Long-COVID/後遺症

ロングコービッド19 ー まだ終わってはいない、どこまで?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Long COVID-19 – it’s not over until?

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33316400/

www.news24.jp/articles/2020/10/26/07748864.html

 2020年12月11日

コロナウイルス病2019(COVID-19)は、深遠な罹患率と死亡率を引き起こして世界を席巻している。保健機関や政府は、急性疾患の治療と予防に圧倒されている。一方で、急性疾患を生き延びたことが全てではなく、COVID-19の生存者の多くが継続的な症状や衰弱を経験しているという証拠が集まってきている1, 2, 3, 4。

回復した患者は数ヵ月間、多くの症状を訴え続けている。ほとんどの患者は回復期に少なくとも1つの症状を経験する3, 4, 5, 6。最もよくみられる継続的な症状は、疲労、呼吸困難、胸痛、関節痛、動悸、無気力症およびgeusia、脱毛、認知症状(記憶障害および注意欠陥)および心理社会的苦痛(孤独感、不安、抑うつ、および睡眠障害)1,2,3,4である(表1参照)。

表1 ロングCOVID-19:異なるコホートで報告された主要症状の割合

Xiong et al

CarfiL

タウンゼント

Carvalho-Schneider et al

デニス

回収された個体数 538 143 128 130 201
フォローアップ時間の中央値(日) 退院から97(IQR 95–102) COVID-19発症から60(SD 14) 退院から(または外来患者の診断から14日後から)72(IQR:62-87) すべての個人は、COVID-19の発症から60日目に評価されました COVID-19発症から140(IQR 105-160)
倦怠感 28.3% 53.1% 52.3% NA 98.0%
呼吸困難 26.0% 43.4% NA 7.7% 87.1%
胸痛 12.3% 21.7% NA 13.1% 73.1%
関節痛 7.6% 27.3% NA 16.3% 78.1%
動悸 11.2% NA NA 10.9% NA
無嗅覚症と味覚障害 NA NA NA 22.7% NA
脱毛 28.6% NA NA NA NA
認知症状 NA NA NA NA NA
心理社会的苦痛 22.7% NA NA NA NA

IQR =四分位範囲; NA =利用できません。SD =標準偏差


回復した患者の中には、回復に時間がかかるものもある。重度のCOVID-19では集中治療室(ICU)での長期滞在が必要であり、「ポストICU症候群」の症状はCOVID-197,8に特有のものではない。しかし、CMIの本号では、Carvalho-Schneiderらによるレトロスペクティブ研究で、軽度および中等度のCOVID-19回復患者がCOVID-19後の症状にも悩まされており、時には障害を伴い、通常の生活に戻ることができないこともあることが示されている4。同様の持続性症状は、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)でも報告されているが、後者では重症化した患者で報告されている9。

Carvalho-Schneiderらの研究では、外来患者として治療された軽度から中等度のエピソードを経て回復した150人の患者を対象に、COVID-19の効果を検討した。患者は症状発症から30日後と60日後に連絡を取り、症状と一般的な幸福度に関する簡単な質問紙に答えるように求められた。その結果、患者の3分の2は30日目と60日目に少なくとも1つの症状を報告し、3分の1の患者は60日目に急性期エピソードの時と同じかそれ以上に気分が悪くなっていた最も多かった症状は、無呼吸や老年期症状(30日目27.8%、60日目22%)次いでインフルエンザ様症状(30日目36%、60日目21%)であった。30日目に症状が続く場合は、入院、酸素療法、呼吸困難など、より重篤な疾患のマーカーと関連していた。興味深いことに、継続的な症状と関連する年齢層は40~60歳であった。60日目の継続症状は、入院と40~49歳の年齢群でのみ有意性を保持した。最もインパクトのある所見は、約9人に1人(11%)が60日目に病気休暇中であったことであり、これは非重症疾患後の継続的な罹患率と障害の重要な赤旗である。このコホートの半数(75/150)が医療従事者(HCW)であったことに注意することが重要である。HCWは(集団として)若くて健康で、一方では医療症状に敏感である傾向があるため、この結果はどちらにしても歪んでいる可能性がある。

Xiongら1は、武漢の回復した入院患者を対象とした研究で同様の結果を示している。著者らは、症状発現後4ヶ月近くの患者をより長期間追跡調査しており(退院後の中央値は97日、入院期間の中央値は約2週間)その時点でも50%の患者に症状が残っていることが示されている。このコホートで最も頻度の高い症状は疲労と呼吸困難であった。この研究のもう一つの重要な特徴は、武漢の極度の隔離下にある一般集団の対照群を使用したことである。これにより、COVID-19の患者が経験した長く強制的な隔離期間による心理的影響を排除し、脱コンディショニング、不安、抑うつ状態を引き起こしている。この研究では、2つのグループ間で有意な差が見られ、対照グループでは一般的に症状はほとんど見られない(あったとしても)。
これらの研究およびこれまでに発表されたいくつかの他の研究は、COVID-19が長く存在することを確認し、その初期の主観的特徴を記述することに焦点を当てている。パンデミックの発症から1年未満が経過しており、ロングCOVIDの病態、持続期間、治療法に関するデータはまだ限られていることを述べておくべきである。現在、進行中の研究の焦点をいくつかの質問10に移す時期に来ている。

症状がどのくらい続くのか?

私たちが答えなければならない最も重要な質問の一つは、症状がどのくらい続くのかということである。つまり、ある患者は他の患者よりも早く元の生活に戻るということである。しかし、症状が出てから4ヶ月経っても、かなりの部分の患者さんが苦しんでおり、未だに最大の上限を把握していない。完全に回復しない患者もいるのであろうか?もしそうだとしたら、誰がそうなるのであろうか?また、その患者の自然経過はどのようになるのであろうか?

どの患者にフォローアップが必要なのか?

長いCOVID-19の危険因子はまだ保留中である。Carvalho-Schneiderらは、急性疾患の重症度や40〜59歳の年齢層など、一般的に症状を有することのいくつかの危険因子を同定している。しかし、比較的小規模なコホートサイズであったため、異なる症状の危険因子評価にはパワーが不足していた。

症状の「混合袋」を単一の実体として扱うことは、それらの症状にはおそらく異なるメカニズムと病因があるため、それらの症状の発生の危険因子を識別する能力を希釈してしまう。性別、肥満度、併存疾患、機能的状態、発症前の身体活動は危険因子の良い候補であり、調査する必要がある。いずれにしても、併存疾患を有する患者におけるCOVID-19の長さは、併存疾患そのものの増悪に起因する可能性がある。

したがって、これらの患者は注意深く観察する必要がある。さらに、Xiongらの所見は、無症状の回復した患者を長期的にフォローアップすることを支持する点を提起している。新規発症糖尿病11や高血圧1の発生率はまだ逸話的であり、調査する必要があるが、それらの長期的な影響を考慮すると、それは感受性の高い患者を識別し、スクリーニングすることが不可欠である。また、長期的なフォローアップが必要な患者としては、高齢者、免疫不全患者、先進国在住者などが考えられる。

現在進行中の症状の原因は何か?

COVID-19の急性症状の原因として、ウイルスの直接的な侵入、血栓症、免疫系の亢進、ホルモン調節障害のメカニズムがすべて示唆されているが、長期のCOVID-19にどのメカニズムが関与しているかはまだ明らかではない。デニスらは、回復している患者で進行中の炎症過程を示唆する磁気共鳴イメージングあたりの多臓器機能障害を示している6が、その’病因はまだ解明される必要がある。さらに、Gillian-Barre症候群12,重症筋無力症13,姿勢性起立性頻拍症候群14などの特定のまれな症候群が、一部の患者の症状を説明する可能性がある。

対照群があるとすれば、どのような群を使用すべきか?

今は私たち全員にとって困難な時代である。ロックダウン、失業、病気や経済による不安、そして多くの人にとっては、悲しみが一般の人に症状を引き起こす可能性があり、したがって、私たちが見ている症状のうち、どの症状が回復した患者に特有のものであるかを確認する必要がある。長いCOVID-19を記述する際の対照群の使用と選択には特別な配慮が必要である。Xiongらは厳格な隔離下にある人々を使用したが、このグループは多くの地域では利用できないかもしれない。

どのようにして患者を助けることができるか?

そして最後に、そして最も重要なことは、どのようにして患者を助けることができるかということである。忍耐のための安心感やアドバイスだけでは十分ではない患者もいる。このような患者さんは、元の自分に戻りたいと願っている苦しんでいる人たちである。COVID-19の症状が長く続く原因と可能な治療法がわかるまでは、回復した患者は、指定された集学的診療所で評価され、体系的な長期追跡調査に入り、特定の身体的・認知的リハビリテーションや情緒的サポートシステムを目的としたプログラムにリンクされるべきである。

COVID-19の長期的な症状に対処することを目的としたこれらの介入の基礎を築くためには、さらなる研究が必要である。COVID-19の回復期にある人々は、完全に回復するという新たな挑戦に直面しているようであり、彼らの回復を支援することは私たちの義務である。

透明性宣言

すべての著者は、この論文に関連する利益相反を報告していない。

外部からの資金提供は受けていない

執筆者全員が原稿執筆に貢献し、最終版の校閲を行った。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました