ロバート・マローンワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD

モデルナがBioNTech/Pfizerを提訴? -Robert Malone
ポップコーンを持参して、リクライニングチェアでくつろごう 以下は、企業メディアが完全に見逃した詳細である

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Moderna sues BioNTech/Pfizer?

rwmalonemd.substack.com/p/moderna-sues-biontechpfizer

今朝はコーヒーを1杯も入れないうちに、BioNTech/Pfizerが販売したSARS-CoV-2 mRNA「ワクチン」製品(「Comirnaty」-ライセンスはあるが実際には米国で販売されていない)に関する特許侵害でBioNTech/Pfizerを訴えるという決定に関してモデルナが出したプレスリリースに関する引用のメール、テキスト、電話ストームに襲われた。今日は作業着を着て、新しいレコーディング・スタジオを含む農場の様々な建物の間に光ファイバー・ケーブルを敷設するために予約しておいた溝掘り機を取りに行くのが目的だったんだ。そして、「政府が私についた嘘と、これからやってくるより良い未来」という本の編集を終わらせようと思っていた。 しかし、またしても急ぎの用事が私を待ち伏せていて、ニューヨークの路地でゆすりを受けるように、私はそれに従わなければならない。

では、話を進めよう。私は、このトピックに関する(驚くほど表面的な)報道を精査し、すでに3種類のインタビューと声明の依頼に応えてきた。願わくば、私の考えをサブスタックの記事という形で書き留め、今後の問い合わせにはこの分析結果を参照いただければと思う。

この3年間で、企業(および学術)報道機関について学んだ多くのことの中で、特許を読み、理解する能力に関して、彼らがいかに完全に無能であるかということである。この ことは、企業プレス、科学プレス(NEJMを含む)、 ウィキペディア編集者、U Penn/BioNTech が、カリコとワイズマンが発明を思いついたと主張するために行った協調的努力 や、 ポッドキャストのインタビューや New England Journal of Medicine で 軽蔑的な発言を行うポール・オフィットで本当に明らかとなった のである。これらは すべて、これらの主張に反論する9件の特許(私は共同発明者である)を意図的かつ故意に無視したものです 。 例えば、Paul OffitはKarikoとWeissmanと同じ大学 (UPenn)に勤務しており、UPennはその特許に対してかなり多額の特許使用料を受け取っていることに注意されたい。この STATニュースのものは特にひどい。「ゆるやかなアイデア」 – 9件の米国特許を取得?

この背景には、ノーベル賞受賞に必要な評価を得るためには、その発見と関連する科学者を宣伝するプレスキャンペーンを行うことが重要であると多くの組織が考えていることを知ることは有益である。カリコとワイズマンのノーベル賞受賞(失敗)に至るまでの一連のインタビューや出来事は、そのようなキャンペーンの一例であったと思われる。発行された特許は、それらの原著作者の主張と直接矛盾しているので、この理由だけでも 、明らかに試みられたように 、私の貢献を卑下しガス抜きにして、 私を歴史から書き出す必要があった。

しかし、モデルナの訴訟に話を戻す。モデルナ社のバイオテック社に対する新たな主張を解釈するために理解しなければならないことがいくつかあるので、特許法に関する主要な詳細を説明する。

  1. 特許が出願され、審査に合格し、米国特許商標庁から発行されたからといって、特許権者(またはライセンシー)がその特許を実施する権利を持っているとは限らない。つまり、米国PTOは、発明者(またはライセンシー)が「実施の自由」を有するかどうかを決定しない。まだ有効期限が切れていない非常に多くのmRNAワクチン関連特許の場合、mRNAがワクチンに使用されるという中核技術やアイデアに対して広いクレームを付与されたものはない。なぜなら、そのアイデアと哺乳類における最初のデモンストレーション(「実用化」)が1989年から1990年にかけて行われ、私が発明者として名を連ねている特許に記載されているからだ。これらの特許はすでに消滅し、(商業的な意味での)権利行使ができなくなっているため、これらのアイデアや技術は「パブリックドメイン」、つまり、誰もが所有しているものとなっている。モデルナ、BioNTech、Pfizer、CureVacは、特許が切れたからこそ、それらの発明を「実践」することができる。彼らがオリジナルの発明者だからではない。もし特許が失効していなければ、これらの企業はライセンスなしでそれらを商業的に実施することはできなかっただろう。
  2. BioNTech、モデルナ、CureVacが現在持っている特許は、「derevitive」またはダウンストリーム特許と呼ばれるものである。つまり、元の特許で主張されていない部分について特許を取得しているのだ。この場合も、元の特許がまだ失効していなければ、元の発明を実施するためのライセンスを取得することなく、これらの発明を「実施」することができない。特許は取れても、それを使って製品を作ることはできない。特許が切れて初めて、元の発明を使った製品を自由に作ることができるようになる。メルクとバイカルは、私がバイカルを去った後、基本的にmRNAワクチン技術をそれ以上開発することはなかったが、私を含む他の誰にもそうさせないよう、かなり積極的に働きかけていた。余談であるが、この点での私の貢献に対する報酬は(これまで)1米ドル(スーザン・B・アンソニー)だけであった。だから、私はこの戦いに金銭的な関与はしていない。ただ 、私(と私の貢献)を歴史から抹殺しようとする誹謗、中傷、 積極的な試みに異議を唱えている。
  3. 特許出願の際、先行文献(先に発行された特許や出願された特許を含む)を適切に引用しなければ、その特許は容易に無効とされる可能性がある。同様に、発明者リストに、実質的な貢献をした人(たとえ比較的小さなものであっても)を記載しなかった場合も同様である。先行する関連文献や貢献した発明者のいずれかを引用していないことは、無効となる根拠となる。実質的な貢献をしていない人を発明者としてリストアップすることも同様である。さらに、特許の著者名の順番は関係ない。特許法の観点からは、名前を挙げた発明者はすべて同等とみなされ、それぞれが特許のすべての側面を実施することができ、全員が独占ライセンス契約に同意しなければならない(あるいは、自分の雇用主など、他の誰かに権利を譲渡する契約書に署名していなければならない-私の場合はそうした)。
  4. 特許侵害の訴訟を起こす場合(この訴訟は非常に費用がかかる)、一般的な経験則では、その努力に見合うだけの利益が出るまで、訴訟を起こすのを待つべきだと言われている。一般的には最低でも数百万ドル、通常は数億ドルがかかっていない限り、このようなことはほとんどない。つまり、誰かが自分の特許を侵害しているかもしれないと思ったら、時期が来るまで陰で待つのである。

そこで、今こそ、モデルナが保有する数多くの特許のうち、いくつかの特許を侵害したとして、バイオエヌテック社とファイザー社に損害賠償を請求する時であると判断した。

さらに、NIH/NIAID/ワクチン研究センターとモデルナ社の間には、モデルナ社が米国政府をはじめ世界中に販売している特定のワクチンの権利の所有者をめぐって、別の訴訟が起きているようだ。

(ネイチャー誌)

NEWS EXPLAINER

2021年11月30日

モデルナとNIHのコビッドワクチン特許の争いが研究に意味するもの

ワクチン特許の出願において、どの研究者を発明者とするかで、共同研究者たちが重大な争いに巻き込まれている。

また、ブリティッシュコロンビア大学からスピンアウトしたカチオン性脂質製剤会社であるアルブタス社とアルニラム社の間で訴訟合戦が続いており、カナダではジャスティン・トルドーの家族がかなりの部分を所有していると見る向きもある。

それでも足りないと、こんなのもある。 Acuitas TherapeuticsがArbutus BiopharmaをmRNAデリバリー特許で提訴。

これらの特許侵害訴訟は、モデルナとPfizerを被告として提起されている。モデルナは、たとえこれらの特許を侵害したとしても、その責任は米国政府にあるため、Arbutus社やAlnylam社が損害を回復したい場合には米国政府を訴えなければならないという「革新的」な法的理論を追求している。この騒動に関する詳細は 、こちらを見てほしい。

今日のモデルナの訴訟に話を戻すと-。

これが、本日提出されたらしい法的書類である。

以下は 、本日発表されたモデルナのプレスリリースである。

今日発表された企業報道の例(驚くほど表面的なもの)である。

1:https://www.nytimes.com/2022/08/26/business/moderna-covid-vaccine-lawsuit.html

2: www.bbc.com/news/health-62691102?at_medium=RSS&at_campaign=KARANGA

3:https://www.nbcnews.com/health/health-news/moderna-sues-pfizer-biontech-alleging-patent-infringement-covid-vaccin-rcna44965

4: www.reuters.com/legal/moderna-sues-pfizerbiontech-patent-infringement-over-covid-vaccine-2022-08-26/

5: www.theverge.com/2022/8/26/23323082/moderna-lawsuit-pfizer-mrna-vaccine-patent

まずは、モデルナのプレスリリースから引用してみるのが有効である。

モデルナの革新的なMRN テクノロジー・プラットフォームの中核特許を侵害したとしてファイザーとバイオテックを提訴

2022年8月26日

ここがPRの要となる部分である。

ファイザー社とバイオテック社は、モデルナ社の特許を侵害している。

モデルナは、PfizerとBioNTechが、mRNAワクチンの成功に不可欠なモデルナの特許技術の2つの主要機能を模倣したと考えている。COVID-19が出現したとき、ファイザーもバイオNTechも、感染症用mRNAワクチンの開発において、モデルナのようなレベルの経験を持っておらず、彼らは故意にモデルナのリードに従って、独自のワクチンを開発した。

まず、ファイザーとバイオNTechは、4種類のワクチン候補を臨床試験にかけたが、その中には、モデルナの革新的な道を歩むことになる選択肢も含まれていた。しかし、ファイザーとバイオNTechは最終的に、Spikevax®と全く同じmRNAの化学修飾を施したワクチンで進めることを決定した。モデルナの科学者は、mRNAが体内に導入されたときに望ましくない免疫反応を引き起こすことを回避するこの化学修飾の開発を2010年に開始し、2015年にヒト試験で初めて検証した。

第2に、これまた多くの異なる選択肢があったにもかかわらず、ファイザー社とバイオテック社は、コロナウイルス用の脂質ナノ粒子製剤に完全長のスパイクタンパク質をコード化するというモデルナ社のアプローチを真似た。モデルナの科学者たちは、COVID-19が登場する何年も前に、中東呼吸器症候群 (MERS)の原因となるコロナウイルス用のワクチンを作成した際に、このアプローチを開発した。

モデルナが行使を求めている特許権はいずれも、COVID-19と戦うためにモデルナが国立衛生研究所と協力した際に生じた知的財産に関するものではない。その共同研究は、ここで問題となっている特許技術が2015年と2016年の臨床試験で成功した後にのみ開始された。

つまり、モデルナは、化学構造としてのmRNAの広範な基本構成と、コロナウイルス(ワクチン)用の脂質ナノ粒子製剤における全長コロナウイルススパイクタンパクの使用に関する特許権を有していると主張している。

これを解決するには、特許請求の範囲に含まれる実際の特許を確認する必要がある(企業のプレスは明らかにこれを行うことができない)。どの特許か? 実際の訴訟に目を向けると 、39ページ中15ページ目から、このような重要な内容が要約されている。

米国特許10,898,574は 、 こちらと こちらで見ることができる。

米国特許10,702,600は 、 こちらと こちらで見ることができる。

米国特許10,933,127は 、 こちらと こちらで見ることができる。

米国特許第10,898,574号を始めとする

人工核酸の送達と製剤化

2018年3月21日 – モデルナTX, Inc.

タンパク質の発現を調節するために、修飾核酸のような生物学的部分を細胞内に送達するための製剤、組成物および方法が提供される。このような組成物および方法は、生物学的部分の送達を含み、タンパク質の生産に有用である。

この一冊を読んで印象に残ったのは、次のようなことだ。

  1. この特許は、用途や使用分野(mRNAワクチン接種など)については一切言及しておらず、物質構成(人工核酸)のみを主張している。しかし、シュードウリジンの使用は主張されている。KarikoもWeissmanも発明者として記載されていないが、彼らはシュードウリジン使用の先駆者であると主張し、Karikoの主要な出版物はこの特許より前のようである。つまり、誰かがこの発明記録を「誤魔化し」ている。KarikoはU Penn(教員として)とBioNTech(副社長として)の両方に雇用されているので、この件に関して発明者であることを偽っているのは、U Penn、BioNTech、モデルナのいずれかである。
  2. 本特許は、先行提出特許の派生特許であるため、出願優先日は2011年3月31日となっている。
  3. シュードウリジンを使って投与されたmRNAに対する炎症反応を抑えるというカリコの最初の論文は2008年に発表され、この特許の優先日よりかなり前のものである。私の特許の優先日はすべて1989年で、mRNAワクチンへの使用に加えて、安定性を高めるための人工核酸や化学修飾について記述されている。ということだ。
  4. この特許は、このトピックエリアをカバーする関連する先行出版物(私自身による)および特許 (Vicalに発行)を引用していない。関連する先行技術を引用していないことは、この特許を無効にする可能性があり、私の意見では、その法的理論を訴求する必要がある。この理由だけで、この特許は無効であるというのが私の意見である。
  5. この特許は、この特許の提出優先日より前に行われたKarikoの先行研究を認めている。この特許のシュードウリジンの使用に関する請求項がなぜ発行されたのか不明である。Karikoの先行研究により、この特許の主張は当業者には自明であると思われ、私の意見では、発行されるべきではなかったと思う。
  6. mRNAの送達とワクチンに関するMaloneらの先行特許、および私の先行出版物と公開情報は、より高レベルの発現を可能にするために必要かつ十分なRNAの化学修飾を明確に示しており、この特許の側面を無効とする可能性もあるが、上述の通り、記載された文献や出願本文に引用されておらず、したがって特許審査官による審査は行われていないことが明らかである。また、このことは、無効を支持しうる法理論への道筋を提供しうる。

米国特許第10,702,600号へ移行する。

ベータコロナウイルスmRNAワクチン

2020年2月28日 – モデルナTX, Inc.

本開示は、呼吸器ウイルスリボ核酸 (RNA)ワクチンおよび混合ワクチン、ならびに該ワクチンの使用方法および該ワクチンを含む組成物に関するものである。

こちらは、オリジナルの優先順位(出願日)が2015年10月22日となっている

前回同様、私の貢献、論文、公開された開示物、特許に関わる先行技術の引用は完全に失敗している。

この特許は、呼吸器系RNAウイルスワクチン(ベータコロナウイルスワクチンがその一例)に焦点を当てたもので、インフルエンザについては全く触れていない。おそらく、Vical社のオリジナルの研究と発行済みの特許請求事項(この特許は引用していない)が、RNA呼吸器ウイルスの中で最も重要であるインフルエンザに関係していたからだと思われる。

この文言は、先行するVical社の特許の主張をかなりあからさまにパクっている。

概要

本明細書に提供されるのは、RNA (例えば、メッセンジャーRNA(mRNA))が、ネイティブタンパク質から抗体および細胞の内外に治療活性を有し得る他の全く新しいタンパク質構築物まで、ほぼあらゆる目的のタンパク質を産生するように身体の細胞機構に安全に指示できるという知識を基礎にしたリボ核酸 (RNA)ワクチンである。本開示のRNA (例えば、mRNA)ワクチンは、hMPV、PIV、RSV、MeV、および/またはBetaCoVに対するバランスのとれた免疫応答を誘導するために使用されてもよい (例えば、以下の通り。MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NHおよび/またはHCoV-HKU1)、または前述のウイルスの2以上の任意の組み合わせであって、細胞性免疫と液性免疫の両方からなり、例えば挿入変異誘発のおそれがなく hMPV、PIV、RSV、MeV、BetaCoV(e.g,MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NHおよびHCoV-HKU1)およびこれらの組み合わせは、本明細書では「呼吸器ウイルス」と称される。したがって、用語「呼吸器ウイルスRNAワクチン」は、hMPV RNAワクチン、PIV RNAワクチン、RSV RNAワクチン、MeV RNAワクチン、BetaCoV RNAワクチン、およびhMPV RNAワクチン、PIV RNAワクチン、RSV RNAワクチン、MeV RNAワクチン、およびBetaCoV RNAワクチンの2以上の任意の組み合わせが包含されている。

RNA (例えばmRNA)ワクチンは、感染症の流行状況やアンメットメディカルニーズの程度やレベルに応じて、様々な場面で利用される可能性がある。RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、hMPV、PIV、RSV、MeV、βCoV (例えば、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NH、HCoV-HKU1)、または、種々の遺伝子型、株および分離体の前述のウイルスの2以上の任意の組み合わせ、を治療および/若しくは予防するために使用されてもよい。RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、はるかに大きな抗体価を産生し、市販の抗ウイルス治療処置よりも早期に応答を生じるという点で優れた特性を有する。理論に縛られることを望むものではないが、RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、mRNAポリヌクレオチドとして、RNA (例えば、mRNA)ワクチンが天然の細胞機械を共用しているため、翻訳時に適切なタンパク質構造を生成するように、より良く設計されていると考えられている。従来のワクチンは生体外で製造され、不要な細胞応答を引き起こす可能性があるが、RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、よりネイティブな方法で細胞系に提示される。

ベータCoV

いくつかの実施形態では、RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、少なくとも1つのBetaCoV抗原性ポリペプチドをコードするオープンリーディングフレームを有する少なくとも1つのRNA (例えば、mRNA)ポリヌクレオチドを含む。いくつかの実施形態では、BetaCoVは、MERS-CoVである。いくつかの実施形態では、BetaCoVは、SARS-CoVである。いくつかの実施形態では、BetaCoVは、HCoV-OC43である。いくつかの実施形態では、βCoVは、HCoV-229Eである。いくつかの実施形態では、βCoVは、HCoV-NL63である。いくつかの実施形態では、BetaCoVは、HCoV-HKU1である。いくつかの実施形態では、少なくとも1つの抗原性ポリペプチドは、ベータコロナウイルス構造タンパク質である。例えば、ベータコロナウイルス構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)、エンベロープタンパク質 (E)、ヌクレオカプシドタンパク質 (N)、膜タンパク質 (M)またはその免疫原性断片であってよい。いくつかの実施形態では、ベータコロナウイルス構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)である。いくつかの実施形態では、ベータコロナウイルス構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)のS1サブユニット若しくはS2サブユニット、またはその免疫原性断片である。

本明細書で提供されるワクチンのBetaCoV RNA (例えば、mRNA)ポリヌクレオチドは、ベータコロナウイルスのウイルスタンパク質成分、例えば、アクセサリータンパク質、レプリカーゼタンパク質などをコードしていてもよく、本開示に包含される。RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、少なくとも1つのアクセサリータンパク質 (例えば、タンパク質3、タンパク質4a、タンパク質4b、タンパク質5)、少なくとも1つのレプリカーゼタンパク質 (例えば、タンパク質1a、タンパク質1b)、または少なくとも1つのアクセサリータンパク質と少なくとも1つのレプリカーゼタンパク質との組み合わせをコードするRNAポリヌクレオチドを含み得る。本開示はまた、少なくとも1つの構造タンパク質と組み合わせたアクセサリータンパク質および/またはレプリカーゼタンパク質をコードするRNA (例えば、mRNA)ポリヌクレオチドを含むRNA (例えば、mRNA)ワクチンも包含する。その表面発現特性のために、構造タンパク質をコードするRNAポリヌクレオチドを特徴とするワクチンは、好ましい免疫原性活性を有すると考えられ、それゆえ、本開示のワクチンにおける使用に最も適している可能性がある。

本開示のいくつかの実施形態は、少なくとも1つのRNA (例えば、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NH、HCoV-HKU1またはそれらの組み合わせ)を含むベータコロナウイルス (例えば、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-HKU1またはそれらの組み合わせ)のワクチンを提供する。少なくとも1つのベータコロナウイルス (例えば、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NH、HCoV-HKU1)抗原性ポリペプチドをコードするオープンリーディングフレームを有するmRNA)ポリヌクレオチドである。また、本明細書では、汎ベータコロナウイルス属ワクチンも提供される。したがって、RNAを含むベータコロナウイルスワクチン (例えば。mRNA)ポリヌクレオチドは、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、およびHCoV-HKU1のいずれか1,2、3または4をコードするオープンリーディングフレームを有しており、このポリヌクレオチドは、HCoV-HKU1,例えば、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NHおよびHCoV-HKU1のいずれか一つ、任意の組み合わせ、または全てに対して有効であってよい。他のベータコロナウイルスは、本開示に包含される。

いくつかの実施形態では、少なくとも1つの抗原性ポリペプチドは、MERS-CoV構造タンパク質である。例えば、MERS-CoV構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)、エンベロープタンパク質 (E)、ヌクレオカプシドタンパク質 (N)、膜タンパク質 (M)またはその免疫原性断片であってもよい。 いくつかの実施形態では、MERS-CoV構造タンパク質はスパイクタンパク質 (S)である (例えば 、参照により本明細書に組み込まれる Coleman C M et al. Vaccine 2014; 32:3169-74を参照) 。一部の実施形態では、MERS-CoV構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)のS1サブユニット若しくはS2サブユニットまたはその免疫原性断片である (Li J et al. Viral Immunol 2013; 26(2):126-32; He Y et al. Biochem Biophys Res Commun 2004; 324(2):773-81, これらはそれぞれ、参考のため本明細書に組み入れるものとする)。

いくつかの実施形態では、少なくとも1つのMERS-CoV抗原性ポリペプチドは、SEQ ID NO:24〜28または33(表11)のいずれか1つによって特定されるアミノ酸配列を含んでなる。いくつかの実施形態では、MERS-CoV抗原性ポリペプチドのアミノ酸配列は、SEQ ID NO:24〜28または33(表11)のいずれか1つによって同定されるアミノ酸配列に対して少なくとも80% (例えば、85%、90%、95%、98%、99%)の同一性を有する、またはそのフラグメント、またはホモログ若しくは変異株である。

いくつかの実施形態では、少なくとも1つのMERS-CoV抗原性ポリペプチドは、SEQ ID NO: 20〜23(表10)のいずれか1つによって同定される核酸配列によってコードされる。

いくつかの実施形態では、少なくとも1つのMERS-CoV RNA (例えば、mRNA)ポリヌクレオチドは、SEQ ID NO:20〜23(表10)のいずれか1つによって識別される核酸配列、またはヌクレオチド配列の断片によってコードされる。いくつかの実施形態では、少なくとも1つのMERS-CoV RNA (例えば、mRNA)ポリヌクレオチドは、SEQ ID NO:65〜68(表10)のいずれか1つによって識別される核酸配列、または核酸配列の断片から構成される。

いくつかの実施形態では、少なくとも1つの抗原ポリペプチドは、MERS-CoV株Riyadh_14_2013,2cEMC/2012、またはHasa_1_2013から得られる。

いくつかの実施形態では、少なくとも1つの抗原性ポリペプチドは、SARS-CoV構造タンパク質である。例えば、SARS-CoV構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)、エンベロープタンパク質 (E)、ヌクレオカプシドタンパク質 (N)、膜タンパク質 (M)またはその免疫原性断片であってよい。いくつかの実施形態では、SARS-CoV構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)である。いくつかの実施形態では、SARS-CoV構造タンパク質は、スパイクタンパク質 (S)のS1サブユニットもしくはS2サブユニット、またはその免疫原性断片である。

モデルナは、この特許がコロナウイルスのスパイクタンパク質やスパイクタンパク質サブユニットを使用する権利も確立すると主張しているようだ。この特許が出願され発行された時点では未知であったものでさえも。

次に、バイオテック社が侵害したと主張する3つ目の特許について説明する。

米国特許第10,933,127号

ベータコロナウイルスmRNAワクチン

2020年5月21日 – モデルナTX, Inc.

本開示は、呼吸器ウイルスリボ核酸 (RNA)ワクチンおよび混合ワクチン、ならびにワクチンの使用方法、およびワクチンを含む組成物に関するものである。

こちらの優先権主張の出願日は2015年10月22日にさかのぼるようだ

概要

本明細書に提供されるのは、RNA (例えば、メッセンジャーRNA(mRNA))が、ネイティブタンパク質から抗体および細胞の内外に治療活性を有し得る他の全く新しいタンパク質構築物まで、ほぼあらゆる目的のタンパク質を産生するように身体の細胞機構に安全に指示できるという知識を基礎にしたリボ核酸 (RNA)ワクチンである。本開示のRNA (例えば、mRNA)ワクチンは、hMPV、PIV、RSV、MeV、および/またはBetaCoVに対するバランスのとれた免疫応答を誘導するために使用されてもよい (例えば、以下の通り。MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NHおよび/またはHCoV-HKU1)、または前述のウイルスの2以上の任意の組み合わせであって、細胞性免疫および液性免疫の両方を含み、挿入変異原性の可能性を危険に晒さない、例えばhMPV、PIV、RSV、MeV、BetaCoV(e.g,MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NHおよびHCoV-HKU1)およびこれらの組み合わせは、本明細書では「呼吸器ウイルス」と称される。したがって、用語「呼吸器ウイルスRNAワクチン」は、hMPV RNAワクチン、PIV RNAワクチン、RSV RNAワクチン、MeV RNAワクチン、BetaCoV RNAワクチン、およびhMPV RNAワクチン、PIV RNAワクチン、RSV RNAワクチン、MeV RNAワクチン、およびBetaCoV RNAワクチンの2以上の任意の組み合わせが包含されている。

RNA (例えばmRNA)ワクチンは、感染症の流行状況やアンメットメディカルニーズの程度やレベルに応じて、様々な場面で利用される可能性がある。RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、hMPV、PIV、RSV、MeV、βCoV (例えば、MERS-CoV、SARS-CoV、HCoV-OC43、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-NL、HCoV-NH、HCoV-HKU1)、または、種々の遺伝子型、株および分離体の前述のウイルスの2以上の任意の組み合わせ、を治療および/若しくは予防するために使用されてもよい。RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、はるかに大きな抗体価を産生し、市販の抗ウイルス治療処置よりも早期に応答を生じるという点で優れた特性を有する。理論に縛られることを望むものではないが、RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、mRNAポリヌクレオチドとして、RNA (例えば、mRNA)ワクチンが天然の細胞機械を共用しているため、翻訳時に適切なタンパク質構造を生成するように、より良く設計されていると考えられている。従来のワクチンは生体外で製造され、不要な細胞応答を引き起こす可能性があるが、RNA (例えば、mRNA)ワクチンは、よりネイティブな方法で細胞系に提示される。

いくつかの態様において、本発明は、呼吸器ウイルスワクチンであって、少なくとも1つの呼吸器ウイルス抗原性ポリペプチドをコードするオープンリーディングフレームを有する少なくとも1つのRNAポリヌクレオチドを、カチオン性脂質ナノ粒子に配合することを含む、ワクチンである。

聞き覚えはないか?

こちらは先行と密接な関係がある。一見すると、両者の明確な違いを見出すことができないが、どこかにあるはずだ。

またしても、私の出版物や先行特許を引用することに完全に失敗している。

私の経験では、これらの3つの特許はすべて、関連する先行技術を引用していないため、容易に無効となる可能性がある。繰り返すが、私には金銭的な利害関係はない。しかし、私が行った仕事と、私が共著者である関連特許(モデルナは目立って引用していない)は、今やパブリックドメインにある。それらはモデルナやCureVac、BioNTechではなく、すべての人のものなのである。そして、このことは、私を歴史から抹殺しようとする動きがある理由の一端を説明するものであろう。ノーベル賞を狙う者がいるからというだけでなく、これらの貢献が認められれば、非常に収益性の高い企業の知的財産権特許の地位が危うくなる可能性があるからだ。
このような貢献は、多くの人が否定しようとする努力にもかかわらず、ますます認識されつつある。

Nature Biotechnology 40巻, pageS1001-1004 (2022)

モデルナ、バイオテック、Uペンシルベニア、ファイザーについて、彼らの家にはすべて痘症がある…

コメント

タイトルとURLをコピーしました