低用量ナルトレキソンをオレンジジュースで安価に配合 米国皮膚科学会誌

オフラベル、再利用薬低用量ナルトレキソン(LDN)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Inexpensive Compounding of Low-Dose Naltrexone With Orange Juice

…www.practiceupdate.com/content/inexpensive-compounding-of-low-dose-naltrexone-with-orange-juice/8210

ジャーナルスキャン/解説 – 2019年4月16日

www.medshoprx.com/blog/low-dose-naltrexone-ldn-use-in-cancer-patients

テイクホームメッセージ

この記事で著者は、市販の50mg錠のナルトレキソン10錠(合計500mg)を約500mL(16.9オンス)のオレンジジュース(または任意の好みのジュース)に配合して1mg/mLの原液を作ることで、どの地域の薬局でも低用量ナルトレキソン(LDN)を安価に調合する方法を紹介した。さらに、この製剤はスポイトで分注したり、より大量のジュースに混ぜることもできる。
このLDN製剤の価格は、3ヶ月分(1日3〜5mL)で約15米ドルになると予想される。
– InYoung Kim, MD, PhD

皮膚科

執筆:Roman Bronfenbrener MD, FAAD

低用量ナルトレキソン(LDN)は最近、乾癬、扁平苔癬、皮膚筋炎、Hailey-Hailey病などの困難な症状に対する治療法を探している皮膚科医から注目されている。しかし、LDN製剤が市販されていないために、この薬の使用経験を積むことができない。現在、患者さんは1日3~5mgの用量で薬を調合してもらう必要がある。調合薬局を利用すると、ステップが追加され、薬の郵送や安全な財務情報を電話で送信する必要がある。さらに、臨床的な反応に応じて投与量を調整することが困難になる。

今回紹介した処方で1mg/mLの溶液を調合すれば、入手しやすいジェネリックのナルトレキソン錠剤を用いて数ヶ月分の薬を簡単に作ることができる。しかし、ジュースに直接配合すると、ナルトレキソン溶液よりもジュースの方が先に期限切れとなってしまう。患者の中には、容器から直接調合する簡便さを好む人もいるが、保存期間を90日に延長するために、ジュースの代わりに蒸留水で原液を作ることができる。この原液は、患者が選んだジュースに混ぜることで味を改善することができる。患者はスポイトを使って、医師が処方した用量に基づいて3~5mLの溶液を調合する。患者さんの中には、ナルトレキソン溶液の砂のような質感を隠すために果肉入りのジュースを好む人もいる。

家庭での調合の現金価格は月に5ドル以下であり、溶液には地元の薬局で見られる成分が含まれている。私は、この処方によって、いくつかの皮膚科領域の適応症に対する可能性を秘めた新しい治療法へのアクセスが改善されることを願っている。

ナルトレキソン50mg錠から作られたLDN

…static1.squarespace.com/static/601b7e255d76be323d84ded6/t/61d5f19e91a9ae694e932481/1641410974599/LDN

必要なもの

  • ナルトレキソン50mgの錠剤を5個
  • 5mlの注射器または目盛り付き赤ちゃん用薬用スポイト
  • 4オンスの琥珀色のガラス瓶(蓋がしっかり閉まるもの)
  • 蒸留水

処方の開始

  • 1週間目:1.5mlを1日1回
  • 2週目:1日2.0ml
  • 3週目:1日3.5ml
  • 4週目:1日4.0ml
  • 5週目 1日4.5ml

50mg錠を低用量ナルトレキソン (LDN)に変換するのは簡単で簡単だ。その方法は

  • 1) メスシリンダーに蒸留水50mlを入れる(水道水や湧水とは異なり、蒸留水にはナルトレキソンと反応し、その効果を低下させる可能性のある不純物が含まれていない)。また、50mlを計量するために、お手持ちの計量器を使用してもかまいない。
  • 2) 4オンスのガラス瓶に蒸留水を注ぎ、50mgの錠剤を1錠入れる。
  • 3) 約2時間で錠剤はほとんど溶ける。錠剤のすべてが水に溶けるわけではないので、透明な溶液ではなく、濁った懸濁液になることに注意する。
  • 4) 懸濁液1ml(振盪したもの)中にナルトレキソン1mgを含有する。別の言い方をすれば、水と錠剤が1対1の割合になるようにしたことになる。
  • 5) 赤ちゃん用の目盛り付きスポイトか5mlの注射器で、必要な量を量ることができる。
  • 6) 残りは冷蔵庫で保管してほしい。

注意:

薬は固体から液体になると、保存期間が大幅に短くなることがある。したがって、一度に50ml以上の液体ナルトレキソンを作らず、冷蔵庫で保存し、2カ月以上保存しないようにしてほしい。液体LDNは使用前に必ずよく振って、直射日光に当たらないように保管してほしい。

LDNにはほとんど副作用がない。

LDNの最初の1週間の使用中に、患者が睡眠障害を訴えたり、鮮明な夢を見たりすることが時折ある。これは最初の1週間を過ぎてもほとんど続かない。副作用は、少量から始めて徐々に増やしていくと起こりにくくなる。症状の増加を認めた場合は、投与量を減らした方がよいだろう。

最終的な投与量

最終的な投与量は、おそらく1日4.5mgになるだろう。まれに1日3.0~4.0mgの最終用量で調子が良くなる患者さんがいる。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました