アンチウォードットコム

Killing for Credibility(信頼を得るための殺害) | 1999年NATOによるセルビア空爆を振り返って
Killing for Credibility: A Look Back at the 1999 NATO Air War on Serbia

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

original.antiwar.com/brett_wilkins/2019/03/22/killing-for-credibility-a-look-back-at-the-1999-nato-air-war-on-serbia/

ブレット・ウィルキンス 投稿日時

今月は、NATOが78日間にわたって行ったユーゴスラビアに対する空戦「アライド・フォース作戦」の20周年にあたる。この戦争は、スロボダン・ミロシェビッチ軍に対するものと同様に、セルビア市民(数百人が死亡)に対するものであり、息を呑むような偽善と選択的怒号のキャンペーンであった。何よりも、ビル・クリントン大統領自身が認めたように、この戦争はNATOの信頼性のために行われた。

ある男のテロ…

この物語は、1990年代の戦乱のバルカン半島ではなく、1980年代末のアフガニスタンの荒野から始まる。ソ連の侵略に敗れた者たちが、10年に及ぶゲリラ戦から撤退し、かつて強大だった帝国の黄昏が始まった頃である。ソ連の占領に勇敢に抵抗したムジャヒディンに武器、資金、訓練を提供していたアメリカは、最後の赤軍部隊がヘアタン橋を渡ってソ連に戻るとすぐに、聖戦戦士への支援を打ち切った。アフガニスタンは内戦状態に陥った。

1990年の「砂漠の楯」作戦で、イスラム教スンニ派の聖地のうち2つを有するサウジアラビアにアメリカが数十万人の異教徒の軍隊を駐留させた後、かつてのムジャヒディンの同盟国であるオサマ・ビンラディンやそのアルカイダネットワークは西側に背を向けたとする説が有力である。それ以来、ジハード主義者とかつての恩人との関係は、散発的なテロ攻撃と米国の激しい報復を特徴とする敵対的なものとなっている、というのがそのストーリーである。しかし、その真相は全く異なる。

1992年から1995年にかけて、ペンタゴンは数千人のアルカイダ・ムジャヒディンを中央アジアからヨーロッパに派遣し、しばしば米軍特殊部隊を伴って、ユーゴスラビア連邦共和国から独立するためにセルビア人と戦っていたボスニアのイスラム教徒を強化した。サウジアラビア、トルコ、イランが購入した武器は、クロアチアを経由してジハード軍に密輸され、クロアチアはその取引から多額の利益を得ていた。ボスニア・セルビア軍とセルビア準軍事組織によって何千人ものボスニア人(ボスニア・イスラム教徒)が虐殺された1995年のスレブレニツァ虐殺に関するオランダの公式調査は、米国がこれらの武器移転に「非常に密接に関与」していると結論づけた。

1995年にボスニア紛争が終結すると、米国はヨーロッパの地で何千人ものイスラム戦士の問題に直面することになった。彼らの多くは、当時まだユーゴスラビア南西部に住んでいたアルバニア系コソボ人を中心とする急成長のコソボ解放軍 (KLA)に参加した。ユーゴスラビアが文字通りバルカン化する中で、ベオグラードから独立を勝ち取ったスロベニア人、クロアチア人、マケドニア人、ボスニア人の成功に勇気づけられたKLAの戦士たちは、コソボからできる限り多くの非アルバニア人を暴力的に追い出し始めたのであった。ロマ人、ユダヤ人、トルコ人、そして何よりもセルビア人が、アルバニア人による民族浄化の犠牲となった。

米国は当初、KLAに対する評価を非常に正直なものにしていた。米国のボスニア特使ロバート・ゲルバードは、「何の疑いもなくテロ集団である」と呼んだ。KLAの支援者にはオサマ・ビンラディンや他のイスラム過激派が含まれているとれ、グループは主にヘロインと性奴隷の売買によってその活動を支えていた。国務省は1998年、KLAをテロ組織のリストに加えた。

しかし、KLAは、その悪辣さにもかかわらず、反抗的なユーゴスラビア大統領スロボダン・ミロシェビッチと戦うことで、ワシントンに気に入られた。この頃、ユーゴスラビアはかつて8つの自治共和国から構成されていたが、長年の流血の内戦によって、セルビア、モンテネグロ、コソボの3国に縮小されていた。セルビア人にとって、コソボは国家発祥の地であり、その支配的な民族である。ベオグラードは、コソボを手放すわけにはいかず、クリントン政権もそれを知っていた。チェチェンがモスクワからの独立を求めて戦い、それに対してロシア軍が恐ろしい残虐行為を行ったとき、アメリカ大統領はこの戦争をロシアの内政問題だと言い、ロシアのエリツィン大統領をほとんど批判しなかったからだ。しかし、ユーゴスラビアの崩壊を防ぐためにミロシェビッチ氏が武力行使に出ると、彼はすぐに注目されるようになった。

NATOはKLAをコソボにおける「暴力の主犯」と呼び、セルビア人に対する「意図的な挑発キャンペーンと思われるもの」を非難したが、クリントン政権はそれでもミロシェビッチ政権を攻撃しようと決意していた。米国情報部は、KLAがセルビア人部隊の厳しい報復攻撃を誘発し、米国とNATOを紛争に巻き込もうとしていることを確認した。しかし、クリントン大統領は耳を貸さなかったようだ。米国を中心とするNATO諸国は、ミロシェビッチに「NATOにコソボ全土の占領とセルビアの自由統治を認めよ」と、到底受け入れられないような最後通牒を突きつけた。ルービン米国務次官補は後に、「公には合意を求めていることを明らかにしなければならなかったが、私的にはセルビア人が合意する可能性は極めて小さいとわかっていた」と認めている。

Wagging the Dog?

1997年、映画『ワグ・ザ・ドッグ 』が公開され、絶賛を浴びた。この作品は、ワシントンDCのスピンドクターとハリウッドのプロデューサーが、アルバニアでの架空の戦争をでっち上げ、大統領のセックススキャンダルからアメリカの有権者の目をそらそうとするダークコメディである。モニカ・ルインスキーのスキャンダル、クリントンの弾劾、バルカン半島での戦争など、1998年から1999年にかけて起こった現実の出来事と、この映画の類似点を指摘する人は少なくなかった。Wag the Dog』のように、残虐行為が誇張されたり、完全に捏造されたりしており、映画と同様に、アメリカとNATOの勢力は、自分たちの戦争を人道的介入として売り込もうとした。ユーゴスラビアへの攻撃は、セルビア人によるアルバニア人の民族浄化を回避するために必要だと言われた。

これには二つの大きな問題があった。第1に、NATOがユーゴスラビアを無慈悲に爆撃し始めた後まで、セルビア人によるアルバニア系コソボ人の民族浄化は行われていなかったことである。ドイツ政府は、これを確認する報告書をいくつか出している。その一つは、1998年10月のもので、その一部を紹介する。

1998年2月以降のユーゴスラビア軍と警察の暴力行為は、分離主義活動を目的としたものであり、コソボの全アルバン人民族またはその一部に対する迫害の証拠にはならない。1998年2月以降のユーゴスラビアの暴力行為と行き過ぎた行為に関与していたのは、軍の地下運動(特にKLA)に対する選択的な強制行動だった。.. アルバニア人の全民族を対象とした国家計画や迫害は現在も以前も存在しない。

その後、1999年の冬までに発行されたドイツ政府の報告書も、同様のことを語っている。「1998年2月と3月以降の出来事は、アルバニア人の民族性に基づく迫害計画を証明するものではない」と、NATOによる爆撃が始まるちょうど1カ月前に発表されたある報告書は述べている。「セルビア軍による措置は、第1にKLAとその信奉者、支持者を撲滅することに向けられている」。

セルビア人は確かに残虐行為を行ったが(特にNATOの猛烈な空爆が始まった後)、クリントン政権と米国企業の主流メディアは、これらをしばしば大幅に誇張した。クリントンは、60万人のアルバニア人が「コソボ内に閉じ込められ、避難所もなく、食料も不足し、家に帰るのを恐れ、集団墓地に埋められた」と主張し、メディアはそれを忠実に鸚鵡返しした。これは完全に誤りであった。米国の外交官デビッド・シェファーは、「22万5千人のアルバニア人男性が。..行方不明になり、死亡したと推定される」と主張した。これも全くのでっち上げである。FBI、国際戦争犯罪法廷、そして世界の法医学の専門家が、NATOの爆撃が止んだ後、大挙してコソボに押し寄せた。彼らが発見した犠牲者の総数は、米国が主張した数字の1%程度であった。

しかし、NATOが攻撃すると、セルビア側は予想通り猛反発した。驚くべきことに、NATOのウェスリー・クラーク司令官は、アルバニア系コソボ人に対するセルビア人の残虐行為は「十分に予想されたこと」であり、ワシントンにはほとんど関心がなかったと宣言したのだ。NATOとKLAはユーゴスラビアとの戦争を引き起こしただけでなく、激怒したセルビア軍による確実で厳しい報復によって、多くの無実の市民が殺され、傷つけられ、避難することを知りながらそうした。NATOの元トッププランナー、マイケル・マグワイヤーは、「空爆を人道的介入と表現するのは実にグロテスクだ」と認めている。

血まみれの偽善者

アメリカが人道的な理由でユーゴスラビアを攻撃したと主張するもう一つの大きな問題は、クリントン政権が最近、アメリカの介入なしにはるかにひどい人道的大惨事を引き起こし、当時はそれを許していたことである。1994年のルワンダの大虐殺では、クリントンをはじめとする世界の指導者たちが傍観している間に、80万人以上の男性、女性、子どもが虐殺された。また、アメリカはアフガニスタンの安定を目指し、トルクメニスタンからパキスタンへのガスパイプラインの建設を視野に入れ、中世の残忍なタリバン政権を口説いた。またクリントンは、ロシア軍がコーカサス地方の民族主義者の反乱を激しく鎮圧するのを止めなかった。そこでは、アルバニア系コソボ人がセルビア人と戦っていたのと同じように、チェチェンの反乱軍が独立を求めて戦っていた。

西半球で最も多く米国の軍事・経済援助を受けているコロンビアは、左翼反乱軍と長く苦しんでいる先住民族に対して、数十年にわたる激しい恐怖のキャンペーンを繰り広げているところだった。恐ろしい残虐行為と蔓延する人権侵害にもかかわらず、米国のボゴタへの援助は年々増加している。トルコでは、クリントン大統領は、政府軍がクルド人分離主義者に対して広範な残虐行為を行うのを何も阻止しなかったばかりか、数十億ドルの融資と武器売却で、NATOの同盟国を積極的に後押しした。サウジアラビアは、アフガニスタン以南で最も抑圧的な原理主義政権の本拠地であり、世界最悪の人権記録を持っているにもかかわらず、米国の好ましい同盟国であったし、現在もそうである。リストは延々と続く。

1995年8月、米国が訓練したクロアチア軍によって、20万人ものセルビア人がクラジナ地方から強制的に追放された。クラジナ地方のセルビア人は、その4年前に少数民族であるクロアチア人を粛清する民族浄化作戦を行っており、今度はセルビア人がその恐怖にさらされる番であった。クロアチア軍はクラジナを襲撃し、町に砲撃を加え、罪のない市民を殺戮した。逃げ遅れた病人や老人は処刑されるか、家の中で生きたまま焼かれ、クロアチア兵は避難民の車列を機銃掃射で撃った。

「セルビア人にとっての痛み」

NATOの対ユーゴスラビア空爆で行われた恐るべき無差別残虐行為と比較すれば、現実と想像の両方におけるセルビア人の犯罪に対するワシントンの選別された憤りは、全く許しがたいものである。オーストラリアの著名なジャーナリスト、ジョン・ピルガーは、「セルビアへの攻撃で、NATOのミサイルの2パーセントが軍事目標を攻撃し、残りは病院、学校、工場、教会、放送スタジオを攻撃した」と指摘している。米国と同盟国の戦闘機とミサイルが、セルビア軍と同様に、あるいはそれ以上にセルビア国民を標的にしていたことは、ほとんど疑いの余地がない。空爆は、国土の70パーセントの電力と水道の大部分を停止させた。

NATO軍機はまた、人口密度の高いベオグラード中心部にあるセルビア国営テレビ・ラジオの本部が入ったビルを故意に爆撃した。この攻撃は1999年4月23日、200人の従業員が勤務している最中に何の前触れもなく起こった。死亡した16人の中には、化粧師、カメラマン、番組ディレクター、編集者、警備員3人が含まれていた。このテロがセルビア人の士気を下げることを意図していたことは間違いない。ビル・クリントン、トニー・ブレア英首相、ジャック・シラク仏大統領らが閲覧したNATOの計画文書では、このような攻撃で350人が死亡し、そのうち250人は近くのアパートに住む罪のない一般市民が犠牲になると予想されていたのだから。

連合国軍の司令官はユーゴスラビアで「犠牲者ゼロの戦争」を戦いたかった。NATO軍に犠牲者が出ないように、空爆の対象である人々ではなく、NATO軍に犠牲者が出ないように、である。国防総省のケネス・ベーコン報道官は、「これはセルビア人にとって苦痛なことだ」と悲壮感を漂わせながら予測した。確かにそうだ。NATO軍機は、パイロットにとって安全な高さである15,000フィート(4,500メートル)で出撃した。しかし、これでは精度が落ち、地上での民間人の犠牲が増えることになる。ベオグラード中心部へのある攻撃では、レーザー誘導の「精密」爆弾が誤ってドラギシャ・ミソビッチ病院を襲い、集中治療室と小児疾患棟を破壊し、攻撃時に不運にも陣痛中だった妊婦数人を負傷させた。ドラガナ・クルスティッチさん(23歳)は、癌の手術(胃から4.5キロの腫瘍を摘出)で回復していたところ、爆弾が彼女の首と肩にギザギザのガラスの破片を吹き付けた。「胃と肩と心臓のどれが一番痛いか分からない」と彼女は嘆いた。

NATOによって爆撃された病院は、ドラギシャ・ミソビッチだけではない。オランダ空軍の戦闘機が投下したクラスター爆弾は、5月7日にニシュ市の病院と市場を襲い、15人が死亡、60人以上が負傷した。6日には、鉱山の町アレクシナクで救急クリニックと診療所が爆撃され、少なくとも5人が死亡、数十人が負傷した。

橋はNATOの爆撃の好ターゲットだった。4月12日、ベオグラードからギリシャのテッサロニキに向かう国際旅客列車が、グルデリツァ峡谷を横切る際に2発のミサイルで吹き飛ばされた。子供と妊婦1人を含む15人が死亡し、16人が負傷した。連合国軍のウェスリー・クラーク司令官は、1発目のミサイルで損傷を受けた列車があまりにも速く走行していたため、パイロットが橋への2発目の攻撃を中止することができなかったと主張した。そして、パイロットの行動が許容できるように、3倍以上スピードアップされた加工ビデオを提供した。

5月1日、ルジャンの橋をバスが渡っているところをNATO軍機が爆撃し、少なくとも24人の民間人(多くは子ども)が死亡した。現場に駆けつけた救急車は、2発目の爆弾に襲われた。月30日の春の晴れた午後、ヴァヴァリンという小さな町のヴェリカ・モラヴァ川にかかる橋が、正教会の祝日を祝うために数百人の地元住民が近くに集まっているときに、低空飛行するドイツ空軍のF16戦闘機によって爆撃された。最初の爆撃で負傷した人たちを助けるために橋に駆けつけた人たちを、戦闘機が再び爆撃して、11人が死亡した。

誰も安全ではない

スルドゥリツァの村人たちが被った惨状は、セルビアの誰もがNATOの猛威から安全でなかったことを物語っている。3週間の間に175回もの爆撃に耐え、人口1万人ほどの町で50棟が破壊され、600棟が被害を受けた。4月27日には、軍の兵舎を破壊するための爆弾が住宅街に落ち、12人の子供を含む20人の市民が死亡した。負傷者は100人にも及んだ。月31日、NATO軍機が弾薬庫を爆撃しようと戻ってきたが、代わりに老人ホームを直撃。さらに数十人が負傷した。米軍は当初、この攻撃には「誤射はなかった」と発表した。しかし、ジョン・ハムレ国防副長官は後に議会で、「パイロットが混乱したケースだった」と証言している。

CIAは、ベオグラードの中国大使館と判明したステルス爆撃機の攻撃を承認するために、古くなった地図に依存したときにも混乱したようだ。中国人ジャーナリスト3人が死亡し、27人が負傷した。英国のオブザーバー紙は、大使館がユーゴスラビア軍との通信に使われているのを発見し、米国が意図的に爆撃を行ったと報じた

このほかにも、悲惨な事故や奇妙な事故など、さまざまな事故があった。NATOが支援すると言っていたアルバニア人に対する2つの攻撃で、160人が死亡し、その多くが女性や子どもだった。月14日、NATOの戦闘機は、コソボ西部のジャコバとデサンの町を結ぶ12マイル(19キロ)の道路沿いの難民を爆撃し、16人の子供を含む73人が死亡、36人が負傷した。ジャーナリストたちは、「黒焦げになった死体や吹き飛ばされた死体、ねじれた残骸と化したトラクター、廃墟と化した家屋」といった悲惨な光景を伝えている。ちょうど1カ月後、コリサの近くで別の難民の隊列が爆撃され、87人(ほとんどが女性、子供、高齢者)が死亡し、60人が負傷した。奇妙なことに、NATOのミサイルが、セルビアから40マイル(64キロ)離れたブルガリアの首都ソフィアの住宅地を襲った。アメリカのAGM-88 HARMミサイルは、浴室で髭を剃っていた男性の家の屋根を吹き飛ばした。

NATOの「人殺しの凶悪犯」

ユーゴスラビアの人々がNATOの空爆によって恐怖にさらされていた頃、コソボ解放軍のテロリストたちは、コソボのセルビア人やロマ人に対して残虐行為を強めていた。平和を守るために現地に配備されたNATO軍は、しばしばKLAの残忍なキャンペーンからこれらの人々を守ることができなかった。2001年夏には、KLAによる民族浄化によってコソボはほぼ完全にアルバニア人となり、有刺鉄線で囲まれた少数のセルビア人が怯えながら暮らしているだけであった。

KLAは、やがて隣国マケドニアにも戦火を拡大した。NATOのロバートソン事務総長は、このテロ集団を「殺人的な凶悪犯」と呼んだが、ブッシュ大統領になった米国は、貴重な支援を提供しつづけた。2001年6月、400人のKLA戦闘員がアラシンボで包囲されたとき、NATOはマケドニア軍に攻撃を阻止するよう命じ、米軍の車列が包囲された武装勢力を救出した。その後、17人のアメリカ人軍事顧問がアラシノボのKLAに組み込まれていたことが明らかになった。

信頼性の難問

ユーゴスラビアへの空爆は、米国とNATOの信頼性を維持するためのものだった。ベオグラードに対する同盟国のサーベル攻撃は、同盟国を窮地に追い込み、そこから脱出する唯一の方法は、銃で撃つことだった。クリントン大統領は、「脅しから行動を起こさなければ、NATOの信用を失墜させることになる」と述べた。さらにクリントン大統領は、「私たちの使命は明確であり、NATOの目的の重大さを示すことだ」と付け加えた。大統領は、加盟国を外部からの攻撃から守るというNATOの真の目的について、意図的に無知であるようだ。英国のトニー・ブレア首相もクリントンに同意し、戦争前夜に「今、手を引くことは。..NATOの信頼性を破壊することになる」と宣言している。自由主義的なケイトー研究所の外交政策アナリスト、ゲイリー・デンプシーは、クリントン政権が「米国の領土保全、国家主権、一般福祉に対する脅威とはならない紛争を、米国の決意の大きな試練に変えてしまった」と書いている。

信用を得るために戦争をしたり、長引かせたりすることは常に危険であり、常に悲惨な結果をもたらすようだ。リチャード・ニクソンがベトナムから「名誉ある」脱出方法を模索している間に、何万人もの米軍とその何倍ものベトナム、ラオス、カンボジアの兵士や民間人が死んだ。ロナルド・レーガンは、米国の信頼性をひたすら守ろうとした結果、1983年のヒズボラによるベイルート兵舎爆破事件で299人の米軍とフランス軍の命を奪った。今回、アメリカの信頼性を確保することは、凶悪なKLAを支援することを意味した。KLAの戦闘員の一部は、アフガニスタンにあるオサマ・ビンラディンのテロキャンプで訓練を受けていたのだ。アルカイダは、1998年のケニアとタンザニアの大使館爆破事件など、すでにアメリカに対する致命的な攻撃を行っていたにもかかわらず、である。

ユーゴスラビアを爆撃したことで、短期的にNATOの信頼性が高まったかどうかは、大いに疑問である。長期的に見れば、確かにそうではなかった。この戦争は、NATOが主権国家を攻撃した最初で唯一の機会であった。しかも、加盟国への脅威もなく、国連安全保障理事会の承認もないまま、一方的に行った。「もしNATOが国際的な承認なしに軍事行動に出るなら、安全保障上のパートナーとしてのNATOの信頼性に疑問符がつく」。当時、モスクワのNATO大使だったセルゲイ・キスリャク・ロシア大使は、サンフランシスコでのレセプションで私にこう言った。

それから20年、連合軍作戦はアメリカではすっかり忘れ去られてしまった。21世紀のほとんどをテロとのノンストップ戦争に費やしてきたアメリカでは、1999年のNATO空戦はアメリカ現代史の脚注に過ぎない。しかし、セルビア人は今でもその不公平と偽善に憤っている。旧ユーゴスラビア国防省、セルビアラジオテレビ本社などの爆撃跡は、NATOの信頼性のためにセルビア国民が耐えた惨状を、常に痛烈に思い起こさせるものである。

ブレット・ウィルキンスは、サンフランシスコを拠点とする作家であり、活動家である。戦争と平和、人権の問題に焦点を当てた彼の作品は、www.brettwilkins.comアーカイブされている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました