COVID-19では神経系、精神系の疾患が多い

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Long-COVID/コロナ後遺症神経変性(Neuro-COVID)
Neurologic, psychiatric conditions common in COVID-19

2つの新しいメタアナリシスは、COVID-19患者の神経学的および精神医学的な状態を詳細に示しており、1つは軽症の人でも疲労感や抑うつなどの症状が一般的であることを示唆しており、もう1つは最大36%の症例で中枢および末梢神経系の病変が認められ、入院のリスクが高まることを示している。

脳への関与は例外ではなく、標準的なもの

昨日、Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry誌に掲載された最初の研究では、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究者を中心とするチームが 2020年1月から7月にかけて、30カ国の215件のCOVID-19研究を対象に、105,638人の症状のあるCOVID-19患者を対象としたシステマティック・レビューとメタ分析を行った。

最も多かった症状は、嗅覚の喪失(43%)脱力感(40%)疲労感(38%)味覚の喪失(37%)筋肉痛(25%)抑うつ(23%)頭痛(21%)不安(16%)であった。また、虚血性脳卒中(1.9%)出血性脳卒中(0.4%)痙攣(0.06%)など、主要だが頻度の低い神経系疾患も確認された。

COVID-19のデータセットに含まれる数少ない非入院の軽症患者では、神経学的および精神医学的な症状がやはり多く見られ、55%が疲労感、52%が嗅覚障害、47%が筋肉痛、45%が味覚障害、44%が頭痛を訴えてた。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのニュースリリースの中で、研究代表者のJonathan Rogers氏(BChir)は、研究チームは、重度のCOVID-19では神経症状や精神症状がより多く見られると予想していたと述べている。「しかし、その代わりに、いくつかの症状が軽度の症例でより一般的であるように見えることがわかった」と述べている。「COVID-19が精神衛生や脳に影響を与えるのは、例外ではなく普通のことのようである」。

全身症状や呼吸器症状との明確な関連はなし

研究者らは、これらの症状の背景には、脳の炎症、脳への酸素供給量の不足、孤立などの心理社会的要因があるのではないかと考えている。

また、最も多く報告された神経症状が、COVID-19の重症度が低い人ほど多く発生していたことから、神経症状は必ずしも全身症状や呼吸器症状と相関しておらず、異なるメカニズムやタイミングが関与している可能性が示唆されたとしている。

著者らは、COVID-19患者において、脳卒中や発作とともに、うつ病、不安神経症、心的外傷後ストレス障害などの精神疾患の症状について、さらなる研究を求めている。

共同研究者であるエジンバラ大学のAlasdair Rooney医学博士は、コロナウイルス患者では神経症状や精神症状が非常によく見られることを臨床家は認識すべきであると発表している。「稀な症状であっても、世界中で何百万人もの人々が感染している状況では、通常時よりもかなり多くの人々が影響を受ける可能性がある」と述べている。「メンタルヘルスサービスと神経学的リハビリテーションサービスは、紹介者の増加に備えてリソースを確保する必要がある」と述べている。

重度の感染症と関連する重篤な状態

今週初めに「BMC Infectious Diseases」誌に掲載された2つ目の研究は、神経系に病変のあるCOVID-19患者10,723人を対象とした143件の観察研究および記述研究のメタ分析であった。この研究は、コロンビアのUniversidad de La Sabanaの研究者が主導した。

研究者らは 2019年12月から 2020年6月までに発表されたCOVID-19の神経系病変の臨床症状に関する研究119件、神経画像所見に関する研究62件、脳脊髄液の結果に関する研究60件、病態生理学的メカニズムに関する研究51件、電気生理学的所見に関する研究28件、神経病理学的所見に関する研究4件を確認した。

その結果、コロナウイルス患者における神経系の病変の有病率は、22.5%~36.4%であることがわかった。神経系の病変は、入院の可能性を約81%増加させた。死亡率は、COVID-19の神経系の病変とは明確に関連しておらず、むしろ全身性疾患と関連していた。

53件の研究で、COVID-19中枢神経系の病変に関する8,129の徴候や症状が報告された。その中には、精神神経系の障害(61.3%)頭痛(22.2%)めまい(6.6%)意識障害(5.2%)せん妄(4.3%)吐き気と嘔吐(0.3%)首のこわばり(0.1%)などが含まれてた。また、嗅覚や味覚の喪失、脳障害、脳卒中なども多く見られた。精神症状としては、不安、気分障害、精神病、不眠症などが挙げられた。

脳卒中との関連が最も高い、410人の患者における局所的な神経学的症状については、28件の研究で報告されている。これらの症状には、運動障害、言語障害、健忘症、視野障害などが含まれる。28件の研究で346人の患者に発作が報告され、その約90%が新規発症であった。

研究者らは、「重篤な神経学的イベントは、軽症の患者よりも重症の感染症患者でより頻繁に発生していた」と述べている。「呼吸不全のみで入院したCOVID-19患者が神経症状を発症した場合、挿管や人工呼吸の必要性が高まるなど、より重篤な経過をたどる傾向があった。」

著者らは、COVID-19の神経系病変の中長期的な合併症を分析するためには、前向きなコホート研究が必要であり、コロナウイルスに関連した神経症状に対する治療法の有効性を無作為化臨床試験で評価する必要があると述べている。

「国際的な共同研究と網羅的な神経学的登録により、COVID-19の中枢および末梢の神経学的病変に関するトランスレーショナルな知識が強化され、治療法の決定戦略が生み出されるだろう」と彼らは書いている。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker