プロパガンダ・全体主義

すべてが武器になる:アメリカ政府は国民に心理戦争を仕掛けている
John Whitehead's Commentary

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.rutherford.org/publications_resources/john_whiteheads_commentary/everything_is_a_weapon_the_u.s_government_is_waging_psychological_warfare_on_the_nation

ジョン・W・ホワイトヘッド、ニシャ・ホワイトヘッド著

グローバルリサーチ 2022年06月09日

「誰が糸を引いているのか、不思議に思ったことはないか?私たちは欺くことも、説得することも、変えることも、影響を与えることも、鼓舞することもできる。私たちはさまざまな形で登場する。我々はどこにでもいる。」 – 米陸軍心理作戦募集ビデオ

米国政府は、米国民に対して心理戦争を仕掛けている。

いや、これは陰謀論ではない。

ランド研究所によれば、心理戦とは、「反対派の意見、感情、態度、行動に影響を与えるために、プロパガンダやその他の心理作戦を計画的に使用することだ」とされている。

もう何年も前から、政府は国民をプロパガンダキャンペーンや心理作戦で攻撃してきた。その目的は、我々を従わせ、簡単にコントロールし、警察国家の海外と国内の様々な取り組みを支持させることだ。

政府はそのオーウェル的な操作力に自信を持っており、それを自慢するようになった。例えば、つい最近、心理戦を担当する米陸軍の第4心理作戦群が公開した募集用ビデオでは、糸を引き、触れるものすべてを武器に変え、どこにでもいて、だまし、説得し、変え、影響を与え、鼓舞する努力を売り物にしている。

これこそが、目に見えないところに潜む危険なのだ。

政府の膨大な兵器庫にある多くの武器の中で、心理戦は長期的な影響という点で最も破壊的なものかもしれない。

軍事専門誌『Task and Purpose』が説明するように、「心理戦とは、政府、権力者、そして一般市民に影響を与えることだ。PSYOP兵士の主要任務は、『外国政府や市民の感情、気づき、推論、行動』に影響を与え、『意図的に』敵軍をだまし、政府に助言し、災害救援や救助活動にコミュニケーションを提供すること」なのだ。

しかし、こうしたPsyops(心理作戦)キャンペーンが、外国の敵だけを狙ったものだと騙されてはいけない。政府は、「われわれ国民」を国内の敵として、標的とし、追跡し、操作し、細かく管理し、モニタリングし、容疑者と見なし、基本的な権利を簡単に捨てられる特権であるかのように扱うことを言動で明確にしているのである。

技術の進歩と科学的実験に助けられ、政府は前世紀の大部分においてアメリカ国民を「アップルパイ・プロパガンダ」の対象にしてきた。

政府が、ほとんど無防備な市民に心理戦争を仕掛け続けている方法をいくつか考えてみよう。

暴力を武器にする

驚くほど定期的に、国民を恐怖に陥れ、国の生態系を不安定にし、国家安全保障のためと称して、国民があまり異議を唱えることなく、政府が取り締まり、封鎖し、さらに権威主義的な政策を行う正当性を与えるような暴力が頻発しつづける。

モニタリング、事前犯罪、事前思想キャンペーンを武器にする

モニタリング、デジタルストーキング、アメリカ人のデータマイニングは、軽率さや不完全さ、独立行為の余地がほとんどない社会へと発展していく。政府がすべてを見、すべてを知り、最も善良に見える市民でさえも犯罪者や脱法者とする法律を豊富に持つようになれば、「隠すものがなければ何も心配することはない」という古い格言はもはや当てはまらない。政府機関と企業が連携して、誰が潜在的な危険人物かを判断し、脅威の評価、行動感知警告、フラグ付きの「単語」、自動化された目と耳、ソーシャルメディア、行動感知ソフトウェア、市民スパイを使った「疑わしい」行動報告などの粘着性のある蜘蛛の巣を紡ぐ犯罪前プログラムが加わり、完璧なディストピアの悪夢ができあがるのである。政府による犯罪との戦いは、今やソーシャルメディアとテクノロジーによる囮捜査の領域に踏み込んでおり、政府の捜査官は、潜在的な容疑者をモニタリングし、ターゲットにし、捕らえるために、ソーシャルメディアの偽のアイデンティティとAIが作成したプロフィール写真を採用している。

デジタル通貨、ソーシャル・メディア・スコア、検閲を武器にする

政府と協力している技術大手は、デジタル専制政治と企業検閲によって、自分たちなりの社会正義を実現し、真の適正手続きや審査、上訴がないまま、好きな時に好きな口実で好きな人を口封じしてきた。残念ながら、デジタル検閲は始まりに過ぎない。デジタル通貨(これは「政府が市民をモニタリングし、金融取引を管理するための道具」として使うことができる)は、ソーシャルメディアの点数と監視資本主義を組み合わせると、誰が社会の一員にふさわしいかを決めるリトマス試験となり、個人の道徳的過ちや社会的違反に対して罰する(そして政府が認可した行動を遵守することで報いる)ことができるようになる。中国では、何百万人もの個人や企業が、ソーシャルメディア上の信用度に基づいて「善良な」市民かどうかを採点し、「ふさわしくない」としてブラックリストに載せられており、金融市場へのアクセス、不動産の購入、飛行機や列車での旅行が禁止されている。

コンプライアンスを武器にする

どんなに善意の政府の法律やプログラムであっても、利益と権力が絡めば、違法な目的のために利用され、腐敗する可能性があり、これまでもそうされてきた。テロとの戦い、麻薬との戦い、COVID-19との戦い、不法移民との戦い、資産没収計画、交通安全計画、学校安全計画、土地収用など、これらの計画はすべて差し迫った問題に対する正当な対応として始まったが、その後、警察国家の手によってコンプライアンスと管理のための武器となった。

娯楽を武器にする

過去一世紀にわたり、国防総省のエンターテインメント・メディア局は、納税者の負担でハリウッドに機材や人材、技術的な専門知識を提供してきた。その代わりに、軍産複合体は「トップガン」やその続編である「トップガン」などの大作で主役の座を獲得してきた。このことは、戦争タカ派のための無料広告、軍事帝国のための歩兵の募集、国の終わりのない戦争のツケを払わなければならない納税者の愛国心熱、そして戦争マシーンを適切、英雄的、必要的に見せるディストピアスリラーを作り出そうとするハリウッドの先見性ということになる。CBSの放送局員で戦争情報局の局長に任命されたエルマー・デイヴィスは、「ほとんどの人の心にプロパガンダのアイデアを注入する最も簡単な方法は、プロパガンダされていることに気づかないときに娯楽映画という媒体を通してそれを流すことだ」と述べている。

行動科学とナッジングを武器にする

国民をモニタリングし、コントロールするために拡大し続ける武器や技術を使うことを正当化し、権限を与えられたと感じる政府がもたらすあからさまな危険とは別に、同じ技術を使って一斉に行動に影響を与え、国民をコントロールする権限を与えられた政府がもたらす秘密の危険も存在する。実際、オバマ大統領は、官僚主義を最小化し、人々が政府のプログラムに反応する方法に影響を与えるために、「行動科学」の手法を用いるよう連邦政府機関に指示する大統領令を出したのであった。事務処理に対する人々の反応に影響を与えようとする行動プログラムから、他のもっと重要な事柄に関する国民の意見を形成しようとする政府プログラムへ、ホップ、スキップ、ジャンプするのは簡単なことなのだ。このように、米国を含む世界中の政府は、自由意志の体裁を保ちつつ、権力者が望む方向に市民を誘導する「ナッジユニット」にますます依存するようになってきている。

私たちを誤った安心感で陥れようとする脱感作キャンペーンを武器にする

近年の出来事-侵略的なモニタリング、過激派の報告、市民の不安、抗議活動、銃撃、爆破、軍事演習とアクティブシューター訓練、閉鎖、色分けされた警告と脅威評価、融合センター、地方警察の軍隊の延長への変貌、地方警察への軍事装備と武器の配布、反体制者や問題児の名前を含む政府のデータベース-は、警察国家を喜んで、さらには喜んで受け入れるように人々を慣れさせてきた。

恐怖とパラノイアを武器にする

恐怖の言葉は、衆参両院の政治家が効果的に語り、メディアの専門家がケーブルテレビの教壇から叫び、企業が売り込み、官僚的な法律として成文化されているが、私たちの生活をより安全に、より安全にすることにはほとんど役立っていない。歴史が示すように、恐怖は政治家が政府の力を増大させ、国民を支配するために最もよく使う方法であり、国民を派閥に分け、互いを敵とみなすように説得するものである。このマキャベリ的な手法は、国民を虜にしてしまい、「私たち」対「彼ら」の考え方を採用するように操られていることに気づくアメリカ人はほとんどいない。その代わりに、幻の敵に対する恐怖と嫌悪を煽り、政治選挙、軍国警察、スパイ技術、果てしない戦争に何百万ドルもの資金を注ぎ込み、決して訪れない安全の保証を望んでいるのである。その間も、ロビイストや企業に買収されて金を得た権力者たちは、金のかかる計画を進め、「われわれカモ」は税金を払わされ、身体検査や警察の手入れ、24時間体制のモニタリングにさらされるのである。

遺伝子を武器にする

恐怖は、恐怖に支配され、平和になり、臆病になった市民を育てることによって、ファシズムへの移行の歯車に油を注ぐだけでなく、恐怖と遵守を子孫に伝えるために、我々のDNAそのものに埋め込まれてしまう。これはエピジェネティック継承と呼ばれるもので、トラウマとなるような体験がDNAを通じて伝達されることだ。例えば、神経科学者たちは、恐怖がマウスのDNAを何世代にもわたって伝わることを観察している。ワシントンポスト紙が報じているように、「人間に関する研究では、飢饉、ホロコースト 2001年9月11日のテロ攻撃といったトラウマ的な出来事が、子供や孫にエピジェネティックな影響を及ぼしている可能性が示唆されている 」のである。

未来を武器にする

政府は、私たちを待ち受けているディストピア的な未来に備えることの必要性について、より頻繁に警告を発している。例えば、国防総省の訓練用ビデオ「メガシティ」。Urban Future, the Emerging Complexity)」では 20-30年(偶然にも、社会がメタバースによるシンギュラリティを達成し始めるのと同じ)には、将来の国内の政治・社会問題を解決するために軍が武力行使を求められると予測している。つまり、国家の安全保障を最優先とした戒厳令である。5分間のトレーニングビデオは、「犯罪ネットワーク」「標準以下のインフラ」「宗教と民族の緊張」「貧困、スラム」「埋め立て地、過負荷の下水道」「失業者の増加」「豊かな経済エリートが持たざる者の貧困化から保護されなければならない都市風景」に苦しめられる未来についての不吉な絵を描きだしている。われわれ人民」は「持たざる者」だ。

これらのマインド・コントロール・キャンペーンの最終目標は、より大きな利益を装って、全体主義的な警察国家をイメージして国を作り直すことを、アメリカ国民がどこまで許すか、ということだ。

事実が物語っている

それが危険、脅威、脅威であるにせよ、米国政府がわれわれの最善の利益を考えていないことは確かであり、自由の味方であることもない。

政府が自らを市民より優れていると考えるとき、政府がもはや国民の利益のために活動しないとき、国民がもはや平和的に政府を改革することができないとき、政府の役人が公僕のように振る舞わなくなったとき、選ばれた役人がもはや国民の意志を代表しなくなったとき、である。政府が日常的に国民の権利を侵害し、犯罪者階級よりも多くの暴力を国民に対して行うとき、政府の支出が説明不可能であり、司法が正義ではなく秩序の法廷として機能するとき、そして政府がもはや憲法の法律に拘束されないとき、あなたはもはや「国民の、国民による、国民のための」政府を持っていないのである。

今あるのは、狼の政府だ

私たちの背中は、ことわざにあるように壁に突き当たっている。

「私たち人民」-考える人、理性的な人、立ち上がる人、抵抗する人、尊厳と配慮をもって扱われることを求める人、すべての人のための自由と正義を信じる人-は、国家にとって有用でなくなった人間を消耗品とみなす全体主義国家の過小評価の市民になってしまった。

覚悟を決めてほしい。

拙著『バトルフィールド・アメリカ』の中で明らかにしているように。The War on the American People)およびその架空の対談(The Erik Blair Diaries)で明らかにしているように、「我々国民」はディープ・ステートの敵になったのである。


憲法学者で作家のジョン・W・ホワイトヘッド氏は、ラザフォード研究所の創設者であり、代表を務めている。近著にベストセラー「バトルフィールド・アメリカ」(原題:Battlefield America)がある。The War on the American People」、「A Government of Wolves」(受賞歴あり)「The Emerging American Police State」(受賞歴あり)。The Emerging American Police State)デビュー作のディストピア小説「The Erik Blair Diaries」などがある。ホワイトヘッド氏の連絡先は、atstaff@rutherford.org。

Nisha Whiteheadは、ラザフォード研究所のエグゼクティブ・ディレクターである。ラザフォード研究所に関する情報は、www.rutherford.org で入手可能。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました