Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

アルツハイマー病発症因子 ネトリン1・ADNP

リコード法 36項目 Netrin-1 ANDP

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

関連記事

PACAPの多彩な神経保護作用(VIP関連)

ネトリンとは

bsd.neuroinf.jp/wiki/ネトリン

軸索誘導に関するタンパク質の一種。

サンスクリット語の「netr(ガイドする人)」から名付けられた。

軸索は成長する過程において、高濃度のネトリンに近付いたり離れて動いたりする。

ネトリンは成長因子としても作用し、標的細胞の細胞増殖活性を促進する。

ネトリンノックアウトマウスでは、海馬の亀裂や脳梁を形成することができなくなる。

ネトリン-1

ネトリン1は、最初に発見された軸索誘導因子で、脊髄の腹側領域、神経上皮細胞、体性中胚葉、膵臓、心筋を含む神経系の部位に見出される。

ネトリン1の主な役割は、分岐構造の軸索ガイダンス、ニューロンの移動、血管形成など。

ネトリン1遺伝子変異を有するマウスは、前脳および脊髄交連軸索を欠損していることが観察される。

APP調節因子として作用するネトリン1

ネトリン1,受容体DCC、APPの3つの相互作用により、ニューロンの配線に重要な役割をもつ。

ネトリン-1はAPPの機能的リガンドであり、アミロイドβ産生を減らす調節因子である。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3436182/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28501620

content.iospress.com/articles/journal-of-alzheimers-disease/jad151046


ネトリン-1は破骨細胞前駆体および破骨細胞の分化および機能を増強する炎症細胞によって産生される自己分泌および傍分泌因子である。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4689304/

「netrin-1」の画像検索結果

ネトリン1によるアミロイドβの減少

ADマウスへのnetrin1発現誘導は、Aβ1-42、Aβ1-40両方の減少させ認知機能を改善。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27060954

ネトリン1を増やす

シュワン細胞の重要性

ネトリン1受容体はシュワン細胞で発現され、その発現は末梢神経切断傷害後にアップレギュレートされる。

軸索の再生にはシュワン細胞が不可欠であり、軸索再生の前にシュワン細胞が移動する必要がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5372507/

シュワン細胞由来のシグナル候補 GDNF、NGF、BDNF

軸索誘導プロセスを誘導するシュワン細胞由来のシグナル候補としてGDNF、NGF、BDNFなどのニュートロフィンが示唆されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20623378/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23361995/

レスベラトロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29328454

癌において活性化するネトリン1

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0171933516302163?via%3Dihub

低酸素症によるネトリン1の発現

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27815019

ADNPを増加させる

Activity-dependent neuroprotector homeobox protein

活動依存性神経保護因子ホメオボックスタンパク質

en.wikipedia.org/wiki/ADNP_(gene)

ADNPはアストロサイトから放出される神経細胞保護作用をもつ生理活性タンパク質で、主に小脳、海馬、大脳白質で発現しており、脳の発達、自食作用に必要、認知機能と関連する。

アルツハイマー病

アルツハイマー病の進行と関連

アルツハイマー病患者の血清ADNPは有意に低下を示し、臨床段階と相関することからアルツハイマー病診断のバイオメーカー候補としても取り上げられている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4712084/

アルツハイマー病初期に神経保護因子として増加するADNP

早期ADのマウスモデル、軽症段階でADNPは大量に発現する。ニューロン損傷に応答して、ADNPは重要な神経保護の役割を果たしている可能性がある。

ADNPに由来する8アミノ酸神経保護ペプチドNAPは、マクロファージにおけるTNF、IL16、およびIL12を含む主要な炎症性サイトカインをダウンレギュレートし、免疫調節および神経保護の役割を示す。

性差のあるADNP欠損リスク

www.nature.com/articles/tp2014138