書籍「自由のためのイベルメクチン」:真実、嘘、マルクス主義

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

書籍「自由のためのイベルメクチン」
Ivermectin for Freedom:Truth, Lies & Marxism

著者 ジャスタス・R・ホープ(医学博士)

本書に掲載されている情報は、著者の長年にわたる実践、経験、そして臨床研究の成果である。しかし、医師による評価や治療の代わりになるものではない。本書に掲載されている情報は、教育目的でのみ使用されている。専門家による医学的アドバイスの代わりになるものではない。読者の方は、ご自身の医療状況や治療計画に本情報が適しているかどうかを判断するために、必ず医師に相談してほしい。処方箋薬は、医師の処方、ケア、監督なしに入手、服用してはいけない。この本を読んでも、医師と患者の関係を築くことはできない。この本に掲載されている話は真実である。プライバシー保護のため、名前や状況が変更されている場合がある。

近代科学の子であるテクノロジーは、制御不能であり、我々に奉仕することをやめ、我々を奴隷にし、自らの破壊の準備に参加することを強要している。

-ヴァーツラフ・ハベル(Václav Havel)

 

自由は、絶滅から一世代以上離れることはない。我々はそれを血流に乗って子供たちに伝えたわけではない。さもないと、いつの日か我々は、自分の子供やその子供の子供たちに、かつて人が自由であった米国がどのようなものであったかを語るために、老後の時間を過ごすことになるだろう。

-ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)

目次

  • 序文:ピエール・コーリー博士
  • 献辞
  • はじめに
  • 第1章
    • イベルメクチンの検閲
  • 第2章 イベルメクチンの検閲
    • 検閲はプロパガンダを生む
  • 第3章
    • プロパガンダは権威主義につながる
  • 第4章
    • 人権のための反撃
  • 第5章
    • 前進するために
  • おわりに
  • 付録
  • がん治療のための再利用可能な医薬品

序文:ピエール・コリー博士

パンデミックの旅は、すべての人にとって人生を変えるものであり、一部の人にとっては悲劇的に人生を終わらせるものであった。私の経験は比較的ユニークなもので、世界中が肺と重症患者の病気であるCOVID-19パンデミックに包まれているときに、私は突然、肺と重症患者の専門家になったのである。そのため、私は躊躇することなく、私が知る限り最高の医師であるポール・マリク教授、ウンベルト・メドゥーリ教授、ジョセフ・ヴァロン教授、ホセ・イグレシアス教授とともに、この病気を「どうやって治療するか」を、我々が知っている唯一の方法である、あらゆる種類の治療アプローチを読み、議論し、観察し、試してみることを試みた。

その結果、COVID-19のすべての段階において最も効果的な治療プロトコルを作成し、普及させることを目的としたFLCCCという組織を設立した。当初、我々は自分たちの努力と成果を誇りに思ってたが、その一方で、我々の結論を嘲笑したり、科学論文を弾圧したり、我々の専門知識や人格を攻撃したりするなど、不可解な敵意が現れたときにはショックを受けた。

世界中から成功例や肯定的な報告が続々と寄せられたが、それらは断片的なものとなり、広範囲にわたる歪曲、検閲、明白なプロパガンダが途切れることなく続いているかのように見えた。それらはすべて、我々の外来患者用プロトコルの主役が、数十年前の特許切れの安価な再利用薬であるという事実に端を発していた。

ここで、ジャスタス・R・ホープ博士の登場である。私は彼を本名で知っているが、彼は普通の人で、自分の興味あることについて情熱的に書いているただの医師である。しかし、医学雑誌に論文を発表し、世界で最も高く評価されているクリティカルケアの専門家グループの一員である私とは異なり、ホープ博士はPhysical Medicineの専門家であり、機能を扱う分野である。彼は、難治性の痛みに苦しむ患者を治療している。

であるから、彼の友人や同僚が脳腫瘍を発症したときに、再利用医薬品について書くことは自然なことであり、この旅で彼はCOVID-19の再利用医薬品について書くことになり、それが彼と私の出会いとなったのである。彼の著書『Ivermectin for the World』を読むまで、私はホープ博士のことを知らなかったが、今では我々は友人であり、私が言うところの戦友でもある。

彼は、我々が戦っている戦いの背景を最初に説明してくれた。それは、製薬会社が何十年にもわたって行ってきた、我々の併用療法プロトコルのほぼ100%を占める再利用薬に対する戦いの最新のものに過ぎなかった。

その後、数週間から数ヶ月の間に、FLCCCが再利用薬に関する大戦争に足を踏み入れたこと、そしてパンデミックにおけるイベルメクチンの役割を排除しようとする世界的な大手製薬会社のキャンペーンの焦点に突然なったことが明らかになった。その理由のひとつは、世界中のほぼすべての組織的な政府が大規模なワクチン接種キャンペーンを支持している中で、イベルメクチンがこの病気に対する最も効果的な武器であることを証明したからである。

この戦いは、「再利用」の戦いの中でも、金銭的な影響が他とは比べ物にならないほど大きかったと思う。しかし、ホープ博士の著作は、この病気の真実を明らかにする大きな力となった。それは、この病気が予防可能であり、特に早期に発症すれば治療可能であるということである。その結果、世界中の多くの医師が、様々な早期治療のアプローチでほぼ完璧な成功を収めたと報告しており、現在では有効性が確認された約20種類の化合物が使用されている。

しかし、このような真実は、科学的なアイデアの自由な交換を攻撃することを主な弾薬とする世界的な戦いの中で、検閲され、抑圧されてきた。この戦争は、その深さと広さが多くの人に知られていないが、我々一人一人に影響を与えるであろう。ホープ博士の著書『自由のためのイベルメクチン』は、この壮大な戦いの幕を切って落とす。彼の物語を読めば、この戦いがいつ始まり、どこへ向かっているのかが一目瞭然である。

私は最近、『The Real Anthony Fauci』という別の本を読んだが、この本は、このパンデミックの前と後の数十年間における医学の乗っ取りについて、私の目を開かせてくれたと言える。ジャスタス・ホープ博士の本は、イベルメクチンのレンズを通して、この乗っ取りについて同様の話をしている。『自由のためのイベルメクチン』は、この国のすべての人にとっての必読書である。この本はイベルメクチンについての本であると同時に、検閲についての本でもある。

個人的な余談であるが、私はホープ博士に、American Journal of Therapeuticsに掲載された私の査読付き出版物「Review of the Emerging Evidence Demonstrating the Efficacy of Ivermectin in the Prophylaxis and Treatment of COVID-19」を、ウィキペディアがどのように検閲したかについて記事を書いてもらえないかと尋ねました。そこで彼は、「Wikipedia and a Pint of Gin 」(ウィキペディアと一杯のジン)という気の利いた作品を考え出した。この記事は、彼の著書の中でも珠玉のものであり、個人的にもお気に入りである。最初に「Pint of Gin」を読んだときほど笑ったことはなかった。

しかし、我々の自由は笑い事ではない。この本を読めば、検閲とプロパガンダのもと、我々の偉大な国で今起こっていることにすぐに酔いが覚めるであろう。学校の子どもたちへの強制的なワクチン接種を考えると、私がロバート・マローン博士や、親友のテス・ローリ 博士を含む他の指導者たちと協力して、「Physicians Declaration Part II 」(医師宣言 第二部)の起草を手伝った理由が正確に理解できるであろう。いかなる子供も、この実験的なワクチンの接種を強制されるべきではない。

そして、ホープ博士はこのトピックを本の後半で取り上げている。であるから、私からの強いアドバイスは、ホープ博士の『自由のためのイベルメクチン』を読み、それに続いてロバート・ケネディの著書『The Real Anthony Fauci』(アンソニーファウチの正体)を読むことである。このパンデミックから抜け出すためにイベルメクチンがいかに重要であるかを理解できるだけでなく、さらに重要なことは、我が国がどこに向かっているのかという大局的な観点から、どうすればこの危険なコースから抜け出すことができるのかという重要な知識を得ることができるのではないだろうか。なぜなら、我々の生命、自由、そして民主主義そのものが危機に瀕しているからである。このように、歴史の重要な瞬間に、「自由のためのイベルメクチン」は、私の最高の推薦状である。

ピエール・コーリー医学博士、MPA

FLCCC会長

ウィスコンシン州マディソン

2021年11月11日

献辞

本書は、人口2万5千人のカリフォルニア州ブロリーに本社を置く新聞社「The Desert Review」の編集者であるベティとロイド・ミラーに捧げる。ブラウリーは、南カリフォルニアのインペリアル・バレーに位置し、メキシコとの国境から北に12マイルのところにある、小さな砂漠のコミュニティである。

ピエール・コーリー博士に「このデザート・レビューは何?」と聞かれたことがある。「私はいつも彼らの記事を見ているし、彼らは世界中を旅しているのだから、世界で最も大きな新聞の一つに違いありません」と言われたことがある。

パンデミックに関するDesert Reviewの記事は、インド、チェコスロバキア、イギリス、カナダ、フィリピン、そして世界中のオーストラリアの人々に感動を与えている。小さなデザート・レビューで読んだことで、命が救われた家族の感想が寄せられている。タミル・ナードゥ州、ウッタル・プラデーシュ州、オーストラリア、インドネシアからもお便りをいただきた。

砂漠の小さな町で新聞を発行しているとはいえ、編集者のベティとロイドは、人間としての偉大な巨人である。彼らは、権力者に脅かされない数少ないニュースソースであった。COVID-19から7,000人以上の市民を救い、世界中の医師の模範となった愛息、ファリード博士とタイソン博士に対する勇気と揺るぎない献身に対して、Desert Review誌はノーベル賞に値する。ロバート・フランシス・ケネディはこう述べている。

「同僚からの不評や非難、社会からの怒りに耐えようとする人間はほとんどいない。道徳的な勇気は、戦場での勇気や優れた知性よりも希少なものです。」

我々の命だけでなく、貴重な自由の権利が危険にさらされていたとき、ベティとロイドは自分たちの価値観に固執していた。彼らは、私が声を上げる権利を支持しただけでなく、自分たちと自分たちのビジネスを危険にさらしてまで、その内容を世界に向けて発信したのである。彼らには感謝してもしきれない。

ベティとロイドは、私が知っている中で最も勇気があり祝福された2人である。彼らの『Desert Review』に私の物語を掲載することは、私にとって大きな特権であり名誉であった。この本は彼らに捧げる。彼らのサポートがなければ、この本はできなかったであろう。これらの物語は書かれなかったであろう。そして、彼らがいなければ、多くの命が救われることはなかったであろう。ベティ・ミラーとロイド・ミラーに神の豊かな祝福があるように。

ジャスタス・R・ホープ医学博士

カリフォルニア州レディング

2021年11月10日

はじめに

2009,フェンベンダゾールのがん抑制効果は、蟯虫を治療したマウスのグループから偶然発見された。フェンベンダゾールを投与したところ、マウスの脳腫瘍の成長が止まったのである。

驚いたグレゴリー・リギンズ博士は、「我々(マウス)の髄芽細胞腫の成長が止まった!」と報告した。

A Pinworm Medication Is Being Tested As A Potential Anti-Cancer Drug
Drugs that have been on the market for decades are being investigated for new uses. One is a medication used around the world to treat pinworm infections.

リギンズ博士らは、さらに試行錯誤して研究を進めた結果、関連する薬であるメベンダゾール(MBZ)が人間にも使えることを発見した。MBZは脳腫瘍はもちろんのこと、不治の病と思われていた膵臓などの死に至る腫瘍にも効果があった。

Anti-parasitic drug prevents pancreatic cancer's initiation, progression and metastasis in mice
As the third-most lethal cancer in the United States, with only a 1% five-year survival rate for people with its most aggressive form, pancreatic cancer has lon...

MBZは、寄生虫を殺すだけでなく、がんが微小管を形成する能力を阻害するため、無毒の理想的な治療法であることが判明した。さらに、MBZは1974年以来、人間の蟯虫治療に安全に使用されており、安価で広く入手でき、最も重要なのは比較的安全であるということであった。

ジョンズ・ホプキンス大学医学部の脳神経外科と腫瘍学の教授であるリギンズ博士は 2021年にこう報告している。

「メベンダゾールは、(膵臓がんの)すべてのステージで役割を果たすことができると考えている。特に早期に発見された膵臓がんには効果があった。」と。

開業医である私は、最近100時間以上の医学生涯教育を受けたにもかかわらず、メベンダゾールの抗がん作用を知らなかった。また、全くの偶然であるが、多形性膠芽腫(GBM)という致命的な脳腫瘍を発症したばかりの友人のために、あらゆる新しい選択肢を調べているときに、この情報を偶然見つけた。

A New Method for Ethical and Efficient Evidence Generation for Off-Label Medication Use in Oncology (A Case Study in Glioblastoma)
In oncology, preclinical and early clinical data increasingly support the use of a number of candidate “non-cancer” drugs in an off-label setting against multip...

GBMの平均生存期間は、最新の治療を受けても約15カ月である。しかし、MBZを含む再利用薬のカクテルを服用した患者の生存期間は、平均27.1カ月にまで改善された。ケアオンコロジークリニックでは、再利用された4種類の薬剤をカクテルした「4剤COCカクテル」を多くのがんの治療に使用し、大きな成功を収めている。

Frequently Asked Questions - Care Oncology United States
Here are some of the frequently asked questions we receive from our patients in the U.S. as well as those from the UK for the COC Cancer Treatment Protocol.

実際に、再利用された薬剤のカクテルは、既知の致命的な癌のいくつかを完全に治癒させている。

ベン・ウィリアムズ博士は、GBMと診断されてから26年以上が経過したが、元気に暮らしている。化学療法、放射線療法、手術などの標準的な治療法では、1年後に生存しているのは25%以下、2年後に生存しているのは10%以下であることを考えると、ベンさんの話は奇跡に近いものである。ベン・ウィリアムズ博士は、ハーバード大学を卒業し、カリフォルニア大学サンディエゴ校で心理学を教えてた。

Statins for Cancer and COVID; Beyond Ivermectin
When my friend contracted Glioblastoma, I reacted by researching what else could be done for him - scientifically. I went through PubMed, and I read the latest ...

同じように信じられないのが、ステージ4の膵臓がんを患ったスティーブン・ビゲルセン博士のケースである。この病気は、アレックス・トレビック、スティーブ・ジョブズ、パトリック・スウェイジ、マイケル・ランドンが亡くなったのと同じ病気である。自らも医師であるビゲルセン博士は、再利用可能な薬のカクテルを偶然見つけ、5年以上経った現在、がんとは無縁の生活を送っている。アレルギー、喘息、免疫学の専門家であるビゲルセン博士は、15年以上にわたりラトガース医科大学で教鞭をとっている。

Dr. Stephen Bigelsen Charts his Own Course to Overcome Stage IV Pancreatic Cancer – Overcoming Together

http://allergyasthmaarthritisnj.com/PatientPortal/bio.aspx?UAID={4AED324A-85C9-4A4C-9330-EBF3BDA88D46}&ID={B7483BB3-BED8-4F11-A619-287CCF85189F}

私の友人であるエヴァンは、私が癌について調べ、癌の本を書いた理由でもあるが、手術不可能な膠芽腫にもかかわらず、現在は順調に経過しており、23ヶ月の節目を乗り越えた。幸いなことに、彼はCOCの4剤併用療法を受けている。私が偶然発見しなければ、彼はこのことを知ることはなかったであろう。

なぜ私はそれを知らなかったのか?癌の専門家を含む私の同僚の99.99%は、なぜこのことを知らないのだろうか?そして、知っている数少ない医師たちは、なぜ患者に勧めないのか?

モーリス・サーチ卿は、おそらく皆さんが知らない人物であるが、その答えを知っている。サーチ氏は、英国議会の議員である。彼の妻は、イギリスの有名な小説家である故ジョセフィン・ハート氏である。

サーチ夫人はがんで闘病生活を送っていたが、サーチ卿が再利用医薬品とそれに断固反対する大手製薬会社のことをすべて知るまでは、そのようなことはなかった。英国では、医師が再利用薬をがんに処方することは不可能に近かった。その理由は、再利用薬への支払いを拒否し、その目的のために再利用薬を処方しようとする医師を脅迫する制度があったからである。

医療イノベーション法案は 2013年にモーリス・サーチ氏が提唱したもので、彼は再利用薬をがん患者に提供すべきだと熱烈に考えてた。選挙活動の中で、彼はこう言った。

「40年前に開発された薬がある。40年前の薬があり、40年前の外科手術がある。生存率は40年前と変わらず、治療による免疫系へのダメージは深刻で、患者の死因ががんなのか治療なのかを知ることは困難である。」

Maurice Saatchi: the greatest campaign for the love of his life | Observer profile
Profile: When his wife died from cancer, the former advertising giant was, and remains, heartbroken. Now, under attack from 100 health experts, he is set on pus...

アーメン。

私の友人エヴァンはその恩恵を受けた。ベン・ウィリアムズやスティーブン・ビグルセンもそうであった。そして、みんな生きている。しかし、大手製薬会社は復讐のためにサーチ社を追いかけた。彼らの代理人を通して、彼に答えたのである。

「サッチー卿の法案が患者を救うとは思えないし、がん治療の進歩に意味のある変化をもたらさないのに、患者とその家族に希望を与えるように宣伝されていることに失望している。」

この法案は成立しなかった。そして今日、我々は今、人間にも使われる動物用の駆虫薬や、がんだけでなくウイルスからも命を救うことができる抗寄生虫薬を手に入れた。そして、大手製薬会社は、その代理人を通じて、あなたをその薬から遠ざけることに多大な成功を収めている。

この後のページでは、彼らがどのようにして、そしてなぜそうしたのか、そして、なぜこのことが、がん治療を受ける権利だけでなく、あなたの自由そのものに影響を与えるのか、そして、この問題が今、我々の民主主義の存在を脅かしていることについて、話をさせてもらいたい。

Ivermectin, a potential anticancer drug derived from an antiparasitic drug
Ivermectin has powerful antitumor effects, including the inhibition of proliferation, metastasis, and angiogenic activity, in a variety of cancer cells. This ma...

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました