サル痘・天然痘ロバート・マローン

サル痘 最新情報
Monkey Pox Update

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.travelgay.com/event/gay-pride-maspalomas/https://rwmalonemd.substack.com/p/monkey-pox-update?s=r

2022年5月31日 大きな進展があった。

Robert Malone MD, MS

露骨な恐怖ポルノはもう止まらないのだろうか?支配されたメディアは恥を知らない。

もしロナルド・レーガンがまだ私たちと一緒にいたなら、私たちは「またか」というリプレイを聞くことになるのではないだろうか。まず、公衆衛生関連の恐怖ポルノが、メディアを挙げて一斉に流された。例えば 2022年5月20日のジェイク・タッパーのCNN放送番組「The Lead」からの画像(上)は、私にはサル痘ではなく天然痘の症例にみえる。もう一つの例は、以下の自明なペアの画像である。

そしてもちろん、ビルとメリンダ・ゲイツが資金提供したGAVIのテキストは、サル痘とfearpornに関する私の以前のサブスタックの記事で取り上げた、10%の死亡率を主張する非常にあからさまなものだ。

 

これを書いている自分が信じられないが、このトピックに関する私の最初のサブスタック記事以来、「バイオセーフティとバイオセキュリティの規定が不十分でモニタリングが弱い研究所で作られた病原体を使ったテロ攻撃によって引き起こされる」バイオテロに関連したサル痘ウイルスの放出をモデルとしたイベント201スタイルのウォーゲーム演習が公開された。驚くべき(偶然の?)先見性で 2021年3月(コビッドクライシスの1年3ヶ月)の「テーブルトップ演習」は 2022年5月15日に開始されたサル痘のバイオテロ攻撃をモデルにしている。CNNとジェイク・タッパーのfearporn pieceの日付-2022年5月20日-に注目してほしい。この「演習」のベースとなったシナリオで展開されたモデリングでは 2023年12月1日までに32億人の感染者と2億7100万人の死者が出ると予測されている。もちろん、このシナリオを裏付けるために使われたような単純化された公衆衛生モデルの予測精度は、絶対に恐ろしいことが繰り返し証明されている。この種のモデルは、CNN、MSNBC、NYT、ワシントンポストなどの恐怖政治の売り手によってあまりにも頻繁に武器として使われる非科学的憶測としてゴミ箱に追いやられるか、継続的にゴミ箱行きになるはずである。今までに、我々は皆、USGとWEFに支配されたいつものメディア関係者を知っている。

イタリア人がよく言うように

Niente e lasciato al caso.

偶然に起こることは何もない。

その会議では、WHOに国家憲法をバイパスする前例のない権限を与える国際保健規則(IHR)の修正(米国保健省が2022年1月23日に提案)が活発に検討されたが、国家主権の侵害に関するアフリカ諸国の懸念により、将来の会議(~2022年11月)に先送りされたのであった。この「演習」の明記された目的は、提出されたIHR修正案で米国HHSが提案した目的とトピックと驚くほどよく一致していた。

  • 特定の技術の進歩に伴って生じる新たな生物学的リスクを軽減することを目的とした、新しいグローバルなバイオセキュリティ組織を設立すること。その使命は、より強固な世界的バイオセキュリティ規範を推進し、それを維持するための手段とインセンティブを開発することにより、生物科学とバイオテクノロジーの事故、不注意による誤用、意図的な乱用による大惨事のリスクを低減すること。
  • 原因不明の重大な生物学的事象を調査するための新たな共同評価メカニズムの設立の可能性を検討すること。この新メカニズムは、世界保健機関(WHO)の感染症発生調査能力と、意図的な生物兵器使用の疑いを調査する国連事務総長メカニズムなど、既存のメカニズムの「継ぎ目」で活動し、パンデミックの起源を調査する国連システムの能力を強化する。
  • グローバルな健康安全保障とパンデミック対策のための触媒的な多国間融資メカニズムを確立するよう提唱すること。その目的は、資源を最も必要とする国々において、持続可能なバイオセキュリティとパンデミック対策の能力構築を加速させることだ。

では、また新たな「パンデミック」の事例が生まれたのだろうか?私が言えるのは、次のことだけだ。

「ああ、私たちが最初に欺くことを実践するとき、私たちはなんと複雑な網を織るのだろう」 (サー・ウォルター・スコット、マーミオン)

(ウォルター・スコット著「マーミオン」)

あるいは、もっと適切な引用は、次のようなものだろう。

イタリアには「一度私を欺いた者はその者の責任、二度目は私の責任」という諺がある。

アンソニー・ウェルドン「ジェームズ王の宮廷と性格」(1651年)

先に書いた『サル痘、真実と恐怖のポルノ』というサブスタックの中で、私は次のような注意書きでこのエッセイを締めくくった。

進化や意図的な遺伝子操作によって何らかの遺伝子変化がない限り、この病気は重大な生物学的脅威ではないし、過去に脅威の大きい病原体とみなされたことは一度もない。

そこで 2022年5月23日にポルトガル国立衛生研究所が発表したこの報告書を紹介する。

この集団感染は、カナリア諸島(「約8万人が参加したカナリア諸島のゲイ・プライド・イベント」)と「マドリードのサウナ」という2つのヨーロッパの大規模なダンスパーティー・イベント(「Raves」)を発生地点とするものと密接な関係があるようだ。カナリア諸島のイベントは、5月05日から5月15日まで行われた「マスパロマスゲイプライド」の20周年記念イベント(先にモデル化されたサル痘の生物兵器が放出された正確な日)である。主催者は「10万人以上の参加者による大規模なパレード、ボートトリップ、プールパーティーなどなど!」と予想していた。つまり、意図的であれ、不注意であれ、サル痘の超拡散イベントとしては、かなり完璧な機会である。もし、HIVに感染したエイズの歴史を念頭に置きながら、移動性の高い国際的な人々に病原体を持ち込む機会を探しているなら、これはまさにドクター(メングル…)の命令であっただろう。

ポルトガルではすぐに複数の症例が検出され、INSAポルトガルは大忙しで、発生したサル痘の変種の系統図を作成するために必要なディープシーケンスを速やかに実施した。

その結果、現在流行しているサル痘(西アフリカ・クレード)の起源に関する驚くべき仮説と、そのデータを迅速に公開した。本題に入り、彼らのデータと論文を検討した結果、このウイルスの起源に関する多くの「作業仮説」の1つは、実験室ベースの操作の産物であるに違いないと結論づけざるを得ない。実話である。真実は小説よりも奇なり、である。

著者らは、研究の目的と方法を簡潔に(かつ上品に)次のようにまとめている。

(First draft genome sequence of Monkeypox virus associated with the suspected multi-country outbreak, May 2022 (confirmed case in Portugal) 184) に続き、今回、複数国でのアウトブレイクを起こしたサル痘ウイルスのゲノム配列を9つ追加公開する。これらの配列は 2022年5月15日および17日に9人の患者から採取した臨床検体から、イルミナテクノロジーを用いたハイスループットのショットガン・メタゲノミクス(詳細は下記参照)により得られたもので、サル痘ゲノム全体のカバー深度は38xから508x(平均201x)であった。

また、新たに配列決定されたゲノムは、USA*が公開した配列(Gigante et al, Monkeypox virus isolate MPXV_USA_2022_MA001, complete genome – Nucleotide – NCBI 156)も含めて、サル痘の遺伝的多様性に急速に統合されている。

そして、彼らは次のような主な見解を示している。

  • 複数の国で発生した集団感染は、単一の起源である可能性が高く、これまでに発表されたすべての配列決定済みウイルス*は緊密にクラスタリングされている(図1)。
  • 最初のドラフト配列Isidroらによって明らかにされた系統的配置の確認、183:アウトブレイクウイルスは西アフリカクレードに属し 2018年と2019年にナイジェリアから複数の国、すなわち英国、イスラエル、シンガポールへのサル痘ウイルスの輸出に関連するウイルス(利用可能なゲノムデータに基づく)に最も近縁である(1,2)。
  • それでも、アウトブレイクウイルスは、それらの2018年から2019年のウイルスから平均50SNPs(最も近いリファレンスMPXV_UK_P2,MT903344.1からは46SNPs)乖離しており(表 1_2022-05-23.zip(15.0 KB))これは、推定されるオルソポックスウイルスに関する置換率(3)を考慮するとはるかに予想以上のものであった。
  • Rambaut (Discussion of on-going MPXV genome sequencing 228) も述べているように、この分岐はAPOBEC3編集による進化的ジャンプ(超変異ウイルスにつながる)に起因するという仮説も捨てきれない(4)。
  • 我々はすでに、発生クラスター内での微小進化の最初の兆候、すなわち7つのSNP(表2_2022-05-23.zip(10.9 KB))の出現を検出し、2つの配列(PT0005とPT0008)を含むさらなるサブクラスター(2つのSNPでサポート)を含む3つの子孫ブランチ(図1)につながっている。注目すべきは、これら2つの配列は、Ankyrin/Host Range (Bang-D8L); D7Lタンパク質をコードするMPXV-UK_P2-010遺伝子の913bpフレームシフト欠失を共有していることだ(MT903344.1アノテーション)。遺伝子欠損現象は、中央アフリカのサル痘の風土病の循環で既に観察されており、ヒトからヒトへの感染との相関が仮説されている(5)。

学術的な科学の話に精通していない人は、この時点で首をかしげ、おそらく 「なぜこの意味を簡単に言ってくれないのか 」という内容のコメントを投稿する準備をしているかもしれない。

というわけで、簡略化しすぎのリスクを承知で。

  1. サル痘の発生は、単一のオリジナル・ウイルスに由来するようだ。科学的な「真実」に到達するための「複数の作業仮説」モデル(これは私の若い科学者としての教育の中核であった)の教えに従って、
    a)これは(例えば)ある感染動物から世界のどこかで一人の人間(おそらくマスパロマスゲイプライドイベントと何らかの関係がある)に「自然」な単一ジャンプイベントである可能性もある。あるいは
    b)意図的に分離されたウイルスが放出された可能性もある。良いことも悪いこともある複雑なニュース
  2. 著者らは、この新しい集団発生のウイルスが「(病気を引き起こしにくい)西アフリカのサル痘ウイルス群(クレード)」にマッピングされることを確認した。良いニュース
  3. この単一の感染源ウイルスは、西アフリカから来た可能性もあるし、イギリス、イスラエル、シンガポールから来た可能性もある(仮説aまたはbのいずれかと一致する)。良いニュースと悪いニュースが混在している
  4. このウイルスは 2018年から2019年に分離されたものと最も近縁であることを示す配列にもかかわらず、著しく異なっている。これは、自然進化によるものか、実験室での工学/機能獲得「研究」によるものかもしれない(仮説a)およびbと一致する)。概して悪いニュースだ。基本的に、著者らは、このウイルスのゲノムは、二本鎖DNAポックスウイルスから予想されるよりも急速に進化しているか、(言わずもがな、あるいは誰かがいじくりまわしている)と考えていることを表している。
  5. 著者らは、この突然変異のパターンは、APOBEC3という略称で呼ばれる天然の細胞性タンパク質の影響と一致すると推測している。APOBEC3の分子ウイルス学に飛び込みたい人には 2015年のJ Immunologyの素晴らしい総説がある。クリフノート」の要約版をお求めの方は、ウィキペディアを見てほしい。APOBEC3は、特定の塩基変化パターン(C→U)と関連していることに注意してほしい。APOBEC3の潜在的な役割に関する彼らの仮説に基づき、著者らは2018-2019年の分離株と比較して、現在の分離株で統計的に有意な割合のC→U変化を検出したに違いないと推論している。ミックスニュース – 良いかもしれないし、悪いかもしれない。まだ仮説a)または仮説b)を区別していない。
  6. ここに問題がある。APOBEC3はHIV(およびおそらく他のレトロウイルス)に対する細胞抵抗性(「自然免疫」のさらに別の形態-分子ウイルス学と細胞生物学は素晴らしい!)と関連しているが、pubmed検索でポックスウイルスはAPOBEC3の変異効果に抵抗性があることが明らかになった!これは、APOBEC3の変異の影響を受けている。例えば、「Virology」誌に掲載された2006年の論文を見てみよう。率直に言って、好奇心の欠如なのか、政府がコントロールするメディアや雑誌からの攻撃を恐れているのか、著者がこのVirologyの論文にさえ言及しなかったのは、よく言えば大きな過失であると言えるだろう。私の推論と解釈は?上記のINSAチームからの配列分析報告に基づいて、私にはこの株が自然に進化した株というより、実験室で操作された株のように見える。悪いニュースだ。
  7. さらに、この二本鎖DNAウイルスによる感染は歴史的に自己限定的であったが、(ここ数日の間に!)ヒトからヒトへより容易に感染する形態に進化しているようである。悪いニュースだ。

結論として、現在の証拠の優位性は、このアウトブレイクの起源に関する仮説に向かっており、それは 2022年の5月中旬に人工のサル痘ウイルスが人間の集団に出現するという、イベント201で起こったのと非常によく似た、以前の「戦争ゲーム」シナリオプランとますます一致するようになってきている。

各自で結論を出し、よく調べてほしい。


関連ニュース

WHO、サル痘を利用して実験用ワクチンによる「人権侵害」を正当化。

世界健康評議会

www.theepochtimes.com/who-using-monkeypox-to-justify-human-rights-violations-with-experimental-vaccines-world-council-for-health_4497664.html

 


マスパロマスのゲイ・プライド超拡散イベントの閉幕から1日後。

www.fiercepharma.com/pharma/emergent-beefs-countermeasure-repertoire-325m-deal-chimerixs-smallpox-newcomer-tembexa

Emergent BioSolutions社は、炭疽菌攻撃やオピオイドの過剰摂取といった公衆衛生の脅威に対する製品で既に豊富な実績を持ち、天然痘の新薬Tembexaの世界的権利を獲得して医療対抗策の武器を拡大している。

Emergent社は、開発元のChimerix社に2億2500万ドルの契約一時金と1億ドル以上のマイルストーンを支払い、世界的な権利を獲得する予定だ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました