グローバルリサーチ政治・経済

安倍晋三の遺産 | 腐敗と絶望的な日本経済
Legacy of Shinzo Abe: Corruption and Hopeless Japanese Economy

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.globalresearch.ca/legacy-shinzo-abe-corruption-hopeless-japanese-economy/5788693

Joseph H. Chung 教授
グローバルリサーチ、2022年08月03日

はじめに

この10年間、世界は安倍晋三の日本や世界における堂々たる政治的パフォーマンスに、好奇心と心配と賞賛の念を持って見守ってきた。

今、彼はもういない。彼の旅立ちを悲しむ人もいれば、彼の死によって安堵する人もいるだろうし、彼の不在によって不安になる人もいるだろう。

日本、韓国、中国、そして世界の人々の反応は、彼がどんな人物で、どんなことをしたのか、それぞれの国や人々に与える影響によって、大きく異なるだろう。

したがって、国民が安倍晋三の遺産をどのように選び、どのように評価するかは、さまざまである。

私としては、安倍晋三はアベノミクスと日本の再軍国主義という2つの遺産を残した。この2つの遺産は生き残るのか、と多くの人が問う。私の考えでは、どちらも日本の将来を不透明にするために生き残るだろうと思っている。

本稿では、安倍首相が残した経済的遺産のみを取り上げる。日本の再軍国主義化というレガシーについては、別の論文の対象とする予定である。

本稿では、これらの問題点を中心に解説する。

  • 日本経済の病巣の正体
  • リーダーシップの腐敗
  • 資産バブルと腐敗
  • 日本経済の構造的な弱点
  • 結論

日本経済の病巣の正体

アベノミクスに取り組む前に、日本経済の問題の本質を議論することが重要だと思われる。戦後の日本経済のパフォーマンスは、世界の羨望の的であった。1950年代は年率20%、1960年代は9.2%、1970年代は4.5%、1980年代は5.0%であった。ところが、1990年代に入ると、突然、1.72%まで急降下した。1990年代以降、年率1%程度のGDPである。日本では、しばしばGDPがマイナス成長になることがある。

1980年代に5.0%あったGDP成長率が、1990年代には1.72%にまで落ち込んだことは、まさに信じがたいことであった。これをどう説明したらいいのだろう。1980年代、日本のGDPはアメリカのGDPの4割もあったのだ。これにはアメリカ人も驚いていた。日本は世界第2位の経済大国だったのだ。

その要因はいろいろあるだろうが、私の知る限り、基本的な要因は指導者の腐敗である。1980年代の資産価格のメガ・インフレーション、1989年のバブルの爆発、日本経済の構造的問題への対処の失敗などが重要な要因になり得るというのが、私の主張である。しかし、これらの要因は、そもそも指導者の腐敗に起因している。

日本型リーダーシップの腐敗

Kishi-Nobusuke-1.jpg

日本経済の奇跡は、政治家、大企業、官僚の三位一体による明治モデルの産物であった。このモデルは、1957年に自民党の首相となった岸信介によって1950年代に採用された。このモデルは「黄金の三角形」モデルとして知られている。

このモデルは、1970年代に朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が韓国で採用したもので、漢江の奇跡の背景には、このモデルがあった。

このモデルのダイナミズムは、協力から共謀へと発展し、最終的には「腐敗共同体」の確立に至る。この共同体では、大企業、主要な政治指導者、有力な官僚からなる寡頭政治が中核的なグループとなる。寡頭政治の中での役割は様々である。大企業は、共同体の活動に資金を提供し、主要な国家政策に自分たちに有利な影響力を行使することである。政治家の役割は、企業のニーズに合わせて法律や規制などを成立させることである。そして、その政策を実行するのが官僚の役割である。

腐敗したコミュニティでは、中核的なグループとつながり、しばしば違法または不道徳なコミュニティ活動から利益を得ている周辺グループが見受けられる。

腐敗したコミュニティの存続は、メディアと司法制度に依存している。メディアの役割は、共同体のためのプロパガンダを作成し、違法で非道徳的な活動を隠すことである。司法制度の役割は、一方では反体制派を罰し、他方では腐敗共同体のメンバーの悪事を見逃すことである。

腐敗共同体は社会にとって脅威である。なぜなら、人々の利益を犠牲にして共同体の自己利益を促進するために働くからである。オリガルヒは、自分たちにとって良いことは、すべての人にとっても良いことだと考えているようだ。

日本では、岸信介-安倍晋三ラインの政治経済勢力が率いる極右保守派が、岸信介が自民党の首相になった1957年以来、5年間を除いて毎年日本を支配している。

岸信介は、1930年代の満州を支配した最も残酷で人種差別的な支配者の一人である。安倍晋三の母方の祖父にあたる。第二次世界大戦中、東条英機の右腕であった。彼はA級戦犯である。

自民党員の腐敗を示す事象を以下に列挙する。

1948:芦田均首相(民主)の下で閣僚を務めていた来栖武男が、昭和電工から賄賂を受け取ったとして、他の有力政治家とともに逮捕された。

1962:安倍文夫元閣僚(自民党)(安倍晋三とは無関係)、鉄鋼会社に高速道路建設の今後の方向性に関する機密情報を提供したとして逮捕され、6000米ドルの晩餐会でもてなされる。さらに、48万ドルを受け取った。安倍首相はこれらをすべて否定し、職を辞した

1964:岸信介の弟で元総理大臣の佐藤栄作(自民党)は、「黒い霧」と呼ばれるほど多くのスキャンダルを起こしていた。佐藤率いる自民党は、財界から金をゆすり取っていた。衆議院議長が銀行振り込み詐欺のスキャンダルに巻き込まれた。

1976: 田中角栄元首相(自民党)、米ロッキード社製飛行機購入疑惑で逮捕。

1989年 リクルート事件:リクルートは労働者派遣業、不動産業などを営む会社である。同社は上場前の株を120万ドルという低価格で多くの政治家に売却し、政治家が高値で株を売って大儲けすることを可能にした。これは政治家への隠れた賄賂であった。中曽根康弘氏(1982-1987)、竹下登氏(1987-1989)という自民党の元首相2人が関与していた。

1989年:藤波辰爾(元官房長官、自民党)が、リクルートから4000万円と未公開株を受け取ったとして有罪判決を受ける。

1992年 自民党のキングメーカー金丸信氏が、暴力団との関係で議員辞職に追い込まれる。

1993年:建設会社から賄賂を受け取ったとして、元防衛庁長官・金村信が逮捕される

1998年大蔵省(自民党)の元職員、大槻洋一氏が自宅マンションを捜索され、ネクタイで首を吊った。

1998年:自民党の元政治家、 荒井昭慶氏が証券会社からの収賄で逮捕が近いことを知り、東京のホテルで首つり自殺。

1999:小渕恵三内閣の鈴木宗男副大臣(自民党)が外務省に圧力をかけ、日露友好のための資金を調達。2002年、北海道の2社から収賄容疑で逮捕される

2001年:越森幸雄(前奥尻町長)が収賄容疑で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けるが、執行猶予がつく。

2003-2006:安藤忠雄(三崎県知事)談合事件で有罪判決

2017:文部科学省(自民党)の63人もの現役職員が、定年後の大学での仕事を保証するために密かに大学と交渉していた。

2018:岡山大学は正当な理由に反して獣医学部を開設した。安倍晋三 首相が許可したのは、同大学の加計孝太郎学長が首相と親しいからだと主張された。

2019年:竹田恒和・前東京オリンピック委員会会長が、アフリカのIOC委員に230万米ドルのブラインが贈られたスキャンダルに関与したとして辞職。

2019年12月安倍晋三が統合型リゾート(IR)推進責任者に任命した自民党国会議員、秋元司が中国の賭博場から賄賂を受け取ったとして起訴される。罰金33,610米ドルを科される。

2020年 1月吉川貴盛元農相(自民党)が鶏卵生産業者からの収賄で起訴される。

2020年3月安倍晋三元首相と昭恵夫人の土地取引疑惑で財務省職員が公文書改ざんを強要し、夫が自殺したとして、赤木正子さん(元財務省職員、自民党)の未亡人が国を相手取り提訴した。

2020年5月。安倍晋三の親友である東京高検検事長の黒川弘務は、定年を延長し、長く在職できるような制度に変更しようとした。しかし、違法賭博が発覚し、退任せざるを得なくなった。

2020年6月川井克行・元法務大臣(自民党)と妻の杏里が 2019年1月の参院選で杏里の選挙活動中に広島の地元政治家94人に28万米ドルを分配した。河合克之は懲役3年。

2020年8月中国の賭博場から300万円の賄賂を受け取ったとして起訴された秋元梢 元議員の裁判で、会社役員3人が証人買収の容疑で逮捕される。

2021年 2月メディア企業から高額な会食やタクシー券を受け取ったとして、総務省職員11名が戒告処分を受ける

2021年菅原一秀・元通産相(自民党)が33団体と29個人に4,800米ドルを収賄したとして起訴される。2021年、半年で収賄容疑で辞職に追い込まれた議員が4人。

ここで紹介したのは、報告された汚職の事例だ。これらのケースは、汚職の巨大な氷山の一角に過ぎない可能性が高い。

自民党の腐敗を示す指標はほかにもある。例えば、政治王朝や自民党の権力独占は、腐敗の追加的な指標である。

日本では、政治の家系継承は国政の世界では不可欠な要素である。戦後、日本の総理大臣のうち、政治的背景を持たない人は10%しかいない。45%もの首相が父親からその席を受け継いでいる。

日本は自由民主主義国家であるとされている。自由民主主義国の基本的な条件の一つは、政府のパフォーマンスの質によって政権が交代することである。汚職の程度と政権の寿命に正の相関があることは、政治的事実として知られている。

なぜなら、政党が長く政権を維持すれば、政府のメンバーが国民の利益を犠牲にして、自分の個人的またはグループ的な利益に有利な法律や規制を推進したくなるのは避けられないからである。

2020年現在、1945年以来75年のうち、自民党が日本を支配したのは70年である。このような状況では、腐敗は避けられない。世界で最も本格的な自由民主主義国家の一つであるカナダでさえ、自由党が10年間政権を維持したとき、オタワでは腐敗の兆候が見られた。

指導者の腐敗を示す世界的な指標はあるのだろうか。私は、首相の寿命がそのような指標になると考えている。日本では、首相官邸が「回転ドア人事首相官邸」と呼ばれるほど、首相が頻繁に入れ替わる。

「」

1946年から2022年まで、日本には34人の総理大臣がいた。安倍晋三は2006-2007年と2012-2020年の2回、総理大臣を務めた。吉田茂も2回(1946-1947年、1948-1954)首相を務めた。

34人の首相のうち、2年以上首相の座を維持できたのは13人しかいない。

3年以上総理大臣を続けたのは、全部で6人しかいない。吉田茂(6年:1948-1954)、 岸信介(3年:1957-1960)、池田勇人(4年:1960-1964)、佐藤栄作(8年:1964-1972)小泉純一郎(5年:2001-2006)、安倍晋三(8年:2012-2020)である。

この6人の首相が日本を統治した期間は34年である。したがって、28人の首相が36年間日本を統治したことになり、この28人の首相は1.28年間しか統治していないことになる。

わずか65日間しか総理大臣を務まらなかったという不名誉な総理大臣もいた。石橋湛山(1956年12月23日〜1952年2月25日)である。69日間の首相もいた。宇野宗佑(1989年1月3日〜1989年8月10日)である。

興味深いのは、その理由である。回転ドア人事の首相官邸には、いくつかの理由が考えられる。しかし、主な理由は、賄賂、影響力の売り込み、政府情報の違法な拡散、セックススキャンダル、あらゆる種類のキックバック、違法な職責任命、その他多くの自民党政治家の違法または不道徳な行為に関わる様々なスキャンダルに関与していることであろう。

また、自民党内の派閥争いも、首相が短命である大きな要因の一つである。

自民党には、7つの派閥がある。清和、麻生太郎、平成、公明(岸田)、あたらしい波、石田茂、番町政策分析研究所。

この7つの派閥の中で、最も古く、最も大きく、最も強力なのが清和派である。安倍晋三の一族が支配してきた。この派閥は、最近、安倍晋三が指名した 細田博昭が運営している。さらに、清和派は、最も極右的な派閥である。新潮社も極右派閥であるが、マイナーな派閥である。

ある意味で、日本の首相の寿命は、首相がどの派閥に属し、その派閥の利益にどれだけ奉仕し、促進するかにも左右される。日本の政治家にとって、一般の日本人の幸福を追求することは、あまり意味のないことのように思われる。

安倍晋三が総理大臣を長く続けられたのは、清和派に所属していたからだ。

安倍晋三元首相が暗殺されたことで、日本の腐敗文化にさらなる光が当てられることになった。自民党と統一教会(CU)の密接な関係は、1950年代に岸信介元首相(自民党)と統一教会創始者の文鮮明氏との間で始まった。

この関係は、安倍晋太郎(元外相(自民党))、安倍晋三(元首相(自民党))に受け継がれた。岸信介は安倍晋三の母方の祖父であり、安倍晋太郎は安倍晋三の父である。

自民党と統一教会の緊密な関係は、やがて腐敗した癒着と共謀に堕落していった。中聯は自民党の政治活動に資金と物資を提供し、自民党は中聯の悪事を擁護した。その結果、中聯はキリスト教会として登録されたが、本場のキリスト教会からは「カルト組織」と見なされている。

その結果、統一教会はメンバーも活動も広範囲に拡大することができた。統一教会のメンバーの70%は日本人であるという。また、統一教会の富の8割は日本からもたらされているという。

日本の政治に対する統一教会の影響力はかなり大きいと思われる。例えば、多くの政治家が統一教会のメンバーである可能性がある。自民党の政治家の多くは、統一教会から政治的支援を受けていたことを認めている。100人以上の統一教会メンバーが日本の国会議員の顧問を務めている。

一つ確かなことは、自民党と統一教会の癒着は、普通の日本国民の利益を増進するためのものではないということだ。この談合の目的は、一方では自民党の政治的・個人的利益の増進であり、他方では統一教会の精神的・金銭的利益の追求である。つまり、自民党と統一教会の癒着は、日本における腐敗文化の不可欠な一部なのである。

日本で腐敗文化が永続している理由はもう一つある。それは、野党が選挙に勝って政権を取ることができないことである。

日本国民は野党の選挙に消極的なようだ。Robert Whitingがその理由を説明している。

「このような腐敗が続く理由の一つは、多くの人々が自分たちの生活と支配者層との間に関連性を見いだせず、国家資源の大規模な盗用に対して個人的な苦痛を感じないからであろう。税金を払っていても、その収益がどこに行くのか見当もつかない。あるいは、知っていても考えたくないのかもしれない。日本の政治家は、法律を守る普通の人々とは別の、自己完結した世界で活動している。(ロバート・ホワイティング 2020年7月20日、robertwhiting.substack.com)

また、Whitingは、「和」の文化が内部告発を思いとどまらせるとも指摘している。

と付け加えている。

政治献金-そのほとんどが不正献金-は、日本の権力闘争における協力的な相互作用に不可欠な潤滑油である。政治的腐敗は贈与文化の中で運営される寡頭制のシステムで常態化している。

実際、日本の議員は票を買うために2年間で200万ドルも使っていると報道されている。つまり、有権者は金持ちの政党に投票するのであり、自民党は金持ちである。

結論から言えば、腐敗文化はあまりにも深く、あまりにも広く、あまりにも根強いので、日本は腐敗という病から解放されるという準不可能な挑戦に直面しているし、これからも直面することになる。

資産バブルと腐敗

日本経済の不調の最大の原因は、1980年代の資産バブルである。30年にわたる日本経済の驚異的な成長の後、1980年代はオリガルヒが日本経済の成功の果実を享受することができた10年間であった。先に見たように、日本のGDPはアメリカのGDPの4割に達し、アメリカの経済覇権を脅かすまでになった。

1980年代は、金融のグローバルな統合、低金利、膨大な郵便貯金へのアクセス、財やサービスの輸出によって生み出された資金が豊富であった。

簡単にお金を手に入れることができたため、オリガルヒは投機的な株式や不動産にお金を注ぎ込むようになった。オリガルヒによる違法・不道徳な資産売買があったことは間違いないが、腐敗した司法制度が加担していたため、こうした違法・不道徳な行為は無視・看過されていた可能性がある。そうなれば、資産投機活動は確実に拡大・強化され、資産バブルを膨張させたであろう。

その結果、現代では考えられないような資産バブルが発生した。例えば、1985年にGDPの60%を占めていた株式は、1989年にはGDPの152%まで上昇した。1985年から1989年にかけて、日経平均株価は13,000円から39,000円に上昇した。

大企業は 「財テク 」で一気に儲けた。実際、大企業の収入の4割から5割近くが 財テク活動によるものだった。

皇居の地価は、カリフォルニア州全土を買えるほどの規模だった。1980年から1989年の間に、商業施設の価値は6倍、住宅は4倍になった。

また、不動産の価値についても、日本の領土はアメリカの3.7%に過ぎないにもかかわらず、日本の不動産の価値はアメリカの4倍にもなっていた。

一体、日本はどうしてこんなことを許したのだろう?この問いに対する答えは簡単だ。自民党を中心とする支配者層オリガルヒの短絡的なエゴイスティックな欲望である。

バブルが崩壊するのは目に見えていた。では、なぜ誰かがその危険を警告しなかったのだろうか。

日本には有能な経済学者がいたはずである。なぜ、彼らは声を上げず、明らかに予測できた悲劇的な結末に警告を発しなかったのだろうか?

答えは2つある。資産投機で金持ちになったから黙っていたのか、それとも自分たちの見解を公表するメディアへのアクセスがなかったのか、どちらかだ。起こるべくして起こったことだ。

要するに、資産バブルはオリガルヒの腐敗文化の結果だったのだ。

バブルは大きすぎて持ちこたえることができず、爆発しなければならなかった。バブルは1989年に雷鳴とともに爆発した。こんなことがあった。日銀はバブルの高騰を危惧して、1989年に金利を2%から6%に引き上げた。

そうか、そうだったのか。日本中がパニックに陥った。東京株式市場の株価は6割も下落した。不動産価格は8割も下落した。

バブル爆発に対抗するために作られた国策も、完全な失敗とは言わないまでも、非常に問題が多かった。バブルの爆発がもたらしたものは、明らかに景気の後退である。無数の企業が倒産し、住居の価値は住宅ローンの返済額を下回り、銀行は不良債権に対処しなければならなかった。銀行は不良債権を処理しなければならなかった。資産価格の下落は、回復するにはあまりにも深すぎたのだ。

こうして、不況、さらにはデフレが迫っていた。日銀は直ちに金利を引き下げるべきであったが、6%から0%に引き下げたのは1994年であった。日銀が不況に対応するのになぜそんなに長く待ったのか、それは神のみぞ知る、である。遅すぎたのだ。

日本経済は、深刻な景気後退から脱することができなかった。バブル崩壊後の日本経済の根本的な病は、これまでどの国も経験したことのないものであり、大胆な政策が必要であった。しかし、日本は財政政策と金融政策からなる通常の経済政策を適用した。

しかし、それらはうまくいかなかった。日本は救世主を待つしかなかった。救世主は2012年、アベノミクスという袋に3本の矢を刺した白馬の背中に乗ってやってきた。

アベノミクスでは、第一の矢が金融政策、第二の矢が財政政策、第三の矢が構造調整であった。

しかし、アベノミクスが失敗したのは、その政策が従来の財政政策と金融政策による通貨供給量の拡大にほぼ依存していたという単純な理由からである。

実際、公的債務によってもたらされたお金は、GDPの250%にも及んだ。量的緩和(QE)政策からもたらされるお金は 2019年時点でGDPの88%にも及んでいる。

財政の矢は遠くに飛びすぎて的を外した。金融の矢は行き過ぎで間違った方向に行ってしまった。構造調整の矢は矢筒から出なかったことさえある。

お金の洪水は、企業の投資、財やサービスの輸出、内需を回復させることができなかった。なぜかというと

その答えは、日本経済の病は、お金が足りないという問題ではない、というものだった。問題の根源は、構造的な問題にあったのだ。

アベノミクスは、日本経済の深い構造的な倦怠感を処理することはできなかった。確かに、書類上、アベノミクスの第三の政策は構造調整政策だったが、この政策は、オリガルヒの腐敗文化が主因で、うまく行かなかった。

日本経済の構造的な弱点

日本経済には大きな構造的問題があった。

  • 大企業の国際競争力の喪失
  • 所得分配の不平等が拡大していること
  • 活動人口が減少していること

2005年から2011年までの間に、主要企業の世界シェアは以下のように低下した。トヨタ自動車:51%から41%へ、ホンダ:39%から29%へ、DRAMEメモリ:39%から9%へ。

さらに2001年から2011年にかけて、大企業の利益率は次のように低下した。マツダは4.3%から2.8%、トヨタは9.9%から2.0%、ホンダは8.5%から2.9%である。

これらの大企業の国際競争力と利益の劇的な喪失は、循環的なものではなく、構造的なものであった。実現可能な説明は、日本企業がコストのかかる技術開発への投資を怠り、資産投機、特に商業用不動産投機で手っ取り早く儲けることを可能にした財テクである。

アベノミクスが行うべきことは、財政政策や金融政策によって生み出された資金で救済するのではなく、債務超過に陥った企業を清算することであった。これらの企業はゾンビ企業、つまり、何の役にも立たない企業であった。これらのゾンビ企業は、腐敗したオリガルヒの友人であった可能性が高い。また、救済金の一部は、腐敗したコミュニティのメンバーの個人的なポケットに入った可能性もある。

構造調整の成功は、1997-1998年の金融危機の際に韓国の金大中 大統領が行った政策である。金大統領は、金融危機の原因である財閥の大胆な構造調整に踏み切った。債務超過に陥った財閥を大量に整理し、財閥の専門化と国際競争力の向上を図り、財閥の会計の透明化を進め、財閥の循環金融を止めさせた。

この政策の結果、韓国はIMFへの債務を満期前に返済することができた。

数十年にわたる貧富の差の拡大も、日本経済の構造的な病であった。

これは、相互に関連する新自由主義と腐敗文化が一因である。経済的な新自由主義の最も中心的な部分は、政府の力の低下と無制限の競争である。競争力をつけるためには、企業は労働コストと材料コストを節約しなければならない。労働コストを節約するためには、賃金を上げないこと、つまり労働者の所得を減らすことである。材料費を節約するために、安価な中間財が輸入され、その結果、国内生産が減少し、労働者の所得が減少することになる。

一方、無限の競争は、生き残る勝者の数が減少することを意味する。これらの要因が重なると、富裕層に有利な不平等な所得分配を招く。政府は、移転所得やその他の所得扶助プログラムを通じて、所得分配をより平等にすることができる。しかし、日本では腐敗文化がそのような政策をとることを妨げている。

その結果、時間の経過とともに、所得分配は悪化していった。つまり、内需の6割以上を占める内需が減少するのは必然であった。

アベノミクスが失敗した理由の一つは、正確には、富裕層に有利な不平等な所得分配による国内の消費需要の弱さであった。実際、日本の一般庶民の平均所得は凍結され、何十年も下がり続けている。

確かに、財政政策マネーや金融政策マネーのごく一部は庶民に行き渡った。しかし、消費者はモノやサービスの購入には使わず、不安な将来のために貯蓄に回したのである。

日本経済のもう一つの構造的な問題は、人口の30%近くを占める高齢者の増加である。これは、労働人口が減少していることを意味する。GDPとは、労働人口に労働者の生産する財やサービスを掛け合わせたものであることを忘れてはならない。

日本の人口は 2019年の1億2600万人から2050年には1億人に減少する。さて、65歳以上の高齢者人口は2000年の17.4%から2019年には28%に増加し、15~64歳の活動人口は67.5%から2019年には59.3%に減少している

この人口構造の変化は、ほとんどの先進国に共通するものである。これらの国々では、その解決策として移民を受け入れてきた。OECD諸国の平均では、移民が人口に占める割合は12%であるのに対し、日本では1.6%である。日本政府は移民を増やそうとしたが、過去と現在の日本の帝国主義にも責任がある人種差別のために失敗した。

人々が権力者に服従する伝統と、安定と変化への恐れを優先する大衆性もまた、構造的な問題となり得る。1960年代以降、日本では政府に対する大規模な政治的抗議運動は世界でほとんど見られなくなった。

しかも、たとえそうであっても、政府は無視するだけ。2021年の東京夏季オリンピックのときに、それを目の当たりにした。国民のほぼ9割が反対・大会延期を訴えた。しかし、菅政権はそれを無視しただけだった。もっとすごいのは、日本国民がそれ以上踏み込まなかったことだ。これで、自民党がオリガルヒの腐敗にもかかわらず、これほど長く政権を維持した理由がわかる。

結論

要約すれば、日本経済の10年にわたる停滞は、企業の国際競争力の喪失、所得分配の悪化による内需の弱体化、労働人口の減少、オリガルヒの悪事に対する組織的抗議の不在に起因する。これらはすべて構造的問題で、オリガルヒが支配する腐敗文化のために克服の可能性が低い。

「」

岸田文雄内閣は、経済再生を試みるかもしれない。彼は、再軍備によって数十年にわたる日本経済の不調を解決する手段を思い描くことが多い。一時的な景気刺激策にはなるかもしれないが、長い目で見れば、経済の持続的成長を保証することはできない。さらに悪いことに、戦争を引き起こし、経済の基盤を破壊してしまう可能性がある。

岸田文雄は、日本経済の構造的な問題のいくつかに取り組もうとしているのかもしれない。実際、その回復のためには、より平等な所得分配が必要であると述べている。しかし、そのためには、彼が首相として生き残ることが必要である。日本では、首相という地位がいかに脆弱で不安定なものであるかを目の当たりにした。

岸田氏を安倍晋三氏が起用したのは、岸田氏を通じて安倍氏が日本の政治に影響力を行使できるからである。つまり、岸田氏が首相として生き残る確率は、安倍首相が掲げた経済政策をどれだけ継承できるかにかかっている。

安倍晋三とその仲間である寡頭政治家は、必要な構造調整を避けており、それは寡頭政治家の利益を害することになる。したがって、岸田氏が安倍首相の政策を継続する限り、しばらくは首相の座に留まる可能性がある。一方、安倍首相の政策と異なる方向を追求すれば、速やかに交代させられる可能性が高い。

このような状況下では、日本経済の数十年にわたる停滞が続くことになる。

しかし、岸田氏が独自の経済政策を成功させ、日本だけでなく世界のために日本経済を再生させることを期待している。

*

ケベック大学(UQAM)経済学部教授、統合とグローバリゼーション研究センター(CEIM)メンバー  グローバリゼーション研究センター(CRG)リサーチアソシエイト

特集画像はOriental Reviewより

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました