スティーブ・キルシュワクチン遺伝子ワクチン抵抗戦略・運動

どうすれば勝てるのか -Steve Kirsch
最善の方法は、印刷物やビデオで医師の話を利用し、医療界の信憑性について国民の心に疑念を抱かせることかもしれない。これは最終的には大きな公共サービスになる。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

stevekirsch.substack.com/p/how-we-can-win-this

How will the UK ban on doctors using social media anonymously affect patients? - Big Think

医師が鍵になる。解雇された医師に発言してもらうのはもちろんだが、現在開業している医師にも、身元を隠せば、見たままを公開してもらうことが可能だ。

私は、「安全で効果的な」シナリオを暴こうとする旅を初めて1年以上が経つが、ここで重要な学びを得た。

  1. 人々は医学的なアドバイスに関してのみ医師を信頼する
  2. 医師はFDA、CDC、ファウチ、そして査読付き文献に掲載された論文の要約を信用する。彼らは研究を直接見る時間がない。彼らは政府と要旨を信頼している。
  3. 主流メディアは、ファウチ、CDC、FDA、物語を支持する医学雑誌の記事、物語を支持する医師しか信用しない
  4. 国会議員は、ファウチ、FDA、CDC、医師、主流メディアを信頼している
  5. CDCとFDAはホワイトハウスから指令を受けている。彼らの仕事はワクチン接種の目標を達成することであり、国民を保護することではない
  6. 現状に気づき、声を上げようとする医師は、医師免許、病院の特権、仕事を失う危険性がある。
  7. CDCやFDAで働く人が発言すれば、解雇されるだろう
  8. 病院のCEOは、自分が解雇されるか、自分の病院が(地域社会や地元のマスコミ、米国政府から)罰せられることになるので、発言しないだろう

問題がわかるだろうか?つまり、キャッチボールなのだ。人々は医者しか信用せず、正直な医者は免許を失うことなく発言することができない。

人を説得するためには、3つのことを正しく理解すればよい

  1. メッセージは何か?
  2. メッセンジャーは誰か?
  3. 誰を説得するのか?

それぞれの質問に対する答えは、必ずしもひとつではない

例えば、我々は中心にいる説得力のある人たちを説得しようとしていると思う。

しかし、いくつかのメッセージやメッセンジャーが機能することはあると思う。

例えば、レッドピルを飲んだ普通の人たちは、そのストーリーを語ることができる。以前はワクチン推進派だったワクチン傷害者は、その変貌を語ることができる。そして、医師(現在勤務している人も退職した人も)は、彼らが見たものについて語ることができる。

これらの組み合わせで、針が動くのかもしれない。

ベストアンサーを探す一つの方法

何が一番効果的かを推測するよりも、最近赤いピルを飲んだ人に話を聞いてみるのも一つの方法だ。何が彼らを納得させたのか?

自分自身や家族の死傷事故だったのか?信頼できる医療関係者のアドバイス?観たもの?読んだもの?信じたのは、聞いた話?

確かに、家庭内で複数の死傷者が出て初めて納得する人が多いとすれば、それは長く困難な道のりだろう。

願わくば、メッセージやメッセンジャーも効果的なものが見つかるといいのだが。

医師は効果的なメッセンジャー

私たちは、「いろいろな情報を教えてくれてありがとう、でも私は医師の言うとおりにします」という声を何度も耳にした。

また、医師を口封じするために、異常なまでの努力を重ねている医療機関も確認されている。なぜ、そんなことをするのか?簡単だ。医師が口を割ることは最大のリスクだと彼らは知っているからだ。船は気密でなければ沈没する。

例えば、全米屈指の医療機関では、あるトップドクターが「コビッドに関する発言は禁止」と口止めされた。しかし、それだけではない。守秘義務規定もある。つまり、医療機関が真実を検閲していることを世間に知られたくないのである。医師が真実を語ることを恐れ、自分たちが真実の検閲をしていることを指摘されることを恐れている。要するに、彼らは我々の戦略を恐れていることを確認している。

そして、5人の医師がワクチンのせいだと認めているこのような記事があるが、彼らは個人的にしか認めないだろう。これが重要だ。医師たちを黙らせる理由は、そうしなければ自分たちが暴露されることを知っているからだ。その記事からこの文章を考えてみよう

オーストラリアの80万人の開業医と19万3800人の学生を監督する組織は昨年、コビッドワクチンの全国展開を「妨害」しようとする者は、登録抹消や起訴される可能性もあると警告している

だからこそ、医師たちは声を上げないのだ。医師が発言すれば、すべてが終わることを彼らは分かっているからである。

正しく聞く人は一般市民である

私たちは機関を説得するつもりはない:彼らは妥協している。

国会議員は有権者が信じていることにしか反応しないので、私たちは議員を説得するつもりはない。

だから、正しく聞く人は一般の人たちである。しかし、誰でもいいというわけではない。私たちが説得できるのは、主流の物語に永久に囚われない「中間の3分の1」の人々だけだ

なので、私たちは強硬派を説得しようとしているのではない。まだ批判的な思考力が残っている人たちを説得しようとしている

この勝利のための一つの方法は、人々が医療制度に対して抱いている絶対的な信頼を破壊することだ

例えば、医師を、たとえそこに科学的根拠がなくても、集団がすることには何でも従う羊であると暴露することだ。

これは悪の意図ではない。医師から受けている多くのアドバイスが健康に有害であることを人々に示している。例えば、確かなリスク・ベネフィットのデータがないワクチンから接種するようにというアドバイスなどだ。

この目標は達成できないかもしれないが、実質的な疑念を抱かせることができれば、それは良いスタートとなるだろう。

例えば、ワクチンの安全性、必要性、子どもへの有効性をともに示すデータを医師に示してもらうことができても、医師がそれに応えられないとなると、疑念が生まれる。

早期治療という、より安全な選択肢があることで、私たちの仕事はより簡単になった。

だから、再利用薬でウイルスを治療すれば感染しても大したことはないと納得させた上で、ワクチンには信じられていたよりもはるかに高いリスクがあることを納得させればいい。

やがて、下調べをしない医師から非常に危険な薬を飲むように言われたことを知った人々は、システムが改革されるまでは、どんな医師でも信用するのはやめようと考えるようになるだろう。これは良いことだ。例えば、利害関係のない公平な委員会を設立して、すべての医療介入を調査し、勧告を行うなどである。そのようなものが設置されれば、人々は再び医師を信頼し始めることができるだろう。

なぜ医師は沈黙を守るのか?

理由は4つ

  1. 仕事、病院の特権、医師免許を失うことへの恐れ
  2. 自己検閲(躊躇を煽ることで殺人者の烙印を押されることへの恐れ)
  3. 所属機関から強制されたから(機密検閲協定)
  4. 彼らはまだ純粋に、フェーズ3試験でそう言われているからワクチンは安全だと妄想している。なので、自分たちの経験は単なる逸話/統計上の偶然であり、これらの奇妙な出来事の原因は、例えばCOVIDによるダメージ、ロックダウン、薬物使用、脱水、成人突然死症候群など、他の何かだと考えている。

目標達成の方法

発言したことで「退職」したり、「解雇」された医師はたくさんいる。その人たちは今、報復されることはない。多くの人が声を上げたいと思っている。

また、現実を知った開業医の中には、匿名(声を変え、顔を隠す)を装って、本当のことを「カメラで」話してくれる人もいる。それらも貴重な話だ。

その医師たちの「my story」を3分程度のビデオにして、ソーシャルメディアで宣伝し、オルトメディアで広告することができる。「私の物語」の印刷版を作成し、主要な新聞で毎日異なるストーリーを掲載することができる。

それぞれの医師が語るユニークなストーリー

各ストーリーの末尾には、「もしあなたがドクターで、自分のストーリーを語りたいのなら、私たちに連絡してほしい。

また、見やすくするために、全話をまとめた動画を作成する。

そして、それぞれのストーリーは、「もしワクチンがそんなに安全なら、なぜ。..」と医師に説明してもらうといった、シンプルな行動への呼びかけで締めくくることができる。

  1. …子供用のワクチンが使えるようになってから、子供用の棺の注文が400%も急増したそうだ。
  2. … 5歳以下の子どものうち、コビッドワクチンを接種しているのはわずか1.3%。
  3. ポール・オフィットは、もしそれが選択肢の一つであったなら、「地獄の反対」に投票しただろうと認めた。

私の物語がバラバラになっていることから、そのリストを使うことができる。各医師は、そのリストから異なる項目で自分の物語を終えることができる

そしてそれぞれの記事は、偽りの物語がどのように崩れていくかを記録した私の記事とリンクしている。人々が惑わされているという検証可能な論証は50以上ある。私たちがすべきことは、疑念を抱かせるために、そのうちのたった一つの論拠に勝つことだ。そうすれば、人々は今聞いたばかりの医師の話を信じることができるようになる。

それぞれの医師の話が、それぞれの人の心に異なる疑念の種を植え付けることが目的だ

50人の医師が、少なくとも50種類の疑いの種を人々の心に植え付けることになる。すべて検証可能な事実に基づいて。

目標を達成するための方法 信頼を回復するために、どのようにシステムを修正すればよいかを指摘すること

すべての医師は、医療界の信頼を回復するために必要な変革のリストを支持することを恐れてはならない。

以下の項目が挙げられるかもしれない

  1. コビッドワクチンに批判的な人々(つまり、科学の側にいた人々)がスタッフとして参加する真の独立した審査委員会
  2. 安全性と有効性が同等以上の場合にのみ付与されるEUAについて
  3. 医薬品が承認されると取り消されるEUA(医薬品メーカーの責任逃れを可能にするこの「無限に長い」EUAの代わりとして)
  4. ワクチンメーカーや注射をする人の法的保護はもうない
  5. FDA、CDC、公衆衛生、外部委員会のメンバーに対する公的説明責任は、現在、信頼できる科学者が彼らに挑戦する正当な試みをすべてかわすことができる
  6. 独立した機関が運営するVAERSシステムで、ESP:VAERSの改善策を採用。VAERSチームは、安全性シグナルを特定し、因果関係を評価することのみを任務とする
  7. EUAまたは全承認を取得した医薬品の全文書の即時完全透明化
  8. VAERSシステムへの報告を怠った医療関係者への厳しい結果
  9. 今日、州医療委員会が裁判官、陪審員、死刑執行人となっており、上訴もできないため、州医療委員会の懲戒手続きに取って代わるものである。単に法廷での控訴を可能にすることは大きな前進であろう。これらの控訴は、ケースが逆転した場合、医療委員会に$ 1M罰金(医師に支払われる)になるはずである
  10. ワクチンで傷ついた人の投稿やグループを削除して差別するフェイスブックや他のソーシャルメディア企業への罰則。政府によって承認された医療介入によって負傷した人は、「保護されたクラス 」であるべきだ
  11. 地方、州、連邦、民間企業による義務付けはもういらない
  12. 署名が必要な、リスクを真にとらえたインフォームドコンセント。このリストにリスクが含まれていない場合、製薬会社は責任を負うものとする。リスクは定量化されるべきである。
  13. ニュルンベルク綱領の遵守
  14. ファウチはクビにする必要がある。政府には、彼ほど予算やアドバイスに大きな力を持つ個人は存在しないはずだ。特に、彼は誰も公的に彼の言うことに異議を唱えることを許さないのだから。
  15. 資格のある人々が当局と対話できるような公開フォーラムを定期的に開催する必要がある。相互説明責任の欠如が、このような事態を可能にしている
  16. 医療委員会、病院、ソーシャルメディア企業による医師の口封じはもうやめよう。言論の自由を黙らせる必要がある社会は、何か深刻な問題を抱えている。例えば、世界トップクラスの医療機関が、(真実を語っていた)トップ医師の一人を黙らせ、さらにその医師に黙らせたことに関する秘密保持契約書にサインさせたのである。なぜマスコミは、米国の上位10校の医学部に、誰がこのようなことをしたのか尋ねないのだろうか。何校がこのようなことをしたことを認めるか、興味深いことだこの上位10校のうち、少なくとも1校はこのようなことをしており、私がそれを証明できることを保証する私が正しいと思う人には1,000万ドルを賭けるつもりである。任意のテイク?
  17. NIHがCOVIDに対する再利用薬やサプリメントを1つも推奨しなかったことを調査する必要がある。ばかげている。ここで首をかしげ、人々は責任を負わなければならない。フルボキサミンとイベルメクチンには、その使用を支持する査読済みのメタ分析と系統的レビューがあるが、NIHは中立だ。マジで?エビデンスに基づく医療が完全に崩壊しているか、NIHの委員会が腐敗しているかのどちらかである。後者の可能性が高そうだ。
  18. 薬剤師は、明確で説得力のある証拠なしにイベルメクチンの処方を拒否してはならない。このような生命を救う薬を否定する薬剤師は調査され、免許を取り消されるべきである。
  19. ワクチン免除、マスク免除、イベルメクチン処方を書いた医師を追及している州の医療委員会に説明責任があるはずである。委員会が間違っているという明確な証拠があるのに、どの委員会も自分たちの間違った決定に対して責任を負うことを許さないのである。これは壊れており、修正する必要がある。
  20. 今日、CDC/NIHの治療プロトコルに従えば、病院は報われる。すなわち、介入を行うことですべての責任を免れ、多くの資金を得ることができる。もし、インセンティブが逆だったらどうだろう。COVIDによる死亡を防いだ分だけ病院が報われるとしたら?そして、医師が自分の判断で治療できるような柔軟性を持たせるのである。そうすれば、人を殺すような固定的なプロトコルの代わりに、すべての人の命を救うプロトコルがすぐに見つかるだろう。Paul Marikは無視される存在ではなく、アメリカで最も人気のある男性に変わるだろう。

驚くべきは、この改革リストを支持する議員や医学部の学部長のリストと、このリストに反対する議員のリストを作ることだろう。私のリストである必要はない。

そして、そのリストをアメリカ国民に公開し、今日のシステムがいかに腐敗しているかを皆に示すことができる。

別のアプローチ

もう1つの方法は、システムがうまく機能していると考える人と、大幅な改善が必要だと考える人を見つけることだ。そして、私たちのアイデアのリストを彼らに渡し、彼らが考えるシステムの改善方法を尋ねる。そして、それらをすべて1つのリストにまとめる。そして、そのリストに基づいて、議員と医学部学長との間に合意点があるかどうかを確認する。

各人の改革リストを見るのも面白くはないだろうか?

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました