ワクチンワクチンの安全性・有害事象

日本の心臓血管外科医 ワクチンブースターを中止し、深刻なリスクを回避せよ
Japanese Cardiovascular Surgeon: Stop the Vaccine Boosters Now Due to Serious Risks

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.trialsitenews.com/a/japanese-cardiovascular-surgeon-stop-the-vaccine-boosters-now-due-to-serious-risks-fca9a6f3

トライアルサイトスタッフ

2022年6月7日午前3時30分

まず、心臓血管外科医は、ワクチンの効果の衰えについて、すべての人に注意を促している。COVID-19ワクチンを2回投与した後の8カ月目には、「免疫力はワクチン未接種者のそれより低くなった 」という。欧州医薬品庁(EMA)は、「免疫反応に悪影響を与え、実行不可能な場合がある 」と考え、頻繁なブースターショットを避けるよう提案している。山本賢二氏は、オープンアクセスの査読付き雑誌であるVirology Journalにコメント文を寄稿している。岡村記念病院心臓血管外科、下肢静脈瘤センター(本州中部太平洋岸、富士山に近い)外科医である。山本医師は、編集者への手紙の中で、「安全対策として、さらなるブースター接種を中止し、脆弱な患者には他のいくつかの対策を講じるべきである」と宣言している。この高名な心臓血管外科医は、メディアが死亡例を含むCOVID-19ワクチンによる傷害を検閲していることを認めている。

virologyj.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12985-022-01831-0

TrialSiteprovideは、より一般的な理解のために、山本医師の内訳を提供する。

なぜ免疫力が低下するのか?

「N1-methylpseudouridine、スパイクタンパク質、脂質ナノ粒子、抗体依存性増強、本来の抗原刺激 」が原因ではないか?

日本で観察された安全性に関する懸念は?

山本医師は、COVID-19に関連して、「ワクチン後天性免疫不全症候群 」と呼ばれることもある帯状疱疹の発現の問題を報告されている。心臓血管外科医の報告によると 2021年末以降、岡村記念病院のチームは、COVID-19の多数の症例だけでなく、コントロールが困難な 「帯状疱疹感染症」にも遭遇しているとのことだ。ワクチン接種によるより極端な例では、例えば開心術後に重篤な炎症が起き、死亡例も出たと共有した。

感染症のリスクを考えると、山本先生は、「術後の予後を評価するさまざまな医療アルゴリズムは、今後見直す必要があるかもしれない 」との見解を示している。

日本の爆弾ニュース

さらに、「ワクチン投与による免疫性血小板減少症(VTT)などの有害事象について、メディアはこれまで偏ったプロパガンダのために隠してきた」と、多くの人が知っている現実を話してくれた。原因は波状的に認識されることが多いものの、偏向のせいもあって対応していない、と外科医は説明する。

また、「接種開始以来、研究所で確認されたHIT抗体陽性4例」は、ワクチンによる「VTTによる致死例」であると指摘している。

安全対策はどうすればいいのか?

心臓血管外科に来院するリスクの高い脆弱な患者さんに対して、日本の医師は、「安全対策として、ブースター接種を中止すること 」を伝えている。

電子カルテに接種日を記録することに加え、先生は「免疫力の低下を防ぐためのいくつかの実践策」を提案している。

  • 深部体温を維持するための非ステロイド性抗炎症薬(アセトアミノフェンを含む)の使用制限
  • 抗生物質の適切な使用
  • 禁煙
  • ストレスコントロール
  • 周術期の免疫抑制を引き起こす可能性のあるプロポフォールを含む乳化剤の使用を制限する。

少なくとも、重症患者に関しては、COVID-19ワクチンは「主要な危険因子」であり、米国における組織医療の行軍命令に反するものである。

研究代表者・研究分担者

岡村記念病院 心臓血管外科 下肢静脈瘤センター 心臓血管外科医 山本賢二

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました