Long-COVID治療Long-COVID/後遺症マスト細胞/MCAS

Long-COVID症候群に伴うブレイン・フォグとケモフォグ ルテオリンの効果

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Long‐COVID syndrome‐associated brain fog and chemofog: Luteolin to the rescue

マスト細胞は、体内のいたるところに存在し37,アレルギー疾患105だけでなく、炎症にも重要な役割を果たしている。106マスト細胞は、脳にも存在し、特に視床下部の正中乳頭には、CRH陽性の神経終末に近い血管周囲に存在している107。肥満細胞は、SARS-CoV-2を含むウイルス108によっても誘発される。109, 110 正常な口腔粘膜を用いた最近の論文では、SARS-CoV-2の受容体であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の遺伝子発現が肥満細胞に見られないことが報告されている111。しかし、肥満細胞は「可塑的」であり、その表面受容体はさまざまな条件で誘導される。例えば、私たちは神経ペプチドのニューロテンシン112やサブスタンスP(SP)113がCRHR-1を誘導することを報告した。さらに、SPはIL-33のST2受容体を誘導することができる114。実際、ACE2遺伝子の発現はインターフェロンによって誘導されることが最近示され115,マスト細胞はウイルスに反応して強い炎症誘発性のI型インターフェロン反応を引き起こすことができ116,ACE2の発現に対するオートクライン作用を示唆している。もちろん、死亡したCOVID-19患者の肺および/または脳のマスト細胞がどの程度ACE2を発現しているかはまだ不明である。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、掲載画像、添付リンクは原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました