WEF/グレート・リセットマーティン・アームストロングロックダウンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ政治・経済暗号通貨・地域通貨金融危機・インフレ

マーティン・アームストロング|フルインタビュー|プラネット・ロックダウン・シリーズ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Martin Armstrong | Full Interview | Planet Lockdown Series

マーティン・アームストロングは、金融サイクルをモデル化する初の機能的なAIアルゴリズムを作成した独学の金融予測家です。世界的に有名な経済学者であり、経済信頼性モデルの作成者、プリンストン・エコノミクスの創設者、世界中の投資ファンド、政府、中央銀行への助言を行っています。特に1986年の暴落やレバノン内戦など、金融や政治の崩壊を今日まで呼んできたことで知られています。この才能は、地政学的なリンゴの馬車に揺さぶりをかけ、10年にわたる法廷闘争に巻き込まれ、10年以上もの間、刑務所に入れられることになりました。その全貌を知るには、ドキュメンタリー映画「The Forecaster」をお勧めします。彼の作品は以下のサイトで見ることができます。

www.armstrongeconomics.com/about/1113-2/

ご寄付をお願いいたします。あなたの寄付が、本当の意味での違いを生み出します。

planetlockdownfilm.com/donate/

映画やインタビューの最新情報をお届けするメールリストにご登録ください。

planetlockdownfilm.com/lists/?p=subscribe

インタビュー記事もご覧ください。

planetlockdownfilm.com/full-interviews/


Martin Armstrong 0:28

私は基本的に、外国為替に関するアドバイザーを務めてきました。これは主に、このようなことが本当に爆発した場所だと思います。1970年代に、イタリア・リラが5%変動したことで、最初に破綻した銀行はフランクリン・ナショナル・バンクでした。これはブレトンウッズの直後のことです。たまたま副頭取が私の友人だったんです。彼は私に、「これを見てくれないか、通貨やその他のことについて」と頼んできました。

私は文明の栄枯盛衰に興味があったんです。それで、古代ギリシャやローマの外国為替や貨幣を研究しました。それが、多かれ少なかれ、グローバルなファイナンシャル・アドバイザリー・サービスにつながったというわけです。1985年にヨーロッパに事務所を開設しようとしたとき、現地の顧客の一人である銀行家と会いました。

私は彼に、「名前はどうするんだ?ヨーロピアン・アドヴァイザーとでも名乗るべき?」と聞いたら、ヨーロッパのアナリストの名前を一人挙げてくれと言うので、私は恥ずかしくて言えませんでした。恥ずかしくて言えなかったんですが、彼は笑って、そんなものはいないと言いました。

どうしてそうなるのでしょう?第二次世界大戦後、ヨーロッパの政治家たちは、ゼロから出発した通貨を、米ドルに対する通貨の上昇を、良い政治家であることのシンボルとして使っているからです。だから、「私に投票してください。ドイツはドルに対して10%上昇し、彼らは歓声をあげます。」

さて、アメリカでは、そんなことは絶対に通用しません。つまり、「私に投票してください、メキシコペソに対抗するために。」とか言ったら、笑われるでしょう。

しかし、彼はこう説明しました。ヨーロッパでは通貨が政治的なものになったので、誰かが、ああ、イギリス・ポンドは下がるだろう、と言ったら、事実上、あなたは仕事をクビになってしまうようなアナリストはいなかった、とね。

ヨーロッパの銀行のアナリストも同じで、もし「ああ、ユーロは大変なことになりそうだ」と言われたら、そのアナリストはクビになってしまいます。

ECBが銀行を呼び戻し、そいつをクビにします。結局、彼が私に言ったのは、「ダウが上がろうが下がろうが、君には関係ないから、みんなが君を使うんだ」ということでした。私は笑いました。私は笑って、「ああ、その通りだ。

これは単なる取引なんです。そう言えばいいんです。だから、政治的な動機とか影響とか、そういうのはないんです。

つまり、今日、コビッドを見ればわかると思いますが、ある大手新聞社の上級編集者だった友人が、コビッドの出所を6ヶ月かけて調査したことがあるんです。そして、武漢の研究所が言っていたこと、研究所で作られたこと、意図的にリークされたことを全部。そして、6ヶ月の調査の後、彼女が出した結論はほぼそれでした。そして、彼らは彼女がそれを公表することを許可しませんでした。それが問題なんですね。

このようなことに政治が絡むと、真実がわからなくなるんです。つまり、どんな政治家が表に出てきて、ロックダウンは間違いだった、と言うのか、ということです。いやはや、本当に申し訳ない。少なくとも、そんなことはないでしょう。

つまり、コビッドに関して彼らが下したどんな決定も、それはそれとして、彼らはそれを墓場まで持っていくでしょう。つまり政治家は絶対に「ごめんなさい、間違えました」とは認めないでしょう。それはあり得ないことです。私はいつも彼らは鏡をもっていないと言っています。政府では、彼らは決して自分自身を見ることはありません。

PlanetLockdown

では、どのように全体像を理解すればよいのでしょうか?

Martin Armstrong 5:13

それは、彼らが使っている主なものは、ロックダウンやこういった性質のツールです。ばかげています。それは主に、政府が金融危機に陥ったからです。第二次世界大戦以来、返済する気もないのに借金をし続けているわけです。

ケインズ主義のモデルを見ると、需要を刺激するために赤字支出をするのはいいことだ、と言っています。そして、税金も下げればいいのです。政治家が減税の話をしたら、地面に伏して口から泡を吹くでしょう。つまり、そんなことは絶対にしないのです。

そして、いったん赤字支出を始めると、毎年毎年、それを繰り返しているのです。問題は、欧州中央銀行を中心とする中央銀行が、ある意味、本当に追い詰められていることです。なぜなら、金利を上げて社会の需要を減らすか、金利を下げて経済を刺激するか、それがあなたの仕事だという考え方は、うまくいかないからです。

なぜかというと、政府は最大の借り手だからです。金利を上げても需要は減らないし、支出が増えるだけです。だから、学校で習った経済理論の構造全体が、冗談のようなものなのです。すべて崩壊しているのです。

COVIDやロックダウンなどの問題は、私の宿敵であるKlaus Schwabのアドバイスに従ったものです。例えば、1985年から毎年開催している世界経済会議にナイジェル・ファラージが来たときの話です。

彼は立ち上がって、「もちろん、ここに来たのは、我々の予測が正しかったからだけではない。私たちはダボス会議に代わるものだ、」と。

シュワブのアジェンダは、基本的にマルクス主義をもっと採用することです。つまり、もし社会主義が失敗したら、つまり社会保障制度が崩壊したら、年金は崩壊したら、ということです。

年金基金が毎年収支を合わせるために8%必要なのに、金利をマイナスより下げることはできません。つまり、現段階では、彼らにとって唯一の脱出方法は、最終的には革命が起こるということです。

つまり、人々は年金のために生涯働き、安全保障のために働くのですが、突然、それが得られなくなるのです。

彼らは、日付やゲート、そして投石器を持って突撃することになると知っています。ロックダウンはそういうことのためなんです。国境を越えることすらできないようにするためなんです。オーストラリアでは、州間を移動するようになりました。

スペインでは、バルセロナにいる人は、警察の許可がなければマドリードに行くことができないということをやっていました。どこに行くのか、なぜ行くのか、追跡されることになります。これらはすべて、革命が効果的に起こることを彼らが知っているからです。つまり、ロックダウンは主に人々の自由な移動を抑制するためのものなのです。

これはナチス時代にドイツが使っていたのと全く同じ発想です。書類を COVIDのことですが グリーン・パスと呼ばれるもので 予防接種を受けたことを証明するものが必要です。死亡率が1%未満の病気について話しているんです。ペストの話ならわかります、これは死亡率30~50%の病気です。

さて、あなたは深刻な話をしています。しかし、スペイン風邪でさえ5%以下でした。今よりはるかに悪いものでした。だから、これは政治的に利用されているのです。その目的は、彼らが実際に、世界経済を変化させる準備をしていることです。

Martin Armstrong 10:05

そして、シュワブは、第4次産業革命が起きたと主張し、これを後押ししています。ロボットが皆に取って代わり、失業者が過剰に増えるというのです。そこで、ベーシックインカムが保証され、家にいてテレビ番組を見ているだけで給料がもらえるという考え方が生まれます。

そうです、フォロー・ザ・マネーなのです。気候変動。つい最近、国連はこれを国家非常事態として宣言するよう推進しました。プーチンは拒否権を発動し 世界を救った 気候変動を国家安全保障の問題とすることで、国連は一つの世界政府になる必要があることを推進しています。

そして、すべてのアイデアや規制は、すべて国連からもたらされるべきであると主張しています。あらゆる種類の政府機関がある限り、税金の10%を国連に納める権利があるとさえ言っています。ひとたび政府になれば、彼らはまったく同じことをします。いつも拡大、拡大、拡大です。

そして、危機が起こるたびに、ああ、私たちはこれを防ぐことができたのに、私たちにはこの力があったのに、と言うのです。それで、さらに権力を与え、さらに権力を与え、さらに権力を与えるのです。それは決して終わりません。

つまり、私たちが抱えている問題は、これらのことを運営している人々が、何の経験も持っていないことです。シュワブが推薦した世界保健機関(WHO)のトップでさえ、医者ですらありません。つまり、この人たちの資格を見てみてください。

彼らはどうでしょう?学位を持っていて、国を動かしているとか、何もないとか?あなたはその後、これまで、自分自身と現実の世界では何もしたことがない人が規制を作る持って、これは我々が持っているものです。

つまり、あなたは脳の手術が必要なのに、タクシーに飛び乗って手術をしようというようなものです。タクシーの運転手は良い男のように見え、あなたに親切に微笑みます。「明日は空いてる?手術をやってくれないか?私のために?」

PlanetLockdown 12:48

これらの背後にある本当の理由は何ですか?「お金の流れを追求する」ということですか?ただお金に追ってみようと?それがどこにつながっていると思いますか?

Martin Armstrong 12:57

主に、世界経済フォーラムとクラウス・シュワブからきている理論だと思います。マルクス主義、一つの世界政府、この種のものすべてが混ざり合っています。彼らは、ヨーロッパに米国があればマルクス主義はうまくいったと信じていますが、中国とロシアがあるからといって、それでは十分ではありません。

国連が関与しているのは、その力があるからです。彼らは気候変動問題を利用しています。プーチンは拒否権を発動しましたが、彼らは気候変動を国家安全保障の問題にしようとしていました。そして、一国では世界を救うことができない、国連が必要だという主張です。

つまり、これは基本的に一つの世界政府を目指すもので、ジョージ・ソロスが資金を提供し支援しています。人口問題や気候変動は、ビル・ゲイツが推進しています。世界経済フォーラムは、基本的にマルクス主義を推進しています。この3つが混ざったようなものです。国連はその主要な受益者であり、彼らがやろうとしていることでもあります。

PlanetLockdown 14:45

国連を強化し、真の政府として行うようなものですか?

Martin Armstrong 14:48

それです。このワンルームガバメントのアイデアを見てください。人々は気づいていないかもしれませんが、昔のフランスのオランド大統領はマルコと並んで議場に立ち、EUの理由はヨーロッパの戦争を終わらせるためだとさえ言ったのです。

この考えは、一つの世界政府、あるいは一つのヨーロッパ政府があれば、ヨーロッパの戦争はなくなるというものですが、そうではありません。言語というのはやはり非常に大きなもので、文化もそうです。

フランスで女の子がドイツ人を家に連れてきたら、父親が「彼らが私たちに何をしたか知っているのか」と言うかもしれませんし、私はアテネに行ったことがありますが、COVIDの前にドイツ人に対する抗議デモがありました。債務問題でナチスの格好をさせられてね。

これらのことはヨーロッパに存在します。世代から世代へ、一つの政治的な政府のせいで簡単になくなることはないのです。だから、でも、これが今の理論なんです。つまり、もし国連という一つの政府があれば、世界大戦を終わらせることができるのに、そうはならないのです。

私の父は北アフリカでパットン将軍と一緒にいました。そして彼はロンメルを倒しました。なぜ?父はロンメルの戦術本を読みました。勝った時こう言ったんです。 「ロンメル、あなたの本を読みました。」だから、相手が何をしようとしているのかを知るのに、あなたが何を思うかは全てではないのです。

だから、相手が何をしようとしているのかを知ることです。それが問題なのです。ソロスは、開かれた社会、つまり共産主義のようなもので、国境がないと信じています。

ビル・ゲイツは、家族計画連盟や人口削減、気候変動に関するすべてのことを始めた父親から、本当に洗脳されています。彼らはただ単に、こういったことを信じているのです。反論しようとしても、彼らは聞く耳を持ちません。

PlanetLockdown 17:10

しかし、この気候変動への口撃は、単に人口問題の代理人でしょうか、それとも

Martin Armstrong 17:15

それは2つの側面があります。一つは、そうです、ビル・ゲイツは本当にこの人口過剰のナンセンスを信じているのです。社会とは自身で何とかするものです。

つまり、病気がやってくると、彼らは社会の大部分を一掃してしまうのです。ゲイツが出資している会社の一つが、天然痘のワクチンをFDAに承認されたことを、彼らは非常に心配しています。天然痘は根絶されたはずなのに。

では、存在しないもののために、なぜこれほどまでにお金をかけてワクチンを作るのでしょうか?つまり、この人たちは危険で、自分の信じていることをそのまま信じているのです。ほとんどカルトのようなものです。

そして、私が言えることは、このことについて議論することは不可能だということです。国連でも、パリや気候変動会議では、反対する人は発言すら許されませんでした。つまり、これは彼らが権力を手に入れるための議題なのです。だから、それに反対する発言は許されないのです。

PlanetLockdown 18:44

だから、世界中の誰もが、これに対してどうしたらいいのかと考えているのでしょう。あるいは、この状況を見て、何かしたい、どうしたらいいんだろう、と感じているのでしょう。

Martin Armstrong 18:55

あのですね、それは基本的に、彼らは国際戦争で内乱の高まりで終わると思います。

PlanetLockdown 19:04

どのようなものでしょうか。

Martin Armstrong 19:07

まあ、彼らは中国とロシアの両方に彼らのアジェンダを押し付けようとしています。私は、ベルリンの壁の向こう側からアメリカに来た多くの人々を知っていますが、そのうちの一人と話したところ、彼らが残したものはすべて今ここにあると言っていました。

同じことなんです。中国が国連や普通のロシアに主権を委ねるとは思えません。でもね、彼らは世界をコントロールできると考えていて、その方法については目的が間違っているのです。

PlanetLockdown 19:59

世界政府と国連の推進……つまり、これは新しい考えではないんです。というのは、少なくとも100年前にさかのぼります。

Martin Armstrong 20:12

いや、そこまでさかのぼるとは言いません。しかし、国連が設立されたときから、ユネスコの文書の原本を見ることができます。そこには、基本的にそれが目的であったと書かれています。

EUの創設では、ホリンズ博士が立ち上がり、このような考えを持ちましたが、これは重大な欠陥があります。もし政府が1つなら、戦争は起こらないでしょう。しかし、ローマは一つの政府でしたが、多くの内戦があり、将軍は他の軍団と戦っていました。ですから、一つの政府では、これらのことは解決できません。

つまり、歴史を見ればわかることです。アテネは民主主義を求める人々と寡頭政治を求める人々の間で常に混乱が続いていました。つまり、常に2つの力があり、少なくとも、善と悪の永遠の戦いなどと呼ばれているわけです。ジュリアス・シーザーは、「人は自分が信じたいことを信じる」と言いました。

そして、彼はとても正しいことを言っています。つまり、もしあなたが気候変動を信じたいなら、それを信じるでしょうし、誰かがあなたに見せようとする他のものは、否定するでしょう。それは人間の本性の一部なのでしょう。

しかし、気候変動は権力の簒奪のために利用されています。そして、グレートリセットは、一つの政府が必要であり、一つの国が解決できるという理論です。それが今、推し進められていることです。

PlanetLockdown 22:06

彼は、言い訳に過ぎない、あるいは権力の合理化に過ぎない、と言っていますが。

Martin Armstrong 22:10

ええそうです。それが本当にすべてだと言えるでしょう。つまり、インフルエンザのために社会を封鎖することはないのです。私の知人には、結婚して退職した人がいました。彼らは全財産を投じて、健康ランドみたいなものを作りました。

そしてそれをオープンさせたのですが、COVIDが来てすべてを失いました。このように、多くの中小企業がこの事件で破壊されました。

そして、彼らはただ瞬きもしないのです。そうなんです。オーケー、いいでしょう。ヒラリー・クリントンは、議会で医療保険制度を推し進めようと証言したとき、私の評価は劇的に下がったことを思い出します。その結果、請求書は天文学的な数字になったことでしょう。

ある議員は、中小企業にはそんな余裕はないだろうと言いました。彼女の答えは、「そんな余裕もないのなら、商売をすればいい」でした。つまり、それは非常に傲慢な反応なのです

しかし、これが政府の連中の問題点です。これが彼らの態度なのです。我々は洗脳されていない羊です。私たちは何が最善かわからない。彼らは知っていると。私たちはただ黙ってそれを受け入れるべきだと。

PlanetLockdown 23:39

一言で言えば、世界経済計画や世界金融の大きな流れの中で、COVID-19の一連の出来事をどう理解すればいいのか、ということですね。この数年、そこで何が起こったのでしょうか?その目的は何だったのでしょうか?

Martin Armstrong 23:56

その目的は、特にこれがヨーロッパから押し出されてきたということです。世界経済フォーラムがその源です。Klaus Schwabは、IMFのトップを自分のボードに入れました。ECBのトップは彼のボードにいます。EUのトップは彼の役員でしたが、彼女は体裁を保つために辞めただけです。

彼はあなたの故障のすべてをコントロールしているのです。イギリスはそうでもないですが、間違いなくヨーロッパ大陸、そしてこれが議題です。ヨーロッパは2014年にマイナス金利に移行しました。自分たちの債券市場を一掃し、年金ファンドを一掃し、そして今、とても悪くなっています。

ここから抜け出すには、フル回転して効果的に動くしかありません。デジタル通貨を全面に押し出して排除しようとしているのはこのことです。紙幣だろうと、絶対に何でも税金を取られます。100ドル札を渡しても、渡したことはバレます。

しかし、どこから持ってきたかはバレません。ブロックチェーンの話なら、私がどこから100ドルを持ってきたか、あの人、あの人、あの人が遡って100ドル札をずっと追いかけることができるのです。これは、彼らの夢が実現したものです。そして、みんなが税金を払ったかどうかを確認することができます。

もし、駐車場の床に10ドル札が落ちていたら、みんな怒りますよ。駐車場の床に10ドル札が落ちていても、「50%払っていないじゃないか」と怒ります。これは、彼らが自分自身を見ることが無いからです。政府が困っているのは、私たちが税金を払わないからです。彼らが使いすぎるというわけでもない。

PlanetLockdown 25:55

では、ビットコインの起源は何だと思いますか?

Martin Armstrong 25:59

ビットコインの起源は、個人的には、政府、CIA、または私が意味するものは何でも、我々はこのすべてが外にある、それは中央銀行から逃れるための方法である販売されたと信じています。それは完全にナンセンスです。

ブロックチェーンを使って、通貨システムに関するあらゆることをコントロールすることができるのです。だからビットコインが発売されたのだと思います。

つまり、誰かが何かを作って、それが成功したら、特許をとって、「私のロイヤリティはどこだ」と言ったと思うんです。どうして?誰も本当に知らないのですか?

PlanetLockdown 26:43

それは何を意味するのでしょうか?

Martin Armstrong 26:45

それは基本的に、それはあなたが呼び出すものです?風船を浮かべることです。さて、あなたは誰もがデジタル通貨に慣れるようにする?ああ、それは良いことです。よし、じゃあBitcoin ああ、そうだ、いいね。価値が上がった、やった、価値があります。

というわけで、デジタル通貨というアイデアを世間に売り込んだわけです。そして最終的には、すべての中央銀行が自分たち独自の通貨を作ると言い出したわけです。それが最終的な目標だったわけです。そして、その通貨を取り消すのです。

さて、アメリカ人はこのことを理解していません。なぜなら、アメリカでは、1861年の5ドル札はまだ法定通貨なんです。ヨーロッパでは日常的に通貨を発行停止にしています。インドではこのトップレベルの通貨を発行停止にしています。もう無効だと宣言しているだけなのです。

今はこのお金を持っています。ヨーロッパでは、例えば、現金を貯めこんでいて、税金を払っていなかったとします。そうすると、その通貨は無効になります。本当に無価値なんです。銀行に来させられ、「ありがとうございました」と言わせるのです。

これはどこで手に入れたんですか?税金は払いましたか?ヨーロッパでは、このようなことが行われています。だから、デジタル通貨に移行して、紙幣をキャンセルするのです。それが標準的な運用方法です。アメリカ以外では、通貨を解約したことがないのはアメリカだけです。

PlanetLockdown 28:24

では、この場合、米国ではCBDC(中央銀行デジタル通貨)を望んでいると思いますが、その後キャンセルし、キャッシングをキャンセルしようとする動きをするのはどうでしょうか?

Martin Armstrong 28:33

ええ、もちろんです。つまり、アメリカでは他の国よりもずっと難しいという提案がなされています。民主党はすでに、景気刺激策をデジタル通貨で支払うべきだということを表明しています。アメリカの問題は、紙幣の70%がアメリカ国外で流通していることです。

私はアテネに行ったことがありますが、私がアメリカ人だと見破られました。よし、わかった ああ、これを持っていくよ 米ドルなら10%引きだ 分かったよ おい、お前、俺はどこでもそうだぞ。アジアは自国通貨に対するヘッジだから そう、彼らはユーロがキャンセルされる可能性があることを知っているんです。

PlanetLockdown 29:27

国際問題のような?

Martin Armstrong 29:29

そうです。つまり、おそらく歴史的な例では、日本です。ある天皇が権力を握り、何をするかというと、すべての発行済み通貨を、以前の10%の価値に切り下げ、その新しい硬貨、あるいは今はそれに取って代わるものとしました。だから、2回、3回とこれを繰り返しているうちに、あなたが 日本人は、日本の硬貨はいつでも取り消すことができるので、単に受け入れることを拒否します。

だから、米袋をお金にしたり、中国の硬貨を使ったりするようになるんです。結局、日本は600年間、貨幣を発行する能力すら失ってしまったのです。明治時代になってから、日本は再び貨幣を発行するようになったのですか?つまり、政府を信用しなくなるとどうなるか、という例ですね。

PlanetLockdown 30:28

一言で言えば、それは一種の、奴隷制度です。奴隷の主人が奴隷制度に対して持つ態度です。

Martin Armstrong 30:35

そう、私たちは経済的な奴隷なのです、それで終わりです。

PlanetLockdown 30:39

それを少し分解することができますか?私たちはどのように奴隷なのでしょうか?

Martin Armstrong 30:44

所得に課税しているから、私たちは経済的奴隷なのです。いったん所得に課税すると、すべてが変わります。建国の父たちは、非常に正当な理由のために直接税を禁止しました。なぜなら、彼は、よし、いいだろう、億万長者だけに課税しよう、と言ったからです。

あなたは、ええ、気にしないでしょう。私も億万長者ではありません。しかし、億万長者でないことを証明するフォームを提出しなければなりません。申告を怠ると、ああ、これは刑事犯罪です。だから、あなたは億万長者ですか、という問題ではありません。それとも億万長者ではないのでしょうか?この法律ができれば、誰もが自分は億万長者ではないという申告をしなければならなくなります。

そうでなければ、もしかしたらあなたはそうかもしれませんが、私たちに教えてはくれないでしょう。だから、アメリカ建国の父たちは、直接税を禁止したのです。そして、彼らは、1913年にそれを覆しました 政府はいつもこうなのです。「最初は1%でいい。しかし、金持ちに課税するつもりだ。」と。

今、誰もが、あなたが申告すれば刑務所に行くように支払っています。もし、申告して、100万ドルの借金があるが、払わなくて良いと言えば、申告漏れで刑務所に入れられないし、100万ドルの借金があることも言えません。それは刑務所の時間です。

PlanetLockdown 32:16

ですから、私たちが持つこの種の関係は、そのような義務を伴うものなのでしょうか。

Martin Armstrong 32:21

そして、彼らはあなたが行うすべてのことを知らなければなりません。そうですか。あなたはデジタル通貨に移行します。

このような直接税では、隣の13歳の少女に子供を見てもらうのに、どうやってお金を払えばいいのでしょうか?彼女は所得税を払わなければならないのでしょうか?クレジットカードで支払うカードリーダーを持っていますか?つまり、私たちは経済的奴隷なのです。

それが資本主義と共産主義の違いなのですが、人々はこのことに気づいていません。私はベルリンの壁が崩壊する前に、その裏側に行きました。見たんです。そこで生まれた友人と一緒に行ったんです。

しかし、彼の家族は壁ができた日に離散しました。彼の家族は、まさにこの同じアパートに住んでいたのですが、彼は、許可なく引っ越すことを許されませんでした。壁にはまだ弾痕が残っていました。

彼の従姉妹は、私たちの周りに誰もいない限り、自由に歩き回って話をしました。で、誰かがちょっとでも私たちの近くに来ると、ああ、これは政府だ、彼らは私たちの素晴らしい世話をしてくれているんだ、と言って、すぐにいなくなりました。

そして、彼女は彼らを呪うのです。彼を呪った でも、これがそうなんです。東ドイツでは子供たちにこう教えました 「政府はあなたの本当の親よ」と もし実の親が政府に反抗したら警察に突き出すんだCOVIDでやってるんじゃないのでしょうか?ああ、あのですね、もしあなたの家族が予防接種を受けていないなら、感謝祭やクリスマスに家族を連れてくるのはやめなさい。家族を分断しているんです。

これが奴らのやり方なのです。彼らは人々が集まって、社会的に距離を置くことを望んでいません。CDCのサイトを見ると、6フィートから3フィートに引き下げられました。しかし、どこもかしこも6フィート、6フィートって、ナンセンスですよね。

PlanetLockdown 34:31

問題は、どのようにして、すべての政府が全く同じように行動するという、この世界的な政策を達成したのかということだと思います。同じタイミングに。

Martin Armstrong 34:44

それは、世界経済フォーラムから来たものだと言えます。絶対にそうです。

2019年の1月に 彼らは ビルド・バック・ベター (より良い復興)を浮かべました 検索してみてください。歴史上、すべての政治指導者のリーダーが同じスローガン、「ビルド・バック・ベター」 を言ったことはないでしょう?

まあ、より良いものを作り直すには、まず何かを壊さなければなりません。そして、それが彼らのやっていることです。彼らは、我々が知っているような経済を破壊し、彼らのビジョンの中でより良いものを作り直そうとしているのです。

つまり、彼らは化石燃料を削減し、パイプラインを閉鎖しています。ニューヨークでさえ、天然ガスによる新しい建物の建設を禁止しています。さて、風車やソーラーパネルなどの代替手段ですが、十分な電力がないため、おそらく20年間はそれで発電することになるでしょう。そして、それが可能であるならば。

PlanetLockdown 35:54

CDCの計画とCOVIDの全体的な状況との間に関係があると思いますか?

Martin Armstrong 36:03

米国ではそうでもないようですが、ECBのことであれば、そうです。彼らはその一部です。クリスティン・ラガルドが世界経済フォーラムの理事であることを忘れてはいけません。

PlanetLockdown 36:16

中央銀行を所有しているのは誰だと思いますか?

Martin Armstrong 36:19

中央銀行ですか、知っています。よく言われることです、銀行が所有してるんですか?と。そうでもありません。1913年に設立された時、そう、銀行が株主になったんです。なぜ?銀行を救済するための資金になるはずだったからです。銀行が資金を提供しなければならず、納税者のお金は一切関与しないことになっていました。

さて、その後第一次世界大戦が起こりました。第一次世界大戦が始まりました。連邦準備制度の最初の仕組みは、実に見事なものでした。銀行が融資できない場合、連邦準備制度が、民間企業の社債を買って刺激するのです。企業が銀行から借りられなければ、最後の貸し手である連邦準備制度に頼めばいいのです。

第一次世界大戦が起こると、政治家達はFRBに行って、「ダメだ、ダメだ、民間企業債はもうダメだ、戦争のためにもっとたくさん発行しなければならなくなるから」と言いました。そうすると、FRBは政府紙幣を買わなければならなくなり、民間紙幣になりました。

ルーズベルトが登場して、ほとんどの人が気づきましたが、FRBの構造は、地域問題に対処するためのものだったのです。1907年のパニックは、1906年にサンフランシスコの地震があったために起こりました。保険会社のある東海岸から、西海岸に資金が移動し、現金が不足しました。

そして、ニューヨークのように、銀行が破綻し始めました。それでFRBはどうなったのでしょう。なぜ、これほど多くの支店が必要だったのでしょう?各支店は独立していました。カリフォルニアでもっとお金が必要なら、ニューヨークの金利を3%から5%に上げて、自然にそっちにお金が行くようにしたんです。

PlanetLockdown 38:20

しかし、そうですね、それはわかりますが、連邦準備銀行を地域ごとに分けたということは、やはり不可欠なことなのでしょう。それはまだと中央銀行と、、

Martin Armstrong 38:31

いや、あなたは結論を急ぎすぎです。それは、過去においてはそういうものだったんです。その後、ルーズベルトがやってきました。彼は、すべての支店にサービスを提供し、そして1つの金利をワシントンに突きつけました。

PlanetLockdown 38:44

なるほど。ニューヨーク・ランクがまだ主要な政策担当者であった頃ですね。

Martin Armstrong 38:50

外交政策のために?ええ、そうです。 しかし、この時点で、ルーズベルトがそれをやったら、すべての枝の目的は何でしょう?彼らは目的そのものを失ってしまいました。そうなんです。そうすると、構造的に変わってしまって、その結果、オーウェル危機というのが出てくるわけです。

いいですか。連邦準備制度が突然、大きすぎて潰せない企業の救済になったのです。文字通り、マクドナルドが潰れそうになったら、マクドナルドを救済することになったんです。もはや、本来あるべき姿の歴史的痕跡はないのです。銀行を救済するためだけです。

PlanetLockdown 39:40

多くの人が、本当の株主は誰なんだろうと常に考えているのでしょう。

Martin Armstrong 39:45

株主は、もはや本当に何の権限も持っていません。

PlanetLockdown 39:49

ヤングリーダーはボスだと思いますか?

Martin Armstrong 39:52

今は基本的にホワイトハウスから来るだけです。彼らは政治的な力を行使し、大統領はFRBのトップと取締役を選びます。銀行は、金利や決定権など、何の力も持っていません。これはもう、すべて政治的なものなのです。

PlanetLockdown 40:15

現在の経済システムを文章で説明することができます。そして、なぜこれが積み重なるのか、あるいは持続不可能なのかを説明することができます。

そして、どのような方向に向かうのでしょうか?私たちはこのまま進むことができるでしょうか?

Martin Armstrong 40:28

私たちが直面している経済危機は、私たちが今、単に負債に基づくシステムになっているということです。信用機関は政府の債務をトリプルAとみなしていますが、通常、債務不履行に陥るのは政府なのです。では、政府が債務不履行に陥ると、すべてを失うのでしょうか?

ゼネラルモーターズが債務不履行に陥り、倒産した場合、資産を売却すれば何か戻ってきますが、政府から戻ってくることはありません。ローマでは、国の借金はありませんでした。税金は過去1000年の間にせいぜい5%程度でした。

いいですか。彼らは、この社会主義的な考えのもと、すべてを巻き込むことはありませんでした。孤児やこの種のもののために実際に投入される基金はありました。その通りです。しかし、ローマでは、食料は無料で、政府がその費用を負担していました。

しかし、今日の私たちのシステムは、単に借金をするだけです。なぜなら、彼らは決して借金を返済しないからです。毎年、毎年、借金を増やしていくだけなのです。これが今、私たちが危機的状況にあるところです。主にヨーロッパから発信されていますが、マイナス金利に移行したとき、誰のために30年債をマイナスで売るのか、つまり、年金基金は収支を合わせるために数パーセント必要なのです。

つまり、システム全体が崩壊しているのです。キャリア政治家ばかりで、次の選挙に有利になるようなことにしか投票しないため、真の意味での経営が行われていないのです。私たちはただ経済奴隷にされてしまったのです。それだけです。彼らは思いつく限りのあらゆるものに課税しているのです。

PlanetLockdown 42:50

では、なにか他の方法は?

Martin Armstrong 42:54

政府はお金を借りることを禁止すべきです。イングランド王は国民に課税する権利を持っていませんでした。王は議会を招集しなければならず、国民は課税されることに同意しなければなりませんでした。これがアメリカ独立戦争のスローガンの1つで、代表権のない課税は行わない、というものでした。

なるほど。今日、国民を代表しない職業政治家たちがいます。彼らはただ税金を上げるだけなのです。だから、キャリア政治家を雇ってはいけないのです。しかし、そのため、私たちは独立性をまったく持っていません。私たちを本当に代表している人は誰もいないのです。

この段階では、常に彼らと私たちが対峙しているのです。アメリカでは、南北戦争のときに政府が初めて国債を発行する必要があったという不条理な制度がありますね。そこで政府は、国債を売るために銀行家に依頼しました。ジェイ・クックは、鉄道債を売っていました。

彼が最初のプライマリーディーラーとなったわけです。それ以来、米国財務省は、国債を直接販売しないので、銀行家に売る必要があるのです。こうして銀行が力を持つようになったのです。彼らは経済を破綻させるでしょう、何でも。

私たちを救済しないのなら、誰があなたの債権を売るんですか?だから、それはゲームの中の段階なのです。あのですね、税金は間接税にすべきなんです。建国の父たちはそう決めたんです。だから、消費税はできる。それでいい。所得税はひどいものです。

というのも、所得税はすべての人に申告を求めるからです。政治家のための裏金という意味で、安全保障は一種のジョークになっています。そこに入るお金はすべて、国債に入れられるだけです。経済や何か、私たちが成長を提供する何かには一切投資されていないのです。

PlanetLockdown 45:36

それは一種の低迷、機能不全の金融を作る?

Martin Armstrong 45:40

そうです、所得税を払うほど稼いでない平均的な人は、まだ安全保障を享受しています。これは税金ではなく、貯蓄ですよね?言葉を変えただけです。なるほど。だから免除されることはないんです。

つまり、現段階では所得税が必要な理由はないのです。もしあなたがお金を印刷して、税金で徴収する以上の赤字支出をしているなら、とにかく、民間部門と競争していることになります。なぜなら、銀行員は中小企業の70%が融資を断られるからです。

では、彼らはどうするのでしょう?なぜ私があなたにお金を貸さなければならないのか、政府がトリプルAを支配しているから、あなたは不履行になるかもしれません。政府は、他の人たちの借入と競争しているわけです。

政府が借金をする能力をなくせば、また違ってくるでしょう。そうすれば、もっと多くの雇用を創出することができます。雇用を拡大するために借金をしたい中小企業は、すべてそうすることができます。つまり、政府が借金をすることで、民間企業と競争しているわけですね。

PlanetLockdown 47:06

ええ、でもこの取り決めによって、政府は銀行に依存するような立場になるのではないでしょうか?

Martin Armstrong 47:16

連邦レベルではですか?ええ、そうです、それが第一の取り決めです。

PlanetLockdown 47:20

大きな決断をするときは、銀行を参照しなければならないのでしょう?

Martin Armstrong 47:23

大きな決定には十分ではありません。彼らは銀行に相談することなく、ただ単に債権を発行しているのです。銀行はそれについて何の発言権も持っていません。

しかし、ここで理解しなければならないのは、彼らは使いたいものは何でも使うし、他の誰からも質問されないということです。彼らはただ、銀行員が売ってくれることを期待しただけなのです。

将来を考えたとき、経済システムは崩壊しつつあり、ヨーロッパではそれが最大の問題です。おそらく、EUは分裂するでしょう。分離主義的な運動が展開されることになるでしょう。

つまり、カナダの西対東でさえ、ドイツは北対南です。イタリアは北対南です。アメリカでは、最も好調なのはフロリダ州です。経済成長率は他のどの州よりも優れています。そして、「これは良いモデルだ」と言わず、「デサンティスを止めなければならない。」と言うのです。ばかげています。

しかし、私たちもおそらく分離主義運動を経験することになるでしょう。それも北と南の対立と同じような線になるでしょう。南北戦争は奴隷制をめぐるものでしたが、その多くは州の権利に関係するものでした。兵士の多くは奴隷所有者ではありませんでした。

ただ命令されるのが嫌だっただけなのです。当時は労働力もそうでした。奴隷制をなくすということは 彼らを失業させるということだ タバコや綿摘みなど、その種のものがなくなります。私たちはまだ労働力を重視していたのです。

実際、1850年までの経済の70%はまだ農耕民族でした。1900年には40%になりました。1980年まで3%台に落ちなかったのです。つまり、経済が大きく変化していたことがわかりますが 州の権利という核となる問題はずっと存在していたのです。

PlanetLockdown 50:06

それでどうなったのでしょう?私たちはバラバラになってしまい、みんな違う国の国民になってしまうのでしょうか?

Martin Armstrong 50:12

それが最終的に起こることです。米国が、私たちが知っているように、あるものとして存続する可能性は、あまり高くはないでしょう。

PlanetLockdown 50:26

私は10年ほど前に、人々がこのように言っているのを聞いたことがあります。 私はいつも、なんだか異様な感じがしていたんです。確かに当時は。

Martin Armstrong 50:33

それは、あなたが本当に事実を見れば、いいですか?70人の代議員で憲法を制定したが、39人しか賛成しませんでした。全会一致ではありませんでした。そうなんです。つまり、最初から、州の権利と連邦の権利の間に緊張関係があったわけです。

しかし、だからこそ、アメリカはヨーロッパと違って、オバマもバイデンもトランプも、すべての州がこうしなければならないという命令を下すことはできないのです。

いいですか。バイデンは経済全体をシャットダウンすることはできません。フランスやドイツではできる。そういう観点で、それが州権なんです。つまり、憲法には、分裂した方が一緒にいるより確率が高いという話が織り込まれているのです。

PlanetLockdown 51:42

で、これはいつ起こるのでしょうか?

Martin Armstrong 51:46

確かに、2032年以降ですね。

PlanetLockdown 51:50

2030年以降?つまり10年後、、

Martin Armstrong 51:53

つまり現在からそこまでは、緊張は高まるばかりです。

PlanetLockdown 51:57

平均的なアメリカ人が経済的に身を守るためにできることは何でしょうか?

Martin Armstrong 52:01

見てください、これが不動産が劇的に上昇する理由です。欧州や他の地域から資本が米国に逃避しているのです。政治的に異なる構造を持っているからです。つまり、私が言ったように、アメリカは、革命が起こらなければ、通貨をキャンセルすることさえ難しいのです。

PlanetLockdown 52:29

しかし、あなたは不動産も問題だと言っていますね。なぜなら、不動産は高度にレバレッジが効いていて、それをベースにしているからだと。

Martin Armstrong 52:35

そうとは限りません。ここフロリダでは、私の友人の不動産業者と話をしたところ、取引の大部分は現金だそうです。人々は現金を持ってやってきて、それを買うだけです。

PlanetLockdown 52:51

では、良い投資とは何でしょうか。土地や不動産など、何でも構いません。

Martin Armstrong 52:55

有形固定資産、つまり、株式やそういう意味での有形資産もです。つまり、政府の反対側にあるものなら何でもいいわけです。つまり、これが株式市場も劇的に上昇した理由です。つまり、それは……調整をするんです。

しかし、結局のところ、人々は株式でさえももっと注目するようになるでしょう。貴金属、ランドアート(自然素材の芸術品)。スパイダーマンのコミックの初版本が350万ドルとか。私の中では、コミック本に350万ドルも払うなんて想像もつきません。しかし、見てください、つまり。

PlanetLockdown 53:42

あなたはアメリカ人が国を維持するためにできることがあると思いますか?

Martin Armstrong 53:48

いいえ、私たちはこれを経験せざるを得ないと思います。それは簡単なことです。私たちは、バイデン政権から特に出てきたこの考え方は、彼らが経済を変えようとしていることです。自分たちの考えを押し通そうとし、自分たちのアジェンダをみんなに押し付けようとしています。そのために政府があるのではありません。

それは、「OK、いいさ、私は権力を手に入れたのだから」「これは俺のやり方だ」という感じです。そして、その時、私は関係者と話しましたが、彼らは「分かった、分かった、共和党は事態を収拾するさ」と思っています。 元には戻りません。本気で国を混乱させています。国民を分断したのです。一人で車に乗ってマスクをしている人たちを見かけるでしょう?

PlanetLockdown 54:46

彼らはトラウマになっています。

Martin Armstrong 54:47

ええ、そうです、心理戦になっています。それなのに、すでに病気が悪化している人々の大半は、ワクチンを接種した人たちです。

PlanetLockdown 55:00

このワクチンへの執着は何なのでしょうか?あなたはどう思いますか?

Martin Armstrong 55:03

より多くのコントロールとパワーのためです。

PlanetLockdown 55:07

それはどのような?

Martin Armstrong 55:10

これは、まさにアドルフ・ヒトラーの戦略です。彼はあらゆるグループをあらゆるグループに対して分断しました。その結果、彼らが団結してあなたを追いかけることを防いだのです。

アマゾンの労働訴訟でググってみてください。そこで出てきたのが、「できるだけ多様な人材を採用せよ」という社内文書です。多様な労働力があればあるほど、集団で敵対する可能性が低くなるからです。分断と征服。その通りです。

PlanetLockdown 55:53

プレスから出るレトリックはかなり憂慮すべきものです。つまり、彼らは基本的に、これらのキャンプと兵士は、

Martin Armstrong 56:00

ええ、みんな現実を見ようとしないんだなあ、と。つまり、ビル・ゲイツでさえ、ワクチンではCOVIDの感染や蔓延を防げないことを認めざるを得なくなったのです。

では、ワクチンを接種していないのと何が違うのでしょうか?ありはしません。いいですか、インフルエンザの予防接種のようなものです。インフルエンザの予防接種を受ければ、病院に行くこともなくなるし、インフルエンザの予防接種を受ければ、インフルエンザにかからないとは言えないけど、症状が軽くなる。いいでしょう、それなら私が選択すればいいんです。

「私はワクチンを打ちたい」いいでしょう。「ウイルスが死滅する」ええ、構いません。しかし、それ以外のことでは私はそうは思いません。これには深刻な問題があります。そして、それは、主にコントロールです。

ファウチが発表したように、もしあなたが2つの仕事に就いているなら、ブースターを受けなければ、本当のワクチン接種にはなりません。では、半年ごとにブースターを接種して、一生をコントロールし続けるというのはどういうことなのでしょう?つまり、これは不合理なことなんです。

PlanetLockdown 57:12

まあ、つまり、今はまだ予防接種を受けた外国人がここに入ってくることはないですし。

Martin Armstrong 57:17

オーストラリアに行くと、たとえワクチンを接種していても、テストが陰性でも、2週間は隔離されなければならないんです。つまり、これは不合理なことなのです。医療専制政治になっています。医療や健康とは何の関係もありません。これは単なる政治的コントロールです。残念なことに、いったん政府が関与すると、決して「すみません、間違いがありました」とは言えなくなります。

PlanetLockdown 57:50

もっとウイルスに。

Martin Armstrong 57:52

そうです、つまり、これこそ、動物の中で変異して共存できるウイルスに対して、すべての人にワクチンを接種してはいけないということです。天然痘のワクチンは、人間にしか存在しないので、別物でした。

だから、もし全員にワクチンを接種したならば、ええ、いいでしょう。しかし、コロナウイルスにそれはできません。つまりインフルエンザでは、ある年には鳥インフルエンザが、次の年には豚インフルエンザが、そしてそれらは動物からもたらされます。

さて、ここで現実的に考えてみましょう。誰もがワクチンを接種すれば、コビッドを駆除できると言っている人はいませんか?それは真実ではありません。可能性すらありません。

PlanetLockdown 58:38

しかし、あなたはもっと高い死亡率について、カバーされたものとは明らかに異なるもののように考えていますか?

Martin Armstrong 58:43

あるいは、もっと違うものに進化する可能性もあるのでしょうか?つまり、アフリカではすでに、それが何であるか分からない謎のものが出現しています。しかし、100人以上の人が非常に高い死亡率で亡くなっています。

だから、そこから他の場所にも広がっているのです。つまり、人口を減らしたい人たちは、これが大好きなのです。そして、なぜFTCは天然痘ワクチンを証明するだけだったのでしょうか?それで根絶されるはずだったんですか?

だから、まあ、誰かがもっと人口を減らすためにそれを発表したんでしょうけど。つまり、この第4次産業革命で、私たちは皆、ロボットに置き換えられ、多くの人が失業し、人間が過剰になり、そして、私たちは、群れを間引かなければならないと考えている人たちがいるんです。

PlanetLockdown 59:41

思うに、この人たちを止めるにはどうしたらいいのでしょう?

Martin Armstrong 59:46

主なものとしては、投票が許されている場所で、民主主義を排除するために実際に何が起こっているかを理解することができなければならないと思います。そして、アメリカ人はそれが陰謀論のように聞こえると思うかもしれません。

しかし、ヨーロッパを見てください。そうです。ヨーロッパでは、国会議員に投票します。国会には法律を制定したり覆したりする権限はありません。法律は欧州委員会が作りますが、彼らは選挙に立候補することはなく、EUのトップが任命されます。EUのトップは任命され、選挙に立候補することはありません。つまり、欧州に民主主義は存在しないのです。

PlanetLockdown 1:00:37

つまり、解決策は優秀な人に投票することだと考えていて、その上で、

Martin Armstrong 1:00:42

政治改革のための目的は、2年間は、そこにいるべきだと思います。今はできることはそれだけです。もし、それ以上そこに留まるつもりなら、キャリア政治家になり、常に国民に反対する政府になりそうです。

民衆を読み解くのが本来の姿です。建国の父たちは間違いを犯しました。彼らは何も考えていなかったので、任期制限を設けなかったのです。

議会はまず、あなたが投票することから始まりました。夏休みに数週間だけ行って、それでおしまい。フルタイムの仕事ではありません。給料も出なかった 一生タダで働きたいとは思わないでしょうから。それで自分たちに給料を払うようになり、それ以降はそうなりました。

だから、私たち国民がキャリア政治家になるべきではないのです。そうなれば、彼らは常に国民に反対票を投じることになるでしょうから。

PlanetLockdown 1:01:41

さて、最後に何か言いたいこと、あるいは国民にどのようにメッセージを伝えたいことがありますか?

Martin Armstrong 1:01:46

まずは、目を覚まして、現実的な立場からこれを見て、病気を理解するだけでよいでしょう。つまり、私たちはインフルエンザを治すことができませんし、風邪も治すことができません。

なぜか?これらのウイルスは基本的にコロナ型のウイルスで、動物の中で共存している限り、私たちはウイルスを倒すことはできません。鳥インフルエンザが発生し、豚インフルエンザが発生し、さらにカバ・インフルエンザが発生するかもしれません。(笑)

そう、これが現実なのです。馬鹿げた話には耳を貸さないことです。「えーい、みんなに予防接種を受けさせるんだ。フー。 COVIDを駆除しろー。 」これは完全なプロパガンダです。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました