プロパガンダ・全体主義メディア、ジャーナリズム

LA Timesの記事は、世界中の何百万人もの人々を侮辱する安いヒット商品である

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

LA Times Article is a Cheap Hit Piece that Insults Millions Around the World

trialsitenews.com/la-times-article-is-a-cheap-hit-piece-that-insults-millions-around-the-world/

2021年7月23日

ロサンゼルス・タイムズ紙(LA Times)のジャーナリスト、マイケル・ヒルツィク(Michael Hiltzik)氏は、主流メディアの中で最も新しい雇われ人であり、医薬品であるIvermectin(イベルメクチン)を狙い撃ちするために並んでいる。Ivermectinは新しいHydroxychloroquineである」という還元的で反知性的な表現を用いて、抗マラリア薬は最近あまり議論されていないが、Ivermectinは議論されており、「科学的証拠が全くない」という理由で議論されるべきではないと考えていると述べている。彼が「全くない」という言葉を使うということは、彼が実際に現在のエビデンスベースを見ていないか、それを正確に評価する科学的な鋭さがないということに他ならない。アメリカ国立衛生研究所(NIH)のCOVID-19治療ガイドラインパネルでさえ、Paul Marik博士、ピエール・コーリー博士、疫学者でWHOのコンサルタントであるアンドリュー・ヒル博士が提示したエビデンスを聞いて 2020年8月にはCOVID-19に対してイベルメクチンを推奨しないとしていた姿勢を、2021年1月には賛成も反対もできないと変更したことを考えると、確かに彼の言葉の選択には同意できないであろう。

 

豊かな国ではワクチンが利用できるようになったが、それだけでは世界的なパンデミックを終わらせることはできない。このためNIHは、COVID-19に対するイベルメクチンなどの再利用薬の使用を検討する試験であるACTIV-6をはじめとする大規模な治療臨床試験に数十億ドルを投入している。早期発症のCOVID-19治療薬が必要とされているのは、COVID-19ワクチンを摂取できない人がいること、新しい変異株に対するワクチンの効果が低下していること、世界中でワクチンが入手できないこと、特定の集団におけるワクチンの耐久性や長期的な安全性について明確な情報が得られていないことなど、さまざまな理由がある。また、新種の出現に伴うブレイクスルー感染の増加や、そのようなブレイクスルー感染が、たとえ軽度のものであっても、どのように感染に寄与するのかを考慮しなければならない。この要因はまだ解明されていないが、シアトルのCOVID-19予防ネットワークが監修するPrevent COVIDU研究では、その詳細を明らかにすることを目的としている。

早期治療に関するメディアの注目度が低いのはなぜか?

ワクチンは、COVID-19に対する公衆衛生上の対応の重要な部分を占めている。これを否定することはできない。しかし、治療薬もまた基本的な役割を果たしているが、このことを認識している人は一般にはほとんどいない。そのためか、COVID-19の早期治療という大きな穴が開いていることに注意を喚起する報道関係者はほとんどいない。NIH、FDA、世界保健機関はこのギャップを認識しており、そのために税金を使った臨床試験が続けられているのである。

例えば、アストラゼネカ社がCOVID-19を標的とした長時間作用型モノクローナル抗体AZD7442を研究するために4億8600万ドルを拠出するなど、NIHと米国の新政権は「Operation Warp Speed(ワープ・スピード)」と称して、治療薬の研究に莫大な資金を製薬会社に提供している。これらの資金は、曝露前予防を目的としたPROVENT試験や、成人外来患者を対象とした疾患進行予防を目的としたTACKLE試験などの主要な第3相試験を支援している。アストラゼネカ社は、政府の試験登録において、”COVID-19の進行を防ぎ、重篤な合併症やその感染を減らすために、入院していない環境での治療法を迅速に評価することが急務である “と宣言している。

2020年12月、政府はCOVID-19に対する新規治療薬の研究のために3億5600万ドルをメルク社に提供し、軽度から中等度の疾患に対する治療薬であるモルヌピラビルを12億ドルで先行購入する契約を結びました。(モルヌピラビルは、イベルメクチンのような安価なジェネリック製品と競合することになるが、メルク社もCOVID-19に対するイベルメクチンの使用を支持する十分な証拠がないという声明を出していることは注目に値する。(これを利益相反と考えるかどうかは、TrialSite Newsの読者に判断していただきたいと思う)。

前述のように、NIH財団はCOVID-19に対する再利用薬を研究するACTIV-6試験を開始したが、TrialSiteは統括組織の構成に異議を唱えており、意思決定権の統合と集中化により、病院や医療システムが産業界、学術界、連邦官僚からの指示を待っていることを証明している。製薬業界に内在する偏見はよく知られている。産業界とNIHのパートナーは、低価格の製品よりも高価なブランドの治療薬を好む。トライアルサイトによると、この偏りはパンデミック時に顕著になった。連邦政府は、非常に研究性の高い新規治療薬に多額の予算を投じ、何十もの再利用薬を犠牲にした。Sanford Burnham Presby氏は、COVID-19を治療できる可能性のある21種類の既存の医薬品を発見した。一方、UCSFの研究者は、COVID-19に有効な既存の医薬品を発見したが、これはNIHがパンデミックの初期に、より費用対効果の高い選択肢としてさらに研究を進めることができたはずである。

イベルメクチンについてのLA Timesの主張について

LA Timesの著者であるHiltzik氏が、Ivermectinへの関心は2020年にオーストラリアで行われた小さな実験室での研究から始まったと述べているのは正しい。このニュースがきっかけで、TrialSiteは興味を持ち、こちらに書いた。しかし、その後のヒルジク氏の主張の大部分を、いわばファクトチェッカーの役割を果たしながら検討したところ、彼の書いたものはジャーナリズムではなく、本質的にプロパガンダであると結論づけた。

まず、ヒルジク氏は、複数の国で開業している医師、発表された研究、複数の国で承認されたCOVID-19への適応外使用など、イベルメクチンを支持するものはすべて陰謀論的なナンセンスなものであると信じていることを前もって表明して、自分のボールを叩くための準備をする。と書いている。

「イベルメクチン・ブームの政治的背景には、陰謀に満ちた製薬会社や医療機関への攻撃がある。この点では、ベテラン疑似科学論者のデビッド・ゴルスキー氏が指摘しているように、反ワクチン運動に似ている。”

皮肉なことに、ゴルスキー博士は今週、「無限の誤報」という非難と戦っていたが、ヒルジクは世界中の何百万人もの人々を陰謀論者の狂った人々という一つのグループにまとめてしまうという古典的な誤謬を犯している。これは、明らかな業界の偏向、イベルメクチンに関する研究の発表、複数の国の重症患者の医師の証言、規制に取り込まれつつある兆候などから人々の目をそらすための、安易ではあるが、効果的なトリックである。

ヒルツィック氏は、イベルメクチンが軽視されているのは、反ジェネリック医薬品の感情があるからだと指摘する批評家がいることを指摘している。まあ…そうだな。ヒルジク氏は、製薬会社はお金に左右されないと言いたいのだろうか?それは非常にナイーブだと言う人もいるだろう。製薬会社が利益を追求し、投資家を満足させるために動いていることは、誰もが認めるところだろう。JAMAによると 2000年から 2018年の間に、大手製薬会社の収益性は他の大手上場企業よりも著しく高かったという。

続いてLAタイムズのライターは、独立系ジャーナリストのマット・タイビを攻撃し、彼が「価値のないペン」を持っていると述べ、情報弾圧というテーマの「ルーピーなバリエーション」を広めていると非難している。Taibbi氏は、科学的議論の検閲と、IvermectinがこのSubstackで「汚い言葉」になったことについて書いた。トライアルサイトでは最近、科学的な議論や反対意見の検閲について扱っており、タイビの記録を支持することができるが、ヒルジクがなぜ個人的に彼を攻撃するのかはわからない。

Hiltzik氏は、Front Line COVID-19 Critical Care Alliance(FLCCC)のディレクターであるPierre Kory博士が、12月8日に上院国土安全保障委員会に招かれて講演し、その中でIvermectinを「奇跡の薬」と呼んだことを正しく認めている。トライアルサイトは、規制の厳しい医療の世界ではこのような表現は間違いであるというヒルツイク氏の意見に同意するが、コーリー氏はCOVID-19の治療や予防としてこの薬を使用し、その効果を繰り返し確認している一流のクリティカルケア医でもある。

コーリーらは、ヒルジクが 「最も普遍的に軽視されている知性の持ち主であり、今もなお、そう、ヒドロキシクロロキンの推進者である 」と評するロン・ジョンソン上院議員(ウィスコンシン州選出)からも証言を求められた。興味深いことに、ヒルジクが省略しているのは、イベルメクチンに関する2つのメタアナリシスの著者であるFLCCCのコーリー氏と、リバプール大学に所属する英国の著名な研究者アンドリュー・ヒル博士が、世界中の治験治療に関わる最も影響力のあるグループと言っても過言ではないNIH COVID-19治療ガイドラインパネルの前で証言するよう招待されたことである。その数日後、NIHはイベルメクチンについて「臨床試験以外は推奨しない」という公式見解を中立的な立場に変更し、次のように宣言したことも筆者は伝えていない。

「COVID-19治療ガイドラインパネル(パネル)がCOVID-19の治療にイベルメクチンの使用を推奨するには、データが不十分である」と宣言した。

イベルメクチンの危険性

さて、ここからがヒルジークの記事の真の裏の部分で、イベルメクチンはヒドロキシクロロキンよりもさらに「危険」であるかもしれないということである。

イベルメクチンの支持者は皆、陰謀論者だと思っているので、きっと「ブーム」と呼んでいるのだろうが、イベルメクチンの方が自分の身を守れると考えて、ワクチン接種を控える人が出てくることを示唆している。さらに、ここからが面白いのだが、イベルメクチンの支持は「医学に対する信頼をも損ない、公衆衛生に重大な影響を与える可能性がある」と断言している。トライアルサイトでは、信仰は精神性や宗教のためのものであり、医学の領域ではお金が大きな役割を果たしていると主張しているが、著者はこの話題を都合よく無視している。

そして、イベルメクチンについて次のように述べている。「科学的妥当性のあるエビデンスはない 」と。これは非常に勇気のいる発言であるが、その理由は以下の通りである。アメリカ政府は、イベルメクチン(ACTIV-6)の大規模な第3相試験に約1億5千万ドルを費やしていること、アメリカ最大の医療保険会社のひとつであるユナイテッド・ヘルス・ケアがアメリカで2番目に大きなイベルメクチンの第3相試験のスポンサーになっていること、オックスフォード大学が権威あるPRINCIPLE試験にイベルメクチンを含めていること、マレーシア、フィリピン、インドネシアなど多くの国の保健当局が大規模なイベルメクチンの第3相試験をスポンサーになっているか、スポンサーになる予定であることなどである。科学的妥当性のある証拠」がなければこのようなことは起こらず、ヒルジク氏の現実離れした主張の根拠を疑うことになる。率直に言って、相当な証拠がない限り、フェーズ3に進む薬はない。ここでもまた、ジャーナリストは自分の甘さを露呈し、LAタイムズの読者はそのツケを払うことになる。

ヒルジークの主張とは?

彼は予想通り、最近撤回されたエジプトでのイベルメクチンに有利な結果を出した著名な研究に言及している。これは大規模な研究であり、COVID-19に対するイベルメクチンの使用を支持するためによく引用されるものであった。データフォレンジックの専門家であるNick Brown氏と「偽情報」の専門家であるJack Lawrence氏は、この研究に盗用や不正を含む大きな問題があることを発見した。トライアルサイトは、これらの発見を祝福するという記録を残しているが、研究を行ったエジプト人教授が彼らを擁護するための回答を準備していることも注目に値する。しかし、奇妙なのは、ヒルジク氏が、不正と思われるエジプトの研究が、イベルメクチンに関する60以上の発表された研究を無視する理由となり、イベルメクチンが役に立たないことを伝えるのに十分であるべきだとほのめかしていることである。言うまでもなく、現在、政府、企業、学術界の主要なスポンサーがフェーズ3に入っている。

また、エジプトでの研究がメタ分析から除外されると、この薬は統計的に有意ではなくなると主張しているが、この主張は、世界保健機関の関連団体であるUnitaidにアドバイスをしているアンドリュー・ヒル博士や、FLCCC、英国のIvermectin Development Groupなどが反論しており、いずれも統計的に有意であると主張している。

では、イベルメクチンのエビデンスは?

トライアルサイトでは、4月からイベルメクチンの話題を追っている。しかし、イベルメクチンに関するポジティブな情報に対して、ソーシャルメディア上での検閲が激しく行われていることや、主要メディアでのネガティブな偏向報道を目の当たりにして、イベルメクチンに思い入れはない。また、エビデンスに基づいた安全な予防接種を支持しており、イベルメクチンとワクチンの戦いは、捏造された役に立たないジレンマであると考えている。

オーストラリアで最初の実験室での研究が行われた後、世界中で何十ものイベルメクチンの研究が行われていることに気づいた。それらの研究に先立って、あるいは研究中に、バングラデシュ、インド、ペルー、ドミニカ共和国、イスラエル、アメリカの医師にインタビューしたところ、イベルメクチンを使ってCOVID-19患者の治療に成功していることがわかった。

世界的なパンデミックの際、お金も時間もなく、人々が死んでいく中で、臨床医は貴重な実体験を提供できるとトライアルサイトは考えている。ICON試験のおかげで、この薬をより真剣に検討することができた。フロリダ州ブロワード郡のJacque Rajter博士は、査読付きの雑誌で研究結果を確保することができた。この研究は無作為化比較試験ではなかったが、COVID-19の治療薬としてイベルメクチンが死亡率の低下と関連していると結論づけている。

イベルメクチンは、ウッタルプラデシュ州(2億3千万人の人口)のデルタ型に対する好転する応答に貢献した。インドでは報道されていたが、ここではブラックアウトされていた。世界保健機関(WHO)はその努力を称えたが、州内で隔離されたCOVID-19患者に公衆衛生局員が渡した小さな家庭用キットの中にイベルメクチンが含まれていたことを公に認めなかった。ウッタル・プラデシュ州での出来事についてはこちらで紹介しているが、ジョンズ・ホプキンス大学のCenter for Systems Science and Engineering (CSSE)によるCOVID-19データリポジトリのデータを分析することもお勧めする。4月1日までに、COVID-19の1日あたりの発生件数を見ると、デルタ型ウイルスの急増がウッタル・プラデーシュ州を襲ってた。4月25日には、1日あたり35,311人が新たに感染した。しかし、公衆衛生への取り組みが進み、6月2日には1日あたりの感染者数が1,221人にまで減少した。7月22日には1日の患者数が52人になってた。

イベルメクチンの臨床試験

イベルメクチンの臨床試験は現在60件、さらに数十件行われているが、いくつかの国ではすでに使用が許可されている。インドネシア、南アフリカ、ジンバブエ、スロバキアなどである。先に述べたように、米国政府は、ユナイテッド・ヘルス・ケア(Covid-Out)やオックスフォード大学とともに、主要な第3相臨床試験に投資している。マクマスター大学もイベルメクチンを研究しているし、フランスのMedincell社もゲイツ財団から資金提供を受けたことがある。科学的根拠がないのなら、なぜこの上場企業が、すでにフェーズ3に近づいているイベルメクチン製品を商品化するのであろうか?

さて、LA Times紙の記者の主張を思い出してみよう。

イベルメクチン推進派はすべて陰謀論者であり、ワクチンを摂取しないように人々を説得しようとしているため「危険」であるというのだ。

もしHiltzik氏が正しければ、多数の国の開業医や公衆衛生関係者、イベルメクチンに対する最初の勧告を修正してイベルメクチンの研究に資金を提供し続けているNIH、FLCCC、BIRDグループ、NIHのACTIVを介した米国政府、United Health Care、MedinCell、McMaster University、Oxford、そして世界中の多数の研究者や疫学者が皆、陰謀論者であるということになる。

これは理に通っているだろうか?

Hiltzik氏は、撤回された1つの研究のために、イベルメクチンに関するすべての証拠を無視すべきだと提案している。(研究のリストはここで見ることができる。)

これは合理的だろうか?

Hiltzikは、イベルメクチンに熱狂する狂信者がワクチンの展開を台無しにし、人々が医療システムへの「信頼」を失うことを心配しているが、金銭が絡む利益相反については何も言及していない。

これには道理があるだろうか?

トライアルサイトでは、金と薬と権力の合流点で何が可能かを考える上で、パデュー・ファーマとオピオイド・クライシスについての彼の解説をぜひ見てみたい。

世界中の社会がこの危機を乗り越えるためには、ワクチンからブランド化された高度な治療法、イベルメクチンやフルボキサミンのような再利用されたジェネリック医薬品から、より実践的でリスクベースの公衆衛生政策まで、様々なアプローチが必要となるであろう。残念ながら、このLA Timesのライターは、すべての読者に大きな損害を与え、誤った情報が実際にどのようなものであるかを正確に示している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました