WEF/グレート・リセットマーティン・アームストロング

戦争はグレートリセットのための策略か? Martin Armstrong

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Is War the Ploy for the Great Reset?

投稿日: 3月 5, 2022 投稿者: Martin Armstrong

何かとても間違ったことが起こっている。外交では、相手を悪者にすることから始めることは決してない。それは、二人の人間の議論のようなものだ。自分の問題について話し合おうとしても、ある時点で、どちらかが合意することは不可能になる。そうなると罵り合いになり、怒りが爆発して、その場を離れるか、殴り合いの喧嘩になる。ここでは、すべての正式な手続きを省略し、議論を放棄し、単に言葉の攻撃に移行している。何かが間違っているのだ。グラハムの「プーチンを暗殺しろ」という暴言は、このままでは収拾がつかないというレベルまで来ている。

我々は問わねばならない。COVIDがグレートリセットを達成できなかったことで、戦争にエスカレートしてしまったのか?民間人の資産を差し押さえ、世界経済を焼き払うために意図的に動き、Build Back Better(よりよき再建)を目指すことがアジェンダのように見え始めている。これは意味がなく、マスコミや国民がプーチンを悪者扱いすることで、対立以外の解決はあり得なくなる。ウクライナが陥落したら、西側諸国はどうするのだろうか?

私は世論調査を受け取り、選択肢を見た。勝てるはずのない戦争であるこれをさらにエスカレートさせようとする試みがあるように見える。そして、彼らの心の中では、彼らは本当にビルドバックベターになっている。

現在の世界通貨制度とブレトンウッズは、第二次世界大戦で世界経済が一掃されたからこそ実現したのだと考える人たちがいる-アメリカを除いては。これは、第三次世界大戦の後にBuild Back Betterを行う機会ではなく、はるかに破壊的なものだ。日本への原爆投下は、戦争に終止符を打った。しかし、今回はその兵器は標準的なものであり、一方にしかないものではない。

「誰が得をするのか」という質問メールが多数来ている。これは、莫大な費用を投じて世界経済を再構築するための必死のアイデアであるようだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました