ゲーム理論・進化論

嘘つきと外れ者
Liars and Outliers

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Liars and Outliers 目次

  • 『嘘つきと外れ者』の前評判
  • タイトルページ
  • 著作権について
  • 読者のみなさんへ
    • 第1章 概要
  • 第1部 信頼の科学
    • 第2章 安全保障の自然史
    • 第3章 協力の進化
    • 第4章 信頼の社会史
    • 第5章 社会のジレンマ
  • 第2部 信頼のモデル
    • 第6章 社会的圧力
    • 第7章 道徳的圧力
    • 第8章 風評被害
    • 第9章 制度的な圧力
    • 第10章 セキュリティシステム
  • 第3部 現実の世界
    • 第11章 利害の衝突
    • 第12章 組織
    • 第13章 企業
    • 第14章 制度
  • 第4部 結論
    • 第15章 社会的圧力はいかにして失敗するのか
    • 第16章 技術の進歩
    • 第17章 未来
  • 謝辞
  • ノート
  • 参考文献
  • 著者について

『嘘つきと外れ者』に対する前評判

セキュリティの本当の意味について、豊かで洞察に満ちた新鮮な見方!

-デビッド・ロペイク 「How Risky is it, Really?」の著者

歴史、経済学、心理学を通して、信頼とセキュリティの意味を探求し、人々を魅了する。必読の書だ

-アレッサンドロ・アクリスティ

カーネギーメロン大学ハインツカレッジ情報システム・公共政策学科准教授

『嘘つきと外れ者』は、これらの問題を理解する上で大きな貢献をしており、私たちがさらされている増え続けるリスクに読者が対処するのを助ける可能性を持っている。よくできた本で、読んでいて楽しい。

-ピーター・G・ノイマン

SRI国際コンピューターサイエンス研究所主席研究員

銀行対強盗、ハリウッド対ダウンロード、あるいはイランの秘密警察と民主化運動家など、セキュリティはしばしば、自分たちの意思を押し通そうとする多数派と、限界を超えようとする少数派とのダイナミックな闘いである。『嘘つきと外れ者』は、紛争や安全保障、そして私たち自身のあり方について、あなたの考え方を変えるだろう

-ロス・アンダーソン

ケンブリッジ大学教授、『Security Engineering』(邦訳『セキュリティ・エンジニアリング』)著者

ブルース・シュナイアーの「Liars and Outliers」の読者は、テクノロジーとその結果についてよりよく理解し、より成熟した実践者となるであろう

-パブロ・G・モリーナ

ジョージタウン大学技術経営学部教授

『Liars and Outliers』は単なるセキュリティの本ではなく、セキュリティに関する本である。シュナイアー氏は、セキュリティのような深刻なテーマであっても、ユーモアの力を利用することで探求できることを示している。素晴らしい一冊だ!

-フランク・フュレディ

ケント大学カンタベリー校社会政策・社会学・社会調査学部名誉教授。

On Tolerance: 道徳的自立の擁護

この魅力的な本は、安全保障と信頼を理解するための洞察に満ちた説得力のある枠組みを与えてくれる

-ジェフ・ヤン

ニューカッスル大学サイバー犯罪・コンピュータセキュリティセンター創設者、研究ディレクター

セキュリティ、信頼、社会の間の可動部分と相互関係を分析することによって、シュナイアー氏は社会における重要なパターン、圧力、レバー、セキュリティホールを特定した。明快に書かれ、徹底的に学際的で、常にスマートな『Liars and Outliers』は、社会の様々なジレンマを解決するための素晴らしい洞察を与えてくれる

-ジェリー・カン UCLA法学部教授

信頼とセキュリティの社会的次元を分析の中心に据えることで、シュナイアーは理論的な根拠と実践的な応用の両方を備えたアプローチで新境地を開拓している

-ジョナサン・ジットレイン

ハーバード大学法学部・コンピュータサイエンス学部教授。The Future of the Internet-And How to Stop It』の著者。

目を見張るものがある。ブルース・シュナイアー氏は、今日の世界を理解するために必要な視点を提供している

-スティーブン・A・ルブランク

ハーバード大学コレクション・ディレクター、『Constant Battles』の著者。なぜ私たちは戦うのか?

社会をまとめ、進歩を促進するための信頼の重要性についての優れた調査。『嘘つきと外れ者』は、安全保障と経済について貴重な新しい洞察を与えてくれる。

-アンドリュー・オドリズコ ミネソタ大学数学部教授

シュナイアーが信頼と裏切りについて述べたことは、人間の制度をより深く理解するための基礎となる。社会が大規模化し、複雑化する中で、これは不可欠な探求である

-ジム・ハーパー

CATO研究所情報政策研究部長、『アイデンティティ・クライシス:アイデンティティはいかに乱用され、誤解されているか』著者

社会は信頼の上に成り立っている。ウソつきと外れ者』は、社会をよりよく動かすために、私たちが埋めなければならない信頼の溝を説明している

-M. エリック・ジョンソン

ダートマス大学タック・ビジネススクール デジタル戦略グラスマイヤー/マクナミー・センターディレクター

人間社会における協力と離反の微妙な弁証法について、知的興奮と読み応えのある分析を行っている。知的な厳しさを持ちながら、生き生きとした会話形式で書かれた『Liars and Outliers』は、あなたの世界の見方を変えてくれるだろう

-デビッド・リビングストン・スミス ニューイングランド大学哲学科准教授。

Less Than Human: Why We Demean, Enslave, and Exterminate Others』(邦訳『人間未満:なぜ人は他者を貶め、奴隷にし、絶滅させるのか』)の著者。

シュナイアー氏は信頼に真正面から取り組み、その知性と膨大な量の調査を駆使している。しかし、本書の一番の魅力は、読んでいてとても楽しいことだ

-アンドリュー・マカフィー

MITデジタルビジネスセンター主席研究員、『Race Against the Machine』共著者

ブルース・シュナイアー氏は、セキュリティの第一人者である。しかし、彼の著書はリスクを減らすこと以上に多くのことを語っている。人間や社会、そして人生というゲームの中でどのように相互作用するかについて、魅力的で示唆に富む論考である」

-ジェフ・ジャービス

Public Parts: How Sharing in the Digital Age Improves the Way We Work and Live」の著者。

親しみやすく、かつ示唆に富む『Liars and Outliers』は、現代生活における安全に対する恐れや不安を超え、健全な社会を作るための日常人の役割について理解するよう読者を誘うものだ。これは必読の書だ!

-ダナ・ボイド

ニューヨーク大学メディア・文化・コミュニケーション学部研究助教授

信頼はネットワーク時代の必須条件であり、信頼はセキュリティの前提である。Bruce Schneierの広範で読み応えのある著作は、縮小する世界をより良いものにするための洞察に富んでいる

-Don Tapscottドン・タプスコット

マクロウィキノミクスの共著者。ビジネスと世界を再起動させる

何が社会を動かすのかについて、魅力的で幅広い考察がなされている。強くお勧めする。

-ジョン・ミューラー

オハイオ州立大学マーショーン・センター上級研究員、『Overblown』著者。政治家とテロ産業はいかにして国家安全保障の脅威を誇張するのか、そしてなぜ私たちはそれを信じてしまうのか。

読者のみなさんへ

本書には、注と参考文献の両方が含まれている。注は、本文に入りきらなかった説明の部分である。紙と電子書籍の両方で、上付き数字で表示している。参考文献は、本文中には一切記載されていない。巻末に、印刷されたページ番号と引用文の一部で整理されている。

www.schneier.com/books/liars-and-outliers-chapter1

第1章 概要

ちょうど今日、見知らぬ男が、バスルームの排水溝の詰まりのために来たと言いながら、私の家のドアを訪ねてきた。私は身元を確認することなく彼を家に入れた。彼は排水溝を修理しただけでなく、私の床に泥を落とさないように靴を脱いでくれた。修理が終わると、私は彼に銀行からお金をもらうように頼んだ紙を渡した。彼はそれを一目も見ずに受け取った。彼は私の持ち物を奪おうとすることはなかったし、私も彼に同じことをしようとしたことはなかった。それどころか、お互いに相手がそうするとは思ってもいなかった。妻も家にいたが、彼が性的ライバルであり、だから殺すべきだということは思いもよらなかった。

また、今日、街で何人もの見知らぬ人とすれ違ったが、誰からも襲われることはなかった。食料品店で食品を買ったが、それが食用に適さないかもしれないという心配は全くしなかった。玄関の鍵はかけたが、窓ガラスを割られる心配は一瞬もない。虫けらのように私を押しつぶす大きな殺人道具である車を運転している人たちでさえ、私は怖くなかった。

何より驚くべきことに、これはあまりあからさまな警備をしなくてもうまくいった。私は護身用に銃を携帯していないし、防護服を着ているわけでもない。防犯ブザーも使っていない。食べ物に毒があるかどうかの検査もしない。相手を威嚇するために、目立つような身体能力を誇示することもしない。

それが「信頼」というものである。実は、これは「文明」と呼ばれているものである。

人体のような生物学的生態系、熱帯雨林のような自然生態系、青空市場のような社会生態系、世界金融システムやインターネットのような社会技術的生態系など、すべての複雑な生態系は深く結びついている。これらの生態系の中の個々のユニットは相互依存関係にあり、それぞれが自分の役割を果たし、他のユニットが同様に自分の役割を果たすことに依存している。これは珍しいことでも、難しいことでもなく、複雑な生態系があふれている。

同時に、すべての複雑な生態系には寄生虫が存在する。どのような相互依存のシステムの中にも、自分の目的のためにシステムを破壊しようとする者がいる。消化管のサナダムシ、バザールの泥棒、配管工に化けた強盗、インターネット上のスパマー、脱税のために利益を海外に移転させる企業などがそうであろう。

複雑なシステムの中では、これから述べる「協力」、つまり集団の利益のために行動することと、「離反」、つまり集団の利益に反して自己の利益のために行動することの間に基本的な緊張関係が存在する。政治哲学者はプラトン以来、この二律背反を認識してきた。私たちは個々にお互いのものを欲しがるかもしれないが、皆が所有権を尊重し、誰も盗まない方が集団として良い結果を生む。私たちは、個人的にはお金を払わずに政府の恩恵を受けたいと思うかもしれないが、皆が税金を払う方が集団としてより良い状態になる。どの国も自分たちが望むことを何でもできるようになりたいと思うかもしれないが、国際的な合意、条約、組織があったほうが世界はより良くなる。一般的には、社会が個人の行動を制限した方が、全体として良い結果が得られ、その制限が個人には適用されない方が、それぞれ良い結果が得られる。もちろん、それはうまくいかないし、ほとんどの人はそのことを認識している。ほとんどの場合、集団の利益のために行動することが自己利益につながることを理解している。しかし、寄生虫は常に存在する。なぜなら、私たちの中には盗みをしたり、税金を払わなかったり、国際協定を無視したり、自分の行動の制限を無視したりする人がいるからで、私たちには安全も必要である。

社会は信頼の上に成り立っている。私たちは皆、自分と関わりを持つ不特定多数の人々が協力してくれると信じる必要がある。完全に信頼するのでもなく、盲目的に信頼するのでもなく、信頼に根拠があり、その見返りとして信頼されることを(それがどんな意味であれ)合理的に確信する。これは極めて重要なことだ。寄生虫の数が増えすぎたり、盗む人が多かったり、税金を払わない人が多かったりすると、社会はもはや機能しない。社会が機能しないのは、盗みが多すぎて自分の財産を安全に保てなくなることと、正直者でも他の人を疑ってかかるようになることの両方が原因である。さらに重要なのは、社会契約が崩壊し、社会が必要な利益を提供していると見なされなくなるため、社会が機能しなくなる。信頼は習慣的なものであり、信頼が足りなくなると、人々はお互いを信用しなくなる。

悪魔は細部に宿る。例えば、税金、罰金、手数料、禁制品の没収、正当だが軽蔑される支配者による窃盗など、あらゆる社会で、ある人から合法的に財産を奪って別の人に与えるケースがある。そして、「誰もが税金を払う」という社会規範は、どのような税制が公正であるかという議論とは一線を画している。しかし、私たちが従う規範の範囲については意見が分かれるかもしれない。それが政治というものだ。しかし、私たちは皆、規範に従う方が集団として良い結果を生む。

もちろん、実際にはもっと複雑だ。ある人は、自分勝手な寄生虫的な理由ではなく、道徳的な判断で規範を破ることを決意するかもしれない。奴隷制度は間違っているから、カナダに逃亡する奴隷を助けるかもしれない。政府が自分の金を何に使うかに反対だから、税金を払うのを拒否するかもしれない。動物実験が悪いことだと信じているから、実験動物の逃亡を助けるかもしれない。中絶は間違っていると信じているから、中絶手術をする医者を撃ち殺すかもしれない。などなど。

私たちは、規範を破った人が正しいことをしたと判断することもある。時には、その人が間違ったことをしたと判断することもある。コンセンサスが得られることもあれば、意見が対立することもある。そして時には、集団の規範にあえて逆らう人たちが、社会変革の触媒となることもある。ノームブレイカーは、同性愛者の権利運動の始まりである1969年に、ニューヨークのストーンウォール・インに対する警察の手入れに反対して暴動を起こした。第二次世界大戦中のヨーロッパではユダヤ人の命を守り、アメリカ南部では公民権運動のバスデモを組織し、天安門広場では無法な抗議集会を行った。集団の規範が後に不道徳とみなされたとき、歴史はそれに従うことを拒否した人々を英雄と呼ぶかもしれない。

2008年、米国の不動産産業が崩壊し、世界経済を巻き込むところとなった。この災害の原因は複雑だが、金融機関とその従業員が自分たちの目的のために金融システムを破壊したことが大きな原因であった。金融機関は、余裕のない住宅所有者に住宅ローンを貸し付け、その住宅ローンを実際のリスクを意図的に隠すような形で再梱包し、再販売した。金融アナリストは、これらの債券を格付けしてお金を稼ぎ、再度の格付けビジネスを確保するために、これらの債券に高い格付けを付与した。

これは、信頼の失敗の一例である。限られた人たちが、個人的な利益のために世界の金融システムを利用することができた。このようなことは起こるはずがない。しかし、起きてしまった。もし社会が信頼とセキュリティの両方を向上させなければ、また同じようなことが起こるだろう。

信頼の欠如は世界的な問題になっている。

インターネットは、アクセスする人に素晴らしい利益をもたらすが、同時に新しい形の詐欺ももたらす。なりすまし詐欺は、現在ではIDセフトと呼ばれ、インターネット以前よりも簡単で収益性も高くなっている。スパムは電子メールの使い勝手を悪くしている。ソーシャルネットワーキングサイトは、人々が自分のプライバシーを効果的に管理することを意図的に難しくしている。そして、敵対的な行動は、ほとんどすべてのインターネット・コミュニティを脅かしている。

グローバリゼーションは多くの国の人々の生活を向上させたが、それに伴い世界的なテロの脅威も増大した。9.11のテロは信頼の失敗であり、その後の10年間の政府の過剰反応も同様であった。

金融ネットワークによって、世界中の誰とでも取引ができるようになった。しかし、簡単にハッキングされる金融口座は、不正取引で莫大な利益を生む。また、簡単にハッキングされるコンピューターデータベースは、不正取引を可能にする(恐ろしいほど安い)盗難クレジットカード番号や個人情報の世界市場をも意味する。

しかし、この変化には、汚染された食品、安全でない子供のおもちゃ、法律の異なる国へのデータ処理のアウトソーシングが含まれる。

また、グローバル生産は生産量の増加を意味するが、それに伴い環境汚染も発生する。ある企業が鉛やフロン、窒素酸化物、二酸化炭素を大気中に放出すれば、その企業は安い生産コストで利益を得ることができるが、環境コストは地球上のすべての人に降りかかってくるのだ。

もちろん、地球規模の問題だけではない。もっと狭い範囲での信頼の欠如は、数え上げればきりがないほどある。以下はその一例である。

2009年から2010年にかけて、カリフォルニア州ベル市の役人が市の財政を事実上略奪し、しばしばパートタイム労働で異常に高い給料を自分たちに与えた。

スターウォーズ・ギャラクシークエストのような初期のオンラインゲームは、内部の不正行為によって崩壊した。

ワールドコム、エンロン、アデルフィアといった企業の経営幹部は、不正な会計処理によって会社の株価をつり上げ、自分たちに多額のボーナスを与えたが、その過程で会社を破滅させた。

これらの事例を結びつけるのは、社会の利益と社会の中の特定の個人の利益が対立していたということである。社会には規範となる行動があるが、十分な数の人々が協力し、その行動に従うことを保証することができなかった。その代わりに、集団の中の離反者が大きくなりすぎたり、力を持ちすぎたり、成功しすぎたりして、みんなのためにそれを台無しにしてしまった。

本書は信頼について書かれている。具体的には、グループ内の信頼についてである。脱会者が集団を利用しないことは重要だが、集団の全員が脱会者が利用しないことを信頼することも重要だ。

「信頼」は複雑な概念であり、意味のフレーバーがたくさんある。社会学者のピョートル・シュトンプカは、「信頼とは、他人の将来の偶発的な行動に対する賭けである」と書いている。政治学のラッセル・ハーディン教授は、「信頼とは、自分の利益に影響を与えるために、他人に裁量を与えることである」と書いている。これらの定義は、個人間の信頼、ひいてはその信頼性に焦点を当てたものである1。

私たちが人を信頼するとき、その人の意図と行動のどちらかを信頼することができる。前者はより親密な関係である。私たちが友人を信頼すると言うとき、その信頼はその人が行っている特定の事柄に結びついたものではない。それは、どんな状況であれ、彼は正しいことをするだろう、つまり彼は信頼できるという一般的な信頼感である。私たちはその友人の意図を信頼し、彼の行動がその意図に基づいたものであることを知っている2。

もうひとつは、社会学者のスーザン・シャピロが「非人格的信頼」と呼ぶ、より親密でない信頼である。誰かを知らないとき、私たちはその人について、あるいはその人の根本的な動機について、人格だけで信頼できるほどには知らない。しかし、その人の将来の行動については信頼することができる。3 その人が赤信号を無視したり、私たちから盗んだり、テストでカンニングをしたりしないことは信頼できる。私たちは、彼女が内心で赤信号を避けたいとか、私たちからお金を取りたいとか思っているかどうかは知らないし、そうであっても気にしない。むしろ、社会的な規範を破った場合の影響が大きいので、その規範に従う可能性が高いことがわかるのだ。このような信頼、つまり、本来は信頼に足る人物でなくても信頼に足る行動をとるということを、より信頼と考え、それに対応する信頼性を遵守と考えることができる4。

別の言い方をすれば、私たちは信頼を一貫性や予測可能性に還元している。もちろん、一貫性のある人が必ずしも信頼できるわけではない。常習的な泥棒がいたとしても、私はその人を信用しない。しかし、私はその人が私から盗もうとすることを信じている(別の意味で、信頼している)。私は、信頼というもののそのような側面にはあまり興味がなく、むしろ肯定的な側面に興味がある。ビジネス戦略家のドン・タプスコットは、『The Naked Corporation』の中で、少なくともビジネスにおける信頼とは、相手が正直で、思いやりがあり、説明責任を果たし、透明であることを期待することである、と述べている。このように一貫している二人を私たちは協調的と呼んでいる。

複雑な現代社会では、人よりもシステムを信頼することが多い。配管工を信頼したというより、配管工を生み出し、私を守ってくれるシステムを信頼した。保険会社からの推薦、彼が私の家に泥棒に入ったときに私を守ってくれる法制度、熟練した配管工を生み出す教育システム、保険制度、そして何よりも、社会で私たちがお互いにどう接するかを教えてくれる一般社会システムを私は信頼していた。同様に、私は銀行のシステム、企業のシステム、警察のシステム、交通法のシステム、そしてほとんどの行動を規定する社会規範のシステムを信頼していた5。

本書は、個人よりも集団という観点から信頼について述べている。私は、特定の人々が他の特定の人々をどのように信頼するようになるのかについては、あまり関心がない。配管工が私の小切手を受け取るほど私を信頼しているかどうか、あるいは、あそこの運転手が一時停止の標識で道路を横断するほど私を信頼しているかどうか、そんなことはどうでもいいのだ。私が関心を持っているのは、社会における非人間的な信頼の一般的なレベルなのである。フランシス・フクヤマの定義は、私が使いたいこの言葉をうまく捉えている。「信頼とは、ある共同体の中で、その共同体の他のメンバーが、一般的に共有されている規範に基づき、規則正しく、誠実で、協力的な行動をとることを期待することである」

社会学者のバーバラ・ミスタルは、信頼が果たす重要な機能を3つ挙げている:1)社会生活をより予測しやすくする、2)共同体感覚を生み出す、3)人々が協力しやすくする、である。ある意味、社会における信頼は、大気中の酸素のようなものである。顧客が商人を信頼すればするほど、商取引は容易になる。ドライバーが他のドライバーを信頼すれば、交通はより円滑に流れる。なぜなら、その見知らぬ人が誠実で、協力的で、公平で、時には利他的に振る舞う可能性が高いとわかっているからだ。信頼があればあるほど、社会はより健全になり、より繁栄することができる。逆に、信頼が薄れれば薄れるほど、社会は病み、収縮せざるを得なくなる。そして、信頼の量が少なくなり過ぎると、社会は枯れ、死んでしまう。最近の例では、スターリン時代のソビエト連邦で、信頼がシステム的に崩壊したことがあった。

ここでは必ずしも単純化しているわけではない。信頼とは相対的であり、流動的であり、多次元的なものなのである。私は、アリスが10ドルのローンを返すことはできても1万ドルのローンを返すことはできない、ボブが1万ドルのローンを返すことはできても幼児の子守をすることはできない、キャロルが子守をするが私の家の鍵は使わない、デイブが私の家の鍵は使うが私の親密な秘密は使わない、エレンが私の親密な秘密を使うが10ドルのローンを返すことはできない、このように信頼している。フランクは友人が保証してくれるなら、タクシーの運転手は免許証を提示してくれるなら、ゲイルは酒を飲んでいないなら、それぞれ信用できる。私のコンピュータのパスワードは誰にも任せられない。私は、車を止めるブレーキや、口座からお金を引き出すATM機や、資格のある配管工を推薦してくれるAngie’s Listを信頼している。アンジーが誰なのかさえも。この本の言葉を借りれば、私たちは皆、互いを信頼して集団の行動規範に従う必要がある。

他の多くの本でも、社会にとっての信頼の価値について語られている。具体的には、社会学でいうところの社会的圧力、つまり社会的統制に似たシステムを通じて、社会がどのように信頼性、あるいは少なくともコンプライアンスを強制し、喚起し、誘発し、強制し、奨励し、誘導するのかを説明している。物理的な圧力と同様に、社会的圧力はすべての人にすべてのケースで機能するわけではない。しかし、この場合も、圧力が特定の人物に対して働くかどうかは、社会全体の離反の範囲を管理可能なレベルに抑えられるかどうかよりも重要である。

管理可能なレベル、しかし低すぎるレベルではない。遵守が常に良いとは限らないし、離反が常に悪いとは限らない。集団の規範が守られるに値しないこともあるし、ある種の進歩や革新には信頼を裏切ることが必要な場合もある。警察国家では、誰もがコンプライアンスを守るが、誰も誰かを信用することはない。コンプライアンスが高すぎる社会は停滞した社会であり、離反は社会変革の種を含んでいる。

この本は、セキュリティについても書かれている。安全保障は、協力を誘発するという点では社会的圧力の一種であるが、他の圧力とは異なる。それは、人々がどれほど信頼できるかということに関係なく、行動に対する物理的な制約として働くことができる唯一の圧力である。そして、個人が自分で実行できる唯一の圧力でもある。多くの点で、この圧力は親密な信頼関係の必要性を排除する。別の言い方をすれば、それは最終的にコンプライアンス、ひいては信頼を誘導する方法なのである。

信頼について賢く考えることが不可欠なのである。哲学者のシッセラ・ブロックは、「人間にとって重要なことは何であれ、信頼はその中で育つ雰囲気である」と書いている。人、コミュニティ、企業、市場、政治、すべてである。もし協力を促す最適な社会的圧力がわかれば、殺人、テロ、銀行詐欺、産業汚染などあらゆるものを減らすことができる。

もし圧力が正しくなければ、殺人率は急上昇し、テロリストは暴れまわり、従業員は日常的に雇用主から横領し、企業はことごとく嘘をつき、不正を働く。極端な話、信用できない社会は崩壊してしまう。逆に間違えると、誰も組織的な不正について声を上げず、誰も既成の企業手続きを逸脱せず、誰も現状を打破する新しい発明を普及させず、抑圧された社会は停滞する。現代の産業界で極端な失敗がほとんど起こらないのは、社会の圧力がほぼ正しく作用している証拠である。しかし、失敗を経験したことは、私たちがまだ多くのことをしなければならないことを示している。

また、これから述べるように、進化は、グローバルなハイテク社会に生きる現代人よりも、サバンナに住む霊長類としての生活に適した信頼に関する直感を私たちに残してきた。この欠陥のある直感は、企業や詐欺師、政治家、ペテン師に利用されやすい。唯一の防御策は、社会における信頼とは何か、それがどのように機能するか、そしてなぜそれが成功したり失敗したりするのかを合理的に理解することである。

本書は4つのパートに分かれている。第1部では、本書の背景となる科学について探っていく。実験心理学、進化心理学、社会学、経済学、行動経済学、進化生物学、神経科学、ゲーム理論、システム力学、人類学、考古学、歴史学、政治学、法律、哲学、神学、認知科学、コンピュータセキュリティなど、いくつかの研究分野(一部は密接に関連している)は、これらのテーマを理解する上で助けになるであろう。

これらの分野はすべて、信頼とセキュリティについて私たちに教えてくれるものである。7 ここにあるのは多くのものであり、これらの研究分野のどれかを掘り下げれば、簡単に数冊の本を埋めることができる。本書は、数十年、時には数百年にわたる広範な学問分野の考え方、研究、実験を収集し、統合することを試みている。本書は必然的にざっとした概観にならざるを得ないが、最も困難なのは、何を含めないかを見極めることである。私の目標は、研究の大まかな流れを示すことであり、個々の研究の詳細を説明することではない(それはそれで興味深いのだが)8。

第1部の最後の章では、社会的ジレンマについて紹介する。「囚人のジレンマ」と呼ばれる思考実験と、その社会的ジレンマへの一般化について説明する。社会的ジレンマとは、集団内の信頼が必要で、そのために社会的な圧力を使って協力を確保する状況のことで、私のモデルの中心的なパラダイムである。社会的ジレンマは、社会が、脱落者が優位に立ち、乗っ取り、皆のために社会を完全に破滅させることを防ぐ方法を示している。社会的ジレンマは、社会が、社会の利益と相反する場合に、そのメンバーが自らの利益を見捨てることをどのように保証するかを示している。社会的ジレンマには、集団行動問題、コモンズの悲劇、フリーライダー問題、軍拡競争など、さまざまな呼び名がある。私たちはこれら全てを使うことにする。

第2部では、私のモデルを完全に展開する。社会が機能するためには信頼が不可欠であり、社会的圧力はそれを達成する方法である。社会的ジレンマにおける協力を誘発する社会的圧力には、4つの基本的なカテゴリーがある。

  1. 道徳的圧力 社会的圧力の多くは、私たち自身の頭の中から生じている。私たちの多くは盗みをしないが、それは武装した警備員や警報機が物の山を守っているからではない。私たちが盗みをしないのは、それが間違っていると信じているからであり、盗みをすれば罪悪感を感じるからであり、規則に従いたいからである。
  2. 風評被害 これとはまったく異なる、より強力なプレッシャーが、私たちの行動に対する他人の反応から生まれる。評判の圧力は非常に強力で、個人も組織も悪い評判を立てられたくないので、集団規範に従わなければならないという大きなプレッシャーを感じる。
  3. 制度的な圧力 制度には規則や法律がある。これらは成文化された規範であり、その制定と施行は一般に委任されている。制度的圧力は、集団規範に従わない人に制裁を加え、時には従った人に報酬を与えることによって、集団規範に従って行動するように人々を誘導する。
  4. セキュリティ・システム セキュリティ・システムも社会的圧力の一形態である。これには、協力の誘発、離反の防止、信頼の誘発、遵守の強制を目的として設計されたあらゆるセキュリティ・メカニズムが含まれる。これには、ドアロックや高いフェンスのように離反者を防止するもの、警報システムや警備員のように離反者を阻止するもの、フォレンジックや監査システムのように事後的にしか機能しないもの、被害者がより早く回復し離反が起きたことを気にしなくなるようにする緩和システムなどがある。

パートIIIでは、このモデルを現実の世界で起こるより複雑なジレンマに適用する。まず、競合する利害関係の複雑さ全体について見ていくる。集団の利益対自己の利益だけでなく、人々は様々な利害を競合させている。また、社会的ジレンマを孤立した意思決定として見るのは簡単であるが、人々が利害の衝突を起こすことはよくあることだ。複数の集団の利害と複数の社会的ジレンマが同時に作用していることが一般的である。また、社会的圧力の効果は、誰かが離反を考えている理由によって異なることが多い。

次に、社会的ジレンマにおけるアクターとしての集団、すなわち一般的な組織、企業、そして制度について見ていくる。グループにはそれぞれ異なる利害関係があり、社会的圧力もそれぞれ異なる働きをする。このことは、特に複雑な企業や政府機関が存在する現代社会においては、重要な問題である。制度もまた異なる。現代社会では、社会的な圧力を直接的に実行することは稀である。多くの場合、私たちは誰かにそれを委任している。例えば、私たちは選挙で選ばれた議員に法律の制定を委任し、議員はその法律の実施をどこかの政府機関に委任している。

パート4では、社会的圧力がどのような形で失敗するかについてお話する。まず、テクノロジーの変化が社会的圧力、特にセキュリティにどのような影響を与えるかを見ていくる。そして、今日の社会、すなわち情報化社会の特殊性を見て、それがなぜ社会的圧力を変化させるのかを説明する。そして、社会的圧力の将来像を描き、社会的圧力が強すぎることによる社会的帰結を述べて締めくくる。

本書は、強制力に関する本格的な理論を構築し、強制力がどのように集団内のコンプライアンスと信頼を可能にするかについての私の試みである。私の目標は、新しい問いを提案し、分析のための新しい枠組みを提供することである。私は新しい視点と、何が可能かについてのより広範なスペクトルを提供する。視点は思考の枠組みであり、時には新しい問いを立てることがより大きな理解へのきっかけとなる。この本が、世界の仕組みを理解するための新しいフレームワークを提供できればと願っている。


話を始める前に、用語を定義する必要がある。私たちは常に信頼と安全について話しているが、私たちが使う言葉はついつい意味を過剰に持ちがちである。より正確を期すために。..そして、そうでなければ価値のある、あるいは軽蔑的な言葉にさえ見えるかもしれないものへの感情的な反応を一時的に停止する必要がある。

本書で使われている「社会」という言葉は、伝統的な社会に限らず、緩やかな共通の利害を持つ人々の集団のことを指す。近所の人々、国、特定のバスに乗る人々、民族や社会階級のような状況による社会にも適用される。友人のグループ、会員制組織、専門家集団など、選択の社会にも当てはまる。宗教、犯罪組織、企業の全従業員のような、それぞれの一部である社会にも適用される。家族から地球全体まで、あらゆる規模の社会にも当てはまる。人類はすべて社会であり、誰もが複数の社会の一員である。生まれつきのものもあれば、自由に選択できるものもある。私たちが参加できるものもあれば、招待されなければならないものもある。テロ組織、犯罪組織、賛同できない政党など、良いものもあれば悪いものもあり、多くはその中間にある。私たちの目的において社会とは、共通の属性の周りに組織された、相互作用する行為者の集団に過ぎない。

私はアクターと言ったが、人とは言わない。ほとんどの社会は人々で構成されているが、人々のグループで構成されていることもある。地球上のすべての国は社会である。ある産業に属するすべての企業は社会である。私たちは、個人の社会と集団の社会の両方について話をするつもりである。

社会には、集団の利益の集まりがある。これは社会の目標であり、方向性である。おそらく、民主的または独裁的な形式によって、あるいは集団によって非公式に、何らかの方法で社会によって決定される。国際貿易は集団の利益となり得る。食料を共有することも、交通法規を守ることも、奴隷を飼うことも(その奴隷は集団の一員とはみなされないと仮定して)可能である。企業、家族、地域社会、そしてテロ集団はすべて、それぞれの集団利益を持っている。これらの集団利益は、それぞれ一つ以上の規範に対応しており、その社会の各メンバーは何をすべきかということである。例えば、誰もが他人の財産権を尊重することは集団の利益である。したがって、集団の規範は、(少なくとも、集団の他のメンバーから)盗んではいけないということである9)。

社会におけるすべての人は、集団利益と対立する一つ以上の競合利益と、集団規範と対立する競合規範を潜在的に持っている。盗んではいけない社会の中で、どうしても盗みたい人がいるかもしれない。飢えていて、生きるために食べ物を盗まなければならないかもしれない。他人のものが欲しいだけかもしれない。これらは利己的な例である。彼は、何か競合する関係上の利益を持っているかもしれない。彼は犯罪組織のメンバーで、グループへの忠誠を証明するために盗む必要があるかもしれない。ここで、競合する利益は他のグループの利益かもしれない。あるいは、より高い道徳的な理由、すなわち競合する道徳的利益 (例えば、ロビン・フッドの原型)のために盗みをしたいかもしれない。

社会的ジレンマとは、すべての行為者が集団の利益と自分の競合する利益との間で行わなければならない選択のことである。集団の規範に従うか否かを決めるときの選択である。協力する人は協力し、しない人はしない。どちらも重みのある言葉であるが、ジレンマの結果としての行動だけを指している。

離反者とは、この本のタイトルにもなっている嘘つきやはみ出し者のことで、集団の中でその集団の規範に従わない人たちのことを指す。この言葉は、絶対的なモラルによって定義されるのではなく、集団の利益や集団の規範が何であれ、それに反対することである。離反者は、盗みはいけないことだと宣言している社会では盗みをするが、奴隷制を容認している社会では奴隷を逃がす手助けもする。社会が変われば離反者も変わる。離反は見る人の目の中にある。もっと言えば、みんなの目の中にある。旧東ドイツ政府の下で離反者だった人は、ベルリンの壁が崩壊した後、もうそのグループには入っていない。しかし、シュタージのような東ドイツの社会規範に従った人々は、新しい統一ドイツの中で、突然、離反者とみなされるようになった。

図1:本書で使用されている用語とその関係

犯罪者が離反者であることは明らかだが、その答えはあまりに安直である。誰もが少なくともある時期には離反する。それはダイナミックであり、状況的なものでもある。人はあることについては協力し、あることについては反目することがある。あるグループには協力的だが、別のグループからは離反することもある。人々は、今日協力し、明日反対することができる。また、明確に考えているときに協力し、パニックで反応しているときに反対することができる。人々は、自分のニーズが満たされているときには協力し、自分が飢えているときには反対することができる。

1960年、ノースカロライナ州の4人の黒人大学生がグリーンズボロにあるウールワースの5ポンドショップ内の白人専用ランチカウンターで座り込みをしたとき、彼らは犯罪者だった。サウジアラビアで車を運転する女性もそうである。イランでは同性愛者がそうだ。2011年にエジプトの政治体制を終わらせようとした抗議する人々もそうだ。逆に、パキスタンの子どもの花嫁は、5歳の女の子と結婚するケースがあるにもかかわらず、犯罪者とはみなされず、その親も犯罪者とはみなされない。サンディニスタと戦ったニカラグアの反政府勢力は、犯罪者、テロリスト、反乱軍、自由の戦士など、どちらを支持するか、紛争をどう見るかによって、その姿が変わってくる。アメリカではマリファナ吸引者や売人は公式に犯罪者であるが、オランダではそれらの犯罪は警察に無視される。著作権のある映画や音楽を共有する人は、たとえその行為に道徳的な正当性があったとしても、法律を破っていることになる。

離反は必ずしも政府が課した法律を破ることを意味しない。正統派ユダヤ教徒がハムとチーズのサンドイッチを食べるのは、彼の宗教の規則に違反している。マフィアが仲間を密告するのは、「沈黙の掟(オメルタ)」を破っていることになる。旅先で熱いシャワーを浴びて、村のお湯を使い果たす救援隊員は、知らず知らずのうちに、助けるべき人々の利益よりも自分の利益を優先している。

ここで問題にしたいのは、離反の全体的な範囲である。これは、離反者の数、離反の割合、離反の頻度、離反の強度(被害の大きさ)などからなる一般的な意味である。集団内の信頼の一般的なレベルに興味があるように、集団内の離反の一般的な範囲に興味がある。

社会的圧力とは、人々がある競合する規範とは対照的に、集団の規範に従うことを社会が保証する方法である。この用語は、社会が自分自身を守るために行うすべてのことを意味する。社会の仲間からも、社会の中で生活する非社会的なメンバーからも、である。より一般的には、社会が集団内の信頼関係を強化する方法である。

攻撃者と防御者という用語は非常にわかりやすい。捕食者は攻撃者であり、被食者は防御者である。しかし、この二つの用語は複雑に絡み合っており、時に混同されることがある。格闘技の試合を見ていると、相手の攻撃を防御しながら、同時に自分の攻撃も相手の防御をかいくぐることを望んでいるのがわかる。戦争では、一方が攻撃し、他方が防御するという政治的なレベルであっても、戦術的なレベルでは双方とも攻撃と防御を行う。これらの用語は価値中立的である。攻撃側には、家に侵入しようとする犯罪者、犯罪の黒幕の拠点を急襲するスーパーヒーロー、不運な人間の宿主に転移する癌細胞などがある。防御する側とは、侵入から家を守る家族、スーパーヒーローから隠れ家を守る黒幕、日和見病原体を飲み込む白血球の一団などである。

これらの定義は、本書を読む際に覚えておくとよいだろう。私たちは、セキュリティの議論に自分の感情を持ち込みがちであるが、ほとんどの場合、その根底にあるメカニズムを理解しようとしている。

オリバー・ノース、オスカー・シンドラー、ウラジーミル・レーニンのような有名な離反者を判断するには、時には歴史という冷静なレンズが必要なのである。

保護記事

限定公開・管理用

第17章 未来

社会は信頼なしには機能しない。複雑で相互接続されたグローバル社会は、多くの信頼を必要としている。私たちは、飛行機で隣に座り、機内で出された料理を食べ、着陸時に彼らのタクシーに乗るなど、直接関わる人々を信頼できなければならない。私たちが乗る飛行機や自動車がよく作られ、よく整備されていること、私たちが買う食品が安全でラベルが真実であること、私たちが住む場所や旅行先の法律が公正に執行されることなど、現代社会を可能にする組織や制度を信頼できるようになる必要がある。ATMネットワーク、電話システム、インターネットなど、あらゆる技術的なシステムが、どこにいても機能することを信頼できなければならない。ATMネットワーク、電話システム、インターネットが、どこにいても機能することを信じる必要がある。また、間接的に信頼することも必要である。まだ知らない人やまだ理解していないシステムを信頼する必要がある。信頼を信頼することが必要なのである。

これをすべて自分たちで実現するのは不可能である。私たちは日常生活を送る中で、何十万人もの人と直接関わり合い、何百万人もの人と間接的に関わり合っているが、これらを個人的に確認し、信用するかどうかを意図的に決定することは、始めることさえできない。それはあまりにも多すぎるし、そのすべてに出会うことはできない。また、仮に魔法のように人々を信頼することに決めたとしても、飛行機の安全性、現代の銀行、薬学といったものを信頼するための技術的・科学的な判断を下す専門知識は持ち合わせていない。

信頼について書いている経済学者のバート・ヌートブームはこう言っている「物や人を信頼することは、それらが私たちを裏切らないことを期待しながら、あるいは、そうなるかもしれないという可能性を意識せずに、そのリスクに身を委ねる意思を伴う」 この3つはすべて絡み合っている。リスクが軽微で、ほとんどの場合、考える必要もないほど軽微であることが予想されない限り、私たちはリスクを冒すことをいとわない。

それが社会的圧力の価値である。社会的圧力は集団規範の遵守、つまり協力を促すので、私たちは友人との親密な信頼関係をより大きなスケールで近似することができる。もちろん、それは完璧ではない。行動やシステムに対する信頼は、個人的な信頼ほど広くも深くもないが、十分なものである。社会の圧力は離反の幅を狭める。ある意味、社会的な圧力を信頼することで、個人を信頼するかどうかを見極める作業をする必要がなくなる。

社会的な圧力が社会全体の協調を誘発することで、私たちは少し警戒を解くことができる。人を信じることができる世界で生きることは、ストレスが少ない。一般的に、また資格によっては、人々は公平で、親切で、利他的で、協力的で、信頼できると仮定すれば、セキュリティについて常に心配するエネルギーを費やすのをやめることができる。そうすれば、たまに例外に遭遇して火傷しても、信じ続けた方が人生は快適になる1。

このことは、これまでそのメカニズムを分析したことがなくても、直感的に分かっている。しかし、社会的圧力のメカニズムは重要である。社会的圧力は、少数派のタカ派がいても、社会のハト派が繁栄することを可能にする。社会的圧力が社会を可能にする。

そして、歴史上最大の信頼格差にもかかわらず、おおむねうまくいっている。犯罪や無礼講、世界数カ国の政治体制の混乱など、離反に目を向けるのは簡単であるが、その証拠はあなたの周りにある。社会はまだここにあり、生きていて、動いている。信頼は一般的であり、公正さ、利他主義、協力、優しさも同様である。人々は自動的に見知らぬ人を攻撃したり、互いをだましたりしない。殺人、強盗、詐欺などはめったにない。

私たちは、残されたリスクに対処するために、数多くのセキュリティ・システムを備えている。私たちは、地域の街をどのように歩けばよいかを知っている。インターネットでの買い物の仕方も知っている。友人や見知らぬ人との接し方、夜間の鍵のかけ方、犯罪に対する予防策も知っている。私がこの本を書き、出版することができたこと、そして皆さんがこの本を買って読むことができたことは、私たちの社会的な圧力システムすべての証明である。私たちは時々間違うかもしれないが、大部分は正しく理解している。

同時に、離反者も多い。社会からの離反者はより強力になり、離反を続けるために社会的圧力を回避し、時には操作することを学んだ。彼らは技術革新の急速なペースを利用して離反の範囲を拡大し、一方、社会はそれに対して新しい社会的圧力を十分に速く実行することができないままである。社会的圧力は定期的に失敗する。

覚えておくべき重要なことは、「どんなセキュリティ・システムも完璧ではない」ということだ。技術的に進歩したこの社会では、何かができないことを認めるのは難しい。しかし、セキュリティにおいては、できないことがたくさんあるのだ。これは、恐怖に怯える理由でもなければ、必ずしも心配することでもない。これが普通の状態なのである。いいことかもしれない。生きていればリスクはつきものであり、常に異常値は存在する。仮に殺人事件の発生率を100万人に1人に減らしたとしても、アメリカでは毎年300人の不運な人々が殺されていることになる。

これは技術的な問題ではなく、社会的なプレッシャーは技術的な問題で満たされている。地球規模の気候変動、規制と統治、政治的プロセス、市民の自由、社会的セーフティネットなどである。歴史的には、集団の利害は関係者を中心に有機的に形成されるか、政府によって決定された。今日、集団の利益を理解するためには、科学的専門知識、新しい技術に起因する新しい社会構造、あるいは規模がさらに拡大した結果生じる異なる問題などがますます重要になってきている。

哲学者のシッセラ・ブロックは、「…信頼は、私たちが呼吸する空気や飲む水と同じように保護されるべき社会的善である」と書いている。「それが損なわれると、コミュニティ全体が被害を受け、破壊されると、社会が衰退し、崩壊する」より一般的には、信頼はソーシャルキャピタルの重要な構成要素であり、信頼の高い社会は、信頼の低い社会よりも多くの面で優れている。そして、今日の世界では、信頼のレベルは、ヒヒのレベルまで下がることはないものの、いたるところで変化している2。

私たちは今、社会の重要な岐路に立っている。今日のグローバル化するテクノロジーが生み出す新しい世界に対処するために、新しい社会システムを導入する必要がある。社会的な圧力が何をもたらし、何をもたらさないのか、なぜそれが機能し、失敗するのか、そして規模がそれにどのように影響するのかを理解することが重要である。そうすれば、私たちの社会に信頼を築き続けることができる。そうでなければ、寄生虫が宿主を殺してしまうだろう。

最後に、いくつかの点を指摘しておきたいと思う。

どんなに社会的圧力をかけても、離反者は必ず出てくる。複雑な生態系には必ず寄生虫がいるし、人間の協力や信頼のシステムには必ずそれを利用しようとする人間がいる。このことは、社会が人間で構成されている限り、変わらない。完璧な信頼や破られないセキュリティの可能性は、SFの世界の話であり、私たちが知っている人が生きている間には起こりえないことなのである。

社会的な圧力を高めることは、必ずしも価値があることではない。第10章で述べた収穫逓減の問題だけではない。歴史を振り返ると、集団規範への協力と適合を強制し、離反者を冷酷に取り締まり処罰し、市民の生活のあらゆる側面を監視する社会は、私たちが自由だと考える社会とは異なる。これは規範が集団の欲望を正確に反映しているか、トップダウンで押し付けられたものであるかに関わらず、言えることだ3。

これでよい。私たちは、信頼を維持するために社会的圧力が必要であることを繰り返し述べてきた4。これは絶対的な信頼を意味するものではないし、100%の協力を意味するものでもない。殺人率が十分に低く、スピード違反者が十分に少なく、警官の取り締まりが十分に稀である限り、社会は繁栄する。

社会的な圧力が協力を阻むこともある。罪を犯した人を罰することができないばかりか、罪のない人をも罰してしまうことがある。無実の人が無実の罪で有罪になったり、身に覚えのない評判を立てられたりする。そして、離反の範囲が十分に小さい場合、この誤検出は阻止された離反の試みよりも大きくなることがある。そのときこそ、ノブを戻すべきときなのである。

私たちは皆、ある物事に関して、ある時は離反する。単に利己的である場合もある。時には、もっと強力な別の自己利益があることもある。時には、ただ注意を払わないこともある。ある時は、集団規範に協力することを道徳が許さないだけである。また、別の集団やそれに関連する利益や規範に、より強い愛着を感じることもある。これでもいい。

素直に、無邪気に離反することもある。集団の規範は、私たちの生き方に対して厳しすぎることがある。私たちの普段の社会的交流の中でつくられる白々しい嘘は、人間関係を悪くするのではなく、より良いものにする。時にはアシスタントが上司のために書類に署名する必要があり、弁護士や会計士が無邪気に書類を遡及修正する必要がある。離反は社会的潤滑油の一種であり、小さな社会的不義理が皆の生活を楽にすることもある。

良い離反者と悪い離反者がいて、私たちはその違いを常に見分けることができるわけではない。私たちは、殺人犯は常に悪であり、民主化運動家は常に善であると知っているが、そのような真実主義でさえも、端から見ればほころびがある。米国によるオサマ・ビンラディン暗殺は善なのか悪なのか。エジプトなどの民主化デモが反米・反イスラエルであることはいいのか?イラクに駐留する米軍は、あなたが無事にアメリカにいるかどうか、あなたの娘が彼らの一人に殺されたばかりか、あなたが石油会社を所有しているかどうかによって、善にも悪にもなりうるのだ。多くの離反者は、自分たちが道徳的に正しいと信じている。実験室から動物を解放する動物権利活動家、ニカラグアのサンディニスタ、ドイツのナチスなど、例を挙げればきりがない。中国の天安門事件やアメリカの建国の父もそうだった。

この本を書いているとき、インターネットでこのたとえ話を偶然見つけた。

あるところに貧しい家庭の子供がった。貧しい家庭に生まれた子供がいて、人生に良い選択肢がなかったので、軍隊に入隊した。数年後、彼は紛争がはびこる、神に見捨てられた砂漠の前哨基地に配属された。それは、彼にとって最悪の任務であった。暑いし、危険だし。毎日、彼の存在と彼の制服を見ること自体を嫌う敵対的な民衆と一緒に暮らさなければならなかった。しかも、そこは反乱軍やテロリストがうようよしているところだった。

ある朝、兵士が出勤すると、その日は3人の有罪判決を受けた反乱軍の処刑を監督する任務に就いていた。兵士は首を横に振った。こんなことをするためにサインしたのではないのだ。彼の人生は本当に最悪だ「こんなことをしなければならないのに、給料が安い」と彼は思った。

彼はその日、神の子を処刑することになるとは知らない。彼はただ仕事に行き、時間を計り、頭を下げている。彼はただ生きていて、その日を乗り切り、ローマにお金を送ろうとしている。

社会的圧力のシステムでは、離反者の良し悪しを見分けることはできない。社会的圧力とは、社会が重なり合い、対立しながらも、社会が自分たちにルールを課す仕組みのことである。これらのルールは、人権の尊重や契約を履行するシステムのような良いものである可能性もある。そのルールは、奴隷制度や全体主義、迫害、儀式的殺人のような悪いものである可能性もある。あるいは、お見合い結婚、重税、飲酒、ダンス、マリファナ喫煙、BitTorrentによる音楽ファイルの共有の禁止など、ある社会からは良いと思われ、別の社会からは悪いと思われるルールもあり得る。社会的な圧力は、離反者がなぜ競合する利益を選択したかについてあまり考慮することなく、単に協力を強制する。これは、個人を危害や損失、社会的不公正から守るためには良いことであり、人々にとって良くない体制を守ったり、前向きな社会変革を妨げたりするためには悪いことである。

社会は離反者を必要としている。集団は、集団の規範に従わないメンバーがいることで利益を得ている。道徳的な理由やその他の理由で世論に抵抗する人々、つまりははみ出し者である。音楽、映画、本をインターネット上でコピーし、配信することによって、新しいビジネスモデルを発明する人たちである。コペルニクスやガリレオのように、天文学に関する教会の公式教義に異議を唱えた人たちである。最近の例では、気候変動に対する政府の責任に抗議するため、エネルギーオークションを妨害した人々もそうである。スクワッター、サバイバル、アーティスト、カルト、コミューン、仙人、オフグリッドやオフランドで暮らす人々など、社会の端っこで暮らす人々もそうである。2011年、米海兵隊のダコタ・メイヤーは、敵の攻撃を受けていた30人の仲間を救ったことで名誉勲章を受章した。彼はそのために命令に背いたのだ。

離反は、イノベーションのエンジンであり、多数派の健康を確保するための免疫学的挑戦であり、モノカルチャーのリスクに対する防御であり、多様性の貯蔵庫であり、社会変革の触媒となるものである。悪い社会規範や単に時代遅れの社会規範からの離反によって、社会は改善されるのだ。第2章に登場する「イタチ対ウサギの赤の女王効果」では、変化を促すのはイタチである。放っておくとウサギは改善しない。

これは重要なことだ。社会的圧力が守る社会は、必ずしも道徳的で望ましいとは限らない。実際、社会的圧力はかなりひどいものを守ることもある。そして、社会的圧力は、警察、政府機関、企業のセキュリティ部門など、必然的に制度化されるため、それらのひどい社会のひどい制度を正当化し維持するために利用されることがある。

内部告発者が、自国政府がラオスやカンボジアで違法な爆撃作戦を展開していることを証明する文書を公表しなければならないこともある。プルトニウム加工工場の労働者が、雇用主の不適切な安全対策について記者に連絡しなければならないこともある。また、黒人女性がバスの先頭に座り、立ち上がれないようにしなければならないこともある。離反者がいなければ、社会の変革は不可能であり、閉塞感が漂うだろう。

バランスを取るのは難しいが、私たちにはそれが可能だと思う。短期的には無理でも、長期的には可能である。歴史は、私たちがいかに頻繁に正しいことを行っているかを教えてくれる。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアはこう言っている。「歴史の弧は長い。しかし、正義に向かって曲がっている」5。

保護記事

限定公開・管理用

著者について

ブルース・シュナイアー氏は、セキュリティの人間的側面を研究する国際的に有名なセキュリティ技術者である。数百の記事、エッセイ、学術論文を執筆し、11冊の著書は合わせて40万部以上売れた。議会での証言やテレビ・ラジオへの出演も多く、マスコミにも頻繁に登場する。彼のブログと月刊ニュースレター(www.schneier.com)は、世界中で25万人以上の熱心な読者を獲得している。

「セキュリティ業界で最もロックスターに近い存在」

-レジスター誌

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました