IppocrateOrg – ヒポクラテス運動 | 人と人が助け合う
コビッド危機に対するイタリアの対応

ロバート・マローン早期治療・在宅治療

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

IppocrateOrg: People helping each other

rwmalonemd.substack.com/p/ippocrateorg-people-helping-each

ロバート・W・マローン医学博士、MS

7月8日

IppocrateOrg(ヒポクラテス組織)に関するこの章の目的である深い構造、組織、分析、結論に入る前に、このグループがなぜこのような複雑なプロジェクトを始めたのかを理解することが重要である。

イタリアを拠点とし、COVIDの危機に対応して作られたIppocrateOrg運動は、他に頼るところのない患者を助けるために、医師、研究者、ヘルスワーカー、ソーシャルワーカーのボランティアの国際ネットワークを構築してきた。 国が推奨する医療機関は、患者にニヒリズム的な入院治療プロトコルしか提供せず、その死亡率は受け入れがたいほど高かった。 特に北イタリアで)流行の波が押し寄せると、IppocrateOrgの創設者は、国際的な政治、金融、企業のメディア構造のすべてが、ウイルスのリスクと治療法の選択肢に関するメッセージで驚くほど一致してきていることに気づいた。当初、地域、国、国際的な対応は混沌としていて矛盾していたため、政府は明確で賢明な回答や公衆衛生上の対応指針を提供できないことがしばしばあった。ジャーナリスト、哲学者、政治評論家、政党議員、国際機関の代表者たちは、このパンデミックの後、「以前のようなことは何も起こらない」と強調し始めた。 真実で議論の余地のない発言ではあるが、曖昧でナイーブなものであり、「どのような変化をもたらすのか」という問いに対する答えを与えてはいない。 この機能不全の混乱とリーダーシップの欠如の連鎖に対し、IppocrateOrgの医師と科学者は、異なる病期の患者を治療する新しいプロトコルを開発して公表し、提携する医師やその他の医療提供者は、早期治療の展開を始め、命を救い、患者が病院に行く必要がないようにすることに成功した。

IppocrateOrgチームは、公式の科学界が様々な異なる地理的位置で何を考え出したかを目撃した:ウイルス学、免疫学、疫学研究のあらゆる部門から、著名な代表者がしばしば互いに矛盾することをした。 しかし、そのような混乱にもかかわらず、公認された「公式」の声はすべて、既存の薬を使って命を救うための具体的な解決策や治療法を見つけようとする人たちに反対することで一致していたのである。 IppocrateOrgの医師たちは、挿管した患者に酸素を供給するだけで、上層部からの指示を待つような治療方針は認めないということだった。その医師たちは、病気に関する臨床的な知識に基づいて、医療の影響力のあるトップレベルの人たちが考えもしないような治療方針を決定していた。 流行の波が押し寄せてから、これらの禁止された代替治療戦略が実施されたところでは、死亡率は非常に低くなっている。

早期治療が命を救い、SARS-CoV-2感染に伴う入院と死亡をほぼ完全に排除するという否定できない事実を前に、疑問が生じるのは当然である。特に、有効性が実証されていない他の特許薬剤を優先して、有用な薬剤が放置されていることを見れば、なおさらである。臨床医学と研究医学の関係を変え、国際的、国家的、地域的な保健省が、あたかも医療・製薬産業複合体に取り込まれているかのように行動していることから、自律性を獲得するための道を模索することになった。以下は、彼らのストーリーを私が翻訳し、編集したものである。


私たちは、企業や国家が認可した医療が機能不全に陥っていることを目の当たりにして、オルタナティブな医療界を構想することに取り組み始めた。私たちは、自分の健康を維持するのは個人の責任であり、すべての人が自分の最善の利益(他人の利益ではなく)に従って医療を受ける権利があるという信念を抱いている。私たちは、人間の神聖さがプロジェクトの中心点にある社会に住んでいないことは明らかである。しかし、私たちの世界で何かを変えなければならないことを知っている。現在の社会、経済、企業主義モデルが全世界で健康のための権利を危険にさらしている。

そして、そんなことは絶対に許されない。

IppocrateOrgは、イタリアとスイスの人々が、政府の指導に従って誰もが孤立無援のまま、黙ったまま、これらの問題の解決策を考え続けることはできないと考えている。 これは、自由、幸福、健康、繁栄、活発で多様な経済の維持という点で、私たちの周りの人々が求めていることではない。

私たちは、私たちの誓いを忘れるわけにはいかない。そう、私たちの誓いとは、ヒポクラテスの誓い、つまり医療従事者と患者との間の社会的契約のことだ。今後は、IppocrateOrgをアイデアの実験室とし、医学や科学研究の中立性を操作・変更するようなプロジェクトに科学的に反対し、現在および将来の利益相反に対抗し、すべての人間が自らの医療に積極的に市民権を得て参加することを推進することを約束する。

ここから先、私たちの目標は、お互いの、私たちのコミュニティの、そして私たちの土地の健康をケアすることだ。私たちの生活の質は、私たちが生活するすべての場所をどれだけ大切にするかに深く関わっている。これが、IppocrateOrgが全世界に手を差し伸べている理由だ。世界中のすべての場所が、援助を与えたり、受けたりする機会を持つに値するのである。 より良い未来を築くために、個人的な責任を持つために必要な協力だ。

このプロジェクトに参加する人々の強さと決意は、COVID-19が医学・科学分野だけでなく、経済学、社会科学、政治学、金融分野においても、現代世界の多くの構造的・政治的矛盾を明らかにし、今も照らし続けているという強い信念との深いつながりに基づいている。

イタリアとCOVID-19

IppocrateOrgは、家族、祖父母への愛、年長者への尊敬の念の故郷であるイタリアに本拠地を置いている。

長い歴史の中で培われた、思いやりと伝統のある家族文化。しかし、グローバル化したネオリベラリズムの結果、その家族文化は、歪んだビジョン、光沢のあるイメージ、商品化された「イタリアの幸せな家族」の表現に取って代わられ、経済的利益を生み出すために商業広告に利用されるだけになっている。

「人工と欺瞞の文化」は、かつて私たちの地域に広まっていた「感情の文化」に次第に取って代わられてしまった。 現実と自分自身の感情や感覚に根ざした歴史的な文化。このプロセスは、あまりにゆっくりと、広く、陰湿に進行したため、人々はそのことに気づくことさえできなかった。1980年代、ベルルスコーニのテレビ局が登場し、アメリカのテレビ局の真似をしようとしたのがすべての始まりであった。彼の番組は、成功、富、どんな犠牲を払ってもの競争、肉体美といった代用価値の代わりに、人間の価値、誠実さ、感情を矮小化してきた。 ベルルスコーニと彼のテレビ局は、娯楽番組、犯罪ニュース、ジャーナリスティックなスクープに変換できる場合にのみ重要視される影の現実を作り出し、一方で、コビッド危機の行政不始末やその他多くのことが原因で生じた人間の苦しみを修復するためのあらゆる連帯や経験についての情報を完全に置き去りにしてしまったのである。

誰もこのことに気づいていなかった。イタリア人の生活は、COVIDによってパンドラの箱が開かれるまで、静かに続いていたのである。 2020年初頭、イタリアのラジオ、テレビ、新聞は、中国の武漢の海鮮・食肉市場のコウモリに由来する可能性が高いウイルス、SARS-CoV-2によって、極めて危険な世界的流行が進行中であることを認めていたようであった。新聞やニュース番組が一日中、コウモリや「患者ゼロ」について話している間に、夕方の放送は突然、ウォルフガング・ペーターゼン監督の「リーサルウイルス」のような映画で埋め尽くされた。

イタリア人の生活には、毎日のように悲惨な言葉が飛び交い、それ以外のニュースが入り込む余地はないように思われた。恐ろしい映像、統計、数字、政府の規制、命令、突然の条例などが次々と流れ、暴力的で不安定なクレッシェンドを起こした。イタリア人は皆、家に閉じこもり、まるで軟禁されたように、自分と愛する人を守るためなら何でも受け入れるようになった。しかし、「ロックダウン」(突然イタリア語の語彙になった外来語)にもかかわらず、ウイルスは容赦なく広がり続け、政府とウイルス学者のパレードは、戦争的な調子で、敵にどう立ち向かうかを絶えず市民に伝えていた。

不思議なことに、「パラセタモールと注意深く待つこと」が、すべてのプライマリーケア医のマントラになった。このように、感染者を治療するための医療プロトコルはこれだけとなり、実際に治療はできないようだった。唯一の解決策は、感染を食い止めることができる魔法のようなワクチンの開発・製造であった。この危機的状況と慢性的な恐怖の中で、ワクチンはイタリア人の夢となり、悪夢から抜け出す唯一の方法となった。長い間、病院は感染の中心地となり、人々は実際の治療を受けることができず、慎重に切り離された家族の安らぎを得ることなく死んでいった。 ウイルスそのものよりも悲惨なのは、イタリア人の家庭が憂鬱と絶望に包まれたことだ。バルコニーから恥ずかしそうに揺れる数本の三色旗は、「すべてうまくいく」というレインボーフラッグと交互に並び、まるで国民性の観念とイタリアらしい連帯の伝統にしがみつくかのようだったが、実際にはイタリア文化の特徴としてすでに破壊されてしまっていたのである。

イタリア人の大半は、圧倒的な恐怖感で心を曇らせ、表向きは「最も脆弱な人々を守る」という崇高な目的のために行動することで、自らの自滅に拍車をかけ始めたほどである。ジャーナリストや「トークショー・サイエンティスト」によって引き起こされた、常に存在する死の恐怖は、専門家ではない人々に、次のような初歩的な問題を推論することを妨げてしまったのだ。

  1. なぜ私のかかりつけの医師は、私に何の助けも与えてくれないのでしょう?
  2. なぜ私たちは、利用可能な薬や治療法を使おうともせず、病気の進化を待つようにとしか言われないのか?
  3. なぜ、数多くの医師の協会が発生し、政府の義務に背いているのか。なぜ、これらの医師は、未知の患者を無料で治療し、彼らに注意を払い、政府が否定し、企業メディアが嘲笑する薬や治療法の処方を提供しているのだろうか?
  4. なぜ家族は、適切な予防措置がとられているとはいえ、公的施設で死にゆく親族に最後の別れを告げることが許されないのか?なぜ、その家族は電話で話すことさえ許されないのか?

このような出来事、感情、情報、そして何よりも恐怖ストームの中で、現実と常識に十分に根ざした少数の人々が、悲惨なメッセージと、この状況の真の現実についてのより合理的でバランスのとれた解釈を分離し始めたのである。そのうちの何人かは、企業のメディア権力によって自分たちの別の視点を伝えることを阻まれながらも、別の情報チャネルを通じて自分たちの理性を表現し始めた。また、現在IppocrateOrgを構成する人々の運動のように、現場で直接行動を起こし、多くの人々に医療を提供し、耳を傾け、理解してもらうようになった人々もいる。

IppocrateOrgの誕生

このように、 IppocrateOrg運動は、医師と一般市民からなる有機的な運動として生まれた。 当時、企業メディアや国家が推進する恐怖の絶え間ない圧力に打ちのめされることのなかった市民たち。 彼らは、ジャーナリストやトークショーのウイルス学者が語る物語を見抜き、自分自身に忠実でありながら、困っている人たちと連帯して行動しようとし始めたのである。

まるで奇跡のように、互いを知らない、利害関係のない人たちが、毎日遠距離電話を通じて出会い、救援策を一緒に考えていった。こうして、イタリアでは7万人の人々がこれらの医師や医療従事者の治療を受け、死亡者はわずか14人、COVIDの病気が進行してIppocrateOrgヘルプセンターに連絡した人たちを含めても、わずか1人だった。

IppocrateOrgは、医師たちの活動や特別なハンドブックの発行により、抗炎症剤を使用する発症段階、コルチゾン、抗生物質、ヘパリンを使用する細胞化学的嵐の中間段階、高免疫血漿を必要とする入院患者への法的チームによる最終段階において、この病気の治療に必要なガイダンスを提供してきた。この一連の治療戦略は、公式なプロトコルには含まれていないものの、この方法で治療された入院患者の90%が回復に至った。

参考記事
コービッド19からの自宅療養:早期テーラーメイド治療のためのマニュアル 序文と概要
Healing at Home from COVID-19: Manual for Early Tailored Therapy 著者 マウロ・ランゴ 初版イタリア語版 2021年3月 英語版 2021年7月 概要 数分間の忍耐を要する序文 1 前文 10 イッポクラートオルグと

出版されたIppocrateOrgのハンドブック(「Healing at Home from Covid 19: Manual for Early Tailored Therapy」、Amazonで購入可能)には、病気の各段階に応じて考案された治療計画や、治療のテーラーメードの例(特に先行障害のある場合)などが掲載されている。現在でも多くのイタリアの家庭で相談され、その多くが挑発的にかかりつけ医に贈呈している。治療プロトコルの開発と出版後、IppocrateOrgに協力する300人の医師を対象にトレーニングが行われ、その後、毎週電話会議やその他の会議で、ウイルスの突然変異、治療法の調整の必要性、既往症が病気の経過に及ぼす影響、IppocrateOrgの医学科学委員会と定期的に連絡している海外のパートナーが「発見」した新薬、その他症例を最もうまく扱うためのあらゆる問題などに対処している。さらに、Whatsappの特別チャットが設けられ、新しく参加した医師は、すでに治療プロトコルを経験した医師からヘルプやサポートを受けることができた。 このように、常に情報を共有し、トレーニングコースを受講し、生命尊重の理念を共有することで、新たな医師層が形成された。 人間的な資質を備えた医師は、今日、特に同じ志を持つ人々から求められ、求められているのである。

コビッド危機におけるIppocrateOrgの取り組みは、現在、大学機関による回顧的研究によって検証されているが、その初期結果において、IppocrateOrgの300人のイタリアの医師が現場で測定したこと、すなわち、症状発生から3日以内にCOVID治療を行えば、致死率を限りなくゼロに近づけることが既に確認されている。

重要な例として、インスブリア大学の医学薬学研究センターが、薬学教授のマルコ・コセンティーノ博士をコーディネーターとして実施し 2021年4月5日にプレプリントとしてMedRxivに掲載されたレトロスペクティブ観察研究がある。この研究は、私たちが現場で観察してきたことを確認するものだった。 人々がすぐに治療された場合ほぼゼロの致死率このことは、16万人のイタリア人の死について大きな疑問を投げかけるものである。これらの死のほとんどは、本質的に、研究資金源に由来する利益相反によって客観性が通常損なわれている一部の科学「研究者」に支えられた、政府や保健機関による治療の拒否が原因だった。

イポクラテス・オルグが真の意図的共同体になるまでの道のりは、特に初期段階において、多くの挑戦や攻撃への対応によって特徴づけられてきた。 振り返ってみると、 IppocrateOrg運動のコミュニティが経験したことは、新しいコミュニティを作ろうという意思がどれだけ強く、本物であるかが歴史に試された瞬間であったと言えるだろう。では、どのようにして IppocrateOrg運動は、メディアや政府の攻撃ストームを切り抜け、効果的なCOVID治療と新しい共同体を作り上げることができたのだろうか。以下では、私たちの成功や失敗から読者が学ぶことができるように、いくつかの重要なステップを要約し、簡略化することにする。

イポクラテオーグのハイライトと困難

2021年、イタリアの予防接種キャンペーンと、それに関連した様々な形での国民への圧力がかかる中、いくつかの出来事がIppocrateOrgに直接関わり、これらの出来事が選択圧として作用し、IppocrateOrgは進化を遂げた。その中で、最も重要な3つのエピソードについて考えてみよう。

 1. ローマで開催された「コビッド・サミット」に積極的に参加したこと。この3日間のイベント(うち1日はイタリア共和国上院のホールで開催)には、コビッド19で患者の治療に成功した医師や協会が世界中から集まった。

予想されたことではあるが、この仕事に対する知名度が突然高くなったため、各国政府が採択した「緊急」医療指令の有効性を反証するために、世界中から人々が集まってきたのである。 その瞬間から、イタリアの全国紙やテレビ局は、国際的に著名な医学者や科学者を詐欺師やペテン師として描き、IppocrateOrgの医師を「生姜、甘草、効果のない治療法の売り手」と公然と攻撃し、激しい中傷メディアキャンペーンを実施し始めたのである。

2. IppocrateOrgが制作したビデオが、イタリアで200万回再生されたこと。タイトルは 「子どもを守ろう」。

このビデオは、子ども向けの実験的なワクチンのリスクとベネフィットを慎重に比較検討する必要性を強調するものだった。このビデオに参加した医師は、現在も職業団体による懲戒手続き中であり、患者の治療を続けることができるかどうかの最終判断を待っているところである。

3. IppocrateOrgのヘルプセンターが一時的に閉鎖されたのは、主にイタリア政府によって患者の治療ができるよう許可されたワクチン接種の医師が不足していることが原因だ。

イタリアでは、予防接種を受けないことを決めた医師、看護師、教師が、その業務がオンラインで行われている(あるいは行われうる)場合であっても、職務停止を含む政治的動機による懲戒措置に見舞われている。このような措置は、患者の感染を避けるという謳い文句では正当化されず、制度の訓令に従わない者を罰するために実施されてきた。政府と関連する医療・製薬産業複合体は、治療の選択の自由、リスク/ベネフィット評価、感染介護者の自己停職による医師個人への異議申し立ての可能性といった原則を排除しようとしていることが明らかになったのである。この政府方針は、退職した医師を含め、ワクチン接種の指示に従わない医師を懲戒処分の対象とすることを意図している。ワクチン接種者が引き続き感染、複製、感染することがデータで証明されているにもかかわらず、当局の意図は変わっていない。本稿執筆時点では、ワクチン未接種の医師のイタリア医師名簿への登録停止は 2022年12月31日まで続く予定である。

IppocrateOrgの対応と成果

ここでも、きっかけとなる出来事の順番を守りながら、IppocrateOrgの対応と成果を表すキーワードを明らかにしていくる。

1. 可視化とバランス

国際COVIDサミット後に展開された中傷キャンペーンは、一部の地元テレビ局も巻き込んで行われた。社長やメンバーの存在感、威厳、準備、バランス感覚は、それまでIppocrateOrgをよく知らなかったリスナーの一般的なコンセンサスも徐々に広げていった。 さらに、冷静さとバランスを保つ人々へのあからさまな不正や不当な攻撃を見て、多くの人々が積極的に協会を支援することを決意したのである。例えば、「In cammino con IppocrateOrg」(「IppocrateOrgと共に歩む」)は、メディアからの攻撃に反応した支持者のFacebookグループで、その防衛のために多くのコミュニティの1つとして設立されたものである。

2. 信頼とコミュニケーション

「子どもたちを守ろう」ビデオに登場する医師たちが、職業団体から懲戒処分を受けた場合、IppocrateOrgは無料で法的弁護を提供する。また、特にコミュニケーションの観点から、イタリアでより多くのリスナーを獲得しつつある代替情報チャネルを通じて、彼らを支援する取り組みを継続する予定だ。IppocrateOrgの医師が子どものワクチン接種に反対するオープンで透明な姿勢をとったことで、私たちとともに闘う人々の間に、より大きな信頼関係が生まれた。 個々の医師による散発的な発言にとどまらず、医療従事者を守るために、IppocrateOrgのコミュニティでは、医師が公然と子どもたちの味方をして守っていることについて、一切言及しないことにした。その選択も、IppocrateOrgが体現している「目的共同体」の本来の核を強化することにつながった。

また、テレビでIppocrateOrgのビデオを引用した国会議員や政府関係者の政治家も多数いた。 これらの政治家は、未成年者へのワクチン接種キャンペーン、特に子どもたちが深刻な形のCOVIDを受けていない状況でのワクチン接種キャンペーンを実施することへの不安を裏付けるために、このビデオを引用したのである。 このビデオは、ごく稀なケースを除いて、そのような小児期のワクチン接種のリスクとベネフィットの比率は、ワクチンに伴う副作用によるリスクの方に大きく傾いていることを彼らに指摘する材料となったのである。

3. 古いモデルの再構築と新しいモデルの導入

COVIDヘルプセンターの一時停止(2021年12月上旬から12月23日まで)のニュースは、全国紙やテレビで大きく報道された。もちろん、主要メディアは、 IppocrateOrg運動のサービスの一つが停止したというニュースを、協会自体の閉鎖と見なして操作した。

しかし、このエピソードは、イタリア社会から広く反響を呼んだ。 IppocrateOrgには、ワクチンを接種して働けるようになった医師たちが、COVIDヘルプセンターを再開するためにボランティアをしたいと連絡してくるようになったのである。 また、イタリア当局に抗議し、 IppocrateOrgの医師がCOVID患者に施した治療の成果を示すために、 IppocrateOrgの治療を受けた多くの患者を含む人々のコミュニティが立ち上がった。

「Noi con IppocrateOrg」(「私たちはIppocrateOrgと共に」)も、創設者の呼びかけで誕生したFacebookページによるコミュニティである。「IppocrateOrgは私たちに多くのことをしてくれた。今こそ、私たちがIppocrateOrgのために何かをする時だ。このFacebookグループには、IppocrateOrgに支援された患者としての経験を証言する数万人の人々が参加し、現在ではIppocrateOrgと密接に連絡を取りながら、健康情報の配信、教育、ニュース共有などの活動を行なっている。 また、イタリア当局が、ワクチン接種を拒否したり、親に警告しただけで医師を停職にし、迫害したことは、さらに深い反響を呼んだ。

COVIDの緊急事態が終わった今、IppocrateOrgの最初の対応は、国の医療システムに代わる医療システムの組織化に集約され、真のチャレンジに変わった。 その結果、COVIDに限らず、あらゆる病気に対応する外来診療所(目的別医療センター)を全国に分散して開設することになったのである。 IppocrateOrgは、この「目的別医療センター」によって、(パンデミックによって明らかになった)医療システムの悪条件に混乱し、不安を感じている市民にとって参考となる存在であり続け、その人の真の幸福を行動の中心に置く医療モデルへの回帰を推進することを目指している。

病気の治療ではなく、「ウェルビーイング」を医療の目的に据えるということは、人生が行われ、表現されるすべての側面や領域を考慮し、人間全体を包括的に捉えるということだ。そして、「傾聴」「信頼」「尊敬」に基づいた人間関係を築くことであり、これらは治癒への道のりの基本ステップでもある。 この観点から、予防と健康的なライフスタイルの文化を促進し、普及させることが不可欠だ。

IppocrateOrgの医師は、過去2年間のCOVIDケアのように、他のすべての病気にも対応し、提供される継続的なトレーニング(さらに強化される予定)と、すでに十分に検証された同僚間の相互比較と協力の関係に依存し続けることになる。

それだけではない。全国に配置された目的別医療センターでは、より迅速な検査の実施を可能にする診断サービス(移動できない人のために在宅サービスも提供)を提供し、心理学者や専門の健康弁護士の同席とサポート、経済的困難にある人への支援も提供する予定である。

このシステムは、以下のように構成されている。

  1.  患者さんと接する「フロントライナー」は、政府の指令に影響されない医師とする。
  2. 全国の「医療コミュニティー」が、専門分野の異なる医師の相談に乗り、診断や治療の提案まで行い、「フロントライナー」の活動を支援する。つまり、超専門医が単独では困難な統合医療・個別医療を、医師の集団が再構築する。
  3. 同時に、IppocrateOrg Medical Communityは、いわゆる「代替医療」システムおよびその実践者との対話を開始し、特定の疾患の治療のために、まだ探求されていない道を共に追求することが可能かどうかを評価するために、この活動を行っている。

これらの外来診療所を主催するIppocrateOrg協会は、担当する医師に対して倫理規範の遵守を義務付けている。この倫理規定では、医師は次のことを約束することになっている。

  • 診療を希望する人の利益のために、科学的かつ良心的に行動すること。
  • IppocrateOrg.の医師が講師を務める週1回のトレーニングコースに参加すること。
  • 医療専門職(医師、心理学者、看護師、薬剤師)の卒業生を対象とした2年間の「脱専門職修士」プログラムに登録すること。
  • IppocrateOrgが指定する最大給付率を遵守し、本人およびその家族が予防接種を受けていないために出勤停止になっている人々を無料で訪問すること。
  • IppocrateOrgの医師による治療を希望する恵まれない人々のために資金を調達する、現在設立中の協会に参加すること。
  • 医療コミュニティーに参加し、「最前線」の医師たちにアドバイスを提供すること。

利益ではなく人間をすべての中心に据えるというビジョンに沿った、新しい倫理的・組織的モデルの開発と適用を支援するため、IppocrateOrgは、3つのレベルの指導からなる本物の学校の創設にも力を注いでいる。

  1. 癒しの専門職の卒業生を対象とした「脱専門化」スクール。「脱専門化」という用語は、医学の専門的なビジョンから、人間の特別なビジョンへの回帰という考えを要約したものである。常に全体像を把握し、患者さんの状況を把握した上で、その人に合った治療法を行う医学。
  2. 高卒で入学できるナチュロパシーの学校。
  3. 誰もが参加できる「幸福のための地域代表者」養成学校(学歴不問)。地域代表は、地域社会、家族グループ、自営の学校、団体、企業のために、個人と集団の健康と福祉に関するテーマについて、地域の連絡役となる。研修の内容は、医療に密接に関連するものだけでなく、環境、経済、組織、社会的なテーマも含まれる。代表者は、個人とコミュニティの福祉のために、それぞれの地域でさまざまな取り組みを推進するだけでなく、代表者のグループのために、医学的な問題に関してIppocrateOrgの医師と常に連絡を取り合いながら活動している。

IppocrateOrgが活動する背景

大きく考えることで、今日の小さな課題も、明日の未来の課題も乗り越えることができる。一方、私たちが置かれている状況を、より大きな歴史的、社会的、経済的、政治的観点から分析することで、私たちの行動を途中から見直し、再評価することができる。このことは、IppocrateOrgが、私たち自身の社会文化的な条件付けによって引き起こされた問題と、私たちの深い意図に属する問題、つまり隣人との共通性や苦痛にある人への思いやりを区別するのに役立っている。 私たちの文明を振り返ることは、私たち自身を振り返り、私たちの行動の方向性を考え、個々に変化を起こす必要性を意味する。

私たちの西洋文明は、抑制のきかない産業資本主義によって形作られ、一方では、人々の心をできるだけ均質化し、人々に対してこれまで以上に洗練された支配力を行使できるようにするために、あらゆる手段を用いてきた。 一方、現代世界は、資源と実体経済そのものの持続不可能な搾取を促進し(すでに困窮している何億もの人々にますます影響を与えている危機に無頓着な)、人間を「進歩」のための産業機械の単なる部品として搾取する投機的金融システムによって形成されている。

このような状況からどうすれば抜け出せるのだろうか。確かに、スローガンや抗議行動だけでは解決しない。 このシステムから抜け出すには、複雑な課題に対応するための革新的な思考が必要だ。私たちは、今日分離されているものを再統合しなければならない。 人と人との間の分離だけでなく、人自身の内部で起こった分裂や分断による分離もである。社会と個人の分断は、利潤のみを目的とした略奪行為を行い、あらゆる倫理的観点や人間の調和的発展の機会を無視する人々の主要な武器となってきた。

今日のグローバル化した産業システムの下では、各国政府はもはや発言権や主権を持たず、財力のある者に対抗する決定を下すことができない。世界的な規模で意思決定を行い、メディアを支配して大衆に影響を与え、戦略的に重要な問題は自分たちの富と権力の拡大のためだけに政府に指示を出す狭いエリートたち、つまり単一のサミットにのみ従わざるを得なくなっているのである。

世界最強の国、アメリカだけがまだ交渉の優位性を保っているように見えるが、それは徐々に薄れつつある。気まぐれな金融パワーが変身を遂げ、最後には縦割りでグローバルに水平展開するパワーに変身すれば、「世界最強の国家」(通貨も含む)の支持すら受けずに行動・決定ができるようになる。

グローバルな権力システムへの変容の最終段階では、大衆の操作が絶対に中心的な課題であることに変わりはない。実際、今日の捕食金融の論理には、先行する現実の「回復と復元」の余地はない。現在のフィクションは、大衆の良心に、我々が救われ、なだめられる方向に向かっているという感覚-「グレート・リセット」-を導入することだ。

マスメディアに登場し、表向きは地球とその生息地を守るために戦っている人々は、実際に、実質的に、グローバル金融を支配するエリートと対立したり、危害を加えたりしたら、同じメディアにアクセスすることができなくなるのである。

しかし、私たちが主張することを裏付けるのは、あらゆるマスメディアで宣伝され、「より良い世界のための戦士」とされている人々が、私たちをこの最も重要な地点に導いたパラダイムに決して疑問を投げかけないという事実だ。なぜ、そのパラダイムとそれを支配する権力に疑問を持たず、その反動と戦うだけなのだろうか。同じパラダイムと権力システムが、以前生み出したものを繰り返すだけだということに気づかないことが可能なのだろうか?同じ開発システムと同じ権力集約体、どちらも破滅に導くものを継続的に支持しても、未来は決して変わらないということを理解しないことが可能なのだろうか?

多くのNPOのボランティアが、公害、社会的不平等、貧困、そして人類を苦しめるあらゆる病と闘うことを約束しながら、私たちの分析に反対している。それは、そうした活動に従事する活動家の多くが、意識的であれ無意識であれ、自分の社会的立場や生き方を手放したくないからかもしれない。あるいは、もっと広い視野から物事を見ようとすれば、自分たちの住む社会とその運営方法だけでなく、個人の生活にも大きな矛盾があることに気づき、自分の視点を修正し、ひっくり返す必要に迫られるからかもしれない。

不幸にも、あるいは幸運にも、真に広範な思考は、区分けされたものではうまくいかない。

人間の本質と個人の再構築:より良い未来へのステップ

以上のことを考慮すると、変革のプロセス全体は、私たち自身から、私たち一人ひとりから始めなければならないので、個人的な再構築が取らなければならない最初のステップであると思われる。真の変革は、必然的に個人の旅から始まる。ここ数十年の間に西洋文明が辛抱強く築き上げてきた精神構造を、まず個人を再構築するために解体する必要があるのだ。そのためには、千歩譲って、まず人間の本質を理解する必要がある。私たちが個人的に考える唯一の定義は、条件付けされるとはどういうことかを完全に説明することだ。 しかし、理想的な土壌をつくり、それを肥沃に保つことができれば、危機や緊急事態であっても、その人の最高の資質を長期にわたってうまく維持することができることも事実である。

新しい文明の種を蒔くための理想的な腐葉土を作るにはどうしたらよいのだろうか。

エンタングルメント現象や最新の量子物理学の研究が示すように、宇宙のあらゆるものが相互に密接に結びついていることは、今や確固たる事実である。したがって、まず必要なのは、支配と統制の力学によって支えられてきた「エゴ」システムから「エコ」システムと移行することだ。エコシステムでは、前者に見られるような断絶や個人主義は存在しない。ここでは、植物も動物も人間も、それぞれが自然に機能を発揮し、同じ生物の一部としてつながっており、全員が同じ尊敬を受けるに値する。エコシステムでは、社会モデルやビジネスモデルは、主に協力、倫理、相互交換、製品の品質、ケア、つながり(ちなみにスマートフォンのことではない)の原則に基づいている。

このような理由から、IppocrateOrg協会では、現在の社会的・文化的モデルを見直すことから始める「Originiプロジェクト」(www.origini.life)が生まれた。その目的は、人間が周囲のすべてのものと完全に調和しながら進化する機会を持てるような、理想的な生息地を探求することだ。Originiプロジェクトは、生活のあらゆる側面に浸透する包括的なライフスタイルの「認証者」となり、協会、コミュニティ、企業で構成される生態系の創造を支援することを目的としている。 私たちは、創造性、倫理的な交流、そしてエコシステム的な価値観を継承できる人間文化の発展が、新しい西洋文明の誕生の土台となると信じている。

Mauro Rango IppocrateOrg社長

イリーナ・ブトゥルリン IppocrateOrg副会長

(翻訳:ダニエラ・ブラッシ)

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました