COVID-19の巨人 Geert Vanden Bossche、Robert Malone MDとの出会い

バンデン・ボッシュロバート・マローンワクチンワクチン メカニズム・耐性ワクチン免疫・感染免疫集団免疫

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Meeting of the COVID-19 Giants with Geert Vanden Bossche and Robert Malone MD

youtu.be/qP31cfD3YOY

 

Philip McMillan 1:35

本日はお集まりいただきありがとうございます。COVID-19の2人の巨人とお話できることは、私にとって大変な喜びであり、特権です。というのも、ゲルトに最初にインタビューしたのが私で、それが3月のことだったからです。そして、mRNA技術の発明者であるロバート・マローンにも初めてインタビューしました。そして今回、初めてお二人をお招きしてお話を伺うことができました。それでは、ゲルトさんとロバートさん、今日はよろしくお願いします。

Geert Vanden Bossche 2:23

まあ、元気だと思いますよ。でも、とても、とても、やはりとても面白い言葉ですね。フィリップ、そしてロバートと一緒にこの機会を設けてくれてありがとう。ありがとうございました。

Philip McMillan 2:36

素晴らしい。素晴らしいですね。まずは、あなたがお話しされているので、簡単な自己紹介をしていただきたいと思います。

Geert Vanden Bossche 2:45

ご存知のように、私の経歴は獣医学ですが、人間用ワクチンの業界で長年働き、非営利団体であるビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団やGAVIのような営利の領域でも仕事をしていました。要するに、私は自分自身を問題解決者だと思っているのです。つまり、非常に複雑な現象を解明するために、パズルのピースを組み合わせていくのが好きなのです。例えば、コビッド19のパンデミックでは、生物学、ワクチン学、進化生物学、さらには生物物理学など、さまざまな分野の知識を活用しています。私はこの分野にとても興味があります。私は今年の初めから、このパンデミックに取り組んできました。

Philip McMillan 3:46

おお、素晴らしいですね。それでは、ロバートさんに簡単な自己紹介をお願いします。

Robert Malone 3:53

私はロバート・マローンです。私は医師科学者です。メリーランド州で医師免許を取得しています。私は約30年のキャリアの中で、バイオディフェンスを目的としたワクチンの開発やアウトブレイクへの対策を行ってきました。今回の事例では、1月4日以降、再利用可能な医薬品の開発に注力しています。また、インドのヘルス・ヘルス・グループの仲間と一緒に、新しいワクチンの開発にも取り組んでいます。これは、タンパク質のサブユニットをベースにした、より伝統的なワクチンです。私がソーク研究所で働いていた若い頃、インドのリマをはじめとするソーク研究所の分子生物学・生物学研究室で、1987年から 1989年にかけて一連の発見をしました。その結果、現在mRNAワクチンやDNAワクチンと呼ばれているものをカバーする9件の特許を取得しました。その後、私が入社したvibe cowという会社からも出願されました。ですから、私がこの技術の最初の発明者だと言っても、コビッド19のワクチンを発明したのは私ではありません。むしろ、私が若い大学院生だった87年から89年にかけて、この技術基盤を発明したのです。

Philip McMillan 5:32

というのも、私たちは今、医療の転換期にあると考えていたからです。正直に言うと、その多くはmRNAに関する技術と関係していると思います。そこで、これまでに行われてきた研究の一部を紹介したいと思います。この分野で大きな影響力を持ち、これから起こるであろうことの可能性を感じているという点で、あなたがどう思うかを知りたいと思いました。それでは、1分30秒の短い時間でお届けします。


Drew Weissman 6:18

私たちは、なぜRNAがこんなにも炎症を起こすのかを理解しようと、RNAの研究を始めました。二人とも完全にオープンマインドだったので、理解できないデータがあれば、座って実験を続け、結果を得て、その結果に興奮していました。

Katalin katariko  6:39

夜中にグラントを提出して、朝の2時、3時にはお互いに送信して、「ああ、あなたはまだ起きていて、彼のバイブはまだ起きている」と。

Drew Weissman 6:48

私たちはこの結果を得ることができませんでした。私たち二人が関わっていなければ。

Katalin katariko 6:54

私はRNAを作り、Drewはそれが免疫原性があるかないかをチェックしていました。そして、彼がデータとリードを手に入れると、私たちは身を乗り出して、それを理解し、意味を見いだそうとしました。

Drew Weissman 7:15

ようやく、炎症を起こさないようにする方法がわかりました。そして、私たちの頭の中は、あらゆる方向に向かっていました。あらゆる方向に向かって、1年後の未来のことを考えながら、「ああ、これはこういうことなんだ」と驚いていました。その後、ワクチンの分野や他のRNAの分野が盛り上がってきたのです。とても楽しかったですね。科学者であることは喜びなのです。


Philip McMillan 7:53

ええ、それでは、ありがとう、ロバート。私はちょうどそれを見たところです。私がこの話をしたのは、mRNA技術は今後数十年の間に多くの医療を変える可能性のあるブレイクスルー技術だと思うからです。そして、ワクチンに関する論争が起こっている中で、この技術がどれほど優れているかを忘れてしまうことがあるのではないかと心配していますが、皆さんはどう思われますか?

Robert Malone 8:30

mRNAを薬剤として使用するというアイデアは、カリキュラムの改善やワイズマン、特に80年代に使用していたケトジェニック脂質構造を改良したピーター・コラスと彼の様々なチームメンバーの研究によって、知的空間を実現しました。しかし、広範囲に影響を与えるという意味では、私たちが実際に手にしたのは、新しい形の医薬品であり、このポリヌクレオチドmRNAを使用する機会を開いたということです。このポリヌクレオチドmRNAを様々な用途に使用する機会を提供します。これが素晴らしいのは、通常、生物学的製剤の開発には、広範なプロセス開発、製造、最適化などが必要であるということです。 例えば、タンパク質ベースの抗体やその他のものであれば、その製品の開発には広範なプロセス開発、製造、最適化などが必要です。しかし、mRNAプラットフォームでは、ポリヌクレオチドのサイズという一般的なパラメータの範囲内で、基本的に同じ処方が可能なので、すべてをやり直す必要はありません。簡単なことです。これにより、新たな生物学的経路などの機会を認識した場合、大規模な製造プロセスの開発、特性評価、リリースなどをすべて行わなくても、最適化された条件、製剤条件、製造、リリースなどを1セット使用することで、より迅速に製品化できる可能性が広がります。つまり、より迅速に、より再現性の高い製品を作ることができるということです。私は以前、ソルベイトという会社で働いていたことがありますが、その会社は細胞ベースのインフルエンザワクチンの開発に莫大な資金を投じていました。それはとても簡単なことだと思いますか?その製造工場は何百万ドルもかけて作られたもので、インフルエンザワクチンという1つの製品のためだけに使われていましたが、最終的には失敗に終わり、会社はその製造工場への莫大な投資を失ってしまいました。しかし、このプラットフォームを使えば、開発途上国のような環境下でも、分散型の方法で簡単に導入でき、コンセプトから製品化までの時間を短縮できる可能性があります。

Philip McMillan 11:36

素晴らしいですね。それは素晴らしいことですね。実は、お二人が過去にワクチンの開発で交流があったことに気づかなかったのですが、そのことをおっしゃっていましたね。では、それはどうなのでしょうか?あなた方は、反ワクチン主義者にとって自分たちがほとんど英雄のような存在であることを誇りに感じていないのでしょうか?そのことをどう感じますか?

Geert Vanden Bossche 12:01

いいですか?そうですね、私にとっては。これは問題ではありません。私たちはもはや、あらゆる種類の異なるグループを差別する余裕はありません。もし、根本的にワクチンに反対する人がいたとしても、私の意見に耳を傾けてくれる人がいれば、私はその人を差別しているわけではありません。この危機を乗り越える唯一の方法は、みんなで知恵を出し合い、このような近視眼的な考え方を克服することなのです。差別やスティグマ、人に汚名を着せるようなことには、もううんざりです。全然役に立たないじゃないですか。私は今のところ、反ワクチン主義者とは問題を起こしていません。私を反ワクチン主義者と思っていない人もいますが、反ワクチン主義者の中には私を高く評価している人もいますし、真実を知りたい、どうすればこの問題を解決できるかを知りたいという情熱を持って努力している人もいます。つまり、これは人々の問題であり、特定のグループが特定の考えを提唱したり、多くの反バクサーが極端な考えを持っているということではないのだと思います。また、私たちは多くの洞察を共有してきたので、多くのことを学びました。そうですね。

Philip McMillan 13:51

そうですね。そうですね。

Robert Malone 13:54

この件について、私からコメントさせていただければ、フィリップ・シュア。私はこのグループの視点を共有しています。特に、自分たちがこのような対立するグループに分かれてしまうことを避けたいと思っています。それは非常に逆効果だと思います。個人的には、antiバクサーという言葉は侮蔑的で、メディアが人々をディスカウントするために使いたがる非常に単純なレッテルだと思います。それは複雑な状況を非常に単純化しすぎていると思います。デボラはアンチバクサーではなくプロチョイスと書いています。私はこの言葉が適用された軽蔑的な蔑称だと思います。これは、様々な種類の会話の一部です。それが、私がこの環境の中で最も困っていることです。私たちはGeertと科学の話をしようとしているのであって、ウイルスの進化という点で非常に複雑な状況を理解しようとしているのです。マスコミはいつも物事にレッテルを貼り、皆を対立陣営に分け、互いに対立させようとしますが、それは派閥を助長し、彼らが売りたいものが何であれ、良い科学にはならないからだと思います。そして、反ワクチン派のような言葉が出てくるのです。そう、まさにマリアさん、彼らは自分たちの物語に合わせて私たちを枠にはめようとします。そして、ファクトチェッカーのような様々な興味深いツールを使ってそれを補強します。このような用語を使うことは、複雑な考えを伝える能力を破壊し、科学的な方法で解決しようとする能力を破壊することになります。私は、反ワクチン主義者という言葉で人々を一括りにしてしまうことについて、一言申し上げたいと思います。私は、反ワクチン主義者というレッテルを貼られた人たちと一緒に仕事をしていますが、彼らは米国大統領の「ダーティダズンリスト」にも選ばれています。彼らは非常に合理的で知的な人々で、私たちと同じように複雑な情報から意味を見いだそうとしています。だから、私はフィリップさんを攻撃しているわけではありません。でも、この言葉を使うのはやめてほしいですね。これは逆効果だと思います。

Philip McMillan 16:39

そうですね。私がこの言葉を使っているのは、あまりにも混乱しているからです。これは、メディアで伝えられている認識で、物語に疑問を持つことは、ワクチンに反対していることを意味しています。科学は科学であり、意見は重要ではなく、私たちはただ科学の真相を究明しようとしているのだということを認識することが非常に重要です。そういった意味で、ゲルトの話に戻りたいのですが、3月のガードであなたと話したことを覚えています。その時、あなたは大量のワクチン接種について非常に懸念していました。概念の説明に入る前に、現在の状況についてあなたがどう考えているのかを知りたいと思いました。それはあなたが期待していたものですか?

Geert Vanden Bossche 17:34

そうですね、正直なところ、期待通りです。もちろん、何がいつ起こるかを正確に予測することは非常に難しいことですが、特にイスラエルやイギリス、アメリカなど、積極的に大量のワクチンを接種した国では、感染率が大幅に上昇するだろうと考えていました。このような現象はすでに起きていると思います。しかし、残念ながら、私の洞察力や予測によれば、これで終わりではありません。私が予測していた、ワクチンやウイルスがワクチンに対してより耐性を持つようになった場合の大規模な急増は、残念ながらまだ見られません。ウイルスが中和抗体から逃れるための突然変異と、ウイルスの感染力を高めるための突然変異との間には、まだ断絶があります。デルタのようにすでに優勢で感染力の強い株では、中和抗体からの逃避を可能にするような突然変異がどんどん起こっていることがわかりました。これは、私が本当に恐れている最悪のケースを予測したもので、恐怖を煽るようなことはしたくないので、私たちが介入しない限り、まだまだ続くと考えています。これについては後で議論することにしましょう。しかし、私は、より感染力の強い、より感染力の強い株、より感染力の強い変異株の伝播を導き出すことができると思います。それは明らかに起こったことであり、今も続いていることだと思います。毎日のように。私たちが扱っているのは、もちろん、現在最も感染力の強いデルタ型、あるいは今もなお支配的なユー・変異株型です。しかし、私が予測していたのは、最初は主に高齢者などの弱い立場の人々に影響を与えるが、その後、ウイルスが復活して、ますます若い年齢層にも影響を与えるだろう、ということだったのです。先ほど申し上げたように、翌月、あるいは年末までに起こるとは言い切れませんが、私の予測とほぼ一致しています。しかし、全体としては、私が予想していた通りの結果となりました。

Philip McMillan 20:43

ロバートさん、イスラエルでこれを見たとき、私は6ヶ月間のタイムラインを選んだのですが、ここの真ん中を見ていただければ、ここがすべてが1つになったと思ったところでしょう。重篤な患者や死亡者がいない日もあったのです。イスラエルでは300万人分のブースターを投与しましたが、その結果、フラット化していますが、消滅したわけではありません。ここで何が起こっているのか、ロバートさんの考えをお聞かせください。

Robert Malone 21:18

つまり、「データは魅力的だが、慎重に検討する必要がある」ということです。データにはいくつかの交絡変数があります。その中でも特に認識されていないのが、イスラエル人のワクチン摂取率はかなり均一であると考えられていますが、それは事実ではありません。原理主義的な宗教団体があり、そこでは一般的に高齢者の割合が高く、非常にワクチンに躊躇している、というよりも抵抗がある、と言った方がいいかもしれません。そのため、ワクチンの接種率は非常に高くなっています。しかし、その大きな集団の中には、高齢で比較的ワクチンを受けていない人たちがいるのです。というのも、一般的に、ワクチンを接種した集団は若く、ワクチンを接種していない集団は年配で、宗教的なコミュニティの中では非常に密接な関係にあるため、ウイルスがよく拡散するからです。しかし、イスラエルのデータは、私にとって気になるだけでなく、今のアメリカ政府にとっても非常に気になるデータであることは間違いありません。この件で、彼らのパンツは燃えていると思います。そして、彼らはそれについてどう考えればいいのかよくわからないのです。私たちの多くは、イスラエルのデータセットの魅力の1つとして、すべてファイザーであるだけでなく、比較的短い期間で投与されていることを挙げています。イスラエルの人々は一般的に政府の指示に非常に忠実なので、単一のワクチン製品を非常に短い期間で大多数の人々に投与することができました。つまり、ゲルト氏が警告していることを調べるには理想的な実験室なのです。私たちが目にしたのは、製品の耐久性が比較的低いという兆候でした。この時期、突然、デルタ株がその集団に積極的に入り込んでいることが認識され、その集団が6ヶ月以上の期間を経て、ワクチンからウィンドウへと移行しました。その後、彼はデルタ株が離陸するのを目の当たりにしましたが、その後の複数回のブースターにもかかわらず、デルタ株が維持されているのは非常に興味深いことです。ワクチンを接種した人は、罹患率や死亡率が比較的低いことを示唆するデータがあり、死亡率の問題は複雑ですが、一般的に病気が少ないと言えます。ワクチンを接種した人が感染した場合の罹患率は低く、ワクチンを接種した人の感染、複製、拡散に対する防御率は30%台後半から50%程度であることを示すデータがあります。このように、感染防御という点では本当に漏れの多いワクチンですが、私が特に興味をそそられたのは、ワクチン接種を受けたコホートのウイルス量に関するデータの分布です。私の目には、ワクチンを接種していない人に比べて、複製レベルが高くなるように少し偏っているように見えます。もし、それが本当ならば ワクチンによる複製の促進やその他の兆候の可能性があります。しかし、ワクチン接種を受けた人は全体的に病気が少ないという表現型に関しては、もしあなたがそのことをよく考えてみるとワクチンを受けた人は、ワクチンを受けていない人と同じかそれ以上のレベルでウイルスを複製していますが、気分は良いので、実際にはスーパースプレッダーになるリスクが高いのです。つまり、社会に出て行く可能性が高くなるのです。ワクチンを接種した人もしていない人も、感染の危険にさらされているのです。よく考えてみると、体調が比較的良好な人が社会に出て、感染力が強く、ウイルスを産生し、鼻や口腔咽頭で高い力価を示しているという状況があります。これが今回の調査の一部を説明していると考えられます。さて、追加接種が本当にプラトーの原因になっているかどうか。これに関連した死亡率に注目した別の解釈もあります。すべての原因による死亡率を調べることは重要です。また、データには非常に多くの汚染があるため、他にどのように表現したらよいのかわかりませんが、曖昧です。つまり、私の考えでは、追加の注射をしても、最低でもワクチンで強化された再現性が見られないのではないか、という未解決の問題があるのです。ええ、そうですね。

Philip McMillan 27:47

先に進む前に、神さまにお聞きしたいのですが、ワクチンを接種した人が、実際に、ほとんどスーパー・スプレッダーになり得るというのは、私たちが見ていることと一致しているでしょうか?

Geert Vanden Bossche 28:02

私の理解では、次のように考えています。これを確認してみてください。イギリス、イスラエル、アメリカなど、ワクチン接種率の高い国では、平均感染率の高いプラトーを中心に波の動きが見られます。このアメリカ、イギリス、イスラエルを他のヨーロッパ諸国と比較すると、このプラトーはもっともっと高いことがわかります。大量のワクチンを接種した人々は、ウイルスに対して大きな免疫圧力をかけることができるのです。そして、これは実際、より多くの感染率を生み出す理想的な温床となります。つまり、ワクチンを打てば打つほど、感染圧力を下げることに成功しないことがわかるのです。しかし、ワクチンを接種していない人口がかなりの割合で残っている場合、これらの人々はもちろん感染するでしょう。しかし、何が起こるかというと、彼らの多くは、今日は何の病気にもかからないと思っていても、感染すると、しばらくの間はウイルスを共有することになりますが、ウイルスを排除することができます。つまり、基本的には感染圧を下げることができるのです。そして、病気になった人は、もちろん生涯、あるいは生涯とまではいかないかもしれませんが、少なくとも長いリストを作ることになります。これは重要なことで、ワクチンを接種していない人がまだ相当数いる国では、彼らが無症状または症状のある病気になることで、感染圧力を減少させることに貢献することがわかります。したがって、ワクチン接種率が比較的高い国の平均レベルは比較的高いのですが、それでも、ワクチンを接種していない人が病気にかかるたびに、抗体ができて感染圧を下げるという、かなりの波があることがわかります。そして、ワクチンを接種すればするほど、この現象は消えていくことになるでしょう。つまり、私がイスラエルで期待しているのは、この波の動きが下降してきて、最後にはこの高い台地の周りにまだ少し動きが残っている状態になるということなのです。そして、他の国では、ワクチン接種が少ないところでは、大きな波が起こると予想しています。繰り返しになりますが、感染圧力の平均レベルは、1年前に比べてまだはるかに高く、まだ動きが見られるでしょう。なぜなら、一度感染すると病気になる可能性のあるワクチン接種者がまだいるからです。つまり、彼らがいることで、波は再び止まり、感染圧力は減少するのです。しかし、まだワクチンを受けていない人がいて、その人が病気になったりすると、また上昇しますワクチンを接種すればするほど、波はどんどん小さくなりますが、感染圧力の平均レベルは依然として高いままです。例えば、ドイツのような国、私の国のような国、などです。例えば、ドイツや私の国のように、すでにワクチン接種率が高い国やイギリスなどと同じくらいになり、あとは大きな波を待つだけです。これが私の予測です。イスラエルのデータを見ると、もう大きな波はなく、プラトーが非常に高くなっているのがわかります。そうでしょう?他に何を期待しているのかというと、すべての人がワクチンを接種しているのに、ワクチンを接種した人たちが感染圧の減少に貢献しないことがわかっているからです。貢献できるのは、信心深い非ワクチンの人々だけなのです。そうですよね?そして、ワクチンを接種しない人が少なければ少ないほど、平均感染率に与える影響は小さくなります。これが私の予測です。人々はこれに従うことができますよね?そうですね。

Robert Malone 33:00

すみません。今、ゲルトさんが言ったことを簡単に言い換えてみますね。真実は、ワクチンを接種した人がリスクを生み出しているのであって、ワクチンを接種していない人ではないということです。ワクチンを受けていない人は、彼が言ったように、ウイルスの吸収源として機能しています。ほとんどの場合、高リスクグループに属さない限りは。彼らが重大な病気や死に至る可能性は極めて低いのです。特に、早期に抗炎症剤を投与した場合は。この方程式における真のリスクは、ワクチンを受けていない人が、複数の抗原やエピトープに対する広範な自然免疫を獲得することではなく、一般的に長生きすることです。基本的に共通のエピトープ構造を持ち、選択圧による進化によって、主に受容体結合ドメインに存在する重要なエピトープから逃れようとする、非常に焦点の合ったスパイクワクチンを受けた被接種者なのです。なるほど。私の理解は正しいでしょうか?

Geert Vanden Bossche 34:16

そうですね、1つだけロバートが言っていたことがあります。でも、これはとても重要なことなので、強調したいと思います。私がいつも言っているように、私たちは人々に汚名を着せるべきではなく、事実を個人として非難すべきではありません。したがって、フィリップさんは、数秒後にスライドを表示するといいかもしれません。なぜなら、誰かがワクチンを接種して免疫圧力をかけたからといって、この人、この個人が問題になるわけではないからです。問題となるのは、他の人が同じような状況に置かれたときです。繰り返しになりますが、これが私が伝えたい最も重要なことです。このパンデミックの最初の段階で、ワクチンを使ってすべきだったのは、フィルターにかけられる人たち、つまり進化的な逃避という意味では何の害もない人口の一部にワクチンを接種することだったのです。つまり、問題は、ワクチンを接種した個人ではなく、後ほど説明しますが、集団でワクチンを接種することで、集団全体に広く免疫圧力をかけてしまうことなのです。このようにして、最終的に感染力の強い病原体が集団に適応し、支配的になるのです。そして、もちろん、この集団はもはや感染圧力を再利用することはできません。このスライドでは、免疫逃避の全体像を明確にしたかったのですが、まず第一に、典型的なファクトチェッカーと呼ばれる人々は、ワクチン接種が突然変異株の突然変異を引き起こしているわけではないので、あなた方は無意味なことを言っていると言っています。誰もそんなことは言っていません。しかし、これは私が思うに、混乱の原因がどこにあるのかを人々に説明することが非常に重要であり、このスライド以外に方法はありません。何が問題なのかを少しでも明確にするために。ワクチンを受けた人と受けていない人という、2つの状況を示しています。非常にシンプルに説明しています。先ほど言ったように、あなたは常にニュートンの割合を持っています。それをここでは、例えば「身体感染性分散」と呼んでいます。例えば、私は単純化していますが、多くの変異株などがあることを知っています。そこで、私は1つの変異株だけを取り上げることにしました。そして、ここには、オリジナルと呼ばれる大きなボールがあります。例えば、100個のウイルス粒子があったとしましょう。そして、その比率は880です。ワイルドファイヤーは、1つの株と20のバリエーションです。つまり、1対5の比率で、1つの変異株と4つの武漢の系統です。

37:53

つまり、5人に1人が分散しているということです。ワクチン接種者と非接種者の間では、この接種物はどうなるのでしょうか。ワクチンを接種した人は、もちろんスパイクタンパクに対する抗体を持っています。そのため、異なるウイルスが選択されることになります。なぜなら、小さな穴で表現していますが、これらの小さなボールにのみ感染した場合、これらの変異株がその穴を通過することになるからです。つまり、抵抗力があるということです。抵抗力とは、小さい穴のことで、実際には、Sにもかかわらずタンパク質に対する免疫力です。その抵抗力があるとすれば、小さな穴を通過してこの抵抗力を克服できるウイルスだけが選択されることになります。つまり、例えば、100個の粒子から、選択によって10個に減らすことができ、ウイルス粒子の総量を10倍10倍に減らすことができるのです。実際のところ、この削減は、同じ性質の10個の粒子で終わります。この小さな穴を通過できたのはこれらの粒子だけなので、これらはすべて感染媒介性の感染性変異株となります。では、今度はワクチンを打った人と打っていない人で全く同じ状況になります。では、100個の粒子から同じレベルで減少させたと仮定して、10個の粒子にすることにしましょう。それは可能ですか?もちろん、忘れてはいけないワクチン未接種者は、免疫を持っているからです。これが、1株のCOVIDが発生したときに、大多数の人が生得的な免疫によって守られた理由なのです。これは本当に保護されているということです。ワクチンを受けていない人が何の保護も受けていないわけではありません。そして、この保護は付与されたものです。免疫、より具体的には生得的な抗体によってです。つまり、1から10まで減ったとして、同じだとすると、その違いは何でしょうか?違いは、生得的な抗体は選択的ではなく、より感染性の高い粒子、つまり新しい粒子や元の粒子を差別することはありませんし、選択性もありません。つまり、この100個の粒子のうち、最終的に10個の粒子になり、効果的な削減量は10個になります。しかし、元の粒子4個に対して変異株1個という、最初の頃と同じ1対4の比率になるのです。つまり、2つの変異株と8つの野生型のウイルスが存在することになります。効果としては、感染力のあるウイルス粒子が10個あることに変わりはありませんが、ワクチン接種を受けた人の場合は、同じ性質の、あるいはより感染力のある粒子が10個あることになります。一方、ワクチン接種を受けなかった人、つまりウイルスに免疫選択圧をかけなかった人の場合は、10個の粒子があり、そのうちの2個が変異型で、8個がまっすぐに分割され、最初に持っていたのとまったく同じ比率になります。このようなことをする個体が全集団の中に1人だけいるとすれば、問題はないということになります。問題は、大量のワクチンを接種することがわかっている場合には、問題があります。ワクチン接種率が25%の集団を例に挙げてみましょう。25%ということは、4人に1人、4人に1人がこのシナリオに当てはまり、穴は小さくなります。そして、75%の人は、穴がもっと大きいこのシナリオに当てはまり、Sタンパク質に対する選択、免疫選択が行われないというリスクがあります。つまり、25%の人は、穴が小さい人が1人、穴が大きい人が3人ということになります。このような状況です。

Geert Vanden Bossche 42:40

この状況で、例えば、75%のワクチン接種を受けた人のところに行った場合と比較してみましょう。すると今度は、4人中3人がACEタンパク質に対して免疫選択圧が働くシナリオで、5%の420人に1人しかこのシナリオに当てはまらないということになります。さて、これから何が起こるかというと、計算してみると、全部で何個の感染性の高い感染性粒子を持っているのか、ここでは7個のうち12344個の変異株を持っていることがわかります。一方、ワクチン接種率が75%の場合は、合計5つのバーションのうち1234のバーションがあります。つまり、7つのうち4つは60%、5つのうち4つは80%の割合で集中していることがわかります。つまり、ワクチンを打てば打つほど、選択の幅が広がり、最終的には感染力のあるバリアンスだけが増えていくことが想像できます。そうなると、この選択、削減はもう行われません。なぜ減少したのかというと、選択因子があったからです。私はACE対する選択因子を持っていました。しかし、すべての人が感染力を強めているとしたら、私はもう選別をしないでしょう。だから、もう感染圧力を減らすことはできません。これが私のレイリーカーブについてのコメントです。ワクチンの数が多ければ多いほど、この高いプラトーを維持することができなくなります。興味深いのは、ワクチンを接種していない人を見てみると、フィリップはどうかわかりませんが、ちょっとだけスライドを出してもらえますか?そうですね、ここにあるように、逆にも効果があります。では、75人から25人にするにはどうしたらいいでしょうか?そのためには、ワクチンを接種していない人を連れてくるしかありません。つまり、私はワクチンを接種することはできませんが、ワクチンを接種していない人を新たに連れてくることはできます。だからこそ、私は何かを投稿したのです。ベビーブームが必要なのです。しかし、非常に興味深いことに、例えばイギリスでは、7月にロックダウン措置が解除されました。何が起こったのか?人々は再び、かなりの数のワクチン未接種者と密接な接触を持つようになっていました。なぜなら、体への感染が非常に激しく、感染力の強いバリアが圧倒的な競争力を持っているという、ここに存在する競争上の優位性は、非ワクチン接種者が増え、契約が強化されると弱まり、緩和されてしまうからです。もちろん、全員がワクチンを接種すれば、このようなことはなくなるでしょう。これが次のスライドで、イギリスの感染率の曲線を示しています。正確にはこうです。つまり、そういうことなのです。これがピークで、誰もこれを説明できませんでした。ボリス・ジョンソンはただ…ギャンブルをしていただけです。彼はただ、何かを試していただけなのです。パンデミックの中で初めて、患者数と死亡者数の間に断絶が見られたのです。だから、この断絶を利用しよう。症例数は多いですからね。それにもかかわらず、封鎖措置を解除してしまいましょう。するとどうでしょう、ボリス・ジョンソンは次の2週間でかなりの減少が見られたことを誇りに思っています。というのも、もちろん密接な接触はありませんでしたが、ワクチンを接種していない人がまだたくさんいたからです。もちろん、この間も大量のワクチン接種は続けられていたにもかかわらず、です。私が人々に問いかけているのは、14日以内、2週間以内に起こったことをどう説明すればいいのかということです。つまり、これはワクチン接種とは全く関係がないのです。これは、接触や、非ワクチン接種者との密接な接触に関係があります。

なぜなら、ウイルスの感染力に圧力をかけることなく、感染力を弱めることができるからです。これは選択的なものではなく、生来の抗体によるものです。感染力の強い変異株と、感染力の弱い変異株とでは、モニタリングのメカニズムが全く異なります。それは多価の結合によるものです。これまでも説明されてきましたが

Philip McMillan 47:58

ロバート、私はそれが欲しいわけではありません。だから、独立した立場で、あなたがそれを受け止められるかどうか試してみてほしいのです。そして、それをどのように表現するかを見てみましょう。それって、どうなんでしょう?

Geert Vanden Bossche 48:15

彼はどうやって英語に翻訳するのでしょうか?はい。

Robert Malone 48:21

さて、1つの結論として、私は「ゲームを憎み、プレーヤーを憎まず」という言葉を思い出しました。つまり、個人ではなく政策なのです。そして、もし私があなたを正しく理解しているならば、普遍的な大量ワクチン接種の政策がここでの問題なのです。彼が強調していたように、個人をターゲットにしているわけではなく、その個人が何を選択したか、あるいは選択しなかったかが問題なのです。アメリカで私が直面している問題は、人口の大部分がダーウィンの選択を知らないということです。つまり、選択圧について多くの人と会話することができないということが出発点なのです。そのため、先に進むためには、そのような理解が必要なのです。今、Geertが話してくれたことをどうやって説明すればいいかというと、それは、どうやって関係を築くかというニュアンスです。ワクチンを受けていない人の希釈効果については、私にとって初めての経験です。だから、それを共有し、私に教えてくれた彼に感謝します。今は、どうやってそれをツイートに簡略化して人々に伝えるかを考えるのに時間がかかっています。このアイデアはとても気に入っています。基本的には、予防接種を受けていない人は、ウイルスの分布の中で、スポンジのように機能を減衰させることで、ウイルスが変異するということです。そして、彼らはより多様な免疫反応を持っているので、特定の変異株を選択することはないのです。これが重要なポイントだと思います。彼が細いチャネルの例えで言っていることは、私が彼を理解しているならば、彼が本当に注目しているのは、単に免疫反応があるというだけではなく、非常に選択的な免疫反応があり、その結果、特定の表現型を回避することができるということなのです。免疫反応の多様性と、MHC分子の観点から見た私たち一人ひとりの多様性によって、彼のモデルでは、ワクチンを受けていない集団は、教育、B反応、T反応の点で、共通のエンドポイントに追い込まれていないと考えられますが、それを表現するのは困難です。ウイルスへの反応の仕方が多種多様で、1つの狭い範囲に集中するのではなく、あたかも大きな港のようになっています。そのため、ウイルスは収束しないのです。私が彼から学んだことの一つは、大規模なワクチン接種は、共通の適応した最終的なエンドポイントに向かって行われるという考え方です。これこそが、彼が私たちに爆発を警告しているものだと思うのです。私の理解は正しいでしょうか、Geert?

Geert Vanden Bossche 52:20

そうです。そして、私たちは、私たちは

Robert Malone 52:23

最終的なエンドポイントに向かって、収束的な進化を遂げていくのでしょうか?

Geert Vanden Bossche 52:28

そうです、もちろん。

Philip McMillan 52:30

ここで重要なことは、私が行ってきた研究によると、このウイルスは新生児や幼児が感染しても重篤な病気にはならないという意味で、ほとんど良性のウイルスであるということです。ですから、問題は感染したときのインターフェロンの反応にあるのです。ウイルスはその反応を阻害することができます。さて、ワクチンを接種した人の場合、興味深いことに、弱いIGA反応を起こしていることがわかりました。つまり、ウイルスに対する抗体、分泌型IgAが産生されますが、ウイルスの複製を止めるには十分ではないのです。さらに、この抗体は元のウイルスの野生型をターゲットにしているので、弱いIGA反応を回避できるウイルスだけが複製されてしまうのです。私が見た興味深い論文では、刑務所内で大多数の囚人がワクチンを接種していたにもかかわらず、COVID-19が大発生したというものがありました。

Geert Vanden Bossche 54:11

私が思うに、

Robert Malone 54:13

Geertが指摘したのは、この種の計画の下では、マレック病を例えにしても、以前は彼と私は意見が合わなかったのですが、今では彼の見解に近づいていますが、そのリスクとは、逃げ道を作るだけでなく、より複製能力が高く、より感染力が強く、潜在的にはより病原性の高い変異株を作り出すことだと思います。彼が言いたいのは、単にウイルスの移動の際に、先行する感染の波があった年長者を呼ぶというだけではないということだと思います。しかし、ウイルスの基本的な生物学的性質や複製・感染能力が変化しており、それが若い世代にリスクをもたらしているということです。これは正しく理解していますか?あなたは、そう考えているのですね。

Geert Vanden Bossche 55:15

私の意見は、感染性と病原性を区別する必要があるという意味で、少し違います。ここで免疫選択圧の話をしているときには、非常に明確に、私たちは彼のベースとなるワクチンを使用しています。そうでなければ、殺菌免疫ができてしまいますが、パンデミックの最中にワクチンを接種することは不可能です。つまり、スパイクタンパク質に最適ではない新しい圧力をかけ、スパイクタンパク質はもちろん感染力に責任があります。つまり、ウイルスの感染力に最適ではない免疫圧力をかけるということです。そうですね。さて、ここで問題となるのは、ウイルス性は違うのか、ということです。というのも、ウイルスの病原性に圧力をかけているということは、私は知りません。毒性です。もし、彼がそのような壮大な突然変異を見たとしたら、それは発表されたでしょうし、棚上げされたでしょう。今のところ、このようなことはありません。では、なぜ突然、若年層の人々が病気になったり、感染しやすくなったりするのか、誰も説明できないのです。私の説明では、より感染力の強い株が流通しているために、平均して感染率が高くなっているということですが、これを曲線で見ると、イスラエルの曲線を見てください。つまり、最初の感染後すぐに感染する可能性がどんどん高くなっているのです。最初の感染からわずか数週間後に再びウイルスにさらされる可能性は、感染圧力が高いために高くなります。また、非常に興味深い論文がいくつか発表されていますが、それによると、若い人たちのように、最初にウイルスに感染したときには何の症状も出なかった人たちが、ES抗体、つまり短命の抗体を獲得し、B細胞の記憶を誘導しないため、実際にはプライミングされず、短命の抗体は必ずしも中和しなくてもウイルスに結合することができます。そして、より親和性の低い生来の抗体が結合するのを防ぎます。このようにして、自然免疫が抑制されてしまうのです。これが、現在、若い人たちがかなりの速さでこの病気にかかっている理由です。でしょう?つまり、ビデオレンズの問題ではないのです。感染圧が高まると、最初の感染から短期間で再感染する可能性が高くなります。つまり、非常に明確な理由は、この無症状の効果は、ショートリスト抗体が右に現れ始める前に、ウイルスを排除した人たちにあるということです。つまり、ショートリスト抗体は、ウイルスの排除には全く機能していないということになります。というと、こういうことが起こると、手をこまねいているわけにはいかない。これは、ウイルスの非常に興味深いトリックで、こうすることで、リザーバーから別の部分を取り出すことができるからです。つまり、これらの若い人たちは、ウイルスの感染力が強くなるのがわかります。感染しやすい年齢層が増えれば増えるほど、感染率は下がっていきます。これが私の恐れていることです。ワクチンを打てば打つほど感染者が増え、パンデミックしているウイルスの感染力が高まり、ウイルスに感染しやすい年齢層が減ってしまうのではないか、と。つまり、私にとっては、本質的な毒性変異の問題ではないのです。これもまた、感染力の強い、免疫的に選択された変異株が適応することで、高い感染圧力が発生することが問題なのです。集団予防接種のおかげです。

Philip McMillan 1:00:08

ウイルスが子供たちにどのように作用するかを考える際に重要だと思われることを指摘しておきます。私が抱えている問題の1つは、私たちが検死をしなくなったこと、詳細な研究をしなくなったことです。ウイルスの場合、デルタ型は1000倍のウイルス粒子を生成すると言われています。問題は単純で、サイトカインストームを扱っているのか?それとも、ウイルス性肺炎なのか?剖検しない限りわかりません。なぜ若い年齢層が罹患しているのかを説明するには、COVID-19の元々の問題であるサイトカイン・ストームではなく、肺全体にたくさんのウイルスが存在するウイルス性肺炎に罹患し、それによって病気になっているからなのです。私たちはこれらの重要なことを見逃しているようです。ロバートにお聞きしたいのですが、今、彼が考えていることは、ある話題がいつも出てきますが、それはD.I.です。おそらく、最初にそれを定義することでしょう。

Robert Malone 1:01:28

そうですね、今、あなたに聞きましたね、あなたに。私の立場では、あなたは話題を次々と変えていきました。あなたは、ウイルスの複製、ウイルスの病理、3種のウイルスの病理について話していましたが、それをサイトカイン、ストーム、ウイルスの病理につなげ、さらに抗体依存性増強の脅威を紹介しました。ですから、一次ウイルス感染、ウイルス血症の段階で注意したいのは、その問題だけではなく、あなたの言葉では、主に肺管に焦点を当てているように見えました。ただ、これだけは言っておきたいのですが、これはどこにでもあるものです。霊長類の生物学者である友人がいますが、彼らは詳細な解剖を行っています。彼らは、これが病原体であることを確認しています。私がエコーで確認したところ、この病原体は事実上すべての組織に感染しており、生殖組織も非常に高いレベルで感染しています。また、腸内で慢性的な感染を起こしていることもわかっています。スパイクを介して、血液凝固、内皮障害、腎疾患、肺だけでなく、生殖器を含む他の様々な組織に影響を与えていると思われるのに、呼吸器に焦点を当てすぎることには注意しなければなりません。つまり、ウイルス量が増えれば、より高いレベルのウイルス血症を可能にする突然変異が選択されているので、一次的なウイルス病理とこれらの組織がより多く見られるようになるというのは、まったくもって理にかなっていると思います。明らかに2相性の疾患であるにもかかわらず、第2相に移行しないのです。デルタで言われている第2段階では、感染後7日目くらいから始まるのではなく、発生しても5日目くらいまで押し上げられています。私は、なぜワクチンが、ワクチンを受けた人の重症度や深さが低いという表現型を弱める必要があるのか、困惑しています。なぜ抗原特異的なワクチンが、同じくらいのウイルス量を持つ患者の反応性炎症反応を抑えることができるのでしょうか、ということです。私には意味がわかりません。私はその原稿を読むのを楽しみにしていますし、次号のCellに掲載されると思いますが、私はまだ見ていません。抗体依存性の強化については、その通りです。抗体依存性増強は、FDAが様々なコミュニケーションの中で、未知のリスクとして明確に指摘していましたが、ライセンス(緊急承認)を発行した時点では、まだ未解決です。このリスクがどの程度発生するかについては、ゲルト氏が説明してくれるでしょうし、私も共有できると思いますが、抗体増強の典型的な例であるデングウイルスの場合、免疫反応の衰退期に最大のリスクがあると言われています。これは、ウイルスと結合しながらも感染能力を妨げない程度の抗体が存在する閾値を通過するまでに、時間がかかるためです。そのため、ADPの設定と思われる衰退期の窓があるのですが、ここが問題です。

Robert Malone 1:06:00

これは他の人からも何度も指摘されていることですが、FDAが「ADE」という用語を使っていても、コロナウイルスのワクチン開発に関する先行文献でも「ADE is the risk」という用語が使われています。実際には、このウイルスはマクロファージや単球では複製されません。ですから、そのようなデータはありません。純粋な抗体依存性増強とは、FC受容体を介してマクロファージなどの単球由来の集団への取り込みが促進されることと定義されています。そして、「いや、これをADEをと呼ぶことはできないよ、ロバート、あなたは間違っている」という事実を確認したことになります。これはちょっとした命名法の問題だと思いますが、トマトのように、私は「ワクチンで強化された感染」、「複製」、「病気」という言葉を使いたいと思っています。では、どのようにしてワクチンによる感染や複製が促進されるのでしょうか?それは、生成された抗体が、他の方法では使用されていない受容体経路の橋渡しをし、使用を可能にすることができる場合です。私は同じことを違う言葉で言っていることに気がつきました。つまり、推定はADEです。FC受容体を経由しなければなりません。細胞に侵入するための鍵を開ける方法は、FC受容体だけではありません。他にも抗原や受容体があります。つまり、ワクチンによって誘発された抗体反応が、他の受容体経路を介してウイルス感染を引き起こす可能性があるということです。私が考える重要な疑問は、人々は、ワクチン接種後に病気が悪化したのではなく、病気が弱まったのだと言います。一般的に言えば、ウイルス血症そのものではありません。先ほど、炎症亢進期の話をしたときに確立したことです。私の考えでは、私たちが注目すべき表現型は、ウイルス力価の負荷の増強です。なぜなら、それがワクチンによる増強の真の兆候だからです。なぜなら、それはワクチンによって引き起こされた真の増強の兆候だからです。私たちが見ることができる近位のものは、ウイルス負荷がどうなっているかです。さて?ウイルスの再負荷を調べる適切なツールはありますか?実は、自分自身を直視すると、答えは「ノー」なのです。早死にしたコリー・ミュリスが指摘していたように、PCRは定量的な資産ではありません。私たちは、ゲルト氏の同僚がやっているような、ウイルスの力価を実際に見て、細胞やマイクロタイタープレートで培養するような古典的な生物学をやっているわけではありません。つまり、PCRのサイクル数が少ないのにウイルスが検出された場合、そこにはより多くの核酸が存在することを示唆しているのです。ですから、これをウイルス量の粗い代替指標として使います。私が考える問題点は、私たちが自分自身に問いかけていないこと、そして、厳密に調べるという作業をしていないことです。懐疑的な人はそう言うかもしれませんが、私たちは自分自身に問いかけていません。だからこそ、私はイスラエルの同僚から、たとえPCRの閾値であっても、ワクチン接種後の数週間、あるいは数ヶ月単位で解析したデータを見たいと思っています。

例えば、3週間後にピークを迎えた場合と、3ヶ月後、あるいは3ヶ月後と6~8ヶ月後のウイルス量を比較することで、ワクチンによって複製が促進されているかどうかの指標になると思います。しかし今は、そのようなデータはありません。私は見たことがありません。私はそれを要求しました。問題は、そのような質問をすることに多くの阻害要因があることだと思います。誰も資金を出したがらないのです。だから、私たちは「知ることができる」という世界ではなく、「知らない」という世界にいるのだと思います。これが、私が感じている、彼のワクチン全体に関することです。

Philip McMillan 1:11:26

この話は、私たちの議論の非常に重要な局面をもたらします。あなた方は、規制当局がどのように考えているかを理解していますし、さまざまなレベルで規制当局と交流してきました。彼らは今、何を考えているのでしょうか?そして、もしあなたが彼らの部屋にいたとしたら、彼らに何と言うでしょうか?私はたぶん成長から始めますが、あなたはあの子から始めますか?

Geert Vanden Bossche 1:11:54

というのも、規制当局は、臨床試験でテストされたワクチンを見ることに慣れていて、非常によく定義された環境の中で、パンデミックの際に見られるようなことはありません。もちろん、ワクチンを打てば打つほど、その動態は変化し、ウイルスの進化の動態にも影響を与えます。このような影響や相互作用が、ワクチンの効果などに影響を与えています。これは、彼らが実際に経験したことのないことであり、ほとんどすべてが標準化された明確に定義された臨床試験では見られないことです。彼らは、有効性試験が行われた他のワクチンと同じようにこの問題に対処しようとしていますが、有効性、安全性、進化する力学、最終的な感染性の観点から見たすべての違いが、彼らの理由には完全に欠けています。だからこそ、彼らは完全に困惑しているのだと思います。しかし、もしあなたが規制当局のような立場であれば、「皆さん、申し訳ありませんが、私たちはまず、本や多くの出版物に目を通し、それらの力学について説明してくれる多くの専門家の話を聞いてからでないと、合理的な評価はできません」と言うのは非常に難しいでしょう。これは、何が起こるかわからない、理解できないという不確実性や不安感のようなものだと思うのです。理解していれば、誠意を持って行動することができます。そして、これらがリスクであることを知っている。そして、これがメリットやデメリットです。しかし、もし獣が未知の状態で、大規模に何かを行い、大規模に認可を得て、子供たちに投与するとしたら、私たちがワクチンですぐに行っていることですよね?そうなると、人々にとっては非常に恐ろしいことになります。個人的には、すべての人々が去っていくのを見ることになると思います。それが、私の考えです。

Philip McMillan 1:15:33

あなたの考えは?ロバート?あなたならどうしますか?彼らは何を考えているでしょう?何を何を?もしあなたがこの部屋にいたら?あなたは何を考え、何をしているでしょうか?

Robert Malone 1:15:45

もう一度、あなたの質問を解析する必要性を感じています。そのことをお許しください。私は今、還元主義者になっていると思います。私は個人的に、ゲルトは疑いの余地を与えすぎていると感じています。欧州医薬品庁や欧州の各規制当局がどのように考えているかについては言及できませんが、私が米国で見ていることについては言及できます。あなたの質問は、もし規制当局のことを言っているのであれば、FDAのことを言っているのだと思います。FDAはチェックリストに基づいて運営されています。そのような意味で、彼らはある種の厳格さを持っています。パンチリストのようなものですね。例えば、買い物に行って、あれもこれも手に入れなければならない、全部終わらせなければならない。あるいは、週末に配偶者から渡される家事のリストのようなものです。つまり、FDAのアプローチは、全体的に考えることはないということです。方針を決めるわけでもありません。ですから、あなたの質問は本当に政策的な質問です。しかし、この質問は、政策決定がFDAレベルで行われていることを前提としていますが、そうではありません。FDAのレベルでは、書類を見て、これは我々が定義した基準を満たしているかどうかを判断します。そうであれば、「はい」と答えます。その際、効力、有効性、あるいは有効性、安全性、純度、粗悪品などをチェックします。これが主なチェック項目です。そのため、今は足手まといになっています。バイオインテック社のライセンスレターでは、FDA(米国食品医薬品局)の見解として、米国内に存在する既存のデータベース構造を認めています。メディケア、メディケイド、バージニア、陸軍医療システムなどのデータベースでは十分ではありません。それらは十分ではありません。そのような構造になっていないので、有害事象を検出するには不十分なのです。そこでFDAは、安全信号を評価するために、より厳密な研究を行うようバイオに指示しました。つまり、FDAは安全性を十分に評価できないことを認めているのです。それなのに、まだ市場認可を進めているのはなぜなのでしょうか?3回目のワクチンとブースターの問題で、ワクチン部門のトップである2人の規制当局が辞任したのはなぜでしょうか? その理由は、FDAがもはや行政府に存在する政策決定機関から独立していないからです。つまり、政策を決めるのはホワイトハウスなのです。つまり、トニー・フォーチが任命されているので、基本的には、この病気の私たちは、フォーチ博士が個人的な視点を持っているかどうかにかかっているのです。そして、このようなプロセスの流れの素晴らしい例を見ました。米国での3回目のワクチン、ブースターについての決定では、独立した学術審査員がいました。FDAに代わってデータを調査したのが、このVirbacパネルです。彼らは、高齢者や高リスク者における安全性と有効性の観点から、適切な判断を下すのに十分なデータがないにもかかわらず、イスラエルのデータやアメリカのいくつかのデータでワクチンの耐久性が非常に低いことが示されていたため、これらの人々のリスクはすでに十分に証明されていたので、許可するという明確な決定を下しました。イスラエルのデータでは、アメリカのデータでは、ワクチンの耐久性が非常に低いことが示されていました。そこで彼らは、バランスを考慮して、これを進めるべきだと判断しました。

Robert Malone 1:20:22

しかし、CDCやFDAのジャネット・ウッドコック長官が登場し、「それは素晴らしいことですが、私は別のグループを追加したいと思います。実際には、それを裏付けるデータはありませんが、もしあなたが55歳や45歳などの年齢であれば、それがあなたのリスク層となります。食料品店の店員であれば、25歳であれば、食料品店の店員ではない人よりも、死亡や入院の確率がはるかに高いというデータはありません。つまり、彼らは普遍的な義務を課したいがために、そのような政治的決定をしたのです。その結果、アメリカの仕組みを理解しようということで、CDに丸投げされました。そして、CDCに投げ込まれました。CDCのACIと呼ばれる独立委員会が同じデータを評価します。そして、FDA長官が追加した第3のグループを否定したのです。私たちはその論理を否定し、その主張を裏付けるデータはありません。私たちは、Virbacが提示したのと同じ推奨を行うべきだと考えています。そして2日後、CDC長官はそれを却下し、FDA長官のジャネット・ウッドコックが発表したのと同じ方針に戻しましたが、これは私が説明したように、基本的にはトニー・ファウチの指示によるものです。これは、私が説明したように、基本的にはトニー・ファウチの指示によるものです。さて、この件には他にもしわ寄せが来ています。私たちは、科学とは無関係に活動していた状況にありますが、科学はもはや重要ではありません。それは公共政策なのです。特にCDCの場合は、CDCが規制団体の典型的なケースであることを理解することが重要だと思います。ある意味では、CDCは本当の意味での規制ではなく、政策諮問機関であり、ワクチンを購入する権限を持っているのです。これがCDCの活動の理由のひとつです。彼らは、米国におけるケアの基準を設定したり、ケアの基準を確立しようとしています。また、CDCには2つの機能があることを理解しておく必要があります。CDCはワクチン擁護を明確な任務としており、ワクチン接種を促進するために多額の資金を得ていますが、同時にワクチンの安全性を確保し、ワクチンの安全性を規制するという内部的な使命も持っています。この2つは相反するものです。これは明らかだと思います。CDCには、ワクチンを推進するために多額の資金を得ている一方で、ワクチンの安全性を評価するという資金不足の任務があるという、本質的な利害の対立があるのです。これが米国の状況です。さて、あなたは質問しましたが、私はその部分を解析しました。私は何と言えばいいのでしょうか?バイデン大統領があなたに電話をかけてきて、「ロバートだ、どうする?いやいや、問題が発生しました。赤いランプが点滅していますよね。あなたがツイッターで言っていることが気になってしょうがないのです。あなたに電話して、アドバイスをもらわなければなりませんね。しかし、この仮説は私とピーター・ナバロに提示されました。そして、私たちは一連のポリシー・ステートメントを作成しました。

Robert Malone 1:24:17

その内容は4つの重要な政策項目です。その内容は4つの重要な政策項目からなっています。率直に言って、ゲルトが教えようとしていることをようやく理解したとき、私は大きな問題を抱えていて、方向転換しなければならないことに気づきました。私が主張してきたことは、2週間前にバチカンのタークソン枢機卿に謁見し、ポルトガルでもイタリアでも、そしてここアメリカでも主張してきました。ピーター・ナバロ氏との意見交換会では、4つのポイントを強調しました。今、欧米ではワクチンを使いすぎています。私たちは基本的にワクチンの豚になっているのです。すみません、ちょっと言い過ぎましたね。しかし、欧米では不必要に資源をため込んでいるのです。ゲルトさんが親切に教えてくれたように、私たちは欧米でワクチンを過剰に使用する政策によって、実際にダメージを与えているのです。その一方で、ワクチンを購入する資本のない経済的に恵まれていない国の人々には、ワクチンが提供されていないのが現状です。冷凍庫を購入するだけでなく、コールドチェーンの構築には莫大な費用と困難が伴うのです。私たちはワクチンを買いだめしていますが、他の国の長老たちは、それぞれの国、村、町などの知恵と知識を代表する記憶を持っています。年長者と同じようにワクチンを必要としている人々にワクチンを提供していないことは、他に何と言っていいかわからないほど大きな問題です。イギリスでも、EUでも、アメリカでも、イスラエルでも、です。しかし、それを溜め込んだり、経済的な武器として使ったりしてはいけません、これは今起こっていることです。モノクローナル抗体をはじめとする薬剤は、早期に積極的に投与することで非常に効果的です。モノクローナル抗体をはじめとする薬剤は、早期に積極的に投与することで非常に効果的です。これらの薬剤の多くは議論の余地があると考えられていますが、それでも広く使用されており、多くの場合、新興国では罹患率や死亡率の点で欧米よりも優れた結果を出しています。最近の例では、ウッタル・プラデーシュ州での

Robert Malone 1:27:15

インドでイベルメクチンを広範囲に使用し、ウッタル・プラデーシュ州の炭素による死亡や病気の発生率を突然崩壊させたのです。ペルーでも素晴らしい例がありました。イベルメクチンを投与した後、政策を変更してイベルメクチンを投与しなかったところ、罹患率と死亡率が急上昇したという、いわば再チャレンジの実験です。罹患率や死亡率に大きな違いをもたらす薬剤は、ビタミンDを筆頭にいくつもあります。だからこそ、早期に利用できるようにしましょう。第3に、迅速検査キットは偽陽性に偏っていると思います。どのような検査にも偏りがあるものです。どんな検査にも偏りがあるものですから、偽陽性に偏った家庭用検査キットを利用できるようにすることを認めます。そして、医師の診察室で、より具体的な検査ができるようにすることで、今年の初めに小児を襲ったような呼吸器シンシチアル・ウイルスに感染していないことを確認することができます。みんなSARSだと思っていたのに、RSVに感染していたのですから。ですから、検査キットを用意しましょう。3つ目のポイントは、恐怖心をなくすことです。あまりにも恐怖心を煽りすぎていると思います。カートが親切にも指摘してくれたように、現在流通している株でのリスクは、高リスクグループや高齢者でなければ、このウイルスで死亡したり、重症化したりする可能性は数パーセントに過ぎません。実際には、ゲルトさんが親切に教えてくれたように、私たちのほとんどが広範囲にわたる長期的な特異免疫を得ることができます。ですから、私たちは恐れる必要はありません。私たちは、アプリやその他の計算ツールを使って、自分のリスクを評価できるようにすることで、恐怖心を解消できると思います。以上、ピーター・ナバロと私が考えた4つのポリシーポイントを序論しました。もちろん、ワシントンD.C.の誰もが読めるように「The Washington Times」にも掲載しました。フェイスブックからはファクトチェックを受けましたが、それ以外はほとんど反応がありませんでした。私は政策に影響を与えようとしましたが、それはまるでシーシュポスの労苦のようでした。以上が、あなたの質問に対する私の分析です。

Philip McMillan 1:30:12

素晴らしいですね。他に何か付け加えることはありませんか?今、ロバートが行ったのは非常に包括的な視点でしたから。

Geert Vanden Bossche 1:30:21

私にとって最も重要なことは、彼の感染圧を下げることだと思っています。この感染力の高い変異株をどうやって排除するか、誰も、誰も、何も考えていないのです。そして、それらは自然に落ち着くことはありません。つまり、ウイルスが突然、これで十分だ、自分の、自分の感染力を弱めるような変異をいくつか挿入しよう、と言うようなものではないのです。先ほども言ったように、私にとってこれは本当に大きな脅威です。これまで自然に守られていた人たちにとってもです。パンデミックが始まったとき、若い人たち、つまり65歳以下の若い年齢層の人たちは、ほとんど問題がありませんでした。今では、若い年齢層でも病気になる人が増えています。私に言わせれば、これは明らかに感染圧力の高さが原因だと思っています。では、どうすればその圧力を下げることができるのでしょうか。まず第一に、繰り返しになりますが、この大量のワクチン接種をやめなければなりません。私が説明しようとしているように、これが緩衝材です。若い年齢層を、例えばワクチンを接種していない彼らを連れてくると、感染圧力が減少していくのです。彼らは掃除機のようなものです。たとえ病気にかかったとしても、ほとんどの人は年齢が低いため、生得的な抗体を持っているため、病気にかかることに対して比較的抵抗力があります。ワクチン学者は生来の抗体についてほとんど知りませんが、私のウェブサイトにアクセスして出版物を見てください。とても魅力的な内容です。ワクチンを接種すると、感染力の強い株が新たな淘汰圧によって繁殖し、排除されることはなく、このバッファを完全に失ってしまいます。つまり、これが彼女の免疫力に対する私たちの希望なのです。つまり、彼女の免疫力についてはもう誰も語らないのですが、大量のワクチン接種キャンペーンの目的は何なのでしょうか?誰かその目的を教えてくれませんか?つまり、もし目的がなければ、何もないということです。もちろん、戦略もありませんし、戦略はなくても戦術はありますよね?といった感じです。

Geert Vanden Bossche 1:33:14

つまり、みんなが何かをしているけど、共通の目的はなく、各国がそれぞれのことをしているということです。これは本当に災難です。この問題を解決する唯一の方法は、生物学や免疫学を変えることではなく、ウイルスと免疫系の相互作用を利用することなのです。ウイルスと免疫系の相互作用、そして集団免疫です。では、どうやって、どこから免疫を得ようとしているのかというと、確かにワクチン接種からではなく、大量のワクチン接種をした場合にはさらに少なくなります。どうすればこの感染圧力を減らすことができるかというと、子供たちや若い年齢層の人たちにこう言うことができます。外に出て、自分のことをしなさい」と。なぜなら、これはパンデミックの最初の頃、本質的な感染力がはるかに低いウー・ハンズのレイドがいて、その年齢層には何も起こらなかった時と同じだったからですよね。もちろん、先天的に免疫力が低い人などもいますが、大まかに言って、若い年齢層ではこのような発生率は見られなかったのです。もちろん、大量のワクチン接種をやめるために、品種改良をする必要があります。なぜなら、集団免疫を構築する可能性があるのに、それを逆に、集団免疫にこれ以上貢献できない人たちに変えてしまっているからです。これは公衆衛生の観点からだけでなく、個人の健康の観点からも言えることで、これは進化しているからです。私はこれまでに投稿した多くの記事でこのことを指摘してきました。もちろん、これが大量のワクチン接種による免疫圧力のせいだとは言っていませんが、免疫圧力が急速に高まっていることは明らかに指摘しています。その結果、中和抗体から逃れた突然変異が増えているのです。つまり、これは進化しているということですね。進化しているのです。つまり、いつの日か、これらの抵抗性変異株や流通しているものの中には、必ずしも優勢な株や感染力の強い株になっていないものがあることがわかっているのです。しかし、私たちは最終的にこのような状況に陥ることになるでしょう。また、個人的な観点から言えば、今日、自分がまだ守られていることを喜ぶこともできます。しかし、この保護はいつまで続くのだろうか、と自問してみてはどうだろう。明日はどうでしょう?この保護には限界があることはわかっています。このプロテクションには限界があることはわかっていますが、それがどのように変化してきたのかをすでに見てきました。最初はトランスミッションに影響がありましたが、その後、この影響はなくなりました。しかし、もちろん病気や病気の予防には影響がありました。今では、重度の病気だけになっています。このように、ワクチンに関する主張で変化しているレトリックや物語は、このパンデミックの間のウイルスの進化のダイナミクスを反映しているに過ぎないのです。ですから、私たちはこの感染圧力を下げる必要があります。そのためには、イベルメクチンの話をしたいかどうかは別にして、率直に言って、私は気にしません。しかし、抗ウイルス剤による化学療法の予防がなければ、これはできません。というか、やります。これをやるのか、そして止めるのか、もちろん大量のワクチン接種ですが、私の漢方的な意見、そしてデータの漢方的な解釈によると、非常に重要なことは、過密化を避けることも必要だということです。個人的には、集団予防接種が開始されるずっと前から、人口の中で感染株が循環し始めていたのは、特定の地域では本当に過密な状態が原因だったと考えています。つまり、無症状で感染した人が、まだ抗体を持っている間に再感染する可能性が非常に高いということです。これはどういうことかというと、もちろん免疫圧力、つまりタンパク質に対する免疫圧力であり、感染力が高くなるということです。これは衛生上の問題でもありますが、基本的には過密状態、大量のワクチン接種を止めることで、この感染圧力を劇的に減らすことができます。ワクチンだけでは無理ですが、ワクチン接種率の高い国では、感染率が高いのです。つまり、他に何があるのか?これは、彼らが私のためにしてくれたことであり、これは完全に、頭を使わずにできることですよね?つまり、これは単純に常識的なことです。そして、それは可能です。それが私の不満な点ですが、もちろん、それは可能です。しかし、もし最高のワクチン接種を続けるならば、つまり、自然が勝利し、私たちはこれを終わらせるでしょう。もちろん、免疫力は損なわれますが、当然、大きな代償を払うことになるでしょう。そして、私が理解できないのは、フィリップは当初、例えばワクチン接種者が排出した変異株と元の糸との比率を比較して、より多くのものにシフトしたかどうかを見たいと懇願してきました。

Geert Vanden Bossche 1:39:04

しかし、突然、「ワクチンを接種した人は、もうシーケンスを行いません」と言われてしまいました。この章を閉じます。これ以上はやりません。つまり、それは基準ではなかったのです。さて、この最善の行動を継続することによる有害な影響を実証するための私の次の基準は、ワクチン接種者と非接種者の重篤な疾患の比率を比較することですが、もちろんその比率は正しいのですが、すでにいくつかの国では、その比率の観点から、ワクチン接種者の方が非接種者よりも死亡例が多いことがわかっています。そうですね。しかし、繰り返しになりますが、ロバート、この数字、私たちはこの数字を手に入れることはできません。そして、それを見つけるのに、あと1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月かかったとしても。その時にはもう、対照群もないでしょう。なぜなら、誰もがコントロールグループを持たないからです。ですから、これが劇的な進化であることを本当に証明する客観的な手段がないのです。私たちはそれを証明することができます。しかし、ツールが用意されていなかったり、これらのツールが単に出荷されていなかったりすることが、それを可能にしています。そう、これはとてもドラマチックなことなのです。私が思うに

Philip McMillan 1:40:41

ロバートが何か言いたがっていましたが、ここでは

Robert Malone 1:40:44

2,3のことです。私は実際に、これを「データの中の幽霊」と呼んでいると思います。ワクチンを受けた人には、ワクチンを受けた割合とワクチンを受けた割合などの交絡因子を調整しても、相対的に見て発症率が低いという、持続的な奇妙なシグナルがあります。しかし、英国のデータには、ワクチン接種者の死亡数が過剰であるにもかかわらず、ワクチン接種者の重症疾患が相対的に不足しているという持続的なシグナルがあります。これは、あたかもワクチンが重症疾患から何らかの形で保護しているかのようですが、補正後の死亡率はワクチン未接種者に比べて増加しています。これは逆説的な現象です。これは、あなたが探している兆候かもしれません。フィリップさんが締めくくる前に、私が少し気になっていることを2つほどお伝えしたいと思います。その昔、私はゲルトのようにプライマリー・ワクチン学をやっていました。よく覚えているのは、不良干渉粒子についての議論です。不良干渉粒子とは、本当の意味での感染力はないものの、タンパク質の被膜やその他の特徴を持ったウイルスのことですね。欠陥干渉粒子の問題点は、ウイルス量が多い状況では、免疫複合体疾患が多く見られるようになることだと思います。フィリップ、あなたは私の本の中で、自己免疫疾患のリスクを率先して認識していると評価されています。例えば、血小板や血栓性血小板減少症のように、明らかに自己免疫疾患が顕在化しています。しかし、ウイルス量が増えれば増えるほど、より多くの免疫複合体疾患が見られるようになると思います。原抗原の罪という問題があります。彼は、既存の抗体について話しています。しかし、ウイルス株との相性が悪くなったワクチンでは、もうあまり流通しなくなったウイルス株のエピトープに対して、特に抗体を作ることに反応する記憶集団を作り出してしまうことになるのです。そうすると、新しい株に遭遇したときに、ミスマッチな抗体を作る傾向が出てきます。これが「原抗原の罪」の簡単な説明です。私が心配しているもう一つの問題は、nヶ月ごとに再接種することで、6ヶ月ごとでも何でもいいのですが、ゾーントレランスが高いことです。Gertさんは、インフルエンザのワクチンを過剰に接種することについての論争をよくご存知だと思います。この考えは、多ければ多いほど良いという素朴な政策立案者の全体的なアプローチを反映したものだと思います。私は、3歳児にハンマーを与えれば、すべてが釘付けになると呼んでいます。私たちは、過剰なワクチン接種が実際に高いゾーン耐性をもたらすリスクを見落としていると思います。これは、例えばアレルギーの子供を持つ人にとっては標準的な方法であり、アレルギー専門医は免疫抑制を引き出すために抗原を複数回投与することを知っているでしょう。私たちは危険にさらされているのではないかと心配していますし、それを裏付けるようなデータもあります。ワクチンを過剰に投与する政策をとった場合、自然感染後のワクチン接種がT細胞の反応を低下させることを裏付けるデータもあるのです。このように、私はGertz氏に加えて、これらの点を心配しています。

Robert Malone 1:45:20

見事な洞察力は、ワクチン政策を進めていく上で、「多ければ多いほど良い」という前提があることです。ワクチンについてはそうではありません。他にも複雑な要因があります。私たちの政策によってウイルスの複製率が高くなり、ウイルス量が増えれば、免疫複合体疾患が増えると思われます。以上、先ほどのGertz氏のコメントを受けて、私からの締めくくりの言葉を述べさせていただきました。

Geert Vanden Bossche 1:46:03

これは、人々が非常に懸念していることだと思いますが、ワクチンを接種した人としていない人との間に差別があるという現状です。人々を悩ませているのはこの点だと思いますので、手書きのスライドを1分ほど使って、人々に見てもらいたいのですが、これがいかに完全な科学的ナンセンスであるかを示したいと思います。左側が非ワクチン接種者で、右側がワクチン接種者の色です。では、説明しましょう。これは、一人の人間の時間経過に伴うウイルス排出を表しているとも言えますし、曲線の各部分、曲線の各ポイントをそれぞれ別の個人として表しているとも言えます。しかし、最悪のシナリオとして、ワクチンを受けていない人の平均値がワクチンを受けた人の平均値よりも高いと仮定しても、必ずしもそうではないことがわかります。ワクチン接種を受けていても、受けていなくても、ワクチン接種によって感染が遮断されていなくても、ウイルスの排出量は、ウイルス負荷にさらされた時間や接種物、排出量を測定した時間など、またリスクの持続時間など、多くのパラメータによって左右され、長期にわたる排出量は同じではありません。また、何人かの異なる人を同じ時間に連れて行くと、全員がワクチンを接種していても、全員がワクチンを接種していなくても、非常に大きな違いが出てきます。つまり、問題は、誰かが排出しているのか、ワクチンがより多く排出しているのか、それとも非接種者がより多く排出しているのか、ということではないのです。このようにして、現在、主に非ワクチン接種者に対する差別が生まれています。これは科学的には全くのナンセンスです。ワクチンを接種した人もしていない人も、気にしなければならないのは自分の感受性だと思うのです。自分を守るためにはどうすればいいのか。例えば、2回のワクチン接種を受けた人は、1回のワクチン接種を受けた人よりも、2回のワクチン接種を受けた人の方が防御力が高いことがわかっています。また、若くて健康な人は、生来の免疫力が非常に高いため、ワクチンを受けていない人よりも防御力が高いことがわかっています。だからこそ、私たちは気にかけるべきなのです。そして、ワクチンとワクチンを受けていない人、ワクチンを受けていない人が配布されたワクチン、またはその逆といった、正当化できない差別をなくすべきです。例えば、ワクチンを接種した集団の中で、ワクチンを接種していない人ももちろん、より感染力の強い糸をたくさん糞していることを忘れてはいけません。それが流通している株なのです。では、どうやって、どうやって、非接種者は他に何を縮められるのでしょうか?これは全く関係ないことなのでしょうか?関係があるのは、どうやって個人ベースで自分自身を守るか、個人的な保護をするかということです。そして、公共の公衆衛生の観点から、いかにして保護を強化できるかということです。私が前に言ったのは、この感染性の圧力をいかに弱めるかということでした。これは多くの人が心配していることなので、絶対に付け加えたかったことです。そして、多くの差別が行われており、それはワクチン接種の義務化などの政策によって助長されています。また、科学的根拠のない馬鹿げたことも行われていますが、ロバートもある程度同意してくれると思います。

Philip McMillan 1:51:00

ええ、そうですね。

Robert Malone 1:51:01

私は、この政策が合理的であることに強く同意します。そして、これらの政策は、公共の政策立案者の側の、ある種のフラネックの活動を反映していると思います。3歳児がハンマーを持つと、すべてが釘になる」という話に戻りましょう。彼らは、このようにすることで、自分たちが何かをしていることを示すことができると考えています。しかし、これは信じられないほどの分裂を招くものです。この点を指摘してくださったことに、私はとても感謝しています。

Philip McMillan 1:51:40

素晴らしいですね。もうすぐ2時間になりますが、まだまだ続けられそうですが、そろそろ終わりにしましょう。皆さんには本当に感謝しています。皆さんの話を聞いて、本当に多くのことを学びました。そして、最後に少しだけ整理しておきたいことがあります。来週は、パキスタンの人たちと一緒に、COVID-19を使った他の国での課題について話をする予定です。その次の週には、革新的な疫学的ソリューションに関する会議を開催する予定ですが、これは皆さんが見てきたものと非常によく一致しています。そして最後に、COVID-19 Foundation 360経過を開始したことをお伝えしたいと思います。そして、人々の理解が深まれば深まるほど、私たちはすべてを把握できるようになるでしょう。この経過では、私が過去18ヶ月間に学んだことを共有することに重点を置いています。研究だけではなく、人々の声に耳を傾け、知識を高め、自分自身に力を与え、知識と理解を通して、より安全だと感じてもらうことを目指しています。これが現在の私たちの基本的な状況です。そして、素晴らしいゲストの皆さんに、改めて感謝の意を表したいと思います。また、もし難しいことでなければ、もう一度このような機会を設ける必要があると思います。なぜなら、皆さんがこれまでに発表してきた洞察力は非常に素晴らしいものだったからです。将来的には、何ヶ月か先に私たちがどのような状況にあるのかを確認することは、非常に有益なことだと思います。皆さん、どうもありがとうございました。リスナーの皆さんも、素敵な夜、あるいは午後をお過ごしください。

Geert Vanden Bossche 1:53:46

フィリップさん、ありがとうございます。また、この考察を進行してくれたこと、そしてロバートが確認してくれるであろうサインを共有してくれたことにも感謝します。人々はこの情報を切実に必要としています。なぜなら、以前とは対照的に、人々は非常に明白な理由から、今は自分で調査する必要があると感じているからです。それでは、今回のイベントの進行と貢献において、本当に重要な役割を果たしてくれたことに感謝します。

Philip McMillan 1:54:15

ありがとうございました。ありがとう、ジョー。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました