子どものワクチン

ファイザーは乳児のワクチン有害事象報告を抑制しているのだろうか?
なぜなら、それはより大きなパターンの一部として確かに適合するからだ。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

is pfizer suppressing vaccine adverse events reports in infants?

el gato malo

7月4日

しかし、世界の他の国々ではそうではない。だからこそ、外国のニュースを読むことが、アメリカで実際に何が起こっているかを知る最良の方法であることが多い。これは外交政策には2倍、製薬に関わることには何十億倍(おそらく実数ではない)も当てはまる。製薬広告はアメリカのメディアを支えているため、金のガンを批判すれば、自分のボトムラインの存亡に関わることになるからだ。

というのも、製薬会社の広告はアメリカのメディアを支えているからである。

【速報】mRNA COVID-19ワクチンを接種した58人の乳児が生命を脅かす有害事象に見舞われる

VAERSレポートを分析したところ、ファイザー社の臨床試験における有害事象の大半は深刻なものではなかったとするFDAの説明文書に反して、mRNAワクチンを接種した3歳未満の乳児に生命を脅かす副作用が少なくとも58例報告されていることが判明した。そのうちの何人かは、助かったかどうか不明だ。また、なぜ乳児にワクチンを接種したのか、その乳児が臨床試験に参加したのかどうかも不明である。しかし、水曜日に開かれるFDAの会議では、FDAは知らなかったと主張することはできないだろう。

  • FDAは、6ヶ月から4歳までの乳幼児を対象としたmRNA COVID-19ワクチンの承認準備を進めており、本日発表したVRBPAC説明文書では、ファイザー社の試験で見つかった有害事象の大半は非重篤であると主張しているが、リアルタイム誌の分析では、3歳未満の乳幼児の生命に関わる有害事象が少なくとも58件VAERSに報告されていることが明らかになっている。
  • 最も多かった重篤な有害事象は、生命を脅かす出血、アナフィラキシーショック、抗コリン性症候群、脳炎、低血糖、神経遮断性症候群だった。報告された症例の多くは、これらが多系統の損傷だ。
  • 赤ちゃんがどうなったのか、助かったのか、回復したのか。助かったのでしょうか、回復したのだろうか。
  • ほとんどの報告では、乳児がどのような状況でワクチンを接種されたのか、臨床試験に参加したのかどうかが明記されていない。
  • FDAは説明文書の中で、乳児に対するワクチンの有効性は80.4%であると主張しているが、この文書は、1415人の参加者のうち臨床試験で確認された合計10例のCOVID-19の症状(うち7例がプラセボ群、3例がワクチン群)に基づいていることが明らかにされている。

記事全体を読むと、恐ろしくなる。(恐ろしいことだ。)

この記事には、それまで健康だった2ヶ月の男性がワクチン接種の約1時間後に心停止を起こした例が書かれている。

「患者はワクチン接種を受け、15分間観察した後、クリニックを去り、1時間後の2021年2月2日に再診した。皮膚は冷たく、しめつけられ、胸痛を呈し、その後心停止イベントが発生し、患者は安定し、さらなる医療のために移送された。.. イベントの結果は不明であった。この症例は、HAから生命を脅かす深刻な基準で報告された。追跡調査は不可能である。これ以上の情報は期待できない」。

「患者が臨床試験に登録されていたかどうかは不明」。しかし、この報告書の著者は、「ファイザーが規制当局から連絡可能な他の医療従事者から報告を受けた」とも述べている。この注記は、その乳児が実際にファイザーの試験に参加した可能性を示唆している。規制当局の報告書 Safety Report Unique Identifier GB-MHRA-ADR 24687611 – は、報告書がイギリスから来たことを示している(報告書IDの最初の2文字は原産国を表し、GB-グレートブリテン、MHRAは報告源がその医薬品当局であることを表している)。

では、この子にいったい何が起こったのだろうか?

  1. もしこれが裁判でなければ、指示と異なり、不道徳であり、おそらく違法であったろう。
  2. この報告書はファイザーに関連するHCPからのもののようだ。

この報告書は、ファイザー関連HCPからのものであるように見える。これは、試験的関与または少なくともファイザーの関与を示唆しているが、我々は確かに知らないし、最新の試験であっても2ヶ月は若すぎるはずなので、ここで正確に何が起こったかは少し不可解だ。

また、子供はどうだったのか、回復したのか、全く分からない。

「追跡調査不能。続報は期待できない」

この子を追跡調査から外す合理的な説明は、不吉なものを除けば、まったく想像がつかない。つまり、彼らは知りたくなかったので、自社製品で心臓発作を起こした赤ん坊を思い出にとどめているのだ。

これはすでに深く憂慮すべきことで、操作や不正の可能性を示している。

しかし、もっと悪いことがある。

小児科の臨床試験で、生命を脅かすような出来事は1つも記録されていない。 関連する」重篤な事象は1つだけでした(5つの重篤な事象のうち、4つは「無関係」とされた)。

(出典)

ということで、もしこの子供が試験に参加していたなら、我々はすでにいくつかの重大な疑問を抱えていることになる。

生後2ヶ月の子供が心停止したのだから、生命を脅かす事象に分類されるべきだった。

しかし、それを「重度」と呼ぶとしても、この試験で唯一関連したものである。

そして、ここからが深刻な問題だ。

なぜなら、この子は孤立したケースではなかったからだ。

このようなケースが58件もあったのである。(VAERSは10倍から100倍も過少申告しているようだ)

分析によると、3歳以下の乳幼児の間で、重篤で生命を脅かす副作用の症例が少なくとも58件あったことが判明した。この発見は、そもそもこの年齢でワクチンを接種することになっていなかったという事実を考えると、特に不可解である。悲しいことに、上記の事例と同様に、ほとんどのVAERSレポートには、彼らがどのように、どのような状況でワクチンにさらされたのか、つまり、企業の臨床試験の参加者だったのか、そうでなければ、なぜ、どのような状況で、ワクチンにさらされたのかが示されていないのである。もしそうでなければ、なぜ、どのような状況でワクチンを接種したのだろうか?

そして、これらの生命を脅かす事象が1つでも実際に臨床試験で起きていたのであれば、我々は不正について深刻な質問をする必要がある。

そして、それはさらに悪化している。

VAERS報告にある多くの子どもたちは、複数の影響を伴う大規模な反応を示した。

そして、彼らは何のフォローアップも受けないか、矛盾しているようだ。

そして、彼らは試験結果のどこにもいないようだ。

この数字は恐ろしいもので、もし全員が試験に参加していたとしたら、生命を脅かすAE率が1%を超えていることを意味する。このグループのリスクはコビッドの100倍、おそらく1000倍か1万倍といったところだろう。

これは微妙なものではなく、信じられないほど重篤で全身性の反応だ。そして、データは明らかに混乱していて、子供たちは「回復していない」とも「死んでいない」とも表現され、ピーターパンの遊び仲間のように消えている。

これは調査すべき悲鳴だ。

世界中の多くの医師が、未承認の製品を実験的に赤ちゃんに注射してひどい怪我をさせているのか(訴訟が多発しているので、これは疑わしい)あるいは、これはすべてファイザーの試験の一部で、彼らはそれを抑圧したのか、どちらかである。

賭けてみてほしい。

ファイザーはワクチン試験で奇想天外なゲームをしてきた。

そして、小児科臨床試験はほとんど違っているように見える。彼らの見出しの有効性の数値は、ずっと免疫抑制を隠すために使われてきたのと同じ悪い方法論だった。実際のVEは80%ではなく23%で、2歳未満では完全に統計シグマを見逃していた。

彼らはそれをサプリメントに埋め込んだのだ。

このような人たちを私たちは信用するよう求められているのである。


そして、ファイザーの歴史をさかのぼればさかのぼるほど、彼らは信用できなくなる。CEOのアルバート・ブルラには暗い過去があり、もし彼が悪魔の職に応募したら、アスモデウスはアルベルトが落ち着いたら職を失うことを恐れて彼をパスするだろう。

として、一貫してモード結果であるように、規制当局は眠っているか、または捕獲された。

alexberenson.substack.com/p/remember-how-health-authorities-said?utm_source=substack&utm_campaign=post_embed&utm_medium=web

報告されていない真実

保健当局が、深刻なワクチンの副作用は常に早く見られると言ったのを覚えているか?2010年、ドイツの科学者たちは、牛の下痢を抑えるためのファイザー社の動物用ワクチンが、子牛に致命的な出血性疾患を引き起こすことを発見した。ドイツからの圧力でファイザーがそのワクチンの販売を中止した後も、同社は他の場所でそのワクチンを販売し続けた。ファイザー社の幹部は英国の農家に対し、このワクチンは安全に使用でき、「他の要因」が原因であると説明した。

同社の牛用ワクチン(PregSure BVD)は、注射をされた母親から授乳された子牛に大規模な死亡事故を起こしていた。

彼らは嘘をつき、否定し、そして何よりもワクチンを売り続け、販売し続けた。

彼らは副作用は誇張されたものであり、関連性はないと主張した。

特発性子牛出血性発育不全症、または血汗病としても知られているが、この新しく確認された病気の原因は不明だ。動物実験施設局(VLA)は、他の組織と協力してこの病気を調査している。

子牛は文字通り目や耳から出血し、「血の汗」を流し、骨髄を破壊し、いくつかの農場ではジュニア・モーチームの15%が死亡していた。

よく研究され、確立されたことであるにもかかわらず、私の理解では、ファイザーは今日までこの問題を否定している。

この問題を起こした動物部門のトップは、アルバート・ブーラだった。

アルバートは現在、ファイザーのCEOを務めている。

この件で彼を解雇しなかっただけでなく、彼を昇進させたのである。

このことから、彼らの優先順位について、あなた自身の結論を導いてほしい。..。

私は小さな製薬会社が大好きで、そこには100人以上の素晴らしい人々がいて、賢い研究者や良い卵たちが、本当に、本当に物事を解明し、良い製品を作ろうとしていることを知っている。

しかし、大手製薬会社は開発中心ではなく、それを買う。彼らはほとんどマーケティングとセールスであり、そのための最良の方法は規制の掌握と市場の支配だ。彼らははるかに大きなスケールで勝負し、それは人間の最悪の部分を引き出す種類の賭けである。それは、自分の間違いを認めることができず、間違いを知られるより嘘をついて人を殺し続ける方が良いような賭けである。

そして、これは孤立したものでもなく、新しいものでもない。

このような、金銭的、評判的な資本を費やすとき、手袋は外され、汚いプレーをし、勝つためにプレーする。大手製薬会社は、大手タバコが近所の農家から食卓への生協に見えるような慣行リストを持っている。

昔からそうだった。

オーストラリアでのバイオックス集団訴訟の証言によると、メルク社はバイオックスを批判した医師を「ヒット・リスト」に載せていた。このリストはメルク社の従業員間で電子メールでやり取りされ、医師の名前の横に「neutralise」(片付ける)「neutralised」(片付けた)「discredit」(信用失墜)というラベルが貼られていたそうである。

このカルト宗教の枝葉の中で、私がとても奇妙に感じたことの1つは、この過激な社会規模の記憶喪失と逆転だ。

3年前、大手製薬会社は厄介で、利己的で、不誠実で、強欲な組織だと誰もが知っていた。それは左翼でも同じだった。そして今、彼らは愛らしく、救世主であり、信頼すべき存在で、我々が委ねるべき存在だ。

これは、マラヤのマムシに子守りを要求する子ネズミを見るようなものだ。

これは人類史上最も偉大なマーケティングキャンペーンにランクされなければならない。

彼らは当然のことながら、汚された評判を回復させただけでなく、輝くようにそれらを磨いた。

ワープスピードは心をゆがめる。

モードレッドはサー・ガラハッドになった。

我々は彼らが誰であるか忘れてしまった

火事が起こらないようにするには煙が多すぎるし、有害事象の抑制を明らかにすることが、この陰惨な混乱を解明する方法なのだろう。

かろうじて効果があったとしても、効かなかったり、効かなかったりする薬はたくさんある。

しかし、攻撃されることは許さない。それが有害事象や副作用の報告を抑制することだ。

特に自分の子供への攻撃は許さないだろう。

そして、それは失敗している。摂取率は信じられないほど低く、親は深く疑い、懐疑論は高く、高まっている。

そして、FDAは安全策をすべて破棄し、臨床試験(インフルエンザ予防接種のようなもの)なしでこれらの注射を常用させようとするばかりだ。

このままでは、すべてが自重で崩壊し、「不正」を宣言すれば、EUAの責任回避の盾が無効になる可能性が高い。

低エネルギーの道であり、これを推し進めた政治家が被害者を演じ、皆さんの怒りをそらす方法であるため、世界はファイザーに目を向けることになるだろう。

ヨーロッパはすでに目を覚まし、選挙後は、アメリカのドミノ倒しも始まるのではなかろうか。

「誰が何を、いつ知ったのか」がゲームの名前になりそうである。

今後6~12ヶ月はかなり荒れ模様になりそうだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました