イベルメクチンピーター・マカロー

「Ivermectin for the World」 第2章 初期の勇敢な開拓者たちによるコービッド再利用医薬品

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Chapter 2 THE EARLY BRAVE PIONEERS OF REPURPOSED COVID DRUGS

第2章 転用されたコービッド医薬品の初期の勇敢な開拓者たち

パンデミックが始まって間もなく 2020年の2月下旬から3月上旬にかけて、多くの医師が即興で治療を始めた。既存の薬を転用することは理にかなっており、私も発見したように、ヒドロキシクロロキン(HCQ)が最適な候補であると考えた。そこで私は、SARS-CoV-2の近縁種であるSARS-CoV-1に対する ヒドロキシクロロキンの有効性について、入手可能なデータを調べてみた。そして ヒドロキシクロロキンは、少なくとも実験室内では、SARS-CoV-1に対して劇的な効果を発揮した。

NIHの元ウイルス学者で、エイズのパイオニアとして名高い。現在はブローリーという小さな町で活動しているファリード博士も同じ研究を読んでいた。フランスではウイルス学界の巨人ディディエ・ラウール博士もこれを読んでいた。ディディエはさらに一歩進んで、大企業やFDAを驚愕させるような最初のヒト試験を行った。

ラウール博士の予備的データによると、COVID-19は ヒドロキシクロロキンという小銭で買える安価な再利用医薬品で止められるということだったので、権力者たちはそれを止めなければならなかった。彼らはまずラウールの信用を落とし、『New York Magazine』誌に中傷記事を書いた。ラウールの長髪を揶揄したり、スタッフを酷使していると非難したり、彼の奇抜な行動を攻撃したりしたのだ。そして、ドナルド・トランプがこの薬を支持していることを利用したのである。

それでは、パンデミックの象徴となったジョージ・ファリード博士から、転用されたCOVID医薬品の旅を始めよう。

ジョージ・ファリード博士

ジョージ・ファリード博士はCOVID-19の治療に再利用医薬品を使用し大きな成功を収めている。彼は南カリフォルニアのインペリアル・バレーで開業している田舎の医師で、再利用医薬品のカクテルを使ってパンデミックに立ち向かい目覚ましい成功を収めている。彼と彼の同僚は、メディアや公式見解がヒドロキシクロロキン(HCQ)に反対していたにもかかわらず何千人もの患者を治療していたが、副作用はなかった。

ファリード博士はタダの田舎の医者ではない。

彼は2015年にCMAのRural Physician of the Yearに選ばれた。現在、彼は70代である。しかしキャリアの初期にはハーバード大学とUCLAの両医科大学で教授を務めた。

彼は、そのパンデミック時にエイズ患者の治療に転用された薬剤カクテルを使用した。ファリード博士は、ウイルスの治療に関しては熟知しており、 ヒドロキシクロロキンを慎重に使えば危険すぎて採用できないという意見には同意していない。

ファリード博士はホワイトハウスのタスクフォースとアンソニー・ファウチ博士に手紙を書いた。この手紙の中で彼は、 ヒドロキシクロロキンはCOVID-19の進行した段階では有用ではないということに同意している。しかし、科学的研究は、命を救うことができる外来患者の早期段階での役割を支持していると考えている。彼は述べている。

ヒドロキシクロロキンカクテルは外来患者に使用することで入院を防ぎ、その結果、病院やICUがCOVID患者で溢れかえらないようにすることができます

ヒドロキシクロロキンカクテルは、入院の初期に使用することで、患者が人工呼吸を必要とするのを防ぎ、入院期間を短縮することができます

ヒドロキシクロロキン/亜鉛は、第一線の医療従事者、救急隊員、さらには教師など、COVIDのリスクが高い人の予防に使用することができます

今日では、 ヒドロキシクロロキンがCOVID-19の早期治療に安全で効果的であることがわかっているが、イベルメクチンが病気の初期と後期の両方に効くこともわかっている。イベルメクチンは、抗ウイルス作用と抗炎症作用の2つの作用機序により、命を救うことができる。今日、ファリード博士はプロトコルを変更し、 ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンの両方で外来患者を治療している。

イベルメクチンは外来患者だけでなく、人工呼吸器の患者にも有効であることがわかっている。イベルメクチンは、この病気を効果的に予防できることがわかっている。また、長期不調組コービッド症候群にも効果があるという証拠が蓄積されつつある。

転用可能な薬物カクテルについて、誰もが知っておく必要がある。末期がん以外にも効果がある。科学者たちは現在、数十件の無作為化比較試験を含む50件以上の研究で、イベルメクチンが今、何十万ものパンデミックの命を救うことができると示している。

人類のために、人命の尊厳のために、そして医療を受ける不可侵の権利のために、2021年の春先に恐ろしい第二のパンデミックの波に直面しているインドで、すぐに使用しなければならない。

ジョージ・ファリード博士とインペリアル・バレーの奇跡

ジョージ・ファリード博士は隠蔽されていたCOVID-19の治療法について知っていた。その治療法は非常に効果的で科学的かつシンプルなものであり、彼はそれを自分のコミュニティと国に伝えなければならなかった。それは医師としての義務であり、倫理的な義務でもあった。

ファリード博士は、医学界のパイオニアである父から、幼い頃からそのような価値観を教えられていた。先輩のファリード博士はアルバート・シュバイツァー博士のもとで働き、その価値観に影響を受けてた。2020,ハーバード大学でがんの研究をしていたジョージ・ファリード博士は、医学界で最も強力な敵であるNIAHのトップ、CDCとFDAのリーダーであるアンソニー・ファウチ博士に立ち向かう勇気を持つ時が来た。

ファリード博士はその挑戦に応え、一歩も引かなかったのである。ジョージは、静かだが力強い表現をする人だ。彼の言葉は山を動かした。すでに彼の行動は、カリフォルニア州インペリアル・バレーの医師コミュニティに影響を与え、ディディエ・ラウル博士とウラジミール・ゼレンコ博士の研究に触発された彼の救命三重療法で市民を治療するようになった。

この治療法によって、地元では数え切れないほどの命が救われた。しかし、ファリード博士は、インペリアル・バレーを救うだけでは満足しなかった。彼はこのメッセージを全米に伝える必要があると考え、「アンソニー・ファウチ博士への公開書簡」を書いて、医療政策の第一人者であるファウチ博士が、この貴重な治療法を認めていないことを訴えたのである。

簡単に言うことはできないが、[ハーベイ・リッシュ博士の言葉を借りれば] ファウチ博士の政策は、「この薬を使えば救えたはずの何十万人ものアメリカ人を死なせてしまった」ファリード博士は医療委員会から脅迫を受けている。批判を受けたこともある。しかし、ファリード博士の評判は決して悪くない。彼は抗がん剤の特許を持っている。NIHでがんやウイルスの研究をしていたこともある。また、ハーバード大学とUCLAの医学部で教鞭をとった経験もある。

現在、70代のファリード博士は、「みんなが真実を知りさえすれば、このパンデミックは明日にでも止められる」ということを伝えようとしている。ファウチ博士が、この手紙に書かれている質問に答えるために呼ばれていたならばの話だが。

この手紙は、彼の地元紙「The Desert Review」に掲載されたものである。それがオンラインで公開されたので、私はファリード博士とImperial ValleyのMiracleについて知った。

その手紙はその後、私の著書『Surviving Cancer, COVID-19, and Disease』に再掲載されている。「The Repurposed Drug Revolution」に掲載された。この優しい医療の巨人と知り合えたことは、私にとって大きな名誉であった。ファリード博士の手紙は、ルイ・ゴーマート下院議員とランド・ポール上院議員による議会での調査を開始した。

彼はショーン・ハニティーの番組に2度出演している。まもなく、何百万人もの人々が彼のことを知るようになれば、間違いなく彼はアンソニー・ファウチ博士に謁見することになるであろう。「公開書簡」に書かれた彼の質問には、すぐに答えが出るだろう。

アルバート・シュバイツァー博士の言葉

「真実には特別な時間はない。今がその時だ。」

ハーベイ・リッシュ医学博士

ハーベイ・リッシュ博士は、COVID-19の初期段階を治療するために、ヒドロキシクロロキンを直ちに、広く、早期に使用することを呼びかけている。彼は、この薬を使用しなかったために、すでに何万人もの命が失われており、できるだけ早く開始しなければ、さらに多くの命が失われる可能性があると書いている。

彼はフリンジ・ドクター(非主流の医者)ではない。

実際、彼は「The Journal of the National Cancer Institute」の副編集長を務めている。彼は、世界的に有名な疫学者である。

イェール大学のホームページには、彼のことが次のように書かれている。

ハーベイ・リッシュ博士は、イェール大学公衆衛生学部およびイェール大学医学部の疫学・公衆衛生学科の疫学教授である。カリフォルニア大学サンディエゴ校で医学博士号を、シカゴ大学で博士号を取得。

ワシントン大学で疫学のポスドクを務めた後、トロント大学で疫学と生物統計学の教員を経て、イェール大学に赴任した。

リッシュ博士の研究テーマは、がんの病因論、予防、早期診断、および疫学的手法である。特に、生殖因子、食生活、遺伝的素因、病理組織学的因子、職業的/環境的/薬物的曝露、感染症、免疫機能が癌の病因に及ぼす影響に関心を持っている。

主な研究テーマは、卵巣癌、膵臓癌、肺癌、膀胱癌、食道癌、胃癌、経口避妊薬や非避妊性エストロゲンの使用に関連する癌の研究などである。

リッシュ博士は、Journal of the National Cancer InstituteのAssociate Editor、International Journal of CancerのEditor、American Journal of EpidemiologyのMember of the Board of Editorsなどを務めている。

リッシュ博士は、325件以上のオリジナル研究論文を医学文献に発表しており、h-indexは88で、Connecticut Academy of Sciences and Engineeringのメンバーでもある。

COVID-19に ヒドロキシクロロキンを使用することに関して、CNNやThe Nightly News、Task Forceで ヒドロキシクロロキンの使用を推奨している人を信じるか?

しゃべるだけで治療しない人たち?

それとも、ハーベイ・リッシュ博士や アルバート・シュバイツァーのような人だろうか?

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

アルバート・シュバイツァー博士

アルバート・シュバイツァー博士

アルバート・シュバイツァー博士は、1952年にノーベル平和賞を受賞した。ガボンのアルバート・シュバイツァー・アフリカ病院でクロロキンの研究が盛んに行われている。

人間の人生の目的は、奉仕することであり、思いやりと他人を助ける意志を示すことである。

-Albert Schweitzer M.D.

 

ヒドロキシクロロキンとクロロキンに関する読者の質問にお答えしよう。私は、ワクチンの開発期間中に患者さんを助けることができる転用可能な薬を探すために、この2つの薬を広範囲に調査した。

Q:クロロキンでCOVID-19は治るか?

A:いいえ

Q:クロロキンはサイトカインストームの進行した段階で役立つか?

A:いいえ

Q:クロロキンは潜在的に危険か?

A:YES 高用量かつ長期間使用した場合、心臓や眼に対する毒性がある。

Q:ヒドロキシクロロキン(HCQ)はクロロキンよりも安全か?

A:YES より安全である。

Q: ヒドロキシクロロキンはCOVID-19を治療できるか?

A:最近のデータでは、サイトカインストームが始まる前の早期に使用すれば、期待できる。ストームが発生する前の早期に使用すれば、最近のデータは有望である。

Q: 最近のデータとは何か?

A:2020年7月に発表されたHenry Fordの研究では、2,500人の患者を対象にした。入院後2日以内の早期に ヒドロキシクロロキンを処方された人と、薬を投与されなかった対照群を比較した。この2つのグループを追跡調査した。研究が終了したとき、 ヒドロキシクロロキンを投与したグループの死亡率は13%であったのに対し、 ヒドロキシクロロキンを投与しなかったグループの死亡率は26%であった。
ヒドロキシクロロキンは死亡率を半減させる効果があった。
Sholtz、Derwand、Zelenkoが発表した最近の研究では、 ヒドロキシクロロキンを症状が出てから3〜4日以内に、入院前に投与した。
ヒドロキシクロロキンを投与されたグループは、入院の可能性が80%、死亡のリスクが84%減少した。
インドのChatterjee 研究では、 ヒドロキシクロロキンを予防的に使用するPROPHYLAXISを調査した。第一線の医療従事者に ヒドロキシクロロキン 400mgを週1回投与した。彼らは、この薬を投与されなかった医療従事者と比較された。
6週間後、6回投与した結果、 ヒドロキシクロロキンを投与された医療従事者はCOVID-19に感染するリスクが80%減少した。

Q: しかし、一流の専門家が皆ヒドロキシクロロキンの使用に反対しているのは事実ではないか?

A:「一流の専門家」の定義を教えてほしい。もしそれが発言はするが治療はしない人、アドバイスが日によって変わる人という意味であれば、その通りだ。私もそのように聞いている。しかし、The International Journal of Cancer(国際がん学会誌)の編集者、有名なハービー・リッシュ博士 MD, PhD(イェール大学公衆衛生大学院)を意味するのであれば、彼は使用に同意するだろう。

また、ハーバード大学で学んだジョージ・ファリード博士は、カリフォルニア医師会から 2015年の最優秀地方医師に贈られるプレズナー賞を受賞しているが、この博士も上記の意見に同意している。ジョージ・ファリード博士は、カリフォルニア州のインペリアル・バレーにエイズ診療所を開設した人物で、その父親はアルバート・シュバイツァー博士と仕事をしていた。また、1,000人以上のCOVID-19患者に ヒドロキシクロロキンを投与し、一人の死者も出さなかった医師でもある。

Q:つまり、実際に患者を治療しているハーバード大学やイェール大学のトップの医師、つまり真の専門家は、COVID-19に対して ヒドロキシクロロキンが有効であるという研究結果を解釈しているということであるか?

A:このように答えさせてもらいたい。ハーベイ・リッシュ博士の言葉を引用させていただく。私の言葉を鵜呑みにしないでほしい。リッシュ博士が2020年7月23日のNewsweekに書いたものを読んでほしい。

「私の5月27日の記事が発表されてから、さらに7つの研究が同様の効果を示した。5月27日に発表した論文以降、さらに7つの研究が同様の効果を示した。AJEに掲載された長文のフォローアップレターでは、これら7つの研究について説明し、リスクの高い患者にヒドロキシクロロキンを早期に使用することを改めて求めている。

この7つの研究とは、Vladimir Zelenko博士が行った400人のハイリスク患者の治療では死亡者がゼロであったこと、米国内の老人ホームや診療所で行われた500人近いハイリスク患者を対象とした4つの研究では死亡者がゼロであったこと、ブラジルで行われた700人以上のハイリスク患者を対象とした対照試験では、ヒドロキシクロロキンを投与された334人の患者の入院リスクが有意に減少し、死亡者は2人であったこと、フランスで行われた398人のマッチした患者を対象とした研究では、同じく入院リスクが有意に減少したこと、である。私の手紙が発表されて以来、さらに多くの医師が、完全に成功した使用法を私に報告してくれた。」

Q:ではヒドロキシクロロキンが体に悪い、心臓に害を与える、効かないというメディアでの主張はすべて嘘だと言うのか?メディアが私たちに嘘をついているということか?

A:それは問題ではない。問題は私たちが過去に犯した過ちではない。問題は過去に犯した過ちではなく、前に進むために今何ができるか、何をすべきかということだ。私たちは今後、何十万人もの命を救うことができる立場にある。
その答えを端的に表したのが、ハーベイ・リッシュ博士であった。

「リスクの高い患者のために、私たちの両親や祖父母のために、失業者のために、経済や政治のために、特に不均衡な影響を受けている人々のために、私たちは直ちに治療を開始しなければならない」

ハーベイ・リッシュ博士がパンデミックの腐敗を指摘

ハーベイ・リッシュ博士は最近 2020年10月24日にCOVEXIT.comのフォーラムで明快なインタビューを行った。インタビュアーは、オックスフォード大学で学んだジャン=ピエール・キーケンズである。このインタビューでリッシュ博士は、COVID-19に対する有効な再利用医薬品の使用に関する豊富なエビデンス、ハイリスクの介護施設患者を治療するための最良の方法、そしてなぜFDAとCDCがこれらの治療法を支持しないのかについてコメントした。

本日、ミシシッピ州の医師であるJ.B.氏から届いたメールについて、まず簡単に報告させていただく。

「私のコービッドに関する個人的な経験をお話してもよろしいでしょうか?1ヶ月ほど前、金曜日の午後の診療で、患者さんが終わるたびにトイレに駆け込んで排尿しなければならないことに気づきました。私にとっては前代未聞のことです。尿検査では濃度以外は正常でした。仕事が終わってから、熱が出たので、看護師さんにソフィア2でコビットを検査してもらいました。陽性、繰り返す、陽性。私はそれを持っていました。微熱で就寝しました。土曜日には高熱が出て、今までの人生で一番具合が悪くなりました。

ひどい関節痛と筋肉痛、呼吸困難、そして爆発的としか言いようのない頭痛を経験しました。私は妻に、自分が動けなくなったときのための指示書を書き、夜を越せるかどうか心配しながら眠りにつきました。日曜日の朝、生き残っただけでなく、完全に回復していることを知り、私の喜びを想像してください。月曜日に再検査(2回)をした結果、どちらも陰性でした。

その秘密は?症状が出てから 2時間以内に、可能性を高めると思われるものをすべて飲み始めていたのです。それは、亜鉛、ブデソニドのネブライザー、エリキス(凝固予防)そして ヒドロキシクロロキンで死亡率が50%減少するというフォード財団の研究結果に基づくヒドロキシクロロキンでした。これは明らかに “逸話 “に分類されますが、私はこの組み合わせで治ったと確信しています。74歳の患者は、コービッドの1日のエピソードを得ることはできません。」

今日のメールで彼はさらにこう述べている。

「私の看護師の回復はもっと劇的でした。しかし、ミシシッピ州医療委員会は ヒドロキシクロロキンの使用を特に認めておらず、有害事象が発生した場合には訴えられる可能性があるため、 ヒドロキシクロロキンを処方することに関しては私の手は縛られています。

フォードの研究で引用されたような結果が完全に無視され、さらには抑制されていることは、私には理解できません。私は、明らかに政治的な意味合いを超えて、リジェネロン社のような高額な病院治療のスポンサー企業があるのではないかと考えています。」 

医学博士J.B.ミシシッピ

リッシュ博士は、ゼレンコ博士、プロクター博士、タイソン博士のデータを含む、 ヒドロキシクロロキン/ジンク/アジスロマイシンに関する多くの説得力のある証拠について述べた。彼は、ほとんどの薬は無作為化比較試験の恩恵を受けずに承認されていることを指摘した。パンデミックの際には、まず二重盲検無作為化比較試験が必要であるという言い訳(策略)のために、二重基準が用いられたと述べた。これらの治療法が有効であるという圧倒的な証拠があるにもかかわらず、なぜ政府機関が承認しないのかという質問に対して、リッシュ博士は躊躇しなかった。

今回のパンデミックでは、治療法に関して多くの不正が行われています。このパンデミックでは、治療方法について多くの不正行為が行われています。金銭的な利害関係が大きすぎて、競争を汚しています。非科学的な理由に頼ったり、官僚や政府が腐敗したりしているのは、そのためです。亡くなった20万人以上のアメリカ人は、この腐敗のために命を落としたのです。

COVEXITでのリッシュ博士のインタビューを見てほしい。

ブライアン・タイソン博士、カリフォルニア州エルセントロのオールバレー・アージェントケア医師

ブライオン・タイソン博士はファリード博士の仲間である。タイソン医師は、カリフォルニア州エルセントロでAll Valley Urgent Careを経営している。El CentroはBrawleyの南約20マイルに位置する国境の町である。ブライアン・タイソン博士は、すでに何千人もの命を救っている。保健省やCDCから入手できなかった個人用保護具やCOVID-19検査機器を、個人的に25万ドルのローンを組んで注文したのである。

タイソン博士は、COVID-19の現場で診療を行う非凡な医師である。移民の農場労働者や食肉加工工場の従業員を治療しているが、彼らには社会的な距離を置く余裕がない。タイソン博士は戦士である。

彼はこれまでに1700人のCOVID-19患者を治療し、一人残らず救っていた。一人も死んでいない。入院も1回だけである。

彼は医学史に名を残したのか、ノーベル賞を受賞したのか。それとも、大統領自由勲章を受賞したのであろうか?

いいえ。

彼は、これ以上 ヒドロキシクロロキンで患者を治療すると免許が危うくなるかもしれないと知らされた。この薬は、不正な研究や撤回された研究によって悪名を馳せているが、何十年も安全に使用されてきた薬だ。この薬は最近になって、大統領の政敵によって悪者扱いされるようになった。

これらのことを説明しているタイソン博士のインタビューを見てほしい。また、「Surviving Cancer, COVID-19 and Disease」という本を読んでみてほしい。The Repurposed Drug Revolution」を読んでほしい。もしあなたがCOVID-19について心配しているなら、テレビを消し、CNNを消し、ニューヨーク・タイムズは魚を包むのに取っておき、タイソン博士から真実を聞くこと。

アメリカでは検閲はないと誰が言った?

医師は奇跡などという言葉をほとんど使わない。非科学的だと考える人もいるからだ。他の医師は批判を気にしているかもしれない。しかし、COVID-19パンデミックの際、FDAやCDCがCOVID-19に有効な予防法や治療法はないと言っているのに、ある医師が2000件近い治癒例を記録したとき、「奇跡」という言葉が頭に浮かんだ。

パンデミックでアメリカや世界の経済が疲弊している中で、奇跡に等しいことだ。アメリカのトップ専門家と呼ばれる人たちが、目の前にある唯一の希望は、急いで作らなければならないワクチンであると報告したとき。

2020年の今日、アメリカ国民は、マスクをして家で怯えていることが「ニューノーマル」であり、それ以外のことをするのは非科学的であり、非愛国的であると信じるよう求められている。私もそう思っていたかもしれないが、30年来の付き合いである同僚の医療従事者が、偶然にも脳腫瘍を患ってしまった。

化学療法、放射線療法、手術などの標準的な治療法に疑問を感じた私は、彼を助けるためにあらゆることをしなければならなかった。私は世界の医学文献を調査した。その結果、転用可能な薬剤を使うことで生存率が高まることがわかった。これは、既知の研究や一般的な科学と一致するものであった。しかし、ビッグファーマやビッグテックに所属する “守旧派 “からは支持されなかった。

オールド・ボーイズ・クラブは、患者に10万ドルの費用がかかり死に至る標準的な治療を求めていた。私は怒りを覚えた。私は、転用された薬物カクテルの利点について一度も教わったことがないことに気づいた。私は友人とその家族に話した。彼は、腫瘍医のアドバイスに反してこれらの薬を投与した。しかし彼の腫瘍は縮小している。彼は確率に逆らっており10ヶ月が経過した今、彼は改善している。

これがCOVID-19の再利用医薬品のきっかけとなった。現在、タイソン博士は1900人のCOVID-19患者に、私の読売新聞も指し示す転用された3剤併用療法を行っている。そして、すべての患者が治癒した。何だと思う?このカクテルは、”守旧派 “によって約40の州で禁止されている。政治的に正しいかどうかに関わらず、命を救うために転用された薬のカクテルが使われるべき時が来ているのだ。

すべてのアメリカ人は、堕落した政府機関の利益動機にかかわらず、「生命、自由、幸福の追求」の権利を保証されている。だからこそ、私は『Surviving Cancer COVID-19 and Disease』という本を書き、出版したのである。The Repurposed Drug Revolution』を出版した。この本では、エイズから末期がん、COVID-19に至るまで、あなたの命を救うことができるこれらの薬の組み合わせについて学ぶことができる。

そして、この本で初公開されたタイソン博士のCOVID-19に関する一人称証言を読むことができる。癌の専門家であるジョージ・ファリード博士がアンソニー・ファウチ博士を挑発し、議会の査問委員会を立ち上げた動機となったストーリーについても読んでほしい。ウォーターゲート事件以降、歴史上最も注目されているスキャンダルと隠蔽工作について紹介する。20万人以上のアメリカ人に不必要な死をもたらした医療詐欺について紹介する。
「インペリアル・バレーの奇跡」の物語を読んでほしい。あなたは二度と医療を同じように見ることはないであろう。

インペリアル・バレーの奇跡 1

タイソン博士のCOVID-19に関する一人称の記録

原著は「Surviving Cancer COVID-19 & Disease, The Repurposed Drug Revolution」に掲載されている。

始まり

2020年の1月に中国の武漢からウイルスが出てくるという話を聞いた。私は、海外からの旅行者が多いことから、このウイルスが米国に入ってくるのではないかと感じてた。私は妻のファビオラに、「私たちは準備をしなければならないし、計画も必要になる」と言った。最初に発生したのはワシントン州で、その後、ニューヨークでも発生した。娘のマフケンナの音楽マネージャーであるゲイリー・ザルツマンから電話があったのを覚えている。彼女は3月下旬にニューシングルのために飛行機に乗って会いに行く予定であった。

ゲイリーは私にこう言ったのである。「このひどいやつをくらったようだ!」。

私は、「気分はどうだ、悪いか?」

彼は「肺の中に入っていて、息をするのが大変なんだ」と言った。

私は彼に、念のためERに行って検査を受け、治療を受けることを勧めた。私は、南フランスのディディエ・ラウール博士の研究を参考にした。2005年にJournal of Virology誌で発表された研究では、クロロキンがSARSコロナウイルスの感染と拡大を強力に抑制することが示されていた2。私は彼に、ヒドロキシクロロキン、亜鉛、Zパックを摂取するように言った。

彼の反応は、「ERに来ただけなのに、何の治療もせずに帰された」「検査するほどの病気でもない」というものであった。その検査ができないまま、外来患者としての治療は保留された。彼が病気になり、後に入院することになってから、彼らは彼に注意を払うようになったのである。

そして、その2週間後にゲイリーは亡くなった。私たち家族は大きなショックを受けた。音楽界は伝説的な人物を失い、私たちは葬儀を行うこともできなかった。私は、自分の患者にこのようなことが起こってはならないと自分に言い聞かせた。その日が来たら、私は人をテストし、人を治療する方法を見つけるであろう。

3月

3月に入り、私たちの周りにはウイルスが蔓延していた。私たちは怯えており、私のスタッフも、私の妻も、私の両親や義理の両親も怖がっていた。生まれたばかりの子供を持つ若いスタッフもいれば、小さな子供を持つスタッフもいるし、小さな子供とダウン症のティーンエイジャーもいる。私たちの生活がどのように変化するのか、まったく想像もつかなかった。

3月中旬、私たちは病気の患者さんを診ているが、検査はない。公衆衛生局から送られてきたスクリーニングツールがあるが、患者がCOVID 19に感染しているかどうかを判断するのには全く役に立たなかった。3月は上気道感染症が多い。COVID19の症状とインフルエンザの違いは何か?旅行か?私たちは国境の町である。多くの人がメヒカリの町(人口150万人)に住み、バレー(人口19万人)で働いている。

現在、屋外にポップアップテントとテーブル、椅子を用意して、患者のスクリーニングを行っている。MAは怯えながらも力強く、車に乗っている全員からバイタルや病歴を聴取する。彼らは私に報告し、登録作業が終わると外の椅子で診察する。私たちにはまだテストする方法がなかった。病院や公衆衛生局、アボット社の担当者に電話をして、FDAが承認したIDキットを入手できるかどうかを確認したが、答えは軒並み「ノー」だった。

誰が陽性で、誰が治療を必要としているのかを調べる方法はなかった。私たちは今、悔しさと怖さを同時に感じてた。妻は、すべてが解明できるまで休業しようと言った。しかし、私はあきらめなかった。そして、親友のテレンスが、オレンジ郡にあるEquitoxという研究所を見つけてくれたのである。

ようやくツールを手に入れることができたのだ。また、呼吸器系の症状があるすべての患者の胸部X線検査を開始した。胸部X線でCOVID 19のパターンを確認し、IgMとIgGのアプローチを使用するまでに時間はかかりなかった。患者の治療を開始した。まず初日はヒドロキシクロロキン400mgを1日2回、2日目から5日目は200mgを1日3回経口投与した。2〜3日後に再評価を行い、7日目と14日目にも再評価を行い、より良い結果が得られたことを確認した。また、仕事に復帰しなければならない患者さんのために、免疫力を確認したかった。

4月

3月と4月の終わりには、1日に200~400人の患者を診るようになってた。私たちは、多くの重要な仕事をしている人たちから、彼らのサービスやビジネスを維持するための支援を求められた。私たちは、国境警備隊、カリパトリアとセンティネラの矯正官、国土安全保障省、税関、保安官事務所、Brawley Beef、RoGar Manufacturing、Imperial Valley Auto、IBE、Imperial Valley Superior Courtなど、地元の多くの施設のお世話をした。また、牛の飼料や農作物の種子を扱う会社や、営業を続けなければならない様々な医療機関や歯科医院も目にした。

私たちのシステムが完璧ではないことはわかってたが、これしかなかった。私たちは、テントやテーブルを断熱カーポートに変更し、夏場のエアコン、コピー機、受付、空気の流れ、定期的な消毒などのモバイルクリニック機能を導入した。

PCR検査で患者を確認する方法は、物資不足でまだなかった。PPEもなかった。

公衆衛生局から電話があり、「仕事が増えすぎて、患者さんの感染を確認できないので、検査をやめてほしい」と言われた。確認のために他にどこに送ればいいのかと尋ねると、ERと言われた。その問題点は、(友人のゲイリーが言っていたように)彼らは検査を受けるほどの病気ではないということであった。ERの担当者によると、各病院からの綿棒は週に10本しかなく、ICUに送られたものだけが検査されるとのことであった。

その後、El Centro Regional Medical CenterのERメディカルディレクターから手紙が届き、ヒドロキシクロロキンの処方をやめるようにとの指示があったが、それはヒドロキシクロロキンが必要な人のために病院が入手できなくなるからだそうである。私は自分が聞いたことを信じられなかった。医師としての人生で初めて、人々の命を救うことをやめろと言われたのである。それまでは、効果が認められているものなら何でも使います」というのが私の答えであった。”

私は、何の治療もせずに「14日間の自宅隔離」という馬鹿げた方針よりも、議論の余地はあるかもしれないが期待できる治療法を使うことに反発することを理解できなかった。
誰がそんなことをするのであろうか?いつから隔離だけで病気が治るようになったのであろうか?

効き目のある薬もあるし、ビタミン剤やサプリメントもある。なぜ病人と一緒に家にロックダウンるのか?これらの疑問は、いまだに公衆衛生局の誰も答えようとしない。私たちは公衆衛生局の会議に出席し、PPEの備蓄について尋ねましたが、やはり何もないと言われてしまった。

その間、私とスタッフは大企業に出向き、ウイルスについての講義を行い、感染を防ぐ方法や、病気になった場合の治療法について説明した。それが、私たちのコミュニティのスタンダードになったようである。掃除をし、社会的な距離を置き、仕事のない日は家にいて、病気になっても会社に行かない。症状が出た場合は早期に評価を行い、血清検査が陰性の場合は7日間の強制休養と再検査を行う。陽性の場合は14日間の休養が義務付けられている。

5月

5月に入り、ようやくPCR鼻腔ぬぐい液を入手できる検査機関が2つできた。これは良いことでもあり、悪いことでもある。最終的に症例を確認することができたが、悪かったのは、すべての患者に電話をして検査結果を伝え、フォローアップや治療の電話をするのに必要な仕事量であった。トラブルになる可能性があることは最初からわかっていたので、陽性の患者さんと治療計画、回復計画をすべてスプレッドシートに記録していた。それが功を奏したのか、何ヶ月も放置されていた6月に国とCDCから電話がかかっていた。そこまでの記録を残していたのは当センターだけだったので、カリフォルニア州のセンチネルサイト、CDCのインペリアルバレーのセンチネルサイトに選ばれた。私たちがしてきたことには価値があったと、ようやく認められたのである。

9月

9月下旬から 10月にかけて、データの公開を開始したことでニュースになった。人々は、私たちがCOVID-19の患者と直接会って診察した数が、おそらく全米、いや世界の誰よりも多いことに気づいたのである。その結果、私たちの治療を受けた患者が死亡したという記録は1件もない。しかし、呼吸不全で緊急外来を受診し、治療を開始する前に病院に搬送された2人の患者については、救急車を呼ばなければならなかった。1人は死亡し、もう1人はその後の情報が得られなかった。今日の時点で、COVID-19陽性の回復した患者は1900人を超え、成功率は100%である。

これにより、ワシントンDCへの呼びかけが行われた。

10月

アメリカの最高裁判所で講演するための準備は、威圧的なものであった。招待されたのは、高度に知的な医師、学者、弁護士、研究者ばかりであった。私には縁遠い存在だと感じた。威圧的で、またしても恐怖を感じた。彼らはどう思うだろう?もし失敗したらどうしよう。笑われたり、馬鹿にされたりしたらどうしよう。それでも私は主張しなければならない。私たちの物語を伝える必要があった。
聞いてもらう必要があったのである。

シモーン・ゴールド博士は、私たち全員の事実に基づいた情熱的なスピーチを求めてた。DCでのミーティングと全員で行った録音の後、私は自分の出番だと感じた。COVID-19の患者を治療していたクリニックの時と同じように、恐怖が私を離れていった。スタッフも病気になったが、生き延びました。学生たちも病気になったが、生き延びた。私のナース・プラクティショナーの2人、私の息子2人、MSのマネージャーの母親、全員がCOVID-19に感染し、生き延びました。これが、私のスピーチの原点である。最初は皆が怖がっていたが、今では治療法があることを理解しているという、恐怖の蓄積と解消であった。

私のスピーチ

「私たちは学校に戻れる!仕事に戻れる!人生に戻れる ! アメリカ人に戻れる!私たちは恐怖に私たちの自由を奪わせない!!!」 と、あの階段で話した。

あれは一生忘れられない瞬間であった。本当に信じられないことであった。私の祖父たちが第2次世界大戦、ベトナム、韓国で活躍したことを知っていたので、私はいつも国のために何か偉大なことをしたいと思ってた。私は祖父のタイソンのことを考えた。私の父はベトナムに従軍した。彼らはどれほど怖かったのだろう。実際の戦争に参加しなければならないのは、どんな感じだったのだろう。これは私の戦争であり、まだ終わっていない。

私たちは今も戦い続けているのしたがって。私は、このビデオが他の医師たちが見たり聞いたりできるツールになることを願ってた。私たちが手にした成功を、みんなに見てもらいたいのである。ようやくYouTubeに投稿されたときは、興奮していたし、パンデミックり始めてたが、その後、あることが起こった。

なんと、削除されてしまったのである。

なぜ?私たちがやっていることを誰もが見られるような知識、研究、リンク、ウェブサイトを備えたビデオを、なぜ削除するのか?なぜ?私には何の理由もない。ビッグテックや政府のコントロールが人々の死を望んでいるとは思えない。なぜ希望のメッセージを削除するのか?なぜ、治療のメッセージを壊すのであろうか?明確な治療の選択肢があるのに、なぜ恐怖の中で生き続けたいのであろうか?

複数の選択肢がある。ピーター・マッカローと彼の仲間たちは、外来治療への最初の査読付き経路をAmerican Journal of Medicine誌に発表したが、それも最近削除された3。
これには世界中の人々が憤慨している。

考えてみてほしい。世界中の人々が治療法の発見を期待しているのに、発見されたら削除されてしまうのか?ほとんどの人が「ありえない、どういうこと」と思うはずである。私はその怒りを抑え、生のビデオを手に入れ、それを何度も何度も公開した。

もう恐れる必要はないということが世界中で認識されるまで、何度も何度も公開していく。過去のパンデミックと同じように、私たちはこのパンデミックを生き延びることができるということを人々に知ってもらう必要がある。治療法はある。早期に使用すれば効果があり、非常に有効である。

私たちのケアを受けている人たちの叫びを聞いて、私たちは声を届けることができるであろう。医師も人間であり家族や子供がいる。私たちは、自分が信じられないことを支持することはない。

科学者は違う。彼らには金銭的な利益やインセンティブがある。彼らには資金を提供しなければならない研究がある。彼らは最善の意思を持っているかもしれないが、最前線で働いているわけではない。彼らは患者の世話をするわけではなく、治療のリスクとベネフィットを説明する必要もない。患者さんが陽性だと言われて泣き崩れても、彼らはそこにいない。9歳の少女に、陽性だからといって両親が死ぬことはないと説明する必要もない。

科学者たちは自分たちの思い通りにならないことがあっても、感情的な痛みを感じることはない。このウイルスは人々を殺していた。そしてもっと殺すだろう。問題は治療を受けられなかったために不必要に死ぬ人がどれだけいるかということだ。

どれだけの人が恐怖の中で、そしてどれだけの人が孤独の中で死んでいくのであろうか?

私が最後に言いたいのは、こうである。病気になったときCDCやNIHに行ったり、FDAに電話したりして診断や治療を受けるのではない。自分の医者に行くのである。病気になったらCDCやNIH、FDAに電話するのではなく、医師に相談するのだ!その病気を経験し、治療法を知っている人に相談するのである。このウイルスに違いはない。

-ブライアン・タイソン医学博士

家庭医療学の認定医

14年間のERと病院での医療経験

カリフォルニア州エルセントロのオールバレー・アージェント・ケア

参考文献

1. Hope, J. Surviving Cancer, COVID-19, and Disease: The Repurposed Drug Revolution. Hope Pressworks International LLC. 2020 Redding, CA.

2. Vincent, M., Bergeron, E., Benjannet, S., et al. Chloroquine is a potent inhibitor of SARS coronavirus infection and spread. Virol J. 2005; 2:69.

3. McCullough PA, Kelly RJ, Ruocco G, et al. Pathophysiological Basis and Rationale for Early Outpatient Treatment of SARS-CoV-2 (COVID-19) Infection [published online ahead of print, 2020 Aug 7]. Am J Med. 2020;S0002-9343(20)30673-2. doi:10.1016/j.amjmed.2020.07.003

[Excerpted from the book, Surviving Cancer, COVID-19, and Disease: The Repurposed Drug Revolution]

ピーター・マッカロー博士 心臓病専門医、再利用医薬品のビジョナリー

ピーター・マカロー博士

Peter マカロー博士(MD, MPH)は、1,000以上の査読付き論文を発表しており、ベイラー心臓血管研究所の尊敬すべき学術担当者である。

彼は、COVID-19の外来治療を早期に行うことで死亡率を下げ、パンデミックの流れを止めることを提唱している。最近行われた画期的なCOVEXITフォーラムのウェビナーでは、Jean-Pierre Kiekens氏のインタビューを受けた。

インタビューでは、COVID-19の早期治療に関する査読付き論文20本のうち最新のものを取り上げた。

その中で、COVID-19の早期治療に関する最新の論文(20編の査読付き)を取り上げ、これらの推奨事項と、社会的距離を置く、PPE、隔離以外の早期治療のアドバイスがない国のNIHの推奨事項とを対比させた。

他の多くの国では、早期治療の必要性についてより啓発的であり、Peter マカロー博士は、8月にAmerican Journal of Medicine誌に発表したアルゴリズム・アプローチを助言している。ハイリスクの患者には、抗ウイルス剤、抗生物質、亜鉛の3つの治療を行うことになっている。抗ウイルス剤には、 ヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、ファビピラビルのいずれかを使用する。

マカロー博士は、彼自身が最近COVID-19の陽性反応を示し、今は自分のアドバイスに従っているという爆弾発言をした。続いて、ブライアン・タイソン博士がゲストとしてウェビナーに参加し、自分も最近COVID-19と診断されたことを発表した。

二人ともトリプルセラピーのプロトコルに従うことになった。

ブライアン・タイソン博士は、COVEXITでも以前インタビューを受けているが、COVID-19の驚くべき一人称証言の著者である。この証言は、私たちの最新作である『Surviving Cancer, COVID-19 and Disease』に初めて掲載され、その後COVEXITや後にEconomic Standardにも掲載された。

タイソン博士の記述は「インペリアル・バレーの奇跡」とも呼ばれており、COVID-19陽性の患者1900人を治療して死亡者がゼロだったことから、早期外来治療の有効性と ヒドロキシクロロキンの正当性を驚くべき形で証明している。タイソン博士は、インペリアルバレー郡のCOVID-19患者12,500人のうち、約1/6を一人で治療したことになる。統計学的には、この1900例の中には50〜60人の死亡者が含まれており、インペリアルバレー郡の350人の死亡者の1/6にあたると予測される。

死者が出なかったということは、この治療法の有効性を物語っている。

疫学者であるピーター・マカロー博士は、今回のパンデミックにおける米国の医療政策を率直に批判する人々の仲間入りをした。早期に効果的な治療法が存在し、実験室でも実際の患者の使用でも、疑いの余地なく安全で効果的であることが示されている。

マカロー博士は、そのような早期治療の普及と受け入れを呼びかけている。これに反対する科学者はいないだろう。

ファウチ博士はどう思うだろうか?

既存薬再開発のための証言

原文は2020年11月20日に公開された

本日、2021年11月19日、3人の世界的な医療専門家が上院の公聴会で、今後数ヶ月間に何十万人ものアメリカ人の命を救うための最善の方法について証言した。彼らは、査読付き出版物、科学的証拠、観察的証拠、そしてただの論理を引用した。マカロー博士は、COVID-19の早期外来治療を勧める査読済みの論文を要約して議論をリードした。

医学界のアイコンともいえるこの3人の医師は、『Surviving Cancer, COVID-19, and Disease』という本の中で紹介されている事実と議論を用いた。The Repurposed Drug Revolution(既存薬再開発革命)』の中で紹介されている。

ジョンソン上院議員は、自分が病気になったときの心境をこうまとめている。

「しかし、私自身が患者としてヒドロキシクロロキンを手に入れたかったのに、手に入れることができませんでした、いいですか?私は、信頼している主治医を相手に、試みる権利を持つべきだと思います。申し訳ないが、共感の輪の外にいるような一部の人たちよりも、どんな理由であれ私にはその権利がある。」

「このカクテルは約20ドル、レムデシビルは3,000ドルもするので、少しバイアスがあるのではないかと疑っている。あなたは象牙の塔の中にいて病気で死にそうな患者や人工呼吸器をつけた患者を扱っていないことで、患者の治療とは何かということ以外に小さな対立や意図があるのではないでしょうか」。

このような利害の対立は、ジャー博士の透明な議論の違いに浸透している。彼は、「 ヒドロキシクロロキンが有効であることを示す優れた科学は存在しない」という党派的な主張を繰り返す一方で、リッシュ博士、ファリード博士、マカルー博士が報告した、死亡率の大幅な減少を示す大量のデータを紹介した。ジャーは、主要な医学・感染症学会やコンセンサスはCDCやFDAの立場を支持していると主張した。リッシュ氏は、科学はコンセンサスに基づくものではないと主張した。

マカロー 博士と リッシュ 博士は、 ヒドロキシクロロキン/亜鉛/アジスロマイシンを用いた早期の外来治療を支持する圧倒的な証拠があり、いくつかの研究では 100%に近づいていると述べた。

ジョージ・ファリード博士は、反対側の専門家であるジャー博士に、実際に患者を治療しているかどうかを尋ねた。しかし、ジョンソン上院議員は、ジャー博士はCOVID-19の患者を一人も治療したことがないにもかかわらず、「優れた科学」は ヒドロキシクロロキンの使用を支持しないと自信を持って言っていることを明らかにした。

マカロー博士は、自分の研究は査読を受けており最高の科学を代表していると反論した。彼はジャー博士を呼び捨てにして、彼、マカロー博士はこの問題について20の査読付き研究を発表しており、ジャー博士は1つも発表していないと指摘した。

さらに、ベイラー大学の心臓専門医であり、内科の副学長であるマカロー博士は、ジャー氏側が主張していた ヒドロキシクロロキンが心臓に傷をつけることはないと指摘し、ベイラー大学のTexas Heart Instituteは世界でも有数のそのようなセンターであると述べた。さらにマカロー博士は、CDCとFDAは ヒドロキシクロロキンの危険性に関する不安を煽り、誤った情報を流した罪があると述べた。

また、ヒドロキシクロロキンによる再利用医薬品の信用を失墜させようとする試みには、学術的な不正がさらに関与しており、この意図は 「共和党と民主党の政治をはるかに超えている 」と指摘した。

これらはすべて、本の中で徹底的に詳しく説明されている。Surviving Cancer, COVID-19, and Disease: The Repurposed Drug Revolution』という本に詳しく書かれている。

マッカロー博士は警告した。

「この委員会の呼びかけには緊急性が全く感じられません。私たちは大量のパニックと大量の死亡から数週間後に迫っています。現在、非常に多くの人が感染しており陽性率は20%に達しています。そして、平均的な人がさらに多くの人を感染させています。これはすぐそこまで来ている大災害であり、私は今、上院とアメリカに、特に高齢者の死亡率の津波に絶対に襲われないようにお願いし嘆願しているのです」と述べている。

「これは、一部の革新的な医師や研究者だけではなく、幅広い医療界への呼びかけです。今、100万人の医師と50万人のナースプラクティショナーが傍観しています。彼らの患者から電話がかかってきていますが、彼らはどうしたらいいのかわからない。政府は何もするなと言いーそして、私たちはCOVIDを治療しない。」

これは、3人の医師、そして本書の著者が、今年の5月にハーベイ・リッシュ医師が先見の明をもって書いたように、ハイリスクの症例にはすべて早期外来治療を行うこと、そしてすぐに治療を開始することを呼びかけている。

ハーベイ・リッシュ博士が今年の5月に先見の明を持って書いたように、

「死亡率の高い病院での治療以外には何もできないのに、高齢者や病弱者、都心部の人々がこの病気に殺され、経済が破壊されていくのを、ただ注意深く見守っているだけではいけません」

というのが我々の義務である。私たちには、この病気に対処しようとする不完全な解決策がある。私たちは、適切な臨床判断を行う医師にそれを使用させ、情報を得た患者にそれを選択させなければならない。

George Fareed | C-SPAN.org
Watch the C-SPAN collection of videos, access clips including recent appearances by George Fareed. View positions held along with a brief bio.
「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました