MATH+ & I-MASK/FLCCC

I-PREVENT | COVID-19の予防のためのガイド -FLCCC
I-PREVENT: COVID Protection Protocol

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

covid19criticalcare.com/covid-19-protocols/i-prevent-covid-protection-protocol/

COVID-19の予防のためのガイド

I-PREVENTプロトコルは、良好な手指衛生、人混みの回避、十分な換気、その他の対策といった常識的な公衆衛生上の行動を含む全体戦略の一部でなければならない。以下のプロトコルは、慢性的な予防と曝露後の予防の両方に使用することができる。

長期予防は、医療従事者、60歳以上の共働きの人、病的な肥満の人、長期介護施設の居住者に特に推奨される。家庭内の人がCOVID陽性である場合、またはCOVIDに長期間暴露されているが症状が現れていない場合は、暴露後予防を行ってみよう。インフルエンザ様の症状が出た場合は、I-CARE Early Treat- ment Protocolを参照してほしい。

長期予防

優先順位が高い順で、すべてが必要なわけではない。

イベルメクチン

0.2mg/kg

1回の投与で治療を開始し、48時間後に2回目の投与を行い、その後7日ごとに1回の投与(週1回)。COVID-19に感染するリスクの高い人は、週2回の投与を検討することができる。正しい投与量の計算については、表1を参照してほしい。ケルセチンとイベルメクチンの相互作用の可能性があるため、これらの薬剤は1日中時間をずらして投与する必要がある。コビッド治療では、イベルメクチンは食事と一緒か食後すぐに服用すると、より吸収がよくなる。

亜鉛

1日30-40mg

亜鉛のサプリメントには様々な形態がある(例

硫酸亜鉛、クエン酸亜鉛、グルコン酸亜鉛など)。

メラトニン

1mgから始めて、許容範囲内で就寝前に6mgまで増量する(眠気を催す)。

徐放性製剤または徐放性製剤が望ましい

洗口液(マウス・ウォッシュ)

1日3回

クロルヘキシジン、塩化セチルピリジニウム(例、Scope™、Act™、Crest™)またはポビドンヨードを含む消毒-抗菌性洗口液で1日3回うがいする(飲み込まないこと)。

蒸気の吸入

1日1回

抗菌性エッセンシャルオイルを添加した蒸気の吸入(例:Vicks VapoRub™吸入)には、殺ウイルス活性があることが証明されている。抗菌性エッセンシャルオイルには、ラベンダー、タイム、ペパーミント、シナモン、ユーカリ、セージが含まれる。

ビタミンD

投与量は様々である(以下の表を参照)

ビタミンDの補給は、特に脆弱な人々(すなわち、高齢者、肥満者、有色人種、北半球に住む人々)において、この疾患の影響を軽減するための非常に効果的で安価な介入であると考えられる。

ビタミンD補給によるCOVID予防効果が最も大きいのは、ビタミンDが欠乏している人である。これらの人は、長期的にビタミンDを予防的に摂取すべきである。ビタミンD欠乏症の人がCOVID-19を発症すると、合併症を発症するリスクが高まり、感染後のビタミンD補給はあまり効果がない。

ビタミンD補給の推奨用量は多岐にわたる

最適な目標は50ng/ml以上であり、このレベルであればCOVID-19による死亡リスクは極めて低くなる。ビタミンDが極端に不足している患者の場合、最適なレベルに達するには何ヶ月も何年もかかるかもしれない。

したがって、COVID19の予防のためのビタミンD補給の最適なレジメンは、ベースラインのビタミンDレベルに基づいて速やかに提供されることが重要である(表2参照)。基準値が不明な場合は、体重またはBMIから必要量を算出することができる(表3参照)。

クルクミン(ターメリック)

500mgを1日2回

クルクミンは水への溶解度が低く、体内への吸収が悪いため、従来は吸収を高めるために全脂肪乳や黒胡椒と一緒に飲まれていた。

ニゲラサティバ(ブラッククミン)

1日80mg/kg、ハチミツ1g/kg

:チモキノン(Nigella sativaの有効成分)は、シクロスポリンとフェニトインの吸収を低下させる。したがって、これらの薬剤を服用している患者は、ニゲラサティバの摂取を避けるべきである。

ビタミンC

500-1000mgを1日2回

ケルセチン(または混合フラボノイドのサプリメント)

1日250-500mg

ケルセチンとイベルメクチンの相互作用の可能性があるため、これらの薬は同時に服用してはならない(つまり、1日の異なる時間帯にずらして服用する必要がある)。サプリメントのケルセチンは溶解性が悪く、経口吸収率が低いため、レシチンベースおよびナノ粒子製剤が望ましい。

プロバイオティクス

ビフィドバクテリウムのレベルが低いと、COVID-19にかかりやすくなり、疾患の重症度が増す可能性がある。同様に、COVID-19はビフィドバクテリウムのマイクロバイオームを枯渇させ、その後、症状の重症度および持続期間を増加させる可能性がある。ケフィア(発酵乳飲料)には、ビフィズス菌やその他のプロバイオティクスが多く含まれており、健康上の利点が実証されている。プロバイオティクスのサプリメントとしては、Megasporebiotic (Microbiome labs), TrueBifidoPro (US Enzymes) and yourgutplus+が推奨されている。

暴露後予防

症状が出た場合は、ICARロトコルで速やかに治療する。症状が出ない場合は、1週間後に長期予防を再開する。

イベルメクチン

0.4mg/kgを直ちに投与し、48時間後に2回目の投与を繰り返す。

投与量の計算には、表1を参照。

ヒドロキシクロロキン( HCQ)

200mgを1日2回、5 日間

亜鉛

1日75-100mg

メラトニン

1日6mg、就寝時

洗口液(マウスウォッシュ)

1日3回

1%ポビドンヨード配合の鼻腔スプレー

1日2-3回

イミューンミスト™、コフィックス™、IoNovo™などのスプレーを1日2-3回投与することが、曝露後の予防とCOVID-19感染の初期段階に推奨される。低レベルの全身吸収のため、ポビドンヨード点鼻スプレーは妊娠中の女性には5~7日を超えて使用するべきではない。イオノーボ™は、1日の食事所要量に相当する量のヨウ素を含んでおり、摂取しても安全である。

クルクミン(ターメリック)

1回500mg、1日2回、1週間

ニゲラサティバ

1日80mg/kg、1週間ビタミンC:1000mgを1日2回、1週間ケルセチン 500 mgを1日2回、1週間プロバイオティクス。

ビタミンB群

このプロトコルについて

この文書に記載されている情報は、最良の(そして最新の)文献に基づいたCOVID-19に対する我々の推奨するアプローチである。

COVID-19の早期治療に関する世界中の医療従事者へのガイダンスとして提供されている。患者は、いかなる治療を開始する前にも、常に医療従事者と相談する必要がある。

新たな知見が得られた場合、新しい薬剤が追加されたり、既存の薬剤の用量が変更されたりすることがある。このプロトコルの最新版を使用していることを確認するために、flccc.netのウェブサイトをチェック。

栄養療法とCOVID-19に対する栄養療法の詳細については、geni.us/COVID_nutritionを参照。

COVIDの予防に関する追加情報、これらの薬の根拠、その他のオプション治療については、「COVID-19の予防に関するガイド」を参照。

早期治療が重要であり、この病気を管理する上で最も重要な要素である。

表2. ベースライン濃度を基準としたビタミンD濃度の補充方法
体重70kgの成人において、非緊急時のベースライン濃度に基づき、血清25(OH)D濃度を50ng/mL以上にすること*#。

表1. 慢性予防のためのイベルメクチン投与量の計算方法

免責事項

イベルメクチンにはさまざまな強さ(例:3、6、12mg)と形(例:錠剤、滴下剤)があることに注意する。錠剤は、より正確な投薬のために半分にすることができる。以下の投与量は、記載されている体重範囲の上限で計算されている。

32–40 kg

8 mg

16 mg

41–50 kg

10 mg

20 mg

51–59 kg

12 mg

24 mg

60–68 kg

13.5 mg

27 mg

69–77 kg

15 mg

30 mg

78–86 kg

16 mg

32 mg

87–95 kg

18 mg

36 mg

96–104 kg

20 mg

40 mg

105–113 kg

22 mg

44 mg

114–122 kg

24 mg

48 mg

123–131 kg

26 mg

52 mg

132–140 kg

28 mg

56 mg

表2 ベースライン濃度を基準としたビタミンD濃度の補充方法

体重70kgの成人において、非緊急時のベースライン濃度に基づき、血清25(OH)D濃度を50ng/mL以上にすること*#。

  • * 特定の体型の成人に対する 1 日または週 1 回の投与量の範囲の例(体重または BMI に基づく)。小児の場合、適切な減量が必要である。スケジュール完了後、適切な1日または週1回の維持量を開始する必要がある。
  • # 高血圧、糖尿病、喘息、COPD、CKD、うつ病、骨粗しょう症などの慢性疾患を併発している人や全死因死亡率を減らすために、肥満(BMI、30-39)の息子に推奨されるように、より高用量のビタミンDを摂取する必要がある。多発性硬化症、癌、片頭痛、メタボリックシンドローム、抗てんかん薬や抗レトロウイルス薬など、ビタミンDの異化を促進する薬を日常的に服用している人は、病的肥満(BMI≥40)の人に推奨される用量を考慮する必要がある。
  • ** ng/mLをnmol/Lに変換する場合は、2.5倍にする。
  • $ 投与量は、1回の累積量として、または1週間に分散して摂取することができる。

表3.基準値がない場合のビタミンD投与量の計算方法

タイトルとURLをコピーしました