ロバート・マローン子どものワクチン

76人の医師から英国政府への書簡
乳幼児へのコビッドワクチン接種を許可する米国FDAの決定が英国で起こってはならない包括的な理由

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Letter to the U.K. Gov from 76 Doctors

rwmalonemd.substack.com/p/letter-to-the-uk-gov-from-76-doctors

Robert Malone MD, MS

MHRAへの公開書簡

以下は、英国の76名の医師が署名しました、医療・ヘルスケア製品規制庁(MHRA)およびその他の英国政府関係者に宛てた書簡です。この書簡は、乳幼児へのコビッドワクチン接種を許可した最近の米国FDAの決定が、英国で起こってはならない包括的な理由を述べています。この書簡は、十分な情報源と正確さを備えています。米国と英国の主要メディアが、この書簡を偏りなく報道することを期待します。

(手紙の続き)

私たちは、FDAがファイザー社とモデルナ社のCOVID-19ワクチンの就学前児童への緊急使用許可を出したという発表について、緊急に書かせていただきます。

私たちは、SARS-CoV-2の変異株の毒性が徐々にではあるが顕著に低下していること、ワクチンの有効性が急速に低下しているという証拠が増えていること、長期にわたるワクチンの害に関する懸念が高まっていること、この若い年齢層の大多数がすでにSARS-CoV-2に繰り返し暴露されており明らかに有効な免疫を持っているという知識にもかかわらず、より若い子供たちにワクチンを接種するという動きを非常に慎重に検討していただきたいのです。したがって 2021年に高齢者や弱者にmRNAワクチンを展開することを支持した利益とリスクのバランスは 2022年の小さな子供には全く不適切です。

また、臨床的必要性が証明されていないこと、既知および未知のリスク(下記参照)これらのワクチンはまだ条件付き販売承認しか受けていないという事実にもかかわらず、COVID-19ワクチン接種を子どもの定期予防接種プログラムに追加することに強く異議を唱えます。

FDAに提出されたファイザーの文書には、提供された証拠に大きなギャップがあることは注目すべきことです。

  • プロトコルは試験の途中で変更された。当初の2回接種のスケジュールは、免疫原性が悪く、有効性は要求される標準をはるかに下回っていた。3回目の投与が追加され、その時点で当初のプラセボ投与者の多くがワクチン接種を受けていた。
  • 3回目の投与後でさえ、6-23カ月齢群および2-4歳児群のいずれにおいても、プラセボ群とワクチン接種群との間に統計的な有意差は認められなかった。驚くべきことに、この結果は、低年齢群ではわずか3人(ワクチン接種者1人、プラセボ2人)2-4歳児群ではわずか7人(ワクチン接種者2人、プラセボ5人)に基づくものであった。実際、低年齢群では信頼区間がマイナス367%からプラス99%にも及んでいた。製造元は、信頼できる結論を出すには、この数字は低すぎると述べている。さらに、この限られた数字は、3回目の投与から7日以上経過した小児の感染から得られたものである。
  • 初回投与以降の全期間(39ページ表19,20参照)において、ワクチン群では225人、プラセボ群では150人の感染児がおり、計算上のワクチン効果は25%(6〜23ヶ月では14%、2〜4才では33%)に過ぎない。
  • FDAが要求したオミクロンに対する追加免疫原性試験は、3回目の投与から1ヵ月後に合計66人の小児を検査したのみである(35ページ参照)。

FDAが、これが健康な子どもへのワクチン接種を決定するのに十分な根拠となると考えたことは、理解できません。安全性に関しては、データはさらに薄く、わずか1,057人の子どもたち(一部はすでに盲検化されていません)をわずか2カ月間追跡調査したのみです。注目すべきは、スウェーデンとノルウェーが5-11歳児に、オランダがCOVID-19をすでに接種した子どもたちに、このワクチンを推奨していないことです。デンマークの保健・医薬品局の局長は最近、「現在わかっていることでは、子どもたちへのワクチン接種の決定は誤りでした」と述べています。

以下に、このワクチン接種に対する圧倒的な反論をまとめます。

A. COVID-19による幼児へのリスクは極めて低い

  • ONSのデータによると 2020年と2021年の全体において、死亡診断書にCOVID-19が唯一の診断名として記載された1歳から9歳の子どもの死亡例は1件もない。
  • 2020年3月1日から2021年3月1日までのイングランドでの詳細な調査では、併発症がなく死亡した18歳以下の子どもはわずか6人だった。1~4歳の死亡例はなかった。
  • 子どもは大人よりも簡単にウイルスを排除する。
  • 子どもは効果的で強固で持続的な免疫反応を起こす。
  • オミクロンの変異株が登場して以来、感染症は一般にかなり軽快している。これはワクチン未接種の5歳未満児にも当てはまる。
  • 2022年6月までに、1-4歳児の89%がすでにSARS-CoV-2感染していると推定されるようになった。
  • イスラエルからの最近のデータでは、小児、特に5-11歳での感染後の免疫が長期にわたって優れていることが示されている。

B. ワクチン効果の低さ

  • 成人では、ワクチンの効果は時間の経過とともに低下し、一定期間ごとにブースターが必要であることが明らかになっている。特に、最新のオミクロンの変異株に対しては、ワクチンの効果が急速に低下している。
  • 小児では、12歳から17歳よりも5歳から11歳の方がワクチンの有効性が急速に低下しており、おそらく小児用製剤に使用される用量が低いことが関係しているものと思われる。ニューヨークで行われたある研究では、オミクロンに対する有効性は4〜5週間後にはわずか12%に低下し、2回目の接種後5〜6週間後には負の値になっていた。
  • ファイザー社の0-4s試験でも、2回投与後の有効性がマイナスになったため、試験プロトコルを変更する必要があった。3回目の投与後、7-30日目に有効性が示唆されたが、30日目以降のデータはなく、どの程度早く効果が薄れるかは不明である。

C. COVID-19ワクチンの小児に対する潜在的な有害性

  • 青少年および若年成人における心筋炎、特に2回目以降の男性における心筋炎について大きな懸念があり、香港における積極的な市販後調査において2,600人に1人と推定されている。青少年のmRNAワクチン接種後の心筋炎で、3-8ヶ月のフォローアップで心臓MRIによって示される持続的な心異常の新たな証拠は、これが「軽度で短期間」のものとは程遠いことを示唆している。より長期的な影響の可能性については、さらなる研究が必要であり、最も幼く脆弱な子供に関しては、予防原則の厳格な適用が必要である。
  • ワクチン接種後の心筋炎は、年長児よりも5-11歳児では少ないようだが、それでもベースラインより増加している。
  • ファイザー社の研究では、ワクチン接種を受けた小児の50%が、過敏症や発熱などの全身性の有害事象を経験している。心筋炎の診断は、年少児ではかなり困難だ。トロポニン値や心電図検査は記録されていない。発熱、ふくらはぎの痛み、CPKの上昇で入院した治験のワクチン接種児でも、D-ダイマー、抗血小板抗体、トロポニン値の報告はなかった。
  • ファイザーの5-11sの認可後の条件では、心筋炎を調べる研究を行うことが求められ、結果を報告するのは2027年までとされている。
  • 同じように懸念されるのは、まだ知られていない免疫系への悪影響である。0-4歳児試験では、COVID-19が「重症」とされたのは7名のみで、6名がワクチン接種、1名がプラセボ投与であった。同様に、感染を繰り返した12人の子供たちについては、10人がワクチン接種を受け、プラセボを受けたのは2人だけであった。これらはすべて小さな数字であり、抗体依存性増強(ADE)や免疫系へのその他の影響など、有害な影響を除外するにはあまりに小さすぎる。
  • また、抗原原罪の問題も未解決である。イスラエルの大規模な研究では、ワクチン接種後に感染した人は、感染後にワクチン接種した人よりもカバー率が悪かったことが注目される。モデルナ試験では、N-抗体はワクチン接種後の感染者の40%にしか見られなかったのに対し、プラセボ接種後の感染者では93%に見られた。
  • ワクチンによって自然免疫反応と適応免疫反応の両方が阻害される証拠がある。免疫機能が損なわれる可能性は、最も有能な自然免疫を持ち、今までに循環ウイルスによって効果的に訓練されてきた小児にとって悲惨なことであろう。
  • T細胞機能に悪影響を及ぼし、癌が増えないかどうかは全く未知数である。
  • また、生殖機能の面では、限られた動物での生体内分布試験で、脂質ナノ粒子が卵巣や精巣に濃縮されることが示された。成人の精子提供者では、精子数、特に運動精子の減少が認められ、接種後3ヶ月で減少し、4〜5ヶ月で減少したままである。
  • 成人でも、COVID-19による入院を上回る重篤な有害事象が発生しているとの懸念が高まっている。

D. インフォームドコンセントについて

  • 5-11歳児については、JCVIは「緊急性のない接種の提案」を推奨する中で、強制のない十分なインフォームドコンセントの重要性を特に指摘している。
  • この年齢層での接種率が低い中、「セラピー犬」の存在、スーパーヒーローの画像を含む広告、友人や家族を守るための子どもの予防接種に関する情報などは、すべて、十分に説明を受けて自由に与えられる同意という概念に明らかに反している。
  • COVID-19ワクチンで使用されている、標準的なワクチンとは異なる新規の技術について一般市民に説明する情報が完全に欠落しており、長期安全性データがないことを伝えていないことは、誤情報に近いものである。

E. 国民の信頼への影響

  • ポリオや麻疹など、より深刻な病気に対するワクチンは優先される必要がある。不必要で斬新な遺伝子ベースのワクチンを幼児に押し付けることは、予防接種プログラム全体に対する保護者の信頼を著しく損なう危険性がある。
  • ファイザーが提示したデータの質の低さは、この製品が認可された場合、製薬業界の評判を落とし、規制当局にも迷惑をかける危険性がある。

要約すると、若い健康な子供たちは、特にオミクロンの変種が登場して以来、COVID-19によるリスクは最小です。ほとんどの人がSARS-CoV-2ウイルスに繰り返し暴露されているにもかかわらず、元気でいるか、短期間の軽症で済んでいるのです。以上のように、ワクチンの有効性は短く、短期・中期のリスクは知られていますが、長期の安全性は不明です。小児における臨床的に有用な有効性のデータは乏しいか、存在しません。すでに認可されている年長児の場合、倫理的に疑問のある方法で推進され、小児予防接種プログラムの他の重要な部分が損なわれている可能性があります。

ごく少数の子どもたちは、有益性の可能性が有害性の可能性を明確に上回っているため、制限的なライセンスによってワクチン接種が促進される可能性がありました。予防原則にせよ、「何よりも害を成すなかれ」の教えにせよ、このようなワクチンは、小児期の定期予防接種プログラムにはふさわしくありません。

(署名):

  • Professor Angus Dalgleish, MD, FRCP, FRACP, FRCPath, FMed Sci, Principal, Institute for Cancer Vaccines & Immunotherapy (ICVI)
  • Professor Anthony Fryer, PhD, FRCPath, Professor of Clinical Biochemistry, Keele University
  • Professor David Livermore, BSc, PhD, Retired Professor of Medical Microbiology, UEA
  • Professor John Fairclough FRCS FFSEM retired Honorary Consultant Surgeon
  • Lord Moonie, MBChB, MRCPsych, MFCM, MSc, House of Lords, former Parliamentary Under-Secretary of State 2001-2003, formerCconsultant in Public Health Medicine
  • Dr Abby Astle, MA(Cantab), MBBChir, GP Principal, GP Trainer, GP Examiner
  • Dr Michael D Bell, MBChB, MRCGP, retired General Practitioner
  • Dr Alan Black, MBBS, MSc, DipPharmMed, Retired Pharmaceutical Physician
  • Dr David Bramble, MBChB, MRCPsych, MD, Consultant Psychiatrist
  • Dr Emma Brierly, MBBS, MRCGP, General Practitioner
  • Dr David Cartland, MBChB, BMedSci, General practitioner
  • Dr Peter Chan, BM, MRCS, MRCGP, NLP, General Practitioner, Functional medicine practitioner
  • Michael Cockayne, MSc, PGDip, SCPHNOH, BA, RN, Occupational Health Practitioner
  • Julie Coffey, MBChB, General Practitioner
  • John Collis, RN, Specialist Nurse Practitioner, retired
  • Mr Ian F Comaish, MA, BM BCh, FRCOphth, FRANZCO, Consultant Ophthalmologist
  • James Cook, NHS Registered Nurse, Bachelor of Nursing (Hons), Master of Public Health
  • Dr Clare Craig, BMBCh, FRCPath, Pathologist
  • Dr David Critchley, BSc, PhD in Pharmacology, 32 years’ experience in Pharmaceutical R&D
  • Dr Jonathan Engler, MBChB, LlB (hons), DipPharmMedDr Elizabeth Evans, MA (Cantab), MBBS, DRCOG, Retired Doctor
  • Dr John Flack, BPharm, PhD, retired Director of Safety Evaluation at Beecham Pharmaceuticals and retired Senior Vice-president for Drug Discovery SmithKline Beecham
  • Dr Simon Fox, BSc, BMBCh, FRCP, Consultant in Infectious Diseases and Internal Medicine
  • Dr Ali Haggett, Mental health community work, 3rd sector, former lecturer in the history of medicine
  • David Halpin, MB BS FRCS, Orthopaedic and trauma surgeon (retired)
  • Dr Renée Hoenderkampf, General Practitioner
  • Dr Andrew Isaac, MB BCh, Physician, retired
  • Dr Steve James, Consultant Intensive Care
  • Dr Keith Johnson, BA, DPhil (Oxon), IP Consultant for Diagnostic Testing
  • Dr Rosamond Jones, MBBS, MD, FRCPCH, retired consultant paediatrician
  • Dr Tanya Klymenko, PhD, FHEA, FIBMS, Senior Lecturer in Biomedical Sciences
  • Dr Charles Lane, MA, DPhil, Molecular Biologist
  • Dr Branko Latinkic, BSc, PhD, Molecular Biologist
  • Dr Felicity Lillingstone, IMD DHS PhD ANP, Doctor, Urgent Care, Research Fellow
  • Dr Theresa Lawrie, MBBCh, PhD, Director, Evidence-Based Medicine Consultancy Ltd, Bath
  • Katherine MacGilchrist, BSc (Hons), MSc, CEO/Systematic Review Director, Epidemica Ltd.
  • Dr Geoffrey Maidment, MBBS, MD, FRCP, Consultant physician, retired
  • Ahmad K Malik FRCS (Tr & Orth) Dip Med Sport, Consultant Trauma & Orthopaedic Surgeon
  • Dr Kulvinder Singh Manik, MBBS, General Practitioner
  • Dr Fiona Martindale, MBChB, MRCGP, General Practitioner
  • Dr S McBride, BSc (Hons) Medical Microbiology & Immunobiology, MBBCh BAO, MSc in Clinical Gerontology, MRCP(UK), FRCEM, FRCP (Edinburgh). NHS Emergency Medicine & Geriatrics
  • Mr Ian McDermott, MBBS, MS, FRCS(Tr&Orth), FFSEM(UK), Consultant Orthopaedic Surgeon
  • Dr Franziska Meuschel, MD, ND, PhD, LFHom, BSEM, Nutritional, Environmental and Integrated Medicine
  • Dr Scott Mitchell, MBChB, MRCS, Emergency Medicine Physician
  • Dr Alan Mordue, MBChB, FFPH. Retired Consultant in Public Health Medicine & Epidemiology
  • Dr David Morris, MBChB, MRCP(UK), General Practitioner
  • Margaret Moss, MA (Cantab), CBiol, MRSB, Director, The Nutrition and Allergy Clinic, Cheshire
  • Dr Alice Murkies, MD FRACGP MBBS, General Practitioner
  • Dr Greta Mushet, MBChB, MRCPsych, retired Consultant Psychiatrist in Psychotherapy
  • Dr Sarah Myhill, MBBS, retired GP and Naturopathic Physician
  • Dr Rachel Nicholl, PhD, Medical researcher
  • Dr Christina Peers, MBBS, DRCOG, DFSRH, FFSRH, Menopause specialist
  • Rev Dr William J U Philip MB ChB, MRCP, BD, Senior Minister The Tron Church, Glasgow, formerly physician specialising in cardiology
  • Dr Angharad Powell, MBChB, BSc (hons), DFRSH, DCP (Ireland), DRCOG, DipOccMed, MRCGP, General Practitioner
  • Dr Gerry Quinn, PhD. Postdoctoral researcher in microbiology and immunology
  • Dr Johanna Reilly, MBBS, General Practitioner
  • Jessica Righart, MSc, MIBMS, Senior Critical Care Scientist
  • Mr Angus Robertson, BSc, MB ChB, FRCSEd (Tr & Orth), Consultant Orthopaedic Surgeon
  • Dr Jessica Robinson, BSc(Hons), MBBS, MRCPsych, MFHom, Psychiatrist and Integrative Medicine Doctor
  • Dr Jon Rogers, MB ChB (Bristol), Retired General Practitioner
  • Mr James Royle, MBChB, FRCS, MMedEd, Colorectal surgeon
  • Dr Roland Salmon, MB BS, MRCGP, FFPH, Former Director, Communicable Disease Surveillance Centre Wales
  • Sorrel Scott, Grad Dip Phys, Specialist Physiotherapist in Neurology, 30 years in NHS
  • Dr Rohaan Seth, BSc (hons), MBChB (hons), MRCGP, Retired General Practitioner
  • Dr Gary Sidley, retired NHS Consultant Clinical Psychologist
  • Dr Annabel Smart, MBBS, retired General Practitioner
  • Natalie Stephenson, BSc (Hons) Paediatric Audiologist
  • Dr Zenobia Storah,MA (Oxon), Dip Psych, DClinPsy, Senior Clinical Psychologist (Child and Adolescent)
  • Dr Julian Tompkinson, MBChB MRCGP, General Practitioner GP trainer PCME
  • Dr Noel Thomas, MA, MBChB, DCH, DObsRCOG, DTM&H, MFHom, retired doctor
  • Dr Stephen Ting, MB CHB, MRCP, PhD, Consultant Physician
  • Dr Livia Tossici-Bolt, PhD, Clinical Scientist
  • Dr Carmen Wheatley, DPhil, Orthomolecular Oncology
  • Dr Helen Westwood MBChB MRCGP DCH DRCOG, General Practitioner
  • Mr Lasantha Wijesinghe, FRCS, Consultant Vascular Surgeon
  • Dr Damian Wilde, PhD, (Chartered) Specialist Clinical Psychologist
  • Dr Ruth Wilde, MB BCh, MRCEM, AFMCP, Integrative & Functional Medicine Doctor
タイトルとURLをコピーしました