I-Mask+プロトコル 仮訳 2021年10月12日

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

MATH+ & I-MASK/FLCCC

I-Mask+ 予防プロトコル

I-MASK+ Protocol - FLCCC | Front Line COVID-19 Critical Care Alliance
The MATH+ Hospital Treatment Protocol for Covid-19 is a physiologic-based combination treatment regimen created by leaders in critical care medicine.

抗ウイルス&抗菌剤

  • イベルメクチン
    • 慢性予防 1回0.2mg/kg(食前または食後に服用)-週2回、地域で疾病リスクが高まっている限り
    • COVID-19曝露後の予防 1回0.4mg/kg(食前または食後に服用) – 当日1回服用し、48時間後に繰り返す
  • うがい薬(マウスウォッシュ)

1日2回 – 塩化セチルピリジニウム入りの消毒用マウスウォッシュ(ScopeTM、ActTM、CrestTMなど)またはリステリン(エッセンシャルオイル入り)でうがいをする(飲み込まないように)。

免疫強化/支持療法

  • ビタミンD3 1000-3000 IU/日
  • ビタミンC 500~1,000mg/日×2
  • ケルセチン 250mg/日
  • 亜鉛 30~40mg/日(元素亜鉛)
  • メラトニン 就寝前に6mg(眠気を催す)

イベルメクチンが入手できない場合

  • ニゲラサティバ(ブラッククミン) 40mg/kg 日

イベルメクチンが使用できない場合に使用するか、最適な予防のためにイベルメクチンに追加して使用する。

サポート情報

Delta variantのI-MASK+プロトコールに追加された複数の項目に関する質問は、よくある質問のページflccc.net/new-i-mask-faqsに掲載されています。ここでは、抗アンドロゲン療法の重要な役割、イベルメクチンの安全性と高用量投与の必要性、個々の患者の治療に使用すべきプロトコルの構成要素の数に関するガイダンスについての回答が掲載されています。

イベルメクチンの有効性

イベルメクチンは、現在よく知られている強力な抗ウイルス作用と抗炎症作用を有することから、COVID-19の治療に非常に適した薬剤です。

イベルメクチンの有効性は、64件の対照試験の結果によって裏付けられており、そのうち32件は無作為化試験で、そのうち16件は研究デザインのゴールドスタンダードである二重盲検試験でした。これらの試験の要約(メタアナリシス)では、感染、回復までの時間、入院、死亡が統計的に有意に減少しています。

COVID-19におけるイベルメクチンの支持的証拠の最新の要約は、こちらをご覧ください。

flccc.net/flccc-summary-of-theevidence-of-ivermectin-in-covid-19

最後に、公衆衛生上の歴史的な成果として、2021年9月16日現在、北インドのウッタル・プラデーシュ州は、COVID-19の治療および予防プロトコルにイベルメクチンを広く配布した結果、人口2億4100万人からCOVIDを効果的に根絶しました。「イベルメクチンがCOVID-19のアウトブレイクの治療に成功した最新の結果」もご参照ください。

I-Mask+ 早期治療プロトコル 1st ライン

抗ウイルス剤

  • イベルメクチン

1回0.4~0.6mg/kg(食前または食後に服用) – 1日1回、5日間または回復するまで服用する。

以下の場合は、上限量を使用する。

  1. 攻撃性の高い変異株が存在する地域(例:デルタ株)
  2. 症状が出てから5日目以降に治療を開始した場合、または肺病期に治療を開始した場合、
  3. 複数の併存疾患・危険因子がある場合。
  • ニタゾキサニド(Nitazoxanide)

500mgを1日2回、5日間、食後に投与する。

イベルメクチンと併用するか(好ましい)イベルメクチンが入手できない場合は代替する。

(ニタゾキサニドは米国では入手できないか、価格が高いことが多い)

抗菌・抗ウイルス

  • 抗ウイルス剤のマウスウォッシュとヨウ素の鼻腔スプレー
    • マウスウォッシュ

1日3回のうがい(飲み込まないこと。クロルヘキシジン、ポビドンヨード、または塩化セチルピリジニウムを含む)。

    • ヨード鼻腔スプレー

1%ポビドンヨードの市販品を指示通りに1日2~3回使用する。1%製品が入手できない場合は、より広く普及している10%溶液を最初に希釈し、4時間ごとに両鼻に4~5滴ずつ塗布する必要がある。(妊娠中は5日を超えてはならない)

抗凝血剤・免疫増強

  • アスピリン 325mg/日(禁忌の場合を除く)
  • ビタミンD

カルシトリオール0.05mgを1日目に投与し、その後0.025mgを7日間毎日投与する。
代替手段:カルシフェジオール0.2mgを1日目、3日目、7日目に投与し、その後回復するまで毎週投与する。

  • メラトニン 就寝前に10mg(眠気を催す)

栄養療法

  • クルクミン(ターメリック)500mg 一日二回
  • ニゲラサティバ 80mg/kg 日
  • はちみつ 1グラム/kg 日

相乗効果のある治療

  • ケルセチン 250mg 1日2回
  • 亜鉛 100mg/日
  • ビタミンC 500~1,000mg 1日2回

パルス・オキシメーター

酸素飽和度のモニタリング 推奨

(使用方法は3ページを参照)

I-Mask+ 早期治療プロトコル 2nd ライン

リストは優先度・重要度の高い順に記載

ダブル抗アンドロゲン療法

  1. スピロノラクトン 100mg 1日2回 10日間
  2. デュタステリド(Dutasteride)2mgを1日目に投与し、その後1日1mgを10日間投与する。デュタステリドが入手できない場合は、フィナステリド10mgを1日1回、10日間使用する。

フルボキサミン

50mgを1日2回、10日間

代替薬としてフルオキセチン30mgを1日2回、10日間投与することを検討する(忍容性が高い場合が多い)。患者がすでにSSRIを服用している場合は避ける。

モノクローナル抗体療法

  • カシリビマブ/イムデビマブ(Casirivimab/Imdevimab)

各600mgを単回皮下注射する。抗体療法は、最初の症状が出てから7日以内で、以下のような1つ以上の危険因子を持つ患者を対象としています。年齢65歳以上、BMI25以上、妊娠、慢性肺疾患、慢性心臓疾患、慢性腎臓疾患、糖尿病、免疫抑制、発達障害、慢性気管切開、栄養チューブなどのリスク要因がある場合。

I-Mask+ 早期治療プロトコル 3rd ライン

以下の基準を満たす場合、中和剤を検討する。

コルチコステロイド

  • プレドニゾンまたはメチルプレドニゾロン 

1mg/kg 1日5日間投与

その後、患者の反応に応じてゆっくりと漸減または漸増する。

基準は以下の通り

基準:最初の症状から7~10日目以降で、胸部X線異常、息切れ、または酸素飽和度88~94%のいずれかを有する患者。

酸素飽和度が88%未満の場合は、救急外来を受診すること。

 

付録

2021年8月11日 FLCCからの緊急告知

体重60kgの場合

発症直後 24~36mg 食後に摂取!

高リスクの予防 12mg 週2回!

推奨摂取量は適正か? 管理人のコメント

FLCCCの新しい推奨摂取量が多すぎるのではないかという意見を目にすることがあります。通常イベルメクチンは、例えばバファリンやアスピリンなどといった薬剤よりも安全性が高いと考えられている薬剤であり(薬剤有害事象報告のデータベースに基づく)、FLCCCが推奨する治療における高用量投与においても、いくつかの臨床研究から安全性はほとんど変化しないことが示唆されています。

一方、高用量・高頻度の長期的な予防投与に関しては、治療投与と比較すると頑健なデータが相対的に不足しています。したがって摂取する方の死亡・重症化リスク(年齢・基礎疾患、肥満等、その他の予防・治療手段の有無等)の高さと比べて、どれだけ投与するかというリスク・ベネフィットに基づいた判断を行うことが、他の薬剤・ワクチンと同様に有用であろうかと思われます。

イベルメクチン高用量投与の安全性:システマティックレビューとメタアナリシス
...
成人COVID-19患者におけるイベルメクチン高用量投与の抗ウイルス効果。概念実証のための無作為化試験
...

どうして鼻うがいなの

画像

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker