己決定的な意味を宣言する。アゴラ」

「私たちは、私たちを束縛しようとする者すべてに、その理由を示すよう挑む。私たちの侵略の証拠がない場合、私たちは束縛を打ち砕く。私たちは、いかなる者に対しても、これまで侵略を行った者をすべて裁く。抑圧された人々を本来の姿に戻す。そして、侵略者の保護者であり正義の妨害者である、時代の怪物、偽りの合法的な強制の独占を、私たちの心と社会から永遠に破壊するのだ。つまり、国家を粉砕するのだ。アナーキーだ」

「私たちは、一貫した道徳によってのみ抑制された個人的な限界まで意志を行使する。私たちは、私たちの意志を奪う反原則と闘い、物理的に私たちに挑戦するすべての者と闘う。国家が粉砕され、人類がアゴリストの故郷に到達するまで、私たちは休まず、資源を浪費しない。現在の正義と永遠の自由への揺るぎない欲望に燃えて、私たちは勝利する。行動だ!」

アゴラ、アナーキー、アクション!サミュエル・エドワード・コンキン三世

1980年10月12日、アナーコビレッジ(ロングビーチ)。

New Libertarian Manifesto

by Samuel Edward Konkin III

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました