虫を食べさせる
Let Them Eat Bugs

グローバルリサーチ昆虫食

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

デビッド・ロブ

グローバルリサーチ、2023年1月4日

www.globalresearch.ca/let-them-eat-bugs/5803665

カナダ・フリー・プレス2023年1月1日

世界のエリートたちは、食料源としての昆虫に大きな関心を寄せている。自分たちのためではなく、むしろ私たちのために。虫を食料源とすることで、新鮮な野菜や果物、牛や豚や鶏など、現在の食料を自分たちのために確保できるのはついでだ。しかし、本当に虫を食べて人間にとっていいことなのか?

虫を手にいれる

虫というと、コオロギやバッタ、ゴキブリなど、繁殖が早く、質量も比較的大きく、あらゆる植物性廃棄物を食べて虫に変えてくれる昆虫が注目されてきた。有機物の塊を短時間で食材に変えるには良い方法だと思うが、他にも考慮すべきことがある。

哺乳類のように骨格が内側にあり、柔らかい部分は外側にあるのではなく、カニやロブスターのように殻が骨格となり、栄養のある柔らかい部分は内側で保護されている。外側のカリカリした食感は、朝食のシリアルに似ていると思う人もいるかもしれないが、ちょっと問題がある。

これは、カニの殻を丸ごと食べるようなもので、カニも昆虫も同じように消化できない物質を使っている。カニの殻も昆虫の殻も、人間が扱えない難消化性物質でできている。昆虫は殻が大部分を占めているので、その大部分は栄養価がないことになり、食品としての価値は低くなってしまうのだ。

機能…

鶏、豚、牛、魚などの動物には、虫の殻を有用な食品に変えるために必要な酵素が消化器官に備わっている。牛のように腸内の有用微生物に頼るものもあれば、酵素を直接作り出すものもある。このような自然な食品加工プロセスを経ることで、虫の栄養価は人間の目から見て大きく向上する。

「グレート・リセット」食卓に食べ物はあるのか?

システムの不具合

鶏や豚、牛のいる伝統的な農場で過ごしたことのある人なら、こうした変換過程を目の当たりにしたことがあるだろう。鶏がおいしいコオロギを捕まえて槍で刺すのを見るだけで、その食欲がわかる。人間と違って、虫食は何百万羽もの鶏を幸せにする。幸せな鶏は生産的な鶏だ。

また、副産物として、グアノや糞などの生物由来の排泄物には、ミネラルなどの植物の栄養分が豊富に含まれており、植物の生育に役立つ肥料となる。人間の下水道で処理されるような消化不良のゴミではなく、この生物由来の前処理によって、循環型の有機物が得られ、持続可能な農業に貢献することができる。

もちろん工業的な解決策もある。消化酵素は、遺伝子組み換えのバクテリア発酵槽などさまざまな方法で大量生産できる。この酵素を虫のマッシュに加えて、消化できない殻の材料を人間が使えるものに変えることができる。

味をよくするために香料を入れたり、おがくずを入れたりして、食感や繊維質を改善する。一晩で新しい食品加工産業が生まれるかもしれない。加工食品という言葉にも新しい意味が加わるだろう。

出典:www.saltbushclub.com

逆転の発想

肉汁の有無にかかわらず、虫を潰したものに加えて、虫を乾燥させて粉にし、虫パン、虫ケーキ、虫プチフール、虫クッキーなどを作ることができる。さらに、カリカリの虫フライ、虫バーガー、虫サラダ、虫シチューなど、さまざまな料理ができるだろう。虫料理の新しい流派が形成され、虫を口にするだけでなく、気持ちよく食べられるようにしようとするのだが、エリートたちはその意思を押し付けようとする。

虫のマッシュを発酵させ、飲料を作り、さらに虫を消費できる物質に変えることもできるかもしれない。「虫ジュース」という言葉にまったく新しい意味が加わるだろう。すでに存在するさまざまな発酵の副産物に加え、さらに多くの副産物が生まれることになる。

邪魔しないで

なぜ虫なのだろうか。多くの人が知っているように、虫を食べさせるというエリートの魅力は、栄養や「地球を救う」といった前向きな目的ではなく、むしろ権力と支配を示すことにあるようだ。食物の生産と消費は生命の基本であり、人類の歴史は、大部分が食物を確保し生産する歴史だった。地域の料理は、地元の材料を消費できる食材に変えるために人々が行った適応を反映しているのである。

また、漬物や乾燥などの保存食は、食糧難の時代が長かったために生まれたものだ。食材が昆虫に限定されれば、その食材に興味や楽しみを見出すのは当然であろう。

Sic semper tyrannis

「Sic semper tyrannis 」は、ラテン語で、「Thus always to tyrants」と訳される言葉である。これは、歴史上、抑圧的な支配者に反対を表明した際に使われてきた政治的スローガンである。最も有名なのは、1865年にフォード劇場でリンカーン大統領を暗殺した後にこの言葉を叫んだジョン・ウィルクス・ブースの言葉である。しかし、この言葉はもっと長い歴史を持っており、何世紀にもわたって様々な団体や個人が専制政治や抑圧に反対する意思を表明するために使ってきた。

いや、虫を食べることを強要するのは、これまで主に下等動物や自暴自棄の人々の食べ物であった食材を強制的に摂取させられることによる心理的効果に尽きるようだ。栄養上の利点ではなく、その屈辱的価値のために推進されている。腐肉を食べることを強制されるのは、生の糞を食べることを強制されるのと同等のことだ。明らかなことは、「エリート」が一般人を軽蔑することである。

この言葉は、当時のエリートの傲慢さを雄弁に物語るものであった。そのエリート貴族がどうなったかは知っての通りだ。彼らは自分たちの権力と特権に安住していた。その権力が幻想であること、革命という太陽によって霧散したことに驚いている。

このように、人類に不要な食品を強制的に摂取させようとする試みは、結局のところ失敗に終わる。仮に成功したとしても、人類共通の創意工夫によって、これまで何度も行われてきたように、その原因をポジティブなものに変えることができるだろう。それは、人間の無敵の精神の究極の表現であり、ほとんど些細な文章に凝縮されている。「人生にレモンを渡されたら、レモネードを作れ」

精鋭たちよ、私たちの業を見よ、そして泣け。


デイビッド・ロブは、実践的な科学者であり、麻薬やその他の禁制品を検出するための新しいセキュリティ技術を開発する小さな会社のCTOである。 TheBlueStateConservativeやAmerican Thinkerで幅広く記事を発表している。

画像はCanada Free Pressより引用

この記事のオリジナルはCanada Free Press。

著作権 © デイビッド・ロブ、カナダ・フリー・プレス、2023年

その他

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました