1967年、CIAは 「陰謀論者」というレッテルを作った

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

プロパガンダ医療の誤報・偽情報・検閲
In 1967, the CIA Created the Label “Conspiracy Theorists”

https://globalfreedommovement.org/in-1967-the-cia-created-the-label-conspiracy-theorists/

by グローバル・フリーダム・ムーブメント

この記事の著作権はGlobal Freedom Movementにある。再投稿のガイドラインはこちら

1967年、CIAは「陰謀論者」というレッテルを作った。その理由は| グローバル・フリーダム・ムーブメント

編集者の前置き

この重要な文書と解説を提供する理由の一つは、「真実の運動」の「目覚めた」とされる部分でさえ、あるいは少なくとも「オルタナティブ」なソーシャルメディアのページやウェブサイトに頻繁にアクセスする多くの人々でさえ、自分の世界観を守るために感情的な膝蹴りの反応として、不快な情報を「陰謀論」として排除する不穏な傾向があることである。6時のニュースで十分な情報が得られていると思っている、いわゆる「羊たち」がこのような幼稚な反応をすることは予想できるが、「新しい思想」や「オルタナティブ/独立系メディア」の傾向を示すページやウェブサイトをフォローしている多くの人々が、明らかに社会的に操作され、洗脳された夜のニュースを見ている同胞たちと全く同じ思考・行動パターンを示していることは、システムへの衝撃である。この記事は、誰かがメッセージに向き合うのではなく、メッセンジャーを攻撃したがるときに、「陰謀論者」であるという反動的な非難に応えるための盾であり、真実の剣でもある(心の広い大人のやり方で)。

権力や影響力を持つ人々が、自分たちの利益のために意図的に陰謀を企てて道徳的に非難されるような行為をするかもしれないという基本的な考え方に悩むような無知な人が、これほど多くいることは、GFMの我々にとっていまだに驚きである。しかし、歴史的に見れば、このようなケースは常に存在していたのである。さらに、自称 “パワーエリート “たちは、人々の意識を操作する方法や手段を考案し、成功させていた。ある研究者が、意識を高めて集団の力を高めようと、不快な陰謀の真実を共有しても、この望ましくない情報を受け取ることになる人々は、自分たちを騙しているシステムがデザインして提供した用語を使って、その情報を排除してしまうのである。もちろん、我々自身もこのような状況に陥ったことがあり、非常にがっかりした。

我々が支援し、目覚めさせようとしている兄弟姉妹が、理解を促進しようとする試みに対して、制御システムが彼らに仕向けた方法で反応するのを観察するのは、何か気分が悪いものである。この「陰謀論者」というレッテルを誰が言い出したのか、そしてそれ以来、彼らがどのような悪意ある目的のために利用しているのか、以下に紹介する。もしあなたがまだこのことに気づいていないのであれば、バケツを持ってきて吐き出したほうがいいかもしれない。この戦略はシステムのために成功している。

真実主義者 “や “スピリチュアル “タイプの人たちへ:我々は皆、注目されている。なぜなら、我々は人間の存在のあらゆる側面に浸透し、コントロールしようとするビッグブラザーの試みが大幅に加速しているのを目の当たりにしているからである。我々は、モニタリングされ、ワクチンを打たれ、マイクロチップを付けられ、自動操縦で動く従順な収入源に過ぎなくなってしまうのである。

以下の重要な記事はこちらに掲載されたものである。

1967年、CIAは「陰謀論者」というレッテルを作成した。..「公式」シナリオに異議を唱える者を攻撃するために。

かつて陰謀論者は普通に受け入れられていた民主主義と自由市場資本主義は陰謀論の上に成り立っていた。

マグナカルタ、憲法、独立宣言など、西洋の建国文書は陰謀論に基づいていた。ギリシャの民主主義や自由市場資本主義も陰謀論に基づいていた。

しかし、それは昔の話で、今は状況が変わっている。

CIAが「陰謀論者」という言葉を作ったのは1967年

それが変わったのは、1960年代である。

具体的には、1967年4月、CIAは「陰謀論」という言葉を作り、それを否定するための方法を推奨する文書を作成した。 この文書には、「サイコ」と書かれていた。「サイコロジカル・オペレーション(心理作戦)」や「ディスインフォメーション(情報操作)」の略で、「CS」はCIAの「クラインデスティン・サービス(秘密情報部)」の略である。

この文書は、1976年に『ニューヨーク・タイムズ』紙が情報公開法の要請に応じて作成したものである。

派遣状には次のように書かれている。

2. このような意見の傾向は、我々の組織を含む米国政府にとって懸念すべき問題である。

***

このディスパッチの目的は、陰謀論者の主張に対抗し、その信用を失墜させる資料を提供することにより、他国でそのような主張が流通するのを抑制することである。背景となる情報は、分類されたセクションと多数の未分類の添付ファイルで提供される。

3. 行動 我々は、[陰謀]問題の議論がまだ行われていない場所で議論を開始することを推奨しない。議論が活発に行われているところでは、アドレスが要求される。

a. 公表問題について、友好的なエリート関係者(特に政治家や編集者)と話し合い、[関連事件の公式調査]が人並みに徹底した調査を行ったこと、批判者の告発には重大な根拠がないこと、これ以上の憶測的な議論は反対派の思うつぼであることなどを指摘する。また、陰謀論の一部は、…プロパガンダのために意図的に作られているように見えることも指摘してほしい。根拠のない無責任な憶測を阻止するために、彼らにその影響力を行使するよう求める。

b. 批判者の攻撃に反論するために、プロパガンダを利用する。この目的には書評や特集記事が特に適している。このガイダンスの未分類の添付ファイルは、アセットに渡すための有用な背景資料となるはずである。我々の策略は、批判者が(I)証拠が出揃う前に採用した理論に固執している、(II)政治的関心を持っている、(III)経済的関心を持っている、(IV)調査が性急で不正確である、(V)自分の理論に夢中になっている、などを適宜指摘することである。

***

4. 特定の作家に向けられていないメディアでの私的な議論や、これから発売されるかもしれない出版物を攻撃する際には、以下のような議論が役に立つはずである。

a. 委員会が考慮しなかった重要な新しい証拠は出ていない。

***

b. 批評家は通常、特定の項目を過大評価し、他の項目を無視する。彼らは個々の目撃者の記憶をより重視する傾向がある(これらは信頼性が低く、発散性が高いため、批判の手掛かりになりやすい)…。

***

c. しばしば示唆されるような大規模な陰謀は、情報提供者が多額の印税などを受け取ることが期待できるため、米国では隠すことができないだろう。

***

d. 評論家はしばしば、ある理論に光を当ててそれを好きになるという、一種の知的プライドに誘惑されている。また、委員会はすべての質問に必ずどちらか一方の明確な決定で答えるわけではないので、委員会を嘲笑している。

***

f. 委員会の報告書が急ごしらえだったという指摘については、当初設定された期限から3ヵ月後に発表された。しかし、委員会が報告書の作成を急ごうとしたのは、無責任な憶測がすでに出回っていたためであり、場合によっては、自分たちの過ちを認めようとせず、新たな批判をしている同じ評論家からの圧力によるものだった。

g. 10人以上の人が謎の死を遂げた」というような曖昧な非難は、必ず何らかの自然な方法で説明できる ….

5. 可能であれば、委員会の報告書そのものを参照するように促して、憶測に対抗する。心の広い外国人読者は、委員会が行った調査の慎重さ、徹底性、客観性、迅速性に感銘を受けるはずである。他の書籍のレビュー担当者は、報告書自体を確認したところ、批判者の仕事よりもはるかに優れていることがわかった、というアイデアを自分の説明に加えるよう奨励されるかもしれない。

以下は、そのメモの一部のスクリーンショットである。

CIA派遣団が推奨した戦術をまとめている。

  • このような大きな陰謀について、多くの人々が黙っていることは不可能だと主張する。
  • CIAに友好的な人々にその主張を攻撃させ、「公式」の報告書を参照させる。
  • 目撃者の証言は信頼できないと主張する。
  • 「重要な新証拠は出ていない」として、すべて古いニュースであると主張する。
  • 陰謀論についての議論がすでに活発でない限り、陰謀論の主張は無視する
  • 推測することは無責任であると主張する
  • 理論家は自分の理論に固執し、熱中していると非難する。
  • 理論家は政治的に動機づけられていると非難する
  • 陰謀論を広めることで経済的利益を得ていると非難する

つまり、CIAの秘密情報部は、1960年代に心理戦の一環として、陰謀論を信憑性のないものとして攻撃するための論拠を作ったのである。

しかし、陰謀論は、実際には頭のおかしな人ではないのか?

西洋史やCIAの通信簿を忘れて……陰謀論者は頭がおかしいのではないか?

実際、陰謀は非常に一般的なものであり、裁判官は陰謀の主張を、具体的な証拠に基づいて反証または証明されるべき単なる法的主張として見るように訓練されている。

連邦政府や50州の法律には、陰謀に関する具体的な法律があり、陰謀を行った人の処罰方法が定められている。

しかし、証拠を吟味して結論を出す訓練を受けた人たちが、「陰謀」についてどう考えているかを調べてみよう。アメリカの裁判官がどう考えているかを見てみよう。

弁護士や裁判官が法律を調べるために利用する2つの主要な法律研究ネットワークの1つであるWestlawを検索して、「Conspiracy」という言葉を含む判決を探してみた。これは訴訟でよく使われる言葉なので、Westlawを圧倒していた。

具体的には、次のようなメッセージが表示された。

“あなたのクエリは、大量のドキュメントを取得する可能性があるため、インターセプトされています。””と。

経験上、これは、この用語を使用しているケースが数百万から数十万件ある可能性があることを意味している。あまりにも多くのケースがあるため、Westlawはリクエストの処理を開始することすらできなかった。

そこで私は、「Guilty of Conspiracy」という言葉を使って再度検索してみた。そうすれば、Westlawが処理できる程度に検索範囲を狭められるだけでなく、裁判官が実際に被告を共謀罪で有罪としたケースも得られるだろうと期待したのだ。これでちょうど10,000件のケースが出てきたが、これはWestlawが一度に提供できる最大の結果数である。つまり、「Guilty of Conspiracy」というフレーズを使ったケースが1万件以上あったのだ(1万件以上の結果を得るために設定を変更する方法があるのかもしれないが、私はまだ見つけていない)。

さらに、弁護士なら誰でも確認できることだが、通常、ウェストローのデータベースに掲載されるのは控訴審判決のみである。つまり、裁判の判決が掲載されることはほとんどなく、通常掲載されるのは裁判の控訴審を審理する裁判所の判決のみである。裁判になった事件のうち、控訴されるのはごく一部であるから、このことは論理的には、共謀罪事件の裁判での有罪判決の数は、1万件よりもずっとずっと多いはずである。

さらに、”Guilty of Conspiracy “は、共謀罪の訴訟で被告人が有罪になったケースを探すのに使える、数ある検索フレーズの一つに過ぎない。Googleで検索すると、「Guilty of Conspiracy」という検索語で317万件(昨日時点)「Convictions for Conspiracy」という検索語で669万件、「Convicted for Conspiracy」という検索語で74万3千件の検索結果が得られた。

もちろん、多くのタイプの陰謀は、まったく別のものと呼ばれている。例えば、長い間受け入れられてきた法理では、2つ以上の企業が共謀して価格を固定することは違法とされており、これは「Price Fixing」と呼ばれている(検索結果1,180,000件)。

以上のことから、米国では、刑事上または民事上の共謀による有罪判決が何十万件もあったと推測される。

最後に、多くの犯罪は報告されないか未解決であり、犯人は捕まらない。したがって、米国で行われた陰謀の実数はさらに多いはずである。

言い換えれば、アメリカでは常に陰謀が行われており、その多くはアメリカの裁判所に捕まり、有罪とされているのである。バーニー・マドフのねずみ講は陰謀論であったことを思い出してほしい。

実際、アメリカの法律では、共謀罪は非常によく知られた犯罪であり、ロースクールの1年生には基本カリキュラムの一部として教えられている。誰かが「陰謀論」を持っていると裁判官に言うことは、誰かが自分の所有地に不法侵入したとか、暴行を働いたとか、車を盗んだとか主張していると裁判官に言うようなものである。それは基本的な法的概念である。

明らかに、多くの陰謀主張は虚偽である(もしディナーパーティーで裁判官に会ったら、彼の法廷で行われたおかしな陰謀主張をいくつか教えてもらつこと)。明らかに、人々は、利用可能な証拠を使って自分の主張を証明できるかどうかによって、法廷で勝つか負けるかが決まる。しかし、不法侵入や暴行、窃盗などの主張がすべて真実であるわけでもない。

共謀罪を立証することは、他の法律上の主張を立証することと何ら変わりはなく、「共謀罪」というレッテルを貼られただけで、裁判官はそれに劣らず真剣に考える。

マドフだけではない。エンロン社のトップも、アデルフィア社のトップも、共謀罪で有罪になった。政府の下級役人も多数、共謀罪で有罪になっている。、これを見てほしい。

タイム誌の金融コラムニスト、ジャスティン・フォックスはこう書いている。

金融市場の陰謀の中には本物もある・・・。
ところで、優秀な調査報道記者のほとんどは、陰謀論者である。

そして、NSAとそれに協力してきたハイテク企業についてはどうであろうか?

しかし、我々のリーダーたちはそんなことはしないだろう

企業の幹部や政府の下級役人が陰謀に手を染めた可能性を認める人はいても、富裕層や権力者がそうした可能性があると考えることには強い抵抗があるだろう。

しかし、権力者のインサイダーは昔から陰謀を認めている。例えば、オバマ大統領の情報規制庁長官であるキャス・サンスタインはこう書いている。

もちろん、我々の定義に基づく陰謀論の中には、事実であると判明したものもある。ウォーターゲート事件で民主党全国委員会が使用したホテルの部屋には、ホワイトハウスの要請を受けた共和党関係者による盗聴器が仕掛けられてた。1950年代、中央情報局は「マインドコントロール」の可能性を調査するために、MKULTRAプロジェクトでLSDとその関連薬物を投与していたことは事実である。国防総省がテロ行為をシミュレートしてキューバのせいにすると噂されている「ノースウッズ作戦」は、実際に高官が提案したものである。….

しかし、誰かが秘密をこぼしていただろう

陰謀の可能性についての調査を妨害しようとする人々に対する一般的な弁護は、もし本当に陰謀があったなら「誰かが秘密をこぼしただろう」というものである。

しかし、有名な内部告発者であるダニエル・エルズバーグはこう説明する。

「ワシントンでは秘密を守ることはできない」「民主主義国家では、どんなに微妙な秘密であっても、翌日にはニューヨーク・タイムズ紙で読まれる可能性がある」というのは、当たり前のことである。これらの定説は全くの誤りである。これらは実際にはカバーストーリーであり、ジャーナリストやその読者に媚びたり誤解させたりする方法であり、秘密をうまく守るためのプロセスの一部なのである。もちろん、完全な全体主義社会ではありえないような秘密も、最終的にはたくさん出てく。しかし、圧倒的に多くの秘密がアメリカ国民に漏れることはないというのが事実である。これは、秘密にされている情報が敵によく知られている場合や、議会の戦争力を機能させるために、また外交政策を民主的にコントロールするために明らかに不可欠な情報である場合にも当てはまる。一般市民や議会・報道関係者のほとんどが知らない現実は、彼らの多くにとって最も重要であるはずの秘密が、何千人もの内部関係者に知られているにもかかわらず、行政府によって何十年にもわたって確実に秘匿されていることである。

歴史がエルスバーグの正しさを証明している。例えば。

  • マンハッタン計画では、アメリカ、イギリス、カナダから13万人が働いていた。しかし、それは何年も秘密にされていた
  • BBCのドキュメンタリー番組によると

1933年、アメリカの右派ビジネスマンのグループが、アメリカでクーデターを計画していた。このクーデターは、50万人の退役軍人の力を借りて、フランクリン・D・ルーズベルト大統領を倒すことを目的としていた。アメリカで最も有名な一族(ハインツ、バーズアイ、グッドティア、マックスウェルHseのオーナー、ジョージ・ブッシュの祖父プレスコット)が関与していると言われている計画者たちは、自国が大恐慌に打ち勝つためには、ヒトラーやムッソリーニの政策を採用すべきだと考えていた。

さらに、「大物たちはバトラー将軍に、自分たちがすべての新聞を支配しているので、アメリカ国民は新政府を受け入れるだろうと言った」という。このような陰謀の話を聞いたことがあるだろうか。確かに非常に大きなものであった。当時、陰謀者たちが新聞を支配していたとしたら、メディアの統合が進んだ今日では、どれほどひどいことになっているであろうか。

  • 1980年代の「ラテンアメリカ危機」では、マネーセンターの巨大銀行8行のうち7行が倒産したが、政府の対応はその倒産を隠蔽することであった。その隠蔽工作は数十年にも及ぶ
  • 銀行は組織的な犯罪行為に手を染め、あらゆる市場を操作してきた
  • 政府は、原子力産業を守るために、50年間にわたって原発のメルトダウンを隠蔽していた。政府は共謀して、他の多くの環境事故の重大性を隠蔽してきた。テキサス州政府は長年にわたり、飲料水に含まれる放射性物質の量を意図的に過少申告し、違反報告の必要性を回避してきた
  • 政府によるアメリカ人のスパイ活動は、9.11以前から始まっていた(確認されたのはこちらとこちら、そしてこちら)。実際、ニューヨーク・タイムズ紙は 2004年の大統領選挙の結果に影響を与えないように、この記事を遅らせた。
  • イラク戦争の開始は、9.11以前に決定されていた。実際、元CIA長官のジョージ・テネットは、ホワイトハウスは9.11のかなり前からイラク侵攻を望んでおり、イラク侵攻の正当性を示す理由に「くだらない」を挿入していたと語っている。国家安全保障会議のメンバーだったポール・オニール元財務長官も、ブッシュは9.11以前にイラク戦争を計画していたと言っている。また、イギリスの高官によれば、ブッシュが大統領に就任した1ヶ月後に、アメリカはイラクの政権交代について話し合っていたという。ディック・チェイニーは、9.11以前にイラクの油田を国家安全保障上の優先事項としていたようである。そして、イラクには大量破壊兵器がないという証拠を故意に無視した一握りの人々の責任が明らかになった。これらの事実は、最近になってようやく公になった。トム・ブロコウは、「すべての戦争はプロパガンダに基づいている」と言った。プロパガンダのための共同作業は陰謀である

さらに、政府高官やインサイダーは、以下のような劇的な陰謀を事後的に認めている。

  • 地政学的目標を推進するためにテロリストを支援する
  • 偽旗テロの支援

このような告白は、事件から何十年も経ってから行われた。

これらの例は、陰謀を長い間秘密にしておくことが可能であることを示している、誰も「秘密をこぼす」ことなく。

また、軍の秘密作戦の仕組みを知っている人にとっては、「知る必要があるかどうか」という細分化と、司令部のヒエラルキーを尊重することで、数人のトップドッグが采配を振るい、ほとんどの協力者は参加している時点では全体像を知ることすらできないことは明らかである。

さらに、共謀者が自分の行為を自慢すると考えている人は、軍隊や諜報機関に所属している人や、巨額の資金が動いている人は、非常に規律正しい人たちであることを忘れている。彼らは、酒場に行って、運のない二流の強盗がするようなことを口にすることはないだろう。

最後に、隠密作戦を実行する人は、「目的は手段を正当化する」というイデオロギー的な理由で実行することがある。イデオロギーを持つ人の信念を過小評価してはならない。

結論

結論として、陰謀論にはおかしなものもあれば、本当のものもある。それぞれの事実に基づいて判断しなければならない。

人間には、ランダムな出来事をパターンを見て説明しようとする傾向がある。.それが我々の脳の仕組みである。したがって、関連性や因果関係についての理論は、冷たく厳しい事実に照らし合わせて検証する必要があるのである。

一方で、アクトン卿の古い言葉がある。

権力は腐敗する傾向があり、絶対的な権力は絶対的に腐敗する傾向がある。

抑制と均衡がなく、公的なモニタリングと説明責任という消毒作用のない状態で運営されている人々は、自分の利益のために行動する傾向がある。….そして、小さな人が傷つく。

初期のギリシャ人はそれを知っていたし、王にマグナ・カルタへの署名を強要した人々や、建国の父、近代経済学の父もそうだった。我々は、西洋文明のこの重要な伝統を忘れてはならない。

追記 すべての陰謀論を嘲笑するのは、本当は権力者への批判を拡散させようとしているだけである。

富裕層は他の人々より悪いわけではない…しかし、必ずしも良いわけでもない。権力者は悪い人ではないかもしれない……いや、社会不適合者かもしれない。

我々は、彼らが我々の利益のために行動する聖人であるとか、陰謀を企てる犯罪者であるといった先入観にとらわれず、それぞれの行動によって判断しなければならない。

そして、見てほしい。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker