ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)

NAD+ミトコンドリア

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ニコチンアミド アデニンジヌクレオチド(NAD)

 

NAD+はトリプトファンから合成されるが、NAD+の主な供給源はサルベージ経路から。

NADHの酸化型、酸化剤として作用する。

DNA損傷の増加は、NAD+レベルを低下させ、SIRT1活性およびミトコンドリア機能の低下をもたらす。低NAD+はSirt1の活動を減少させる。

NAMPTがNAD+量を調節

 

NAD+を増加させる方法

・絶食、カロリー制限

・ケトンダイエット、酪酸

・運動

・サウナ、HSP入浴法

・発酵食品、キノコ茶

・フルクトース フルクトースはSirt1を増強 NADHをNAD+に代謝する酵素を活性

・オキサロ酢酸

・AMPK活性

・ニコチンアミドリボシド

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました