MATH+ & I-MASK/FLCCC

I-RECOVER ワクチン後遺症治療プロトコル(ショート) 2022年9月6日更新
I-RECOVER: Post-Vaccine Treatment September 6, 2022

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

covid19criticalcare.com/covid-19-protocols/i-recover-post-vaccine-treatment/#

2022年9月6日

ワクチン後症候群の管理

主要な公衆衛生機関は、COVIDワクチン後遺症を認めておらず、この疾患に対する特定のICD分類コードもない。しかし、公式な定義はないが、COVID-19ワクチンの接種と患者の臨床症状の開始または悪化の時間的相関があれば、症状が他の同時原因によって説明できない場合、COVID-19ワクチンによる傷害と診断するのに十分である。

ワクチン傷害の管理について詳述した報告はないため、想定される発症機序,臨床観察,患者の逸話をもとに治療法を考える。治療は、各患者の呈する症状や病態に応じて個別に行う必要がある。ある患者には救命効果があっても、別の患者には全く効果がないということもあり得る。

早期治療が重要であり、治療が遅れると治療効果が減弱する可能性が高い。

このプロトコルについて

本書は、医療従事者がワクチンによる傷害を受けた患者に対して適切な医療を提供することを主な目的としている。患者は、新しい治療を開始する前に、常に医療従事者に相談する必要がある。
ワクチン後症候群の患者は、いかなる種類のCOVID-19ワクチンも今後接種してはいけない。同様に、Long-COVIDを持つ患者は、すべてのコビッドワクチンの接種を避けるべきである。

第一選択治療法は、症状別ではなく、重要な予防接種の順に記載されている。

Long-COVIDワクチン接種後症候群の症状や特徴には、かなりの重複があることに注意してほしい。しかし、多くの臨床的特徴はワクチン後症候群に特徴的であると思われる。最も顕著なのは、ワクチン接種後に重度の神経論理学的症状がより一般的になるようであることだ。

COVID-19プロトコルの更新については、flccc.net/COVID-19-pro-tolsのウェブサイトを確認してほしい。さらなるエビデンスが得られた場合、新しい薬剤が追加されたり、既存の薬剤の用量が変更されたりすることがある。

栄養療法および栄養療法がCOVID-19にどのように役立つかの詳細については、geni.us/COVID_nutritionを見てほしい。

その他の潜在的治療法、疾患別治療補助剤、参考文献については、flccc.net/COVID-19-protocols/ i-RECOVER-post-vaccine- treatmentで入手できる完全ガイド「An Approach to the Manage-ment of Post-Vaccine Syndrome」(ワクチン後症候群管理のアプローチ)を参照してほしい。

免責事項

I-RECOVER: Post- Vaccine Treatment Protocolは、ワクチン後症候群に対する有益と思われる治療法に関する教育的な目的でのみ使用されるものである。

本サイトやリリースを読んだからといって、決して専門医の助言を無視しないでほしい。これは、いかなる患者に関しても、専門的な医学的アドバイス、診断、治療の代わりとなるものではない。

個々の患者に対する治療法は多くの要因によって決定されるため、医師または資格を有する医療従事者の判断に依存する必要がある。また、本サイトの内容は、予告なく変更することがある。

当グループの免責事項の全文は、www.flccc.net/disclaimerを見てほしい。

FLCCCのプロトコルに記載されているビタミンや栄養補助食品の妊娠中の安全性については、こちらの文書を見てほしい。

I-RECOVER:ワクチン後療法プロトコルは、ワクチン後の療法にのみ使用される。

協力者

このプロトコルは、世界的に著名な医師12名の専門知識を活用した共同作業により作成された。また、多くのワクチン被爆者の方々の体験談をお聞かせくれて、大変感謝している。

I-RECOVER:ワクチン後遺症治療プロトコルは、ワクチン後遺症の治療のみを目的としている。

ワクチン治療プロトコルは、教育目的でのみ使用される。

第一選択治療法

症状別ではなく、重要性の高い順に記載している。

毎日の間欠的な断食または毎日の定期的な断食

断食は、損傷した細胞(オートファジー)やミトコンドリア(マイトファジー)の除去を促し、ミスフォールドしたタンパク質や異物タンパク質をクリアすることもあり、免疫系の恒常性を促進する大きな効果がある。スパイクタンパク質の分解と除去を促進する上で、間欠的な断食とオートファジーが重要な役割を担っていると思われる。18歳未満の患者(成長を阻害する)、妊娠中、授乳中は断食は禁忌である。糖尿病患者および重篤な基礎疾患を有する患者は、投薬の変更が必要となる場合があり、これらの患者は綿密なモニタリングを必要とするため、断食前にかかりつけの医師と相談する必要がある。ヒドロキシクロロキンは、断続的な断食の効果を制限する可能性がある。断食のコツは3ページを参照してほしい。

スペルミジン(製品の説明書に従うこと)および/またはレスベラトロール(1日2回、500mg)。

天然由来のポリアミンであるスペルミジンと、天然由来の植物化学物質であるレスベラトロールは、オートファジーを促進することが示されている。小麦胚芽、キノコ類、グレープフルーツ、リンゴ、マンゴーは、スペルミジンの高い天然供給源である。

イベルメクチン: 0.2-0.3 mg/kgを1日1回、最大4-6週間投与する。

イベルメクチンは強力な抗炎症作用がある。また、スパイクタンパク質に結合し、宿主による排泄を助ける。イベルメクチンと断食が相乗的に作用して、体内のスパイクタンパク質を除去すると思われる。イベルメクチンは、吸収を高めるために、食事と一緒に、または食事の直後に服用するのが最適である。イベルメクチンの試用は、第一選択治療として考慮されるべきである。患者は、i) イベルメクチン反応者とii) イベルメクチン非反応者の2つのカテゴリーに分類されるようだ。後者は治療が難しく、より積極的な治療が必要であるため、この区別は重要である。

ケルセチンとイベルメクチンの薬物相互作用の可能性があるため、これらの薬剤は同時に服用してはならない(つまり、朝と夜で時間をずらす必要がある)。

身体活動を控えめにすること

運動は、症状の悪化を招き、深刻な労作後疲労を引き起こす可能性がある。患者は耐えられる範囲で適度な運動を行い、心拍数を110bpm以下に保つ必要がある。有酸素運動よりもストレッチや低負荷の運動が好ましいとされている。

低用量ナルトレキソン (LDN)

1mg/日から開始し、必要に応じて4.5mg/日まで増量する。効果が完全に現れるまで2~3カ月かかることがある。

LDNには、抗炎症作用、鎮痛作用、神経調節作用があることが実証されている。

メラトニン:就寝前に2~6mgの徐放性/徐放性のものを服用する

メラトニンには抗炎症作用と抗酸化作用があり、ミトコンドリア機能の強力な調節因子である。投与量は、夜間に750mcg(μg)~1mgから開始し、忍容性に応じて増量する。代謝の遅い患者は、より高用量で非常に不快で鮮明な夢を見ることがある。

アスピリン:81mg/日

ビタミンC:1000mg、1日3~4回経口投与

ビタミンCは、I型インターフェロンの合成を増加させるなど、重要な抗炎症、抗酸化、免疫強化の特性を有する。腎臓結石の既往歴のある患者には避ける。ビタミンCの経口摂取は、マイクロバイオームにおける保護的な細菌集団の成長を促進するのに役立つ。

第一選択治療

ビタミンDとビタミンK2

ビタミンDは1日4000-5000ユニット、ビタミンK2は1日100mcgから開始するのが妥当である。

ビタミンDの投与量は、ベースラインのビタミンDレベルに応じて調整する必要がある。

ニゲラサティバ・カプセル化オイル:200-500mgを1日2回

チモキノン (Nigella sativaの有効成分)がシクロスポリンとフェニトインの吸収を低下させることに注意する必要がある。したがって、これらの薬を服用している患者は、Nigella sativaの摂取を避けるべきである。さらに、全身麻酔を受けたニゲラサティバ服用患者にセロトニン症候群が2例報告されている(アヘン剤との相互作用の可能性が高い)。

プロバイオティクス/プレバイオティクス

ワクチン後症候群の患者は、一般的にビフィズス菌が減少した重度のディスバイオーシスに陥っている。ケフィアは、プロバイオティクスを多く含む栄養補助食品として非常に推奨されている。推奨されるプロバイオティクスは、Megasporebiotic (Microbiome labs)、TrueBifidoPro (US Enzymes)、yourgutplus+などである。

注:ブランドによっては、これらの製品に糖分が多く含まれ、炎症を促進する場合がある。砂糖やフルーツゼリーが添加されていないブランドを探し、複数の乳酸菌とビフィズス菌の菌株を含む製品を選ぼう。また、グルテンフリー、カゼインフリー、大豆フリーのプロバイオティクスを選ぶようにしよう。

マグネシウムを500mg/日

オメガ3脂肪酸

Vascepa、LovazaまたはDHA/EPA; 4 g/日。

オメガ3脂肪酸はレゾルビン産生を誘導することにより、炎症の解消に重要な役割を果たす。

補助療法/第二選択療法

重要性の高い順に記載している。

ヒドロキシクロロキン (HCQ)

200mgを1日2回、1~2週間投与し、その後忍容性をみて200mg/日に減量する。HCQは二次治療薬として望ましい。HCQは強力な免疫調節薬であり、全身性エリテマトーデス (SLE)に対する選択薬と考えられており、この疾患による死亡率を低下させることが実証されている。したがって、自己抗体が陽性である患者や、自己免疫が顕著な基礎的メカニズムであると疑われる患者では、HCQを早期に検討する必要がある。さらに、SLEとワクチン後症候群には多くの共通点があることに注意する必要がある。HCQは妊娠中も安全である。実際、この薬は子癇前症の治療に使用されている。長期間の使用では、体重が61kg(135ポンド)以下の患者には、投与量を減らすべきである(100または150mg/日)。HCQは、間欠的断食の効果を制限する可能性があることに注意する。

「ミトコンドリアエネルギー最適化剤」

ピロロキノリンキノンを用いたもの (例:Life Extension Energy OptimizerまたはATP 360®)。

非侵襲的脳刺激 (NIBS)

経頭蓋直流電流刺激や経頭蓋磁気刺激を用いたNIBSは、長期のCOVID患者や他の神経疾患患者の認知機能を改善することが実証されている。NIBSは痛みがなく、非常に安全で、投与が容易である。多くの理学療法士やリハビリテーションセンターで提供されている治療法として認知されている。また、患者は自宅用にFDAが承認した装置を購入することもできる。

N-アセチル・システイン (NAC):600-1500mg/日

ビタミンCの静脈注射

25gを毎週、ビタミンC1000mg(1g)を1日2-3回、経口投与と併用する。

高用量ビタミンCの静脈内投与は “苛性 “であり、2-4時間かけてゆっくりと投与する必要がある。さらに、患者の忍容性を評価するために、初期投与量は7.5-15gとする。1日の総投与量は8-12gで十分な忍容性があるが、慢性高用量は腎結石の発生に関連しているので、治療期間を制限する必要がある。ビタミンCの静脈内投与は、忍容性に応じて離脱する。

ケルセチン 250-500mg/日(または混合フラボノイド)

フラボノイドは、幅広い抗炎症作用を持ち、マスト細胞を抑制し、神経炎症を抑えることが実証されている。ケルセチンとイベルメクチンの薬物相互作用の可能性があるため、これらの薬剤は同時に服用してはならない(つまり、朝と夜で時間をずらして服用する必要がある)。ケルセチンの使用は、まれに甲状腺機能低下症に関連している。この関連の臨床的影響は、甲状腺疾患の既往がある人や不顕性甲状腺炎のある人に限られるかもしれない。ケルセチンは、甲状腺機能低下症の患者には注意して使用し、TSH値をモニタリングすべきである。

フルボキサミン

12.5mg/日の低用量から開始し、忍容性に応じてゆっくりと増量する。

注意:フルボキサミンを処方された患者の中には急性不安症を経験する者がいるが、まれに自殺行為または暴力的行動にエスカレートするのを防ぐため、処方した臨床医が注意深くモニタリングし治療する必要がある。

低用量コルチコステロイド

10~15mg/日のプレドニゾンを3週間投与する。忍容性をみながら、10mg/日、その後5mg/日と漸減する。

行動修正、マインドフルネス療法、および心理的支援

患者の全体的な幸福感と精神的健康の向上に役立つ可能性がある。ワクチンによる傷害を受けた患者では、自殺が現実的な問題になっている。サポートグループや精神衛生の専門家との相談が重要である。

太極拳とヨガ

中国の伝統的な武術である太極拳は、健康増進に効果があり、Long-COVIDを含む疾患の予防と治療に有効であることが示されている。ヨガには免疫調整作用があり、ワクチン傷害を負った患者に有効である可能性がある。

サードライン治療

高気圧酸素療法(HBOT)

HBOTは強力な抗炎症作用を有し、炎症性サイトカインを減少させ、IL-10を増加させる。さらに、HBOTはマクロファージをM2表現型に偏光させ、ミトコンドリア機能を向上させる。驚くべきことに、このような効果をもたらすのは、溶存酸素濃度の上昇ではなく、圧力の上昇であるようだ。HBOTは、酸素を含む場合と含まない場合の両方で、さまざまな圧力で行われる。酸素の添加は臨床反応を増大させる。最大限の臨床効果は、高圧チャンバー(通常2.4気圧)を使用して100%の酸素を60分間供給することで得られる。HBOTが低圧チャンバー(1.5ATM未満)を使用して酸素を補充せずに行われる場合、臨床反応は見られるものの、臨床プラトーに到達するまでに多くのセッションが必要となるため、著しく低くなる。Long-COVIDワクチン後症候群の治療に関する発表データは非常に限られているが、顕著な効果が見られる。

やワクチン後症候群の治療に関する発表されたデータは非常に限られているが、生命を救う顕著な効果が逸話として報告されている。治療期間は、臨床的な反応に基づいて、効果がプラトーに達するまで継続する必要がある。10回の施術で臨床的に効果が認められない場合は、HBOTは治療失敗と考えるべきである。この療法は、物流上の問題とコストにより制限されている。

低マグニチュード機械刺激 (LMMSまたは全身振動療法)

低周波(0.3-0.4G)、高周波(32-40Hz)の機械的刺激は、さまざまな医学的障害を持つ患者の骨密度だけでなく、全身状態の指標も高めることが実証されている。この介入は、代謝および免疫学的効果に加え、骨髄幹細胞を動員することが推測される。ヒトの場合、比較的高い周波数で振動するプラットフォームの上に立つことで、足から低マグニチュードの加速度が加えられる。安全性が高く、痛みもなく、簡単に行える治療法である。非侵襲的脳刺激療法 (NIBS)と同様に、この療法は理学療法士やリハビリテーションセンターで提供されており、家庭用に装置を購入することも可能である。

他の治療法

プラズマフェレーシス

重症COVID患者の全身サイトカインレベル、凝固障害、免疫反応性を改善し、死亡率に効果がある可能性がある。しかし、限られた高価な資源であり、合併症がないわけではない。また、臨床効果の持続性を確認する必要がある。ワクチン接種後の重篤な神経障害患者に対する治療オプションではあるが、この方法を広く推奨する前に、さらなるデータが必要である。

ペントキシフィリン (PTX);PTX ER、400 mg、1日3回

重度の微小循環障害患者用。非選択的ホスホジエステラーゼ製剤で、抗炎症作用、抗酸化作用を有する。赤血球の変形能を改善し、血液粘性を低下させることにより、ワクチン被接種者の凝固障害に関連する高粘性および赤血球の過凝集を緩和することができる。

マラビロク:300mg 1日2回経口投与

C-C型ケモカイン受容体5型 (CCR5)拮抗薬。6〜8週間経過し、上記の治療にもかかわらず重大な症状が続く場合、マラビロクを検討することができる。高価であり、重大な副作用や薬物相互作用のリスクがある。多くのLong-COVID患者やワクチン接種後の患者がこの薬で治療を受けているが、その役割はさらに評価される必要がある。

バルプロ酸 Depakote、250mgを1日2-3回

抗炎症作用があり、マクロファージをM2表現型に偏光させる。HDAC阻害剤は、神経再生のために研究されている。重要な抗凝固作用、抗血小板作用がある。神経症状に有用である可能性がある。

シルデナフィルとL-アルギニン-L-シトルリンの併用または非併用

シルデナフィル25~100mgを1日2~3回、L-アルギニン/L-シトルリン5000mgの粉末を1日2回服用。血栓や灌流不全を伴う微小血管疾患だけでなく、ブレインフォグにも有効な場合がある。クルクミン、レスベラトロール、EGGG、バルプロ酸はすべて、ホスホジエステラーゼ5 (PDE5)阻害剤を増強することに注意すること。

スルフォラファン(ブロッコリースプラウトパウダー) 500 mcg – 1g 1日2回

スルフォラファンは、COVID、Long-COVIDワクチン後症候群の患者に多くの潜在的な利益をもたらすが、それをサポートする臨床データは限られている。私たちは、グルコラファニンとミロシナーゼを含む100%全ブロッコリースプラウトパウダーをお勧めする。

タンポポ (Taraxacum officinale)

根、花、葉に抗炎症、抗酸化、高脂血症、抗菌、抗凝固作用のある植物性化学物質が含まれている。スパイクタンパク質の解毒に効果があるとの報告が多いが、タンポポエキスが実際にスパイクタンパク質と結合するかどうかはまだ不明である。

VEDICINALS® 9.

抗ウイルス、抗炎症、免疫調節、解熱、鎮痛作用を持つ9種類の生物活性化合物からなるユニークな植物性医薬品ベースの治療用懸濁液である。これらの化合物の多くは当グループのプロトコルに含まれており、より広く利用されているフラバノイドの組み合わせに対するこの組み合わせの追加的な利点は未知数である。

カーボン60 (C60)またはC60フラーレン

60個の炭素原子で構成され、中空のサッカーボールのような形状をしており、「フリーラジカルスポンジ」として知られている。これまで発見された中で最も強力な抗酸化物質と考えられている。

冷たい水治療法 (例:冷水シャワー)

温水・熱水の入浴は避ける。

間欠断食のポイント

食事療法を行う前に、信頼できる医療従事者または栄養専門家に相談する。

断食を健康的なライフスタイルの選択肢として取り入れることを目的としているため、成功率を高め、体が適応するまでの時間を確保するために、ゆっくりと (例えば、1カ月ずつ)変化を与えることが重要である。

食事の計画を立てる際には、常に質の高い食品を選ぶようにしよう。

水分の補給、精白糖の制限、タンパク質の豊富な良質な食品、日常生活のバランスの維持などである。

時間制限のある断食とカロリー制限のある断食の2つの方法がある。

時間制限のあるファスティングでは、まず週5日、11時間の食事をし、徐々に週7日、8時間の食事に減らしていくる。

カロリーファスティングの場合、週5日は普通に食事をし、残りの2日は断食をする。断食の日は、摂取カロリーを女性で500kcal、男性で600kcalに制限してほしい。最初は週1日1000kcalまで摂取カロリーを制限し、徐々に増やしていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました