ロバート・マローン

ついに電子書籍化!「Lies My Gov’t Told Me」(政府が私についた嘘) 序章と概要の紹介
"Lies My Government Told Me" Finally published as an E-book, an introduction and overview

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/lies-my-government-told-me

Robert W Malone MD,MSロバート・W・マローン医学博士、MS

ようやく今日、ジルと私が長い間苦労して作り上げた本がようやく出版されたことを発表できてほっとしている。「Lies My GOV’T Told Me and the Better Future Coming」デジタル版で出版され、ハードカバーの本も間もなく出版される。デジタル版は645ページで、ハードカバー版は480ページである。この本は、医療自由コミュニティの多くの友人を含め、本当に村の力を借りたものである。

今日は、この本の冒頭部分からの抜粋を掲載する。このバージョンは、出版社が著作権の問題を引き起こすかもしれないと考えた歌の歌詞を含んでいるため、本に掲載されているものとは若干異なるが、オリジナルの紹介セクションには不可欠なものだったので、了承してほしい。

このプロジェクトがようやく完成した今、この本が私にとって何を意味するのか、ジルと私がこの本を書くために歩んできた道のり、そして私たちにとって個人的にどんな意味があったのかを分かち合うことができる。また、この本は私たちが近い将来、どこに力を注ぐべきかを示すレンズでもある。医療の自由と分散型「新世界秩序」のためのこの戦いは、まだ終わったわけではなく、むしろ始まったばかりだ。

このプロジェクトの関係者は、この本が通常の検閲、「ファクトチェッカー」を装ったオピニオン/ナラティブ・ポリス、中傷、歴史修正主義、メモリ・ホールなどに遭遇することを予想している。そして後述するように、これはすでに起こっていることだ。ジルと私は、2020年2月に自費出版された「新型コロナウイルス」に関する最初の本のように、アマゾンがこの本を「焼却」しないことを祈るばかりである。

スティーブ・バノン(Steve Bannon)はしばしば、インターネットによる検閲や記憶喪失が一般化する中で、活字が唯一の歴史的記録となるかもしれないと言っている。彼が間違っていることを祈りつつ、正しい場合に備えよう。とりあえず、本書はコビッドクライシスの最初の3年間の歴史の一つの「第一草稿」を提供することを意図している。そして、ジル、私、共著者、そしてスカイホース出版とChildren’s Health Defenseの素晴らしい編集チームが、皆さんの期待に応え、あるいは期待を上回るものであったことを願っている。


政府が私についた嘘-

目的

ある意味で、本書は個人的な旅の記録であり、コロナ危機が始まって以来、私の人生のあらゆる瞬間を支配してきた根本的な疑問の真相に迫るための長い努力の記録であると言える。本書は、2021年末から2022年にかけて書かれた一連のエッセイで、それぞれが、私たち全員が経験したことの重大さの何らかの側面を取り上げている。私たちが経験した世界的に協調されたプロパガンダ、情報管理、マインドコントロールの努力、嘘、不始末の責任は誰にあるのだろうか。また、このようなことが二度と起こらないようにするためにはどうしたらいいのだろうか。公衆衛生とは何の関係もないように見えるこの信じられないほど機能不全な「公衆衛生」対応の根本原因は何なのか?本当に邪悪な意図があったのか、それともこの機能不全は単に無能によって増幅され、傲慢によって悪化した別々のランダムな事象間の相互作用の意図せざる結果なのか?

この旅の間、私は多くの新しいものを見、経験し、学び、多くの人に会い、多くの新しい友人を作り、多くの話を聞いてきた。この本に書かれていることは、この「パンデミック」の間に起こった理解しがたい人間の悲劇と恐怖を処理し、理解するための試みであり、私たち全員にとってより良い未来につながる何らかの道を見出すためのものである。その未来には、ジルと私が人生を築いてきた基盤である基本原則を今も信じる人々が必要である。誠実に行動すること、他の人間の尊厳を尊重すること、そして地域社会に貢献すること。この原則は、アメリカ啓蒙主義の礎となり、結果として合衆国憲法と権利章典を生み出した。

私は、別の試練(狂気の王の専制政治)の中で鍛えられたアメリカの自治の実験が、今日もなお有効であるという信念を堅持している。私は、これらの原則は時代遅れで古く、歴史上試みられるたびに一貫して失敗してきた集団主義的でグローバルな全体主義的ビジョン、政府のシステム、命令と制御の経済活動の上に構築されたシステムに置き換えられなければならないと主張する人々のねじれた論理を拒否する。

ジルと私は、自由で正直な人間として人生を歩んできた。それは決して楽な道ではなかったが、旅の終わりに近づくにつれ、他に道はないだろうと思うようになりました。このコミットメントと信念体系が、この後の章に織り込まれるサブテキストを形成している。誠実さ、尊厳、そしてコミュニティへのコミットメントは、共感を呼び起こし、謝罪することなく提供される。しばらく私たちのそばを歩いてみてほしい。ジェリー・ガルシアとロバート・ハンターのアメリカン・アンセム『Uncle John’s Band』の歌詞を思い出しながら、一緒に歩いてみてほしい。


Well, the first days are the hardest days

Don’t you worry anymore

‘Cause when life looks like Easy Street

There is danger at your door

Think this through with me

Let me know your mind

Woah, oh, what I want to know

Is are you kind?

まあ、最初が一番大変なんだ。

だから、もう心配することはないさ

というのも、人生が何不自由ないように見えるときこそ

危険はすぐ隣にあるから

一緒に考えよう

そして、君の心を教えて

ああ、ぼくが知りたいのは

あなたは親切かってことさ

パート1:病歴と身体検査-どうしてここに来たのか?

2022年9月28日、世界経済フォーラムの「ディスインフォメーションパネル」での議論の中で、国連のグローバルコミュニケーション代表のメリッサ・フレミングが公然と発言したことを知る人は少ない。

例えば、Googleと提携した。気候変動をググると、検索上位に、国連の資料がずらりと出てくるのである。気候変動でググると、信じられないほど歪んだ情報が一番上に出てくることにショックを受けて、この提携を始めた。私たちは、より積極的に行動するようになった。私たちは科学的な根拠を持ち、それを世界に知らしめるべきだと考えているし、プラットフォーム自体もそうである。しかし、やはりこれは非常に大きな課題であり、社会のあらゆる部門が非常に積極的になる必要があると思う。

また、フレミングはこうも言っている。

「もう一つ本当に重要な戦略は、インフルエンサーを配置することだった[…]彼らは国連よりもずっと信頼されていた[…]私たちは世界中の科学者と何人かの医師をTikTokで訓練し、TikTokに協力してもらった」

「Tackling Disinformation」パネルのモデレーターは、世界経済フォーラムのマネージング・ディレクター、エイドリアン・モンク氏である。フレミングもモンクも、こうした国連やWEFの情報統制戦略を「地球温暖化」だけでなく、COVIDと結びつけ、モンクは、「COVID-19国家支援団体がそれに従事している」など、「偽情報の専門化」が進んでいると述べている。これはどういう意味なのだろうか?COVID-19の政策に批判的な私たちが、どういうわけか「国家に支援された」行為者だというのだろうか?彼らの発言から明らかになったのは、COVIDに関する「科学」を国連とWEFの「所有物」として積極的に宣伝し、さまざまなメディア(企業や「ニュース」メディア)のチャンネルでそれを行うよう国連とWEFから訓練を受けた科学者と医師のグループが存在するということだ。このような活動に対して通常使われる用語は、「統制された反対運動」と「挑発工作員」だろう。あるいは、単に「プロパガンダ」や「プロパガンダ」である。

ワクチンと銘打った予防接種を受けたかどうかにかかわらず、ほとんどすべての人が、ある時点で1つ以上のSARS-CoV-2亜型に感染しているのだ。これらの体験は、メディア、政府、非政府組織、製薬会社、その他の関係者が、幅広い議題を推進するためにコロナウイルスの物語を管理・操作しようとするあらゆる試みを超越した、個人的・集団的真実の一面をなしているのだ。ある人は、この出来事によって自分自身や友人、愛する人の命が奪われた。またある者は、ビジネスや生活を破壊された。また、一部の人々、特に基本的な医療倫理、人権、言論の自由、臨床研究、規制の規範や指針に対する多くの違反について警鐘を鳴らしてきた反体制派は、評判やキャリアを犠牲にしてきた。反体制派の医療関係者は、勤務先や医師免許委員会、ソーシャルメディア、そして企業化されたレガシー・マスメディアの世界的な連携による攻撃によって、苛烈に、そして高度に連携した攻撃にさらされている。

COVID-19として知られる世界的な人類の悲劇の広さと深さをどのようにとらえ、意味を持たせ始めたらいいのだろうか。情報と理解を支配する巨大な力が、これほど少数の個人と組織に集中したことは、人類史上前代未聞である。権力者たちは、自分たちのストーリーを宣伝するだけでなく、私たちの多くが当然だと思っていた医療倫理や市民の自由の規範とともに、反対意見を効果的に押しつぶした。

人間は、感覚を通して受け取った情報を、現実の内部モデルと比較することによって、世界を認識し、解釈している。私たちの意識は、現実を直接知っているわけではない。意識は、自分が真実だと信じるモデルを持ち、入ってくる情報をそのモデルと比較する。催眠術を使った心理学の実験によると、もし私たちの内的な現実モデルが、存在する可能性を否定するようなものであれば、私たちの目が検出する光子の流れや耳が聞く音波の中に明らかに存在するものを、実は「見る」ことができなくなるという。つまり、私たちは、自分が存在すると信じているもの、自分自身の現実のモデルに合致しているものしか見ることができない。

コビッド危機の間、私たちを混乱させ、しばしば魅了する情報の流れから意味を見いだそうとする人にとって、重要な課題は、自分の心がこれらすべてを処理するのに役立つ、世界の拡張内部モデルを開発することである。生物戦争、病原体生物工学、心理作戦、「情報機関」の世界に身を置いていない限り(私はそうだった)、SARS-CoV-2が人工病原体であるという可能性、コロナ危機が一部の人々の経済的・政治的利益を促進するために利用されている可能性、世界的過疎化や「無駄飯食い」者の殺戮という概念を支持する人々がいるかもしれないということに本能的に反発するのは人間にとって普通のことなのである。私たちの多くは、このような可能性を、世界に関する私たちの内的モデル(そしてユダヤ教・キリスト教的倫理観)とはかけ離れたものとして、直ちに、反射的に拒絶してしまうのである。

本書は、過去3年間に盛んに宣伝されたコロナウイルス物語が、現在を理解し未来を予測するための唯一のモデルではなく、むしろ多くの代替モデルの一つであり、角度を変えて膨大なリソースを持つ人々や組織によって盛んに宣伝されていることを認識できるようにするためのものである。いずれにせよ利害関係のある人々や組織だ。さらに、本書は歴史の異説の第一稿として、私たち全員に与えられた嘘と害悪の再録として、また、戸惑うほど多くの生きた出来事から意味を見出すための手段として役立つことを意図している。そして、私たち全員が共有するこの世界的な経験に基づき、より良い未来に向かうための教訓を導き出し、行動を特定する一助となればと願っている。

過去に頼りにしてきた(そして現在の流れを理解するために採用してきた)事実や考え方とは異なる事実や考え方に出会ったときにしばしば起こる認知的不協和の感覚、心理的苦痛は、自己成長の機会を示す道標になると私は信じている。しかし、私たちが個人的に痛感しているのは、現代社会では、認知的不協和やそれに伴う心理的苦痛を引き起こす情報、理論、意見を避けようとする動きがあるように思えることだ。しばしば「キャンセル・カルチャー」「美徳シグナリング」「wokeism」(お目覚め主義)といった言葉とともに語られるこの動きは、個人にも政治集団にも知的保護に対する基本的権利があり、自分の内的現実モデルと矛盾する不快な思考、情報、考え方に遭遇しないようにする、という信念体系として現れているようだ。これらは、検閲、否定論、多くの人が経験した武器化されたガスライティング、中傷、誹謗、また、個人が政府への信頼を失うようなことは国内テロであり、そのように扱うべきという考えを育む知的ルーツである。このような反体制的な思想犯罪を死刑に処した人類の歴史は長く、豊かなものである。このような言動は、不都合な真実を語ろうとする者を拒絶しようとする人間の不愉快な部族的傾向の最も醜い現れであり、この傾向は、科学や医学の知識が進歩する過程でよく見られる暗い反動的側面の背後に常に存在していると、私は提案する。この現象に対する認識は、つい最近発見されたものではない。ガリレオ・ガリレイやローマ・カトリックの異端審問よりさらに昔、少なくとも紀元前4世紀、そしておそらくそのさらに昔の霧の中にまで、この現象は広がっているのだ。

今から約2400年前、アテネの哲学者プラトン(ソクラテスの弟子、アリストテレスの師)は、殉教した師ソクラテスの声を用いて「洞窟の寓話」を著した。ソクラテスは、論理的な推論において傲慢さを回避するための強力なアプローチで最も有名である。「唯一の真の知恵は、自分が何も知らないことを知ることにある」という立場から、すべての哲学的・論理的真理の探求を始めた。

「洞窟の寓話」の舞台は、手足を縛られた囚人たちが同じ壁に向かって暮らす、仮説上の暗い洞窟である。囚人たちは生まれたときからそこにいて、これが彼らの知る唯一の現実である。彼らの背後には、洞窟の支配者たちによって維持されている燃え盛る炎がある。支配者たちは、さまざまな物や人形を持っていて、囚人たちがその物や人形が火の光を遮って落とす影を見ることができるようにしたり、支配者たちが音を出して囚人たちに聞こえるような反響を起こしたりしている。この洞窟の支配者たちは、囚人たちが体験できる現実をコントロールすることができる人形使いなのだ。囚人たちはこの影の現実を受け入れ、疑問を抱くことはない。

ある日、囚人の一人が脱走する。鎖が切れ、混乱した状態で初めて立ち上がり、周囲を見回すと、火が見える。火のそばの地面に横たわると、壁の影に対応する人形やオブジェが見える。洞窟の外では、色彩が見え、火も見える。洞窟の外に出ると、彼は色と太陽と木々を見て、喜びでいっぱいになった。

彼は、友人たちを啓発するために、洞窟に戻る。彼は自分が経験した新しい現実を説明するが、彼らは彼が説明しようとしていることを理解することさえできない。洞窟が彼らの知っているすべてなのだ。自分たちが閉じ込められていることを知る由もない。しかし、彼らは彼が変わったこと、目が変わったこと、そして影を見ること、名前をつけること、解釈することに苦労していることに気づいている。彼らは彼を笑い、洞窟を出るのは愚かな行為だということに同意する。そして、彼らは弟と、洞窟を出る勇気のある者は誰でも殺すと脅し、彼らの束縛を解き、彼らの現実を打ち砕くのである。

この古代の寓話は、私が本書で取り上げたジレンマをもたらしている。古い現実認識の枠から解放された人々にとって、承認された物語との大きな違いにもかかわらず、新しい現実についての観察や経験を共有したいと望むのは自然なことだ。このような人々は、おそらくあなたもその一人だろうが、すでに操り人形師から聞かされることに疑問を持ち始めている。公式の物語を受け入れない人々にとって、最初の課題は、家族や友人、そして世界全体の健康と幸福にとって必要不可欠であると信じるものをどのように伝えるかを学ぶことだ。第二の課題は、まだ壁の影に魅了されている他の人たちから危険な脅威として扱われないようにすることである。

医師をはじめとする医療従事者は、常に意味不明なことに遭遇している。優秀な者は一種の探偵となり、自分が最もよく知っている洞窟の壁に映る影を解釈することに特化する。残りのほとんどは、影に名前をつける名人になる。ごく少数の者は、時折、洞窟の外を見ることができる。しかし、ほとんど必然的に、これらの少数の人々は、最初は仲間から拒絶され、中傷され、嘲笑される。しかし、彼らはしばしば、新しい現実を見たという確信と、先達の反対者たちがいかにして共通善の推進に貢献したかという知識で武装し、粘り強い行動をとるのである。しかし、囚人仲間を啓発するのは簡単でも楽しくもない。囚人の多くは、自分たちが慣れ親しんできた影を超えるものがあることを決して受け入れようとしない。

本書は、医師が患者に出会ったときの基本的なプロセスを踏襲している。よく訓練され、経験を積んだ医師は、まず、患者が治療を受けに来た理由(主訴)を話してもらい、患者自身の言葉による病歴と、身体検査や臨床検査の結果の両方を収集することで、その原因を突き止めようとすることから始める。そして、これらの情報を医師が頭の中に持っている(時には本やコンピュータの中にある)多くの疾病モデルと比較し、「この患者の訴えや症状の原因は何か」という問いに答えるための仮説を立てる。得られた診断仮説に対して、追加の診察や検査を行い、裏付けを取ることもある。そして、患者の愁訴や疾患らしきものを引き起こしている原因についてのワーキングモデル(仮説)に基づき、治療計画を立案する。治療計画は実行され、一定期間後、医師と患者は治療が効果的であったか、仮説を修正または否定する必要があるかどうかを確認するために再び集まる。

今回の作品では、読者が根本的なパターンや問題を見出すのに役立つと思われる個人的なエピソードを数多く集めた。これらの章は、基本的に個人史であり、コロナ危機の影響を受けた世界中のさまざまな人々の主な訴えを記述している。これはケーススタディであり、そこからコビッドクライシスの間に「何がこの痛みを引き起こしたのか」という診断についての観察や仮説が導き出されると考えてほしい。そして、その過程で生まれた、さまざまな訴えや症状を引き起こした出来事や力を理解し、納得するためのエッセイである。最後に、私にとって最も困難な章である治療計画書である。これは、もし実行に移されれば、私たちが現在(希望を持って)脱しつつあるのと同じような、将来の地球規模の災害を回復し予防するための希望となる、思考とアイデアの集大成である。

これらのケースヒストリーは、私たち全員が耐えてきた悲劇的な人間の集団的苦しみのほんの一部を照らし出しているに過ぎない。そして、提案された治療計画は、より広範な計画の出発点に過ぎない。私は答えを持っているふりもしないし、私たち全員が経験したことの完全な「真実」を理解しているわけでもない。ただ一つ達成できることがあるとすれば、それは、私たちが慣れ親しみ、愛着を持ってきた現実のモデルが、私たちの健康に害を及ぼしているかもしれないという可能性に、他の人々が目覚めるのを助けることであろう。この本によって、あなたの「オヴァートンの窓」をもう少し開けることができれば、あなたのような個人、私やジルのような個人、そしてこの本の寄稿者のような個人が、私たちの子供や孫のためにより良い未来を作る手助けができるかもしれない。

しかし、目をそむけたり、サングラスをかけたりしたくなったとしても、驚かないでほしい。洞窟から飛び出し、太陽の明るい光に出会ったとき、認知的不協和が痛むのである。


出版社の指摘によると、すでに「ファクトチェック」が始まっているそうである。画像の上部にあるアマゾンが設置したバナーに注目。

ああ。..完全に禁止されないことを祈ろう。..。


ところで、私の友人であるロバート・F・ケネディJr.がこの本の前書きを書いている。ボビー・ケネディが私の大切な友人の一人となり、このような優しい(そして私にとっては少し気恥ずかしい)言葉を書いてくれるとは、3年前には想像もできなかった。..。

この本のタイトルは、彼が人生の大半を過ごした内部から、そして多くの権力者が残りの人生を過ごすことを望んでいる外部から、それらの嘘を知っている男による本としてふさわしいものである。

マローン博士は、数十年にわたるバイオディフェンスとワクチン学の仕事を振り返って、こう書いている。

「私たちは善人ではない」という可能性に直面することを、自分自身に許したことはなかった。

このページは、彼の目を開き、多くのドアを閉じた旅へと読者を誘う。

何十年もの間、軍産情報機構は、権力と支配力を高めるために、日常的に大惨事の危機を利用してきた。今回、ロバート・マローン博士は、彼らの行く手を阻むために立ち上がった数少ない一人だった。その結果、彼は彼らの軽蔑を浴び、私は永続的な尊敬を受けることになった。

マローン博士は、非常に優秀で国際的に認められた医師科学者であり、mRNAおよびDNAワクチンと治療法のパイオニアであり専門家であり、米国国防総省の契約企業のための生物防御対策の研究者であり開発者であるため、権力者たちにとって特別な問題を提起した。そのため、彼は政府の指示により、企業やソーシャル・メディアによってすぐにデプラットフォームされ、取り消され、中傷され、疎外され、嘘をつかれることになった。

混乱の中、ロバート・マローン博士はなお落ち着いて立っている。ロバート・マローン博士は、他の医師、科学者、学者、弁護士、活動家たちから支持され、この本全体に織り込まれている章を寄稿している。読者は、何百万人ものアメリカ人を騙して、インフォームド・コンセントのふりさえなく、義務付けられたワクチンとほとんどテストされていない医薬品を受け入れるように仕向けた、虚偽と不当表示のウサギの穴に導かれることだろう。親たちは、自分の子供や赤ん坊に謎の注射をすることに同意しながら、そのリスクや利点について説明することができない。

マローン博士は、私たちの市民が医療やその他の自由を守るために十分な理解を持つような、異なる未来を思い描いている。政府の欺瞞と行き過ぎた行為という世界的な大流行に対する深い洞察を私たちに与えることによって、この綿密に調査された本は、そのより良い未来に到達するための重要な一部分となり得るのだ。


他の著者、編集者、スカイホース出版、Children’s Health Defenseのスタッフやボランティアが、校正と編集に何時間も費やしてくれたことに、大きな感謝の念を抱いている。これは本当にグループの努力の賜物である。また、この本を予約してくださった方々も含め、辛抱強く待ってくださったすべての方々に感謝する。しかし、ジルと私が書き始めると、すべてを記録しなければならないことがわかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました