イアン・デイビス|疑似パンデミック(Pseudopandemic): 新常識のテクノクラシー
Iain Davis | Pseudopandemic: New Normal Technocracy

PANDA,PROPAGANDA IN FOCUSイアン・デイビスレジスタンス・抵抗運動全体主義・監視資本主義新世界秩序・多極化暗号通貨・地域通貨・CBDC金融危機・インフレ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Iain Davis | Pseudopandemic: New Normal Technocracy

1,943 回視聴 2022/07/27

豊富な証拠が、あなたがこれまでに読んだことのある最も重要な本の1冊に反映されています。Pseudopandemic” と題された Iain Davis の著書は、パンデミックに対する世界の対応について、冷静かつ説得力のある分析を行っています。

世界保健機関(WHO)がパンデミックを宣言したとき、世界各国の政府に対して、パンデミックから国民を守るために行動を起こす必要があることを示しました。また、官民パートナーシップの世界的なネットワークに、その機会が到来したことを知らせたのでしょうか。

パンデミック対策にかかる費用はどの程度なのか、また、パンデミック対策が自分たちの野心を追求するための正当な理由になったと考える人もいたのでしょうか。

この「Pseudopandemic(疑似パンデミック)」は、厳密な証拠検証をもとに、想像を絶する事態を解明し、世界の腐敗を告発するものです。

詳しくは in-this-together.com でご覧ください。

パンデミックは、それが単なる公衆衛生以上のものであることを明らかにし、対応の政治的、経済的、社会的側面は、ウイルスそのものよりもはるかに大きな意義を持っていることを示しました。民主主義や既存の生活様式を脅かすような形で、私たちの社会の変革に向けた動きが続いています。オープン・ソサエティ・セッションは、最近の経験から政治的、社会的、経済的な側面を検証し、今後の展開を分析することを目的としています。

その他のオープン・ソサエティ・セッションを見る: www.pandata.org/open-society-

私たちの活動を支援する: www.pandata.org/donate


イアン・デイヴィス 0:00

死亡率統計をごまかし、隠蔽するために英国政府が行った信じられないようなこと、それは死亡登録制度を作り上げたことです。COVID-19が根本的な原因であり、主要な死因であると見なされるのを待つのではなく、COVID-19で誰かが死んだことを証明するようなものは必要なかったのですが、誰がICD10の重症疾患のコーディングを変更したのか、その人物によって支援されました。つまり、医師がすべての方針に忠実に従ったとしても、COVIDによる死亡を発見するというサイクルに陥ってしまうことが多いのです。


ドミニ 0:59

デイビスは、人生の大半を医療と社会的ケアに費やし、主に精神衛生上の問題や薬物乱用、急性期の住宅ニーズを持つ人々と関わってきました。最前線のサービスに携わる中で、政策決定が人々の生活に与える真の影響を直接体験することができました。

政治や地政学に生涯関心を持ち、現役時代を通じて組合員や組合スチュワードとして活躍してきました。執筆活動にも熱心で、2018年に初の著書『a dangerous ideology』を出版しました。また、他の人が代替的な視点や潜在的な解決策を考えるきっかけになればと思い、この一緒にブログを書いています。

イアンは、短いドキュメンタリービデオを数多く制作しており、また、大手ニュースサイト21st century wire、UK column、the off guardian、Zero Hedge、Colbert Reportなどにも寄稿しています。

私が声を上げるのは、人間には計り知れない強さ、思いやり、そして連帯感、ソリダリティの能力があることを知っているからです。私は、仕事を通じて毎日それを目にしてきました。しかし、私たちは、分裂と支配というコンセプトのもとに築かれた体制によって、常に互いに対立させられています。イアン、本日はようこそお越しくださいました。新刊『疑似パンデミック、新常識のテクノロジー・テクノクラシー』についてお話ししてください。それでは、どうぞ。

イアン・デイヴィス 2:19

お招きいただき、ありがとうございます。皆さんとお会いできてうれしいです。この本は実は新しいものではなく、昨年の6月に発売されたものです。2021. しかし、その、つまり、明らかに、その後、物事は大きく前進しています。

しかし、ありがたいことに、あるいはありがたくないことに、むしろ残念なことに、私がこの本で提起した問題の多くは、その後、物事がそのように進展していることが判明しました、それは残念なことですが、私はプレゼンテーションを用意しました。私はちょっと技術音痴なんです。だから、我慢してください。スクリーンを共有しようと思っています。画面を共有します。

ドミニ 3:05

私もテクノフォビアになったらお知らせしますよ。だから、心配しないで。

イアン・デイビス 3:08

右へ。よし、画面を共有しましょう。プレゼンを見ることができますか?ええ、たぶん。フルスクリーンになりましたか?そうそう、それで、何を準備してほしいのか、よくわからなかったんです。しかし、この本については、とても重要なことだとわかっています。

「疑似パンデミック」ニューノーマルテクノクラシー イアン・デイヴィス
目次 はじめに 1-疑似パンデミック(Pseudopandemic) 2-グローバルな官民パートナーシップ 3-誰がリスクを気にするのか 4-私たちの安全を守るために 5-試練の時 6-疑似パンデミック ロックダウン 7-Covid Catch 22 8-想像を絶する出来事 9-

だから、私が用意したのは、本の中で話した重要なことをいくつか説明するだけです。だから、残念ながら文字が多いのですが、本ですからね。だから、私はそれでいいと思います。2021年6月に出版されました。だから、言ってみれば、少しは変わっているんですよ。

この本を書いた理由は、報道されていない炎上がパブリックドメインにたくさんあることを認識していたからです。そして、その情報をカタログ化し、できるだけ多くの人が利用できるようにすることが、私の意図でした。そうすることで、私が言ったように、報告されていない情報を一般の人々に知ってもらうことができるのです。

ですから、この本にはたくさんのリンクがあり、文書へのリンクなどもたくさんあります。というのも、これらの文献の多くは、その後削除されてしまったからです。ですから、ありがたいことに、私はアーカイブのリンクを使用しています。この本で言いたかったことは、言論の自由は非常に重要だということです。

そこで、ジョーダン・ピーターソンの言葉を引用して序論を終えましたが、私は基本的に、この本の冒頭で、すべてを公平に、つまり直接的に説明しました。だから、私はこの部分を読むことにします。これは第1章の一部で、COVID-19は疑似パンデミックだったというような書き出しになっています。

心理作戦の実行者たちが示唆した脅威のレベルは嘘でした。侵すことのできない権利と自由を放棄させるために作られた詐欺でした。中心的な共謀者の目的は、世界経済、世界の通貨システム、政治・社会構造のリセットを可能にし、単に自分たちの利益を増進させることでした。

私たちは、疑似パンデミック詐欺を暴く証拠を検証し、その犯人と思われる人物を紹介します。証拠は随所に引用されていますので、ご自身で確認し、見て、納得してください。意見の相違や証拠に基づくオープンな対話は、健全な自由社会に不可欠な要素です。

スーパー偽パンデミックの茶番のひとつは、批判的な討論を侵食したことです。しかし、これは世界的な専制政治の基礎を築くために作られたものであり、どんな全体主義体制も反対意見を容認することはできません。

そこで私が伝えたかったことは、本の冒頭で述べたように、証拠についての議論こそが重要であり、本書の中で何度も繰り返される重要な特徴は、特に科学・医学界からの証拠情報の多きますが、積極的に検閲されているということでした。

つまり、私が執筆している間にも、そのようなことが起こっていたのです。そこで、この推移を説明するために、つまり疑似パンデミックとは何だったのかを説明するために、いくつかの用語を作りました。基本的にはキャロル・クイグリーを盗用し、彼が悲劇と希望、その他の言葉で語った概念のいくつかを改名したのです。

だから、疑似パンデミックの主な設計者であり受益者である人たちを「共同謀議者」と呼び、早く言えば「選民社会」と呼ぶことになります。また、デイビッド・ロスコフが「スーパークラス・インフォームド・インフルエンス」と呼んでいたように、疑似パンデミックを故意に管理し、技術的な助言を政策の正当化として利用できる権威ある立場の人たちです。

私たちは、政策に関して「科学が主導する」というマントラを常に耳にしていましたが、おそらくすぐに「助っ人協会」と呼んだでしょう。というのも、これらの人々は、現在進行中の欺瞞にある程度気づいていたはずですが、それにもかかわらず、おそらく欺瞞を知りながら、それに基づいた政策を打ち出したのです。

例えば、世界保健機関(WHO)は、それが本質的に策略であることを知らずに、あのような政策を提唱することはできなかったと思います。つまり、私は、それが策略であることを知らずに、欺かれた影響力を行使することとは一線を画すと考えました。

彼らは、自分たちは正しいことをしていると思っていましたし、公益のためになると思っていたことを追求していました。私は、このようなグローバル・ガバナンスのモデルを提案しました。私はこれをグローバル・パブリック・プライベート・パートナーシップと呼んでいますが、これは2005年頃に作成された世界保健機関の文書に非常によく基づいています。

また、ビースト・アンド・ウルフという研究者が、グローバル・パブリック・プライベート・パートナーシップとは何かについて研究しています。しかし、基本的に私が提案したかったのは、この本を通して繰り返し出てくるテーマ、「政策とはどのように機能するのか」ということでした。

グローバルなスケールで政策がどのように機能するのか。なぜなら、国家間で協調した政策をとるには、単に国連に代表団を送り、国連が合意すればいいという問題ではなく、これらの政策は流動的だったのです。常に動いていましたが、調整されていたのです。

では、そのようなものをどのように調整するのか。そこで私はあるモデルを提案しました。おそらく国際決済銀行がその鍵になると思いますが、私が提案したのは「階層的な区分け構造」と呼ばれるものです。つまり、構造の中で権限が行使されるのですが、それによって、例えば、情報通のインフルエンサーと、情報通でないインフルエンサーとの間に差が生じます。

政策の起源は、金融・通貨・経済的な利害に基づくと言いましたが、世界経済フォーラム外交問題評議会のような団体は外交政策について、ローマクラブやチャタムハウスなどのシンクタンクは政策課題について議論しています。そして、IMFや世界銀行のような、私が政策ディストリビューターと呼ぶ人たちが、その政策を世界中に広めていくのです。

例えばIMFや世界銀行の場合、投資と引き換えに政策を約束することもあります。ですから、彼らは政策の種まきをしているようなものですが、必ずしも堅固で迅速な政策とは言えません。政策へのコミットメントに過ぎず、その政策をどのように実行するかは、個々の国家が決めることです。

そこで、私は、国家政府は、私が政策執行レベルと呼んでいるようなところで関与してくると言いました。このレベルでは、政策の軌跡やアイデア、アジェンダが、堅固で迅速な政策に変換されるのです。

持続可能な開発の例を見ても、そのことがよくわかります。持続可能な開発という概念は、何年も前からシンクタンクで議論されてきました。しかし、それが身近な政策になるのは、英国の場合、例えばネットゼロのような政策的なコミットメントを行うようになってからです。その時点で、政策課題は、私たちの身近なところに影響を及ぼす現実の政策となるわけです。

そして、その政策を国民に売り込むために必要なことは何かということを、宣伝担当者についてお話ししました。そして、その反対側にいるのが、政策の対象者であることを話しました。このように、疑似パンデミックがどのように行われたか、どのように実行されたかについて、私が感じた重要な点をいくつか挙げてみました。私が重要だと感じたことの1つは、病気の最初の特定が弱かったということです。

中国の科学者たちは、ワンゲノムと呼ばれる曲と98%一致するか、カルメラだったか、正確な数字をもとにデノボアセンブリを行いました。ワンゲノム自体はSARSと57%マッチしていました。つまり、98%か57%の一致ということになるわけです。

しかし、当時は分離したウイルスはなく、サンプルもありません。この本のための調査中に見つけた重要な証拠は、de saludという組織のスペインの科学者チームが、Corman Drostenの論文で指定されたプライマーとプローブを実行できることを証明したことです。

この論文については、また後日お話します。基本的なローカルアライメント検索ツール、つまり遺伝子の塩基配列の検索ツールです。そして、彼らが見つけたのは、私も同じように、同じ配列をBlastにかけたところ、数百種類の微生物、さらにはヒトゲノムに至るまで、さまざまなものと一致することがわかったのです。

つまり、ドロステンの報告書にあったプライマーやプローブを使った検査は非特異的であり、たとえSARSの正確な同定ができたとしても、その後に行われる検査は非特異的であるということです。

2つ目は、それにもかかわらず、他のものでも同じ配列を見つけることができたからです。私が注目したのは、リスクの誤認でした。多くの人から、ウイルス学はくだらない、もっと話すべきだったという批判を受けたのは承知しています。私は科学者ではありませんから、ウイルス学について疑問に思っている人たちの気持ちはよくわかります。

しかし、治療にあたっている医師からの報告書を見てみると、彼らが新しい病気を治療していることは明らかで、特に肺機能を見てみると、気管支肺炎のような症状を呈しているのに、それに伴う通常の肺機能の低下がまったくないことがわかったのです。

そこで私は、「ウイルス学なんてくだらない」と割り切ってはいけないと思ったのです。そうではありません、私はそうしませんでした。根拠があるからこそ、そう思えたのです。私は、あれは本物の病気だと感じていました。しかし、そのリスクは誤って解釈されたり、誤って伝えられたりしたのです。

重要なのは、ロンドンのインペリアル・カレッジが発表した9つの報告書で、アグダはそのリスクレベルに終止符を打ちました。そして、イングランド公衆衛生局や危険な病原体に関する諮問委員会が2020年3月にアグダを格下げするなど、重要な事実が省略されたことです。

死亡率の低い病気だからという理由で、IFRSについて嘘をついていたファウチのような人たちが、そのような理由になっているのです。CFRとは、有名な話ですが、ファウチはコビッドのCFRをインフルエンザのIFRと比較したり、逆にコビッドを実際よりもはるかに致命的であるかのように見せたりしていました。

本の中では、特に若い人たちがCOVIDで死んだとメディアで報道された人たちの話をいくつか取り上げました。しかし、もっと詳しく調べてみると、家族でさえも、「これは真実ではない」と言うのです。彼は他にもたくさんの病気を抱えていたんです。

他にもいろいろなものがあったんです。実際に亡くなったのは筋ジストロフィーで、COVID-19ではない、そういうことなんです。だから、メディアはCOVIDではないのにCOVIDだと言うことがよくありました。

そして、この詐欺と呼べるものの本当の鍵は、RT PCRやラテラルフローテストを使用し、特にポジティブなテストをケースと呼ぶことだと思いました。つまり、この男は、データを見るとそれほど明確ではなかったパンデミックの存在について、多くの人を納得させるために、純粋に陽性反応をケースと呼んだのです。

つまり、陽性反応があれば自動的に症例となったわけです。しかし、それは事実ではありません。これは、コールマン・ドロステンの論文に基づくもので、この論文をもとに、検査用のプライマーやプローブを設計するためのプロトコルが作られました。

この本の中で、RT PCR検査でどの国でどのようなサイクルの閾値が使われているのかを調べようとしたのですが、そのサイクルの閾値の明確な定義をどこにも見つけることができませんでした。ある病院では30サイクルで行っているようですが、他の検査機関では45サイクルで行っています。

アメリカ人は45回まで日常的に行っているようですが、その病院ではRT PCRの閾値が55回までなら大丈夫かもしれないとプロトコルで示唆していました。そして、それらはすべて報告されないままでした。個人的には、マスクやN95マスクの有効性を示す科学的根拠があるとは思えませんでした。

しかし、マスクが視覚的な小道具として使われたというよりも、英国でマスクの使用が決定されたのは、その冬の季節性死亡率と呼ばれるものが終わり、季節性死亡率が低下した頃でした。つまり、冬に呼吸器系ウイルスに感染すると、死亡率が低下することが予想されたのです。

死亡率は低下していたのです。そして、春から夏にかけて、フェイスマスクの採用が進みました。私は、クリス・ウィッティやアンソニー・ファウチのような人たちが、「マスクは効かない」と言っていたのに、急に効くようになったと思いました。

しかし、突然、それが実現したのです。なぜなら、パンデミック(世界的大流行)が起きているはずだと、みんなに視覚的に思い起こさせることができたからです。イギリス政府が死亡統計をごまかし、隠蔽するために行った信じられないようなことについては、この本の中でかなりの時間を費やして取り上げました。

そのために、臨床疾患のICD10コーディングを変更したのは誰なのでしょうか。通常、7.2は、医師が基礎疾患かどうか確信が持てない場合に使用されるコードですが、このコードの解釈を変更し、もしそうであれば、別のコード071(確定診断)として報告すべきとしたのです。

つまり、医師がすべての方針に忠実に従ったとしても、COVID死亡を発見するサイクルの中にいることが多く、修正案では、インフルエンザが消えたという話もありますが、それはもっともな話なのか、それともミス診断なのか。

また、本当に印象に残っているのは、感染症の感染症報告の通知です。医者がこれを提出したり、検査機関がこれを提出したりするわけです。さて、2020年、COVIDの死亡記録は71,000件あったはずです。しかし、医師は18,000件のCOVIDの届け出しかしていないんです。

つまり、両者の間には大きな格差があったわけです。このことから私が感じたのは、研究所の提出に頼っていたのではないかということです。法律で定められているのですから、提出しない医師はいないでしょう。提出されたことを知らなければ、すでに提出されているのです。

だから、提出しなければならないのです。つまり、症状からの診断よりも、検査による診断に重きが置かれているのです。NHSは、診断を行う医師に対して、呼吸器系の病気やインフルエンザのような病気はすべてCOVIDに当てはまるというガイダンスを発表しています。

ですから、たとえCOVIDかもしれないと思ったとしても、医師が偽の精密検査や偽のスキャンをしない限り、その後、解剖する可能性もありますが、それもほとんど不可能になっています。そして、肺を徹底的に検査し、腸炎や膀胱炎などの症状から判断し、それが検査で確認されれば、COVID-19と断定するのに十分だったのです。このように、必ずしも正当な理由がないにもかかわらず、数値が跳ね上がるように設計されたシステムだったのです。

2020年春、コロナウイルス法の一環として、NHSは退院方針に関してNHS標準フレームワークへのコミットメントを削除することになりました。つまり、NHSイングランドは、継続的なケアの必要性を必ずしも評価することなく、退院させることができるということです。この点については、政府も非常に明確でした。彼らはただ、できるだけ早く人々を退院させたいと考えていたのです。

その結果、2020年の春、2万8000人の人々が病院から介護施設に退院しました。GPSは、介護施設に行かないように、あるいは感染の拡大を抑えるようにと言われました。そのため、GPSはより多くのことを遠隔操作で行い、ビデオリンクを通じて物事を進めるようになりました。

ケアハウスの職員がGPに電話をかけてビデオ会議を行い、ビデオリンクを通じてGPに症状を説明した結果、死因が確認されたという例が数多くありました。つまり、GPやケアハウスはこの時点では患者を見たことがなく、潜在的に会ったことすらないのです。

そして、ケアハウスの人から聞いた話から、それがCOVIDとして死亡診断書に記載されることになったのです。つまり、このシステムは、他のものを排除してまで、COVIDの死亡率を推し進めようとしているのです。しかし、NHSがそれを考慮しなくなったために、これらの人々は臨床的に脆弱であったという事実もありました。

CQCやその他の機関から、COVIDに感染した患者が地域のケアハウスに退院させられていることが分かっており、その時点でケアハウスには感染がなかったという報告もたくさんありました。つまり、弱い立場の人たちに感染症を持ち込むことになるのです。

そして、その時期に発生した死亡率の急上昇は、退院者数とその時期にほぼ直接相関していることが注目されます。私は、欺瞞の大部分は、科学主義、つまり、科学は疑ってはいけないというもので、突然、科学的方法がひっくり返されたことだと感じました。

そして、突然、疑うことよりも確実性を求めるようになったのです。世界保健機関(WHO)や、イギリスの保健規制当局などが、パンデミックの定義を変更しました。パンデミックの前に行われた疑似パンデミック、ワクチン免疫の定義、これらすべてが、科学的根拠もなく、ただ恐怖によって変更されたのです。

そしてもちろん、こうした問題を提起しようとする医師や科学者が、検閲や攻撃を受けるという事態も発生しました。私が話しました「グレートバリントン宣言」は、Googleが実際にインデックスを削除しました。これは明らかに多くの支持を集め、専門家からも一般市民からも多くの支持を集めました。それに対するGoogleの対応は、インデックスを削除し、検索結果から削除したのです。そのため、99.9%の人がその宣言に声を加える見込みはなくなりました。だから、そういうことなんです。

なぜ、そんなことをするのですか?というのも、あなたが広めようとしていることは、証拠に裏打ちされていないからです。そしてそれは、疑似パンデミックの心理戦という側面にも非常に合致していました。今となっては悪名高い、スパイが政府にメディアを使って個人の脅威感を高めるよう助言している文書があります。

これはその文書から直接引用したものですが、スパイ・ページが言うには、かなりの数の人々がまだ個人的な脅威を十分に感じていないとのことです。個人的な脅威を感じるレベルを上げるということです。メディアを利用して個人的な脅威の感覚を作り出し、従わなかった場合の社会的不評を利用することを検討しています。

これはガイダンスとして出されたものですが、確かにスパイビーとはバイバイですが、その後出てきた政策やメディアの報道を見ると、スパイビーが提案しただけかもしれないのに、その提案が完全に採用され、取り上げられ、完全に採用されたということです。

このことは、プロパガンダの意味にもつながり、戦争中は大規模なプロパガンダが行われました。しかし、最近、ウクライナ情勢があり、マックを凌ぐ勢いですが、それでも、これらのことが組み合わさって、Trusted News Initiativeのような組織的な問題が生まれ、情報とプロパガンダのまとまった壁ができ、今述べたようなことができるようになっています。

しかし、私が感じたのは、この問題の重要な大きな部分は、省略されていることでした。統計の誤魔化しによる効果的な統計操作について報道しているのですが、それについては触れていません。COVIDによる死亡の虚偽説明については、先ほども述べたとおりです。

そして、このプロパガンダが、今、人々が明らかに語っている大衆形成精神病を生み出す鍵となったのだと思います。実は、この本の中では触れていないのですが、関連性があると思ったのです。マインドスペースと呼ばれる文書に戻ると、これがスパイのあり方なんですね。私にインスピレーションを与えてくれた人たちの多くは、行動インサイト・チームに所属していました。行動インサイト・チームは、かつてのナッジ・ユニットで、現在は半官半民の関係者に会っています。

しかし、その文書「マインドスペース」の中で、この種の心理戦やプロパガンダの意図は、事実や情報から注意をそらし、人々が行動する文脈を変化させることにあると述べています。それによって、人々を合理的な意思決定を行う自律的な個人から、選択環境を変えることによって行動を制御される、状況的意思決定者と呼ばれる存在に変えるのです。

つまり、この選択環境を作り出すことが、疑似パンデミックであり、マスクのすべてであると思います。この演劇はすべて、このような選択環境を作ることで、人々は自分の決断が制約され、私が知っているような物語の概要に従うしかないと感じるようになるのです。

では、なぜ、なぜ、、彼らはこんなことをしたのでしょうか?これが、この本の後半、「これはいったい何なんだ?何が言いたいのか?」についてであり、国際通貨・金融システムを変革する必要があったことは、かなりはっきりしているようです。

国際通貨金融システムは取り返しのつかないほど崩壊しており、これが多くの国際機関、特に中央銀行の力の源であると明言されています。そこで私は、国際通貨金融システム全体の権威を維持するために、国際決済銀行をそのヒエラルキーの頂点に置き、ひいては世界経済も、この2つは密接に関連しているので、変革する必要があると考えました。

したがって、私たち、つまり私たちは、事実と情報に基づいて合理的な意思決定を行うことができる自律的な個人から、事実と情報に基づいて意思決定を行わない意思決定者に変身する必要があるとされているのです。これは、この新しい経済・通貨オウムのパラダイムへの移行を受け入れるよう、私たちを強要するために彼らにとって必要なことなのです。

私たちがこの移行をコントロールし、誘導されない限り、この変革は私たちアメリカの利益にはなりません、 この強制を可能にする主な方法論は、常に権威の集中化を必要とする永久的な危機状態の構築です。疑似パンデミック、あるいはビル・ゲイツが実用的に悪名高いパンデミック1と呼んだものは、それに続く多くの国際危機の最初のものでした。

では、なぜ、すべてが失敗したのでしょうか。国際通貨金融システムで何が起きていたのか、何が皆をパニックに陥れたのか。2007年 2008年の金融崩壊とそれに続く銀行救済の後、債務に基づく通貨モデルは確実に生命維持装置に乗り、量的緩和によって支えられていたからです。

私たちはもうそんなことはしません。すべてアウトソーシングしてしまったのです。では、私たちは何を基盤に経済を構築しているかというと、すべてを取り除いてしまうと、あまり残らないのです。金融サービスは最大の稼ぎ頭の1つであり、全体が戻れない地点に達しています。

そして2019年、これが重要です。そこで、2019年8月、ワイオミング州ジャクソンホールで開催されたg7の年次銀行家シンポジウムで、当時イングランド銀行総裁だったマーク・カーニーは、次のように述べました。 最も基本的には、国際通貨・金融システムの中心で不安定化する非対称性が拡大しています。

多極化する世界経済がその可能性を最大限に発揮するためには、新しいIMFが必要です。そして、ここがカギとなります。それは簡単なことではないと思います。新しい世界基軸通貨への移行がスムーズに進まない可能性があることは、歴史が教えてくれています。

技術的な発展は、おそらく中央銀行のデジタル通貨のネットワークを通じて、そのような世界が出現する可能性を提供しています。国際通貨・金融システムの欠陥は、ますます強力になっています。金融の歴史を少し知っているだけだとしても、中央が持たないこのセットは、ベン・バーナンキが挑戦している、当時のFRBのトップに緊急性を加えることによってです。

国際通貨金融システムの悪意ある放置に終止符を打ち、出現しつつある多様な多極化グローバル経済にふさわしいシステムを構築しようじゃないかと。つまり2019年8月に、国際通貨金融システムのトランジションチェンジ、完全なチェンジという、マンモスタスクのような話になっていたのです。

そこで、そのシンポジウムで、投資会社のブラックロックが、次の不況への対応という論文を発表し、その論文の中で、going directという概念を発表しました。これは論文から直接引用したものですが、going directとは、中央銀行が中央銀行の資金を直接、公共部門や民間部門の消費者の手に渡す方法を見つけるということです。では、通常、経済に直接投入されることのない準備通貨を、どのようにして手に入れるのでしょうか。

それをどうやって直接、政府の支出に回すのでしょうか?そこで、2019年のその同じ文書で、ブラックロックは、既存の貨幣金融システムが終わっていることを認め、引用し、次の景気後退に対応するために、前例のない政策が必要になる、前例のない収益キーが必要になります。

金融政策は、世界の金利がゼロに向かって急落し、日本以下は10年間ゼロ以下の金利が続いているため、ほとんど疲弊しています。従来の金融政策と非伝統的な金融政策は、主に短期・長期の低金利による景気刺激効果を通じて機能します。

このチャネルはほとんど使い果たされています。つまり、彼らが言いたいのは、もうどうにもならない、ということです。借金を増やし続けるわけにはいきません。QEはそのライフサイクルの終わりに近づいています。しかし、その移行を行うためには、ブラックロックがこのジャクソンホールで話したように、何かきっかけが必要なのです。

私たちが提案したのは、異常事態に限定した財政・金融政策政策の異常な調整です。つまり、異常事態が必要で、そのきっかけを作るのです。これは恒久的なもので、金融政策が使い果たされたときにのみ発動される仕組みです。

しかし、金融政策が行き詰まったときのみ発動します。だから、彼らはすでにそれを知っています。次の景気後退、次の異常事態は4カ月後に始まりました。実際には、途中でレポ市場の崩壊がありましたが、しかし、大きな出来事は4カ月後に始まりました。

それが疑似パンデミックだったのです。世界的なパンデミックが宣言されたとき、政府の経済対策は、一時帰休、ビジネス支援策、給付金の増額など、すべてブラックロックが4カ月前に提示した計画に正確に沿ったものでした。

世界経済を1年以上停止させるという、明らかな経済ショックが発生し、当初のGDPは20%減となりました。これは異常なことで、普通の結果です。通常、GDPが20%も落ちたら大失敗です。1930年代の大恐慌が、まるでちょっとした不調に見えるようなものです。

しかし、これを食い止めたのは、ダイレクトマーケティングのおかげです。彼らは、自分たちが経済を破壊していることを知っていました。そこで、直接取引をすることがその方法となったのです。その結果、国際通貨・金融システムの変革のための条件を整えることができ、より良いシステムを構築する必要があったのです。

その結果、すぐに起こるはずだった経済的な影響を遅らせ、大規模な抵抗を避けながら、この変革を促進するために徐々に対処することができるようになりました。だから、ブラックロックが言ったように、2021年に、だから、これはラリー・フィンクでした。

これはラリー・フィンクの株主への手紙です。金融政策は、金融条件の不当な引き締めを防止することに焦点を当て、金融市場の機能を確保する必要があります。彼らが心配していたのは、私たちが飢えることでも、エネルギーがないことでもなく、この大規模な金融ショックが金融市場の崩壊を引き起こすことだったのです。

そして、それが起こることを彼らは望んでいなかったのです。そこで、中央銀行から直接、経済に刺激を与えます「直接金融」が登場するわけです。もうひとつの大きなポイントは、このような移行や変化に対応する人々をどのように集めるか、ということです。

このシステムを維持するためには、人々の行動をコントロールするためのメカニズムが必要です。心理的なプログラムという側面については、すでにお話ししました。しかし、バイオセキュリティ・スケープステートは、それを可能にする非常に便利な実用的ツールです。

そして、このインフラを展開する正当な理由が、疑似パンデミックにあるのです。つまり、バイオセキュリティ国家は、ガンブリン行としての政府との関係における根本的な転換を提示しています。彼はパトリック・ジルベルマンを引き合いに出していましたが、バイオセキュリティの状態、3つの主な特徴、そしてこのすべてをガンブリンはパンデミックのずっと前に書いています。

つまり、起こりうるリスクに基づいて架空のシナリオを構築し、その中でデータを提示することで、政府がこの絶え間ない危機の中で極端な状況を許容するような行動を促すこと、政治的合理性の体制として最悪の論理を採用すること、です。つまり、私たちは何をするにも、最悪の事態を想定しなければならないのです。

そのため、緊急事態に対応するための政策に、より強権的なものを採用することができるようになります。そして、市民は、私たちが通常考えるような健康に対する権利をもはや持たず、健康に対する法的義務を負うようになります。もちろん、私たちは皆、自分の健康を維持する責任を負っているのですが、今は、バイオセキュリティ国家のスイッチが入ったのです。

しかし今、私たちは大義のために、政府が公衆衛生を保護しているのだから、政府の言うとおりにしなければならないという責任を負っているのです。つまり、政府は私たちのために公衆衛生を守ってくれているということなのです。そして、彼らの言うことに従うのが、善良な市民としての私たちの責任となっているのです。

ですから、もしあなたが危機的状況を管理するのであれば、それが私たちが直面していることであり、今後数年間、私たちが経験することになることなのですが、人々をコントロールする必要があります。そして、これが疑似パンデミックが確立したものです。

2020年の疑似パンデミックは、まさにこのような特徴を持っています。例えば、英国政府がパンデミックに対応するためとされる英国健康安全保障局を創設したことがその例ですが、こんなもの数ヶ月では作れません。これは何年もかけて計画されたものです。

これは恒久的な危機を経由した政府行政です。マット・ハンコック保健長官(当時)が言ったように、「あらゆるレベルの人が、次のパンデミックのために計画する熱意を持って毎日目を覚ますようにしたい」のです。つまり、これは、この本の中でも強調していることですが、これは危機的状況の終わりではなく、始まりだということです。

始まりなのです。アクサは、イングランド公衆衛生局(Public Health England NHS)のテスト・アンド・トレースと合同バイオセキュリティ・センターの機能を引き継ぎました。その権限により、実質的にあらゆるものが潜在的な公衆衛生上の脅威となります。

すべてが公衆衛生上の懸念となるのです。AXA UK Governmentの設立を発表して引用すると、私たちが将来直面する脅威は、新しい感染症、新しい環境の脅威やバイオハザードから新しい行動の課題まで異なるものになるため、それらについてより多くのことを行う機会もまた異なるものになるだろう、と宣言しました。

新しいテクノロジー、アナリティクス、最先端の科学、そしてパーソナライズされた行動学的アプローチの活用です。つまり、気候変動による環境の脅威から、ワクチンを接種していない人たちがバイオハザードになるのです。法秩序や公序良俗に反する行動上の課題は、バイオセキュリティの問題となり、行動的アプローチによって管理されることになります。

こうした行動的アプローチは、疑似パンデミックによってもたらされたバイオセキュリティ・インフラによって促進されます。これは、第4次産業革命に完全に適合し、実現されます。例えば、デジタルIDワクチンのパスポート、大量監視、追跡調査などです。

私たちの生活の中で、バイオセキュリティ国家を通じて政府によって管理されないものはありません。仕事、教育、交通、住宅、空気の質など、身体と精神の健康に最も重要な要素は、公衆衛生を変革するためには、政府全体で非常に異なる働き方が必要であることを意味します。

健康はもはや保健社会保障省だけの仕事ではなく、政府全体の中核的な優先事項であり、国や地方政府、そしてパートナー(パートナーとは民間企業)がより連携して持続的に行動できるようにします。つまり、これは私たちの社会の本質を完全に変えるものです。

そして、私たちと政府との関係のあり方もまた変容し、グローバルな世界経済の変容を引き起こしています。そして、グローバルな通貨システム。これらはすべて、私が「疑似パンデミック」と呼んでいるものの一部なのです。どうすれば終わらせられるのでしょうか?

ドミニ 47:19

ありがとうございます、それは魅力的でした。とても興味深かったです。最後のスライドにあるバイオセキュリティに関する記述は、私たちの多くに投げかけられた試練のようなものだと思います。私たちはその挑戦を受けています。

あなたの意見では、何を聞けばいいのでしょうか?これは最終的にどこに向かうとお考えでしょうか?これにはアレルギーがあると思いますか?私たちにチャンスはないと思いますか?

イアン・デイビス 47:39

つまり、私たちにはチャンスがあると思います。つまり、いろいろなことがあると思うのです。勇気づけられることの1つは、看護師たちに起こったことです。彼らは、明らかに医師や看護師たちにワクチンを摂取するよう強制しようとしていました。

そして、彼らは、それほど多くの人が拒否することはないと思ったのでしょう。そして、政府がこのような事態から手を引かなければならなかったという事実は、勇気づけられたと思います。私たちは、この問題に挑戦し、進行を食い止めるためにできることがたくさんあると思います。

どう考えても既成事実化されているとは思えません。しかし、最終目標に向かって非常に早く進んでいるのです。

もし、それを阻止するのであれば、人々が何が起こっているのかを知り、この情報を知ることが本当に重要です。

なぜなら、もし人々がそれを知らなければ、もしあなたがそれを見ることができなければ、例えば、パンデミックの間中、BBCを見ていたなら、あなたはそれを信じ、言われたことにすべて従ったでしょう。なぜなら、BBCは脅威を現実のものにしたのですから。

そして、脅威を実際よりもはるかに悪いものにしたのです。ですから、私たちは、無限に情報を吸収し、より多くのことに疑問を持つような方法で、これらに挑戦し始める必要があるのです。そうすれば、この状況を変えるためにできることは、たくさんあるはずです。

政治的な意味だけでなく、私たちが毎日行う選択、消費するもの、購入するメディア、どのような選択をするかなど、私たちが毎日行う小さな選択で、誰を支持し、誰を支持しないかを決めることができると思います。しかし、私たちは積極的にその選択をしなければなりません。なぜなら、もしそうしなければ、もしそうすることを始めなければ、そう、このようなことが起こるのです。それは避けられない。

ピアーズ・ロビンソン 49:37

質問がたくさんあります。しかし、まず最初に思ったのは、これは明らかに、様々な意図を押し通すための意図的な欺瞞であるとして、これを欺瞞として提示しているようなものです。そして、私が考えたのは、知らず知らずのうちにそれに巻き込まれる人がいる、ということです。

しかし、その中には、これはおそらく実行されているある種の崇高な路線である、ということを知っている人もいるはずです、と。そして 2003年のイラク侵攻を思い出しました。チルコット・レポートが発表されたとき、ほとんどの人はイラクが大量破壊兵器の脅威であるという考えを信じていましたし、反戦運動もそれに同調していたようなところがありますね。

しかし、チルコット文書が発表されると、外務省や国防情報局のスタッフの中にも、大量破壊兵器のようなものは何もなく、ごくわずかな能力しか持っていないことを知っている人たちがいることが明らかになったのです。そのため、政府の隅々にまで、これが欺瞞であることをおおよそ知っていた人たちを探し出すことができます。

しかし、COVID-19の場合、あなたの分析に基づくと、これはある種の欺瞞であり、ある種の崇高な嘘であると知っている人々がいる権力の中心はどこなのか、どうお考えですか?つまり、以前は少し厄介だったのですが、あなたは文書などの点である種の透明性がある地点にいるのです。

しかし、それについてコメントをいただけないでしょうか、あるいはそれについてどのような評価をされているのでしょうか?

イアン・デイビス 51:14

そうですね、私がこの本で見た面白いことのひとつは、世界保健機関から発表された声明の一部です。というのも、世界保健機関(WHO)では、世界的に意見が分かれているようなのです。だから、長官のような人物を見れば、すべてがメッセージ通り、すべてがメッセージ通りなのです。

しかし、他の専門家を見てみると、顕著な意見の相違があったのです。しかし、彼女の名前を思い出せないのですが、医師と、アイルランド人の医師との間には、顕著な意見の相違がありました。

でもですね、彼らは無症候性感染について話していたんです。そして、2人の間には意見の相違があったのです。さて、私が感じたのは、世界保健機関はまだ政策課題を推進しているということです。つまり、直接的に政策を提唱していたわけではありません。

しかし、無症候性感染という考え方に基づいた疑似パンデミックという政策課題を押し進めていたのです。その女性、専門家の教授、名前は忘れましたが、そのとき彼女は、「無症候性感染には証拠がない」と言いました。しかし、彼女はアイルランド人の男性(名前は忘れました)に制止されました。

中国などで行われた研究に目を通した医師であれば、無症候性感染には非常に弱いエビデンスがあることを知っていたに違いないのです。しかし、それにもかかわらず、彼らはそれを推し進めたのです。彼女はそれを知っていたのです。

ですから、私は、つまり、誰がそうであるかという話をするならば、本の中で彼女を「無知なインフルエンサー」と呼びたいと思います。つまり、彼女はまだ政策を推し進めていますが、何かがおかしいと気づいているのです。

しかし、彼女はそれが正しいと思うから、まだそれを続けているのです。一方、彼女を締め出した人々は、彼女が正しいこと、つまり、無症候性感染は特徴ではないということを知っていたのです。つまり、ファウチ自身が、無症候性感染は今までのパンデミックの特徴ではない、と言っているのです。

誰も知らないのです。私は、ロックダウンの対応もそうだと思いました。世界保健機関(WHO)が2019年に出した文書では、すべてロックダウンを具体的に出しています。彼らはね、非薬事的な介入について話していて、ロックダウンはその中にはない、ロックダウンのコストがかかるからうまくいかないと言ったんです。

ポール・フリヒテルス 54:03

しかし、次のように、それを拡大する、

ピアーズ・ロビンソン 54:05

というのはよくあることかもしれません。しかし、だからといって、政治的・経済的な意図を押し通すという点で、これらの個人がこれが欺瞞であることを認識しているとは限りませんし、そうである可能性もあります。しかし、分析する上で、権力の所在がどこにあるのか、また 2003年のイラクのように、国防情報局やFCAに入ったときに、どこに目を向けるのかが問題なのです。

そして、彼らの何人かがこのようなことを話している文書を見ます。世界保健機関(WHO)でも、実際にこのことを認識している人たちは、ちょっと同意できないかもしれないし、バカバカしいと思うかもしれませんが、何の認識も持っていないかもしれません。

より広範な政治的プロジェクトがあり、そのプロジェクトが「誰」を道具化することにつながったのだと思います。私たちは大丈夫です。というのも、単刀直入に言えば、政治的・経済的再編の中で住民を動員するために、ウイルスやあらゆる制度を道具化している、ということなのです。

つまり、国際決済銀行(Bank of International Settlements)にあるのでしょうか。そういう組織なのでしょうか?それとも、西側民主主義国家の深層部のようなところで、潜在的に活動しているのでしょうか?どこですか?そうです、

イアン・デイヴィス 55:38

そうですね、具体的にどこを探せばいいかというと、英国では内閣府がシンクタンクとのつながりがありますね。シンクタンクの人たちは、チャタムハウスのようなところで影響力を持ち、マーク・セドウィルのような正式な人たちと一緒に仕事をしています。

そして、そのような、いや、むしろ、そのような裏の意図があることも知っています。そして、提示されたものには目的があります。シンクタンク、中央銀行、中央銀行の管理下、ブラックロックやバンガードなどの投資会社のような組織は、差し迫った金融・通貨危機があることを知っていたのです。

彼らはそれを知っていました。そして、彼らはそれをオープンにし、実に堂々と話していました。つまり、外交問題評議会やチャタムハウスなどのシンクタンクにいるような人たちと同じ人たちなのです。つまり、クロスオーバーがあるのです。

ですから、そのようなコミュニティの中には、私たちのように欺瞞に気づいている人たちが必ずいるはずです。なぜなら、中央銀行で働くすべての人が、「ああ、これはラッキーだ、なんという幸運なことだろう」と想像することができない限り、です。

というのも、パンデミックがちょうどいいタイミングでやってきて、私たちは金融の移行、通貨の移行を行うことができるのです。そこで、シンクタンクや政府関係者に期待することがあるのではないでしょうか。

私はよく、どれだけの政治家が参加しているのか混乱するのですが、彼らの発言を見なければ、彼らがどの程度の認識を持っているのかを知ることは非常に困難だと思います。おそらく、ごく一部の人たち、特に英国の国会議員だけが、このことを認識していないように見えます。実際、彼らは他の人たちと同じことを、多かれ少なかれ同じように信じているように見えます。

ドミニ 58:15

ありがとうございます、ピアーズ。ポールさんどうぞ。

ポール・フリヒテルス 58:22

はい、どうもありがとうございました。特に、私たちは今、国際機関や国家機関の多くを急速に塗り替えていることを目の当たりにしています。私たちが見ているのは頭が1つの蛇なのか、それともたくさんの頭を動かす巨大な蛇なのか、それはあまり重要なことではないと思うのです。

あなたへの重要な質問ですが、私たちの役割は、コミュニティーの百万人の抵抗、つまり、止めようとする努力、少なくとも短期的には無駄な努力のように思えますが、長期的には将来の夢のようなもの、つまり、改革運動としての販売と同時に、並行社会の側面もあります。

そしてそれは、あなたが言いました「自分たちのメディア」、「自分たちの消費構造」、「自分たちの教育・健康構造」とも重なります。どのような展開が考えられるでしょうか?また、社会と並行した役割や責任について、どのような組織で考えるべきでしょうか?基本的には、この先のステップについて、あなたのお考えをお聞かせください。

私たちが提供する代替的なユートピアや、実際にものを設置することについても、いつ反対してもいいのでしょうか?

イアン・デイビス 59:51

ええ、でも、ありがとうございます、ポール。ええ、これ以上ないほど同意します。いや、まったくです。私たちは、これを阻止するために、あらゆるものを投げかけていく必要があると思います。つまり、何が起きているのかを知ってもらうために、基本的には多くの情報を人々に伝えるということです。

しかし、現実的には、国際的な世界的な運動であり、非常に高い政治的レベル、経済的レベルであるものを、ごく少数の人たちがどうやって止めることができるのでしょうか?つまり、それは難しいことなのです。そうですね、私たちがすべきことは、並行して構造を構築することで、その後、1対1で提供できるようにすることだと思います。

経済危機はすでに始まっています。通常、このようなことが起こると、人々の日常生活に影響を与えるような決定がなされることになります。その理由は、病気があるから、こんなことをしなければならないんだ、心配するな、どうせ金は払うから、というものです。

だから、心配する必要はないんです。しかし、これからの金融の変化、つまり経済危機によって、そのような状況ではなくなり、人々は日々の生活の中でそれを感じ始めるでしょう。そのときこそ、人々に手を差し伸べ、情報を発信し、その代替案について語り始めるときだと思います。

私たちの方向性に賛同して声を上げてきたすべての目的は、権力と権威を集中させることでした。ですから、その解決策は、権力と権限の分散化であるべきです。もしあなたが、最悪の場合、バイオセキュリティの完全な状態に置かれるよりも、人々が自分自身の人生において、もっと主体性を持てるようにしたいのであれば。

そして、自分の健康などのために、しばしば奨励されるように、個人的な責任を負うようにしていくべきです。NHSに代わるものを提供する人たちのイニシアチブが始まっています。

ピアーズ・ロビンソン 1:02:34

質問したいことがたくさんあるので、詳細については時間をかけてお話ししたいと思いますが、まず第一に、明らかに、これは様々な意図を押し通すための意図的な欺瞞であるとして、これを提示することを考えました。そして、私が考えたのは、あなたが説明したように、知らず知らずのうちにそれに巻き込まれる人々がいる。

しかし、その中には、これがおそらく彼らの目には崇高な嘘に映り、それが実行されていることを知る人々もいるはずです。そして 2003年のイラク侵攻を思い出しました。チルコット・レポートが発表されたとき、ほとんどの人はイラクが大量破壊兵器の脅威であるという考えを信じていましたし、反戦運動もそれに同調していたようなところがありますね。

しかし、チルコット文書が発表されると、外務省や国防情報局のスタッフの中にも、大量破壊兵器のようなものはないと知っている人たちがいることが明らかになったのです。だから、政府の中枢にいる人たちは、これが欺瞞であることをおおよそ知っていた、と言うことができるのです。

しかし、COVID-19の場合、あなたの分析に基づくと、これはある種の欺瞞であり、ある種の崇高な嘘であると知っている人々がいる、権力の中心はどこなのでしょうか?つまり、あなたは文書などの面で何らかの透明性がある時点にいるため、以前は少し厄介だと思いますが、それについて、またはそれに対するあなたの評価についてコメントしていただけませんか?

イアン・デイビス 1:04:11

そうですね、私がこの本で見た面白いことの1つは、世界保健機関から発表された声明の一部です。世界保健機関(WHO)の事務局長のような人物を見てみると、すべてがメッセージ通りであることがわかります。しかし、他の専門家を見てみると、顕著な意見の相違がありました。

名前を忘れてしまったので許してほしいのですが、彼女の名前を思い出せないドクターと、アイルランド人の彼らの間には顕著な意見の相違がありました。しかし、彼らは無症候性感染について話していたのです。

そして、2人の間には意見の相違があったのです。私が感じたのは、世界保健機関(WHO)はまだ政策課題を推進しているということです。つまり、直接的に政策を提唱していたわけではありません。しかし、無症候性感染という考え方に基づいた疑似パンデミックという政策課題を押し進めていたのです。

専門家である教授の名前は忘れましたが、彼女は無症候性感染には証拠がない、と言いました。しかし、彼女はアイルランド人の男性(名前は忘れました)に制止されました。

中国などで行われた研究に目を通した医師であれば、無症候性感染には非常に弱いエビデンスがあることを知っていたに違いないのです。しかし、それにもかかわらず、彼らはそれを推し進めたのです。彼女はそれを知っていたのです。

ですから、私は、つまり、誰がそうであるかという話をするならば、本の中で彼女を「無知なインフルエンサー」として言及することはないでしょう。つまり、彼女はまだ政策を推し進めていますが、何かがおかしいと気づいているのです。

しかし、でも、彼女はそれが正しいと思ってやっているのです。一方、彼女を締め出した人々は、彼女が正しいこと、つまり、無症候性感染は特徴ではないということを知っていたのです。無症候性感染はパンデミックの特徴ではない、とファウチが自分で言っていたんです。

私は、ロックダウン対応もそうだと考えていました。世界保健機関(WHO)が2019年に出した文書では、すべてロックダウンを具体的に出しています。彼らは、非医薬品的な介入について話していて、ロックダウンはそのうちの1つではない、ロックダウンのコストがかかるのでうまくいかない、と言っていましたね。

ピアーズ・ロビンソン 1:07:00

しかし、拡大すると、そうかもしれませんね。しかし、だからといって、政治的・経済的な意図を押し通すという点で、これらの個人がこれが欺瞞であることを認識しているとは限りません。しかし、分析の観点からは、権力の所在がどこにあるのか、また 2003年のイラクのように、国防情報局やFCAに入ったときに、どこに目を向けるのか、ということが問題になります。

そして、彼らの何人かがこのことについて話している文書を見たりします。世界保健機関(WHO)の職員も、少しは同意しないかもしれないし、バカバカしいと思うかもしれませんが、全く意識していないかもしれないのですから、より広範な政治プロジェクトがあり、それが道具化につながっているのです。誰が?というのは、政治的、経済的な再編の中で、住民を動員するために、ウイルスやあらゆる制度を道具化するという発想があるからです。

つまり、国際決済銀行(Bank of International Settlements)にあるのでしょうか?それとも、西側民主主義国家のディープ・ステート(深層国家)のような層で、潜在的に活動しているのでしょうか?どこですか?そうです、

イアン・デイヴィス 1:08:35

英国でシンクタンクを探すとしたら、内閣府とシンクタンクのつながりを見ることになるでしょう。シンクタンクの人たちは、チャタムハウスのようなところで影響力を持っていますし、マークが言ったような人たちと一緒に仕事をしています。

そして、というか、裏の意図があり、提示されるものには目的があるのです。シンクタンク、中央銀行、中央銀行の管理、中央銀行、ブラックロックやバンガードなどの投資会社のような組織は、差し迫った金融・通貨危機があることを知っていたのです。

彼らはそれを知っていながら、オープンにせず、かなり堂々と話していたのです。つまり、どの時点でそう思うのか。繰り返しますが、彼らは同じ人たちであり、その多くは外交問題評議会やチャタムハウスなどのシンクタンクにいる人たちと同じ人たちなのです。

つまり、クロスオーバーがあるのです。ですから、そのようなコミュニティーの中に、解剖を意識した人たちがいるのは確かでしょう。なぜなら、中央銀行で働くすべての人が、「ああ、これはラッキーだ」と想像できるわけではないからです。何が?パンデミックがちょうどいいタイミングでやってきて、金融の移行、通貨の移行ができるなんて、なんと幸運なことでしょう。

つまり、シンクタンクや政府内で考えるべきはそこだと思うのです。私はよく、どれだけの政治家が参加しているのか混乱するのですが、彼らの発言を見なければ、彼らがどの程度の認識を持っているのかを知ることは非常に困難だと思います。おそらく、ごく一部の人たち、特に英国の国会議員だけが、このことを認識していないように見えます。実際、彼らは他の人たちと同じことを、多かれ少なかれ同じように信じているように見えます。

ドミニ 1:11:12

ありがとうございます、ピアーズ。ポールです。

ポール・フリヒテルス 1:11:19

はい、どうもありがとうございました。特に、私たちは今、国際的、国内的な制度の多くを急速に書き換えていることを目の当たりにしているのです。私たちが見ているのは頭が1つの蛇なのか、それともたくさんの頭を動かす巨大な蛇なのか、それはあまり重要なことではないと思うのです。

あなたへの重要な質問ですが、私たちの役割は、コミュニティーの百万人の抵抗、つまり、止めようとすることで、少なくとも短期的には無駄な努力のように思えますが、長期的には将来の夢として、改革運動としての販売と並行して、国内および国際システムがその点で失敗しているので、自分たちで何かを組織するという並行社会の側面を持っていると考えていますか?

それは、あなたがおっしゃった「自分たちのメディア」、「自分たちの消費構造」、「自分たちの教育・健康構造」とも重なりますね。どのような展開が予想されますか?役割と責任について、どのような組織で考えるべきでしょうか?そのようなパラレル・ソサエティについて教えてください。

つまり、基本的には、その一歩手前の段階ということですね?また、私たちが提供する代替的なユートピアについて、私はいつ反対することができますか? 実際にものを設定します?

イアン・デイビス 1:12:48

そうですね、でも、ありがとうございます、ポール。ええ、これ以上ないほど同意します。いや、まったくです。つまり、何が起きているのかを知ってもらうために、基本的に多くの情報を人々に提供する必要があります。しかし、現実的には、国際的な世界的な運動であり、非常に高い政治的レベル、経済的レベルであるものを、ごく少数の人たちがどうやって止めることができるでしょうか?つまり、それは難しいことなのです。

そうですね、私たちがすべきことは、並行して構造を構築することで、その後、1対1で提供できるようにすることだと思います。経済危機はすでに始まっています。通常、このようなことが起こるのは、人々の日常生活が決定によって影響を受けるときだと思いますし、疑似パンデミックのスーツでは、そのメリットが何であったかはかなり明確でした。

その理由は、病気があるからです、だからこんなことをしなければならないのです、ということです。そして、「心配するな、どうせ金は払うから。だから、心配する必要はないだ」

しかし、これからの金融の変化、つまり経済危機によって、そのような状況ではなくなり、人々は日々の生活の中でそれを感じ始めるでしょう。そのときこそ、人々に手を差し伸べ、情報を発信するときだと思います。

そして、その代替案について話し始めるべきでしょう。そして、それは分散型である必要があると思います。これまで私たちの方向で語られてきたすべての目的は、権力と権威を集中させることでした。

ですから、その解決策は、分権化された権力と権限であるべきです。そして、もしあなたが、「私たちは、人々が自分たちの生活により多くの主体性を持てるようにしたい」と話せば、人々はそれに従順になると思います。これこそが、その目的なのです。

自分の人生をもっとコントロールできるようにしようということです。そして、最悪の場合、完全なバイオセキュリティ状態に陥るよりも、自分の健康やその他について、よく言われるように、個人的な責任を持つようにするのです。また、NHSの代わりになるようなものを考えている人もいますし、そういったものが必要になってくるでしょう。

マリアム・エバディ 1:15:31

今週、私が注目していたのは、世界経済フォーラムと、彼らが中央のCBDCについて語ったことです。そして、彼らが少なくとも何を発表しているのかを確認するために、適切なビデオを見つけることができたのです。そして、それはあなたのような情報源から聞いた話と一致しているのでしょうか。

中央銀行、デジタル通貨には2つの側面があり、1つは卸売りで、もう1つは小売です。ホールセールについては、ある程度試験的に運用されているようで、強固なソリューションになると見ているようです。つまり、基本的には銀行間の決済です。

リテールについては、私は注意深く聞いていました。IMF、中央銀行、欧州中央銀行、そして2つの中央銀行、実際には1つのリテールバンク、クレディ・スイスが参加したこのパネルで私が理解し、聞いたことは、CBDCがリテールバンキングの未来になるという本当のコンセンサスはまだない、ということです。

まだ試験運用もされていませんし、その周辺には多くの複雑な問題があるようです。さらに、他のデジタルソリューションの可能性についても言及しています。もうひとつの課題は、リテール・バンキングを邪魔にならないようにすることは、いずれにしても困難であるということです。

通常、イノベーションの拠点はそこにあるのですから。ですから、ある意味、私の話を聞いてよかったと思います。というのも、「これは思っていたほど進歩的ではありません」と思ったからです。ということは、私たちが脅威として考えていることは、必ずしも決まったことではないということなのでしょうか。

私の言っている意味がわかりますか?あなたはそれについて話したいと思いますか?

イアン・デイビス 1:17:32

ええ、いいえ、私はそれが完了した取引だとは全く思いません。これはもう一つの事実で、私はこの全体のどの側面も完了した取引だとは思っていないんです。しかし、あなたがおっしゃったような、小売回路と卸売回路を持つというモデルを採用したのは興味深いことです。

なぜなら、それが現在の貨幣の仕組みのモデルだからです。中央銀行には準備金があり、銀行間決済は準備金で行われます。だから、CBDCはそれを取り除くことができるのです。つまり、CBDCでできた可能性の1つは、それがある種の安定したコインであれば、負債危機の解決策になり得るということです。

さらに言えば、債務を生み出す通貨制度は、国際決済銀行が発行する文書によって、分裂した通貨回路を維持することを選択したのです。ですから、そこにはチャンスがあったのです。もしCBDCのアイデアが、彼らが言い続けているように、コストを削減し、物事をより簡単にするというものであれば、それは可能でしょう。

世界的な基軸通貨の交換メカニズムなどをより簡単に形成することができ、世界経済の債務基盤の性質を修正する機会にもなったはずですが、彼らはこの2つの違いを維持することを選択しませんでした。

それが、彼らが求めていることなのです。エーテルからデジタル通貨を発行できるようにしたいのです。しかし、彼らはこの状況を改善する機会として利用するのではなく、このデジタル通貨の利殖的な要素も維持しようとするのです。つまり、彼らはまだ、最後の貸し手である発行者でありたいのです。だから、彼らはCBDCモデルでそれを維持しているのであって、CBDCモデルとは必ずしも一致しないのです。

ジョナサン・エングラー 1:19:50

私の質問は、ワクチンをめぐる問題や、それが子供に害を与えているように見えるという事実について、どうお考えですか。もし、あなたがこの人たちのように計画を立てていたら、自分の目的に逆効果になる可能性のあるものには手を出さないのではないでしょうか?なぜなら、人々は、ワクチンやワクチンの子どもたちの押し付けや、実際に起きている子どもの死に反発し、全体が崩壊してしまう可能性があるからです。

本当に危険なポイントです。もしワクチンが安全で効果的であったなら、もっと彼らの目的に資することができたはずです。COVIDのカルト的な、半ば宗教的な側面が、彼らのコントロールから少し外れてしまったからだと思いますか?それを買って宣伝する人たち、例えば以前は立派な地位や規制者だった人たちが、風邪というものに巻き込まれてしまって、現時点ではコントロールできなくなってしまったのです。

イアン・デイビス 1:21:21

そうですね、私がこれまでやってきた仕事の中で強調しようとしてきたことの1つは、このような人たちが全権力を持ち、あらゆるところに浸透しているような、ライト、ブロフェルドのようなキャラクターだとは思っていないということです。

しかし、私は彼らが完全にコントロールできているとは思いません。彼らは支配権を得ようとしているのだと思います。そして、それこそがリスクであり、疑似パンデミック全体が大きな大きなリスクであったということです。

つまり、私が最初に疑問を持ち始めた理由のひとつは、「なぜ彼らはこのようなリスクを負ったのか」ということでした。なぜ、こんなことをしたのでしょうか?科学的根拠が乏しく、医学的根拠も乏しいのに、なぜ今やるのでしょうか?

このようなキャバリアのようなことをする前に、なぜもう少しよく見えるようになるまで待たなかったのでしょうか?それは、彼らがコントロールできていないからなのでしょうか?

私は、そしてまた、このような単一の世界を支配しようとしている組織があるとは言いません。しかし、私がグローバルな「パブリック・プライベート・パートナーシップ」の図を描いた理由は、まさにネットワークだからです。

時には矛盾した利益や対立する利益のネットワークなのです。全員が同じページにいるわけではないのです。そのため、相互利益のためにグローバル・ガバナンスを確立しようとしているわけですが、その中には多くの緊張が存在します。ダボス会議では、驚くことに、ビル・ゲイツがワクチンについて数回発言しています。

だから、なんというか、そこに緊張感があるんだと思います。例えば、ゲイツは、世界保健機関(WHO)の権威に対する潜在的な挑戦となるような細菌プラットフォームを発表しようとしていますが、これは、国際保健規則の改正について行われている最近の議論を台無しにしているように思えます。彼は、国際保健規則の改正に関する最近の議論を台無しにしたのです。

私は、このような強力でまとまりのある集団が存在するとは思いません。利害関係者のネットワークがあり、彼らは地位を争おうとし、そうすることで間違いを犯し、常に物事を間違え、物事をコントロールできなくなるのだと思います。そこでワクチンを展開し、子どもたちにワクチンを打つことが避けられなくなったのですが、これは明らかに狂っています。

しかし、どうやって巻き返しを図るのか?あのですね、それは、

ジョナサン・エングラー 1:24:20

まあ、典型的な状況は、彼らが嘘の一群を語ったということではありません、そして、彼らはそれを言わなければなりません、あなたは、あなたが言った前のスライドをカバーするために、より多くのとんでもない嘘を言わなければなりません、私は、彼らがそれを行うたびに、私は、人々の一部が私たちの目的に変換されることを願っています。

もちろん、いったんそうなったら一方通行にしかなりません。私は、ここ数年、ワクチンを打っていないのですが、今度、全シリーズを打とうと思っています。その考え方から外れる人は文字通りいない、99%だ。一方通行のトラフィックで、他の方向のトラフィックは、私が見る限りでは、基本的に支払われています。

だから、将来への希望になるはずなんです。しかし、現在では比較的多くの皮肉屋が存在するように思います。そして、ワクチンの件は、彼らにとって大きな戦略的誤りだと思います。なぜなら、例えば、アフリカ全体を敵に回しているわけですから。私が言うように、いや、いや、どんな計画も敵とのファーストコンタクトを乗り越えられない。そして、それが彼らの弱点だと思います。

イアン・デイビス 1:26:04

最近気づいた面白いことの1つは、自分の子供にワクチンを打たないでいる親の数についての統計が発表されたことだと思います。そこで、2回目、3回目とブースターが増えるたびに、接種率はどんどん下がっています。しかし、それにもかかわらず、多くの親が自ら進んでワクチンを接種するようになりました。

しかし、これらのデータからわかったことは、いざ自分の子どもにワクチンを打つとなると、彼らはもう、いやいや、はるかに慎重になっていた、ということです。そして、自分たちが何をしようとしているのか、ずっと慎重になったのです。

だから、彼らがそう言うのは、初めてワクチンを打ったときに、潜在的な疑念があったということなのでしょう。しかし、それでもワクチンを打ったのは、当時、人々が受けたプロパガンダと恐怖に基づく操作、つまり心理的な操作のレベルが高かったからだと思うのです。だから、彼らはワクチンを打ったのでしょう。

ジョナサン・エングラー 1:27:12

4回目の接種を受けることになります。例えばイスラエルでは4回目の接種が行われましたが、これは明らかにワクチンのリーダー的存在で、確か50万人しか受けていません。3回目は600万人でしたが、4回目は800万人でした。だから、最初の1回目の接種で800万人。つまり、崖っぷちに立たされたわけです。そして、アメリカでもポスターはほとんど貼られていないと思います。

レオ・ビドル 1:27:46

ありがとうございました。今回もとても興味深いプレゼンでした。本を読むのが楽しみです。ちょっとだけコメントさせてください。無症候性伝播が初めて認められたというお話がありましたが、多くのコメンテーターがそのように言っていますが、HIVでは無症候性伝播が10年以上にわたって行われる可能性があると認められました。だから、本当にただのコメントなんです。無症状がそうだったというのは、今に始まったことではありません。

イアン・デイビス 1:28:11

はい、いいえ、というのも、記憶が正しければ、1982年か1980年に出されたファウチの声明で、彼は当初、無症候性感染というものは存在しないと言っていました。その後、何年もかけて徐々に変化していきました。ということは、この構想が始まったのは、その時だったのでしょうか、

レオ・ビドル 1:28:47

検査が陽性であることが感染症であることを意味すると一般に受け入れられたのは、この時が初めてだったと言えるでしょう。しかし、STDについては、長い間、そのような歴史があったと思います。性器ヘルペスは、何の症状もないのに感染すると思われるような、飛び抜けた病気ではありません。しかし、HIVは確かに大きなものだったと思います。私が生きている間に。そうですね。

855198 1:29:09

例えば、血液の病気は無症状で、性感染症も無症状で、最後の人に答えると、呼吸器系の病気は無症状で広がった例はないと思います。病原体が大量にあれば病気になるのですが、そうではなく、例えば病原体である細菌が常在菌になることもあります。

イアン・デイビス 1:30:05

招待してくれてありがとうございます。

ドミニ 1:30:07

.それは素晴らしいです……それは魅力的なスピーカーだったと思います……そう、私たち二人は、私は確かにそれを楽しんできたと思います。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました