ニール・オリバー  私たちは黙っていていいのでしょうか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ワクチンワクチン倫理・義務化
Neil Oliver: Will we remain silent while such a dark tide slides ever closer to our own shores, one country at a time?

マーク・トウェインは、「歴史は同じようには繰り返さないが、韻を踏む」と言っています

先週の5日間、オーストリアはワクチンを接種していない人々を封鎖しました。約200万人の人々が、仕事や食料の購入などのために外出することしか許されませんでした。ワクチンを打っていない人の多くは、お店やカフェ、レストランなどで、いわば下っ端の使用人として働いていました。しかし、シフトが終わるとすぐに、同じ場所にいることはできません。もちろん、お客さんとしても入れません。どこの惑星でその戦略が意味をなすのでしょうか?

予防接種を受けた人にコーヒーを提供したり、購入した商品を袋に入れたりするのには適していますが、それ以外の点では不潔であり、清潔な人たちと一緒にいても感染しないと判断されたのです。街角でインタビューを受けたオーストリア人は、恐ろしくも無関心で、動揺もせず、仲間の社会的地位の低下を支持さえしていました。

この動きは、健康のためではなく、コンプライアンスと服従のためであることは明らかだと思う。というよりも、頑固なまでに従おうとしない人々を何とかして従わせようとしているのではないでしょうか。おそらく、どこかの頭脳明晰な人が、ワクチンを受けていない人に汚名を着せ、隔離することで望ましい効果が得られるのではないかと考えたのでしょうが、それでは確実に蔓延を止めることはできません。

ウィーンの売春宿では、好きな女性と30分一緒にいられるというサービスがあり、仕事を引き受ける見返りに私もそこに呼ばれます。ここでは、女性はケバブ、ハンバーガー、アイスクリーム、宝くじなど、コンプライアンスの誘因として提供される無料のものと同列に扱われています。これは健康の問題ではなく、女性たちの精神的・肉体的な健康の問題でもありません。セックスワークを目的とした女性の人身売買は、世界中の現代奴隷制の特徴です。

しかし、私たちはそのことに関心がないのかもしれません。むしろ、男性が医療行為を受けるために列に並び、満足できない女性のために自分を助けている間、私たちは見て見ぬふりをしているのです。

オーストリアの選良たちは、自分たちの筋肉をもう少し曲げなければならないと感じ、2月にはワクチンを受け入れることを義務付けると発表しました。代替手段は一切ない。ドイツ、チェコ、ギリシャ、イタリアなどの国々も、オーストリアと同じように、ワクチンを受けていない人を囲い込む方向に進んでいる。おそらくこれらの国の政府も、早晩、ワクチン接種の義務化を選択するでしょう。

オーストリアやその他の国の当局は、従うことも従うこともできないウイルスの責任を負わせるためのスケープゴートを探していることが、私には恐ろしく明らかに思えるのです。

ジブラルタルは地球上で最もワクチンが接種されている地域の一つであり、イスラエルも同様ですが、どちらも感染者は増え続けています。1ヶ月という長期にわたる戦略が正しいものではない可能性を考えるよりも、少なくとも予測された効果が得られていないことを認める方が良いでしょう。

盲目的に突き進み、誰かに責任をなすりつける方が簡単なのです。歴史を振り返ると、悪政を敷いた政府は往々にして非難すべき相手を探し、その中には自国民も含まれています。

もし20世紀が私たちに教訓を与えるとしたら、それはどんな傷跡や刺青よりも永久に消えないものにすべきだということです。それは、市民が少数の仲間を病気の媒介者として不浄なものと見なすことを奨励すると、一般に、誰にとっても悪い結果になるということです。

1941年のポーランドでは、ユダヤ人が致死性の病気であるチフスを蔓延させているというプロパガンダキャンペーンが行われていました。病気の蔓延を特定の少数派のせいにすることは、我々がずっと前に眠らせておくべき幽霊のようなものですが、ここに再び戻ってきました。ここにきてまた復活したのです。

歴史は繰り返しませんが、韻を踏んでいるのです。ヨーロッパ中で曲が変わりつつあります。
ドラムの音が聞こえてきませんか?タンブリルは?

何よりも私を悩ませているのは、オーストリアの決定を非難する言葉が我々の指導者から一言もなく、注意を促す言葉さえもないことです。

私たちには他に2人の信仰の指導者がいます。知る必要があるのは、教会が屯田した20世紀よりも歴史を遡る必要があるということです。ダラム大聖堂は、NHS(英国保健医療局)ワクチンのパスポートを持っている人だけがクリスマス礼拝に参加できるようにすると宣言しました。それがマタイ2535章とどう合致するのかはわからない。

私が飢えていたのに、あなたは私に食べ物を与え、私が渇いていたのに、あなたは私に飲み物を与えてくださいました。

私は見知らぬ者でしましたが、あなたは私を歓迎してくださいました。

私は裸でしましたが、あなたは私に服を着せてくださいました。

私は病気でしましたが、あなたは私を訪ねてくださいました。

私たちは一体どのようにしてここまで来たのか、そしてこんなに早く、自由主義的で近代的な民主主義国家であるはずのオーストリアが、国民の血肉に対する完全な権利を引き受けることを決定したのです。21世紀のヨーロッパの政府が、市民の体内に入る化学物質について最終的な決定権を持つと決めたのです。

これがルビコン川の横断であることを否定することはできません。人々が自分の体のコントロールを国家に明け渡さなければならなくなったら。その人たちは、自律した存在ではなく、糸で操られた人形のような別世界にいるのです。それはまた、後戻りできない世界である可能性が高い。

嫌なら国を出てどこかに住めばいい、と言う人もいるでしょう。しかし、いったいどこに行けばいいのでしょう。20世紀であれば、生活に支障をきたすような状況や体制から逃れるために、世界各地に行く場所がありました。しかし、世界全体が同じように変化したらどうでしょう。全世界がオーストリアになったら?

私は、オーストリアの政府が下した決定を、わが国の政府が非難するのを聞きたい。少なくとも、英国でこのような法律が可決されることはないと、彼らにとって神聖なものであれば何であれ約束してほしい。もし彼らが非難もしなければ、破れない誓いも立てないのであれば、導き出される唯一の結論は、オーストリアや他の国でどうなるかを見守っているということであり、一部の政治家の言葉を借りれば、この20ヶ月の間に紛れもない軽蔑の念が出芽てきたので、おそらく後に続くことを視野に入れているのでしょう。

先週、保健省のサジッド・ジャビット長官は、ツイッターである人から質問を受けました。誰かが彼に、ファイザー社のワクチンを2回接種した後、ブースターとしてメダラ社のワクチンが提供されていないと言うことができます ジャビット氏の回答は、全体的には、NHS(英国保健医療局)に敬意を払ってはどうか、というような内容でした。

しかし、あなたはいくつかの敬意を示します、カギカッコ付きで。そして私が最後に見たときに保健長官や人々のいくつかからこのすべてを指示したように、すでに薬を服用している人に向けられた軽蔑のこのレベル?質問をせず、言われた通りにするのはどうでしょうか。

私たちの費用で国民に奉仕するために選ばれた政治家が、選挙で選ばれた代表者が行くべきではない場所へと一線を越えているように見えます。

歴史を振り返ると、過去の家畜奴隷制度を修正する一方で、女性や子供がセックスのために往来することには目をつぶっています。コンゴの危険な鉱山で命がけで働く子どもたち、携帯電話や電気自動車の材料となるコバルトを採掘する子どもたち、私たちが一度だけ着て捨ててしまう安い服を作る子どもたち。

私たちは、地域社会との関係を悪化させることを恐れて、ロザラムをはじめとするイギリス中の町で数え切れないほどの少女たちがレイプされ、虐待されていることに目をつぶり、耳を傾けません。

私たちはホロコーストを決して忘れないと約束しましたが、同時に中国のウイグル族のイスラム教徒への虐待、おそらくは大量虐殺的な虐待にも目をつぶり、オーストリアのワクチン未接種者の隔離にも目をつぶるように促されています。

私たちは国民に強制的に行われる医療行為を見て見ぬふりをし、秘密結社を作っています。

このような暗黒の潮流が、一国ずつ私たちの海岸に近づいている間、私たちは黙っているのでしょうか。「沈黙している者は同意しているとみなされる」という古い言葉がありますが、私たちは沈黙しているのでしょうか、それとも声を大にしてはっきりと真実を語るのでしょうか。

マーティン・ルーサー・キングは、私たちには不当な法律に背く道徳的義務があると言いました。

私たちは同意しないようにと声を上げるのでしょうか?

私たちは不正な法律には従わないのでしょうか?

そして、もし私たちがそうしないとしたら、一体、私たちは何者なのか?

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました