生命倫理・医療倫理

倫理における昆虫 Wikipedia(英語)
Insects in ethics

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

en.wikipedia.org/wiki/Insects_in_ethics

フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より引用

一般的なミバエ。科学実験によく使われる昆虫である。

昆虫とそれに対する人間の倫理的義務については、歴史上多くの作家や人物が論じており、その多くはさまざまな観点から、昆虫を傷つけたり殺したりしない道徳的義務があると主張している。しかし、動物愛護や農業倫理の分野で一般的に受け入れられている定義では、昆虫個体には「生きる権利」はないとされている。

内容

宗教的な視点

ジャイナ教

虫を傷つけずに移動させるために箒を持ち、飛んでいる虫を誤って吸い込まないようにマスクをするジャイナ教の僧侶の姿

ジャイナ教の僧侶は、昆虫などの小さな生き物にまで危害を加えることがないよう、細心の注意を払っている。[1]

仏教

仏教では、昆虫は衆生として傷つけたり殺したりしてはいけないとされている[2]。2] 釈迦の生涯を描いた物語に、かつて釈迦はモンスーンの季節に泥道でミミズや虫を殺すことを避けるために僧侶の旅を中止するよう命じたことが書かれている[3]。[3]ジャイナ教にならって、仏教の僧侶は水を飲むときに小動物を殺さないように濾し器を使うことが多い。[1]

道教

ジョン・ウィン・タイソンはThe Expanding Circle』の中で、「すべての生き物に対して思いやりの心を持て。..虫でさえも」という太上観音菩薩の言葉を引用している。[4]彼はまた、文昌の『陰刻文』 (Yin-chih-wen)の引用も引用している。「一歩を踏み出すときは、常に蟻や虫に気を配れ。外で火を焚くことを禁止する(虫を殺さないように)」。[4]

ユダヤ教

中世のヘブライ語の著作『セファー・ハシディム』では、昆虫を含む動物に苦痛を与えてはいけない、スズメバチやハエを殺してはいけない、と信奉者に指示している。[5]

キリスト教。

イギリスの国会議員で作家のソーム・ジェニンズは、次のように主張した。「私たちは命を与えることができないので、十分な理由もなく卑しい昆虫から命を奪うことを望まないでほしい。彼らは皆、私たちと同じ慈悲深い手から命を授かり、それゆえそれを享受する平等な権利を持っている」[6] ウィリアム・エラリー・チャニングは手紙で、決して虫を殺さないと述べ、虫は神によって人間と同じ生きる権利を与えられていると主張し、虫を殺せば神の創造の業を台無しにすると主張した。[7]

昆虫とその生息地。1833年にキリスト教知識普及協会が出版した『A Book for Children』では、虫をむやみに傷つけることは神に対する罪であり、もし窮地に陥った虫に出会ったら、傷つけてはいけない、助けてあげなさいと子どもたちに教えている。[8]: 241

歴史的な視点

11世紀のアラブの詩人であり哲学者であるアル・マーバリーは、ノミを手から離す思いやりを、困っている人間にお金をあげることよりも優しいと表現した。彼は、ノミも人間も死に対して用心深く、生き続けようとする情熱を持っていると主張した。[9]

初期の動物愛護 であるルイス・ゴンペルツは[10]絹を調達するために蚕を殺すことに反対を唱えた。[11]

動物の権利と福祉

ピーター・シンガーは、昆虫が主観的な経験をする能力に関する知識が不足しているため、「昆虫の権利」はまだキャンペーンを行うべきものではない、と論じている。[12]

昆虫学者のジェフリー・A・ロックウッドは、こう主張する。

昆虫は痛みを感じ、その感覚を意識しているという主張は、かなりの経験則で裏付けられている。また、昆虫は痛みを感じる限り、痛みを感じないことに関心を持ち、痛みによって人生が悪化する。さらに、昆虫は意識的な存在として、自分の人生について(たとえ直近であっても)将来の計画を持っており、昆虫の死はその計画を挫折させる。感覚は倫理的に健全で、道徳的地位を与える科学的に実行可能な根拠であると思われること、また昆虫に意識と苦痛があることを合理的に予想できるこれまでの議論を考慮して、私は次のような最低限の倫理を提案する。昆虫を殺したり、自明でない苦痛を与えることが合理的に予想される行為を避けることが、私たち自身の幸福にとって全く、あるいは些細なコストにしかならない場合、私たちはそのような行為を控えるべきだろう。[13]

有害動物の殺処分(食肉生産や製品試験のため以外)をめぐる倫理分析の結果、以下の条件下で許容されるとの結論に達した。

  • 人命を脅かすものではない。
  • 彼らは、人命の脅威に対する罪のない盾となる。
  • 私たちも動物たちも、全員が生き残ることができない「救命ボート」のような状況にある。

このような場合、動物の生命に対する一応の権利が優先される。一般に、昆虫にはそのような権利はないとされており、さらに農業倫理では、有害な哺乳類(捕食動物、草食動物)や病気の媒介動物(ネズミ)を殺すことの道徳性に関心が向けられている。「昆虫の殺害」は、有害となりうる殺虫剤の使用による生態学的な懸念であり、一匹の昆虫を殺すという事象は量的に無視できるものである。[14]

文化的描写

シェイクスピアは昆虫に共感を示し、特に1604年の戯曲「メジャー・フォー・メジャー」の中で、登場人物のイザベラがこう述べていることが論証されている。「死の予感は最も不安なものだ。/ そして、私たちが踏みつける哀れな甲虫は、/体内の苦痛の中で、/巨人が死ぬときのような大きな痛みを見いだす」[8]: 99-100

ジョン・クレアは「残酷さについて」という詩の中で、蜘蛛の巣からハエを救い出すことに言及している。「汝に語りかける哀れなハエたち、/しばしば蜘蛛の巣を破り、/捕らわれたハエを自由にするために」[15]

「wouldn’t hurt a fly」(虫も殺さぬ)という慣用句は、穏やかで、危害や傷害を加えるようなことをしない人を指す言葉として使われる。[16]

参照

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました