3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争

キッシンジャーとNew York Timesは、米国にウクライナでの「勝利」がどのようなものかを再評価するよう求めている。
Kissinger, New York Times call for US to reevaluate what a 'win' in Ukraine looks like

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

キッシンジャーとニューヨーク・タイムズは、ウクライナでの「勝利」がどのようなものかを米国に再評価するよう求めている。

thepostmillennial.com/kissinger-new-york-times-call-for-us-to-reevaluate-what-a-win-in-ukraine-looks-like

世界経済フォーラムのダボス会議で、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官は、平和と戦争終結に向けた努力として、ウクライナはロシアに領土を譲り渡すべきだと示唆した。彼は、ウクライナは今後60日間の間にロシアに領土を譲り渡し、それが彼らの現在の目的を満たすかどうかにかかわらず、条件を受け入れるべきだと述べた。

 

キッシンジャーは、「理想的には、現状復帰が分かれ目となるべきだ」と述べた。「その先で戦争を追求するのは、ウクライナの自由のためではなく、ロシアそのものに対する新たな戦争になるだろう」。

キッシンジャーの見解は、アメリカ、そして西側諸国は、ロシアとその侵略軍を圧勝させるという基準を持つべきではないということだ。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ダボス会議での演説を利用して、侵略的な隣国に対してさらなる侵略を呼びかけていた。しかしキッシンジャーは、西側諸国がヨーロッパの文脈の中でのロシアの利益と力を考慮せずに「その場のムード」に流されることは「致命的」だと述べた。

 

キッシンジャー氏は、ロシアは何世紀にもわたって「欧州の不可欠な一部」であり、この地域の指導者は「より長期的な関係を見失ってはならない」し、将来のロシアとの同盟を危険にさらすことになると指摘した。

ロシアはセルゲイ・ラブロフ外相を通じて、西側との結びつきが全く必要ないのかどうか分からないと述べた。「もし彼ら(西側)が関係再開のために何かを提供したいと望むなら、我々はそれが必要かどうかを真剣に検討するだろう」とラブロフ外相は外務省のウェブサイトを通じて語った。

「安全保障や経済、祖国の社会領域にとって極めて重要な分野の発展を確保するために、西側からのあらゆる供給への依存をやめなければならない」とラブロフ氏は続けた。

「ウクライナ人が示した英雄的行為に知恵を添えてくれることを期待する」とキッシンジャーは警告した。

 

ゼレンスキー氏は、ロシアのプーチン大統領は話し合いや平和に関心がないと主張し、代わりに「強硬手段」を求めた。これは、ウクライナの「魅力的な攻撃」の一環で、資金や軍備とともに、ウクライナを支持する心を勝ち取ろうとするものだと、The Daily Mailは報じている。

バイデン政権は、実際、とても魅力的で、フィンランドとスウェーデンという新しいヨーロッパ諸国のNATOへの加盟を模索している。このNATO諸国の拡大はウクライナに利益をもたらすが、米国に利益をもたらすという兆候はない。実際、本質的には「スウェーデンとフィンランドの脅威認識が前提」であると、Sumantra Maitraは書いている。ウクライナもまた、ロシアへの脅威が明らかであるにもかかわらず、NATOに加盟するという案に手を出した。

米国は先週、ウクライナの戦いを支援するため、400億ドルの援助と武器を提供する法案を可決したばかりである。そして国防総省は、ちょうど30年前の1991年にロシアからの独立を宣言したこの国に対して、1億ドルの防衛資源を追加で承認したのである。

ニューヨーク・タイムズ紙は先週、400億ドルの戦費が追加されたにもかかわらず、アメリカはウクライナ紛争から抜け出す道を探すよう呼びかけ、戦争は 「新しく複雑な段階に入った 」とし、その間 “超党派の支援の継続が保証されない 」と述べた。この巨額の歳出法案に反対票を投じたのは、11人の上院議員(すべて共和党)のみであった。

社説は、ヘインズ国家情報長官が上院で、ウクライナ戦争は「より予測不可能でエスカレートする可能性のある軌道」に乗る可能性があると述べたことを引用している。ロシアは、その膨大な核戦力の使用にも踏み切る可能性があると、彼女は言った。

編集委員会は以前、ウクライナの自由を最終目標に掲げていたが、今は「たとえ交渉による和平でウクライナが難しい決断を迫られることがあっても、ロシアとの全面戦争に突入することはアメリカの最善の利益にはならない」と書いている。そして、この戦争におけるアメリカの目的と戦略は、任務のパラメータが変化したように見えるため、見極めるのが難しくなっている。」と書いている。

かつて議会民主党と同じように戦争好きだったタイムズ紙が、今はその努力の緩和を呼びかけている。同委員会は、「バイデンはまた、米国とNATOがロシアに立ち向かうには限界があり、武器、資金、政治的支援にも限度があることを、ボロディミル・ゼレンスキー大統領とその部下に明確に伝えるべきである 」と提案している。

タイムズ紙は、これが「宥和ではない」と主張する一方で、「今の課題は、陶酔を振り払い、嘲笑を止め、任務の定義と完了に集中することだ」と述べている。

しかし、そのミッションは不明確である。ウクライナにとっての勝利は、米国にとっての勝利とは異なるシナリオである可能性が高い。バイデン政権は、米国の成功とウクライナの目標を結びつけているが、その目標が何であるか、ゼレンスキーがその目標を達成するためにどこまでやるかをしっかり把握しているわけではなさそうである。

米国は、ロシアが領土を拡大しようとも、ウクライナの平和の方が、核超大国との世界的紛争に米国を引きずり込むリスクのある戦争に資金を供給し続けるよりも、より大きな利益を得ることができるだろう。

バイデンは、兵器の製造に伴う雇用の創出は米国の純益につながると主張している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました