3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争アンチウォードットコム

ベトナムからウクライナへの教訓
Lessons from Vietnam for Ukraine

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

original.antiwar.com/rick_sterling/2022/07/28/lessons-from-vietnam-for-ukraine/

リック・スターリング著 投稿日時

1965年4月、アメリカのリンドン・ベインズ・ジョンソン大統領(LBJ)は、アメリカのベトナムへの関与をエスカレートさせる理由を説明した。LBJは、 「征服なき平和」と題し、アメリカによるベトナムへの空爆を開始することを宣言し、オーウェル的なタッチで演説を行った。そして、「すべての国が自らの運命を切り開くことができる世界に生きるためには、我々は戦わなければならない。そのような世界においてのみ、我々自身の自由は確保されるのである。その誓いを破り、この小さく勇敢な国を敵に見放し、その後に続くであろう恐怖を見過ごすことは、許しがたい過ちである。」

ベトナムをその運命に委ねることは、アメリカのコミットメントの価値とアメリカの言葉の価値に対する、すべての人々の信頼を揺るがすことになるだろう。」ジョンソンはさらにこう説明した。

朝鮮戦争の失敗と大量殺戮を教訓に、米軍はベトナムへの空爆を開始し、数十万人の兵士を送り込んだ。

当時、1965年の春には、約400人の米兵が戦死していた。この戦争は、まだ広く不人気だったわけではない。ベトナム戦争に反対するアメリカ人は少数派であった。マーティン・ルーサー・キング牧師がベトナム戦争を糾弾するのは、それから2年後のことである。

数年後、数十万人が徴兵され、数万人が死亡した後、この戦争は広く不人気となった。最終的に、5万8千人以上のアメリカ人と300万人のベトナム人市民と兵士が戦争で死んだ。人命と資源の浪費という点で、その代償は計り知れない。LBJが築き上げようとした「偉大なる社会」は、ベトナム戦争への人命、エネルギー、資源の流用によって阻止されたのである。

今日、米国とNATOがロシアの軍事介入に対抗するため、ウクライナに何百億ドルもの武器を投入していることと類似している。 米国と西側の同盟国は、情報と軍事的アドバイスにおいてさらなる支援を行っている。正式な米軍はまだ存在しないが(最初の数年間はベトナムにいなかったように)、特殊作戦やその他多くの軍事支援が行われている。

バイデン大統領と政権幹部は、ベトナム戦争初期のリンドン・ベインズ・ジョンソン大統領と似たようなことを言っている。バイデン氏は、ウクライナへの追加資金援助を求める議会での発言で「自由のために戦うウクライナを支援するためにこの法案が必要だ。…..」「この戦いにかかる費用は決して安くはないが、侵略に屈することは、それを許せばもっと高くつくことになる 」と述べた。米国の目標はウクライナの「自由」だけではないことを明確にし、バイデンはこう続ける。「ウクライナの自由と安全に投資することは、ロシアの侵略を罰し、将来の紛争のリスクを減らすために払うべき小さな代償だ 」と。

ベトナムでもウクライナでも、アメリカは「敵対国」に対抗するために親米政権を樹立したり、推進したりした。1950年代、米国はベトナムで、戦争なしに国を統一できたはずの国民投票を阻止した。2014年、米国はウクライナのクーデターを推進し、民主的に選ばれた政府を転覆させ、クリミアの分離独立とウクライナ東部の内戦を引き起こした。欧米ではウクライナ紛争は今年2月に始まったと思っている人が多いが、実は2014年2月に始まっている。2016年のドキュメンタリー映画 「Ukraine on Fire 」は YouTubeで放送禁止になった、クーデターの様子を描いたものである。

欧米のメディアは、1968年のテト攻勢が嘘と現実を暴くまで、東南アジアでの戦争にアメリカと南ベトナムが勝利したように描いていた。同様に、西側メディアは、ウクライナ人が圧倒的なウクライナ国民の支持の中で戦争に勝利したことを描いている。現実には、ロシアと分離派のドネツク人民共和国(DPR)、ルガンスク人民共和国(LPR)がウクライナ南東部を着々と支配している。一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は、反対派の投獄、 拷問、殺害を監督している。最大野党は 追放された。多くのウクライナ人は、彼の政策と戦争の継続に反対している。南ベトナムと同じように、大統領暗殺の噂もある。

ウクライナ人は、南ベトナムのように、アメリカの地政学的目標のための大砲の餌になっている。

1965年のLBJのエスカレーションは、巨大で費用のかかる誤りであったことは、今となっては明らかである。 この無益な戦争は、ベトナム、カンボジア、ラオスに甚大な損害を与えた。また、アメリカ国内にも甚大な悪影響を及ぼした。

米国と同盟国はウクライナでの紛争をエスカレートさせ続け、ロシアを傷つける目的で地球の裏側まで介入する「二番煎じ」をするのだろうか。私たちは、ベトナムとそれに続く過去40年間のアメリカ/西洋の外交政策の失敗から何も学んでいないのだろうか?

 

リック・スターリングは、サンフランシスコのベイエリアを拠点とするインディペンデント・ジャーナリスト。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました