イベルメクチンがデリーの症例の97%を消し去る

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

イベルメクチン一般記事-IVM
Ivermectin obliterates 97 percent of Delhi cases

https://www.thedesertreview.com/news/national/ivermectin-obliterates-97-percent-of-delhi-cases/article_6a3be6b2-c31f-11eb-836d-2722d2325a08.html

イベルメクチンでデリーの症例が97%減少したことは決定的だ。このグラフは、命を救い、人権を守るための壮大な闘いの最後の一歩を踏み出したことを表している。このグラフは、理性が腐敗に、善が悪に、そして正しさが誤りに勝ったことを象徴している。これは、ゴリアテに対するダビデの勝利と同じくらい重要な意味を持つ。これは、イベルメクチンと早期外来治療の絶対的な正当性を示すものだ。WHO、FDA、NIH、CDCの「顔が青くなるまで家で待機しなさい」という方針に対する明確な反論である。

ピエール・コーリー博士は 2020年12月8日、イベルメクチンがこのウイルスを「抹殺する」(obliterates)と世界に発信した。Obliterateとは、decimate(壊滅させる)demolish(取り壊す)annihilate(消滅させる)という意味である。すべての痕跡、兆候、意味をなくす、破壊するという意味である。

このグラフは、4月20日からデリーで使用されたイベルメクチンが、彼らのCOVID危機を消し去ったことを示している。セールスマンでも、製薬会社でも、テレビの有名人でも、そしてWHOやNIHからお金をもらっているトップドクターでも、誰もあなたを説得できないはずだ。

あなたは、この97%の撲滅率のグラフを信じるのか、それとも、大メディア、大製薬会社、WHO、FDAなど、巨額の金銭的利益相反関係にある組織が流すプロパガンダを信じるのか、つまり、証拠が不十分だと言う人たちを信じるのか?

5週間で97%の減少という数字以上に明確な証拠があるだろうか?この数字は、現在のワクチンよりも優れており、ほとんどの医薬品の手が届かないものである。

WHOはインドに、イベルメクチンを使うのは間違いだと警告した。イベルメクチンは危険であり、効果があるという証拠もないと言ったのだ。真実に立ち向かう前にどれだけの嘘がつかれるのだろうか?

致命的な間違いは、イベルメクチンを使用しなかったことだろう。

幸いなことに彼らはイベルメクチンを使用し、デリーを救ったのだ。しかし、悲劇的なことに、タミル・ナードゥ州はイベルメクチンを使用せず、壊滅的な被害を受けた。新たな感染者は10,986人から36,184人へと3倍に増えたのである。

この事実は誰にも隠せない。イベルメクチンの使用を拒否したことで、彼らに被害が及んだのだ。タミル・ナードゥ州の感染者数がインドで最も多いだけでなく、死亡者数も4月20日の48人から5月27日には474人と10倍に増加した。

一方、同じ期間のデリーの死亡者数は277人から 117人に減少した。では、自分の国にはどちらのアドバイスに従ってほしかったのだろうか?

アメリカでは、ベイラー大学のピーター・マカロー博士、イェール大学のハーベイ・リッシュ博士、ハーバード大学のジョージ・ファリード博士が、2021年11月19日に米国上院で行った証言で、外来での早期治療を最初にアドバイスした。マカロー博士らは、COVID-19の早期外来治療プロトコルを世界で初めて発表した。

DEFINE_ME

そのプロトコルはその後、ジョージ・ファリード博士と彼のダイナミックなアソシエイトであるブライアン・タイソン博士によって改訂された。彼らは現在、カリフォルニア州インペリアル・バレーで6,000人のコービッド患者を救っている。

Local frontline doctors modify COVID treatment based on results
IMPERIAL VALLEY – After more than one year of treating COVID-19 on the Imperial Valley frontlines, which included the months the County was the virus epicenter ...

それから 1ヶ月も経たないうちに、ピエール・コーリー博士が2020年12月8日、米国上院で2度目の警鐘を鳴らした。彼はイベルメクチンの使用を勧めたが、誰も耳を傾けなかった。イベルメクチンのガイドラインは制定されなかった。12月8日、アメリカでは2,821人のCOVIDによる死亡者が出た。イベルメクチンがあれば、感染者を迅速に潰すことができたはずだ。デリーの例を見てもわかるように、死亡者数はすぐに減ったはずだ。

しかし、アメリカはWHOやFDAの公式なアドバイスに従い、ワクチンを待った。人々が息を呑むのを手をこまねいて見ていたのである。何百万人もの人々が青ざめ、病院に殺到するのを何もせずに見続けるだけで、イベルメクチンの承認は得られなかった。イベルメクチンが承認されなかったため、タミル・ナードゥ州と同様、アメリカでも感染者と死亡者が急増した。

わずか4週間後の1月8日には、米国の1日の感染者数は21万9000人から30万人に、死亡者数は2821人から3895人に増えていた。イベルメクチンや早期の外来治療を無視したこの失敗した医療政策のために、さらに多くのアメリカ人が亡くなることになった。

デリーはそれを正しく行った。アメリカとタミル・ナードゥ州は間違ったことをした。その結果、50万人もの尊い命が失われ、世界に多大な痛みと苦しみをもたらした。パンデミックは無意味に長引いてしまった。

今、私たちは異なる立場にいる。我々は、イベルメクチンの有効性を示す絶対的な証拠を持っている。デリーでは、イベルメクチンに毒性があるとか、何か問題があるという話は一度も聞かなかった。それどころか、イベルメクチンは安全であり、何万人もの人々をCOVIDから救ったのだ。

それよりも、今、私たちに何ができるのか。心配する市民として何をするか?このような犠牲の大きい過ちを繰り返さないために、あなたの仲間を救うために何ができるだろうか?まず、「Ivermectin for the World」という本を、あなたの教会や牧師、そして社会的な指導者の知り合いに紹介することから始めよう。そして、この言葉を広く伝えてほしい。

COVID-19の予防と治療のためにイベルメクチンを摂取することは安全だ。

新たな地域でも同じように急増しているので、世界の他の地域にもイベルメクチンのことを伝えなければならない。ベトナムでは新しいハイブリッド型が生まれている。彼らに知らせてほしい。マスクをして社会的に距離を置くだけではなく、ワクチンを待つだけではないことを知ってもらう必要がある。イベルメクチンはすべての亜種に有効だ。ワクチンはそうではない。

しかし、残念ながら、当局はこの情報を検閲し続けるであろう。したがって、この情報を伝える責任は、地球上の市民、あなたと私にある。

日本語訳
書籍「Ivermectin for the World」 はじめに
...

平和的な抗議活動を行おう。この記事を、ソーシャルメディア、メールの連絡先、親戚、友人、同僚など、知り合い全員で共有してほしい。自分はすでにワクチンを接種しているから、この記事は自分には関係ないと思うかもしれない。それは残念ながら真実ではない。

このテーマについて、ピーター・マカロー博士の話を聞いてみてほしい。彼はテキサス州ダラスにあるベイラー大学メディカルセンターの副学長だ。彼は、世界で最も多くの論文を発表している心臓病学者の一人である。 彼は間違いなく、最も勇気を持って発言している医師だ。

参考
ピーター・マカロー博士 テキサス州上院のHHS委員会で証言
...

誰であってもCOVIDを食らうのは理不尽だ。有効な治療法がありながら、誰も死ぬべきではない。

あなたは、これまで何度もあなたを裏切ってきた機関の発表を信じ続けるのか?メディアにフィルターをかけた情報しか流さないように指示した機関や、世界的な科学者を無視した機関を。

このグラフを見てほしい。デリーでは、4月20日にCOVID-19が新たに1日28,395件発生し、さらに増加しているという悲惨な状況だった。

私たちは警鐘を鳴らした。全インド医学研究所(AIIMS)とインド医学研究評議会(ICMR)は、勇気を持ってそれに耳を傾けた。18,447人の患者を対象とした56の研究では、イベルメクチンの投与により死亡率が91%減少したという結果が出ている。ピエール・コーリー博士やFLCCCのような科学者の意見にも耳を傾けた。BIRDグループのテス・ローリー博士やC19グループのピーター・マカロー博士のような世界的な専門家の意見にも耳を傾けた。彼らは賢かった。

2021年5月1日に発売された『世界のためのイベルメクチン』という本では、命を救うためにインドが人道的にイベルメクチンを早急に採用することを求めた。”What we could do for America, we can do for India!”(アメリカにできたことは、インドにもできる!)が私たちのマントラであった。

 

そして、私たちはそれを実行した。

イベルメクチンを選択した地域では、次のような症例数の変化があった。

  • デリー 97% 減少 [28,395人から956人へ]
  • ウッタル・プラデーシュ州  95% 減少 [37,944人から 2,014人へ]
  • ゴア  85%減少[4195人から645人]
  • カルナタカ州  60% 減少 [50,112人から 20,378人へ]
  • ウッタラカンド州  87% 減少 [9,642人から 1,226人へ]

イベルメクチンを選択しなかった地域がどうなったかを見てみよう。

  • タミルナドゥ州 173% 増加 [10,986人から30,016人へ]
  • オディシャ州  50% 増加 [4,761人から7,148人へ]
  • アッサム州  240% 増加 [1,651人から5,613人へ]
  • アルナチャル・プラデーシュ州  656% 増加 [61人から461人へ]
  • トリプラ州 828% 増加 [92人 から 854人へ]
参考 6月4日から過去14日間の増減率 ベスト順

青 イベルメクチン投与 赤 イベルメクチン未投与

上記とは異なる時期の調査

5月3日、FLCCCとBIRDグループはプレスリリースを発表し、COVID-19に対するイベルメクチンの即時世界使用を呼びかけた。 5月7日には、世界で2番目に出版されている集中治療専門医であり、FLCCCの設立メンバーでもあるポール・マリク博士も同様のことを行った。彼はさらに、「巨大な保健機関が医学的・科学的な証拠を正直に検証すること 」をもはや信用することはできないと述べている。

Latest peer-reviewed research: Immediate global ivermectin use will end COVID-19 pandemic
After the most comprehensive review to date, a panel of leading medical experts conclude that ivermectin should be systematically and globally adopted for the ...

インドでは、薬を採用した地域と採用しなかった地域の運命を比較することが重要なテストとなった。これは、究極の自然実験である。そして、ついに全世界に向けて真実が明らかになった。これまで検閲や詐欺を行ってきたのは、大手製薬会社、大手規制当局、大手メディアといった特別な利害関係者ではなくなった。世界中のお金を使っても、デリーで起きている事件を隠すことはできないからだ。世界は、この結果を最前列で見ることができた。繰り返しになるが、結果は出ている。

デリーの事件は、4月20日の28,395件から5月29日にはわずか956件へと97%減少した。

さて、問題はここからだ。あなたは、このグラフに書かれていることを信じるのか?それとも、あなたの利益を第一に考えていない、これまで何度もあなたに嘘をついてきた腐敗した機関を信じるのか?

私は、FLCCCやBIRDのような非営利団体の科学者を信じることを勧めたい。彼らは、あなたの命を救うこと以外には何の利益も得ていない。彼らが一番信頼できる。テス・ロリー博士の慈善活動は、以下のサイトで支援できる。

Page Not Found
We're sorry, but that campaign cannot be found. Please check the link URL and try again.

ピエール・コーリー博士の慈善活動を支援するには、次のサイトを利用してほしい。

Home - FLCCC | Front Line COVID-19 Critical Care Alliance
The 'I-MASK+ Prophylaxis and Early Outpatient Treatment Protocol for COVID-19' and the 'MATH+ Hospital Treatment Protocol for COVID-19' are physiologic-based co...

ジョージ・ファリード博士の慈善活動と彼のCOVID-19プロジェクトを支援するには、COVID-19 ファリード・プロジェクトの名前で www.holtvillebaptist.com に寄付することができる。ジョージ・ファリード博士は、知恵の声だ。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ファリード博士は、元NIHの科学者であり、ハーバード大学の教授でもある。3つの抗がん剤の特許を持っている。2015年のカリフォルニア州農村医師賞に選ばれ、その倫理観と臨床の素晴らしさが評価され、カリフォルニア医師会が贈るPlesner Memorial Awardを受賞していることからもファリード博士は信頼に値し、信用できる人物だ。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

選択肢は明確だ。イベルメクチンは、ノーベル賞を受賞した安全な再利用薬であり、COVID-19による死亡率を最大91%まで効果的に減少させる。 イベルメクチンは、血栓や心臓発作、脳卒中を引き起こすこともない。暴力的な免疫反応を引き起こすこともない。インドのデリーでは、5週間でCOVID-19の感染者が97%も減少したというから驚きだ。費用はわずかだ。

このようなことを、いまだに使用を禁じられているタミル・ナードゥ州の貧しい市民に伝えてほしい。世界中の人々に伝えてほしい。あなたの医者に研究結果を見せてほしい。www.ivmmeta.com で毎日更新されている。主治医が拒否したら、別の医師を探してみよう。

正しいことをしようとヒポクラテスの誓いを立てている科学者や医師の意見に耳を傾けてほしい。一方で、利権に絡んで大金を手にし、党派的な主張をする医師の意見も聞いてみよう。

今度、高給取りの医者が「イベルメクチンは効かない」と言っているのを聞いたり、それを否定する記事を読んだりしたら、自分の目でこのグラフを見て確認しよう。

常識を働かせてほしい。 ある種の真実は自明であり、イベルメクチンがこのウイルスに対して顕著な効果を持つことはその一つだ。イベルメクチンがこのウイルスに効果があることもその一つだ。また、独立宣言にもあるように、政府の干渉を受けずに医療を選択する権利を含む生命に対する人間の権利も自明の理である。

これらの基本的な真実を解釈するのに科学者は必要ない。

命を救う情報を検閲することが間違っていることを知るのに哲学者は必要ない。

世界中の人々が今すぐイベルメクチンを必要としていることを理解するのに、これ以上の「研究」は必要ない。

「インドのためにしたことを、今度は世界のためにしなければならない」

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
COVID-19の初期治療に関するピエール・コーリー医師の上院証言
...
  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker